女性に「モテそう」と言う男性心理と真意~「モテそうだね」って言われたらどんな意味があるの?

女性に対してモテそうだと言う男性のイメージ

一定レベル以上の可愛い女性、キレイな女性は、男性から「○○さん、モテそう」という言葉をよく聞く機会があると思う。

中には「もう聞き飽きた」という女性もいると思うけど、たまに男性からそう言われることがあったり、好きな人や気になる人に「モテそうだね」って言われたりして、モテそうと言う男性心理が気になったことがある女性はきっと多いはず。

社交辞令とも、ほめ言葉とも取れるこの言葉は、果たしてどんな意味があるのだろう?
モテそうという男性の真意とは?

この記事では、「女性にモテそうと言う男性心理と真意」をまとめるので、モテそうだねって言う男性はどんな意味で言っているのか知りたい女性は参考にしてみよう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

褒め言葉として使いやすい

「かわいいね」って言葉がストレート過ぎると感じる男性でも、「モテそう」って褒め言葉は使いやすい。

「モテそう」という言葉はかなり抽象的な表現だからモテそうだと思った理由までは話さないし、相手が嫌になることもでもないと思うから、深い意味はなく男性が直感的に「かわいい・キレイ」と思った女性にポロっと言える言葉だ。

言われた女性が内心でどう思っているかは分からないとしても、笑顔になる言葉だから褒め言葉としての機能性は非常に高いという側面を持つ。

「モテそう」という言葉が日常的に使われる頻度が高いのは、褒め言葉として使いやすいセリフだから。社交辞令かどうかは個別判断が必要だが、笑顔の会話をするのに女性を褒める意味で使いやすい言葉になっている。

男性からモテそうと言われた場合に、それがお世辞や社交辞令だったかを知りたい女性は、下の記事を読んでより正確に男性心理や真意を確認してみよう。

スポンサーリンク

「モテそう」という言葉は、恋愛感情よりも客観的な評価の意味が強い

「モテそう」って言葉自体は、主観的と言うより客観的な言葉だ。

「他の男性が相手の女性に興味を持ちそう」だと思った時に使われる言葉でもあり、気になる女性・好きな女性には敢えて使わない男性も、実は少なくない。

気のない女性にほどポロっと褒め言葉を言えるタイプもいるし、恋愛感情があって口説くなら「モテそう」という言葉を選ばずに、もっと主観的な言葉を使うタイプが男性には多い。特に出会ってから期間が経っていたり、その会話自体が「モテそう」と言う話題から発展しないで単発だった時には、あまり恋愛的な意味はないと思われる。逆に脈なしサインになるパターンがあるから注意が必要だ。

「モテそう」という言葉は、男性の真意として「他の男性からモテそう」という意味を持ちやすいのである。

男性心理を前提にすると、「モテそう」という言葉が単純に脈ありサインとはし難いイメージ。特に恋愛への積極性を感じる男性は「可愛いね」とか「綺麗だね」と、自分の主観を強く匂わせる言葉を選びがち。もっとストレートな言葉で口説く。

もし、脈ありサインになるとしたら次の心理が重要となる。

恋バナから恋愛事情を知るきっかけにしたい男性心理

「モテそう」って言葉は、恋バナ系の話にもっていくのに便利な言葉である。サラッとしていて嫌味がないからだ。気になる女性には、いきなり聞くよりもちょっとした笑いから繋げたいと思うのが男性心理。

「彼氏いるの?」とか、男性が相手女性の恋愛事情を知りたい時に、恋バナの導入として使われる場合があり、この時においては「脈あり」の状態もあり得るのが特徴である。相手男性が自分に興味を示すのか、そのままサラっと社交辞令として流すのかで、その女性に対する心理や真意が垣間見える時がある。

モテそうだという言葉の後にどんな展開になるかでわかることがあるし、誰にでも気軽に使うなら何の意味もないということになる。女性は、好きな人や気になる人から「モテそうだね」って言われた時、必ず「次の展開」に注目しよう。

恋愛感情がなくても世間話程度で恋愛事情を話題に出す場合もあるので注意が必要だけど、聞く姿勢とか聞き方に注目すると自分に対する興味の度合いが見える。「モテそう」という言葉をサラッと言うのはやっぱりそれなりに積極的な態度でもあるから、相手の男性が気になる人や好きな人に言うなら「その後の話」に繋げるはず。

可愛いと思っている女性に恋バナ関係をストレートに聞くのも恥ずかしいものなので、間接的な手段を選ぶ場合もあり、探りを入れる男性心理でも用いられるのが「モテそう」という言葉だ。

チヤホヤされるのが好きな女性にはとりあえず…

モテそうという言葉は社交辞令的に使われる機会が多いから、男性から「一般的にどんな女性に向けられる言葉か」も気になるだろう。

その典型としては、「ちやほやされるのが好きな女性」が代表と言える。褒められると喜ぶタイプの女性には、多くの男性が社交辞令で褒め言葉を使う。

男性心理としては、相手女性が喜んでくれると思うから言いやすい面がありつつ、皮肉が込められることもあったりするが、それは相手に見せない。

経験上、誰かがモテるなんて話になった時に「とりあえず言っとく」って機会も案外多いように感じるのだ。話しの流れをイメージすると、何の意味も込められないケースも多いことに気付くことがあると思う。

「あれ?」って思うくらい自然な感じで男性から言われた場合は、本当に何の意味もない言葉。恋愛経験が多い男性にそんなことが多い。

特に、他の女性に先に言ってその後ついでのようにあなたにもモテそうと言ってきた場合は意味のないパターンやとりあえず的な男性心理で言っているパターンが多くなる。グループトークで言われた場合は、「先か、後か」と言った視点で意味を考えてみることも必要だ。

ぶりっ子は直した方がいいの?
ここを読んで「ぶりっこは男ウケしないの?」と疑問に思った女子もいるかもしれないが、そうではない。「モテそう」と言う男性が気になったぶりっ子タイプの女子を持ち上げるように褒め言葉を言うのはよくあることで、ここには良い意味がちゃんとあるからだ。
もし自分が「ちやほやされるのが好きそうに見えるかもしれない」「褒められると喜ぶタイプだと勘違いされるかも…」と思う女子は、下の記事を読んで男性心理をさらに理解しよう。
>>【モテる?モテない?】ぶりっ子への評価、男女の違い~男性目線だとなぜぶりっ子女子はモテるのか

単純な男性心理が理由?とっても単純な「感想」のパターン

恋愛に不器用な男性は、気の無い女性にほど本音を言える。

それがどちらかと言えば褒め言葉に当たる言葉なら、何の気もなしに思ったことが口をついて出たってだけかもしれない。可愛いな、キレイだなと思ったけど、だからと言って特別な意味がないパターンだ。

男性から言われる「モテそう」という言葉は、やはり周辺の会話内容で、意味がある言葉か、そうではなく単純な感想としてそう思っただけかを判断したい。

興味を持った女性にほど反応に気を使うから色々考えて発言することになるので、「モテそう」という言葉の客観性には注目するべき。言葉だけの判断で相手の考えていることを掴むのは難しい。

しかし一方で、「とても単純な感想」だったとしても、相手男性からは女性として良い印象を持たれているので、あなたの興味次第ではこれから先に何か発展があってもおかしくない。まだ出会ったばかりなら、「出会い」の視点で脈ありとも取れるパターンだ。

男性の心理を確かめたい場合は、その後の会話を意識的に引き延ばしてみると見えるものがあると思う。みんなの前で言われた場合は二人で会話してみよう。

口説かれるような会話になるなら脈ありである。照れたり、ごまかしたりするパターンも恋愛対象の女性に取る態度なので、いいなと思う男性から言われたら積極的に会話してみよう。

女性の言う「彼氏いない」の返し方には最適な言葉

女性が「彼氏いない」といった場合に「モテそうなのに!」と返ってくるなら、意味のないただのフォローであることが多い。男性から見ればまさにテンプレ的なリアクションの方法となる。

主観的な気持ちを抜いて相手の女性をフォローできるので、「彼氏いない」発言や自分をネガティブに表現した女性へのフォローとしても「モテそう」というのは便利な言葉であり、社交辞令で使われやすい背景の一つだ。

会話の中には否定してほしくて言っているように感じる内容のものがあったり、否定する方が自然な流れの会話があって、その場合は男性の本音・心理に関係になく、「褒め言葉」で否定しないといけないことがある。

女性が、「モテない」とか恋バナとして自分をネガティブに表現するとき、「モテそう」って言葉の客観性が生きてきたりする。あなたの自己否定の後で「モテそう」と言われた場合は、フォローされていると真意を受け取ろう。

恋愛に「軽そう」というイメージで言われる場合も…

男性から女性にモテそうと言う時は、「悪い意味」で言う場合もあり得る。その典型的なパターンが恋愛関係に対して「軽そう」とイメージした場合だ。

男性が女性にモテそうだなと思う時と言うのは、「男ウケしそう」と感じる場合でもあり、それを狙っているかのような態度を取る女性に皮肉を込めて言うパターンがある。「軽そうだもんね」と本音では思っているので、かなり悪い意味で使っているパターンがあるということだ。(※あくまでも良い意味で使われることが多いが…)

従って、「可愛い女子・綺麗な女子」以外で最もモテそうと言われる機会が多いのが、タイプで言えば「男好きをイメージさせる女性」である。さきほど挙げた「チヤホヤされるのが好きな女性」も、広義の意味で男好き女のイメージを強くさせる。

疑うわけじゃないけど、何となく良い意味でモテそうと言われてないと思う女性は、「軽そう」と思われてるから悪い意味で言ってると感じているのかもしれない。

褒めるところが見つからないと手ごろな褒め言葉に

「モテそう」以外の褒め言葉を言われることが少ない女性は、「ほかに褒めるところが見つからない」から、モテそうという褒め言葉を使われているのかもしれない。

男性は女性と話す時に「会話を盛り上げたい」「楽しく場を盛り上げたい」という心理で女性をよく褒めようとするが、冒頭から説明しているように「モテそうだね」という褒め言葉はどんな女性に対しても使いやすい褒め言葉だから、手ごろな褒め言葉の意味で使われることも多い。

何となく褒められている気がしない場合は相手が本気で思っていない時に多いと思うが、男性心理を紐解くとこんな理由で褒めているから褒められているように感じないのかもしれない。

話してると楽しいから

会話を始めてから時間が経った後に「モテそう」と言われた場合は、「話していると楽しいから」って意味で言われた可能性が高い。

モテそうという言葉は、出会った瞬間から時間が経てば経つほど良い意味で言われることが増えていくが、その理由は「話してみて楽しかったから」という、実体験を基にした評価が下るから。

異性とのコミュ二ケーションが上手い人は恋愛で成功していることをみんな知っているから、会話がうまいと思われれば「モテそう」というイメージにつながる。

相手の男性が主観的に評価してモテそうだと思ったか(=自分がいいなと思ったかどうか)はこれだけじゃ分からないけど、会話が盛り上がった後で言われたならあなたに対して好印象は持っているものと推測できる。

そんな時、もしあなたが相手の男性をいいなと思うなら「俺には無理だ」と思われないように脈ありサインを送れるようになろう。当然、モテそうという言葉には「競争率が高そう」なんて、恋愛にストレートな意味を持つ心理も隠されている。

特に探りを入れてる意味で相手が言ってきたと思う場合はリアクションが大事となる。

仲の良い男友達から言われたら「励まし」の意味

仲の良い男友達から「お前、モテそうなのにな」と言われた場合は、励ましの意味で言っている場合がほとんどだ。悪い意味よりも良い意味で言ってくることが多いのだが、「いい人見つかるよ」とか「その内、彼氏できるよ」という意味合いが強くなるのが特徴だ。

誰でもみんながどこかに良いところを持っていて、仲の良い友達はそれを知っている代表的な存在。ずっと彼氏がいない女友達には、結構本気で「なんで彼氏ができないんだろう」と思っているから、決して悪い身ではなくてもこんなことを言う。

もしあなたが言われたときに「そんな励ましいらないし!」と思ってしまうような言い方をされたなら、そこまで女心を理解できない男性心理が災いしているだけなので、気持ちをありがたく受け取ってあげよう。

☆もしあなたの好きな人が男友達だったら下の記事を参考にしてみてほしい。恋の進め方にヒントとなることが見つかるはずだ。
>>女友達から好きな人になるきっかけ~友達から彼女になるヒント

まとめ

今回は、女性に「モテそう」と言う男性心理と真意をまとめた。「モテそうだねって言われたらどんな意味があるの?」と疑問に思った女性に参考になればうれしい。

今回のテーマで脈ありサインを察知しようとするなら、「その言葉の後の展開」が重要。
恋愛関係の話に興味を持って聞いている態度であれば、男性からの好意を疑える。

しかし一般的に「モテそう」って言葉は社交辞令であったり、話の流れ上使われることも多く、ほとんど意味を持たない場合も多いだろう。誰に使うにしても無難な褒め言葉である。

この言葉だけで判断せず、判断の要素は組み合わせて考えたい。男性心理がよく理解できていない女性は下の記事も参考にしてみよう。

関連記事:

スポンサーリンク
記事下アドセンス
記事下アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツヴァイ訴求
本格的な恋愛診断でした!【無料】

自分の恋愛傾向について、詳細な分析コメント付きで数値化してくれる「プロが作った無料恋愛診断」を受けてみました。
20歳以上限定ですが、とても参考になる恋愛診断だったので読んでみてください。
【人気記事】

ツヴァイの「恋愛傾向診断」を実際に受けた体験談【画像あり】~無料なのに本当に当たる?数値化されるその結果がすごい!

スポンサーリンク