好きだからケンカになる理由~素直になれない片思いだからこそ起きるすれ違いを考える

好きだからケンカするカップル。なぜ好きなのに喧嘩してしまうのか考えている。

「相手が好きな人だからケンカになる」

恋愛感情は特別な感情だから、「どうでもいい人」には抱かない想いを持て余して、時に攻撃的な言葉や態度を誘発することがある。距離が近くなってきた相手だからこそケンカにまで発展するという場合だってあるのだ。

「ケンカするほど仲がいい」の意味するところはたくさんあるのだろうが、その一つとして恋愛の意味で「行動に移してしまうほど強い感情」が関係しているのである。

好きだからケンカしてしまうのは、何もツンデレの人ばかりじゃない。

今回は、「好きだからケンカになる」その理由を考えながら、片思いだからこそ起きるすれ違いについて私の考え方をまとめてみたい。

あなたは優しくしたい好きな人とケンカになることってないだろうか?

スポンサーリンク

好きな人だからケンカになる理由

まず、好きな人だからケンカになる理由からまとめていきたい。

「好き」の反対は「無関心」なので特別な感情を持つ「好きな人」に複雑な気持ちを抱くことが「喧嘩」につながっている。

素直になれないことも多く、言えない感情を持っていることも大いに関わっている部分だ。恋愛初心者の人は好きな人に合わせてばかりな人もいるけれど、片思いから付き合う恋愛の仕方ができている人は、付き合う前から好きな人と喧嘩することが決して珍しくない。

好きな人だからこそケンカになる理由をよく理解してみよう。

思い通りにいかないストレスの強さ

どんな理由であれ、ケンカになる源は「ストレス」である。

恋愛感情を持った相手とそうではない相手を比較すると、好きな人である前者にはつい「自分の理想」を考えてしまうからこそ、ストレスを抱え易いという特徴がある。

どうしても好きな人に「期待」してしまうのである。なのに、その理想が叶わないことで好きな人に持つストレスは、ただの友達に比べてどうしたって大きくなる。

例えば、よく起こることとしてLINEの既読スルーを例に出そう。
どうでもいい人の既読スルーがストレスを与えないわけではないが、相手が好きな人であれば、どうしても気になることは増えてしまう。感情の振れ幅が大きいのだ。

好きな人が相手のLINEでは無視されたと思うまでの時間も短くなりがちだし、どうしようか対処を考えたくなったり、理由を考えてしまうのも好きだから。

まだ片思いの頃に恋愛感情が巻き起こすストレスは、彼氏や彼女じゃないのだし頭では仕方の無いことだと思っても、感情は上手くコントロールできなくて大きなストレスを感じてしまう。

抱えたストレス量が増えてしまえば、何かのきっかけで爆発することは往々にしてあること。好きな人に抱えたストレスをストレートに表現できないから、違う理由につなげてしまってケンカしてしまうことも多いだろう。

感情的になりやすい好きな人に対しては、言葉がきつくなる

好きな人に対しては「感情の振れ幅が大きくなる」と説明したが、冷静な時はその強い感情の表現をコントロールできるものの、何かがあって冷静さを失った時は、相手が好きな人だからこそ言葉がきつくなる。

感情的になる理由が「恋愛感情」なのだ。

いつもは好意を持っている相手に対しては「優しさ」をメインに接するし、付き合う前の片思いの時は少し距離を取って接するのが普通だが、喧嘩になりそうな雰囲気になった後はむしろ持っている好意が言葉や態度をヒートアップさせる原因になる。

友達同士のケンカより、カップルのケンカの方が大きいイメージを持っている人も多いと思うのだが、それは「感情の振れ幅が友達より好きな人の方が大きくなるから」だ。

片思いを進めるのが苦手な人の中にはピンとこない人もいるかもしれないが、好きな人に言葉がきつくなるのは、いい雰囲気になった以降のこと。つまり、「片思いから両想いに近づいてきた段階の距離感」の中で起こりやすい。

片思いが進むと、告白するべきかどうか悩んでいたり、より強い脈ありサインを察知しようとしていたり、順調にいかない関係性へストレスが大きくなる。「は?」って思うことが増えるのは、それだけ近づいた関係を象徴しているのだが、言えない気持ちがあるのだから言葉だけがきつくなることもしばしば。

付き合う前の関係は、あらゆる意味で「我慢が必要」だと感じる機会が多い。

好きな人に抱える「恥ずかしさ」を打ち消す態度が強くなる

恋愛で誰もが持つ「恥ずかしい気持ち」の理由と対処法~好きな人の前では意識しているから誰でも恥ずかしい!どう解決したらいいかを考える
好きな人や気になる人ができたとき、「恋愛の恥ずかしさ」に対処できないと、なかなかその恋は実らない。恋愛が苦手な人は、「恥ずかしい」という理由で恋が叶う恋...

上の記事で詳しくまとめているように、好きな人に対しては「隠したい気持ち」があり、恥ずかしさはその中でも代表格。しかし、この恥ずかしさを打ち消す態度が喧嘩の原因になることも多い。

「え、もしかして照れてるの?(笑)」

好きな人に聞かれて、本当に照れている時、あなたはどんなリアクションをするだろう?

そう、恥ずかしさを隠そうとする態度は、好きな人に取る態度の逆になることが多くて、

「照れるわけないじゃん!何であんたに照れるの(笑)。自意識過剰じゃない?(笑)」

なんて言いがちなのだ。悪口を言い合うみたいな雰囲気になるのは、デリケートな気持ちを持っているから。

恋愛の雰囲気が苦手な人ほどこのパターンで好きな人と軽い喧嘩をしてしまうことが多く、ウブなタイプほど探り合いの会話に弱いところがある。好きバレしないように、好きな人に取る態度を打ち消し、まるで嫌いな人に取る態度で気持ちを隠そうとする人すらいる。

恋愛が上手な人でも「ある一瞬」という意味では気持ちを打ち消す態度を取ることは珍しくないから、恥ずかしさに負けると恋愛を進めていくのが難しいだけでなく、好きな人と喧嘩する原因にもなってしまう。

素直な気持ちを表現できないすれ違い

好きだからこそ抱え易いそのストレスは、素直な言葉で表現されることはほとんどない。好きな気持ちを隠しながら恋を進めていく人が圧倒的に多いからだ。

好きな人を口説き落とすような恋愛をするタイプの人は少なく、関係性をより密接にしていくためには多くの場合で好きな人との「お友達期間」が必要だったりする。自分に身近なコミュニティー内の恋愛が多いから、あなたも納得できるところだろう。

しかし、好きな人と友達になって仲良くなれたとしても、素直に自分の気持ちを言えないことが多いのだから、すれ違いは避けられない。

「好きだからだよ…」

こんな風に素直な気持ちを言えたら喧嘩なんかしないで済むのに、

「そんな風に受け取るんだね…!」

ってなってしまうから好きな人とは喧嘩になる。伝えないと分からないお互いの気持ちが、どうしてもすれ違うのは、すごく大事な気持ちを抱えつつ、それが好きな人に言えないからだ。

ストレスとして抱える感情とは、攻撃的なものもあるけど、それ以上に「不安」とか「心配」の方が多い。「自分のアプローチはうざいんじゃないだろうか」とか「嫌われたかも」なんて思いながら接する中で、それをそのまま表現することができず、違う言葉となって吐き出されたり、無意識に気持ちを試すような言葉が使われ、相手はそれに気付けないから気持ちがすれ違う。

大事な気持ちを隠しながら接するのだから、すれ違いはケンカの原因として片思いの頃によくあることだ。

特に今回は、この「片思いの時のすれ違い」について私の思うところを文章化してみよう。恋愛が苦手な人は、片思いの時にこのすれ違いがうまく処理できていないのである。

好きだからケンカする、片思いの時にすれ違う二人に思うこと

特別な感情を持った人だからケンカがよく起きることを先に説明したが、ここからは避けることの難しい「片思いの時のすれ違い」について考えてみよう。

あるきっかけで好きな人とケンカしてしまい、「すれ違った二人」がそのまま関係性を失っていくことがあるけど、結果として離れていく二人は、多くの場合で必然かなと、過去の経験を振り返って、私は思う。

ドラマでは「展開」を作る関係上よく「すれ違う二人」が描かれるけど、何かのきっかけでその本心に気付いたり、存在の大きさや関係の尊さに気付いて、また距離を縮めていくことは現実の恋愛でもよく起きる。ケンカすることで逆に好きになることも、自分の気持ちに気付くことだってある

すれ違いは、気持ちが強い関係ほど陥り易いけど、もし本当に気持ちが強いなら再び二人を引き寄せるきっかけはどこかにあるものだ。また、その気持ちの強さが、仲直りするきっかけを自ら作り出そうとする行動や態度に繋がる。

「ご縁」と言ってしまうと何だかオカルトチックになってしまうのだけれど、現実はこれを感じることが少なくないように思うのだ。特に恋愛をしているときは。

どんな人間関係でも一人で作っていくことはできない。
必ず一人以上の相手がいて、自分と相互に関係していくのだから「きっかけ」は自分だけで起こすことができても、「結果」を自分だけで決めることはできない。

「大事なものを失いたくない」というのが人間の共通した願いだとしたら、すれ違いで離れていく二人は、「大事なもの」と相互に想い合えなかった結果だろうと思うのである。

それまでどんな関係だったかを問わず、好きな人とケンカすることで本当に終わる恋愛は、「そこまでのご縁しかなかった」と言う結果を二人で出したということ。

恐らく、私の人生でも「大事に想い合える関係」であったはずなのに別れた人がいたのだと思う。確かめることはできないけど。必ずしも結果が全てを表しているとは言い切れないエピソードも浮かばないわけじゃない。

でも、片思いの時にすれ違いが多く起こるなかで、例え綱渡りのような状態でも、それを回避したい気持ちを持ちあった人とは、多分ほとんどの場合でわかり合える関係になっていった。

少なくても、「ご縁がなかった」って意味ありげだけどオカルトチックな言葉で納得できるくらいの「破たん」しかなかったのではないかとよく思う。

最後の最後で「素直になれない」のなら、きっと付き合っても上手くいかないかなって思うから、私はいつの頃からか「片思いの時のすれ違い」を過度に恐れなくなった。

好きな人とケンカしたくないから感情を抑えることは、心の距離を遠くすることと同じだから、すれ違いを恐れて無難な言葉を使うなら、それこそ友達止まりだ。そこから一歩踏み込むことが、どうしても恋を叶えるために必要な「瞬間」がある。

強い想いを持った相手には何かのきっかけで素直になれるし、相手だってそれは同じ。

ケンカが原因とは言え、すれ違ったまま離れていく二人は、二人共が原因に加担しているわけだから必然しかないかなって思う。私の場合は、広義の意味で「縁」って言葉は大事にしているのかもしれない。

それでも、ほんとに素直になれない人がいることを私は知っている。恋愛が苦手な人はこの傾向や顕著だ。

経験則を考えても、理屈からアプローチしても、素直にならないといけない瞬間に思ったことと別の言葉や態度を取ってしまう人。私自身はそういう人ではないから気持ちを全て理解できるわけじゃないけど、そんなタイプ人との恋愛はしてきたから、アドバイスを考えるとすれば、こんな言葉を贈りたい。

「改善したいと思うなら、大切な瞬間だけ頑張る。タイミングを逸してはいけない」
「自分のせいだけで関係が破綻するわけではないから、相手に求めることがいけないわけではない」
「気持ちを伝えるのは言葉であって、態度も含まれる。何かのサインを出さない限り、相手はあなたの気持ちを推し量ることさえできない」

性格を変えることはとても難しいことだから、自分に合う人を探すことも重要だし、欠点だと思うなら大事な瞬間だけは頑張らろうとすることが大切。

大事なものを失い続けるような状態にまで行っている人は稀だと思うけど、皆素直になれない自分とは戦っている面があるから、「大切にしたいご縁」にはそれぞれが自分なりに頑張っているんじゃないかな。

好きな人と大切な関係を育んでいくには、「自分自身のこと」と「自分の恋愛傾向」を知ることも条件だから、下の診断を受けてみると客観的に自分を見つめることができるかもしれない。

ツヴァイの「恋愛傾向診断」を実際に受けた体験談【画像あり】~無料なのに本当に当たる?数値化されるその結果がすごい!
もし、あなたの恋愛力が数値化される診断があるとしたら、受けてみたいと思わないだろうか? しかも、プロが真剣に作ったテストで、恋愛傾向まで分析してく...

まとめ

今回は好きだからケンカになる理由から、素直になれない片思いだからこそ起きるすれ違いを考えてみた。

想いの全てが言葉や態度に表されるわけではないし、むしろ恋愛中は真逆の表現も出てくるから、すれ違いはある意味で仕方のないことだと思う。

でも、本当に大切にしたい関係ならどちらともなくすれ違いを解消する行為は必ずあって然るべきだ。そうではない関係が「そこまでの関係だった」って答えは、時と場合、シチュエーションの巡り合わせなどでも変わってくるしても、どこかで真理だと思っている。

ただ、やっぱり根底に持っておくべきことは「伝わらない気持ちを伝えるのは、いつも言葉だ」ってことだろうか。あなたが好きな人と良い関係を築きたいと思うとき、素直さはどこかで必ず必要になることである。

後一歩届かない恋を繰り返している人は下の記事も読んでみよう。

あと一歩で叶わない恋愛を成就させる片思いの叶え方~もう一歩踏み出すために
あと一歩で叶わない恋愛、もう一歩で叶わない恋愛は、脈ありを感じつつも何かの失敗や間違いでダメにしてしまう恋愛だから、後悔も大きくなりやすい。 どの...

関連記事:

良い雰囲気の二人ケンカ
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました