好きな人といい雰囲気になるにはどうしたらいいか~恋愛の「良い雰囲気」の作り方

いい雰囲気の作り方に成功して付き合うことになったカップル

片思いの恋愛では、「雰囲気の作り方」がすごく重要で、恋愛の雰囲気にならない男女はなかなか付き合うまで恋愛が発展しない。

デートの雰囲気の作り方そういう雰囲気の作り方は、恋愛が苦手な人ほど「分からない」「難しい」と感じがちだ。

恋愛は、二人が出会い、友達や知り合いとして仲良くなり、食事やデートを繰り返す中で両想いになって付き合うようになるけど、その過程で「好きな人といい雰囲気にならない二人」は、恋愛的な意味のムードの作り方に失敗していて、せっかくうまく行きそうな恋愛さえ叶わない状況を誘発する。

あなたがもし甘い雰囲気の作り方や、いいムードの作り方が分かっていたら、好きな人と段々近づく距離感を実感でき、告白の雰囲気も高まっていくだろう。

実際、恋愛が得意な人は意識的にいい雰囲気を作っていて、甘い雰囲気の中で好きな人との恋愛を進める。

恋愛が苦手な人は「どうしたら好きな人といい雰囲気になれるのか」がわからないから片思いが進まない状況がある。

そこで今回は「好きな人といい雰囲気になるにはどうしたらいいか」について、基本的な方法から恋愛テクニックまで徹底解説する。

恋愛の「良い雰囲気の作り方」を紐解いていくので、好きな人となかなかいい雰囲気になれないという人は、ぜひ詳しく読んでみよう。

この記事の後半では、「デートでいい雰囲気を作る方法」「いい雰囲気が苦手な人の理由と対処法」も解説している。

  1. 好きな人といい雰囲気になるということはどのような状態になっているか
  2. 好きな人といい雰囲気になるには「好意を伝える」のが条件だが、好意を伝えるには好きな人を信頼できないと難しい
    1. 好きな人を信頼することができると、少しずつ好意が伝えられるから雰囲気作りができてくる
  3. 恋愛の良い雰囲気の作り方とは?雰囲気の作り方を段階別に解説!
    1. コミュニケーションを増やして好きな人の身近な人になる
    2. いい雰囲気の作り方は楽しい会話の雰囲気から!「笑い合う二人」になるためには「共感」を大事にする
    3. いい雰囲気の作り方は、まず自分が好意を伝えていくことで、好きな人と好意を受け入れ合う関係を目指す
    4. 恋愛の雰囲気があるからこそ「いい雰囲気」、さらに良い雰囲気にするためには「特別な好意」を伝える
  4. 好きな人ともっと良い雰囲気を作る方法!雰囲気の作り方の恋愛テクニック的な方法とは?
    1. スキンシップ・ボディタッチ
    2. わざと距離感を詰める
    3. シリアスな雰囲気でも会話してみる
  5. 二人で会う関係は「頻繁に会える関係」を目指すと良い雰囲気になれる
    1. いい雰囲気の作り方は「頻繁に二人で会う関係」を作るところから!何度も誘うことに自信がない人はどうしたらいい?
  6. デートの雰囲気の作り方
    1. 自然にいい雰囲気になるデートスポットでデートする
    2. 横並びの席でお酒を飲む(夜ご飯の場所)
    3. デートでロマンティックな雰囲気を作るには、しゃべらない時間を作る。雰囲気の作り方は「見つめる時間」を作るのもおすすめ
  7. いい雰囲気が苦手な人の理由と対処法
    1. いい雰囲気が苦手な人は、恋愛に照れや恥ずかしさが強い!恋愛の雰囲気が出てきたらもっと自然な感情に意識を向けよう
    2. いい雰囲気が苦手な原因は本当に好きになる前に相手の圧を感じるから
  8. まとめ

好きな人といい雰囲気になるということはどのような状態になっているか

好きな人といい雰囲気になりたい!画像は、カップルが夕日を見ながら寄り添う姿。

好きな人といい雰囲気になりたいと思うとき、まず「どんな状態がいい雰囲気になったと言えるのか」を理解している必要がある。

では、好きな人といい雰囲気になったと言える最大の条件は?というと、「お互いが好意を受け入れ合っている」という状態になることである。

ここで言う「好意」はとても広い意味で使っていて、いい雰囲気の二人にも色々な雰囲気があるため、好意の種類が恋愛感情じゃなくても実際は周りから見て「良い雰囲気だ」と思われるような状態になる。

