デートに誘う時のリアクションで分かる「押すべき脈ありサイン」とは

脈ありなデートの誘いに対するリアクションイメージ

デートに誘う場合は、相手からOKされるか断られるか”だけ”が問題となるわけではない。

なぜなら、付き合う前のデートの誘いは、好きな人から微妙なリアクションもされることも多くあり、あなたの誘い方も遠まわしだったりストレートじゃなかったりするためだ。

駆け引きをされるわけじゃないのだが、結果的にそんなリアクションになってしまうこともあって、「デートに誘う時のリアクションで分かる押すべき脈ありサイン」は、ぜひ理解しておいてほしい。

思い切ってデートの誘いをしても、相手次第では「これって交わされてるの?」と感じることだってあるだろう。付き合う前はLINEやメールで好きな人を誘う時も多いと思うので、参考にしてみよう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

やんわり交わされてもOKするか悩んだ場合

男性に比べて女性の方が異性との「二人」には慎重だ。

デートに誘われた時にいいなと思う男性だった場合や、好きになっていた場合は、デートの誘いにOKを即答する人が多いものの、まだそこまでの意識をしていない男性が相手だったら、ちょっといいなと思う程度ではデートの誘いに対して「どうしようかな」と迷うもの。

相手の女性がモテる女性かそうではないかでデートの誘いに対して断る時の上手さにも差ができるものだが、やんわり断れても「OKするか悩んだ」と思える時は、デートに誘う時のリアクションで押すべき脈ありサインとなる場合がある。

返答に困っているわけではなく、行くべきか行かないべきかで悩んでいる素振りを見せる時は、脈が残されている。

と言うのも、恋愛では進むべきタイミングがよく二人でずれることがあるのだ。
それは女性ほど慎重になる傾向があるように思うのだけど、デートをするタイミングについても同様に言えることだ。

「もう少し連絡を取り合ってから二人で出かけたい」
そう思う時に相手から誘われると、悩みながらもとりあえず交わすという選択肢を選ぶ場合がある。

少しニュアンスが掴みにくいと感じさせてしまうとしたら申し訳ないが、迷う時は押すのが恋愛の基本となるので、覚えておこう。

一度その誘いは流してからタイミングを取りなおすようにしても良い。

なお、これは女性から男性をデートに誘う際も同じ意味で考えよう。冒頭「女性の方が慎重」と言ったが、男性心理ではまた別の理由で女性とのデートに迷うことがある。迷っている素振りをする場合はもう一歩踏み込んでもう少し相手の気持ちを把握したいので、頑張れる人は押してみよう。

デートの内容に質問がある

デートに誘う会話中に出る脈ありサインは、「質問」の質と量

興味がなければ相槌だけになるのが普通で、もしデートの誘いに対して内容などの詳細について質問があれば、「内容次第でOKするつもりがある」ということになり、脈ありサインだ。

迷っているから質問によってリアクションまでの時間を作っている可能性もある。
もしその誘い自体は断られても、次のお誘いは必ず行おう

また、好きな人以外のデートの誘いに対しては、「楽しそうかどうか」が判断基準に大きなウェイトを持つ場合もあるので、デートの内容次第でリアクションを変える場合も出てくる。

もちろんデートする相手の問題が一番大きいものの、どんなデートになりそうかは内容次第であるからこんなことが起きる。

だが、こんな時は逆に考えるとデートの相手としてあなたが「迷う人」以上であることを示しており、脈ありサインとなるため押すべきサインとして認識しよう。

嫌いな人や興味のない人からデートに誘われたなら何のリアクションもせずに断るのが普通だから、濃いリアクションだと少しでも思うなら積極的に押すことを意識するように行動すれば、恋愛が進められる人になれると思う。

下の記事も参考にしてみよう。

とりあえずデートに行く女性の割合と、その理由~まだ脈なしだけど、とりあえずデートに誘うのはアリ?ナシ?
前回記事『微妙な人からの誘いに「とりあえずデート」するメリットと魅力~断るか、断らないか迷ったら』をテーマにしたが、今回は女性をとり...

また誘ってほしい旨の一言がある

デートの誘いは、何度も断るのが気まずいもの。
断り文句も、断る回数が多くなれば無難なものがなくなっていくものだ。

従って、脈なしの状態であったなら「また誘って」などのように相手を促したりなどしないケースが目立つため、「予定が合わなかっただけ」のデートの誘いに対し、また誘ってほしい旨の一言がある場合は脈ありサインとなる。表現次第で強弱は分かれるところなので、そこも合わせて判断したい。

ただし「機会があれば…」などのように、社交辞令でリアクションする場合がある点には注意をしよう。「ぜひ」などのように、社交辞令には相手の気持ちを乗せた一言がないと、脈なしサインとなる。

前後の会話である程度印象は読めると思うので、断られてもまた誘ってほしいと思っていそうなリアクションをするなら押していこう。

日時を予め決めることが多い「イベントデートの誘い」では、ここが大事なポイントになる。

スポンサーリンク

デートに誘う時、一度断るパターン

デートの誘いに対して、気になる人や意識する人が相手でも、「一度断る」と言う人もいる。

プライドの問題であったり、好意を隠すためだったり、がっついている印象を与えないためだったり、軽く見られないためだったり…、理由は色々だけど、女性の感性が多く働くところなので、男性は理解しておこう。

この「一度断るパターン」は、表面的には結局デートの誘いを断っているため、脈ありと脈なしが分かりにくい。

遠回しなデートの誘いほどこのパターンが増えるように思うけど、探り合いみたいな会話になった時は押すべき時だし、脈ありサインだ。デートに誘った時、相手が「嫌だな」と思えばこんな展開にはならない

また、一度断る時はやんわりとした断り文句が選ばれたり、話を流して気持ちを確かめようとしたりすることがあるので、下の記事に該当しないパターンであることが条件となるだろう。

参考にしてみてほしい。

デートの誘いを交わされた時の脈なしサインとは?デートの断り文句で脈なしのパターンを解説!
気になる人や好きな人にデートの誘いをした際に、交わされるパターンは脈なしサインになりやすい。言葉やニュアンスにも十分注意が必要だけど...

自分への興味を確認する場合

恋愛を意識した時、軽い気持ちの人を相手にしたくないという人は多い。

デートの誘いを自然にしようとすると軽いノリになってしまうことも多くなると思うけど、そんな時はどうしても流されやすくなる面もあることを知っておこう。

軽いノリは、まともに相手にするべきかどうかの問題が出てくるし、相手としては「自分がどんな存在か」もあやふやに感じる。恋愛に慎重な人だと、「思わせぶりな態度」のように思えて、本気じゃないなら近づきたくないという心理になることも。

また、デートに誘う真意が分からないのもなんだか気持ち悪く思うものだ。

特に出会い方の関係で信用できるかどうかという問題も抱えていた場合は、脈ありでもデートの成立が難しい場合もある。

そんな時は「なんで私なの?」とか「他に遊ぶ人いるんじゃない?」など、自分への興味とか誘う理由などを確認するような発言をする人がいる。

返答に困る言葉で、ストレートな回答はしにくいと感じる場面になりそうだが、デートに誘う時のリアクションでは押すべき脈ありサインとなるから覚えておこう。

デートに誘われ慣れていない人、もしくはセルフイメージ(異性としての自信)が低いと、異性のアクションの色々なところに疑いを持つ。それは、デートに対する価値観も「特別なもの」として考える可能性を上げているから、「デートに誘う相手を安心させること」が時に重要だ。

脈ありでも、押すべきところで押せなければすれ違う原因となるので、相手の真意を探ってみよう。付き合う前のデートの誘いは、微妙なリアクションに対し、もう一歩進むことがやはりポイントになる。

まとめ

今回は「デートに誘う時のリアクションで分かる押すべき脈ありサイン」を紹介した。

ストレートなデートの誘いは、おそらくストレートなリアクションがあると思うけど、微妙で遠回しなお誘いと言うのは脈ありサインと脈なしサインが気になると思うので、参考にしてみよう。

タイミングのずれというのは、恋愛ではあるあるだ。

相手の気持ちなど完全には把握できないし、どこかで誘いたいと思って接する中で一つのきっかけが誘うべきタイミングになるかどうかは何とも言えない。

それでも普通は、お互いの意思が最終的な結果を決める。

脈なしでないなら押すべきであることは多いので、しつこさも気になるところだが、今回紹介したようなリアクションならもう少し話を展開してみたり、誘い直してみよう。

もしあなたの恋愛がいつもうまくいかないと言うなら、下の記事は一度読んでみてほしい。

関連記事: