あと一歩で叶わない恋愛を成就させる片思いの叶え方~もう一歩踏み出すために

あと一歩かなわない片思いを叶える次の一歩をイメージした画像

あと一歩で叶わない恋愛、もう一歩で叶わない恋愛は、脈ありを感じつつも何かの失敗や間違いでダメにしてしまう恋愛だから、後悔も大きくなりやすい。

あなたが今、好きな人と自分との間にどのくらいの距離があったかは分からないけど、いい雰囲気・いい感じだった恋愛なのに付き合えないのだから、余計に「片思いの叶え方」がわからなくなってしまうこともあるだろう。

「もう一歩進む勇気があったら…」
「後1歩で付き合える恋愛なのに…」

叶わなかった片思いを想ってこの記事を読む人もいると思うけど、現在進行形で「後一歩の恋」を進めている人は、「どうしたら付き合えるのか」を知りたいと思うはず。

そこで今回は、「あと一歩で叶わない恋愛を成就させる片思いの叶え方」をまとめるので、今ちょうど片思いの最中であるあなたも、叶いそうで叶わない片思いを経験して失恋してしまった人も、何が片思いを叶えるために必要なのか、参考にしてみよう。

目次

恋愛には必ず二人きりの時間が必要

あと一歩叶わない恋は、「みんなといる時間」に感じがちで、LINEやメールなどで連絡を取りつつ、しかしながら「二人きりの時間を確保できない」でいつの間にかすれ違っていくことが多い。

みんなと過ごす中で好きな人と仲良くなっても、二人だけの時間がない(短い)なら付き合うまで恋愛は進まない。

これは、お互いでいいなと思い合う同士でもだ。

あと一歩の恋愛になったのに、デートに誘えないことで起こる副作用

後一歩の恋愛まで来た段階で「ずっとデートに誘えない」「月1,2回しか食事に誘えない」という場合、お互いに相手の気持ちが分からない「恋の副作用」に苦しむのが恋愛成就しない原因になる。

相手としては、好きか好きじゃないかはっきりしない態度を取っているように感じてすごくモヤモヤするから、片思いの後期では微妙な関係を続けるのがしんどい。

デートに誘わないということはストレートなアプローチがない状態になってしまうから、せっかく距離が縮まってもお互いに疑心暗鬼になってしまい、一定のところで恋愛の副作用がつらくなって二人の関係は止まる。

なんかいい感じだったのにどちらともなく気持ちが離れていってしまうのは、「思わせぶりな態度を取られた!」などと、恋愛の副作用で溜まったストレスを相手にぶつけてしまうこともその理由だ。(※行動面だけでなく、態度の面も含めて)

もしかしたら一回目のデート以降、次のデートに繋がらないでどんどん関係を微妙にさせた人がいるかもしれないが、同じように「二人きりの時間」を確保できなかったことが片思いを両想いにできなかった理由だろう。

あと一歩で叶う恋を叶えたいなら、距離が縮まってきた段階で確実に二人の時間を作っていくことが大切

あと一歩叶わない恋愛は、盛り上がっていく段階をうまく感じ取ることができず、二人きりで一緒に居られる関係になっているのに、「誘う一言」や「二人きりになろうとしない態度」でダメにしてしまう。

確かに恋をしているある瞬間に「いい雰囲気・いい感じ」だと意識できないこともあるのだけど、温め過ぎた関係は恋愛成就を逆に遠ざけるところがあるから気を付けないといけない。

恋の副作用は恋仲にある男女を壊す面があって、好きだという気持ちは苦しさもあるものだから、進むべき時に進める行動を取ることが大事だ。

あなたの取ったある行動や態度が「思わせぶり」だと取られることだってあるわけだから、あと一歩のところまで来たならちゃんとその一歩を踏み出さないといけない。

今まさに後1歩という片思いをしている人は、恥ずかしがらずに好きな人を誘ってみよう。デートじゃなくていい、食事でも飲みに行くでも、二人きりの時間を作って周りの目を気にせずに素直に接する時間を作ることが大切だ。

感じる愛情が好きな人にも前に進む勇気を与える。恋愛には「迷い」があることを知っておくべきである。

誘い方が分からない人は、下の記事を参考にしよう。男性向けとしているが、女性から誘う際にもたくさんの実用的な恋愛テクニックがまとめてある。

あと一歩踏み出せない人にありがちな「相手のせいにして恋を進めない」のは、自分のせいと思わないといけない

恋愛は「自分から」という意識が本当に大事で、付き合えない理由を「相手のせい」にしてしまうのは大きな間違いだ。

これは、片思いの時以外に付き合った後も同じように大事なことであり、後一歩進まない関係を進めるのは、相手ではなく、自分であることをもう一度認識しよう。

「この間、今度は私が誘うって言ったのに、相手から誘ってくれないから誘えない…」
「せっかく順調な恋愛だと思ったのに、脈なしっぽい態度を取られたから動けなくなった…」

あと一歩で叶いそうな片思いでは上記のような気持ちになるのがあるあるだけど、相手のせいにして恋を進めないのは自分のせいだ。

片思い両想い問わず、恋に絡む問題をつい相手のせいにしてしまうことは実際によくあることなのだけど、悩んだ挙句に「相手任せにする」のは恋愛がうまくいかない原因となるところ。

こんな考え方で片思いをする人は意識を変える必要があって、恋愛を成就させる片思いの叶え方でも重要な考え方だ。

好きな人のアクションを待ってしまうタイプ(受け身の恋愛をする人)があと一歩で叶う恋を叶えるには?

とは言っても、基本的に待ち主体で相手のアクションを待つタイプの人も多い。

そんな人は相手のアクションに関係作りが依存してしまうので、相手のせいにしてしまっても仕方ないと思うかもしれない。

しかし、待ち主体の人でも片思いを叶えるタイプは「ちゃんと気持ちを相手に伝えている点」が片思いを叶えられない人との違いだ。あと一歩かなわない恋愛に悩む場合は、「気持ちが伝わっているか」を考えないといけない。

恥ずかしがっているだけじゃ、相手はあなたの気持ちを見失って煩わしくも感じる。「何考えているか分からない」と思われるのだ。

相手が思い通りにちゃんと動いてくれることで片思いが叶うパターンももちろん多いけど、やはりあと一歩を進める勇気は男女双方に求められている

それぞれの性格やタイプが問題となっているのではなく、「距離が縮まった関係を進めるのは相手ではなくて自分なのだ」と思わないと、なかなか本当の気持ちを伝えにくい恋愛においては、片思いがかなわない理由となる。

受け身の恋愛をする女性は、下の記事も参考にしてみよう。

後一歩の恋愛は、あと一言が足りない恋愛

好きな人との会話の中では、ちゃんと気持ちを乗せて話をしよう。「あと一歩」は「あと一言」に変換できる。

いい感じになるまでは分かりにくい感情表現でもうまくいくのだけど、後一歩のところではお互いがきっかけ作りに努めるべき。

後一歩まできた恋愛は具体的な一言が必要になるケースも多くなり、微妙な一言から勘違いしてすれ違うこともある。

不安や心配の気持ちから「好きとは違う態度を取る」のが恋愛!あと一歩の恋愛を叶えるために「分かりやすい感情表現」をする必要がある

あと一歩の片思いを叶えるには、好きな人と近づいた距離感をしっかり意識して、「不安・心配」の気持ちを持つ恋愛心理を前提に、時には分かりやすく感情表現することを大切にしてほしい。

相手のせいにしてしまう人は、自分から好意を伝えるという恋愛の基本に立ち返って、好きな人に「give(ギブ)」の気持ちを持とう。

好きな人にどうやって好意を伝えるかわからない人は、こちらの記事を参考にすると良い。

できることをやってみる。それで変わる人は多いから、具体的努力として「もう一言」に気持ちを乗せて相手に伝えよう

ここはとても大切なところなのでもう少しまとめていく。

付き合っているカップルだって、相手の気持ちは見失う!あと一歩の片思いは、すれ違い期が自然消滅を生む

ここまで読んできて、あと一歩叶わない恋愛は、やがてくる「すれ違い期」を乗り越えることができずに自然消滅することが多いことに気づくかと思う。

本当にその恋があと一歩届かない恋愛だったのなら、付き合うきっかけがなかったことで両想いを確認できずに付き合えなかったわけだ。近いようで遠い一歩が踏み出せない恋愛となってしまっている。

もしこんな体験を複数回繰り返している人は、付き合うことができてもうまくいかないことが多くなるから注意をしてほしい。

この問題は片思いだけじゃなく、両想いの恋愛も壊すのが大きな問題だ。

あと一歩で叶わない恋を繰り返す人は、付き合うことになっても長続きしない

付き合っている男女でも気持ちのすれ違いはとても日常的に起こっていて、好きな人との関係作りは片思いの時以外に、付き合ってから、もっと言えば結婚後も続くとても繊細なものなのである。

恋愛は、お互いの気持ちが合ってはじめて長く続く。「想い合い」がとても大事なのに、相手の気持ちは目に見えるものではないから付き合ってからだってすぐに見失う。付き合う前に「好きだよ」と言えなかった人は、「付き合ってからなら言える」と思うのが間違いだ。

もっともっと今抱えている問題を自分の恋愛の仕方の弱点なのだと認識しないと、何かの拍子に付き合えても、今度は長続きしないと言う問題を抱える。

ここを片思いに応用して考えると、先程から述べている「好きな人に気持ちを伝えること」が、恋愛では本当に重要となる。

あと一歩届かなかったと後悔する前に、ちゃんと自分の気持ちを相手に理解してもらうことを自分の中で大切にしてほしい。あなたの気持ちは、好きな人に伝わってない。だから、あと一歩届かない恋愛が続く。

あと一歩進む勇気は「勇気を出せ」と言っても解決できないと思うが、何度も後一歩のところでダメにしてしまうなら、今のままでは付き合った後もしんどいことを理解して、「付き合うまでじゃない」というところをしっかり認識しよう。

あと一歩進む勇気は、「今の好きな人との関係を守るため」に出す

恋愛はうまくいかないことが辛い。距離が縮まったときは自分から付き合うきっかけを作る努力をし、きっかけができた時はしっかりそれを生かすように言葉と態度を尽くさないといけない。

好きな人と友達になると、関係を壊すのが怖いから片思いを進める勇気が出せないが、あと一歩を進む勇気は今の好きな人との関係を守るために出す。

もちろん、片思いを叶えるために相手の行動や態度も重要で、そこには「ご縁」みたいな不確かなものも関係してくるのだけど、自分がそれに強く作用していくことはできる。

自然消滅する前に、二人が急接近するタイミングでしっかり想いを伝える勇気を持とう。

後で後悔する恋愛は忘れるのが難しい

うまくいきそうでうまくいかなかった恋愛は踏ん切りもつけにくい。あと一歩で叶ってた片思いは忘れるまでの時間がかかるのも特徴になっている。

振られるなら忘れるのに時間がかからないけど、告白できないのだからどうしても二人の可能性を考えてしまって何度も何度も思い出してしまう。

壊れる関係におびえることがあっても、その関係が長く継続することは保証されていないわけだし、後一歩の努力をどんな形でも具体化しよう。

踏み出す前にすれ違ってしまうことがないように、仲の良い関係や連絡を取り合う関係を維持するためにも「進める勇気」をもってほしい。

感情的になれば言葉は自然に出る!後一歩の恋愛はケンカが付き合うきっかけになることもある

あと一歩届かない恋愛に悩む人は「あまり感情的にならない」という特徴がある。

本来「感情的になる人」は人付き合い全般がうまくいかないが、恋愛感情のように特別な気持は冷静なままで表現できないこともあり、好きな人とのケンカが時に片思いをかなえる方法へとつながる。

それくらい、思ったことをちゃんと伝えることは「後一歩の片思い」で重要なのだ。

恋愛関係にある二人がよくケンカするのは恋愛感情が理由

カップルの喧嘩は「好きだから」という理由で起こる機会が多い。恋愛関係にある二人、もしくは恋愛感情が絡む関係では、嫉妬や自分への理解、大事にしてくれない態度などが喧嘩の原因になる。

でも、世の中には嫉妬されることで愛情を感じる人がいるように、恋愛では怒る相手を見て愛情を感じる機会となる場合がある。仲直りする過程で愛情を伝えあうことも、時に喧嘩がカップルの絆を深めるきっかけになる理由だ。

今回のテーマに当てはめて考えても、喧嘩がきっかけで気持ちを伝えることになっても良いと言える。

喧嘩するようなシチュエーションは、大きな感情の動きが言えなかった一言を言わせる

ケンカをすると感情的になりやすく、熟考しない言葉がつい口からこぼれる。

基本的には良くないことだけど、あと一歩を踏み出すきっかけになることもあるから無視できないシチュエーションだ。

結果論的ではあるものの、「それって好きってこと?」と聞きたくなる言葉が、実は「片思いの時の喧嘩」には含まれている。

感情的になれば自然と気持ちが言葉になる。抑え込んだ感情だけになるくらいだったら、形を選ばずに気持ちを相手にぶつけてみる方が恋愛を成就させる、それが現実だ。

特別な感情を持った相手と向き合えば、コントロールしきれない気持ちだって抱える。それを別の形で出すくらいなら、ケンカになりそうなことでも相手にぶつかっていく方が恋愛を叶える考え方である

あと一歩のところまで恋愛が進んできたこと確信するのは難しいけど、現実には「雨降って地固まる」よりも、恋愛では「雨降って虹がかかる」ことがあることを知っておいてほしい。

それだけ気持ちを言葉にすることが大切だと教える例である。

後一歩で叶わない片思いを叶える「告白する人」は何を考えているのか

あと一歩届かない恋を終わらせたのは「振られたから」だろうか。それとも自然消滅のように、終わった日が分からないような恋愛だったろうか。

片思いを叶える「告白する人」が何を考えているか知ることで、片思いを叶える方法の一部を知ることができる。

告白できなかった人は下の記事を読んでみよう。

好きな人に告白できない人へ~後悔する前に考えたいこと
好きな人に告白できない人って、実はかなり多いことがデータ上ではっきり分かっている。 上の記事で紹介しているデータの中に、告白した人数の平均を条件別で算出している部分があるのだが、告白できない人は彼女ができない傾向が強い

色々な想いを持って、人は好きな人に告白する。付き合おうと告白できない人はそれだけで片思いが叶わない理由となるので参考にしてみてほしい。

告白できなかった人と両想いだったのを後から知ることは恋愛あるある~みんなの恋愛事情と共に
ある恋愛が過去になると、時々その答え合わせができる機会に遭遇する。 「え?告白したらOKだったの?」 同窓会などは一番イメージに近いけれど、告白できなかった人と両想いだったのを後から知ることは恋愛あるあるで、私も何度か経験し

全ての恋愛で好きな人に告白することはできない。でも、後一歩叶わない恋愛は踏み出す勇気がないから結果を見ていないだけである。

届かない後一歩がきっかけのみを必要としていることは珍しくなく、好きな人と特別仲良くなれたなら両想いの可能性は決して低くないのだから、告白する勇気は大事にしてほしい。

とにかくもう一歩の恋愛は繰り返してはいけない。恋愛は片思いよりも両想いにたくさんの幸せがある。好きな人といい感じになっただけで満足せず、ぜひ「付き合える人」になってほしい。

それがきっとあなたとあなたの好きな人の幸せだと思うのである。後1歩叶わない恋愛を叶えるのは、あなたの勇気だ。

自信のない人へ:
告白できないのは「自信の無さ」が原因となるケースが多い。好きな人と仲良くなっても相手の気持ちを疑い続け、本当は自分の問題で最後の一歩が進めないパターンだ。
自信がない人は一朝一夕に解決が難しいけれど、自分の弱点だと思う人はなるべく早く具体的な解決手段が取れるように、下の記事を読んでおこう。
自分の恋愛が上手くいかない原因をしっかり把握して向きあえば、せめて「未来の恋愛」を変えることができるはずだ。
>>【恋愛】自分に自信がないのはモテない理由になる~自信がある人と自信がない人の違いと、具体的な解決策とは?

まとめ

今回は「あと一歩で叶わない恋愛を成就させる片思いの叶え方」をまとめた。

本当にあと一歩が届かない恋ならば、どう気持ちを確認し合うかが大事。伝わっているはずだと思えばそれもすれ違う原因になるので、相手と向き合って伝わるように伝えることが重要だ。

両想いなのに告白しない人もいる。心理を知るために下の記事も参考になると思う。

恋愛すると「自分たちの雰囲気がよくわからない」という人は、下の記事を読んでおこう。

アプローチ 良い雰囲気の二人
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました