友達止まりで終わる女性の特徴~何で好きな人と仲良くなっても女友達で止まるの?

好きな人と友達止まりになる女性が悩んでいるイメージ

「好きな人と仲良くなることはできるのに、何で彼女にはなれないんだろ…」
「私はいつも友達止まり。完全に友達扱いされるタイプなの…」

好きな人と仲良くなれるタイプの女性の中には、こんな悩みを持っている人がいる。
せっかく距離を縮めたはずなのに、恋愛の雰囲気は遠ざかるばかり。完全に友達になってしまって、恋愛の進め方は手詰まり状態、ついには自分も好きな人へ男友達ぽく振舞ってしまう。

あなたにもこんな経験や悩みはないだろうか?

友達としてでもせっかく距離を縮めることができたのに、そこから恋愛が発展しないで友達で終わってしまう女性は「恋愛しても友達止まり」ってパターンに陥りやすい。

「どうしたら友達で終わらずに彼女になれるのか」
繰り返されてる失敗がもしあったならぜひ知りたいと思うはず。

そこで今回は、「友達止まりで終わる女性の特徴」を考えてみるので、参考にしてみよう。
友達で終わるのを防ぐために気を付けることってなんだろう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

ノリが良すぎて品がない女性

男性はやっぱり、彼女にしたい女性へ女性らしさを求める。

異性として自分の大切な人にするわけだからある意味当然と言え、女の子女の子した女性がタイプというわけでなくても「女性らしい品」は求めているものだ。そうじゃなきゃ、女友達との付き合いで十分。彼女として付き合うまでもない。

そんな予備知識を参考に女友達で終わる女性をイメージすると、男性が一番最初に浮かぶのは「ノリが良過ぎる女性」だ。

友達としてなら一緒にいて楽しいから、人と人としての距離は縮まることも多いこのタイプは、仲良くなるための時間が短くて好きな人と友達になるのは得意である。

しかし、そこから恋愛感情が芽生えることがあるかと言えばそうではなく、友達止まりで恋愛への発展はない。

その理由として大きいのは「女性らしさ」を感じないことによる部分が大きく、「品」を感じない女性に、異性としての魅力を感じず、男性はこのタイプを好きにはならないからだ。

「彼女にしたい」とどこかで思わないと、恋愛関係には発展しないので気を付けよう。ノリが良すぎて品がない女性はむしろ友達にしたい女性だ。

スポンサーリンク

言葉遣いが悪くて開けっ広げな性格の女性

言葉遣いが悪いことは品の無さにもつながるが、普段のしゃべり方が崩れ過ぎると恋愛に必要な緊張感が無くなり、気を使われない感じがより友達感を強めてしまう。単純に、彼女候補としては、男性から「性格が悪い女性」と捉えられることが増えるのも特徴だ。

もう一つの視点として、ある男性に対し良く思われたいと思った女性が、普通は敢えて汚い言葉を使うことがないという経験則も、恋愛がうまくいかない理由になっている。男性は言葉遣いの悪い女性と接した時に、「男として意識されてない」と判断することが多くなるわけだ。

恋愛関係に発展させるには「どう意識させるか」が重要だけど、気を使われずにがさつな感じで接してくる女性には意識を向けなくなる。今説明したように、「男性から女性への評価(=性格が悪いと思われる)」と「女性から男性への評価(=男として意識されてないと感じる)」の両面が絡むため、実は根の深い問題となっている。

その女性が「女性として見てほしいと思っていない」と判断した場合、容姿や雰囲気を理由に「ちょっといいな」と思っていたとしても、相手はすぐにその気持ちを修正する。好きになりそうでも、気持ちを消そうとするのだ。

デリケートな話題でも言葉を選ばずにしゃべりたいようにしゃべる女性は、話していて自分(男性)の評価を気にしていない感じを受けるため、どうしても異性とみることができず、友達止まりになってしまうことが増える。

自分をよく見てほしくて、恥じらいを見せる姿の方に色気を感じるのが男性だ。友達止まりで終わらない女性は、好きな人の前で恥じらいの気持ちを持って度々それを表現する。それが男性から見えると女性の色気と映る。ここは、意識的である場合だけでなく、無意識的であることも多い部分だ。

女性の色気がよく分からない女性へ
女性が思う色気と男性が思う色気には意外と違いがあるように普段から感じている。もし恋愛経験が少なかったり男性への理解が不十分なら下の記事で「女性の色気」について知識を深めてみよう。もしかしたら勘違いがあるかもしれない。
>>【男性意見】色気のある女性を解説!いやらしい女に男は色気を感じない、本当の女の色気とは?

プライドが高く、一人で生きていける感を感じる女性

可愛い系の女性と比べ、美人系の女性が案外モテないのは有名な話だ。

それは、男性が女性を守りたいと思っている恋愛心理を刺激するのが可愛い系女子であって、美人系女子は強さを感じて一人で生きていける感じがするためでもある。可愛さよりもカッコよさを感じるような美人系女子は、隙の無さを感じさせるのも特徴だろう。

男性が「可愛い女の子」をイメージすると、どこか「弱さ」を抱えている女子を想像する。
精神的に強いのが実は女性であったとしても、男性は女性に頼られたいし、守ってあげたい心理を持つ。

そんな男性心理を多くの男が持っている中、プライドが高い女性は男性の前で弱さを見せることがないから、「俺がいないとダメだ」って思われることがほとんどない。

恋愛感情を抱くきっかけとして「守りたい」という動機が男性に存在する以上、一人でも心配ない女性は友達止まりで終わってしまうパターンを増やす。恋愛の雰囲気にもなりにくいので、どうしても友達から恋愛に発展しないのだ。

好きな人には自分の弱さを見せる方が恋愛に発展しやすく、強がりが過ぎる女性はなかなか好きな人に察してもらうことができない。素直な女性がモテるのはここら辺も色濃く絡んでいる。

口説かれると冗談で流してしまう女性

男性と多少いい雰囲気になっても、お世辞や社交辞令がある以上すべてを真に受けるのは間違いとなる。

社交辞令で言うお世辞の見分け方~本気で褒めている時との違いとは?
恋愛が絡む男女の会話によく登場するセリフが「それって、お世辞でしょ~?」というツッコミと照れ隠しの言葉。自分を褒めてくれたと言っても...

しかし、相手の男性としてはそれが「探り」かもしれないし、照れ隠しがそう見せただけで本気で言っている場合もあるから、いつも「口説かれた時に冗談で流してしまう女性」は友達止まりで終わる女性だ。

当然、ここには「口説かれそうになった」とか、微妙なニュアンスのものも含まれるため、男性のアプローチに「男ウケするリアクションができない」と特徴を大きく見ても良い部分。

どんな雰囲気でも「楽しい感じ」に変えてしまうのは、友達だったらいいけど彼女や好きな人との雰囲気ではない。口説き文句に冗談で返すべきは「口説かれたくない相手」となるため、男性もそんな態度の女性につい腰が引けることも恋愛へ発展しない原因となるだろう。

せっかく口説こうと思っても、冗談にされてしまうと流れを考えて男性側も冗談にしてしまう。そうなればお互いが友達っぽく振舞うことになり、友達から恋愛へは発展しにくくなってしまって当然だ。もしそれが男性の振り絞った勇気から出た一言であったとしたら、二度とトライしてしみようとは思わないだろう。

付き合うまでいく相手とは「ゲラゲラとした笑い」よりも「クスクスした笑い」の方が多くなる。もう少しイメージすると、乾いた感じが友達で、湿った感じが恋愛。ここら辺が良く分からないという女性は、少し恋愛の雰囲気について学ぶべきかもしれない。

男性が雰囲気を作ろうとした時には、冗談をほどほどにしないと「脈なし」と思われ、友達止まりになる原因となる。あなたのキャラ次第では甘い雰囲気が苦手かもしれないが、恋愛に発展する関係は何度も恥ずかしがる雰囲気を超えていくところがあるので、照れ隠しの方法は大事になるだろう。

どんな男性でも男友達として扱ってしまう女性

恋愛関係を進めるのに、ある程度気持ちを匂わせるのが重要なことになる。

男性としては男友達だと思われている女性を口説き落とすことは難しいと感じるし、相手にその気がない中でアプローチを継続するのは難しいから、想いを感じないまでも片思い中や意識する女性へは「脈あり」であることを気にする人が多い。

そんな中、どんな男性でも「仲良くなると男友達のように扱ってしまう女性」は、知らず知らずの内に脈なしサインを送ってしまい、「あっちが友達のつもりならこっちも友達でいいか」と、男性の恋愛感情を冷ます。

気がない男性のアプローチに対して「友達アピール」が有効なように、自然に好きな人へも「友達アピールをしてしまう女性」は、友達止まりで終わる女性になってしまう。

恋愛的に関係を発展させていくには照れに勝たないといけない瞬間があったり、多少あからさまでも好意を伝えないといけない瞬間があるものだが、いずれのタイミングも「男友達」として特別扱いしないようだと関係の発展は起こり辛くなる。

自分から気になる男性を友達扱いするなら、相手から友達扱いされるのが当たり前だ。友達を好きになった場合は好きバレするのが怖いけれど、自分から恋愛の雰囲気が作れるようになろう。

付き合う前から頻繁に感情的になってしまう女性

好きな人と仲良くなれる女性は自分の素を見せることができるタイプに多いが、悪い部分を隠そうとする態度は片思いの時に忘れてはいけない。好きな人の前で作るタイプになろうとは言わないものの、彼女になれる女性のタイプはどちらかと言えば良い意味で「自分の見せ方が上手いタイプ」になっている。

色々な理由で自分の見せ方が恋愛では大事になるのだが、女性特有の問題としてよく男性同士の話題になるのが「感情的な女性」である。いわゆる取り扱いが難しい女性で、友達としては合わせることができるしそこまで気にしないが、もう一歩関係を深めて恋愛対象として見るかと言えばその可能性が著しく低い。

恋愛をしていると複雑な感情を抱えるので、どうしてもイライラしたり期待通りにいかない恋愛へネガティブな感情も沸くのだけど、そこでうまく距離感を持って感情をコントロールできなければ、好きな人からは「友達」として距離を置かれたままだろう。

片思いの時に好きな人とケンカをしてしまっても良い時があるのは事実であるが、そのケンカの仕方や感情的になる理由や頻度は、恋愛関係に発展する前後の男女に大事な問題

友達からいい雰囲気になって付き合うことができる女性は、この「複雑な恋愛感情」を恋が叶う程度までコントロールしている。嫉妬や独占欲と言った気持ちの部分や、好きな人の言葉や態度からすぐに感情的になってしまう女性は友達止まりで終わる女性の特徴を持ってしまっているため、意識的に改善できるように対処しよう。

いい人になっている

恋愛では、「いい人」が「どうでもいい人」となりやすい。性格が良いことは素晴らしい特徴だが、本音や本心が分からないと感じさせたり、長く友達でいたいと思われたりして、結局のところ恋愛に発展しない。

よく友達止まりで終わる恋愛をしている人は、好きな人の前で良い人を演じ過ぎているのかもしれない。心と心の距離を縮める内に恋愛へ発展する「友達同士の恋愛」は、仲良くなる過程で毒を吐くことも、すごく現実的な話をすることもあって、そんな話から友達より先の関係になっている。

ここは一つ上の見出し部分で説明したことと矛盾するように感じるかもしれないが、色々なことが原因で友達止まりで終わる恋愛を繰り返す女性がいるから、自分のタイプに合わせて恋愛のヒントを得てほしい。いい人タイプは、もう少し自分の本心を見せる必要がある。

たとえば、好きな人には優しさアピールのみになってしまう女子はちょっと強引に好きな人を誘うのが有効だったり、好きな人に話を合わせるだけのコミュニケーションになってしまう女子は時に自分の意見をはっきり言うのが会話のアクセントになって有効だったりするイメージだ。

いい人はどうしても友達止まりで終わる恋愛が多くなるので、それも自分の恋愛の弱点だと認識して対処するべきタイプがいる。仲が良くなったからこそ言えることや話せることがあるので、自分から表面的な関係作りをしないようにしよう。

受け身の恋愛をする女子はここが問題となりやすいので、もう一度自分の恋愛の仕方を振り返って対処の方法を具体的な行動に落とし込んでほしい。

好意を表現することもその対処法の一つだろう。好きだから優しくしてるんだよ」って気持ちを伝えることで「ただのいい人」を卒業できるかもしれない。

嫉妬の表現方法に問題?付き合う前から束縛する女性

男性は恋愛しても自由を求める心理が強い(※浮気したいという意味ではない、時間的、精神的余裕の意)ので、まだ付き合う前なのに実質的な「束縛」をする女性は彼女にしたくない。

いい感じになったのに友達止まりで終わる時は、この嫉妬・束縛がポイントになることが少なくない。嫉妬している気持ちを強く態度に出してしまったり、束縛するかのように責める感じになったりして、めんどくさい女だと思われて友達止まりになってしまうのだ。

「ある程度はうまく行くのに、もう少しで付き合えるかもってところで壊れちゃう」

もしあなたがこんな経験をしているなら、「なんで私と仲良くしているのに、あの子とも仲良くするの?」って感情や、「私のことはただの思わせぶりな態度?」なんて感情で、結局好きな人に対して悪い態度を取ることがないだろうか。

恋愛していると一番つらいのが「嫉妬の感情」だけど、特に付き合う前は無理にでも感情をコントロールしないと、付き合う寸前の恋愛すら壊れてしまう。片思いから両想いになるにつれて大きな問題になっているので、上手く行っていると感じる恋愛の時こそ気を付けよう。

「付き合ったらめんどくさい…」なんて思われれば、友達止まりで終わって付き合えないのがト当然となってしまう。

疑われるだけでダメ?男好きな女性

男好きな女性が本命彼女になれない話は有名だけど、友達同士の恋愛では「男好きかも?」と疑われるだけで友達止まりの恋愛になる可能性があがる。友達止まりで終わる女性は、好きな人から男好きだと思われるのが特徴の一つだ。

恋愛に積極的なタイプの女性がここに該当するけど、たとえば下の5つに心当たりがないだろうか?

  • どんな男子とも割と早く仲良くなれる
  • 男友達が多い
  • 男子がいる飲み会に頻繁に参加している
  • 周囲の男性に優しくすることで好きな人のイメージアップを企むことがある
  • 男子からモテたいという心理が強い

片思いの恋愛は好きな人からのイメージがすごく重要だが、「彼女にしたくない」と友達止まりを意識する女性の典型例は「男好きな女性」だ。付き合ったら苦労するし、なにも自分の本命彼女にする必要がないと男性は考える。

「軽いのかな?」と疑われるところまでいけば実際遊ばれる機会が増えるのだけど、自分がそこまで積極的じゃないと思うタイプの女子でも陥りやすいミスが「八方美人」的な男子とのコミュニケーションの取り方

ここら辺はニュアンスを伝えるのがすごく難しいが、男好きを意識されるような積極性は片思い成就の邪魔になるので気を付けてほしい。やはり好きになる過程では「付き合った後」のことも意識されるし、特別な人になるまでの過程では「審査」に似た思考を経る場合があるので、男好きを疑われるだけで友達止まりの恋愛になりやすい。

友達を好きになった時は、適度にその相手を特別扱いすること。他の男友達とも仲良くなって良いのだが、グループ内やコミュニティー内で恋愛したいなら周囲と好きな人との間に態度の違いを作らないと恋愛成就が難しい。

そのために一番簡単なのが「二人の時間を確保すること」なので、食事や飲みに行く機会を作って好きな人との距離を縮めていこう。なかなか好きな人を誘えないという女子は、下の記事で現在の脈を確認してみよう。脈ありならぜひ積極的にアプローチしてほしい。

まとめ

今回は、「友達で終わる女性の特徴」を解説した。当てはまるところが多いほど、好きな人に異性・彼女候補として意識されず、仲良くなっても友達で終わってしまうことが増えてしまうだろう。

もし改善を考える女性は、「ギャップ」を意識してみよう。

性格の根本を直さないといけないと思えば難しさに圧倒されてしまうけれど、ある瞬間だけ頑張ることはできるはず。

自分のどんなところに問題があるかを考えて頑張る瞬間を作れれば改善も可能なので、根本から変わらないといけないとは考えずに、できることにチャレンジしてみよう。

関連記事: