片思いの気持ちがバレてる!好きバレしている時の相手の男性の心理

好きな人に気持ちがバレた女性の気持ち

好きな人にはつい態度が変わってしまったり、恋の駆け引きをしたつもりがバレてしまったりして、片思いの気持ちが好きな人にバレてる恋愛もよくある話。好きバレが一つの恋愛のテーマになるケースは決して珍しくない。

そうなると、恋する女子が気になるのが「好きバレした時の男性心理」ではないだろうか。

「スキバレしたら、避けられるの?」
「片思いがバレたら、もう恋は叶わない?」

告白前に好きバレした場合、上のような不安や疑問がたくさんあると思う。

そこで今回は「片思いがバレてる!」という女性向けに「好きバレしてるときの男性の心理」についてまとめてみよう。

相手の男性はあなたの片思いを知ってどう思っているだろう?一般的な男性心理についていくつかの角度から解説してみたい。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

好きバレした時の男性の態度と、心理は一致しないことの方が多い

まずは前提のお話から今回の記事をはじめる。女性が好きな人に好きバレした時、絶対に知っておいてほしいことだ。

それは、「好きバレした時は、好きな人の態度と心理は一致しないことの方が多い」ということ。

よほど恋愛に慣れている男性の場合は少し話が違うのだけど、多くの男性は女子の気持ちに気づいた時、どうしても「普通に接するのが難しい」という気持ちになる。いわゆる「恋愛的な気まずさ」が原因なのだが、良い意味か悪い意味か別にして意識してしまう男性が圧倒的に多いのだ。

逆に、意識していることをバレたくない男性心理で本当の気持ちとは別に「超普通を装う男子」もいて、結局のところ態度と心理は一致しない。

好きバレした時は、好きバレ後のコミュニケーションで本当の気持ちを探る必要があるので、
「冷たくされた…」
「気持ちに気づいたのに普通に接する…」
「避けられるようになった…」
こんな状況になったとしても、好きバレ特有の現象だと思ってアプローチを続けよう。

好きバレした片思いは、女子の方から好きな人に関りを持つように頑張らないといけないことが多いから、「恋愛対象に見られないってことはなくなった!」と前向きに捉えて、恋愛を進めてほしい。

では、次の見出しから、好きな人の内心に迫っていく。
男性の心理では、女子の好きバレに何て思うのだろう?

スポンサーリンク

モテるのがうれしい男性心理

当ブログで何度か伝えているように、恋愛は人間の本能が絡むとても原始的なものでもあるため、男性の心理を考える上で「より多くの女性からモテたい」という本能は無視できない。

女性からの好意は無条件に「嬉しい」という気持ちを抱きやすいのが男性で、女性は好きな人から強く想われることに本能的な価値観が高いという「特徴の違い」があるのだ。

しかしながら、「恋愛」を意識した時は、その好意が「誰から」向けられたものかによって大きく価値が変わるため、あなたが好きな人から見て「どんな女性か」によって嬉しさの度合いは変わってくる。

多くの女性からモテたい男性本能でも、誰からでも嬉しいと思う気持ちと好きな人から好かれたいという両方の気持ちが存在している。

ただ、本能的に男性は女性から「モテる」こと自体に価値を感じるため、女性から好かれた時に「嬉しい」という気持ちは根底にあるものだと理解するべき。特に「迷惑にならないアプローチ」で好きバレしてるケースは、基本的に「嬉しい」と思ってもらっているものと考えられる。

恋愛に単純な思考をする男性心理

男性心理は「目的」とか「結果」を重視する傾向が高く、恋愛そのものを純愛的に楽しむ傾向は、女性に比べて低い。ロマンティックなのはむしろ男性の方だと言われているが、それはそういった行動をしている自分に酔っている面も強く作用しているのが現実だ。

女性ならそんな男性を目の前にしたことがあるんじゃないだろうか。

恋愛に単純な思考をする男性心理を紐解くと、あなたの片思いが好きバレしている状況では、多くのパターンで単純に「とても気になる」という気持ちになっていることが予想される。普段の付き合いがある関係の友達関係なら、気にしてないような態度や行動を取っていたとしても、内心では気になっているはず。

「この子は俺のことが好きなんだ」という事実は、それをどこまで信じるか信じないかを問わず、「気になる」という心理に影響している。恋愛成就という意味では、意識してもらってからがスタートの恋愛においてこの効果は大きく、好きバレの状態でもアプローチできる人は男性・女性限らずに恋愛がうまくいく傾向が高い。

冒頭述べた通り、意識してもらってからの恋愛は自分からリードするような恋愛の仕方が求められる面があるため、相手の男性がどんな態度になったとしてもあなたは普段通り接し、これまで通りにアプローチしていくことが重要だ。

好きバレした後はアプローチの仕方が大事。自分の恋愛の特徴や強み、どんな恋愛が合っているかなどの「自分の恋愛傾向」について知りたい人は、私が受けてみた本格的な恋愛傾向診断を受けてみよう。自分を知っていることは相手がいてこそ成立する恋愛ですごく大切なことになる。

ツヴァイの「恋愛傾向診断」を実際に受けた体験談【画像あり】~無料なのに本当に当たる?数値化されるその結果がすごい!
もし、あなたの恋愛力が数値化される診断があるとしたら、受けてみたいと思わないだろうか? しかも、プロが真剣に作ったテストで、恋愛傾...

シャイな男性心理

男性心理は「カッコつかない状態」を嫌う。その顕著な例は「恥ずかしいとき」だ。

ある女性から好意を向けられることは、慣れている男性でも何だか恥ずかしいことで、照れてしまう場合が多い。好きバレをきっかけに無視されるようになったり、冷たくなってしまう男性もいるが、シャイな男性心理が影響している可能性がある。

女性からの片思いに気づいても自分が何をどうしたらいいか分からないし、意識してしまっている自分も「カッコがつかない」ので、好きバレをきっかけに態度が変わる場合が多いのである。

恋愛感情は「特別な感情」なので、処理に困るのは気持ちを受け取る方も同じで、恋愛経験の少ない人同士の恋愛では、「好きバレ後」がよく悪い意味で問題になる。

二人きりで話す機会に恵まれているとどうにかできるケースの方が多いけれど、みんなとの絡みがメインであれば、シャイな男子との恋愛に苦労する女性は多くなってしまっている。

よく好きバレする女性は、「どうしたら好きバレしないで恋愛できるか」よりも「好きバレした後の恋愛の仕方」を試行錯誤するべきかと思う。アプローチできることは恋愛にプラスなので、その結果空気が変わった関係に対する対処法を会得していこう。

好きバレにはメリットや恋愛の効果もあるので、興味があれば下の記事も読んでみてほしい。

女性から好かれるのが誇らしい男性の心理

片思いするとよく好きバレしてる女性は、好きな人から「調子に乗られる」という経験をしていないだろうか。

女性から好かれると「誇らしい」と感じるのが男性の心理だから、時に男性は「惚れられた女性」に対して「調子に乗る」とか「上から目線」になる人がいる。

モテる男性はシャイな面よりもこちらの方に態度が偏るかもしれない。アプローチして好きバレしたというよりは、友達経由で好きバレした時などの「そこまで積極的でもない女性」は、好きバレをきっかけに主導権を握られて関係が変わってしまうことも多くなっている。

気持ちがバレると「微妙な関係」になりやすい男女の関係も、「誇らしい」という男性の心理が「調子に乗る」という態度へ繋がるとまた違った空気になる。これは、あなたと二人きりの時にも起こることであり、あなたと二人きりではないみんなと居る時でも起こることだ。

男性は女性に好かれることで、心理的に「自信を深める」面があるので、相手男性としては自分の価値を高く感じると言ったところだろうか。男性の恋愛では「モテることでさらにモテるようになる好循環」もよく起きているけれど、こういったことが関係している。

それだけ男性心理では「女性に好かれること」の価値が高く、正直言って「不特定多数の女性」に向けられている価値観でもある。女性よりは多少なりとも「誰からでも」好かれることに誇らしさを感じるのが男性心理だ。

あなたから好きな人に向けられる愛情が「迷惑になっていない」という前提は大事だが、男性同士の会話では「何人の女性から告られたことがあるか」とか「何人の女性と付き合ったことがあるか」などを話すことがそれなりにあるので、好きバレによって「テンションが上がる」という面もあるだろう。

こういった男性には「恋愛の駆け引き」が必要になるケースが多い。好きバレから恋愛成就を目指す時に駆け引きが効果的なパターンも多いので、雰囲気や空気の調整も検討してみよう。

好きではない女性からの強いアプローチなら「迷惑」を感じることも

ここまで読んでもらうと、男性はどちらかと言えば「女性からの好意を内心では好意的に受け取る」と理解したと思うが、やはり「迷惑に思う」ことも少ないわけじゃない。

その代表は「強いアプローチ」や「強いアピール」を受けながら好きバレした時だ。

好まない女性からでも、好意自体を「迷惑」とは思わない人が多いが、「何か弊害がある状態」なら迷惑に感じる。

恋愛感情は男女問わず「誰から受け取るか」が大事で、自分が好きじゃない人から好かれるのは手放しに喜べることではない。アプローチされていると感じている中で相手からの恋愛感情に確信が持てた場合は「冷たくする」態度を取ることもあり、それが好き避けに近いのか、迷惑だから避けているのかつかみにくい。

下の記事で嫌い避けと好き避けの違いをまとめているので、好きバレして避けられるようになった女性は参考にしてみよう。

好きな人の好き避けと嫌い避けの違いが分かるようになる7つのチェックポイント
恥ずかしがり屋の異性を好きになってしまうと、好き避けされることは当たり前に起きてしまう。 そういう人を好きになってしまったのだ...

女友達からの好意は「関係が壊れる」寂しさも

学校や職場などコミュニティー内の恋愛では、好きバレが「友達関係」を壊す行為になっている点が難しいところだ。

一方が恋愛感情を持っても、もう一方が友達だと思っている場合は、好きバレが「関係を壊す」きっかけになるケースが目立つ。女友達から恋愛感情を向けれた時、男性が好意を「友情」の形で抱いていると、どうしたらいいか分からない状況に陥る。

誰かから好かれていることに気づいたとき、自分に気持ちがない場合は、「普通にする」という選択肢と、「好意が無いことをそれとなく伝える=冷たくしたり、避けたりする」という選択肢のうち、どちらを選ぶべきか難しい。

ただ、いずれにしても片思いに気づいた時点で「ただの女友達」ではなくなってしまうので、期間は別としても、関係が変わる寂しさを覚える。仲がいい女友達で、かと言って好きな人ではない女友達を相手に好きバレを経験すると、複雑な心理になる原因がここにあるだろう。

好きバレにはメリットとデメリットがあり、それまでの関係やその人の性格、あなたのアプローチやアピールの仕方などで、男性の心理はいくつかパターンに分かれる。その中には複合しているパターンも多いので、やはり複雑なのだ。

ただし、好きバレは恋愛を進める上で適切な時期に起こった場合は、付き合うきっかけになったり好きになるきっかけにもなり得る。女友達から好きな人になるきっかけは下の記事でまとめているので、気になる女性は読んでおこう。

女友達から好きな人になるきっかけ~友達から彼女になるヒント
男友達を好きになった場合、一番気になるのが「男は女友達を好きになることがあるの?」という疑問。 確かに、一度友達認定をしたら恋...

好きな人に好きな人がいると、好きバレした女子に冷たくなりやすい

好きバレしたあなたの好きな人に「好きな人」がいた場合、急に冷たくなってしまう可能性はどうしても高まる。

恋愛では、誰かの愛情を「受け入れること」がその度合いに関係なく「いい雰囲気になる」ことへ作用してしまうため、嫌いじゃなくても「周りに勘違いされたくない心理」から、自分へ好意を持つ女性を無視したり急に距離を置くことが多くなるのだ。

関係が進んできた段階で好きバレした時は、好きな人の態度で対処法を変えよう。好きバレを期に恋愛関係が加速する場合は、好きバレを恥ずかしがることなく、付き合うまで距離を縮めていくことが大事で、脈なしを理由に距離を置かれそうになった場合は、一度完全に気持ちを否定する方がその後の恋愛成就の可能性を作ることができる。

告白と好きバレは正式なアクションの有無で大きく違っているものの、起こっていることはほとんど意味が違わない場合もあるため、好きな人の態度をどこか冷静に見てないと、不正解な行動が一気に恋愛を末期まで追いやることがある。

「好きバレしているかもしれない」と思うには何かきっかけがあるはずなので、確信が持てる時ほど「対処」に軸足を置くべきだ。好きバレを言い訳にせず、向き合っていれば恋愛の進め方はきちんとあるから、後悔ない選択をしよう。

一度「好きじゃない」と思われるような態度を取っても、なんだかんだ気持ちは色々なところに出てしまうものだから、「表面的な関係」を一度リセットしてもそこから恋愛を進めることができる場合もちゃんとある。

好きバレが恋愛の失敗に終わったと思った時は、好きな人と疎遠にならないように一度否定して仕切り直す方が良いだろう。

めんどくさい心理には必ず意識と対策を

友達だと思っていた女子の好きバレに関しては、3つの理由で男性は「めんどくさい心理」になりやすい。これを知った女性がショックを受けるほど悪い意味でもないパターンがあるのだが、まずはその3つを紹介しよう。

  • しつこいアプローチになるとめんどくさい
  • 周りにバレると対応がめんどくさい
  • 気軽に絡めなくてめんどくさい

女性からの好意に気づいた男性は、今後の心配も頭に浮かぶ。好きバレは友達関係の場合がほとんどだから、しつこいのはめんどくさいし、周りに冷やかされたり色々聞かれるのもめんどくさく、気軽に絡めないのもなんだかめんどくさい心理になる。

ここはあなたへの好意がどの程度あるかで相当変わるが、まだ脈ありの恋愛じゃないなら恐らく何かしらに対してめんどくささを感じるだろう。特に、女子からよく好意を寄せられるモテる男子だった場合はなおさらである。

好きな人の迷惑ばかりを考えていては恋愛を進めていくことなどできないのだけど、上に挙げた3つは必ず意識して、対処を考えよう。好きバレと一言で言っても確定的なパターンから心配しているだけのパターンまで様々だと思うので、過度に心配し過ぎるのも時に間違いだ。

少なくても、両想いの恋愛を自分から壊さないように、下の記事も参考にしながら、あなたの片思いの状況を正確に見抜いてほしい。

まとめ

今回は、「片思いがばれてる!」という女性向けに、「好きバレしてる時の相手の男性の心理」についてまとめた。

単純な思考では女性からの好意に対して、「嬉しい」とか「誇らしい」という気持ちがあり、男性の性格や恋愛経験から「恥ずかしさ」が勝る。

そこからその女性との関係やアプローチ・アピールに対する感じ方で「迷惑」や「めんどくさい」とか「寂しさ」を抱えるので、どんな状態で好きバレしたのかが重要になる。

しかしながら、好きバレがきっかけであっても「意識する」という心理は恋愛に良い影響があるので、好きバレ自体が恋愛を進めていくことに対し悪いことばかりではない。

時期にもよるのだけど、あるタイミングから先はむしろ意識させることが大事なので、好きバレを前向きに捉えて、相手のリアクションからアプローチの方法を考えよう。好きバレ後の恋愛の仕方が大事になる。

関連記事: