男性が可愛いと思う女性の仕草7選~ガサツな女と清楚な女性の差

男性から見た女性の可愛い仕草をイメージした画像

女性は、仕草で雰囲気が変わる。

ちょっとした仕草だけで可愛い女性の雰囲気がでるので、男性がある女性に対して「お姫様扱いをするのか、適当に扱うのか」の差を付けるポイントにすることもしばしばだ。

そこで今回は、「男性が可愛いと思う女性の仕草」を紹介するので、意識する男性がいるならできるものからやってみてはいかがだろう?

男性目線で「女性として気を付けるべきポイント」にも触れていくから、ガサツな女に見られないようにという意味でも参考にしてみてほしい。

きちんと理解して実行すれば、あなたを見る周りの男性の目が変わるかもしれない。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

まずは「自分の仕草」を意識すること

「どんな仕草が男性ウケするの?」と、具体的に女性の可愛い仕草を知ることは大事だが、それ以上に基本となるのは「自分の仕草を意識すること」である。気を付けている女性と気を付けていない女性では、それだけで清楚な女性とガサツな女の差がついている。

まずは自分の仕草をガサツにせず、綺麗に見せられるように意識をしよう。

可愛いなって思う女の子の観察も大切になるし、自分の女子力アップに頑張ろうとする姿勢がないと恋愛力は上がらない。

最初にここを押さえた上で具体的に解説していこう。

スポンサーリンク

両手でモノに触る仕草は男性目線だと可愛く見える

女性が両手でモノに触る仕草は、男性から可愛いと見える仕草だ。かよわい女性らしさが出ている仕草で、片手でも持てるものを両手で持つ姿がガサツさを感じさせない。丁寧なところが男性に女性らしさを感じさせる。

飲み物を両手で取って飲んだり、男性の腕を両手で引っ張ったり。彼女として彼氏にプレゼントするときも、両手で渡した方が可愛く見える。

男性は両手でものを触ることが少ないから、男女の違いも意外にはっきりしている仕草だろう。簡単な方法だと思うので、好きな人の前で女性らしく振舞いたいなら、女性らしく見えてさり気ないと思う。

女性からガサツな感じを受けず、清楚に見える可愛い仕草だ。

袖から少しだけ手を出している姿

「袖から少し出す手」が女性の可愛い仕草。男性は女性らしさを感じる。

女性雑誌でも頻繁に紹介される、かなり有名な可愛く見える鉄板仕草が「袖から少しだけ手を出している姿」だ。寒い時に女性が裾からちょっとだけ手を出している姿は、その女性がか弱く見えて、男性からするととても可愛く見える。

男性がやらない仕草なので、立居振舞い全体が女性らしく見える。
雰囲気が甘えているようにも見えるので、好きな人に可愛く見せたい女性におすすめの仕草である。

さらに、そこから両手を暖めるように、口の周りに持ってくると、もっと可愛く見える。

男性としては女性の弱さを見ると守ってあげたい感情になるので、ちょこんと袖から手を出すしぐさが女性らしく可愛い仕草だと思うことが多い。有名な仕草なので、寒い季節でのデートではさりげなくやってみよう。彼女として付き合っているなら、この仕草と一緒に彼氏に甘えるとベストである。

首を傾げながらきょとんと見つめる

男性の中には、女性に色々教えてあげたいと思う人が多い。異性から尊敬されたいという心理を持つ。男性はうんちくを語る人が多いが、特に女性に対しては知識面でカッコつけるのだ。

そんな時に可愛い仕草は、首を少し傾げながらきょとんと見つめる仕草。「うわ、可愛い…!」と、女の子に見つめられながら男子が内心で照れる瞬間だ。ガサツに扱う女性との差が付く

きょとんとした感じがバカにみられることもあるのかもしれないけれど、時々ふいにこの仕草をされると、男性はキュンとする。好きな人があなたに何か教えようとするときは、同じように賢さを見せるよりも、聞く態度に気を付ける方が、ガサツな女と清楚な女性の違いを攻略できる

どんどん話を盛り上げるように質問するとガサツな女に見えやすくなることがあるため、男性が専門的な話しやコアな趣味の話をする際は、時々やってみると女性らしく見られるだろう。相手が気持ち良く話せているなら、もっと話をしたくなる態度だ。

もっと教えてあげたいと男性が思うことが多い仕草なので、会話の間合いが掴めた頃にやってみよう。

「髪を触る仕草」は、やり過ぎを防止しつつ、ポイントを押さえる

長い髪は女性の象徴の一つで、男性は目が行きやすい。

これは、「やり過ぎ」に気を付ける必要があるのだが、時々髪を触る仕草は基本的に男性が女性らしさを感じる仕草で、その女性が可愛く見える。セミロング以上の女性は是非意識してみてほしい。

「髪を結ぶ姿」「結んだ髪をほどく姿」も、多くの男性がキュンとする瞬間でつい目が行くポイントなので、意識的にやってみても良いだろう。男性同士の中ではよく「可愛い仕草」として話題になる。

ちょっとしたタイミングで髪に触れることも有効で、男性からすると可愛い仕草に見える。時々、頻繁に髪を触って話す女性がいるが、これは逆効果となり、自分の話しに興味がないように男性は感じることが多いから気を付けよう。やりすぎはガサツな女に認定される。変なレッテルが張られないように、時折髪を触るくらいにしておくのがポイントである。

足を組み替える仕草はガサツに見られないように、女らしく

男性は、無意識でもどうしても女性の足には目が行ってしまう。

女性の足を組み替える仕草は、男性の感覚では見ようとするかしないかというより、無意識に目で追ってしまうこともしばしば。可愛い仕草とまでは言えないのかもしれないけれど、女性らしさを感じる。

足を組み替える動作そのものが可愛い仕草ではないのだけど、ガサツな女と差を付けられたら可愛く見えるから、「男はつい女の足に目が行くこと」を是非女性には意識してもらいたい女性の足が動く様が美しく見せられると、清楚さを感じるポイントになり、男性が可愛いと思う女性の仕草になる。

逆に、大胆な足の組み替えを行ったり、変なテクニックを繰り出すより、自然で流れるように行う方をおすすめする。ガサツな女に見られたくないならセクシーアピールは清楚に行うべきだ。

女性らしい動きに男性は可愛いと感じるので、好きな人の前では見られているかもと思って、足の組み替えを行おう。男性がつい目で追ってしまう動作であるが故に、ガサツな女と清楚な女性で差が付くように感じる。

恥ずかしそうにうつむいてから上目使い

女性が男性に可愛くお願いしている仕草。ポーズがかわいらしく、男性がキュンとする仕草である。

恥ずかしいことがあったら、照れることをごまかすより、それを表現された方が男はキュンとする。

ガサツな女は「恥ずかしさ」や「照れ」をバカ笑いしてごまかそうとするが、清楚で可愛く見える仕草は、そのまま恥ずかしそうにうつむいて男性の反応を心配するように上目使いで見つめる仕草だ。女らしさを意識すると、なるべくなら素直に表現するように頑張れるといい。

好きな人の前では、恥ずかしいことがあってもごまかすように喋りまくったり笑ってごまかすより、素直な反応の方が可愛く見える

笑ってごまかすなら、微笑む方が可愛い仕草だ。大笑いする女性は少ないが、ノリで乗り切るみたいな反応はガサツに見えるので注意しよう。好きな人と友達になってしまうタイプは、ガサツに笑い飛ばしてしまう。

女性の「顔の近くで動く手」は可愛い

顔の近くで動く手は、可愛く見える女性の仕草がとても多い。バイバイと手を振る時も、顔の近くで小さく振る方が男性から見ると可愛く見える。

その他にも口に当てる手や、鼻に当てる手にも、なぜか目が行く男性は多い。

笑った時に自分の口に手を当てる時は、可愛く見える女子とそうではない女子で大分差が付くポイントだから意識してみよう。ガサツに振舞うなら、清楚な女性とは見られなくなる。ガサツな女と清楚な女性で見分けが付くポイントだったりするのだ。

女性的な感性では、手の動きというのはあまり重要視されないかもしれないが、女性が顔の近くで動かす手には可愛さとガサツさがかなり出る。「小さくゆっくり」を意識すると女性らしい仕草になるだろう。

基本的には、女性が顔の近くで手を動かしている姿は男性に取って可愛く見える仕草なので、可愛いらしく見られるように意識すると変わってくる女性がいるはずだ。

まとめ

今回は7つのポイントで「男性が可愛いと思う女性の仕草」を紹介しながら、「ガサツな女と清楚な女性の差」についてもまとめた。

女性の仕草は行動全般のため、常に気を付けなければならないともいえるが、男性が特に可愛いと思っている仕草は注目度が高いという特徴がある。つい目で追ってしまう女性の仕草を紹介したので意識すると変わるはず。そこを頑張ることができれば男性からお姫様扱いされる女性に近づくことは可能だろう。

見た目の可愛さも重要だが、それ以上に女性の仕草はイメージを作る上で重要だ。

「自分が可愛くないから可愛い仕草が似合わない」などと思う必要は全くない。それで敢えて可愛い仕草を排除してしまうのはすごく勿体ない。

モテる女性は、上手く自分をプロデュースしているので、できるモテ仕草から好きな人の前でやってみよう。イメージが変わって恋愛が上手くいくことも増えると思う。

関連記事: