デートに友達を連れてくる男と女の理由や心理~友達連れのデートはどんな意味?脈ありと脈なしは?

デートに友達を連れてきた相手にがっかりする女性

二人きりでデートするはずだったのに「友達連れでデートにくる男と女」は、一体何を考えているのだろう?

好きな人とのデートや、気になる人とのデートでは、友達を連れてくる行為についがっかりしてしまう。誘う時に言ってなかったり、二人で会う予定だと思っていた食事や飲みでも、ショックを受けるシチュエーションだ。

しかし、「デートに友達を連れてくる理由や心理」には色々なパターンがあって、脈ありと脈なしもそこまで単純ではない。

この記事では、デートだと思っていたのに女友達や男友達を連れてきた相手の理由や心理について解説し、脈ありと脈なしの関係についても触れていく。

友達連れのデートはどんな意味があるのだろう?
あなたの疑問を解決するヒントを探してみよう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

自信がない

デートに友達を連れてくる男や女は自分に自信がなかったり、二人きりの状態に自信がなくて、デートなのに友達を連れてくることがある。私が友達から頼まれた経験ではこれが二番目に多い。もちろん可能な限り断るのだけど。

多くの人がデートは二人きりで行くものとの認識を持っているが、「二人きり」を約束したわけでなければ友達と一緒でもなんとかなりそうな気分になる。何よりも自分の不安は和らぐメリットに心がなびく。

二人の空気に自信がなかったりすると、「気まずくなりたくない」という心理で友達にデートの同行を頼む人がいる。いい感じの人とこのような状況になることは少ないと思うが、二人きりのデートが初めてなら、こんなことは無い話ではない。

そのデートでも日常の中でも、多くのコミュニケーションが二人を打ち解けさせた場合は二人きりでデートするようになるのがこれの特徴。従って、この理由や心理で友達をデートに連れてきた人は基本的に「脈あり」と思って良いパターン。デートの雰囲気次第では、次のデートで二人きりになれる可能性が高いと思われる。

もしあなたが相手を気に入っている場合は、ちょっと探りを入れておこう。

スポンサーリンク

楽しいと思うから

恋愛に疎い男や女もいるため、「大勢の方が楽しいと思うから」という理由で友達を連れてデートをする人がいる。いや、むしろこの理由の場合はもはやデートですらない感じだ。

正確には、デートだと思っていないパターンも含まれていて、友達意識が強いときにデートという意識がなくなり、友達を連れて遊びに行こうとする。

時々「おまえも一緒に来ない?」と友達に誘われることの中に「それってどう考えてもデートの誘いだろ」と思うパターンがある。だが、本人の中ではデートよりも遊びに行くとか飲みに行くという意識で「恋愛の雰囲気にならない」のである。

男友達や女友達として仲良くなってステップアップを目指すときは遠まわしにでも好意を伝えないとデートの約束がデートにならないことがある(関連記事:さりげない好意の伝え方(遠回し)~どうやって好きな人に好意を伝えるの?)。

相手の雰囲気で分かりそうなところだから、友達を連れてきた理由がこれに該当すると考えられる場合は脈ありと脈なしが微妙。「たまにはゆっくり二人で語ろう」くらいが言えると友達関係から先が見えてくる。恋仲一歩手前の状態かもしれない。

もし友達っぽい雰囲気が漂っている状態で「デートに友達を連れてきた」という場合は、相手の心理を少しシビアに判断したい。脈ありと脈なしのどちらもまだ可能性を残すのは、つまりあなたの好意が伝わっていないから「デート感覚」がないのである。

そのものスバリの「デート」という単語を使って会話してみるとこの問題は解決が可能なので、冗談半分で使うようにしてみよう。相手への意識付けが必要になっているケースが多い部分だ。

断り難くてOKしたが二人きりになりたくない

デートなのに友達を連れてくるのは、脈ナシの意味も当然多い。さきほど「二番目に多い理由」として「自信がない」と言う部分を解説したが、残念ながら私の経験ではこれが一番多い理由だった。

友達をデートに連れてくるのに特に多い理由が「異性としては二人きりになりたくない」という心理。グループで遊ぶ感じにしてしまう。

「じゃー何でデートをOKしたの?」となるのだが、断りにくいと感じたときは約束自体をOKして友達を連れて場を濁すことがある。

断りにくいと感じる理由は主に以下の4つ。

  • 友達だから
  • 押しに弱いから
  • 話の展開から
  • 気まずくなれない関係の人だから

もしあなたの好意が伝わっているのに「デートに友達を連れてくる」という状態になった場合は、「その後の態度」で脈ありと脈なしが分かる。

次のデートが成立するか、という視点はサインになるのが当然だが、どんどん二人きりを避ける態度が見えやすくなるのがこの理由で友達を連れてきた時の特徴なので、相手が引いていくなら脈なしとなり、引かないなら脈ありの可能性を残す。

今回のテーマは脈なしの意味と脈ありの意味のどちらもあるので見分け方はもう少し後で説明を加えよう。

友達を紹介したい・友達にも会ってほしいから

何度目かのデートで、突然友達を連れてきたりする場合に多い理由として「友達を紹介したい」とか「友達にも会ってほしい」という心理がある。この場合はデートに連れてくる友達が親友に近いことが多いだろう。

付き合う前に友達を紹介するのはちょっとおかしな態度だけど、10代のころは割とあある話だった。カフェで話をしてそのあとに二人きりになるのなら、悪い意味ではなかったのだろう。

女性に多いイメージで、連れてきた友達との会話に時々あなたを出しているから、顔と名前を一致させたいと思ってデートなのに友達を連れてくる。正式ではなくても付き合っているような状態なら、脈ありの意味でこのような行動を取る人がいる。

友達を連れてきたデートの雰囲気が「紹介された」と思うような感じなら、良い方向で考えて良い。脈ありサインである。

恥ずかしいから

自信がないという心理に近いが「恥ずかしい」という心理を持つ人の場合はアレコレ考えずにデートへ友達を連れていく人が多いイメージ。誘われると「何で?」と言いたくなるのだけど、異性との二人きり状態に慣れていないと恥ずかしくて緊張するのが嫌だから友達を連れていく。

緊張したくないという心理もあるから多少そっけない感じでも好き避けになっていて、脈なしが確定しないパターンがこれだ。相手が男性だから緊張するとか、女性だから緊張するという状態が嫌だと思うのは多少幼い感じがするけど、相手の恋愛経験が少ない場合はこんな意味もある。

デートに友達を連れてくる男と女は脈なしなのか、脈ありもあるのか

デートに友達を連れてくる意味は基本的にネガティブな意味が多いというのが経験則。経験したならば脈ナシの雰囲気を感じたかもしれない。

だが、これまで挙げてきた通り、異性として意識しているからデートに友達を連れていく人がいるのも事実。結局は雰囲気を見て、感じたそのものの意味を受け止めるべきかなと思う。

二人の今の雰囲気を知るのに、参考にしてほしいのが下の記事だ。

また、もう一つ大事なのは先程も触れている「デートのその後」である。デート後の態度は脈ありと脈なしの違いが分かりやすい。友達を連れてきたデートの後の態度を考えてみよう。

そっけなくなっていったり、縮めようとする距離が縮まらなかったり、通常はデートする仲になったところからは恋愛関係が進展しやすくなるので、そんな視点から考えてみると相手の心理が分かる。

下の記事では「男性が次のデートはないと思った時に取る態度」をまとめているので、興味があれば読んでみてほしい。

友達を連れてきたデートの雰囲気では「理由」を考え、好きな人の心理については「デート後の態度」で脈ありか脈なしかを考えよう。もし脈ありなら「二人になりたい」という気持ちが強いはずだから次のデートが成立するし、その時は二人きりになれるはず。

男友達や女友達をデートに連れてくると言ってもそれだけで脈なしサインが確定するわけではないため、ショックを受けたりがっかりしたとしても、もう少し様子を見るのが正解だ。すべてが悪い意味ではない。

まとめ

今回は「デートに友達を連れてくる男と女の理由や心理」を紹介した。
友達連れのデートはどんな意味があるか、参考になっただろうか。

友人の話も含めて個人的な経験では、付き合っていないことを条件にすると「友達連れのデート」は「二人きりになりたくない」という意味でデートに友達を連れていくことが多かったように思う。これはこれで私の中の真実だ。

はじめに疑う理由もこれだと思うので、デート前後の態度やデート中の雰囲気を客観的に振り返ると答えは出るのではないだろうか。全てが脈ナシサインとなるわけではないので、せっかくデートできる関係になった恋愛なら、冷静に振り返りたい。

いずれにしても色々な理由があることが分かれば、相手をきちんと見ようとすると思う。正しい答えは相手から分かることなので下の記事も参考にしてみよう。

恋愛の雰囲気を作るのが苦手な女性は下の記事を読んで「女として見てもらうこと」に挑戦してみよう。女性であっても恋愛では自分から動くことが大切だ。

好きな人とLINEで連絡を取っているなら下の記事もおすすめ。男性が喜ぶLINEの方法についてまとめている。