好きな人の気持ちが分からない人へ「恋愛をシンプルに考える方法」を解説!~好きな人の気持ちは「事実」を前提に「結果」と「状況」から理解する

好きな人の気持ちがわからない女性が恋愛のことで悩んいる様子

誰かを好きになって片思いをすれば、その恋愛が進むにしても進まないにしても、「好きな人の気持ち」を考えてしまうものだ。

特に好きな人と仲良くなれた時は、脈ありと脈なしを常に意識するような感じで恋愛する人が多いと思う。

確かに恋愛を成功させるには好きな人の気持ちを正しく理解することが求められる面があるものの、恋愛が苦手な人や恋愛初心者の人ほど「好きな人の気持ちがわからない」「相手の気持ちがわからない」と思いがちで、その時々の適切なアプローチ方法が実践できない傾向がある。

片思いにいっぱいいっぱいになってしまって、自分の気持ちが中心に来ることで、恋愛中に相手の気持ちが見えなくなる。

恋愛が得意な人でも、付き合う前は相手の気持ちが分からない状況になるのだが、付き合った経験がある程度あると、好きな人の気持ちが分からない理由を知っていて、その前提に立った「好きな人の気持ちをシンプルに考えていく方法」を何となく知っている。

今回は、そこを詳しく解説したい。

この記事では、好きない人の気持ちを考える上で大切になる「恋愛をシンプルに考える方法」を徹底解説する。

好きな人の気持ちは、「事実」を前提に「結果」と「状況」で理解することが重要だ。その意味や方法を理解してみてほしい。

あなたの恋愛が今どんな状態にあるかを理解するためには、好きな人の態度や行動ばかりに目を向けていても余計に分からなくなる。

好きな人の心理が全然分からないという人は、違うアプローチで考えることで見えてくるものがあるはずだ。

好きな人の気持ちがわからない理由:恋愛中の相手の気持ちがわからないのはなぜ?

まずは、恋愛をするとなぜ相手の気持ちがわからなくなるかについて理解しておこう。

恋愛が難しいと感じるのは、相手の気持ちが分からないことも原因の一つなので、それが「なぜか(理由)」を解説する。

好きな人の気持ちがわからないのは、恋愛中に一貫した行動や態度を取る人がほとんどいないから

好きな人に対して、あなたは一貫した行動を取り続けることができるだろうか?

例えば…、いつでも笑顔で好きな人に話しかけ、LINEは2日に1回必ず送って、二人の時もみんなで居る時も常に優しく接する。

一見、このような態度を取り続ける人はいるんじゃないかと思う人もいるかもしれないけど、「脈ありと脈なしの違い」を判別するように細かい目線でチェックすると、その時々の場面や状況、その日の気分や体調などで、自分の好きな人にとる態度でさえ色々変わっていることに気付くと思う。

誰かに対して、一貫した態度を取り続ける人はほとんどいないのだ。これは、好きな人だけじゃなく、嫌いな人が相手でもそうである。

一貫した行動を取り続けることがないのが人であるため、恋愛は考えれば考えるほど色々な情報が打ち消し合って、好きな人の気持ちが分からなくなるのである。

恋愛中はたとえ好きでも好きじゃない振りをするから相手の気持ちがわからない

いま解説した通り、人は無意識にも相手にとる態度が変わるのだけど、恋愛中は「わざと日によって態度を変える」ことも多い。

その理由は、好意がバレて気まずい関係にならないように、相手にとる態度にバランスをとる意識があるから。

これも、好きな人の気持ちが分からない理由であり、恋愛中に相手の気持ちがわからない理由の一つだ。

たとえば、ある日に好きな人に好意を伝えようと頑張ったり、自分のアピールに頑張った後、「ガツガツ行き過ぎた、引かれた(好きだって勘付かれた)かもしれない」と反省して、次の日に好きな人に冷たくするような時がここで解説している内容の典型的なパターンだ。(参考:恋愛における「積極的な態度」と「ガツガツしている態度」の違いとは~片思いの時は、好きな人にどんな態度を取るべきか

付き合う前の恋愛は、相手が自分のことをどう思ってるか分からないため、ストレートに好意をアピールする人がほとんどいない

好きっぽい振りをしたり、好きじゃないっぽい振りをしたりと、相手に確信を与えたないようにアプローチする人が多い。

付き合う前の恋愛では、これをお互いに行う。

つまり、今のあなたの片思いがたとえ両思いであったとしても、相手は無意識にも意識的にも態度を変えてくるから、好きな人の気持ちが分からないのだ。言い換えると、気持ちが分からないようにされるのである。

しかも、恋愛中は2人の関係が親密になるほどお互いで意識し合う関係になるため、自分の気持ちに素直になるのが難しい面もあり、好きな人への照れも影響して「好きか好きじゃないか分からない態度と行動」が増える面もある。

男の照れ隠しを見抜け!男性が照れ隠しをしている時の態度や行動9選を男性心理に注目して解説する
付き合う前の恋愛では、男性も女性も好きバレしないように好意を隠しながら恋をする。 場合によっては、真意や本音を誤解するような照れ隠しが当たり前のように行われるのが、付き合ってない男女の会話だ。これはなにも照れ屋な男性に限った話

片思いの状況を分析するのが難しいのは、本当に色々と理由がある。好きだから避ける「好き避け」の存在も好きな人の気持ちが分からない原因だ。

感情によるバイアス(思い込みなどによる偏り)が客観性を奪うから好きな人の気持ちがわからない

恋愛をしている時に相手の気持ちが分からないのは、自分が抱えている「期待や不安」がバイアスとなって客観性を奪うからでもある。

主観的になってしまうと、どうしても相手の心理は見えなくなる。

恋愛をすれば、好きな人との一つ一つの出来事に一喜一憂する。大好きになってのめり込むような恋愛であったなら尚更だし、そうでなくても「友達」には向けない特別な感情を抱えているため、度合いの差こそあったとしても、好きな人のことは主観的に見てしまうところがある。

心理学の世界では、自分の大切にしたいものに対し、客観的な視点を持つには訓練が必要だと言われる。(ここはよくギャンブル・投資の世界で言われること。大切なもの=お金)

恋愛に限らず、相手の心理を読むには客観性が必要不可欠だが、その客観性の担保が本当に難しいのだ。分析するのに情報を捻じ曲げてしまう「主観性」は邪魔なものだけど、恋愛においては多くの人が自分の主観を排除して考えることが「不可能」な状態になっている。恋愛が難しいと感じる理由の一つだ。

これがあるために「好きな人の心理分析」は、本気で好きであることを条件に、恋愛に慣れている人さえ非常に難しい。

だからこそ、これから説明する「好きな人・恋愛をシンプルに考える方法」を知っていることが「好きな人の気持ちを知る」のに大切な意味を持っている。

さっそく具体的に解説していこう。

「好きな人の気持ちがわからない」を解決!恋愛をシンプルに考える方法とは?

好きな人の気持ちが分からない状態から、好きな人の気持ちが分かるようになった女性

これまでは「好きな人の気持ちがわからない理由」について解説したが、ここからは好きな人の気持ちを知るために「恋愛をシンプルに考える方法」を解説していく。

好きな人の心理は一言でいうと「好きだから分からない」面があるのだが、ではどのようにして「今の恋愛の状態」を見極めていくと良いのか。

これから説明することを理解することで、脈ありサインや脈なしサイン以外の好きな人の気持ちの見極め方ができてくる。

好きな人の気持ちがわからない時は、「事実」に注目して「結果」と「状況」から好きな人の心理を読む

好きな人の行動や態度を恋愛サインとして見ていても、情報が自分の主観で捻じ曲げられたり、好きな人自体が自分の気持ちとは裏腹な態度や行動を取ることもあるため、正しい心理分析が難しい。

だとすれば、好きな人の気持ちは「事実」だけを並べて考える方が、心理を読む時の精度が高くなる。

「この時にこんな態度を取ったけど、次はこんな態度だった」
気になる人や好きな人の一つ一つの行動・態度に注目してしまうのが恋愛だけど、「事実」にフォーカスして「結果」と「状況」から心理を読もうとする方が、全ての情報を丸ごと詰め込んで考えるよりも、相手の心理分析には有効だ。

もちろん、完璧に好きな人の気持ちを知る方法なんてないのだけど、相手の行動・態度で一喜一憂して、恋愛が難しくて分からない状況になるのもしんどいと思うので、よりベターな方法として考えていく。

ここで私が取り上げている「事実」とは、「好きな人と実際にどうなっているか」という状況や結果のことだ。

たとえば、どんなLINEが脈ありかとか脈なしかと考えるよりも、どの程度の頻度でLINEのやり取りが発生しているか、1週間に何回LINEがくるか等の「客観的な事実」だけを見るようにすると、好きな人の気持ちがわからない状況を改善できる。(※好きな人が相手のLINEで自分がいつも脈ありLINEを送るわけではないように、相手も同じだから)

好きな人の気持ちをシンプルに考える方法としては、なるべく現在の状況を事実だけで考えたいので、余計なことを排除して「今自分たちがどんな関係でいるのか」を結果だけで考えてみよう。

好きな人の気持ちを知るのにこの方法を推薦する理由は、勘違いを防げるからだ。

恋愛中、期待に胸を含ませるタイプの人はよく勘違いをして突っ走ってしまう人がいるけど、逆の勘違いでネガティブに見てしまう人も同じように、相手の気持ちを「ある一部分を見て決めてしまう」ところがあるので、多くの勘違いが発生する。

そうならないためには、現在の状況を事実だけで考えるべきだ。

「好きな人が笑顔で話してくれる!」と、いくら印象面で自分の主観を含めた情報を並べても、精度が低くなって自分がどんな性格かで受け取り方も違ってしまう。

この場合であれば、「話しかけてくる頻度」「会話する時間の量」などで好きな人の気持ちを把握する方が勘違いしない。

何かを知るためには多くの情報があった方がいいけど、恋愛では好きな人の気持ちがわからなくなる原因になるので、もっとシンプルに考えよう。

なるべくあなたの主観が入らない「事実」と「結果」だけを洗い出して好きな人の気持ちに近づくことが「正しい理解」につながる。

好きな人の気持ちを理解するために「客観性を担保する」には?

自分から好きな人を見たときは、どうしてもバイアスがかかってしまうことを説明したが、では客観性を担保するためにはどうしたら良いだろうか。

一つはシンプルに「事実」から「状況」を知って相手の心理を読む方法だけど、もう一つ、「他人の目」から「状況」を知って好きな人の心理を読む方法がある。

つまり、好きな人の気持ちがわからないと思った時は「客観的な他人の意見も聞いておく方が良い」ということだ。

グループ内恋愛ならグループの人、コミュニティー内恋愛なら同僚やクラスメイトに恋愛相談して、外から見た自分たちの関係を分析してもらうのも、好きな人の気持ちがわからないと思った時の対処法として精度が高い。

他人の目は客観性が担保されているから、自分自身で好きな人の気持ちを知ろうとするより、余計な情報が排除できる。

問題点は、「誰に相談するか」が少し難しい点だ。

ベストは、恋愛経験が多い人(=恋愛力が高い人)であり、かつ周りに暴露される恐れのない相手(=信頼性が高い人、信頼関係が強い人)である。

だが、自分も好きな人のことも両方知っている人で相談できるような人がいないという人は多いかもしれない。

それなら、自分が恋愛相談したいと思う人なら好きな人のことを知らない人でもいいから、一緒に「状況」を分析してもらうと良い。実際に行動してみると、期待も不安もない他人の分析はまた違った視点を持っていることに気づけるだろう。

主観の入らない他人の目を使って好きな人の気持ちを知る時に気を付ける点は、「〇〇と思う」という言葉を連発しないこと。それはあなたの感情が乗ってしまっているから、第三者に相談する意味がなくなる。

先ほどと同じように、なるべく「事実」だけを並べていくとより精度が高まるから、話し方には気を付けるべきだ。あなたの主観が入った好きな人の情報を与えれば与えるほど相談相手の客観性は失われて、相手はあなたの話しぶりから意見を調整してしまう

友達が忖度しなかったとしても、客観的な分析を捻じ曲げてしまう原因となるため、今回説明している「好きな人の気持ちをシンプルに考える方法」を実践するには、恋愛相談する時に「LINEは毎日している・毎日話しかけてくれて5分くらいは話す・通話も週1くらいするようになった」などなど、客観的な事実だけを話すことで「今、二人がどんな状況にあるか」を伝えた上で意見を言ってもらおう。

好きな人の気持ちがわからない時、なぜ事実に基づく「好きな人との状況」を重視するべきなのか

好きな人の気持ちがよくわからない人が恋愛をシンプルに考える方法を身につけた時の日記

好きな人の気持ちが分からない場合、なぜ主観的な印象より「結果」や「状況」にフォーカスするべきだとしているかと言えば、私の経験上、「好きな人との状況を作り出していたものがお互いの気持ちだったこと」を、後から知ることが多かったからだ。

好きな人の態度や行動はどうしても例外が出てくるから「傾向」的な考え方をしないといけないけど、傾向を掴もうとしても自分の「期待や不安」を原因にした強いバイアスがかかる。

恋愛に絶対の自信を持てる人は本当に少数派なので、多くの人が好きな人への期待と不安から真反対のサインを両方並べて、結局「好きな人の気持ちが分からない」となってしまう。

しかし、「2人の状況」は違っていることが多い。

例えば、毎日LINEをしている関係が1か月以上続いたり、みんなで遊んでいたのに気が付いたら2人だけで遊ぶようになっていたり、話し出すと毎回のように長くなって電話する関係になっていたりする時は、「お互いの興味がそれなりに強くないと継続しない状況」である。

もし好意がなかったら、長い期間親密な関係にならないし、あなたがいくらアクションを起こそうとも相手の好意がなければ拒否してくる。2人の状況を分析すると、相手の気持ちが見えてくるのである。

アプローチされてると思えばなおさら相手は拒否感が出てくるから、2人の状況が良好なら、脈なしの態度は本心をカモフラージュしていたり、照れ隠しが原因である。

人は自分のことを好きっぽい相手の好意を受け入れるのが「思わせぶりな態度だ」と思うから、アプローチされたら自分の気持ちに即して対応を考える。

つまり、2人の状況は2人で作っているから、「どっちから行動を起こしているか」など、細かいことを排除して事実と状況に注目すると、「相手の気持ちを知る方法」になるのである。

この時、好きな人の気持ちが分からない人は、「用事があったから毎日LINEしてただけ」「2人で会ってるけど脈ありサインも脈なしサインもどっちも出る」「よく電話してるけどいつも自分からかけてるから長電話できる関係って言っても相手が何を考えるかわからない」と言い、2人の間に起こってる事実や状況に注目しない。

確かに、LINEに脈ありサインがどれだけ含まれているかとか、会話の中に脈ありサインがどの程度含まれるかは相手の気持ちがわかる重要な要素なのだが、最終的に片思いが両想いになって付き合い始めれば、上にあげた状況になってきた時期から「本当はもう好きになっていた」なんて話をすることがあるあるだったりする。

「じゃあ、何で態度に出さなかったの?気持ちが分からなかったよ」
という話には、
「気持ちを知られたくなかったからだよ。気まずくなるのが怖かったんだ」
なんて答えが返ってくるのだ。

あくまでも一例だけど、好きな人との状況を作り出していたものが「2人の気持ちだったこと」を後から知ることは本当に多い。

また、自分からばかり連絡を取っている関係だったとしても、相手は迷っていたり、ただ奥手だったり、自分からのみ連絡している状況であっても相手への気持ちがどの程度あるかでその「状況」が作られていくから、受け入れてくれるという「事実」をもって脈ありと判断できる。

「少し前まで毎日連絡を取り合っていたのに、いつの間にか無くなった」のなら相手の気持ちが離れたのだろうし、自分からばかりアプローチをしていたとしても相手が受け入れるような状況なら興味を持っている状態である可能性が高い状況だ。

2人が親密な関係になって、その期間が長くなっていて関係も発展してきているなら、あなたに恋愛感情を持っている可能性もあるから、それを確かめる行動を取れば好きな人の気持ちが更に見えてくる。

このように、事実と状況から好きな人の気持ちを考えると、恋愛はよりシンプルに考えることができる。

一つ一つの行動・態度に意味があると思って好きな人の気持ちを知ろうとしても、当然矛盾だらけになって、結局何も分からなくなる。

「結果」から「状況」を考えて相手の気持ちをシンプルに考える方法は、恋愛を進めていく上で大切になるし、告白をするタイミングを決定する際にも使える考え方である。

好きな人と仲良くなるところで悩んでいる人は、下の記事を参考にしてみよう。

次の見出しでもう一つ、好きな人の気持ちが分からない人向けに大事な視点を解説する。事実や状況を分析する際に大きなヒントになる考え方なので、よく理解して自分のものにしてほしい。

好きな人の気持ちが分からない時は、「2週間前」や「1ヶ月前」と比較して「どんな変化が起きてるか」を分析する

好きな人の気持ちをわからない時は、事実と状況から分析するとシンプルになるのだが、相手の気持ちを分析するのが苦手な人は、この方法でも自分の主観を持ち込んでしまうことがある。

では、どうしたら好きな人の気持ちが分かるかと言うと、過去と今の比較をすると分かりやすい。

たとえば、「2週間前と今」「1ヶ月前と今」を比較して、2人の状況を事実ベースで分析してみよう。

LINEの頻度や、話しかけてくれる頻度、会話の量や笑顔の量などなど、あなたが気になる要素を直近の過去と比較して今の状況がどう変わってきているか分析すると、今までより好きな人の気持ちが分かるようになる。

特にLINEに関してはトーク履歴をさかのぼることができるので、会話のニュアンスまで状況分析することができる。

その際は、「褒め言葉の頻度」「スタンプや絵文字の傾向」「返信スピード」などもチェックしてみよう。これらもすべて事実ベースで好きな人の気持ちが分析できる。

LINEで好きな人の気持ちが分かる!脈ありと脈なしのLINEの違い
好きな人との距離を縮めるために使うLINE(ライン)は、既読無視や既読スルーの問題もあるから、メールに比べて相手の気持ちが読みやすい。 しかし一方で、LINEはなかなか長文でやり取りされないため、短いメッセージ量で脈ありと脈な

好きな人の気持ちが分からないのは自分の主観が入ってしまうことや、好きな人自身がいつも自分の気持ちに即して行動や態度を決定してないことが主な原因だったが、恋愛が苦手な人は細かいところに一喜一憂してしまう面があるので、「1ヶ月前と比較して今はどんな状況に変わってきているだろう?」と考えてみるのが非常に有効だ。

良い方向に進んでいるなら、好きな人はあなたに好意的なことがほぼ確定するし、悪い方向に進んでいるならアプローチしたことがきっかけで距離を置かれている状況かもしれない。

どんな方法でも、さすがに「好きな人が考えていることがわかる方法」にはなり得ないが、事実や状況から好きな人の気持ちを見抜くのが苦手な人は「少し前との比較の視点」を持つことをお勧めする。

良い方向に進んでいると確信した際はアプローチの強度を上げて、さらに好きな人の気持ちを判断していこう。悪い方向に進んでいる時は一旦アプローチを弱めて、そのまま嫌わないように動くと良い。

好きな人の気持ちが分からないと、適切な恋愛アプローチができない!少しでも好きな人の気持ちを把握する意味

片思い中に相手の気持ちがわからない女性

今回の記事を読んで「恋愛してる時にこんな考え方をしたことがなかった」という人は、恋愛アプローチが苦手な人だと思う。

好きな人の気持ちが分からないと、その時々に応じた恋愛アプローチができないから、少しでも「好きな人の本当の気持ち」に近づくことが付き合う前の片思いにおいて重要な恋愛力になっている。

なぜ好きな人の気持ちが分からない人は恋愛が苦手なのか

なぜ好きな人の気持ちが分からないと恋愛が苦手になってしまうのかと言うと、恋愛では好きな人の気持ちに応じて距離感を変える必要があるからだ。

好きな人の気持ちが自分に向き始めたら、その状況に合わせてさらに距離を縮めることが付き合うコツになるし、自分に興味がない状況だったら興味を持たせるための行動や態度を取らないといけない。

好きな人との丁度いい距離感とは~心も体も、適切な距離で接するために恋愛における「距離感」を徹底解説
恋愛している時、あなたは好きな人との距離感を意識してアプローチできているだろうか? ただ押していくだけ、ただ気を遣って引いているだけになっていないだろうか? 恋愛では片思いでも両想いでも、好きな人との距離感が難しい。恋愛

特に「奥手なタイプ」は恋愛する時に守りに入ってしまうけど、嫌われないように振る舞うことは、好きな人に好きになってもらうことにほとんど影響しないのが悲しいところであり、恋愛の難しさだ。

少しでも好きな人の気持ちが分かったら、アプローチの仕方に活かそう

今まで「好きな人と仲良くなってきたけど、全然好きな人の気持ちが分からない」と思っていた人が、この記事をきっかけに少しでも好きな人の気持ちが分かるようになったら、ぜひその状況に応じた恋愛アプローチをしてほしい。

付き合う前の恋愛は、二人で「両想いに近づいている」「付き合う直前の雰囲気に近づいてきた」と実感し合うことが重要だ。

好きな人に自分を好きになってもらうことにも、二人の段階に応じたアプローチの仕方が必須になっているので、「ちょっとは気になってくれてる」という状況になったら、勇気をもってもう一歩踏み込まないといけない。普通に仲良くなるだけでは、友達止まりになる。

付き合うタイミングを逃す原因7選とその解決法のヒント
友達から始まった恋愛は「付き合うタイミングを逃す」ということがよく起きる。 恋愛はタイミングが命とも言われる。しかし、片思いの時は相手の気持ちに確信が持てない以上、付き合うタイミングに踏み込んでいく行動は常にリスクを孕んでいて

最近はコロナの影響もあって人と人の距離が昔より遠くなっている面もあるため、この記事で解説した「恋愛をシンプルに考える方法」を実践して、好きな人の気持ちに応じたアプローチのレベルを調整してみよう。

好きな人と仲良くなって意識されたのであればデートや食事に誘うタイミングが来ているし、もっと恋愛が進んで告白するべきタイミングに来ているなら告白しないと気持ちを割り切られる。

統計から分かる「告白が成功する条件」~タイミング・時期・場所・方法~告白経験者233名の分析結果から見えたこと
片思いが進んでいよいよ告白のタイミングを考える時、「告白が成功するか失敗するか」という期待と不安は、なかなか告白に踏み切れない理由になる。 特に告白直前は好きな人ともある程度仲良くなった自覚がある頃だし、告白が失敗すれば友達関

少しでも好きな人の気持ちが分かるようになると、好きな人に取る態度や行動が最適化できるはずだから、好きな人と付き合える恋愛力をあなたにも付けてほしい。

まとめ

今回は、好きな人の気持ちが分からない人のために、「恋愛をシンプルに考える方法」を解説した。

好きな人の気持ちを知りたいなら、行動・態度にばかり注目していても矛盾することばかりで逆に見えなくなるので、事実や結果から好きな人の気持ちを理解しよう。

恋愛は時に負担に思うものでもあって、片思いを長く継続できない人がいる。
難しく考え出せば、「辛い」とか「しんどい」と感じるものなので、そんな時こそ「シンプルに考える」ことは大切になる

片思い中は、自分と好きな人との間に起こった「結果」から状況を考えて、なぜそうなっているかを考えることが本当に重要だ。

もし客観性を担保できないのであれば、他人の意見も参考になるので、気持ち的に煮詰まった時は「事実」だけを説明して、第三者から印象を聞いてみても参考にできると思う。

その場合は「誰に」相談するかが大事なので、人間性だけでなく恋愛力の面で信頼できる人を選ぼう。

恋愛は、好きな人の気持ちと同じくらい「自分の強み」を理解していることが成功のコツだ。自分の強みや弱みがはっきりしていない人は、下の記事も参考にしてみてほしい。

自分の魅力が分からない人へ「自分の魅力に気づく方法」を解説!自分に魅力がないと思ってる人の対処法とは?
恋愛相談を受けると、「自分の魅力が分からない」「自分に魅力がない」という人ばかりの現状をすごく残念に思う。自分の魅力に気づいてない女性や男性が本当に多いのだ。 実際はみんなにそれぞれ魅力があるはずなのに、自分から自分の魅力に気

下の関連記事には「恋愛した時の雰囲気」をテーマにしたものを貼っておく。

今回の内容とは少し角度の違う記事ではあるが、「結果・状況」をどう考えるかについても参考になる人がいると思うのでこちらも合わせて読んでみよう。

関連記事:

アプローチ脈あり・脈なし大学生の恋愛
Brightfutureをフォローする
自分が結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を知って具体的な努力をして結婚できた女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知っていましたか?
いつか結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要になってます。
下の記事では、総務省の国勢調査から、年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました