LINEで好きな人の気持ちが分かる!脈ありと脈なしのLINEの違い

LINEで好きな人の気持ちを知りたい女性が携帯を見ているところ

好きな人との距離を縮めるために使うLINE(ライン)は、既読無視や既読スルーの問題もあるから、メールに比べて相手の気持ちが読みやすい

しかし一方で、LINEはなかなか長文でやり取りされないため、短いメッセージ量で脈ありと脈なしの違いを判別しないといけない点が、恋愛サインの判断をやや難しくしている面もある。

何通もやりとりしていれば会話が進むけれど、情報量そのものは少なく、ましてや好きな人とそんなにLINEできないという人は、「たまにLINEしても好きな人の気持ちが分からない」と悩んでいる人も多いことだろう。

そこで今回は、好きな人とのLINEを中心テーマに「片思いの時の脈ありと脈なしのLINEの違い」について徹底解説していく。

好きな人の気持ちを知りたい人、好きな人の気持ちが分からない人は、LINEのやりとりが脈ありなのか脈なしなのか、確認してみよう。

LINEの頻度が増えた意味や、LINEが続く意味についても解説していくので、この記事を読めば「今現在の片思いの状況」が分かるはずだ。

好きな人とLINEしてる人は、現在のやり取りが脈ありか脈なしか判断するのにこの記事を活用してみてください。「どのくらいLINEが続くと脈ありなのか」など、付き合う前のLINEの様々な疑問に答えています。

  1. 脈ありのLINEの頻度とは?
    1. LINEの頻度が増えたのは脈ありサイン、逆にLINEの頻度が減ったのは脈なしサイン
    2. LINEから好きな人の気持ちを判断する時は、客観的に「LINEの頻度が上がっているのか、下がっているのか」を見ることが大切
  2. 好きな人とLINEが続く状態は「いつから」脈ありサインと言えるのか
    1. 好きな人と1週間LINEが続く
    2. 好きな人と2週間LINEが続く
    3. 好きな人と1か月LINEが続く
    4. 好きな人と2か月LINEが続く
    5. 3ヶ月LINEが続くなら、時期的なもので脈ありと脈なしは判別できない!二人で会って雰囲気を見るべき
    6. くだらないLINEが続く方が恋愛的には意味が大きい
  3. LINEの連絡が「一方的」か、好きな人からLINEがくる「双方向的」か、で脈ありと脈なしの違いが出る
    1. 自分からしかLINEしないのは脈なしサイン!ただし、最初は仕方ないと思って1ヶ月は頑張る必要がある
    2. 自分からのみLINEする状況の脈ありと脈なしの違いを見抜くコツ
  4. LINEの返信が一言や顔文字やスタンプだけの返信なら脈なし、質問や会話を広げる言葉がある返信なら脈あり
    1. LINEの返信には好きな人の気持ちが隠されている!脈ありと脈なしを見抜くコツとは?
    2. LINEが何通も返ってくるのも脈ありLINE、脈なしLINEになっていると思いやりが感じられない
    3. 絵文字・顔文字・スタンプは「ある」からと言って脈ありではない!手抜きLINEはやっぱり脈なし
  5. LINEの既読の付くタイミングで好きな人の気持ちを知る:送った瞬間既読になるのは特に男性相手の場合に脈あり
    1. LINEを送った瞬間既読がつくのは脈ありサイン!LINEを開いてる時間が短いはずの男性相手では「両想いサイン」になることも?
    2. 付き合う前のLINEでは「既読がつくタイミングが早いのは脈あり、遅いのは脈なし」と単純に考えることも重要
    3. 駆け引きされてる?「わざと返信を遅らせる人」の脈ありと脈なしを見抜くコツ
  6. 「適当に心地良いLINEをするのか」、「真剣に向き合ってLINEするのか」で脈ありと脈なしの違いがわかる
    1. 適当に合わせるLINEをしてくる時は脈なし、脈ありだったら遠慮しなくなって感情表現が具体的になる
    2. 踏み込んでこない表面的なLINEは脈なし、脈ありだったら踏み込んだ意見を言ってくる時がある
    3. 付き合う直前になると、LINEで喧嘩することもある
  7. LINEの雰囲気がノリだけなら脈なし、少しでも甘い雰囲気があるなら脈あり
    1. ノリが良いLINEだけなら脈なし!楽しいLINEばかりじゃ脈ありと言えない
    2. 恋愛経験が少ない人が見逃しやすいLINEの脈ありサインとは?
  8. 用事があるLINEばかりなら脈なし、挨拶LINEは脈あり
    1. 挨拶LINEは、好きな人がLINEしたいと思ってくれてるか確かめる方法になる
  9. ふざけてLINEした時も返信が来る状態は脈あり、ノリに付き合ってくれないのは脈なし
    1. 片思いから両想いになるLINEでは、二人のノリや空気が出来上がる
  10. LINEから電話になるのは脈あり、脈なしだったら電話したいと言っても断られる
    1. 複数回好きな人から電話していい?と聞かれたら脈あり
    2. 電話を断られる、どんな状況になっても電話したいと言ってこないのは脈なし…
  11. まとめ

脈ありのLINEの頻度とは?

LINEやDMやメールなど、気軽に送ることができる間接的な連絡手段は、「連絡頻度の高低・連絡継続期間の長短」が、ストレートに恋愛の脈アリと脈ナシの違いとなりやすい。

まずは、脈ありのLINEの頻度から解説しよう。

LINEの頻度が増えたのは脈ありサイン、逆にLINEの頻度が減ったのは脈なしサイン

好きな人とのLINEの頻度は「高ければ高いほど脈ありの可能性がある」のはあなたも想像していると思うが、もっと重要な指標が「LINEが増えた」というサインだ。

逆に言えば、「好きな人のLINEが減った」という状況はわかりやすい脈なしサインになっている。

  • LINEでアプローチを始めたら、定期的にLINEが増えたか(脈ありサイン)、LINEが減ったか(脈なしサイン)を判断して、好きな人の気持ちを推測する

2日に1回や3日に1回だったLINEが毎日続くようになったパターンや、1日に何度もLINEする関係になれた時は、お互いに興味を持ってるサインとなり、恋愛が盛り上がっていると判断できる。

LINEの頻度が増えた状態で1週間から2週間以上過ごすことができたら、脈ありサインだと判断して、タイミングを見ながらご飯やデートに誘うべきサインだ。

しかし、「1日1回LINEしていたのに週に2回から3回に減ってしまった」「毎日LINEしていたのに2日に1回や3日に1回に減った」というパターンなど、LINEの頻度が減っているパターンは脈なしサインで、好きな人があなたとLINEしていても楽しくない、もしくは興味がなくなったから頻度が減ったのだと判断できる。

LINEから好きな人の気持ちを判断する時は、客観的に「LINEの頻度が上がっているのか、下がっているのか」を見ることが大切

好きな人とLINEする時は、LINEの頻度が上がっているのか、それとも下がっているのかを意識して好きな人の気持ちを見極めよう。

片思いを進めるためと思って、好きな人に毎日LINEを送るのが間違いになる期間もあるから、少しずつでもLINEの頻度が上がっているならガツガツしないで、距離感を調整しながら片思いを進めると良い。

せっかく楽しいLINEができる状況でも、好きな人にLINEしすぎるとウザがられる。少しずつLINEの頻度を上げる中で相手の返信の状況がポジティブに動くかどうかを見ていると、好きな人の気持ちも何となく察することができるはずだ。

LINEの頻度を上げても好きな人がそのまま楽しそうにLINEを返してくれるなら、片思いとしては順調と言える。好きな人とのLINEの頻度の増やし方については下の記事で詳しく解説しているので、奥手な人は読んでみよう。

LINEの脈ありと脈なしの違いは、「頻度の変化」に注目すると見抜けます。段々LINEが増えてきている時は脈ありの恋愛になっていますよ。

好きな人とLINEが続く状態は「いつから」脈ありサインと言えるのか

好きな人とLINEが続くのは脈ありか、期間に注目して考える人。

好きな人とLINEが続くと脈ありを期待すると思うが、どのくらいの期間LINEが続くと脈ありサインになるのだろう?

目安となる期間を挙げて、脈ありと脈なしの違いを解説する。

好きな人と1週間LINEが続く

好きな人とLINEが1週間続いた時は、「嫌われてないサイン」と判断しよう。

今はまだ恋愛の過渡期(脈ありにも脈なしなしにもなる時期)で、まだこのくらいの期間では脈ありとは言えない。好きな人と1週間LINEが続いた時は、これから次第の状況だ。

やり取りしている期間が長くなるにつれLINEが増えているなら順調な片思いになっているので、楽しいLINEが続けられるように工夫しながらLINEを続けていこう。

特に「たくさん絵文字やスタンプを使ってくれる」など、あなたとのLINEの印象を高めようとする雰囲気がある時や、「毎日LINEしてる期間が1週間続いた時」は、恋愛対象になれていると思って頑張るべきだ。

自分からばかりLINEするのが恥ずかしいと思っても、頑張りどころになる。

そもそも恋愛対象外だった場合は、1週間ラインが続かないこともよくある。次の1週間に期待しながらラインを盛り上げていこう。

男性が恋愛対象外の女性に接する時の態度~恋愛対象の女性との違いはどこに現れるのか
男性が女性に取る態度は「恋愛対象の女性」と「恋愛対象外の女性」でいくつか特徴的な違いがある。 好きな人に友達としか思われてない態度を取られた時に、自分が恋愛対象外になってることを痛感したことがある人もいると思う。 特に男

好きな人と2週間LINEが続く

好きな人とLINEが2週間続いた時は、親密な関係になれるかどうかの重要な時期で、この時期に毎日LINEするようになっているなら脈ありサインになる。

2日に1回などの頻度であっても、LINEが2週間続いているなら他の脈ありサインがあれば十分に脈ありと言えるから、あまり強い脈ありサインを求めないようにするのが片思いを進めるコツだ。

明確なLINEの脈ありサインを探しながら恋愛すると、すぐに「相手は自分が好きじゃない」と思ってしまってアプローチできなくなる。

「ラインが2日に1回は脈なし」は間違いだから、自信をもってアプローチしていってほしい。

人それぞれLINEの仕方が違っているので「とりあえず最低ラインは越えた」と思って、さらに仲良くなれるようにLINEしていこう。

3日に1回のLINEは、「2週間LINEが続く」だけではまだ脈ありとは言えない。LINEの頻度が少ない場合は「LINEが続いている」というより「定期的に連絡を取り合える関係になれた」という意味になるため、もう少し関係を深めてから脈ありと脈なしを判断しよう。

好きな人と1か月LINEが続く

好きな人とのLINEが1か月続いた時は、踏み込むべきサインになっていて、脈ありの可能性が高まっている。

片思いをしたらまずラインが1ヶ月続く状態を作ることが目標になるので、楽しいLINEが1ヶ月続いているなら、食事や飲みに誘う時期に来ていると考えよう。

ここで思い切ったアプローチできない場合は、奥手なタイプだと確定する。

下の記事は男性向けに書いてるが、女性も参考になるので、一日置きなどでも1ヶ月ラインが続いた人で誘い方が分からない人は読んでみてほしい。

女性をサシ飲みに誘う方法24選~二人だけで飲みに行くにはどんなきっかけや理由があるのか、経験から誘い方を紹介!
気になる女性や好きな女性ができた時は、二人きりで飲む「サシ飲み」に誘いたいと思う男性は多い。 実際、気になった女の子と長い時間二人だけでお酒を飲むことができれば、距離が縮まるのは間違いないところだ。 サシ飲みはいきなりデ

もちろん、好きな人と1か月LINEが続くだけで脈ありが確定することはないのだけど、相手の立場になって考えると、どうでもいい人と頻繁にLINEする関係が1か月も続かない

ただし、週に2回から3回くらいの頻度であれば、1か月LINEが続いたという状況よりは、LINEするようになって1か月経っただけという状況も考えられるため、「LINEの会話が続く」とか「好きな人からLINEがくる」など、他の指標も込みで脈ありか脈なしか考えると良い。

ここで言ってる好きな人と1か月LINEが続くとは「LINEでラリーが続く日がある」のが条件だ。1か月LINEしてるのと、1か月LINEが続くのは意味が違っているので、イメージを具体化しておこう。

好きな人と2か月LINEが続く

好きな人とLINEが2か月続いた時は、デートの有無(二人で会ってるかどうか)で脈ありと脈なしの違いがある。

LINEするようになって、2か月経った状況で片思いが進んでいない時は友達になってしまうリスクが高まっているので、「好きな人と2か月LINEが続いているのに二人で遊ばない」のであれば、ただの友達になってしまっている可能性を考えるべきだ。

好きな人が奥手である可能性もあるので、あなたから二人で会おうとしてない場合は、自分から誘って好きな人の気持ちを確かめる必要がある。ここで「待ちの姿勢を取る人」は恋愛下手だ。

恋愛はタイミングを間違えるとダメになってしまうことが多いので、適切な時期に適切な行動を取ろう。LINEが2ヶ月続いてるなら、最低でも1回はご飯に誘ってないとアプローチの仕方がもったいない。

付き合うタイミングを逃す原因と、告白のタイミングを逃した時の対処法
友達から始まった恋愛は「付き合うタイミングを逃す」「告白のタイミングを逃した」ということがよく起きる。 恋愛はタイミングが命とも言われる。しかし、片思いの時は相手の気持ちに確信が持てない以上、付き合うタイミングに踏み込んでいく

3ヶ月LINEが続くなら、時期的なもので脈ありと脈なしは判別できない!二人で会って雰囲気を見るべき

好きな人と3か月LINEが続く、3か月続いたという人は、LINEの期間から脈ありと脈なしが判別できない状態になっている。

なぜなら、どちらも強いアプローチをしないまま時間が経ちすぎてるからだ。

もちろん、長い期間LINEが続くと嫌われてないことは確定するし、好かれている可能性も上がるが、もしLINEだけしている関係だったらLINE友達みたいな感じになっていることもあるので、二人で食事に行ってみるべきだ。

2ヶ月から3か月以上LINEしているなら「ご飯いこうよ」と言えるだけの関係性は作れているので、あとはきっかけ作りだけである。

二人で会うと、LINEが続いた意味が雰囲気からわかる。まさに友達の雰囲気になる人がいれば、恋愛の雰囲気を感じる人もいるだろう。二人で会わないまま3ヶ月LINEしてると、1回の食事じゃ分からないこともあるので、その場合はもう1回ご飯に誘ってさらに好きな人の気持ちを分析すると良い。

3か月LINEが続くなら、2回3回と二人でご飯に行くことも可能な状態だから、ただ良い関係を作るだけの恋愛はしないようにしよう。

付き合う前の恋愛は、嫌われないように頑張っても好きになってもらうことはできないから、3ヶ月経っても今まで誘ったことがなかったなら、そのこと自体を反省するべきだ。

何度も二人で食事に行けたら好きな人の気持ち次第で複数の脈ありサイン・脈なしサインが出るので、下の記事も参考にしながら現在の脈を判断すると良い。

くだらないLINEが続く方が恋愛的には意味が大きい

想像してみるとはっきりわかるのだが、あなたがあんまり好きじゃない人と話してる時に「つまらない」と感じるのは、特に面白い話題がない時だろう。

興味を持って話すことがないなら会話を切り上げたいと思うはず。

しかし、これが好きな人だったら、何を話していても「会話してるだけで楽しい」という気持ちになる。くだらない会話でもお互いに好意を持っていたら楽しいと思って続ける。

この前提を踏まえると、好きな人とくだらないラインが続くのは、内容のあるラインが続くより、恋愛的に意味が大きい。

話すべき話題がある状態でLINEするより、特に意味がないラインを続ける方が「会話を楽しんでる雰囲気」があるので、脈あり度が高いのだ。

頻繁にそれがあるなら、好きな人はあなたとLINEしてると楽しいと思ってくれてる。

もし、好きな人とLINEが続く期間で脈ありか脈なしか分からない場合は、「くだらないラインができるかできないか」という点から二人の親密度をはかってみよう。

好きな人とLINEが続いているのは脈ありサインです。毎日LINEする関係になったら、踏み込むタイミングを探しましょう。特に、好きな人と毎日LINEするようになって2週間から1か月くらい経つ中では、食事の誘いやデートの誘いをしたいタイミングです。

LINEの連絡が「一方的」か、好きな人からLINEがくる「双方向的」か、で脈ありと脈なしの違いが出る

好きな人とLINEしている人は、一方的なLINEになっているか、それとも双方向的なLINEになっているかを振り返ってみよう。

好きな人から毎日LINEが来る状態は最も脈サインとして強いサインで、逆に自分から送っても既読無視や未読無視される機会があるなら、脈なしサインとして強いサインだ。

これは基本的なLINEにおける脈ありと脈なしの違いである。

しかし、好きな人とのLINEのやりとりが頻繁にある場合でも「自分からのみ連絡を開始している場合」は、単純に脈ありとできない点に注意をしよう。

好きな人から返信がくるだけで脈ありだと思っていると、勘違いするリスクが高い。

自分からしかLINEしないのは脈なしサイン!ただし、最初は仕方ないと思って1ヶ月は頑張る必要がある

誰かから連絡が来れば、その内容を踏まえて相手への印象を問わず無条件に返信する人の割合は決して低くない。職場の人だったり、取引先の人、共通の友達がいたり、学校の友達ならなおのことそうだ。

好きな人と毎日LINEしている人でも、自分からのみ連絡している場合はこれだけで恋愛の雰囲気が良いと判断できない。

好きな人からLINEがくる状態でないと脈ありではない」という点は脈あり判断をする際にぜひ意識しておいてほしい。

ただし、片思いの最初はアプローチしないと関係が深まるわけもないので、好きな人とLINEをはじめて1ヶ月は、自分からのみLINEしている状況を我慢して距離を縮めることに努力しよう。

好きな人に送るLINEはアプローチの意味があるので、最初は相手からLINEがこないことも仕方がない。2週間から3週間経つ中で相手の変化を観察しよう。1か月後までにアプローチの答えが出るイメージを持つと良い。

好きな人とのLINEを続けるべきかやめるべきか、迷う時の対処法と考え方~どう判断すると後悔しないのか
LINEは簡単で気軽なコミュニケーションツールだから、恋愛アプローチの意味で好きな人とLINEをしている人はたくさんいると思う。 短いメッセージが好まれるLINEでは話題もそう迷うことなく送れるし、LINEグループで好きな人と

自分からのみLINEする状況の脈ありと脈なしの違いを見抜くコツ

自分からばかりLINEを送る人は、好きな人が会話に乗り気かどうかを脈ありと脈なしの違いを見極めるヒントにすると良い。

LINEが続かない場合はやっつけの返信があるだけということになる。(※ここは次の見出しでもう少し解説していく)

毎日ではなくてもちょくちょくLINEでのやり取りがあり、自分と相手のどちらも最初の一通目を送ってLINEをしているなら、そちらの方が脈ありと判断できる。

その期間が1週間くらいであればまだわからないが、2週間・3週間・1ヶ月・2か月と、長くなるに連れて脈ありサインとして強い指標となるので、好きな人からLINEがくる状態になっていくかという点を恋愛サインの見極め方の指標にしてみよう。

LINEで連絡を取り合う関係が作れたら、付き合う前の恋愛の最初のハードルは超えたが、どちらもLINEに積極的であればなお良く、一定期間以上その状態が続くと一般的に脈ありとの判断ができる。

【片思い】LINEがこない時の脈なしパターン~これであなたの恋愛を完全判別!
気になる人や好きな人からLINEが来ないと「脈なしなのかな?」と不安になる。 「相手からLINEがこない」 「好きな人から返信こない」 などなど、片思いしている時のLINEはなかなか期待したような展開にならないから、連絡が

好きな人からLINEが来ない、一方的な連絡をしている状況は、たとえ毎日LINEする関係になっていても脈なしサインになります。LINEの脈ありサインは双方向で二人ともLINEを送り合う関係なので注意しましょう。

LINEの返信が一言や顔文字やスタンプだけの返信なら脈なし、質問や会話を広げる言葉がある返信なら脈あり

LINEの返信で脈ありと脈なしの違いを確認して「好きな人と両想いかもしれない」と期待する女子

好きな人とのLINEのやり取りでは、好きな人がどのようなメッセージを返信してくるかで脈ありと脈なしの違いが出ている。

自分から頑張って好きな人に連絡を取っている人は参考にしよう。

LINEの返信には好きな人の気持ちが隠されている!脈ありと脈なしを見抜くコツとは?

「LINEの返信」における脈ありと脈なしの違いは、会話を広げるつもりがあるのかないのか、気を遣った返信をしてくるかしてくれないか、が違いとして大きい。

  • 脈あり=会話を広げようとしてくれる、気を遣ってくれる(優しい、暖かい印象)
  • 脈なし=会話を広げようとしてくれない、気を遣ってくれない(そっけない、冷たい印象)

自分のLINEに対して、オウム返しのように自分が送った言葉を繰り返すようなメッセージを送ってくることが多い、かつ適当なスタンプで済ます場合が多いなら脈なしの可能性が高い。

それとは逆に、自分が送ったLINEに質問で返してくれたり、相手から会話を展開させてくれるなら脈ありの可能性が高い。

上の状況を好きな人とするLINEの傾向で判断するのが、LINEの脈ありと脈なしを見抜くコツだ。

特にオウム返しのLINEが頻繁にあるとLINEを盛り上げるつもりがないサインとなり、片思いが厳しい状況だ。

言葉を繰り返すような返信はLINEでよく使われる返信スタイルだが、これは最も頭を使わずに即座に返信できる手法でもある。要は “手抜きLINE” のあるあるだ。

「今日はすごく暖かったね」
「うん。暖かったね」

テキトーに返信していると決まっているわけではないのだけど、このような会話ばかりになってしまっているなら脈なしを疑うべきサインになっている。

もし脈ありLINEが来ているなら、

「今日はすごく暖かったね」
「うん、気持ちがいい日だったね!今日はどこか出かけたの?」

こんな返信がくる。

例はあくまで例ではあるが、送った言葉から質問が返ってくるのは興味を持っている可能性を示し、自分のことを話してくるなら会話を広げたい意思を感じる。あなたも、上の例よりも下の例の方が「話を聞いてくれる態度」だと映り、脈ありのLINEだと感じるだろう。

LINEで好きな人の気持ちを見極めたい時は「質問の有無(今日は何してたの?など)」と「自分の話の有無(今日は○○に行ってきたよ!など)」をチェックしてみよう。

男性が「気になる女性に無意識にやってしまう行動や態度」を徹底解説!男は気になる人にどんな態度を取る?
女性が気づかないことでも、同じ男性から見ると「あーこいつ、あの女の子のことが気になっているんだな」と思うような行動や態度がある。 男性にはついつい無意識に気になる人や好きな人にやっていることがあって、同性から見ると時々、意識し

LINEが何通も返ってくるのも脈ありLINE、脈なしLINEになっていると思いやりが感じられない

好きな人からの返信については、2通に別れてLINEの返信が来る場合も良い傾向である。吹き出しが2個3個で返信がくる状況は脈ありの時に多い。

それだけあなたとのLINEの会話に積極的だと判断できるし、好きな人もLINEを盛り上げようと努力してくれてる。一言でいえば、LINEでのコミュニケーションに思いやりを感じる返信をくれてるのが脈ありサインだ。

何度かのLINEのやりとりで判断するべきで、たった1回のLINEで判断するべきではないが、傾向が見て取れる場合は脈ありと脈なしのLINEの違いが出るところになっている。

そっけないLINEになっているとしたら、あなたとのLINEに積極的ではないからだろう。

特に付き合ってない男女のLINEのように少し距離感があるLINEでは、脈ありの時ほど「単語だけ」「一言だけ」になりにくいのでチェックしてみると良い。

絵文字・顔文字・スタンプは「ある」からと言って脈ありではない!手抜きLINEはやっぱり脈なし

また、絵文字・顔文字・スタンプの使用に関しては、「それだけの返信」が多いならむしろ脈なしサインになりやすく、メッセージに付け加える形なら頻度が多いほど気遣い・思いやりを感じさせ脈ありサインとなりやすい。

  • 脈なし=メッセージなしで絵文字だけ、スタンプだけ
  • 脈あり=メッセージに絵文字やスタンプを付け加えてくれる

絵文字・顔文字・スタンプに関しては、あるかないかだけでは判断しないようにするべきだ。

メッセージを加える方が相手とのLINEが続く可能性が高まるので、もし相手があなたに好印象を持ってるなら頻繁にスタンプだけを送らない。(※何回かに1回は普通)

全体的に好きな人からの思いやりが感じられるLINEになっている場合は脈ありを信じて良いサインだから、”LINEの一工夫” の有無をチェックしてみよう。

数週間続くなら何とも思っていない相手のLINEはどんどんそっけなく感じるようになるなので、脈なしなら時間の経過と共にLINEする関係が自然消滅することが多い。

好きな人の返信がオウム返しばかりになっている時は、一度連絡しない駆け引きをしましょう。LINEの脈ありと脈なしの違いは「会話への積極性」で見抜くことができるので、そっけないLINEが多い時は1週間から2週間くらいの期間をイメージして押し引きするべきです。

LINEの既読の付くタイミングで好きな人の気持ちを知る:送った瞬間既読になるのは特に男性相手の場合に脈あり

LINEは自分が送ったメッセージを相手が読んだタイミングで既読が付くのが、恋愛中の人にとって良いところでも悪いところでもある大きな特徴だ。

既読がつくタイミングにも脈ありと脈なしのLINEの違いがあり、好きな人の気持ちを知ることができる指標になる。

LINEを送った瞬間既読がつくのは脈ありサイン!LINEを開いてる時間が短いはずの男性相手では「両想いサイン」になることも?

まず、自分が好きな人にLINEを送った瞬間に既読が付いたというケースは、あなたのトーク履歴を事前に開いていた可能性があり、連絡を取っていない時間に好きな人がLINEを読み返していた可能性がある。

特に男性に関しては、友達とLINEしてる流れで読み返していたとしても、LINEを開いてる時間自体が女性より少ないので、強めの脈ありサインだ。

場合によっては、付き合う前のLINEにおける両想いサインになることもある。

ただし、男女で特別に意味が違うかというとそうではなく、「LINEを送った瞬間既読になる」という現象は1度でもあれば脈ありサインの可能性がある。

特に何度かLINEを送った瞬間に既読がつくなら非常に強い脈ありサインになるので、付き合う直前のLINEの状態に近づいているだろう。

もしかしたらあなたにLINEを送ろうとしていたケースも考えられるし、いずれにせよ付き合う前のLINEでは最高レベルの良いサインだ。

カップルだったらあるあるになっているのだけど、片思いの付き合う前の時期に、LINEを送った瞬間に既読がついた場合は、両想いに近づいたサインだと捉えて積極的になる理由に変えると良い。

恋愛上手な人はこれをLINEの「片思いから両想いになったサイン」と考える人もいる。読み返していたとしても、同じタイミングでLINEしようとしていたとしても、付き合う前の男女ではなかなか起きないことだ。

付き合う前のLINEでは「既読がつくタイミングが早いのは脈あり、遅いのは脈なし」と単純に考えることも重要

また、社会人でも学生でも、好きな人と同じような時間帯にLINEを送る関係になっているなら、脈ありパターンでは既読の付くタイミングが早まる傾向があるのもポイントだ。

たとえば、付き合ってないのに両想いのカップルは「毎日9時にLINEし合う」なんて関係になったりするのだが、この状況では既読がつくまでの時間がわずか数分で済むことがよくある。

二人ともLINEするのを楽しみにしてるからすぐに既読がつくのだ。

ここまで極端な関係になれてない場合でも、よくLINEする人を意識している・気になってると「そろそろLINEが来る時間かな?」と相手からのLINEを期待していることもよくあるから、あなたの恋愛が脈ありになって、相手が何となくLINEを待っている状態になると、既読がつくタイミングが早くなる傾向がある。

  • いつも似たような時間帯にLINEすると、脈ありな時ほど相手がLINEが来るのを待つような心理になって、既読がつくのが早くなる

相手は日によって忙しさが変わるため、これも傾向で捉えると「好きな人の気持ち」が見えてくる。

逆に、同じ時間に何度もLINEを送っているのにいつも既読の付くタイミングが遅い場合は、脈なしサインとなる。

  • いつも似たような時間帯にLINEしても既読が付くまでの時間がいつも長いのは脈なし、わざと既読を付けないで会話しないようにしている

付き合う前のLINEでは「既読がつくタイミングが早いのは脈あり、遅いのは脈なし」と単純に考えることも重要だ。

LINEは、送ってきた直後に返信するほど「会話状態」になりやすい。相手がLINEを送れる状態にあるのがほぼ確定するからだ。何気ないLINEほどその傾向が高まる。

もし、ちょっと面倒くさいと思っている相手から頻繁に連絡がくれば、相手は会話を続けたくないから既読を付けるタイミングを遅らせるのが一般的な対処法になっている。「いつも既読がつくのが遅い」なら脈なしの片思いになっていると判断しよう。

脈なしの人は、既読を付けるタイミングをずらすことでLINEが会話状態になることを防げると思ってるから、すぐに返信しない。

相手の状況が分からないので、すぐに既読が付かない場面を脈なしとはせずに頻度で確認し、もし次の日の返信など連絡が遅くなった場合は事情を説明してくれたり、返信が遅くなったことを挽回するような会話をしてくれば脈なしではないので注意しよう。

男性が相手のLINEだったら、めんどくさがりが多いことから「律儀に返信する態度」でも脈ありが確定する場合もある。相手の性格を考慮するのはLINEの脈ありと脈なしの違いを考える上で大切なポイントである。

駆け引きされてる?「わざと返信を遅らせる人」の脈ありと脈なしを見抜くコツ

恋愛で駆け引きする人は、あえてLINEの既読を付けるのを遅らせるタイプの人もいるが、その場合はどの程度の時間既読をつけないで放置しているかを見よう。

(駆け引きされてる場合や、がっついてると思われないように対策される意味で)意識しているからこそLINEの返信を遅らせる人がいるため、30分や1時間くらい返信が返ってこないのは脈なしと言えないけど、2時間以上LINEの返信が返ってこないことが続くなら、悪い意味で返信を遅らせていると判断しよう。

一定時間経過後に既読を付ける人はわざとそうしている可能性があり、むしろ意識している可能性が高くなるパターンがあるから、ぜひ恋愛中の複雑な心理も織り込んで脈ありと脈なしを見極めよう。駆け引きされてるなら、過度に動揺すると恋愛に失敗する。

わざと既読を付けない人は恋愛テクニックのようなイメージでやっている場合や、好きバレしないように行っているので、「既読がつくタイミングに法則がある」など意識されてるサインが出れば脈ありサインになる。

駆け引きされてると見抜くのが難しいが、「相手は相手で自分とのLINEを複雑な心理で考えているかもしれない」と思うと、視野が広がって必要最低限の「恋愛の必要な余裕」が持てると思う。

LINEで好きな人の気持ちを知る際に注意するべきこと:
この見出し部分でも伝えているように、好きな人の気持ちを知りたい人は、絶対に「好きな人の性格」を考慮するようにしよう。好きな人がどんな人かで、脈ありと脈なしが微妙に違っている。
たとえば「恋愛にチャラいのか真面目なのか」などの指標はLINEで脈ありと脈なしを見抜くのにぜひ知っておきたいところ。
好きな人の性格が分かると今回紹介しているサインの確度も把握できるので、積極的な人だった場合は「そろそろ誘いが無いのは脈なしだ」とか、一般的な恋愛アドバイスがあなた用にカスタマイズできる。
奥手なタイプだったら「相手からLINEが来る」というだけで脈ありサインになることもあるので、ぜひ「好きな人のことを深く知る」ということにチャレンジしてほしい。やり方が分からない人は下の記事を参考にしよう。
>>【片思い】好きな人への探りの入れ方~探るアプローチの効果や探りを入れられた相手の心理まで解説!

「適当に心地良いLINEをするのか」、「真剣に向き合ってLINEするのか」で脈ありと脈なしの違いがわかる

好きな人と向き合ってLINEする男性の画像。真剣にLINEするのは脈ありサイン。

好きな人とLINEしている時に「なんか適当な感じがする」と感じることがないだろうか?

例えば、好きな人から褒められることが多くても、「へ~、すごいね」なんて具体性がなく主観的でもない感じで言われることが続くなら、あなたに興味がない社交辞令LINEを送っている。

ある程度やり取りができるようになった後は、表面的なLINEが脈なしサインになるのだ。

【厳選9つ】社交辞令と脈ありな態度の違い~気を遣うから「はっきり断りにくいだけか」を見分けるポイント
「社交辞令の態度」と「脈ありの態度」の違いは、特に社会人の恋愛で度々ポイントになっている部分だ。 社内恋愛や知人の紹介、仕事関係で知り合う機会(取引先の男性や女性)など、気になる異性ができた時に相手が社会的なつながりのある人だ

適当に合わせるLINEをしてくる時は脈なし、脈ありだったら遠慮しなくなって感情表現が具体的になる

友達関係だった場合は「とりあえず話を合わせて褒めとけば良い」というのも、人間関係を良化させるのに正解である。

しかし、恋愛の雰囲気の中で男女が仲良くなる場合は、どんどん心の距離が近づくから変な遠慮が減って感情表現が増えるし、気持ちを表現する時に具体的になっていくのが特徴だ。

「表面的な感じがする」という状態が続くことこそ、脈なしサインとなる。

好きだったらあるはずの気持ちがない場合は脈なしLINEになっているから、「感情表現の仕方と強度」は脈ありと脈なしを見抜く上で1つポイントになっている部分だ。

踏み込んでこない表面的なLINEは脈なし、脈ありだったら踏み込んだ意見を言ってくる時がある

褒め方でLINEの脈ありと脈なしの違いが分からない人は、好きな人と意見が合わない時の表現に注目すると良い。

もしあなたの片思いが脈なしだったら、どんな場面になっても好きな人はLINEでずっと表面的な事しか言わない。

興味がない人には感情が動かされないから、意見が合わない場面でも適当に話を合わせられるからだ。単純に友達だと思ってる人には価値観や考え方の違いで「衝突したくない心理」を優先できるとも言える。

一方、脈ありの片思いだったら、意見が合わない場面でも好きな人は自分の意見を率直に言ってくれて、近づいた距離感と親しくなった関係性を再認識させるような表現をしてくる。

付き合う直前のカップルの会話が盛り上がるのは、お互いに感情表現し合ってるからだ。恋愛経験が少ないと「両想いの雰囲気」に疎いと思うが、付き合うカップルがそうであるように「両想いの二人にも意見や感性が合わない」こともあるのだが、この時の相手の反応で気持ちが分かることがある。

距離が近づいて信頼関係ができたら、合わない部分を相手に伝えることができ、お互いで深く理解し合う機会を作ろうとしてくる。この状態がLINEの脈あり状態だ。

人は好きな人にこそ感情の動きが大きくなって「適当な受け答え」を嫌うから、どんな会話になっても踏み込んでこないなら脈なしサインとなる。

ここは比較的わかりやすい脈ありと脈なしのLINEの違いになっているから、社交辞令やお世辞で変に雰囲気を悪くしないように “いつまでも気を遣われている状態(または自分がいつまでも気を遣ってる状態)” は、恋愛的に良くない状態だと判断しよう。

特に職場恋愛や社内恋愛だとよくある脈なしパターンだ。変な遠慮は恋愛にとって悪である。

付き合う直前になると、LINEで喧嘩することもある

好きな人とケンカした時は最悪な気分になると思うのだけど、「ケンカできる関係」は特に男女の場合は意味が大きい。

普段は仲良くできているなら、両想いの雰囲気である可能性が高まるところだ。

実際、両片思いの “付き合う直前” になると、LINEで軽い喧嘩をすることもある。これは、心と心の距離が近いからこそ起きることだ。

好きだからケンカになる理由と、好きな人と喧嘩した時の対処法~素直になれない片思いだからこそ起きるすれ違いを考える
「相手が好きな人だから喧嘩になる」 付き合ってない男女が喧嘩するのは、日常的には珍しいことだけど、恋愛感情は特別な感情だから、「どうでもいい人」には持たない気持ちを持て余すと、人は好きな人に攻撃的な言葉や態度を取ってしまうこと

LINEで好きな人の気持ちを知りたいと思ったら、好きな人からあなたに対して「拘って向き合ってくれるか」を見てみよう。言い換えると「真剣に向き合ってくれる」のがLINEの脈ありサインだ。

好きな人が怒ってくれるのを喜ぶタイプの人がいるように、好きな人があなたを想って言う一言には、あなたへの愛情が多く含まれている。

恋愛では、喜怒哀楽の「怒と哀」の表現に脈ありと脈なしの違いがあります。どうでもいい人には感情が動かないので、「怒っている」「悲しんでる」というのが脈ありサインになることがあります。もちろん、「喜と楽」の感情表現も多い方が脈ありの可能性を高めます。

LINEの雰囲気がノリだけなら脈なし、少しでも甘い雰囲気があるなら脈あり

LINEやメールなど間接的な連絡手段は、面と向かって言えないことも気軽に言えてしまうのが最大の特徴だ。

めちゃくちゃに照れて入れるLINEも、相手は文字しか見られないからバレない。普段言えないことがラインなら言えるという人が多いのは、声より文字に伝える上での安心感があるから。

そこで重視したいのが「LINEの雰囲気」である。

本当は脈ありと脈なしのLINEの違いがよく出ているのが雰囲気なので、注目してみてほしい。

ノリが良いLINEだけなら脈なし!楽しいLINEばかりじゃ脈ありと言えない

チャット形式でやりとりが続くLINEでは、ノリが重視されて言葉遊びのようになることも多いが、こればっかりのLINEでは恋愛的に脈ナシだ。

もしかしたら無理に相手が合わせてくれているだけかもしれないし、ノリだけの関係は男女でも「友達」を強く意識させる。

好きな人や気になる人に取る態度ではないので「ノリだけのLINEが続いている」という状態は大きく脈なしサインと捉えよう。楽しいLINEだけじゃ脈ありと言えない。

逆に、LINEで自分のことを褒めてくれたり、大勢でも遊びや飲みに誘ってくれたり、「ちょっとドキッとするLINEがくる」のが脈ありサインだ。

加えて、どこか甘い雰囲気も時々あるなら、脈ありの状態である可能性をさらに高める。

デートの誘いについても、付き合ってない相手にはLINEの方がやりやすい。長くLINEのやりとりをしている関係なら、時期によって遊びに誘ってくれないと脈ナシになってしまうくらいである。お互いに気になってる二人なら「ちょっと緊張してしまうようなLINE」も来る。

進むべきタイミングになっても進まない恋愛は大きく脈なしの片思いに分類されるから、覚えておくと良い。特に男性の脈ありと脈なしを見抜く時は誘いの有無が大きな指標だ。

男性からデートに誘われる方法~付き合ってない男友達に誘ってもらいたい時にやってみること
男性からデートに誘われたいと思った時、女性はどんな行動や態度で好きな人にアピールすると良いのだろう? 今回解説する「男性からデートに誘われる方法」は、なかなか積極的にアプローチできない女性が絶対に知っておきたい恋愛知識だ。

恋愛経験が少ない人が見逃しやすいLINEの脈ありサインとは?

LINEのように、面と向かっていない状態での会話は一緒にいる時と比較して「気持ち」を表しやすい。文字やスタンプの種類から読み取れることは少ないが、「事実」だけは客観的に判別できる要素だ。

デートの誘いはその事実の中でも最も分かりやすいから脈ありを誰でも判断できるが、以下の点は恋愛経験が少ない人が見逃してしまう脈ありサインなのでチェックしてみよう。

見逃しやすいLINEの脈ありサイン

  • グループでも、一緒に遊ぶ誘いのLINE
  • 照れたりして本心を隠そうとするが、隠しきっていないLINE
  • 認めてくれていると感じるLINE(頑張っている、すごいと思うなど)
  • 遠まわしに好意を感じるLINE
  • 自分に変化に気づいてくれるLINE

以上の5点は脈ありサインになりやすいので、チェックしてみると好きな人の気持ちがわかるかもしれない。

恋仲にある男女は遠まわしな表現が増える傾向にあり、それが恋愛特有の甘い雰囲気を漂わせる。大事な気持ちほど言葉にしにくいのが人の心理ではあるが、間接的に送るLINEではそれを匂わす程度のところまでは多くの人が可能である。

遠まわし過ぎて結局伝わらないことも多いのだけど、言葉にしきれない雰囲気も恋愛では重視したいポイントである。

上記を参考に好きな人との今のLINEの状況を確認してみよう。こういったことはあまり頻繁になくて良いので、あるかないかを重視すると良い。

好意の伝え方が分からない人は、下の記事も読んでおこう。遠まわしな好意の伝え方が分かれば、相手の気持ちを知るヒントにもなるはずだ。

片思いから両想いになると、先にLINEの雰囲気の方が甘い雰囲気になっていくパターンがあります。会っている時は恥ずかしさや照れがあって、素直になれない人がいるからですね。そんな時は、LINEのサインの方を信じましょう。

用事があるLINEばかりなら脈なし、挨拶LINEは脈あり

好きな人からおはようLINEが来た女性の画像。

気になる人や意識する人とは「連絡を取り合いたい」という気持ちがあるので、話題に困らない挨拶LINEは、恋愛した時に誰もが利用している

仲良くなってきた段階からは、挨拶LINEがくる状態を脈ありサインとでき、用事を済ますLINEばかりになっている時は脈なしサインだ。

ただし、これは相手との距離感で変わってくる部分だから、最初はむしろ「用事があるLINE」が脈ありサインになっている点に注意が必要だ。

連絡を取るのに理由を考えている人は「意識している」と判断できるから、最初は「口実を作って相手からLINEをくれる状態を」大きく脈ありだと判断しよう。(参考:好きな人と友達の違い~男性が女性に取る態度で友情と愛情の違いを理解しよう

しかし、ずっと用事ができた時だけLINEしているのは、本来の「連絡」の意味でLINEしているだけで、相手はあなたと「個人的に連絡を取りたい」と思っていない。

もっと何気ないLINEが来る状態の方が脈ありで、前述している通り、仲良くなるうちに内容の無いくだらないLINEが増えていく状態がいい雰囲気の男女である。

挨拶LINEは、好きな人がLINEしたいと思ってくれてるか確かめる方法になる

ある程度いい雰囲気ができてきたタイミングで、好きな人が自分とLINEしたいと思ってくれてるか確かめるには、あなたの方から挨拶LINEを送ってみて、LINEであいさつする関係を作ってみると非常に分かりやすい。

1週間から2週間後に勝手に好きな人から挨拶LINEが来る状態になれば、「意味がない連絡を入れてくれる=連絡を取りたいと思ってくれてる」ことがわかるので、LINEで脈ありと脈なしを確かめる方法になるのだ。

好きな人からおはようLINEやおやすみLINEがくる状態は、二人の距離の近さを表しているから、最初は自分から挨拶LINEを送って、好きな人から挨拶LINEが来るか確認してみよう。

仲良くなると同時に挨拶LINEを送り合う関係になれれば、片思いとしては非常に理想的だ。場合によっては、このころから付き合う直前の雰囲気が出てくることも多くなっている。

告白の前兆~告白される前触れや予兆として考えられる態度やサインとは
片思いの時、好きな人と仲良くなると「告白の前兆」が気になることがある。 既にいい雰囲気になっていたり、告白されそうだと思うような脈ありの恋愛では、「告白前のサイン」に気づくことが重要で、告白されるタイミングを逃さないためにも告

ある程度仲良くなった後、好きな人のLINEが脈ありか脈なしか判断したい時期は、「意味のないLINE」の方を脈ありサインと見てください。連絡したい心理が見えるのは強めの脈ありサインですし、気軽にLINEできる関係だと思われているので、片思いとしては順調なサインです。

ふざけてLINEした時も返信が来る状態は脈あり、ノリに付き合ってくれないのは脈なし

前半部分で「ノリだけのLINEは脈なし」だと言ったが、そればかりになるのが脈なしであって、自分が好きな人に送った「おふざけLINEに付き合ってくれるかどうか」は重要な指標の一つだ。

少しカップルっぽい雰囲気でLINEできる状態は強い脈ありサインになるので、「返信に困るようなふざけたLINEでも毎回返信してくれるかどうか」というサインはぜひチェックしてみてほしい。

あなたのテンションが上がって悪乗りした時の反応は脈ありと脈なしの違いが出る。

片思いから両想いになるLINEでは、二人のノリや空気が出来上がる

順調に恋愛が進むと、片思いから両想いに変わる時期では、LINEにその二人ならではのノリや空気みたいのが出来上がっていく。

これがそのまま縮まった距離を示すわけだけど、脈なしの恋愛ほどそんなノリができることもなくて、返信に困るようなLINEを送ると既読スルーされることもしばしば…。少なくても、頻繁にLINEする関係が長続きしない。

特にこのサインは男性の場合に強い脈ありサインとなる。普段、そこまで頻繁にLINEしない男性が女性のノリに毎回付き合ってくれるなら、「好意があるから」という理由を疑える。

また、言葉遊びになりやすいLINEにおいて、ずっと距離感が空いているのもそれだけで脈なしサインになるので、自分から仕掛ける「ノリの良いLINE」に付き合ってくれるかどうかは、脈ありと脈なしの違いになっている。

好きな人と連絡が取り合えるような人は、色々な雰囲気で連絡が取り合えるかを見てみよう。恋愛サインに気付きやすくなる。

いつでも、どんなLINEを送っても楽しい会話ができる状態は脈ありです。友達になってしまうリスクが高まっている時期でもあるので、飲みやご飯に誘って恋愛を進めましょうね。下の記事は男性用にまとめていますが、女性も十分に使える方法です。
>>女性をサシ飲みに誘う方法24選~二人だけで飲みに行くにはどんなきっかけや理由があるのか、経験から誘い方を紹介!

LINEから電話になるのは脈あり、脈なしだったら電話したいと言っても断られる

もしあなたの片思いが脈ありだったら、日常的にLINEしてる中で「LINEから電話になる」という機会が出てくるはずだ。

特にLINEが長くなったタイミングで、お互いに家にいて暇してることが分かったら、両想い度が高い時ほどLINEで「電話してもいいか聞かれる」ことがある。

好きな人や気になる人とLINEしてると、直接話したい、声が聞きたいと思うからだ。

毎日LINEするようになったら「電話の有無」で脈ありと脈なしの違いが判断できることがある。

複数回好きな人から電話していい?と聞かれたら脈あり

付き合う前の男女は、そこまで高い頻度ではないものの、「電話する関係」になりやすい

ここも、カップルの場合と同じように考えると「なぜ好き同士になると電話することがあるのか」を理解できるだろう。

もしあなたがこれまで(もしくはこれから)、複数回好きな人から「電話してもいい?」と聞かれたことがあったら、強い脈ありサインになる。

男女の場合は要件がないと電話しないし、相手から電話したいという気持ちを伝えてくるのは心の距離感も良い。

特にLINEのラリー中に電話してもいいか聞かれたら「LINEしてるうちに声が聞きたくなった」「LINEの距離感が煩わしくなって直接話したいと思った」という点を疑うことでき、短い期間で連続した時はまさにいい感じの恋愛になっている。

最近は通話の機会が減ってるけど、付き合いそうなカップルは今でも時々電話する関係を作っているパターンが多いので、大事な指標の1つだ。

電話を断られる、どんな状況になっても電話したいと言ってこないのは脈なし…

一方、あなたが「電話してもいい?」と聞いた際に断られたり、「LINEでいいよ」と言われたら、脈なしの可能性が高い状況だ。

コミュ力に自信がないのを理由に電話で話すのを断る人もいるけど、LINEが続いてるなら話題に困ることはないので、いつまでも電話できない関係に留まったら脈なしサインの可能性が出てくる。

ここは解説が非常に難しいのだが、一度も電話したことがないのが脈なしというわけじゃなく、LINEより電話した方が良い話題が出てきた際など「どんな状況でも電話したいと言ってこない」のが恋愛的にまずい。

「LINEだと長くなる話題」などでは、電話したいと言ってこないことが脈なしサインになることがあるので、ニュアンスを掴んでもらえたらと思う。

LINEをはじめて1ヶ月以上経ったら、「距離感を詰めてくるかどうか」という点を電話の有無も含めて判断しよう。

好きな人に電話してもいいか聞くと、積極的に脈ありか脈なしか確かめる方法になるので、どっちか微妙な時は活用も考えてみよう。もし長電話できたら自信をもってほしい。

まとめ

今回は、LINEにおける脈ありと脈なしの違いを解説した。好きな人とのLINEを振り返って、今の二人の状態を判別してみよう。

LINEは恋愛成就のためにもはや必須のツールだ。うまくやりとりできないと叶う恋も叶わなくなる。好きな人と一緒にいる時間には限りがあるし、周りの目が恋愛を邪魔するところがあるので、「好きな人と離れている時間のコミュニケーション」が大事になってくる。

恋愛はテクニックに走る必要性はないけれど、LINEで相手の気持ちを推し量れるとスムーズに距離が縮まる。脈なりと脈なしの違いを正確に判断できると恋の進め方が変わってくるはずだ。

関連記事も参考に、好きな人とのLINEを良いコミュニケーションの場にしよう。

脈なしLINEについては下の記事でまとめているので、こちらも読んでおくとさらに理解が深まるはずだ。

幸せになりたいなら、恋愛は頑張るべき時期を自覚して自分の精一杯で努力する必要がある。なかなか上手くいかない恋愛を繰り返している人は下の記事も参考にしてほしい。

自分が結婚できる確率って実際どのくらい?5年以内に結婚できる確率から見える現実
20代後半から30代になると、結婚願望がある人は「自分はこのままで本当に結婚できるのだろうか」と不安に思うことがあるのではないだろうか? 20代半ばから始まる「結婚のピーク」で周りの人が次々と結婚していくのを見ると、結婚に焦り

関連記事:

脈あり・脈なしLINE・メール大学生の恋愛
Brightfutureをフォローする
自分が結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を知って具体的な努力をして結婚できた女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知っていましたか?
いつか結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要になってます。
下の記事では、総務省の国勢調査から、年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました