真剣な人限定>>恋愛がうまくいかないのは恋愛力の問題?

好きバレしたら恋愛はうまくいかない?好きバレのメリットや恋愛の効果とは

女性が好きバレのメリットにグッドサインを出している

好きな人に自分の気持ちがバレる「好きバレ」は、恋愛が苦手な人ほど「恋が叶わない原因」だと思っている。好きな人が自分の好意に気付いた後で片思いを進めていくことになるため、両想いになるのは無理だと思ってしまうのだ。

片思いしている時は誰もが「好きな気持ちはバレたくない」と思っているから、「気持ちがバレたら終わり」と考えがちなのである。

しかし、好きな人に好きだとバレた後でも、恋を叶えることはできないと決まったわけじゃない。ちゃんと、好きバレにも恋愛のメリットや効果があるのだ。

そこで今回は、好きな人に気持ちがバレた人や好きバレしやすい恋愛傾向を持った人のために、「好きバレのメリットや恋愛の効果」について紹介する。

「好きがバレると恋は上手くいかないの?」と、不安や心配な人は対処のヒントにしてみてほしい。

好きバレには恋愛を進める上でのメリットや効果がある!

基本的に「友達」から始まることの多い恋愛においては、好きだと言う気持ちは「段々と伝わる」のが確かに理想である。最初は友達として仲良くなり、外見だけじゃなく中身や性格が良い形で伝わりながら恋愛が進む方がベストだ。

しかし、スキバレにもちゃんと恋愛の効果があり、メリットも存在する。好きバレするタイプや好きな気持ちがバレた人は、つい「もう終わり!好きな人に話しかけることもできなくなった…」なんて考えがちだが、恋愛的にはあなたのこういったショックの気持ちや後ろ向きな考え方が恋愛を難しくしてしまっている。

好きバレした後の対処法はある意味「覚悟」が求められるかもしれないが、もし恋愛傾向にまでなっているとしたら「スキバレした後の恋愛の仕方」がテーマになっている。

この記事が勇気を出すきっかけとなれば、あなたの恋愛も変わってくるはずだ。好きバレするメリットや恋愛の効果を知って、叶う恋の仕方をしよう。

「友達」じゃなく「異性」として意識してもらえる

世の中には「わざと好きバレさせて恋愛するタイプ」の人がいるが、そのタイプが最も期待している好きバレの効果が「異性として意識させること」だ。

好きな人から好意に気付かれると、女として意識される、男として意識されるという「片思いの入り口」がすごくシンプルになる。

片思いをしている相手からは、自分を異性として意識してもらうことが本当に大事になる。進まない片思いの特徴は、自分から友達の雰囲気を作ってしまうのが典型的な例で、恋愛の雰囲気にならないことがよく問題となっている。

好きバレのメリットとして「異性として意識してもらえること」は、付き合うという目標を持った恋愛ではすごく大きくなっている。超攻撃的な恋愛の仕方と表現するべきかもしれないが、保守的すぎて「好意が伝えれないこと」に悩んでいる人も実際に大勢いるのだ。

前述したように、普通の片思いは気持ちを隠して、まずは友達として仲良くなっていく過程の中で「好意」を匂わせる。友達らしく仲良くなりつつ恋愛の雰囲気を作っていくから、「伝わりにくい」のがデメリットだ。

そこを好きバレする人は割と早い時期から気持ちがバレてしまうので、「気づいたら友達になってて恋愛が進めにくくなった」ということが減らせる。ここは、あなたが思っている以上に恋愛では効果がある部分だ。

異性同士で仲が良くなったとしても、「友達」として好意があったのか、「恋愛感情」として好意を持っていたのかで意味が変わってくる。好きな人に気付かれた形で好きバレしたとしても、好きバレをきっかけに恋の進展が期待できるのは、いずれ答えを出していく片思いではメリットと考えられる。

ここは、もう少し続けて説明しよう。

脈ありも脈なしも、片思いの結果が早くでる

付き合う前の恋愛は、友達期間が長くなるとうまくいかない。

好きバレして二人の関係に恋愛感情が絡んでいることが意識されると、片思いの結果は早く出るのが特徴だ。

特に効果が高いのは、片思いから両想いになる微妙な時期。お互いに自信が持てなくてすれ違いが起きるこの時期に好きバレすると、良いきっかけになって一気にカップルなることも珍しくない。

人は、好意を寄せられる相手や、好きだと思われている相手の気持ちに気付いた時点で、「付き合えるかどうか」や「もっと関係を深めていきたいかどうか」をジャッジする。一つの好意に対し「受け取るか、受け取らないか」を選ぶ必要があるためだ。

気持ちに気づいているなら普通に仲良くするだけで「思わせぶりな態度」を取ることになり、どうしても好きバレすることが「告白した後」と似たようなところがある。

もちろん、あまり関係が深まっていない時期に告白したのと同じ意味を持つ「好きバレの状態」になるのは歓迎しない場合が多いのだけど、好きバレした後で仲良くしてくれるのは強い脈ありサインになるし、好意がバレた後でそっけない態度を取るならいずれにしても脈なしの恋愛だったということ。

恋愛が苦手な人の中には「ずっと好意を隠して叶わない恋の延命をする人」がいるため、恋愛の結果を出していけるところは「恋人を作る」という点で優位性がある。

恋愛力の意味は「好きバレする時期を調整できること」がベストだが、好きな人と仲良くなった後でスキバレする人は、脈ありと脈なしのジャッジが早くなっているだけで、好きバレが恋をダメにする原因ではない。

好意がバレることで、一途さをアピールできる

好きバレするくらいのアプローチができるなら「一途さ」をアピールできる点もメリットだ。

気持ちがバレてからも好きな人に頑張り続けることは覚悟のいることだけど、想いの強さや周りの目を気にしないでひたむきに想いを届ける人の愛情が、好きな人の気持ちを動かすことは決して珍しいことではない。

好きバレしてもその後に追い続ける人は、意外にもその後にちゃんと好きな人の気持ちを動かしている人も多いのだが、もし好きバレが受け入れることができたら、「一途さをアピールしよう」と頑張ってみよう。

気まずさを乗り越えた先は、好きな人と話し込めるだけで脈ありサインとなり、分かりやすい恋愛がはじまる。

恋愛の効果としても一途さを伝えられる点は、好きな人から見たあなたの魅力となる。

好きバレすると、周囲の応援が得られる

好きバレする時は、好きな人本人だけでなく、周りの友達にもバレていることが多いはずだ。又は、好きバレの対象が「友達」だという人もいるだろう、そこにも好きバレのメリットがある。

その一つ目のメリットは「周りの人から応援してもらえることがある」点だ。

みんなで遊びに行ったときにうまく二人きりにしてくれたり、それとなくあなたをアピールしてくれたり、食事や飲み会で好きな人の近くを譲ってくれたり。あなたの好きな人がバレているので、周りは良い意味でも悪い意味でも気を遣う。

実際は時に迷惑な応援もあるのだけど、恋のキューピットになってくれる友達が現れるかもしれない点は、「好きな人と付き合う」上でメリットに考えたいポイントだ。そこまでの協力的でなくても、友達から応援してもらうことでほんのちょっとの勇気がもらえる。それが一つのきっかけを与えることはよくある話だ。

何とか開き直って好きな人にアプローチできる人は、周囲を見方にして恋愛を進めているのも現実のお話。好きバレを「諦める理由」にする人と、「メリットや効果を最大化しようと考える人」では、片思いの結果が大きく違っている。

二つ目も注目。見出しを変えて続けよう。

恋敵が減らせることも好きバレのメリット!ライバルの出現にけん制する効果

周囲の人に好きな人がバレた時は恥ずかしい気持ちが半端ないものだが、間違いなく恋敵を減らすことができる点は、コミュニティ恋愛における大きなメリットだ。

仲良しグループでは他の誰かに取られることも多いから、好きバレによって「自分が好きな人を宣言するような形」になると、同性同士の恋愛的なゴタゴタが減らせる。あなたにも、「あの人は○○さんが好きだから距離を置かないと」なんて考えたことがなかっただろうか?

自然といい感じになる男女も多いので、学校や職場でも案外このメリットが大きい。

好きバレですべてのライバルがあなたに気を遣って諦めるかどうかは分からないけど、あなたの好きな人を自分も好きになって、わざわざもめたくないと思うのは普通の感覚である。

三角関係になることが一定のレベルで予防できる効果は、気づきにくいけど確実に存在している。

モテる人や素敵な人は、案外潜在的なライバルが多いものだ。好きバレするタイプの人は、後から好きになる人を減らせる効果も実は享受できている。

好きバレすることで、片思い独特のすれ違いを防げる

片思い中の行動や態度は、遠回しになって結構微妙な感じになることも多い。好きバレしていると、あなたのアプローチに対して「チャラい」とか「からかっているのかな」とか「思わせぶりな態度」だと、マイナスなイメージを持たれないこともメリットだ。

「誠実さ」をアピールできるメリットは見逃せない。恋愛の効果も大きい部分である。

好きバレのきっかけにもよるのだけど、あなたの恋愛感情に相手が確信を持った場合は、それなりにあなたのことを考える。片思い独特のすれ違いは「気持ちがバレないため、好きバレをしないため、に為される行動や態度」で起きる面もあることを知っていると思うけど、好きバレしている時はあなたの行動や態度に「好きだから」と変に勘違いされることがなくなる。

「気持ちがバレないように…」と、好意を否定する態度が片思いを難しくしているので、好きバレした後は恋愛がやっぱりシンプルになる。分かりやすい恋愛になるのがメリットの一つだ。

思わせぶりな態度を取ったり引いたりする恋愛の仕方は合わないため、好きバレする人は素直に好きな人を追えると良い。本当は、ちゃんと好きバレのメリットも享受しているのである。

好きバレをアプローチのきっかけに!思い切って口説ける効果も大きい

微妙なアプローチは微妙な効果しか期待できず、好きな人との距離を縮めるには至らないことがほとんどだ。

好きバレを心配して好意を隠していると「友達」を意識させながらアプローチすることになり、恋の進展も遅くなってしまうが、好きバレした後は好きバレを心配して行動や態度を敢えて曖昧にする必要がなくなり、思い切ったアプローチができる点もメリット。

好きバレしたことをきっかけに腹をくくれば、アプローチに積極的なることができ、好きな人を思い切って口説ける。好きバレを味方につける恋愛の仕方では、すごく重要な部分である。

はっきり言ってしまえば、好きバレ後のアプローチはここを強みに変える努力も必要で、それができないと恋愛成就がむしろ難しくなる。好きバレした後は好きな人もあなたを意識するので、何もしなければどんどん気まずくなる。

好きな人に気持ちを知られて片思いがうまくいかない!好きバレのデメリットや悪影響は?
過去記事「好きバレしたら恋愛はうまくいかない?好きバレのメリットや恋愛の効果とは」で、好きバレのメリットや恋愛の効果などをまとめた。 上の記事でも...

上に紹介した好きバレのデメリットの記事でもう一度説明しているが、思い切ってアプローチできるメリットをメリットにできる人が好きバレした後の片思いを成就させる。

好きバレした後は勇気を出して思い切ったアプローチをしていこう。短期勝負になりやすいという特徴を活かすように恋ができれば、好きな人の気持ちが分かりやすい分、恋愛が苦手な人も脈ありと脈なしが掴みやすい。

好きな人を口説けないという男性は下の記事を読んで、恋を進めていけるマインドセットをしよう。

まとめ

今回は、好きな人に気持ちがバレた人や好きバレしやすい恋愛傾向を持った人のために、「好きバレのメリットや恋愛の効果」について紹介した。片思いがバレた人は、今回紹介しているメリットを意識して、恋愛成就に努力を重ねよう。

好きな気持ちがバレるのは恥ずかしいことで、周りの目を気にしたり、相手の反応を深読みして恋を諦めるきっかけにしてしまう人もいるけど、それはもったいない。

メリットとデメリットの両面がある問題なので、好きな人をあきらめたくない人は、好きバレのメリットに目を向けよう。恋愛における効果を意識して「恋の仕方」を再考すれば、あなたの強みに変えることもできる。

友達止まりで終わる恋愛を繰り返している人も多いので、自信を失わずに好きな人を追いかけて、ぜひ幸せを掴んでほしい。

女性は下の記事も参考にしてみよう。

関連記事:

タイトルとURLをコピーしました