>>自分の恋愛傾向が分かるプロの診断を受けてみました

デートの誘いを交わされた時の脈なしサインとは?デートの断り文句で脈なしのパターンを解説!

デートの誘いを交わされた脈なしのイメージ

気になる人や好きな人にデートの誘いをした際に、交わされるパターンは脈なしサインになりやすい。言葉やニュアンスにも十分注意が必要だけど、あなたが分かりやすい誘い方をしている時ほど、デートの断り文句には相手の意思が込められる。

特に、
「2回目の誘いも断れた」
とか、
「遠回しに何回も誘いを入れているのに交わされる」
というのは、脈なしサインとして受け入れないといけないかもしれない。

相手の印象は変わっていくものなので、しつこいデートの誘いをして完全に嫌われてしまうのは防ぐべきだ。

そこで今回は、「デートの誘いを交わされた時の脈なしサイン」を解説する。デートの断り文句で脈なしパターンになるものをまとめるので、もしこんな断り文句に遭遇したら一旦引いて関係作りの方を頑張ろう。

そのままでは繰り返しデートの誘いをしても厳しいから、嫌われる前に脈なしサインに気付くことが大切だ。

スポンサーリンク

脈なしの断り文句① みんなでいこう

二人で遊びにいこうと思って誘っているのに、相手から「他の誰か」が出てくるようであれば、現状では誘えば誘うほど関係が悪化するだろう。デートの断り文句で脈なしとなるパターンだ。

「他に誰か誘う?」という程度では、相手も気を使って聞いていたり、二人で遊びに行くのが良い意味でも悪い意味でも「どうかな」と思うレベルである場合も多いのだが、「みんなでいこう」とまで言われてしまうと脈なしサイン。前者は良い意味の「遠慮・気遣い」があるので、脈ありサインである場合もある。

一見、大人数で遊びに行く方が楽しそうだと思うのは自然な発想のように思うし、強い脈なしサインと思えない人もいるかもしれない。

しかし、あなたが「二人」を意識してデートの誘いをした以上、第三者と一緒に遊ぼうと言うのは「二人きりはちょっときつい」と思われているからだ。

こういうことは、よくコミュニティー内の恋愛の断り文句でよくある話。
誘い方が微妙過ぎて「二人でデートに行きたい」という意思表示が甘ければこんな断り文句が登場しやすいけど、もしちゃんと意思表示しても「みんなで」と言うなら、脈なしサインとなるので、一旦引こう。

脈なしの断り文句② 今は忙しいので私から連絡します

デートの誘いを交わされるパターンとして、「忙しい」というキーワードはよく登場する言葉である。

「時間がないからデートに行けない」と言えば、ストレートに相手を傷つけない断り文句になるので、誰でも使ったことのある断り文句だろう。

あなたからデートに誘ったのに「忙しい」と言われてしまった場合、「じゃ、いつ頃なら大丈夫?」と一言付け加えると、脈ありか脈なしかをよりはっきりさせることができる。

忙しいという人は、本当に忙しい人だっているのだから、相手の都合にこちらは合わせるしかないので、先々でも予定をもらってしまう方がデートを成立させる現実的な方法になるだろう。ニュアンスを変えて強弱を調整すれば、本来のアプローチにおいては少し踏み込みたい部分である。

だが、そんな質問に対して「落ちついたら私から連絡します」という漠然とした対応で交わされるならデートの誘いに対する脈なしサイン。

あなたからのデートの誘いに好きな人が「どうにかしたい」と思えば、もう少し具体的な話があって然るべきだし、言葉の意味よりも現実はずっと社交辞令の意味で使われるパターンになる。

しつこいデートの誘いは確かに嫌われる要素となるから気を付けないといけない。
しかし、これは「誘う回数」の方に重きを置くべきで、投げかけるべき質問に関しては遠慮していても前に進めない。一度断られた人が再度デートの誘いをするのに躊躇することは多いので、はっきりしないデートの断り文句に対しては、いくつかの質問を投げかけて確認するのが正解だ。その後の会話で自分をフォローすれば問題ない。

中途半端な誘い方は相手も中途半端なリアクションしかできないので、具体性の欠けた返答に対しては少し押しておこう。

脈なしでも時期によってはまた変わっていくので、何度も話題に出して「しつこい」と思われる方が厄介である。

脈なしの断り文句③ いつか行きましょう

デートの誘いにありがちな脈なしサインとして「いつか行けたらいいですね」とか「いつか行きましょうね」と交わされるパターンがある。

「今度〇〇に一緒に行こうよ」などと、会話の流れで案にデートに誘っているのに話が具体化しない場合、もちろん前後の会話でも脈ありと脈なしは分かれるところなのだが、結構厳しい状況となっている。

ここで、今回のテーマを考えた時の基本となる考え方を押さえておこう。

今回のテーマで大事なポイントは、「相手にも意志がある」ということ。

遠回しなデートの誘い方をした時に「意味が伝わらなかったのかな」と感じる場合があると思う。たとえば、下のような気持ちだ。

「二人で一緒に遊びに行きたいという意志を伝えたつもりだったけど、相手はそうとらなかったのではないか…」

こんなことを思う時は確かにその通りかもしれないけど、相手にだって意志があるのだから、何かしらの意思表示がリアクションには隠されている。

逆に言えば、うまくいく二人と言うのはお互いで「二人で会ってみたい」と思っている状態なので、ちょっとした会話がきっかけで話が具体的に決まっていく場合が多いのである。

先ほども触れているように、「しつこい」のは嫌われる原因として多いので、遠回しな誘いに乗ってこないのも脈なしサインになることを知っておこう。

もし脈ありであったなら、デートに誘う一連の会話の中にその意思を感じることができるし、「いつか」という言葉でもニュアンスを変える。

さらっと流されるのなら強めの脈なしサインとなり、探り探り会話が続くようであれば脈ありの可能性を含む。

そんな時は自分から話を具体化するように会話を展開することが大事になるので、遠回しな誘い方をした時は、相手のリアクションから意志を確認しよう。一気に乗ってきてほしい気持ちは分かるが、自分がしている行為が「遠まわし」である以上は、相手のリアクションもそれに合わせたものとなりやすい。

会話しながら少し深堀することで「デート成立の可能性」は感じ取ることができるので、少し頑張りたいポイントである。

脈なしの断り文句④ その日は予定があって…(他の日には触れない)

デートに誘うときはLINEやメールであることも多いだろう。直接言うよりも誘いやすい。

LINEやメールでデートの誘いをする時の問題は、会話しながらデートに誘うよりも、文字だから相手の気持ちが分かりにくい点だ。特にLINEは短いメッセージが主になるので、余計にそう感じることが多いかもしれない。

誤解を避けた誘い方がしたいと思って日時を指定したデートに誘う場合、相手は「予定がある」という言葉で相手を傷つけずに断ることができるから、誘い方として悪くはない。

デートに誘ったのに交わされると、気まずさを感じるのは相手も同じだったりするから、断り易さを考慮した誘い方は、私も推奨しているところだ。

なぜ断りやすい誘い方を推奨するかと言えば、以下の3点が主な理由である。

  • ムリにデートに付き合わせて失敗デートになってしまうのを避ける
  • 断り方で相手の気持ちが推測できる
  • 時期を見てもう一度誘うことができる

何となく断りにくいからデートに付き合ったという場合、相手のモチベーションはそう高くない状態でデートをすることになる。

そうなれば、自ずと失敗デートになってしまう確率は増してしまうだろう。

もし初デートが失敗と表現しないといけないデートになったのなら、次のデートは恐らく誘えないし、誘いにも乗ってこない。

また、断り易いデートの誘い方をした時は、確かにそのデートのお誘い自体は成立しないかもしれないが、先ほど述べている通り、相手の意志はどこかで言葉にされるはずなので、遠回しなデートの誘いで微妙な空気になるくらいなら、断りやすい誘い方を選ぶのはアリだと思っている。

そして、微妙な空気を作らずにデートの断られた場合は、次のデートの誘いもしやすい点も見逃せないメリット

しっかり関係を作れたと思う時期に再度アタックできるので、どうせ好きな人をデートに誘うならストレートだけど断り易い誘い方をしてみるのも一つ。
それぞれのアプローチ方法と合わせて検討してみよう。

見出しの本題部分に話を戻そう。

「その日は予定があって…」と断られた後、なぜその日以外の日時に触れないのが脈なしサインかと言えば、もし相手が積極的にデートを成立させたいと思っていたなら、普通は何かしらの話をするからである。

話の流れ上そういった意思表示がされない場合もあるにはあるが、一度ちゃんとしたデートのお誘いをしたわけなので、後日にでも何かしらのアクションがある。

そのまま流してしまうのはデートの誘いが交わされている点で脈なしとなるので、2回目に同じような展開になるのなら、脈なしを確信する瞬間として捉えるべきだ。

忙しいから断るにしても、自分がどうにかしたいと思ったなら時間は作るもの。又は、合わせようとする。仕事に集中したいと思っている人だって、相手次第でまた対応は変わるので、脈なしなら一旦引くべきだろう。

脈なしの断り文句⑤ 何回も断ってしまってごめんなさい

好きな人をデートに誘っているになかなか誘いに乗ってこない時、時々「何回も断ってしまってごめんなさい」と気遣いとも取れるメッセージを伝える人がいる。

これは、デートを誘って断れた時の脈なしサインとなるので気を付けよう。

断っている事実に気づきながら、それでもまた断るということは、「あなたとデートには行きたくありません」という強めの意思表示。

敢えて「断っている」という事実を持ち出すことで。相手に気付きを促しているサインになる。

何度も言うように、デートの断り文句には意志が反映されている。
また、前後の会話にもニュアンスを伝える言葉は紛れているものだ。

一見気遣いで言ってくれる言葉も、その後の会話がデート成立に向かわずに交わされるなら、社交辞令的に言っている場合が多く、前向きに捉えてしまうと痛い人に認定されてしまうから、また関係を作り直していく方向で考えるべき。

もし本当に悪いと思って何とかしたいと思っているなら、相手はそれを意思表示するはず。
あるべき言葉が続かない場合は脈なしサインを送っている意味となるので、注意をしよう。

脈なしの断り文句⑥(かなり先まで)ずっと忙しくて…

デートに誘う時に、日にちを指定せずに「暇な日ないの?」と聞く形で誘う場合も多いだろう。

お互いの時間が合うなら一緒に出掛けようとする誘い方だが、そんな時に「(かなり先まで)ずっと忙しくて…」と断る場合は脈なしサインだ。

月初に「今月は忙しい」と断られる場合や「ちょっと予定が埋まってしまってて」と誘った方が具体的に話を進めにくくなる断り文句は、その誘いをシャットアウトしている。少なくとも、好きな人はあなたとのデートに積極的ではないことが読み取れる。

デートの誘いを断る方法として最も多用されるのは「忙しい」とか「予定がある」という断り方だ。でも、どんなに忙しい人だって優先順位に従って予定を組んでいるはず。あなたのデートを調整できないほど相手が本当に忙しいかと言えば、恐らくそうではないだろう。短い時間の食事デートくらいなら何とかできるはずだ。

「暇な日」を聞いても具体的な返事がない場合も脈なしサインであり、相手としては察してほしいと思っている。もし、そうでない場合は、「理由の詳細を話す」ことが多くなるので確認してみよう。

「何で断るのか」をしっかり説明する場合は、相手が「本当は行きたい」と思っている意思表示になる場合がある。「交わされる・流される」のはその逆なので、そんな視点も持ってみるといい。

そっけなく断れるのは明らかな脈なしサインとなるため、しつこく誘わない方が将来に可能性が残せる。

もし、恋愛における「積極的な態度」と「ガツガツしている態度」の違いが分からないなら下の記事を読んでみてほしい。しつこいと思われれば好きな人から嫌われてしまうけれど、だからと言って積極性を失えば恋愛は前に進まない。丁度いい接し方をするのに参考になると思う。

次からは、デートの誘いをした時の脈なしの断り方について分かりやすいサインを3つ紹介する。断り文句と一緒に覚えておこう。

脈なしの断り方は3つの態度がポイント!デートに誘った際に引くべきサインとは?

デートの誘いをした際は、断り文句以外に「態度や行動」でも脈なしサインが出ている。下に紹介する3つの「引きべきサイン」が出たら、もう少し仲良くなってから誘うようにしよう。

話題をすぐに変えられる

デートの誘いをした際は、簡単に断られるときほど、脈なしサインとなる。好意を持っているならフォローする方が自然な態度だし、スパッと断る態度は失礼になるため、普通は悪い印象を与えないように何かしらの言葉を続けるものだ。

しかし、「話題をすぐに変える」という態度に出る相手は、デートの誘いをなかったことにしたい意思が込められていて、気まずい雰囲気にしないように違う話題で会話を続けようとしてくる。

この場合は「恥ずかしい」とか「緊張したから」などの恋愛的な意味がないので、強めの脈なしサイン。一度引きべき態度なので、注意しよう。

質問に答えない

脈なしの相手をデートに誘った時は、「デートの話題」で盛り上がることがない。

デートに誘うための質問に答えないタイプの人も意外に多くて、脈なしパターンでは「流されるような交わされ方」をすることがある。

「もう!冗談言わないでよ笑」
「何言っているの笑」
上のセリフのように、笑って流す人も質問に答えないタイプの断り方なので、こんな態度になる人は残念ながら何度デートに誘っても断られる。

はっきり言わない分わかりにくいリアクションに思うかもしれないが、一旦引くべきサインだから気を付けよう。

好意を持っている相手や好きな人、気になる人には失礼がないように振舞うので、「デートに誘うため」と思って聞いた質問に答えない態度は脈なしサインとなる。

そっけない態度を取る

デートの誘いをした際に微妙な断り方をされた場合であっても、その後の態度がそっけないのは強い脈なしサインになる。あなたと深い関係になりたくないから「デートに誘われたことをきっかけに態度を冷たくした」と思われるパターンだ。

デートに誘うまではお互いに友達として接していたはずなので、デートの誘いをきっかけに「恋愛感情」を疑われた時は、脈なしの時ほど好きな人の態度が変わる。

仲良くなったことを勘違いされたと思われた時はわざと距離感が遠くする人がいるので、このパターンに当てはまる人はしつこい誘いをしないで一回引くようにしよう。

デートの誘い方でタイミングが難しいのは、こんなタイプがいるためだ。もし誘い方が悪いのが原因で断られた人は、下の記事を読んで次からは断りにくい誘い方を実践するようにしてみよう。

まとめ

今回は「デートの誘いを交わされた時の脈なしサイン」を紹介した。

脈なしの状態で何度も誘うと完全に嫌われてしまうため、デートの断り文句で脈なしとなるパターンはしっかり覚えておこう。

好きな人をデートに誘った時の断り方には意志が反映されるわけだが、その一言だけでは判断を見誤ることもある。言葉の意味を考えながら会話をするにしても、そこまで一言一言に意味を含ませて話をしないからだ。

したがって、デートの断り文句は前後の会話にも注目するのがポイントだ。恋愛サインを見逃さないようにするためには、たくさんの視点を持つことが何より重要である。

お互いで一緒に遊んでみたいと思っている場合と、そうではなく一方の意思だけだった場合では、デートの話題が出た際の反応が全然違う。

脈ありの場合は、驚くほどスムーズにデートが成立することも多く、会話の後に「何でデートすることになったんだっけ?」と思うことすらあるのに比べ、脈なしの場合は何度話題に出しても会話が発展していかず、流されてしまう。

程度問題をかなり極端に見積もった話ではあるが、基本的な部分なので、脈ありと脈なしを判断するのに参考にしてみよう。

この記事のテーマとは逆に「デートに誘った時の押すべき脈ありサイン」については下の記事を参考にしてみてほしい。

関連記事:

タイトルとURLをコピーしました