しかしながら、今回のテーマはあくまで「恋愛」を強烈に意識しているのだから、「好意」は恋愛感情に近い感情であればあるほどいいのは言うまでもないことだ。

そう考えると、好きな人と良い雰囲気になりたいなら、まずあなたがいずれの方法にせよ「好意を伝える」ということが条件となる。

だから、好きな人ができても恋愛から逃げている人は自分から友達の雰囲気を作り、いい雰囲気になれないのである。

※恋愛で言うところの「いい雰囲気」がよくわからない人は、下の記事を読んでおこう。
恋愛における「いい雰囲気」とはどんな状態を言うのか~いい感じの二人に見られる特徴

好きな人といい雰囲気になるには「好意を伝える」のが条件だが、好意を伝えるには好きな人を信頼できないと難しい

好きな人に好意を伝えるというと、「好きだ」って気持ちを伝えることだと誤解するが、現実的にはそうじゃない。もっともっと広い意味だ。

好きな人といい雰囲気になりたいと思っても最初から恋愛感情を前面に出す必要はなくて、「人(友達)として素敵だと思う」とか「先輩として素敵だと思う」という気持ちを伝えることがスタートになっている。

甘い雰囲気を作りたいと思っても付き合う前なのだから、告白のような意味で好意を伝えると気まずい雰囲気になるリスクが高い。雰囲気の作り方の最も基本的な行動が、あらゆる意味の好意を伝えることだということだ。

とはいえ、好きな人にはたとえ友達としてでも好意を伝えるのは難しいことだ。あなたは相手を特別な人として見ているから、自然に好意を伝えようとすると、どうしたって意識する。

「もし好きバレしたらどうしよう…」「気持ちがわかっちゃったら引かれるかも…」なんて考えてしまうはず。

好きな人といい雰囲気になりたいと思って遠まわしでも好意を伝えようとするとき、好きなのだから不安になるし、怖くなる。

いい雰囲気を作るには好意を伝えることが大事だとわかっても、いざチャレンジすると雰囲気の作り方が分からないと思う人ほど怖くてできないと思うはずだ。

では、どう考えたらちょっとずつでも好意が伝えられる人になれるだろう?

好きな人を信頼することができると、少しずつ好意が伝えられるから雰囲気作りができてくる

恋愛の雰囲気にならない人が、好きな人に好意を伝えていくには「相手を信頼すること」が大事になる。だから、片思い中は好きな人と距離を縮めることが重要なのだ。

距離が縮まる内にその二人には「信頼関係」が僅かずつでも出来上がる。そこで相手を信じることができてくるから、「(自分が持っている気持ちの中から)話せること」が増えていくのである。

かっこいいと思った時にかっこいいと言え、可愛いと思った時に可愛いと言えるのは、距離が縮まっていないと難しい。(※言ったらどう思われるだろうと考えてしまうから)

  • 距離が縮まってない=信頼できない=自分の気持ちが話せない=友達としてでも好意が伝えられない=表面的な関係に留まっていい雰囲気にならない
  • 距離が縮まった=信頼できる=自分の気持ちが話せる=友達としてなら好意を伝えることができる=いい雰囲気の作り方ができてくる

恋愛の良い雰囲気を作るには、好きな人を信頼すること、信頼できるだけ距離を縮めることが重要だ。

これは「好きな人が自分を受け入れてくれる」という状態に近く、それが距離が縮まった状態だと言い換えることができる。

恋愛すると自分を守ってしまう、自分を作ってしまうという人は、好きな人に自分を出すために一定の覚悟が必要な場合もあるだろう。

恋愛を進めていくには、逃げている状態から向き合っている状態になっていないといけない。恋愛すると逃げてしまう人は、下の記事を読んでみると「これからの恋愛」を変えることができるかもしれない。

前提となる話をしたところで、次の見出しでは「いい雰囲気の作り方」を具体的に解説していく。

恋愛の良い雰囲気の作り方とは?雰囲気の作り方を段階別に解説!

恋愛のいい雰囲気の作り方を実践した男性とリアクションする女性

では、具体的に「好きな人といい雰囲気になるにはどうしたらいいか」を解説する。

とても基本的なことも含めてポイントを挙げていくいくのは、積み重ねも大事だからだ。

各項目で雰囲気の作り方のコツに当たることを伝えるので、多くのことにチャレンジしてみてほしい。

ここでは、雰囲気の作り方を段階別に解説するので、既に好きな人と仲良くなれている人は次の大見出しで解説する「もっと良い雰囲気を作る方法(恋愛テクニック編)」にジャンプしてほしい。

コミュニケーションを増やして好きな人の身近な人になる

雰囲気の作り方は、その土台となる「二人の関係性」が必要なので、いい雰囲気にならない原因が「二人の距離」にあるなら、あなたがまず取り組むべきが「コミュニケーション量を増やすこと」である。

恋愛が苦手なら最初は「仲の良い友達になろう」と頑張ってみよう。意味は別として、仲良くなると二人の距離が縮まって、いい雰囲気を作るのに必要な信頼関係ができてくる。

LINEや通話も含めて、「コミュニケーションが多い二人」はお互いが好意を受け入れている状態だ。たくさん話しかける、LINEする中でも好きな人があなたを受け入れてくれたら、この記事で解説するいい雰囲気の作り方を実践できる状態にある。

冷やかされるくらい仲良くなるのは難しいけど、あなたから行動していけば脈あり・脈なしの判断も正確になるので、仲良くしてくれるなら自信をもって恋愛を進めて行こう。

人は嫌いな人を避け、好きな人と一緒にいようとする。これは一般的に「友達関係」でも言えることで、男女ならまず「お互いに仲がいいと思い合ってる状態」を目指すと良い。

そんな関係になれたら甘い雰囲気を作るための行動や態度がとりやすくなる。

まだぜんぜん好きな人と仲良くないと言う人は、最初は好きな人にあいさつすることから始めて、コミュニケーションそのものを増やしていくように行動しよう。下の記事が参考になるはずだ。

好きな人と仲良くなりたいなら~好きな人と仲良くなるためにするアプローチは自分を好きでいてくれることを期待してはいけない
あなたは好きな人ができた時に「仲良くなること」ができているだろうか? 恋愛が苦手な人の恋愛の仕方に触れてきて、私が大きな問題だと感じているのが、「好きな人と仲良くなることができない」という問題だ。 現実問題として、自分の

コミュニケーションが増えれば二人はお互いが身近な人になっていくので、そこで信頼関係が生まれていく。絆と言うとハードルが高く見えるだろうから、単純に「仲良くなるために会話を増やす」と理解しても良い。

好きな人との会話に自信がない人は下の記事を参考にしてみてほしい。最初は話しかける回数を増やすことから始めるにしても、ムード作りをしたいなら少しずつロングトークできる機会を増やしていきたいので、やはりいい雰囲気の作り方でもコミュ力は非常に重要な恋愛力である、

いい雰囲気の作り方は楽しい会話の雰囲気から!「笑い合う二人」になるためには「共感」を大事にする

会話を増やす際、最も大事なことは「楽しい会話」をすることだ。

好きな人にはいろいろな感情を持つけれど、これからいい雰囲気になりたいと思う段階では、友達の雰囲気である「ゲラゲラ笑う会話・大笑いする会話」であってもいいから、楽しい会話ができる関係を目指す。

では、好きな人と楽しい会話をするためには何が大事になってくるのかと言うと、「共感」である。

二人の興味が一致している時に一気に距離が縮まるのは二人に共感があるからだ。共感する会話ができると、二人が身近にお互いを感じて心の距離が縮まる。

お互いの興味の対象が一致すると相手は「二人の相性がいい」と思ってくれるから、いい雰囲気にならない時期はなるべく好きな人の話に共感の気持ちを伝えていこう。

好きな人と共感できるような会話を目指そうと思うとき、「好きな人の興味って何だろう?」って疑問を持つと思う。まだ仲良くなる前なら好きな人のことはわからないことが多いだろう、

だったら、まずあなたがするべきことは、共感できる話題を探すための「質問」である。気になったことを聞いてみよう。当然そこには「段階」の概念があるから、いきなり聞いて良いことと悪いことがあるので、サジ加減には気を付けてほしい。

しかし、一般的な会話では多くが質問と返答で構成されているのだから、あまり考え込まずに自然に会話するので良い。大事になるのは「あなたの自己開示(=自分のことを話すこと)」だ。質問したら、自分の話を織り交ぜて、好きな人と二人で理解し合うようにコミュニケーションを取ろう。

「質問する→共感する」の流れだけじゃ、ただ話を合わせているのと変わらない。そうではなく、深い共感をするために自分の話を織り交ぜることが重要だ。

今回は、自分が行動することで好きな人といい雰囲気になることを目指すので、自然とそうなっていくことを期待するものではない。実際は色々な行動や態度がきっかけになって自然にいい感じになる傾向が強いのだけど、それを誘発するなら自分で動くことが大切だ。

では、深い共感がある会話をするために何が重要になるかというと、質問ばかりしてないで自分の話をするのがコツだ。

「あなたが話すから好きな人も話す」という状態を作ると、上辺の会話ではなく、深い共感ができる話題が見つかる。深く共感してもらうだけの自己開示に頑張ってみよう。

自分のことを話すのは恥ずかしいことだけど、好きなものを話したりすると親近感も沸くし、好きなものが一致すれば深い共感も生まれる。

好きな人と話したときに表面的な会話になってしまうのは、それだけお互いが自分のことを語らないからだ。好きな人に自分のことを話すと「幻滅されるかもしれない」「趣味が合わないと思われるかもしれない」と思って躊躇するけど、ここも好きな人を信頼して、より深いコミュニケーションを目指そう。

いい雰囲気の作り方は、まず自分が好意を伝えていくことで、好きな人と好意を受け入れ合う関係を目指す

今よりもっと好きな人といい雰囲気になるには、ここまでの解説を実行した上で、あなたから好きな人へ好意を伝えていく。

ここで言う「好意」は友達としてでも良いので、積み重ねで恋愛感情を想像させるイメージで遠まわしにやってみよう

たとえ友達同士でも、男女でそれを行えばいい雰囲気になっていく。

恋愛感情で好意を伝えると、「重い」とか「受け入れられない」という気持ちを持つこともあって相手次第で印象が変わるけど、純粋な好意は人が人から伝えられて嬉しいと感じるもの。以下の点を意識して好きな人に好意を伝えていこう。

  • 褒める
  • ねぎらう・いたわる
  • 認める
  • 感謝する

好意を伝えたいと思ったら、基本的に「あなたが言われて嬉しいこと」を好きな人に言うことをイメージしよう。

態度や行動だけじゃなく、言葉にすることが大事だ。ここまでは「人として」の意味合いが強いので、恋愛感情を抜きに「あなたが好きな人に好意を持っている」ってことを伝えるようにする。

そうすると好きな人から見てあなたは「味方」だと認識され、ここでもお互いの距離が縮まるように作用する。

冒頭から言っているように「好意を伝えて、それを受け入れてくれる」のはいい雰囲気の基本なので、頑張ってみよう。

一番簡単な方法は「好きな人を褒めること」なので、普段できていない人は下の記事を読んでおくと良い。

恋愛の雰囲気があるからこそ「いい雰囲気」、さらに良い雰囲気にするためには「特別な好意」を伝える

上の方法で、どちらかと言うと「人と人として」好意を伝えた後は、「恋愛の良い雰囲気」を作るために、特別な好意を伝える。

特別な好意とは「恋愛感情を疑うような好意」である。

最初は人としての好意を伝えて漠然と良いイメージを持ってもらったら、次はそれが恋愛の意味を持ってることを伝えていく段階だ。

好意と言っても色々あるが、関係作りが進むにつれ、特別な意味を感じてもらう好意の伝え方が大切になる。恥ずかしいし、怖いし、ここら辺からは恋愛のセンスがとても大きく影響するが、「好きな人と友達になってしまう」という悩みを抱えた人に取っては絶対にクリアしたい課題である

どんな好意の伝え方をするといい雰囲気の作り方に寄与するのか、下にポイントをまとめておくので押さえておこう。

  • 「私は・俺は」と、主語をつけて主観的にほめる(例「私は、カッコイイと思うよ」「俺は、そういうところ、いいなって思うけどな」など)
  • 恋バナから、好きな人を「自分のタイプ」だと伝える、伝わるように話す
  • 一緒にいて楽しいことを「あなただから」という意味を加えて伝える
  • もっと一緒にいたいという意味を加えて「デート」に誘う
  • 「尊敬」を伝え、好きな人から「影響」を受けていることを伝える
  • 「あなただけにしか話せない」と、特別な関係だと思っていることを伝える(相談等、詳しくは後述)
  • 話した後やデート後など、「また一緒にいたい気持ち」を伝える

それぞれ状況があるから伝え方が難しいのだけど、好きな人と友達になることを目指す時期から恋愛関係に発展させる時期へ移行するとき、「好きだから〇〇」だと思う気持ちの部分を隠しすぎてしまうのが恋愛を進めることができない人の考え方だ。

男女で仲良くなった際は、自分から恋愛のいい雰囲気を作るようにしよう。そのためには相手へ特別な好意を持っていることを匂わせていかないと、今までの雰囲気を変えることができない。

恋愛的な意味でそういう雰囲気にならないのは、あなたが好きだと思ってる気持ちを隠し過ぎてるからだ。

好きな人といい雰囲気になるためにはどうしたら良いかを考える際は、必ず「あなたから相手へ好意を伝える」のがポイントで、お互いに相手の気持ちが見えない中、自分からヒントを出すように「仲良くなったこと」へ恋愛的な意味を与えよう。

気持ちがバレるのが怖いけれど、仲良くなってきたなら適切な時期に複雑な関係にならないといけない。いつもゲラゲラ笑う会話をするだけの関係はただの友達止まりだ。

恋愛の雰囲気はもう少しクスクス笑うような、照れたり恥ずかしがったりする雰囲気の方が付き合う直前の雰囲気である。

「え?それって…」ってなるような雰囲気のほうが恋愛で、多少気まずい想いもするのが片思いから両想いへの移行期である。そうなれないなら同性の友達と一緒の存在となる。

雰囲気を変えるには勇気を出して恋愛感情を疑うような好意の伝え方にチャレンジしよう。

案外それでも確信はなかなか持たれないものなので、相手との距離感で仲良くなれたと思った段階、もしくはその少し前から「人としての好意」から「恋人候補の異性への好意」へ変えていくと、「好きな人といい雰囲気になる」ってことが達成できてくる。

好きな人ともっと良い雰囲気を作る方法!雰囲気の作り方の恋愛テクニック的な方法とは?

好きな人といい雰囲気になる恋愛テクニックを使う男性のイメージ画像。近い距離で会話することで恋愛の雰囲気ができる。

もう少し恋愛テクニック的な方法を求めている人のために、いい雰囲気の作り方として3つのポイントを挙げて解説を加える。

あなたの好きな人ともっといい雰囲気になるために、活用してみてほしい。

あくまでも基本を押さえた上でチャレンジすることが大事なので、好きな人と仲良くなれたけど「そういう雰囲気の作り方ってどうしたらいいの?」と思った時に実践してみてほしい。

スキンシップ・ボディタッチ

好きな人といい雰囲気になるためには、カップルから逆算してテクニックにするのが一番効果的で早い方法である。

その上で最も一般的な恋愛テクニックは、スキンシップやボディタッチだ。上級者向けの雰囲気の作り方は「カップルっぽいことをやってみる」のがセオリーになっている。

女性から男性にボディタッチする方法10選~さりげなく好きな人を触りたい、意識する男性とスキンシップしたいなら
女性からのボディタッチは、付き合う前の男性への好意を示すサインとして恋愛にすごく効果的だ。好きな人と上手くスキンシップを取ることができる女性は、恋愛がうまくいっている。 同じ女性から見ると「あの子、誘惑してる…」なんて思うかも

上の記事は女性向けに書いた記事だが男性も参考になることが書いてある。好きな人にボディタッチする方法がわからないなら読んでみよう。

触れる・触られる関係というのはまさにカップルの雰囲気であり、お互いが「受け入れあっている」ことが確認できて二人の雰囲気が良くなる効果がある。

スキンシップを取る、ボディタッチをすると、あなたが伝えてきた好意が恋愛の意味だったと分からせる効果もあるので、好きな人と仲良くなれたらぜひチャンスを見つけてチャレンジしたい恋愛行動である。

そういう雰囲気にならない時は友達の距離感で接してしまってる時に多いので、友達としてでも仲良くなれたタイミングでは、恋愛の雰囲気を出すために軽いスキンシップに挑戦してみよう。

初心者向けの方法を知りたい人は下の記事が参考になる。

好きな人に触れたい時に、スキンシップを取る方法と注意点
好きな人に触れたいと思うのは、愛情を持った相手への自然な発想だ。恋愛している人は、付き合う前から「好きな人とスキンシップを取るにはどうしたら良いか」を考えることが少なくない。 一般的に「スキンシップ」は、男性から女性にするもの

わざと距離感を詰める

いい雰囲気の男女は、放っておくとすごく近い距離の会話になっていくのが特徴だが、これは、あなたが意識的に距離を詰めることで「わざと雰囲気作りができること」を証明している。

好きな人との丁度いい距離感とは~心も体も、適切な距離で接するために恋愛における「距離感」を徹底解説
恋愛している時、あなたは好きな人との距離感を意識してアプローチできているだろうか? ただ押していくだけ、ただ気を遣って引いているだけになっていないだろうか? 恋愛では片思いでも両想いでも、好きな人との距離感が難しい。恋愛

体の距離感は実際に心の距離感を表しており、進まない恋愛の場合は恋愛テクニックとして敢えて距離感を詰めた会話をすると良い。

嫌いな人から近づかれると不快だが、好きな人から近づかれるのはうれしいことである。駆け引きする必要まではないが、恋愛は遠慮ばかりじゃ進まないから、そういう雰囲気になりたいなら距離感を調整する意識を持とう

最も簡単に距離を詰める方法は、会話が盛り上がった時に自分から好きな人に近づいてみることだ。

そのほかには、一つの携帯を二人で見たり、耳打ちの会話も王道の恋愛テクニックになっている。

付き合ってない以上は多少気まずい思いをすることもあるけど、それが「意識する」という状態に作用する。それを受け入れてくれるから恋愛の雰囲気が良くなるのだ。

女子は下の記事も参考にしてみてほしい。

シリアスな雰囲気でも会話してみる

いつも冗談を言い合う関係でなかなかいい雰囲気にならない人は、シリアスな雰囲気で会話することも雰囲気の作り方に有効だ。

友達の雰囲気だと真剣な話をするのは照れる面もあると思うけど、「意外と考えているんだな」とか「あ、一緒のことを考えてた」って思われたら深い共感につながるので、信頼関係が深まる効果もある。

一般的には「相談」がシリアスな雰囲気にするのにテクニックとしても使われている。男性は議論になりすぎないように気を付けるのがポイントで、女性は好きな人の意見や考え方を深堀するのがポイントである。

相談内容は迷うと思うけど、お互いの考え方を意見交換するイメージで会話をすると良い。「どう思う?」「どうしたらいいかな?」という感じで話ができたら、自然にお互いの深いところで会話でき、いつもの雰囲気と違う空気が感じられるはずだ。

そこで共感できたら、思った以上に距離が縮まる。

笑い合う会話も好きな人と良い雰囲気になるために必要だが、そればかりじゃ友達との違いがない。

軽めの悩み相談でシリアスな会話もできれば付き合っているカップルと会話内容が似てくるから、普通の男友達や女友達と違う話題で会話することにもチャレンジしてみよう。

そこで親近感を二人で高めていければ、あなたと好きな人の間に普通の友達と違う雰囲気ができてくる。深い悩み相談をされたなら、そういう雰囲気になることもあるだろう。

今の雰囲気から違う雰囲気にしたい場合、会話内容やデートの場所を変えるのは恋愛テクニックとしても良い方法である。

二人で会う関係は「頻繁に会える関係」を目指すと良い雰囲気になれる

好きな人と良い雰囲気になりたいなら、「二人の時間」を作ることが絶対条件だ。仲良くなれたら、好きな人を食事や飲みに誘おう。片思いの中期から後期にかけては、「二人で会う関係」を目指す。

もし、好きな人の誘い方が分からないという人は、下の記事が参考になる。誘う側は男性が多いために記事タイトルが男性向けになっているが、好きな人を誘いたい女子にも役立つ記事になっている。

好きな人に誘われたい人は下の記事を参考にしてみよう。

いい雰囲気の作り方は「頻繁に二人で会う関係」を作るところから!何度も誘うことに自信がない人はどうしたらいい?

好きな人と二人で会えるようになったら、次は「頻繁に会える関係」を目指す。ここまでくると、いい雰囲気の作り方として大胆な行動や態度を取ることもできる状態だ。

ただ、何度か食事や飲みに行っても、「頻繁に誘っていいのか」という疑問・不安が必ず出てくると思う。脈ありか脈なしかは何となく分かるとしても、「しつこくならないか」とか「迷惑にならないか」という気持ちは絶対に近い感覚であなたも持つはず。

そんなあなたは、以下の7つのチェックポイントで頻繁に誘って良いのかを判断しよう。当てはまるなら短い間隔で好きな人を誘っていい雰囲気に持っていく。

  • 二人の時間が概ね楽しい時間にできている
  • 誘ったことや、二人の会について「感謝」の気持ちを伝えられている
  • 好きな人が「忙しい」とか「お金がない」などのネガティブな発言がない
  • 二次会や三次会まで長い時間一緒に居られる
  • 好きな人が積極的に会話してくれる
  • 他の人(異性)に誘われている様子がない
  • 二人だけの内緒話が増えてきた

上の7つの内、半分以上当てはまる状態になったら頻繁に二人で会える関係になってきている。当然、好きな人の予定ありきだし、いきなりいい雰囲気になれないこともあると思うが、どこかで踏み込まないと恋愛が進まないのも事実。勇気を出して短い間隔でデートすることも大事なことだ。

次のデートはどのくらいの間隔がベストか~会わない期間が長いと上手くいかない
付き合う前のデートは、次のデートまでの期間や間隔で悩むことが多い。 次のデートをする約束も、誘うタイミングが難しいと思ってる人はたくさんいるだろう。次のデートの誘いをいつまで待つかという問題も難しい。 初デートから2回目

付き合った経験のない人に伝えたいけど、たとえ好きな人と両想いになっても、それに確信が持てるパターンはほとんどない。いい雰囲気になれたかどうかも曖昧で、相手の気持ちははっきりと分からないのが恋愛である。

明確に好きな人の気持ちが分からないまま付き合う直前の時期を乗り越えているのがカップルなので、順調な恋愛だと感じる場合はそのまま付き合うまでの距離を縮めていくことが恋愛成就のカギである。

何度も食事に行ける、飲みに行けるようになったら、下の記事で脈ありと脈なしの違いを見分けよう。

二人で会うようになったら頻繁に会う関係を目指し、「気づいたらいい雰囲気になっていた」という状態で告白しよう。恋愛していると好きな人との距離感は一定間隔で縮まっていくわけではないので、微妙な空気を感じてもしっかりアプローチしていってほしい。

次は、好きな人と二人で一緒にいる時のいい雰囲気の作り方を解説する。二人で会えるようになったらぜひ参考にしてほしい。

デートの雰囲気の作り方

デートでいい雰囲気になる場所

デート中にいい雰囲気になるには “デートならでは” の雰囲気の作り方をするのが大事になってくる。

3つのポイントで解説するので、デートで良い雰囲気になる方法を学んでみよう。

自然にいい雰囲気になるデートスポットでデートする

デートで雰囲気作りに失敗するケースの多くは、「楽しさ」だけを目的にデートスポットを選んでいるのが原因だ。

良い雰囲気になるデートスポットを選んでいないから、いつもの雰囲気でデートすることになる。

では、どんなデートの場所なら良い雰囲気になりやすいかと言うと、最もおすすめするのは「水族館」だ。

詳しくは下の記事で解説しているが、水族館は告白の雰囲気の作り方にも向いている、とても恋愛との相性が良い場所である。薄暗い場所だし、小さな海の生き物を見る時は距離が近くなるし、汗をかかないからメイクも崩れないしで、色々と付き合う前のデートにおすすめポイントがたくさんある。

定番デートを攻略!水族館デートの楽しみ方を徹底解説!付き合う前の初デートでも成功デートにするために
定番デートの中でも人気のデートスポットと言えば「水族館」。水族館デートは非日常感があってデートらしいデートができるので、付き合う前の初デートでも選ばれがちだ。 しかし、デート慣れしていない人に取ってあまり行ったことのない水族館

水族館なら自然にいい雰囲気になることができるから、「遊びに行く」という感じでデートしてきた人は、好きな人を誘ってみよう。水族館デートに誘われたら、恋愛の意味に取る人が多いため、アプローチの意味も強まる。

横並びの席でお酒を飲む(夜ご飯の場所)

付き合う前のデートで最も恋愛が進みやすいのが「二人でお酒を飲む」ことだ。

しかし、デートがいい雰囲気にならない時は、よく「向かい合う席」で食事しているのが原因で、お互いに緊張する食事の仕方をしてしまっている。

デート中にいい雰囲気を作りたいと思ったら、ぜひ横並びの席でお酒を飲む食事の仕方をしてみてほしい。

雰囲気の作り方は、お互いがリラックスできる状態でドキドキさせることが重要なので、向かい合うより横並びの方が初心者向きだ。

たとえば、海が見えるレストランや景色がきれいなバーなどでは、二人で来店しても並んで座る席に通されることが多いし、カップルシートを予約しても良い。二人で並んで夜ご飯を食べる店は探せば意外と見つかるので検索してみよう。

デートでロマンティックな雰囲気を作るには、しゃべらない時間を作る。雰囲気の作り方は「見つめる時間」を作るのもおすすめ

デートでいい雰囲気を作るには、二人がしゃべらない時間を作るのが有効である。盛り上がる会話の中から恋愛的な意味で良い雰囲気になるのが難しいから、夜景を見ながら黙っているようなシチュエーションを作るようにしよう。

喋らないで見つめるとさらに恋愛の雰囲気ができる。付き合う前に「見つめる」のは大胆な行動だと思うかもしれないが、お互いに照れるような状況になるので、意外と明るい空気で甘い雰囲気になるからおすすめだ。

その他には「海を見ながら話す」のもベタだけどアリな方法で、そろそろ告白する雰囲気を作りたいと思うなら、わざと海に寄るデートプランを組んでみるのも悪くない。

そういう意味では、東京ならお台場デートがロマンティックな雰囲気を作るのに向いているデートスポットだろう。神奈川県で言えばみなとみらいデートのように、海の近くでデートプランが作れそうなら積極的に誘ってみると良い。

二人で黙って景色を見る中でそっと身を寄せれば、恋仲にある二人は付き合ってない状況でもロマンティックな雰囲気が漂う。

シチュエーションを作ることに意識を向ければ、今の片思いが両片思い(二人とも相手に片思いしてる状態)になっているか確かめることもできるだろう。

女性はなかなか積極的に行けないと思うから、下の記事で彼の気持ちを確認してみよう。

片思いから両想いになったか確認!男性の「好き」を見極める9つのチェックポイント
好きな人の気持ちは、恋をすれば誰だって気になるもの。特に一つの恋愛が進んでくると、片思いから両想いになったかを知りたい瞬間が、数多く訪れる。 「私のこと、好きになってくれたかな?」 「いやいや、やっぱり私のことは好きじゃない

いい雰囲気が苦手な人の理由と対処法

いい雰囲気の作り方が分からない、いいムードやロマンティックなムードが作れないという人の中には「いい雰囲気が苦手」だという人も多く、恋愛の雰囲気が耐えられないから逃げるという人もいる。

いい雰囲気が苦手な人は何が原因になっていて、どんな対処法を取れば良いのだろう?

いい雰囲気が苦手な人は、恋愛に照れや恥ずかしさが強い!恋愛の雰囲気が出てきたらもっと自然な感情に意識を向けよう

いい雰囲気が苦手だったり、恋愛の雰囲気が苦手な人は、そういう雰囲気に「照れる気持ち」や「恥ずかしいと思う気持ち」が強いのが理由になっている。

「私(俺)は甘い言葉を言うキャラじゃない。ドラマみたいな雰囲気は居心地が悪い」とか、「女として(男として)扱われると、どうしようもなくこそばゆい気持ちになる」みたいに、過剰に照れてしまうのだ。

もしあなたがこんな状況なら、恋愛の雰囲気になることを意識するより、自分の中の「好きだ」という感情を自然に感じるように意識してみよう。

相手を受け入れるような感覚を持つと、自分にばかり向かってしまっている意識が相手に向くようになる。

恋愛中に起こることのほとんどは、あなたと好きな人の二人きりしか知らないことだ。照れや恥ずかしさに打ち勝つのは好きな人のためなので、変な態度を取って相手から「好きじゃない」とか「脈なしだ」と思われないように、相手がそういう雰囲気を作ってきた時は、自分の中の恋愛感情を強く意識すると良い。

ただし、いい雰囲気が耐えられるようになるには、恋愛特有の照れや恥ずかしさに慣れる必要があって、ある程度の経験が必要になってくる。すぐに対策できると思わずに、少しずつ自分らしい振る舞い方ができるように成長していこう。

世の中の9割は、好きな人とロマンティックな雰囲気になるのが苦手なところから、色々な経験を積み重ねることで苦手じゃなくなっている。誰だって甘い雰囲気になったら内心では慌てるし、「これってそういう雰囲気だよね」と照れるけど、経験していけば外見は普通に振る舞えるようになる。

恋愛は二人が深く知り合うからこそ惹かれ合って、もっと一緒にいたいという思いからお付き合いに発展する。自分の中の気持ちに支配されることなく、相手となる好きな人の気持ちと向き合ってみよう。

いい雰囲気が苦手な原因は本当に好きになる前に相手の圧を感じるから

いい雰囲気が苦手な人は、恋愛の雰囲気を意識しすぎている傾向があって、多くは「相手の圧」と「自分の気持ち」とのギャップが問題になっている。

まだ本当に好きになる前に相手から強めのアクションを起こされると、気持ち的に引いてしまうし、追われている感が「いい雰囲気を逃げる」という理由にすらなるところだ。

もしあなたがこんな状態になるなら、まだ本当の意味を相手を好きになっていないのかもしれない。本気で好きになっていないと、いい雰囲気を作られた時に防衛本能的にも逃げたくなるから、距離感を調整するための行動や態度を取りながらコミュニケーションを維持して、少しずつ心のガードを外せるように努力してみよう。

本当に好きなのか見極めながら接すると、自分の気持ちが固まってくる。本当に好きになれれば次に相手がいい雰囲気を作ろうとしたときに素直になることができるので、そんなイメージを持つと良い。

恋愛が進むごとに「相手をどのくらい好きか」というのが試されるような局面を迎えることがあるから、自分の気持ちが追い付いていない時は相手にスピード感を調整してもらう意思表示(※ストレートじゃなく、やんわりけん制する感じ)をして、二人の雰囲気を合わせていこう。

「まだ好きかどうか分からない」とい人が恋愛の雰囲気を作られた時に拒否反応を起こすことが意外と現実的に少なくない。

まとめ

今回は「好きな人といい雰囲気になるためにはどうしたらいいか」をまとめた。恋愛の「良い雰囲気の作り方」として、ぜひ参考にしてみよう。

恋愛に絡む問題はすべて、待っているだけの人は解決が難しい。雰囲気を変えたいなら、変えられるように努力するのみで、必要な準備をして関係を変えるように頑張ってみよう。

そのために必要なのが好きな人への信頼感であり、あなたの覚悟。特別な関係を目指すなら、いつもと違ったコミュニケーションが必要で、それが「恋愛で踏み込む」という行動や態度だ。

関係作りに頑張ったあとは、タイミングを見てきっちり踏み込んでいこう。

☆好きな人との雰囲気を変えたい女子はこちらの記事も参考に。

関連記事:

アプローチ良い雰囲気の二人
Brightfutureをフォローする
自分が結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を知って具体的な努力をして結婚できた女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知っていましたか?
いつか結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要になってます。
下の記事では、総務省の国勢調査から、年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました