デートに誘う時のリアクションで分かる「押すべき脈ありサイン」とは

LINEでデートに誘った時の反応が悪かった男性が「本当は脈ありの心理」だったと気づいた女性

デートに誘う場合は、相手からOKされるか断られるか “だけ” が問題となるわけではない。

なぜなら、付き合う前のデートの誘いは、脈ありでも好きな人から微妙なリアクションで返事されることがあり、あなたの誘い方が遠まわしだったり、ストレートじゃなかったりすると、相手の反応も微妙になりがちだからだ。

デートに誘った女性や男性の反応が悪い原因が「誘い方」「デートの約束をするまでの過程」にある場合も決して少なくない。

誘った時の反応で駆け引きされることは少ないけど、付き合う前の片思いの時期は結果的に良くない反応の仕方をしてしまうこともあって、デートに誘った時の反応で分かる「押すべき脈ありサイン」は、ぜひ理解しておいてほしい “大事な恋愛の知識” だ。

思い切ってデートの誘いをしても、相手の性格次第では「これって交わされてるの?」と感じることだってある。

そこでこの記事では、デートに誘う時のリアクションで分かる「押すべき脈ありサイン」を徹底解説する。

後半は「デートに誘った時の反応が脈ありだった場合、断られてからもう一度誘うタイミングと、次の誘い方」も解説している。

デートやご飯に誘った時の反応が脈ありなのか脈なしなのか、OKの返事以外で見抜けるようになれば微妙な返事に対処できる。

付き合う前はLINEやメールで好きな人を誘う時も多いから、脈ありなのに微妙な反応を脈なしだと勘違いして引くことがないように、ぜひ参考にしてみてほしい。

デートに誘う時は相手の断り方や交わし方で脈ありが分かる時もある。断る態度を脈なしだと決めつけないでもっと柔軟に考えてみよう。

  1. 遠回しな誘い方をすると相手の反応も微妙になる!誘った時の反応が悪いと思っても脈ありの返事を見抜くことが重要
    1. 誘った時の反応が微妙になる理由:付き合う前のデートの誘いは、脈ありと脈なしが分かりにくい会話になりやすい
  2. やんわり交わされた場合でも、デートの誘いをOKするか悩む反応をした場合は脈ありの反応
    1. デートに誘った時の反応が「返事に迷った」「悩んだ様子がある時」は、押すべき脈ありサイン
    2. 女性から男性を誘う時の返事でも、迷ったらもう一歩踏み込む誘い方をするべき
  3. 先々の予定で誘った時の反応が「考えておく」「ちょっと考えさせて」と保留されたら脈ありの可能性アリ
    1. 遠い予定で誘ったら、脈ありでも保留される確率が高い
    2. 直近の予定で誘った時の反応でも「脈ありの心理」で返事を保留されることがある
  4. デートの誘いを交わされた場合でも、デートの内容に質問がある時は押すべきサイン
    1. デートに誘う会話で脈ありと脈なしを見抜くポイント
    2. 楽しいデートになると想像されないと、相手は断ることがある
  5. デートを断られた時に、また誘ってほしい旨の一言がある時はもう一度誘うべき脈ありサイン
    1. 断り文句に脈ありサインがあっても、社交辞令の言葉は除外すること
    2. イベントに誘った時は、都合が合わないことで脈ありでも断られることがある
  6. デートに誘った時の反応は「脈ありでも一度断るパターン」がある:デートに誘われる相手の気持ちを深く考える必要性
    1. 脈ありなのに誘いを断られる理由(付き合ってない人の誘いを一度断る心理)
    2. 誘いを一度断るパターンは脈ありと脈なしの違いが分かりにくい
  7. 好きな人をデートに誘った時、「誘いに気づかれなかった場合・冗談で流された場合」の脈ありパターン
    1. デートに誘ったのに流された時の脈ありパターン
  8. 軽い誘い方をすると相手は本気かどうかが気になる反応を見せる:自分への興味を確認するのは押すべきサイン
    1. デートの誘いは思わせぶりな態度だと思われると、脈ありでも断られる
    2. デートに誘った時に誘った理由を聞かれたら脈ありサイン(「なんで誘ってくれたの?」「どうして遊びに行きたいの?」など)
  9. デートに誘った時の反応が脈ありだった場合、断られてからもう一度誘うタイミングと、次の誘い方
    1. 遊びに誘った時の反応に脈ありの可能性を感じたら、「次に会話が盛り上がったタイミング」でもう一度誘う
    2. 一度誘いを断られてからもう一度誘う条件
    3. 誘った時の反応からもう一度誘う時の「誘い方」を再考する
  10. デートに誘うなら、断られにくい誘い方をしよう
  11. まとめ

遠回しな誘い方をすると相手の反応も微妙になる!誘った時の反応が悪いと思っても脈ありの返事を見抜くことが重要

冒頭から説明しているように、デートに誘った際の相手のリアクションは、あなたの誘い方にも影響を受けている

遠回しな誘い方をすれば、相手の微妙な反応を誘発するのである。

だから、どちらかと言えば誘った時の反応が悪いと思った場合でも、脈ありの返事や雰囲気を見抜くことが重要になるのだ。

誘った時の反応が微妙になる理由:付き合う前のデートの誘いは、脈ありと脈なしが分かりにくい会話になりやすい

付き合う前の男女はどうしても照れや緊張があるので、デートに誘う会話が探り探りの会話になりやすいため、お互いに脈ありと脈なしの違いが分かりにくい態度を取る。

あなたが思い切ってデートに誘ったつもりでも、相手はそう感じずに「これってデートの誘いなのかな?」「今、誘われてないよね?」と、恋愛の話に勘違いしないように考える心理的なベクトルが、付き合う前の片思いでは働く。

食事やデートに誘った時の反応が「え、二人で?」とか「どういうこと?」みたいになったら「誘ってるのにすんなりOKしないのは脈なしだ」と思いやすいけど、急に誘われた相手の心理を考えれば「ストレートに会話が進まない」と考える方が片思いの場合は正しいケースが多い。

曖昧な返事をしたくなるのが付き合ってない人から誘われた時だ。

特に、男性から女性を誘った時の反応が微妙になるのは、女性心理の方が「デートに行く」「二人で会う」という恋愛関連の話に複雑な気持ちを持つから。

女性から男性を誘った時の反応についても同様だが、警戒心が薄い分、男の方がストレートな反応をしやすい。

もしあなたのデートの誘い方が微妙だった(あんまりはっきり誘わなかった)場合は、多少好きな人のリアクションが悪くても押すべき状況となりやすいので、「相手のこと」ばかりに目を向けず、自分の行動や態度も振り返ってみよう。

「誘い方が微妙だったかもしれない」と思ったら、すぐに引かないでもう少しストレートに誘い直すべきだ。(※方法はこの記事の後半で解説する)

あなたが “やんわりした誘い方をした” のなら、この記事を読む価値は相当に高い。ぜひ脈ありの恋愛をうまく進めていくきっかけにしてほしい。デートの誘いを断る人の中にも、脈ありの可能性は残されている。

勘違い注意!脈なしだと思ったら脈ありだった「分かりにくい男性の言動」12選
付き合う前の恋愛では、脈ありサインも脈なしサインも微妙になることが多いため、女性が勘違いしやすい「男性の言動」がいくつかある。 「脈ありだと思ったら脈なしだった」 「脈なしだと思ったら脈ありだった」 片思い中にこんなこ

やんわり交わされた場合でも、デートの誘いをOKするか悩む反応をした場合は脈ありの反応

デートに誘ったのに反応が悪かったからあわてて話を変える女性

今述べた通り、男性に比べて、女性の方が異性との「二人きりのシチュエーション」には慎重だ。

デートに誘われた時にいいなと思う男性だった場合や、好きになっていた場合はデートの誘いにOKを即答する人が多いものの、まだそこまで意識していない男性が誘ってきた時は、デートの誘いに対して「どうしようかな」と迷う女性が多い。

ちょっといいなと思う程度だとデートするかしないか判断が微妙になるのは、二人で会った後のことも不安に思うからだ。

親しくしていいのか、気軽に誘いに乗るのとめんどくさい展開にならないか、そもそも自分を誘ってきた意味はなんだろう?などと思って、単純な判断をしないケースが目立つ。

もちろん、ここは女性心理だけでなく、男性心理でも同じような発想をすることがあるのだけど、特に男性はこの女心を理解しておくのがポイントだ。

付き合う前の片思いの時期は、非常に複雑な心理が交錯する。

デートに誘った時の反応が「返事に迷った」「悩んだ様子がある時」は、押すべき脈ありサイン

相手の女性がモテる女性かそうではないかでデートの誘いに対して断る時の上手さにも差ができるものだが、やんわり断られても「OKするか悩んだ」と思える時は、デートに誘う時のリアクションで押すべき脈ありサインとなる。

返答に困っているわけではなく、行くべきか行かないべきかで悩んでいる素振りを見せる時は、脈が残されている状態だ。

と言うのも、恋愛では進むべきタイミングがよく二人でずれることがある。それは女性ほど慎重になる傾向があって、デートをするタイミングがずれると、誘った時の反応が微妙になるのだ。

「もう少し連絡を取り合ってから二人で出かけたい」
そう思うタイミングで相手から誘われると、悩みながらもお誘いをとりあえず交わすという選択肢を選ぶ場合がある。

少しニュアンスが掴みにくいと感じさせてしまうかもしれないが、付き合う前の誘いは脈ありでも返事の仕方に迷う時が多いから、相手が迷った様子を見せた時は押すのが恋愛の基本となる。

積極的に誘えない人も、相手が微妙な反応をしたら一度その誘いは流してからタイミングを取りなおすように考えるとまだ恋を進めていけるから、「断られたら終わり」と考えずにアプローチを続けよう。

女性から男性を誘う時の返事でも、迷ったらもう一歩踏み込む誘い方をするべき

なお、これは女性から男性をデートに誘う際も同じ意味で考えて良い。

冒頭「女性の方がデートに慎重」と言ったが、男性心理ではまた別の理由で女性とのデートに迷うことがある。

女性が男性を誘ったパターンでも、迷っている素振りをする場合はもう一歩踏み込んでもう少し相手の気持ちを把握したい。

押すことでOKがもらえても「無理やりOKさせるのは嫌だ」という心境になるかもしれないが、付き合う前は好きになってもらうために「どう行動するか」の方が重要だ。

男性は男性で「即答する、誘われたのに喜んでる態度をとるのは、恥ずかしい」といった恋愛心理もあるので、デートや食事に誘う際は “迷う=押す” と考えて、初デートや2回目のデートまでは「じゃー、そこまで言ってくれるなら」と相手に言い訳を作ってあげるくらいの気持ちを持とう。

片思いを両想いにするにはなるべく多く二人で会いたいので、形に拘るよりも好きになってもらうために頑張るのが正解だ。

遊びに誘った時の反応が思ったような反応じゃなくても、食事した・デートしたその後に脈ありサインが出ることもたくさんある。

先々の予定で誘った時の反応が「考えておく」「ちょっと考えさせて」と保留されたら脈ありの可能性アリ

好きな男性をLINEで食事に誘った時の反応が「考えておくね」だった女性

先々の予定でデートや食事に誘った時の反応は保留されることが多いけど、「考えとくね」とか「ちょっと考えさせてもらってもいい?」などと言われたら、基本的には脈ありだと思ってもう一度誘うべき状況だ。

遠い予定で誘ったら、脈ありでも保留される確率が高い

来月の予定で誘ったり、2週間以上先の予定で誘うと、相手は本気かどうか分かりにくいし、曖昧な誘い方だと思って返事の仕方を曖昧にすることがよくある。

「考えとく」という反応は即決しない反応だから脈なしかもしれないと思ってしまうが、遠い予定だと「また近くなったら誘って」という意味で考えておくと言われることがあるから、断られたと思わないで「また来週にでも声かけていい?」くらいは言っておきたい。

直近の予定で誘わない場合は、「今度○○」という社交辞令の言葉に近いイメージを持つことがあるため、このパターンで誘いを保留されたら誘い直すようにしよう。

「来月当たりで暇な日があったら遊びに行こうよ」などの予定が曖昧な誘い方でも、「うん、考えとく」みたいに反応されることがあるが、考えてくれるなら「前向きに検討してくれる」と思って動くべきだ。

結局誘わない判断をすると「誘ってくれると思ってたのに…」とがっかりさせることもあるので、誘いの保留は基本的に前向きに考えて行動を起こそう。

直近の予定で誘った時の反応でも「脈ありの心理」で返事を保留されることがある

付き合う前の恋愛では、遊びに行く予定の日に関係なく、返事を保留されることがよくある。

異性からアプローチされた時、相手を判断するのに時間を要するタイプがいるからだ。急な誘いにびっくりしたり、デートする相手だと思ってなかったりすると、「一旦考えたくなる」というタイプがいる。

食事や遊びに誘われるのが急展開だと思った人は、「ちょっと待って」という趣旨で保留することがあるため、冷たい感じで「考えておく」と言われたわけじゃないなら、本当に検討してくれてると思って、正式な誘いをするべきである。

考えておくと言われたら脈ありとまでは言えないが、デートしたくない相手から誘われたら反射的に断る人が大半なので、考えてくれるならストレートに言葉を受け取って、前向きな答えを期待してもう一度誘うようにしよう。

デートの誘いを交わされた場合でも、デートの内容に質問がある時は押すべきサイン

あなたがデートに誘った際、そのデートに対して何か聞かれたことがなかっただろうか?

もし誘った相手から質問があった時は、最終的にダメだった場合でも、押すべきリアクションとなる。

脈なしの場合は、相手が交わし方だけを考えるので、デート内容に質問されることはないからだ。

無条件に二人で会いたくないと思われたら、冷たい反応、そっけない反応をされる(※一言だけの反応があるある)。

デートに誘う会話で脈ありと脈なしを見抜くポイント

デートに誘う会話中に出る脈ありサインは、「質問の質と量」に注目することで見分けることができる。

興味がなければ相槌だけになるのが普通で、もしデートの誘いに対して内容などの詳細について質問があれば、「内容次第でOKするつもりがある」ということになり、初デートする前の恋愛としては脈ありサインだ。

ちょっとでも誘いに食いつく反応があれば、広義の意味で脈ありだ。

質問されるときは「迷っている」という理由で、相手が返答までの時間を作っている可能性もある。

「どうしようかな」と思った時に黙ってると気まずいから、質問することで会話を繋ぎ、OKするか断るか判断しようとすることがよくある。

もしその誘い自体は断られても、誘った時の反応で前向きに検討してくれていそうな質問をされた場合は、必ず次の誘いを行おう。

楽しいデートになると想像されないと、相手は断ることがある

まだあなたが相手の好きな人にまでなれていない場合は、たとえ好意的に見ていても、食事に誘った時の反応やデートに誘った時の反応が微妙になる。

“気になる人レベルの人” からデートに誘われた時は、デートの誘いをOKするかどうかに「楽しくるなると思えるか」も判断基準になるからだ。

デートの内容次第で誘われた際のリアクションを変える場合もあるから、微妙な反応をしておいて、相手の言葉からOKするかどうかを考える。

二人で会っても気まずくなるだけだと思ったら誰も誘いをOKしないのは、あなたも想像できるだろう。

デートに誘われた時の返事はデートする相手の問題が一番大きいものの、どんなデートになりそうかは内容次第だから、探りを入れてくる人がいる。

だが、こんな時は、逆に考えるとデートの相手としてあなたが「迷う人」以上であることを示しており、広義の意味で脈ありサインとなる。デートに誘った時の押すべきサインとして認識しよう。

嫌いな人や興味のない人からデートに誘われたなら何のリアクションもせずに断るのが普通だから、濃いリアクションだと少しでも思うなら、積極的に押すのが正解だ。

一度断られても「じゃ、○○に行こうよ」と誘う場所を変えるように行動すれば、恋愛が進められる人になれる。

「デートの誘いにOKするか断るか」の判断基準については、下の記事も参考にしてみよう。つまらないデートだと想像されたら断られることもよくある話だ。「○○なら行きたくない」なんて断り文句はノリが良い誘い方をした時にあるあるとなっている。

とりあえずデートに行く女性の割合と、その理由~まだ脈なしだけど、とりあえずデートに誘うのはアリ?ナシ?
過去記事『微妙な人からの誘いに「とりあえずデート」するメリットと魅力~断るか、断らないか迷ったら』では、好きではない人ととりあえずデートするメリットをテーマにしたが、今回は逆の立場である「女性をデートに誘う男性」へ、その成功率や女性

デートを断られた時に、また誘ってほしい旨の一言がある時はもう一度誘うべき脈ありサイン

デートに誘った時の反応に脈ありサインを見つけた男性

デートの誘いは、何度も断るのが気まずいもの。断り文句も、断る回数が多くなれば無難なものがなくなっていく。

したがって、脈なしの状態であったなら「また誘って」「また声かけて」などのように相手を促す態度を取ることはない。「ごめんね」と謝られただけで終わるのが一般的だ。(※社交辞令については次の小見出しで解説)

デートに誘った時の断り文句にまた誘ってほしい旨の一言が付け加えられる場合は「都合が悪かった」「予定が合わなかっただけ」で断れた可能性が高く、脈ありサインとなる。

簡単に言うと、誘うタイミングが悪かった時は、遠回しでも誘ってほしいアピールをされることがあるということだ。

それならスケジュールを調整すればいいでしょ?と思う人もいるが、早く返事をしないと!って思ってとっさに断ってしまう人もいるし、わざわざお互いのスケジュールを合わせるのがめんどくさいと思うこともあるので、強い脈あり状態じゃない時は簡単に流されてしまうことがある。

相手の表現次第でサインの強弱は分かれるところなので、そこも合わせて判断したい。

断り文句に脈ありサインがあっても、社交辞令の言葉は除外すること

ただし「機会があれば…」「いつか…」などのように、社交辞令でリアクションする場合がある点には注意をしよう。

デートに誘った時の反応には、本当は社交辞令の “脈ありサインもどき” がある。

たとえば、「ぜひまた誘ってください」「残念です。また声かけてくださいね」などのように、社交辞令には相手の気持ちを乗せた一言がないと、脈なしサインとなる。

詳しくは下の記事で確認してほしい。

【厳選9つ】社交辞令と脈ありな態度の違い~気を遣うから「はっきり断りにくいだけか」を見分けるポイント
「社交辞令の態度」と「脈ありの態度」の違いは、特に社会人の恋愛で度々ポイントになっている部分だ。 社内恋愛や知人の紹介、仕事関係で知り合う機会(取引先の男性や女性)など、気になる異性ができた時に相手が社会的なつながりのある人だ

前後の会話である程度の印象は読めると思うので、断られてもまた誘ってほしいと思っていそうなリアクションをするなら「デートに誘った時の押すべき反応」だと判断してもう一度誘うのが正解となる。

断られた次の日に「相手から笑顔で話しかけられる」「他の男子(女子)より親しい態度を取る」などのサインも脈ありサインになっている。

本当は行きたかった誘いを断った人は自分の印象が悪くならないようにフォローの行動や態度を取るのでチェックしてみよう。

イベントに誘った時は、都合が合わないことで脈ありでも断られることがある

日時を予め決めることが多い「イベントデートの誘い」では、ここが大事なポイントになる。

たとえば、夏デートなら「花火に誘う」とか、冬デートでは「クリスマスに誘う」などのパターンでは、デートに誘う日付が決まっているので、本当は脈ありだった誘いが、「都合が悪い」という理由だけで簡単な言葉で断られることがある。

特別な日に誘ったわけじゃない時でも、日時を指定する誘い方をした時は断り方で脈ありと脈なしの違いを見極める必要があるから、相手の反応をしっかり確認しよう。

すぐに誘い直すのが正解ではないこともあるが、脈ありだったら改めて再度誘うべきだ。

デートに誘った時の反応は「脈ありでも一度断るパターン」がある:デートに誘われる相手の気持ちを深く考える必要性

先ほど少し触れているが、デートの誘いに対して、気になる人や意識する人が相手でも、「一度断る」と言う人もいる。

では、なぜ脈ありなのに断られることがあるのだろう?

デートに誘われる相手の気持ちを深く考えると、断られても押すべきサインがあると気づけると思う。

脈ありなのに誘いを断られる理由(付き合ってない人の誘いを一度断る心理)

  • プライドの問題
  • 好意を隠すため
  • がっついてると思われたくない
  • 軽く見られたくない
  • 反応に困ったから流してしまった

脈ありでも誘いを断られる理由は色々あるのだが、上に挙げた理由を見るに「女性の感性が強く働くところ」なので、特に男性がここを深く理解しておくべきだ。

誘われる方の立場も複雑な心理になることがある。誘っても微妙な反応をされる時は、この「一度断る心理」を頭に入れておこう。断られたというより流された・交わされたという時に起きやすい。

誘いを一度断るパターンは脈ありと脈なしの違いが分かりにくい

デートや食事に誘った時の反応が「脈なしじゃないのに一度断る」というパターンになった際は、結局デートの誘いを断っている態度であるため、誘った本人的に脈ありと脈なしが分かりにくい。

遠回しなデートの誘いほどこのパターンが増えるのだけど、お互いに探り合いみたいな会話になった時は押すべき時だし、脈ありサインだ。

デートに誘った時、相手が「嫌だな」と思えばこんな展開にはならないで、もっと簡単に断られるし、一言で冷たく断られることの方が多い。(次の誘いを防止するのが目的)

2人は嫌と断る好きな人の心理~二人きりはちょっと…と断られた時の理由は?
遊びや食事に誘った時、「2人は嫌」と断る人はなぜ断ってくるのだろう? ここまではっきり言われなくても、付き合ってない男女の場合は「二人きりはちょっと…」という断り文句があるあるで、「やっぱり脈なしなのかな?」って落ち込む人がた

また、一度断る時はやんわりとした断り文句が選ばれたり、話を流して気持ちを確かめようとしたりすることがあるので、下の記事に該当しないパターンであることが条件となる。

参考にしてみてほしい。

デートの誘いを交わされた時の脈なしサインとは?デートの断り文句で脈なしのパターンを解説!
気になる人や好きな人にデートの誘いをした際に交わされるパターンは、脈なしサインになりやすい。 言葉やニュアンスにも十分注意が必要だけど、あなたが分かりやすい誘い方をしている時ほど、デートの断り文句には相手の意思が込められる。

好きな人をデートに誘った時、「誘いに気づかれなかった場合・冗談で流された場合」の脈ありパターン

デートの誘いに曖昧な返事をする女性の笑顔

好きな人をデートに誘った際、はっきり断られたのでなければ脈ありの可能性を残している。誘っているのに気づかれなかった場合や、冗談で流された場合は、押すべきリアクションとなる場合が多いのだ。

LINEのあるあるになっている部分なのだが、”ノリで誘う” とか “冗談ぽく誘う” という場合、相手も同じ感じでリアクションするのがむしろ普通である。

では、どこで脈ありサインを確認したら良いだろう?

デートに誘ったのに流された時の脈ありパターン

ノリでデートに誘った時に「流された」という人は、ぜひ下の4つを参考に脈ありパターンに気づいてほしい。

  • 誘った後も仲良くしてくれる
  • 誘ったことをからかわれる
  • 急に饒舌になる
  • 嫌がってない

デートや食事に誘った時に交わされた場合でも、相手の雰囲気が変わらないで今まで通り仲良くしてくれるなら脈ありサインだ。

特に相手からLINEがくる相手から頻繁に話しかけてくるという積極的な態度を見せるなら、本当はあなたの真意が知りたいと思っているけど、冗談を本気に受け取るのが恥ずかしくて流してしまった可能性が高い。

また、からかってくるのは「じゃれ合う雰囲気」に似ていて恋愛的に悪くない。本当はそこで押していきたい展開ではあるが、またの機会にするのが完全に悪手とも言えないから、押すか引くかはその場の雰囲気で判断しよう。

急に饒舌になる、急に話を変えるなどの態度も、照れている可能性があって脈ありサインとなりやすいし、嫌がってない雰囲気を感じるならまた改めて誘いたい。

片思いを叶えるためには「探りから踏み込むこと」が求められるから、流された感じになるならタイミングを見てもう一度誘ってみるのが正解だ。

流されやすい誘い方を繰り返して、より一層誘いにくい状況にするのはやめよう。どれくらい積極的になればいいか分からない人は下の記事を参考にしてほしい。

軽い誘い方をすると相手は本気かどうかが気になる反応を見せる:自分への興味を確認するのは押すべきサイン

恋愛を意識した時、軽い気持ちの人を相手にしたくないという人は多い。

デートの誘いを自然にしようとすると軽いノリになってしまうことも多くなるけど、そんな時はどうしてもデートの誘いが流されやすくなることを知っておこう。

デートの誘い方が軽い時は、相手が「本気かどうか」で迷うのである。

たとえば「ご飯いこうよ」「デートしようよ」と冗談ぽい雰囲気で言ったら、相手は冗談か本気かわからない誘いになるため、かわされる確率が高い。

デートの誘いは思わせぶりな態度だと思われると、脈ありでも断られる

軽いノリで誘うと、誘われた方はまともに相手にするべきかどうかの問題が出てくるし、「自分がどんな存在か、なぜデートに誘うのか」などもあやふやに感じる。

相手が恋愛に慎重な人だと、デートの誘いが「思わせぶりな態度」のように思えて、本気じゃないなら近づきたくないという心理になることもある。

本気じゃないと判断したら、「好きだけどデートを断る」なんて人も実際にいるから注意してほしい。

デートに誘う真意が分からないと、OKするかどうかの判断は余計にシビアになる。いいなと思っていながらも、「本気なの?」と思えば悪い反応をするから、あなたの人間性や誘い方が少しでもチャラそう・軽そうに見えるなら、何度か誘う必要性が出てくるパターンもある。

実際、過去記事である「思わせぶりな態度の脈ありと脈なし、違いを見抜くコツ!相手の心理を理解すれば勘違いも防げる?」は、女性がよく読んでくれている人気記事になっている。

特に、出会い方の関係で信用できるかどうかという問題を抱えていた場合は、脈ありでもデートの成立が難しい場合もある。(※職場や学校、サークルや何かのコミュニティーなどのつながりがない出会いだと1回の誘いでOKがもらいにくい)

そんな時は「なんで私なの?」とか「他に遊ぶ人いるんじゃない?」など、自分への興味や、誘う理由を確認するような発言をする人が脈ありパターンだ。

断り文句に混ぜる人もいるから、会話の展開で出た時にもチェックしてみよう。デートに誘う時のリアクションでは押すべき脈ありサインとなる。

デートに誘った時に誘った理由を聞かれたら脈ありサイン(「なんで誘ってくれたの?」「どうして遊びに行きたいの?」など)

食事やデートの誘いをした時に誘った理由を聞かれたら、あなたの気持ちが気になってるサインで、あなたの気持ち次第でデートOKの心理になっている。

「なんで誘ってくれたの?」「どうして遊びに行きたいの?」とストレートに聞かれた場合以外でも、「急にどうしたの?」「冗談でしょ?」なども同じ意味を持ってることがあるので、意識しておこう。

断りたい相手から誘われたら、「なぜ誘うのか」なんてどうでもいいことだから、誘う意味なんて聞いてこない。聞けば余計に断りにくくなるし、話の展開もめんどくさいから一言いって終わるパターンがほとんどである。

デートに誘われ慣れていない人や、セルフイメージ(異性としての自信)が低い人は、誘った時の反応が「疑う」ような感じになりやすいので、誘った理由を聞かれたら脈ありだと思って押すようにしよう。

恋愛経験が少ない人は、異性のアクションの色々なところに疑いを持つ傾向がある。デートに対する価値観も「特別なもの」として考えているタイプが多いから、誘う理由を聞かれた時は「デートに誘う相手を安心させること」が時に重要だ。

脈ありでも、押すべきところで押せないとすれ違う原因となるので、相手の真意を探ってみよう。付き合う前のデートの誘いは、微妙なリアクションに対し、もう一歩進むことがやはりポイントになる。

誘った時の反応は人によって脈あり・脈なしに関係なく微妙になることがあるから、色々なケースや心理を理解して、押すべきリアクションを把握できるようになろう。

誘った時の反応だけじゃなく、LINEの状況でも脈ありと脈なしを判断するとより精度が上がる。真剣なアプローチよりノリがいいアプローチをしている人は、LINEの分析も行っておくと今後の攻め方の参考になると思う。

LINEで好きな人の気持ちが分かる!脈ありと脈なしのLINEの違い
好きな人との距離を縮めるために使うLINE(ライン)は、既読無視や既読スルーの問題もあるから、メールに比べて相手の気持ちが読みやすい。 しかし一方で、LINEはなかなか長文でやり取りされないため、短いメッセージ量で脈ありと脈な

デートに誘った時の反応が脈ありだった場合、断られてからもう一度誘うタイミングと、次の誘い方

LINEで男性をデートに誘った時の反応が脈ありだった女性がもう一度誘う様子

この記事は「デートに誘った時の反応が微妙でも、実は脈ありだった(脈なしじゃなかった)ということがある」と言うことを伝えているわけだけど、もし断られてからもう一度誘うタイミングに迷ったら、ここで取り上げる3つのポイントを意識しよう。

遊びに誘った時の反応に脈ありの可能性を感じたら、「次に会話が盛り上がったタイミング」でもう一度誘う

好きな人を遊びに誘うという行動は、断られたとしてもアプローチの意味を帯びるため、脈ありの可能性を感じた際は、短い期間でもう一度誘う方が恋愛を進める上でメリットが大きい。(本気で興味を持ってくれてるのかな?と思われやすいから)

デートの誘いで意識された可能性もあるし、誘い方が悪かったなら「今度誘われたらOKしよう」と思ってくれてるパターンも少なくないため、「次に会話が盛り上がったタイミング」でもう一度誘うようにしよう。

目途となる期間は、最低3日間空けて、1週間以内から最高でも2週間以内にもう一度誘う。並行してその流れを作る努力(さらに仲良くなるアプローチ)も同時にしよう。

楽しい会話の延長線上で「二人で会う」というイメージを持つと、好きな人にOKがもらえるはずだ。

「遊びに行くくらいなら…」「ご飯を食べるだけだし…」と思ってもらえる流れを作れば、きっとOKしてくれる。

二人で食事する、二人で飲みに行く関係から付き合うコツ!何回もご飯に行くのに進展なしの片思いを叶えるには?
「二人きりで食事する関係になったのに、全然そこから恋が進展しない…」 「二人でよく飲みに行くんだけど、飲み友達から恋人になるにはどうしたらいいの…」 恋愛の進め方として、二人でご飯を食べる関係になったり、二人で飲みに行く関係

一度誘いを断られてからもう一度誘う条件

この時、誘いを断られる前と断れた後で、会話の雰囲気や接し方に悪い変化が起きてないことがポイントだ。

脈なしを脈ありだと勘違いしていた場合はデートに誘うことで相手が多少なりとも引くから、嫌な雰囲気を察知した際は、デートに誘った時の反応に関係なく、あなたも一度引くようにする。

ただし、引くと言っても「話しかけない」「LINEしない」という意味ではない。誘わない期間を作って、好きな人と仲良くなる方向でアプローチしよう。方法が分からないなら、下の記事が役立つはずだ。

好きな人と仲良くなりたいなら~好きな人と仲良くなるためにするアプローチは自分を好きでいてくれることを期待してはいけない
あなたは好きな人ができた時に「仲良くなること」ができているだろうか? 恋愛が苦手な人の恋愛の仕方に触れてきて、私が大きな問題だと感じているのが、「好きな人と仲良くなることができない」という問題だ。 現実問題として、自分の

断られた時の雰囲気を勘違いしていると、脈なしを脈ありだと勘違いすることがあるけど、断ったことで気まずいと思われてると最初の一言や話しかけた1回目で空気が微妙になることもあるから、2・3回話しかけて雰囲気を読むことが重要だ。(相手が「断ってしまった」と思ってるから気まずいだけ、本当は気になってることがある)

弱気になりすぎないようにも注意しよう。

誘った時の反応からもう一度誘う時の「誘い方」を再考する

デートの誘いを交わされた場合、誘い方が悪かったと思った人は、もう一度誘う際に必ずその反省を生かそう。

微妙な誘い方をした人は、微妙な返事に戸惑ったと思うし、スケジュールが合わなかった人は日にちの決め方が悪かったのだろう。一度目の誘いが断られた原因はそれぞれ違うけど、同じ誘い方を繰り返しても二人の雰囲気が余計気まずくなるだけだ。

「今度は、こうしてみよう」というアイデアは、好きな人の反応から導き出すと、より良い誘い方ができる。

断られた時の話を出すのは気が引けるかもしれないが、反応が悪かったわけじゃなければ、話に出して誘う流れを作った方がいいし、「○○ならどうかな?」みたいに畳みかける誘い方をした方が、もう一度誘った時にOKがもらえる確率を上げられる場合もある。

ここは重要な部分になるので、次の見出しに移ってもう少し続ける。

デートに誘うなら、断られにくい誘い方をしよう

最後に、好きな人と付き合えるまで恋愛を進められる人になるために、大事なことをまとめる。

ガンガン押していける人が減った現在の恋愛は、「断られるともう誘えない」と考える人が本当に多い。遠回しに誘った結果交わされると、脈なしを決めつけてしまって、自分の誘い方の悪さを反省するより、好きな人の理想的なリアクションがないことにショックを受けてしまう。

これは、恋愛に「傷つく」という大きなデメリットがある以上仕方のない問題だが、もしあなたも好きな人に腰が入ったアプローチができないことに悩むなら、「断られにくい誘い方」ができるように、下の記事を参考にしてみよう。いくつかの恋愛テクニックを知ることで恋愛力をアップさせることができれば、中途半端なアプローチをしないようになる人も出てくるはずだ。

上の記事では、デートが成立しやすい誘い方についてポイントと会話例を紹介している。

恋愛を進めていくためには「二人きりの時間」が必要不可欠であるため、最初から脈ありを期待するような恋の仕方をせず、デートや食事を通して好きな人を落とす発想でしっかり距離を縮めていこう。

最初は断りにくい誘い方でまずは二人きりの時間を確保し、仲良くなるうちにお互いが惹かれ合う恋愛を目指すと、内面でする恋愛ができてくる。

一度断られた人も、好きな人と仲良くなれれば誘いが成功するタイミングがくるから、これからのアプローチの仕方を工夫してみよう。

初デートくらいは仲良くなるだけで達成できるものなので、嫌われてないならタイミングを改めて、誘い方を変えてチャンスを作ってほしい。

恋愛の仕方で1つの恋の結果が変わるので、ぜひ恋愛力アップにこのサイト「恋愛のすべて」を有効活用してもらえたらと思う。

自分が結婚できる確率って実際どのくらい?5年以内に結婚できる確率から見える現実
20代後半から30代になると、結婚願望がある人は「自分はこのままで本当に結婚できるのだろうか」と不安に思うことがあるのではないだろうか? 20代半ばから始まる「結婚のピーク」で周りの人が次々と結婚していくのを見ると、結婚に焦り

まとめ

今回は「デートに誘う時のリアクションで分かる押すべき脈ありサイン」を解説した。

ストレートなデートの誘いは、おそらくストレートな反応があると思うけど、微妙で遠回しなお誘いと言うのは微妙な反応をされがちだ。

より詳しい脈ありサインと脈なしサインが気になることがあると思うから、この記事を参考に相手の気持ちを少しでも正確に見抜いてもらえたらと思う。

タイミングのずれというのは、恋愛ではあるあるだ。

付き合ってない男女の場合は、相手の気持ちを完全には把握できないから、「誘ってほしいタイミング」と「誘いたいタイミング」は一致しないことが多い。

デートや食事に誘った時の反応があまり良くない女性や男性についても、脈ありの可能性が残されたリアクションをされたら、その後の恋愛の仕方で「次の誘いの結果」が変わってくるので、押すべき状況なら逃げないで向き合ってみよう。

もちろん、しつこい誘いが嫌われる原因になることはわかっているけど、今回紹介したようなリアクションならもう少し話を展開してみたり、誘い直してみると、悲しいすれ違いは防げると思う。

デートに誘われた時にどうしよう…と思ってしまう「誘われた方の心理」もしっかり考えてあげて、押すべき状況と引くべき状況を判断しよう。

恋愛的な自己分析が苦手な人は下の記事も読んでみてほしい。

関連記事:

アプローチデートの誘い方
Brightfutureをフォローする
自分が結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を知って具体的な努力をして結婚できた女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知っていましたか?
いつか結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要になってます。
下の記事では、総務省の国勢調査から、年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました