デートで自然に手を繋ぐ方法~きっかけが分かったら自分から手を繋げる!

自然に手を繋ぐ方法を実践したカップル

デートをする時、「手を繋ぎたいのに繋げない」と思ってモンモンとすることはみんなが経験していることだろう。

まだ付き合っていない女性とのデートでは「手を繋ぐべきかどうか」も悩むし、付き合っていても初デートでは手を繋ぐのに勇気がいると思う。

せっかくデートに出かけるのだから手繋ぎデートをしたいけれど、相手の女性の反応も気になるところだ。

上手く手をつなぐきっかけがわからない男性もいるから、「自然に手を繋ぐ方法」をデート前に知っておくのは、重要なデート前の準備かもしれない。

付き合っているなら女性にも期待があって、「手も繋いでこない」のが時に不満になることもあるので、適切なタイミングで手を繋ぐことはカップルが上手くいくことにも影響してこよう。

今回は、デートで自然に手を繋ぐ方法を紹介するので、自分から手を繋げない男性は参考にしてみてほしい。きっかけが分かれば自分から手をつなぐことができるはずだ。

まずは、付き合う前の人に向けて「手を繋ぐのがアリかナシか」という話から始める。

目次

付き合ってから手をつなぐ?付き合っていない女性と手を繋ぐのは「好意の確認」ありきで!

そもそも付き合う前に手を繋いで良いのかという疑問を持つ人がいると思うが、恋愛の進み具合や雰囲気などで、付き合う前のデートでも手を繋くことは選択肢に入れておいても良い。

ただ、それが恋愛のアプローチとして有効と言うよりは、もっと先に関係が進んでいるから手を繋ぐと言ったようなイメージで考えよう。告白できないまま友達以上恋人未満に突入した状態などが典型的な例となる。

付き合う前のデートで手を繋ぐ条件

まだ付き合っていない女性とデートに行くなら、手を繋ぐのは好意の確認ができてから。男性でも好きな人でないと手を繋ぐのが嫌だと感じる人が多いと思うが、女性ならもっとそうだ。うかつに調子に乗ってせっかく良い雰囲気を壊したらもったいない。

アプローチの一環として付き合う前の女性と手を繋ぐなら、デートで脈ありサインを察知し、恋愛感情にまで育っていないながらも「漠然とした好意」までは確認しておきたい。

好意手を繋ぐことは、女性心理だと「下心」にも捉えられてしまう行為だから気を付けよう。

付き合ってないのに手を繋ぐのはリスクもある

【デート】付き合う前に手を繋ぐのを拒否された!相手の女性の理由と心理とは?
「付き合う前に手を繋ぐ」というのは、雰囲気や二人の関係性も絡むため、その行為自体が恋愛の間違いとは言えない。だが、恋愛下手な男性は「女性から手をつなぐのを拒否された」という経験をしているのも事実である。 「せっかくいい感じの雰

上の記事でも解説している通り、付き合う前に手をつなごうとすると拒否られるリスクがある。

所謂「イイ感じ」の延長線上にあるイメージで、まだ進む前の片思いでドキドキさせたいという理由から手を繋ぐのはリスクが高すぎる。女性が引いてしまうことも大いに懸念されるため、本気の恋愛なら適切に順序を踏もう

女性が手を繋ぎたい相手は、「好きな人」であることを忘れてはいけない。

付き合う前のデートで手を繋ぐ?

付き合う前の男女が手を繋ぐケースとしては、大きな意味で「雰囲気」がそうさせるのだが、自分から手をつなごうとするなら「一定以上の好意を持たれていること」が前提となる。

相手の女性からスキンシップを取ってくる場合や、話している顔の位置が妙に近かったり、最低限「自分を気に入ってくれていないとしないこと」が複数あるかを確認したい。

焦った時の反動が大きい行為かなと思うので、二人でいる時の雰囲気から手を繋ぐタイミングがわからない場合は、止めておくのが無難である。それなりの恋愛経験がほしいところだ。

それでは、シチュエーション別にした「デートで自然に手を繋ぐ方法」へ移っていこう。

オーソドックスな手を繋ぐ方法は、デート開始のタイミングで手を繋ぐ

自然に手を繋ぐカップル

付き合っている彼女とはじめて手つなぎデートをしようと思うなら、オーソドックスに「デートの開始のタイミング」がおすすめだ。

カップルになったのだから一緒に歩くときは手を繋ぐ方が自然だし、変なタイミングでパッと手を出していきなり握るより、デートがはじまるタイミングで「じゃ、いこうか」と一言添えて手を繋ごうとすれば、スマートな印象を与える

リードされている感じを彼女が感じるから、堂々と手をつなぐ方法は思っているより雰囲気が良くなるだろう。

自然に手を繋ぐコツは?

デートが始まるタイミングで手を繋ぐときの態度としては、「デートだから手は繋ぐよね?」というような感じで、スマートに行うのが自然に手を繋ぐコツだ。

デートの途中で手を繋ごうとすると緊張してしまうが、「今日は手を繋いでデートしよう!」という感じの彼氏のアクションは、デート前に覚悟さえ決めれば緊張しにくい上に、彼女がドキドキする手のつなぎ方になる。

手をつなぐタイミングを逃したら?

デート開始と同時に手をつなぐ方法は、会った瞬間に近いから「手をつなぐタイミングを逃した」という人が出てきてしまうが、心の準備ができなかった人は目的地についてからのタイミングから手を繋げば良い。

軽く会話をした後だったら言い出しやすい。ここでも同じように「じゃ、いこうか」と手を差し伸べる感じで彼女をエスコートしてあげよう。

手をつなぐ自然な方法と言うよりは、「付き合っているならやり易い方法」という方が正しい表現のように思うが、デートのスタート時点で手繋ぎデートにしてしまうのは、意外に自然な方法になる。

はじめての手つなぎデートでも気まずくならないコツ

はじめての手つなぎデートでも気まずくならないコツは、変な空気にならないように手を繋ぎながら会話を続けること。

何か話していれば気まずくならないでデートの初っ端から手繋ぎデートを開始できるはずだ。「会話を途切らせないこと」もコツなので、緊張してしまう人は場を繋いでいこう。

デートの最初で手を繋ぐとデートそのものが成功しやすい

この方法のメリットは、デート中に手を繋ぐタイミングを考えなくて良い点だ。余計なことを考えないで済むので、「心ここにあらず」的なデートにならないため、付き合い始めのデートでも成功しやすくなる。

「付き合ったのだから、男性の方から手を繋がないといけない」なんて思うとデート中に緊張してしまうこともあるので、告白して付き合うことになった次のデートなどでは、「これからデートを開始する」ってタイミングで手を繋いでみよう。

自然に手を繋ぐ方法はカップルが二人で手を繋ぐ状態に慣れないといけない面があるが、初デートから手を繋げば軌道に乗せやすい。

自然なタイミングで手を繋ぎたいなら、人ごみで二人がはぐれないように手をつなぐ方法がおすすめ

文字通りの「距離を縮めるデート」をするのに、人ごみは案外使えるもの。

込んでいるところでは他人同士でも距離が近くなるので、付き合いたてのカップルはドキドキするシチュエーションがあったりする。片思いでも、人込みでは体と体が急接近するタイミングが多々あって、意識するきっかけになったりするだろう。

日曜のイベント(お祭り系、フェス系、花火などの季節イベント)では、結構混んでいることが多くて、はぐれないように歩くのが大変な時もあるから、そんな「事情」を利用して好きな人と手を繋いでみよう

「なかなか手を繋げない」と悩んでいる人は、こんな手を繋ぐべき状況でデートをしてみると一気に悩みが解決する。

はぐれないように手を繋ぐ方法は、優しさアピールにもなる

はぐれないようにすることが目的で手を繋ごうとする際は、下心が歌がれにくく、優しさをアピールできる点に大きなメリットがある。

自然に手をつなぐ方法としては、「優しさ」がアピールできる点で両想いはもちろん、片思いの恋愛でもおすすめだ

「必要に迫られる」ところまではいかなくとも、デートでは手を繋いだ方が良いシチュエーションがあるから、優しさも意識して自分から積極的に手を繋ごうとしてみよう。

「大丈夫」って女性が言ったとしても、必要性がある場合なら「優しい!」って思ってくれるはずだ。

テレ隠しが簡単な方法なので、シャイな男性にお勧めの手のつなぎ方である。

手をつなぐ自然なきっかけは、女性がこけそうになった・躓きそうになった時

自然な手をつなぐきっかけができたカップル

デートではオシャレをしてくる女性が多いから、歩きにくい靴が時に選ばれることもある。高いヒールがその典型だ。

そんな事情が絡んで、デートしていると女性がこけそうになるシチュエーションは意外と少なくない。そんなときは、「危ないよ」って声をかけて手を取ってあげよう。

これも男性ならではの優しさで、女性を文字通り「支える」ことで自然に手を繋ぐ方法へと昇華できる。

実際に女性と手を繋いでいる時は、彼女が少しバランスを崩す程度なら支えてあげることができる。土の上を歩くデートだったり雨上がりの道など、実際に手をつないであげた方が女性が歩きやすくなるパターンは多いので、スマートな男性はよくやってあげているのも事実だ。

応用して考えて、敢えてそうなるシチュエーションを作って誘ってみるのも良い方法である。

自然さを重視するなら、彼女がバランスを崩した時をきっかけにすれば一番自然かなと思うが、その可能性のある場所なら不自然な手のつなぎ方にはならない。

せっかく好きな人とデートしているなら、「優しさ」を理由にした「手を繋ぐタイミング」では躊躇するのをやめよう。

手を繋ぐのが苦手な人も安心!「夜の食事後」は、打ち解けあった後だから手を繋ぎやすい

夜の食事後は、もうすぐ解散するような時間だし二人が打ち解けあった後だから、素直になって手を繋ぐには最後にして最大のチャンスだ。

少しお酒を飲んでいたりすれば、多少どさくさに紛れて手を繋ぐのも不自然とは思われなくなる

相手の女性も、デートの終わりを寂しく感じている時はちょっと「キュン」とする瞬間になる。

自然さの意味では、「デートの終わり際に考えること」に、この方法のポイントがある。

毎日会えるようなカップルよりも、週1や週2くらいしか会えないカップルの方が多いと思うので、「寂しいね」などの言葉と共にデートの終わり際に手を繋ぐのは、気持ちも伝わるので彼女も嬉しいだろうし、手を繋ぐ意味が相手に伝わるだろう。

お酒の勢いとは取られないように、あまり酔っ払わないで手を繋ごうとするのがマナーであり、雰囲気を良くするコツ。一度手を繋いで歩けば、次からのハードルは一気に下がるので、勇気と共に素直さも大事だ。

彼女を酔わせたい時~女性に勧めるレディーキラーカクテル8選
前回(彼女を酔わせたい時~行きつけのバーの作り方と行きつけのない場合の対応)の続きで、今回は彼女を酔わせたいとき「バーで女性に勧めるレディーキラーカクテル」を8つ紹介したい。 前回の記事でも触れた通り、女性はバーを利用すること

デート中に「女性の手を引く」のも、スマートな手のつなぎ方になる

デート中に手を繋ぐ方法「彼女をリード」している男性の画像

カップルで歩いていると、パンフレットを読みながら歩いたり、ぶらぶらウインドウショッピングみたいに歩いたりすることもある。そんな時は、ついバラバラに歩いてしまったり、どちらかが前を見ないで歩くような感じになることがあるはずだ。

もしそんなタイミングがあったら、「こっちだよ」という感じで好きな人の手を引いてあげる実は、この方法はカップルが手を繋ぐ時に多いきっかけになっているのだ。

あなたがどこかを案内する時などはさらに手を繋ぎやすいと感じるだろうし、自分がデートをリードしている時も、手を引いてあげるとすごくスマートに手をつなぐことができる

デートで女性をリードする時の基本~デートをリードできない人へ
好きな女子とのデートでは、男性としてリードしたいと思う人は多いことだろう。 二人しかいないデートでは、どちらかがリーダーシップを取る方がスムーズにデートができるから、好きな人にアプローチしている男性は、ぜひ「デートのスマートな

その他にも、休憩したところから移動を開始する時お店で色々見た後に場所を移す時なども手を繋ぐ良いタイミングだ。明るい雰囲気で声掛けと同時に手を繋ぐと、自然な手のつなぎ方になる。

手を繋ぐタイミングを深堀り!彼女や彼氏はどんな時に手を繋ぎたいと思うの?

ここからは、少しでもあなたが手つなぎデートがしやすくなるように解説を加えていく。まずは、「どんな時に手をつなぎたいと思うのか」についてだ。

前提として、付き合っているカップルであれば、内心では「初デートから手を繋ぎたい」と思っているのが普通だ。ただ、初デートは緊張してしまう人が多いため、本音と建前のバランスまで考えると、「2回目のデートから手を繋ぎたい」と思っている人も多い。

いろいろ複雑に考えてしまうのが恋愛に絡む問題であるため、3つのポイントを挙げて「恋人が手を繋ぎたいと思う時」を解説する。

不安、心配になった時

手を繋ぐ効果は様々ある中で、「人肌に安心できる」という効果は非常に有名どころだ。

たとえば、お化け屋敷で手を繋ぐのは理屈的に正しくて、「心細くなる」「ちょっと恐怖を覚える」ようなシチュエーションは自然に手を繋げるタイミングと言える。

その他にも、暗い夜道や高い場所、不安定な道などなど、自然に手をつなぐ方法を深堀して考えたい時は、「不安と心配」をキーワードに検討してみると良い。あなたのアクションで恋人が安心できるならカップルとしても良い雰囲気になるはずだ。

愛情が高まった時

カップルが手を繋ぐのはやっぱり強い愛情を持ち合う同士だからこそ。愛情が高まった時はスキンシップを取りたくなる。

では、どんな時に彼氏や彼女の愛情が高まるか。5つポイントを紹介する。

  • 久しぶりに二人で会えた時
  • デートの終わり際
  • キュンとする、ドキドキする言葉・アクションがあった時
  • お酒を飲んで感情的になった時
  • 愛情表現された時

付き合い始めのカップルだと「デートの緊張が解けてきたタイミング」もそうなのだが、お互いの愛情が高まって手を繋ぐならまさに自然に手を繋ぐ方法となる。

一緒に居る時の距離感が縮まってきたり、頻繁に触れるようになった時は手を繋ぐのに不自然なタイミングとはならないので、雰囲気が読めると手を繋ぐのに苦労しないはず。

基本的にはあなたの中で愛情が高まった時は彼氏や彼女とリンクしやすいので、何となく手をつなぐ雰囲気を察知した時は躊躇することなく手を繋いでみよう。

寒い時

付き合う前をイメージすると理解しやすいと思うのだが、自然に手を握るシチュエーションはやっぱり「冬」が似合う。

お互いの体温で温め合うというとちょっとドラマティックすぎるのかもしれないけど、自然に手を繋ぐのは秋から冬にかけて多いのは事実である。

もし、彼氏や彼女が「寒いね」と言う時は、自然に手を握るチャンス。自分から手を握って「あったかい?」と聞けば、手を繋ぐ流れとして完璧だ。

春や秋でも夜になると急に寒くなる日は多いし、手を繋いで歩く方が温かいと思えるシチュエーションはそこまで少なくない。自然な流れで手を繋ぎたいと思っている人はこんなタイミングで手を繋いでみよう。

手を繋ぐときの注意点:好きな人と手をつなぐなら「清潔感」がなくなる「手汗対策」は意識しておく

恋愛では「異性と親しく付き合う」という点で男女ともに「清潔感」がすごく大事だ。特に「手をつなぐとき」というのはスキンシップを取る相手になるわけだから、「手汗をかくタイプの人」は好きな人に不快感を与えない対策をしておくと安心だ。

私が使っている手汗対策グッツは、「ファリネ」という手汗対策用制汗パウダー。下の画像が私の使っている実物だ。

f:id:Brightfuture:20170326193814j:plain

私の場合そんなに手汗をかくタイプではないのだが、これを使うと手汗が原因で相手の女性を不快にすることがないので自信を持って手をつなぐことができる点で気に入っている。ちょっとした気遣いをすると、何だか安心できるのである。

こちらの手汗対策グッツはリーズナブルとは言えないかもしれないから、下に挙げる悩みがあるなら公式サイトを見ておこう。「手汗が気になって好きな人と手がつなげない」という問題は解決できると思う。

  • 握手をするときも手汗が気になる
  • いつも手が湿りがち
  • ノートや携帯が手汗で使いにくいことがある

せっかくのデートなので、手汗対策をして思い切り楽しもう。満足度92.3%で私以外にも満足度が高い手汗対策グッツだ。

公式サイト >>farine(ファリネ)

相手から手を繋いでもらうのを待たないで「自分から手を繋ぐ」ことを大切に!

これまで見てきたあなたは、今回挙げている方法をどのように感じているだろうか。「手をつなぐ自然な方法」としながらも、結局最後に勇気がいるのは間違いないので、ハードルの高さを感じる人もいるのかもしれない。

それを象徴するかのように、ある調査によれば独身男性の6割以上が「初デートで手を繋げない」と答えているから、多くの男性は2回目以降のデートで手を繋ぐようだ。(参考:Match.com愛の調べ~独身男性とスキンシップ編~

そんな時は、つい彼女から手を繋いできてほしいと考えるものだが、そういったことの全般は全て男性側がリードするべきものだと考える方がうまくいく。どっちが勇気を出すかという問題に「女性」を頼った時点でカップルのその後は知れている。

中途半端に期待していると決断できない理由になってしまって行動する覚悟ができないので、失ったタイミングがさらに手の繋ぎにくさを演出してしまう。「手を繋ぐタイミングがなかった」という男性ほど、「勇気がなかっただけ」という結果になっている。(そこまで手を繋ぐことが大それたことではないけれど…)

何でも相手に期待してしまう男性は、そうではない男性に比べて明らかに決断力が落ちる。

どうせ何かをするなら、腰が引けているよりもどっしり余裕を見せるように行う方が男として格好も付くものだが、自分から動こうとしない人はそこも弱い。「女性と手を繋ぐ」というアクションだけで話を飛躍させすぎているが、男性なら自分から動こうとする意思は恋愛で一番大切なものだと思う。

先程のアンケートでは約9割の人が「女性から手を繋いできたら嬉しい」と答えているが、自分から動いていくことは忘れずにいて欲しい。今回紹介したことはぜひ「実践」してみよう。

女性から手をつなぐのはOK?彼女から手をつなぐ時の男性心理

自分から手を繋ぐ女子が男性心理を考えているところ

女性から手をつなぐことについて男性心理はどう受け止めるのかと言うと、基本的にはカップルである以上は「ウエルカム」だ。彼氏が相手なら「嬉しい」と思ってもらえる。

一つ上の見出しで言っているように、特に奥手な男性の場合は「女性から手を繋いできてほしい」という期待を持っていることもあるので、なかなか手を繋いでくれない彼氏と付き合っている女性は、自分から手を繋ぐのを検討してみても良い。

具体的には、付き合ってから3回目のデートからは「彼女から手をつなぐ」のが適切なタイミングになるだろう。

付き合う前は女性から手を繋ぐのがNGになりやすい

ただし、付き合う前のデートでは「女性から手を繋ぐ」のがNGとなりやすい。理由は以下の3つ。

  • 男性心理で大切な「追いたい心理」が損なわれる
  • 軽い女に思われて本命彼女になれない
  • 積極的すぎて引く

もちろん、付き合う前でも女性から手を繋ぐのが似合うシチュエーションもあるにはあるが、相手男性の恋愛観次第では良い結果に繋がらないことが多い。

あくまでも「カップルになってからなら女性から手を繋ぐのがOK」ということなので、アピールしたい男性がいるなら脈ありサインを送る程度にとどめておこう。

手を繋がせる方法

彼女から手を繋ぐのもアリだと解説したが、女性の中には「彼氏から手を繋がせたい」と思っている人もいると思う。

ここで、手を繋がせる方法についても解説しておこう。

手が冷たいことをアピールする、手の体温を比べ合う

彼氏から手を繋がせるのに一番簡単な方法は、手が冷たいことをアピールして、彼氏に「じゃ、手つなごうか」と言わせる方法だ。

この時、彼氏の手と自分の手の温度を比べてみるのがコツ。この方法を実践すればカップルで手を合わせることになるから、自然と手を繋ぐことができる。

あなたの方が温かい場合でも「○○くんの手、すごい冷たいね」とリアクションすれば良いだけなので、手を繋がせる方法を探しているなら臆せずにチャレンジしてみよう。

遊園地デートでお化け屋敷に入ってみる

定番中の定番にはなってしまうが、遊園地デートのお化け屋敷はカップルが手をつなぐ場所としてあまりに有名。彼氏から手を繋がせたいならぜひ誘ってみたいところだ。

ここでポイントなのは、「怖い…」と言いながらお化け屋敷を進まずに立ち止まること。きっと彼氏が手を引いてくれるから、自然と手を繋がせることが可能だ。

初デートや2回目のデートで遊園地に誘ってみよう。

坂道や階段で不安定に歩いてみる、歩きにくいことをアピールする

彼女が歩きにくい靴でデートする時、彼氏はやっぱり心配だ。「こけないかな?」「大丈夫かな?」と思っていると、思わず彼女を手を握ってしまう。

ただ、ここは男性の恋愛経験が物を言うところで、気づかない彼氏は気づかない。そこで女性に頑張ってみてほしいのが「歩きにくさのアピール」だ。彼氏が先を歩くような感じになるなら、危なっかしく歩くあなたの手をきっと取ってくれる。

手を繋がせる方法はどうしても女性の積極性が必要になるけど、「彼氏から手を繋いでくるようにしたい」と思ったら、多少踏み込んでアピールしてみよう。

まとめ

今回は、「デートで自然に手を繋ぐ方法」を中心に、両想いだけでなく片思いも含めて「手のつなぎ方」をトータルで考えた。

カップルだから行うことの中では「手を繋ぐ」のは初歩的なものだと言えるが、恥ずかしさを感じる人は照れてしまってタイミングが分からなくなるから、今回紹介したものを参考にしてみよう。

自然さを重視するならデート中の雰囲気を考慮しないといけないので、「このタイミングで手を繋ごう」と決め込むと失敗のもとになる。時間帯別に方法を提示したつもりなので、余裕をもってきっかけを探してみてほしい

関連記事:

アプローチ 付き合いはじめ 大学生の恋愛
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました