好きな人を振り向かせるLINEの方法~脈なしから脈ありへ

好きな人を振り向かせるLINEの方法を実践して脈なしから脈ありに変えたカップル。

いくつかのLINEに対する記事を用意してきたが、今回はまとめ版としての意味も込めて、好きな人を振り向かせるLINEの方法を考えていこう。

恋愛が苦手な人や積極的になれない人にも分かりやすいように、詳しく書いた記事なども紹介しながらまとめていくので、ぜひゆっくり読んでみてほしい。

片思いをしている人、好きな人がいる人に取ってLINEの活用は必要不可欠。
恋愛がうまくいくLINEの仕方が分かれば、あなたも好きな人を振り向かせることができる。

恋愛中は、そこそこLINEのやりとりができてくると、好きな人が脈ありなのか、脈なしなのかが気になりだすし、恋愛として発展させるために好きな人を振り向かせる方法は気になるところだ。

メールやLINEの活用は恋愛で必須のテクニックなので、今回の記事をあなたと好きな人の関係を前に進めるために役立ててほしい。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

脈なしなら長文は送らずにシェアを考える

好きな人を振り向かせるには、まず共通の話題作りが必要。
せっかく長く話せる機会があっても、話題に困ってしまっては、あなたとの会話がしっくりこないことで、恋愛的にそのコミュニケーションが逆効果を生んでしまう。

LINEを活用すると会った時の話題作りもできるので、LINEでの話題を考える際はLINEと普段の好きな人との会話を繋げて考えることが重要

その話題作りに良いのが、シェアを目的としたLINEを送ることだ。

面白いスタンプや動画、あなたの驚いた体験や見た風景、まずはあなたとのLINEに興味を持ってもらうためにも、身の周りの出来事を面白く伝えることが有効な方法となる。

好きな人へのLINEを会った時の会話に繋げる。
これを大事にすると、好きな人を振り向かせるLINEができるようになってくる。

このとき気を付けるべきなのが、送るLINEが長文にならないようにすること。
好きな人へは色々なことを伝えたくなるものだが、シェアを目的として距離を縮める時は、長文を避けよう。読むのも大変だし、返信の内容にも困る。

時間を煩わせては、LINEのやりとり自体が面倒に感じさせてしまうから気を付けてほしい。

興味を持ってもらえそうなことや面白いものを簡潔に送るようにして、円滑なLINEのやりとりを目指す。そして、それから日常の会話を盛り上げるために活用していくことが大事だ。

なお、好きな人とのLINEで話題がよくわからない人、きっかけがないと悩む人は下の記事が参考になる。どんな話題が良いかに絞って書いた記事なので合わせて読んでみよう。

スポンサーリンク

思わせぶりな態度と押し引きのバランス

好きな人を振り向かせる思わせぶりなLINEの方法を見ている男性と女性。

間接的なコミュニケーションであるLINEは、脈なしでも恋愛テクニックを行使しやすいツールである。

緊張していても相手には悟られないし、送るメッセージを考える時間もタップリある。
さらに、どんなニュアンスで送っているのかも受け取り手次第の部分があることが恋愛と相性が良い。

好きな人を振り向かせるために、どんな風にテクニックを使っていくか考えていこう。

思わせぶりなLINE

好きな人を振り向かせるために、なるべく遠回しなところから徐々に好きな気持ちを乗せていくように、思わせぶりな態度で送るLINEを意識的に作っていこう

まずは自分に興味を持ってもらい、好きな人を振り向かせることに繋げる。そうすると脈なしから脈ありへ少しずつ関係を変えていくことができる。

誰でも、自分に好意がある人へは興味を持つものだ。
直接は気まずくなるから言えないことも、LINEでなら言えることがあるだろう。

しかし、先走ってもいけない。
人には拒絶反応もあり、脈なしではそれが出やすい。

グイグイこられると逃げたくなる人もいることを知っておこう。

受け取り方で「好きなのかな」と思わせるような感じでLINEするのが望ましい。
軽く見られてしまうのも避けなければならないので、あくまで受け取り方で変わってくる表現には拘るべきだろう。

押し引きを活用する

好きな人を振り向かせたいのなら、押してばかりではいけない

遠回しな気持ちの伝え方ができるようになったら、適度に引きながらアプローチのパワーバランスを整えることで、好きな人を振り向かせることが大切だ。

あなたの頑張りによって少し多めの接触があったなら、敢えて少し引いてみると、好きな人があなたの考えていることに混乱し、気になるという効果がある。

これも軽く見られてしまうのは避ける必要があるので、引く期間については短めにしよう。

好きな人がどのようなアプローチでなら好きになってくれるのかは、人それぞれであるためメリハリも大切。そういった意味では、引いてみることで恋愛アプローチとしての有効性が高まることは実際にあることだ。

上記2つのバランスを取ると、気になる存在になっていけるだろう。
それが、脈なしから脈ありへと発展していく可能性をあげてくれる

好きな人を褒めてあげよう

思わせぶりなLINEとも共通するが、LINEの間接性をいかして、普段は面と向かって言いにくいことを伝えるのも、好きな人を振り向かせることに有効な方法である。

特に現状で脈なしだと思っている人は、好きな人を褒めることが面と向かっては難しいだろう。でも、だからこそのLINE活用方法だし、効果が高い方法なのでぜひ実践してほしい。

LINEで相手を喜ばせたいのなら、相手が嬉しいと感じてくれる「褒める」ことはとても重要なのだ。

いきなり唐突に褒めるのはいくらLINEでも厳しいので、何かきっかけがあったならその夜にでも、好きな人を褒めてあげよう。

好きな人を褒めるLINEの内容やきっかけのお勧めは、

  • 頑張っていたことが結果に出た時(たとえ悪い結果でも努力は素晴らしいもの)
  • 素敵な行動(カッコイイ・カワイイと思ったこと。ストレートには言いにくいから、みんなで褒めていたとか、良い意味でちょっと噂になっていたことに触れて、自分も素敵だと思ったという感じでも良い)
  • 活躍やみんなのためになったこと
  • 髪型やファッション等の変化

等といったところ。

あなたが褒めてあげたいところを大事にしよう。上で挙げたのは一例なので、素敵だと思ったところを素直にほめてあげるようにすれば、LINEを読んで好きな人が喜んでくれる内容になる。

【恋愛経験が少ない人へ】好きな人とのLINEを続けるべきか、やめるべきかの悩みは…

好きな人とのLINEを続けるべきかやめるべきか、迷う時の対処法と考え方~どう判断すると後悔しないのか
LINEは簡単で気軽なコミュニケーションツールだから、好きな人とLINEをしている人はたくさんいると思う。短いメッセージが好まれるL...

好きな人を振り向かせるLINEの方法を実践していくとき、最も多くの人が経験するハードルとして、「このままLINEを続けるべきか、やめるべきか」と言った問題がある。

恋愛は、どうしても一方からの好意から始めるため、いくら脈ありだっとしてもいきなり良い雰囲気になれないことの方が多く、恋愛に頑張ろうとする人ほど「相手のリアクションが薄いこと」に悩むのである。

しかし、好きな人を振り向かせたいと思ったなら、最初は脈なしから始まるというくらいのつもりでLINEを続けていくことが重要だ。軽くアプローチしただけでその恋愛の未来は分からないし、好きな人の気持ちを動かすのはあなたの気持ちだからである。

恋愛が得意な人、彼女を作るのが上手い・彼氏を作るのが上手い人、どんな人も誰かを好きになれば「たった一人の人から好きになってもらうことの難しさ」と向き合う

あなたの恋愛を脈なしから脈ありへ変えていこうとする時、絶対に大事になってくるのが「これから好きになってもらう」という感覚なので、まずは好きな人とのLINEを続けていくことを念頭におき、もし本気で悩む時は上記の記事を読んでみよう。

恋愛によくあるモヤモヤ期間を乗り越えた後は、いよいよデートに誘う。次の見出しへ進もう。

やっぱりデートに誘うのが一番

好きな人を振り向かせるLINEの方法をきっかけにデートする男性と女性。画像は、恋愛の赤い糸でカップルが結ばれている。

LINEのやりとりが多くなってきたら、やっぱりデートに誘うのが恋愛を進めるうえで一番早い方法だ。

脈なしの場合はデートに誘うのはちょっとキツイと感じるかもしれないが、LINEで発展していかないなら、「どこかで思い切った行動をしないと好きな人が振り向いてくれない」とも言える

逆に「これって脈ありなの?」って思うようなこともLINEで送られてくるようになったのなら、デートに誘っても上手くいく可能性が高いからぜひデートに誘ってみてほしい

ここで気になる「脈なしLINEと脈ありLINEの違い」については下の記事を参考にしよう。

基本的に、男女が仲良くなると恋愛に発展しやすい。
人は好きではない異性に近寄られるのは拒む習性もあるし、相手が異性であることは心のどこかにあるもの。

特に、少しでも好きな気持ちを乗せたLINEを送っていたなら、拒まれない時点で脈ありとも言える。

当然個人差の大きいところではあるのだが、そういったことを自信に変えて、脈ありを確信する前でもデートの話を振ってみよう

デートと言っても、有名スポットに二人で出かけるだけがデートというわけではない。
広義の意味では、二人でする食事だってそうだし、買い物や映画でも、男女が二人で出かければ、それは一種のデートである。

二人で食事に行けばそれはデートなのか~デートの定義とデートっぽくする方法
友達のような恋仲のような、微妙な関係の人と二人きりで食事に行く時は、「それがデートと言えるかどうか」も曖昧である。 デートと言...

LINEから二人で会うことに繋げていこう。普段話せないこともデートでは話題にできるので、より深いコミュニケーションを取って、好きな人を振り向かせよう。

これもLINEやメールの利点である「間接性」が誘いやすさを支えてくれる。

好きだと言っていた食べ物でおいしいお店を見つけるとか、好きだと言っていたモノやコトを話題にして誘ってみるとか。

まだ二人で出かけることがなかったり少なかったりするのなら、断り易い文章にすればよい。

「忙しいから無理かな」
「予定あるだろうから、もし空いていればでいいよ」

上のように、好きな人が断り易いように気遣いの言葉を添えれば、気まずくはならない

LINEで仲良くなれたら「ずっとその関係が続くのか」は考えないといけない

LINEのやりとりのようなものは、男女だとなかなか長期的には続いていかないものだ。

好きな人との関係性にもよるが、仲良くなったのなら適切な時期に二人で会う努力は絶対に必要。恋愛は進むべきタイミングできっちり進めていかないと、友達止まりで終わる傾向もある。

デートの前に脈なしから脈ありへしていきたい気持ちは分かるが、デートで脈ありへもっていくことも考えないといけない。恋愛はとにかくきっかけとなるようなことを増やしていくことがとても大事だ。それをLINEでつくっていくイメージが持てると好きな人を振り向かせるLINEになっていく。

ある程度のやりとりの回数と期間を越えたら、デートに誘えるような話題も積極的にいれていこう。流れができれば誘いやすいし、相手も一回くらい遊んでみようかなと思ってもらえる可能性が高くなる。

もし好きな人が奥手な女性や男性だったら、自分から誘って来ることが少ない
だから奥手なわけであるが、脈ありの状態にならなければ誘えないのであれば、そういった女性や男性の気持ちに気付くことは難しくなる。恋愛が進まないと感じるときの理由だ。

もし相手が奥手だと思うのであれば、下の記事でに奥手な女性の気持ちに気付くヒントを見てみよう。

恋愛におけるLINEの活用法、その本質とは

脈なしの好きな人を振り向かせるには、勇気がいるし、凹むことも多いかもしれない。
人の気持ちなんて、何考えているのだか分からないことがほとんどだ。

LINEは、文字やスタンプでやり取りすることが多いので、なおさら相手の気持ちは伝わりにくい部分がある。

それでも、恋愛を進めていくのにLINEが有効となる理由は、気軽にコミュニケーションが取れるからだろう。

昔はどうしていたのか、今の中高生は想像もつかないはず。
私もまだガキの頃、好きな子を誘うために家電に電話をかけ、お母さんに繋いでもらった経験がある。

昔から変わらないことを本質と考えれば、LINEの活かし方というのは

  1. 仲良くなるための気軽なコミュニケーションツールとしての活用
  2. 親密になっていくための活用

という2つのことに集約される。

つまり、仲良くなるために使ったら、今度は親密になるために使うべきだということ。

その点で、どこかのタイミングでデートに誘うことを考えてやりとりをするのは、好きな人を振り向かせて、脈ありにしていていくことに取って重要である。

少しづつで良いので、会話やLINEの内容からそのタイミングを計ってみよう。

好きな人と深いLINEができると恋愛が進むきっかけを得られる

好きな人を振り向かせる方法は、好きな人のより身近な存在になっていくことでも可能だ。恋愛中のあなたは、好きな人とより深い関係を作るためにもLINEを活用してみよう。

深い話ができる関係は特に男女の場合は意味が大きい。特に社会人以降はその意味がより大きいが、学生でも同様である。

好きな人との関係を深めていきたいと思ったときにその方法がわからない人が多いが、答えは簡単だ。あなたが深い話をするように意識的に自己開示をしていけば良い

好きな人とのLINEが表面的なところで留まっている場合は、好きな人に期待するだけでなく、自分でそのきっかけを作るように頑張ってみよう。

深い話をするきっかけ作りで一番簡単な方法は「相談」である。自分のコアな話を出すことで心を開いていることが好きな人に伝えられるので「重くなるかな?」と考えるよりも「深い関係になるため」に、きっかけがあれば好きな人との関係性にアプローチしよう。

あなたが落ち込んだときや元気にない時に「大丈夫?」とか「何かあったの?」と、好きな人が声をかけてくれるなら、それも深い話をするきっかけにできる。LINEの会話でもベタではあるが、「最近、どう?」みたいなフレーズから話題を発展させても良いだろう。きっかけは探せば日常にあるものだ。

深い話は、関係が深まるだけでなく、話題に困らなくなる効果も大きい。親身になって相談に乗っているうちに仲良くなって好きになることも少なくないため、LINEから好きな人と仲良くなっていきたいときはぜひ活用を考えてみてほしい。

あなたが自分の話をすることで好きな人も自分の話をするようになる。深い話ができる関係でLINEができれば、気づいたときに脈なしから脈ありへ変わってきているだろう。

まとめ

今回は「好きな人を振り向かせるLINEの方法」をまとめた。脈なしから脈ありへ変えるアプローチの仕方が分かっただろうか?

LINEは一緒にいないときにコミュニケーションが取れるツールなので恋愛を進める上はいまは必須のもの。グループトークもあるし二人きりの会話もあって、その使い方はやっぱり大事だ。

仲良くなるために日常の会話とLINEをつなげるように連動させ、好意を遠回しに伝えながら時に押し引きも意識しつつ、好きな人と距離を縮めていこう。

深い話がしたいなら自分からコアな話ができるようにきっかけを探すことも大事で、それと同時にデートに誘うことも考えていくと、だんだん脈なしだった恋愛が脈ありへ変わっていく。

恋愛は自分から動くことが本当に大事なので、タイミングを大切にして頑張ってみてほしいと思う。

自分の恋愛を知らないとアプローチが難しい。下の記事で自分の恋愛を知るとこれからどんなことを強みにしてどんなことに気を付けるべきかが見える。

もしLINEの既読無視をされてしまったり、心配ならこちらも読んでみよう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス
記事下アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツヴァイ訴求
本格的な恋愛診断でした!【無料】

自分の恋愛傾向について、詳細な分析コメント付きで数値化してくれる「プロが作った無料恋愛診断」を受けてみました。
20歳以上限定ですが、とても参考になる恋愛診断だったので読んでみてください。
【人気記事】

ツヴァイの「恋愛傾向診断」を実際に受けた体験談【画像あり】~無料なのに本当に当たる?数値化されるその結果がすごい!

スポンサーリンク