社交辞令で言うお世辞の見分け方~本気で褒めている時との違いとは?

社交辞令と本気の違いを考える女性。「それってお世辞?」と気になる。

恋愛が絡む男女の会話によく登場するセリフが「それって、お世辞でしょ~?」というツッコミと照れ隠しの言葉。自分を褒めてくれたと言っても、それを真に受けるかどうかはまた別の話だ。

しかし、相手が本気で褒めているとしたら、冗談で流すだけではもったいない。もし、好きな人が褒めてくれたり、気になる人が褒めてくれたならなおさらだ。社交辞令で言う「お世辞の見分け方」を知りたいと思う人も多いはず。

そこで今回は、恋愛を前提に「お世辞の見分け方」について、「本気で褒めている時との違い」でまとめてみたい。

社交辞令であっても、人は心にもないことをそんなに簡単に口にはしないが、お世辞を見分ける方法については大事になる場面が恋愛中では多いと思うので、参考にしてもらいたい。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

「人の評価」の大前提

人からの評価って、その人からそう見えた時点で間違いって感覚がない。
自分では間違いだと思う評価もあるんだけど、他人である以上はむしろ完全に理解されないのが当たり前。

だから、私の場合は人からの評価に対して「この人からはそう見えるんだな」と、客観視するきっかけにしてる。自分がその人にどう自分を表現してたのかって視点で。

管理人ツイッターより

まずは今回のテーマの大前提のお話しから始める。

あなたが誰かかから褒められるとき、その褒め言葉はあなたから得た印象を基にしている。例えば太っている人に「スタイルいいよね!」とはお世辞でも言わないし、ブスやブサイクに「可愛いね!」「かっこいいね!」とは言わない。お世辞で褒めるなら、相手の魅力的なところを探してそこを褒めるのが鉄則だ。

従って、他人からの評価に対して、あなたが「それは違う!」と思うことがあるなら、それは基本的に間違いとなる。人からの評価とは「その人にそう見えた時点、その人にそう感じさせた時点で間違いという概念がないもの」である。

評価は他人の絶対基準で行うので問題ないもの。恋愛感情はまさにその典型例だろう。評価は主観的で良い。誤解が生じて当然なのである。なぜなら、他人からの評価を変えるためには、その人に違う自分を伝えて、相手の印象を変えないと変わらないものだからである。自分が完全に操作できないのだ。

私は、お世辞か本気で褒めているかを考える前に、誰かから褒められたときは自分を客観視するきっかけにしている。「そこがいいところなのかな?」とか「そんな風に感じさせるんだな…」みたいに。社交辞令のように感じてもだ。ここは、好きな人から見た自分の印象を上げたい恋愛において、すごくヒントになっている部分である。

正し、今回テーマの軸にしているように、褒めるという行為はお世辞もあって、打算も働く。鵜呑みにするのは勘違いヤローになってしまいかねない問題ではあるので、やはりお世辞の見分け方は大事になる。特に、恋愛感情が絡む男女間ではナイーブな問題だろう。

あくまでも、褒められたときはその言葉が「自分への印象」を基に発せられたことを踏まえ、「それは間違いだ」とばっさり切らず、どこか冷静に評価を受け止める感覚を持って、時に自信を持つきっかけにしながら「お世辞」を見分けるようにしよう。

褒められたときは正しい捉え方をしてほしい。

そのために、これから社交辞令と本気の見分け方を厳選したポイントで徹底解説していく。きっと、褒められた時の返し方にもつながるはずだ。

スポンサーリンク

具体的で無ければ無いほど、褒め言葉はお世辞の可能性が高くなる

人がお世辞を言う理由は、円滑なコミュニケーションのためや、会話の雰囲気を良くするためだ。相手に好感を持ってもらいたいときもお世辞は言うため、誰かからお世辞を言われること自体は悪い意味だけで捉えないことは基本となる。

しかし、お世辞で言うことはあくまでも相手を基にしながらも、「一般的に言われたら嬉しいことや喜ぶこと」の中からセリフが選ばれる側面があるので、お世辞を見分けたいと思ったら「具体性」には注目するべき。一般的な言葉だけしか言わない時ほど、社交辞令やお世辞である可能性は高まる。

たとえば「かっこいいね」「可愛いね」と言った言葉よりも、「背が高くてイケメンだね」とか「目が大きくて可愛いね」という方が相手の思ったことがより具体性を持っていて、本当に褒めている可能性が高まる。本気で思ったことだから、具体的な言葉になるのだ。

誰かから褒められたときは「具体性」について注目し、「なんでそう思ったんだろ?」という問いに答える話が出てくるかどうかを見てみよう。「モテそう」なんて言葉は何の具体性も無いので、そのセリフだけならお世辞の可能性が高い典型例だ。簡単な一言は、社交辞令で場を和ませている。

今回は、いくつかの視点から「社交辞令で言うお世辞の見分け方」をちゃんと説明していくので、正しく見分けたい人は必ず「複数の視点」からきちんと見分けるようにしてもらいたい。

褒め言葉を否定した時の相手のリアクションで見極める

あなたが、みんなの前で褒められたときや、まだ知り合い程度の人から褒められたときは、その褒め言葉を否定するリアクションをすることが多いと思う。褒められたことを常に真に受けていては「お世辞って言葉知らないの?」なんて思われてしまうものだ。恥ずかしくて照れ隠しで否定する人も多いと思う。

そんな時は相手のリアクションに要注目。あなたが褒め言葉を否定した時に、簡単に流す人ほどお世辞の可能性が高く、過剰に反応する人ほど本気で褒めている可能性が高い。

社交辞令やお世辞はコミュニケーションを円滑にする効果を期待して言われることがある言葉なので、「そんなことないよ~笑」って言葉だけでも笑顔が生まれ、その目的が達成できる。お世辞は、敢えて「否定の否定はしない」という特徴があるのだ。

一つの視点として、「あなたのリアクションに対する相手のリアクションに注目」すると、お世辞の見分け方がより正確になる。

恋愛テクニック:褒められたときのリアクション
好きな人に褒められた時の返し方では「否定」が間違いになりやすいと言われるが、冗談半分のノリで、からかいながら否定すると、好きな人の返し方で脈ありか脈なしか見えることがある。
社交辞令やお世辞の場合は、そのまま和んだ空気を利用して笑いに変えることが多く、本気で褒めている場合は否定の否定が入ることが多い。その否定の仕方に相手の焦りを感じたり、強い気持ちを感じれば脈ありのリアクションだ。男性相手の場合に特に有効な恋愛テクニックとなる。

社交辞令と本気の違いは、「よくあるセリフ」を知っていれば見抜きやすい

社交辞令と本気の違いは様々な角度から検討することで「相手の心理」を読むことが可能になるが、「典型的な社交辞令のセリフ」を知っていればだいぶ見抜きやすくなる。

7個挙げながら解説するので、ポイントを押さえよう。

社交辞令のセリフ:「いいですね」

社交辞令のセリフは「一歩引いている」のが特徴。何か話した時に「それ、いいですね」とリアクションされたり、誘ったときに「いいですね」と乗り気じゃない感じでリアクションされるときは、完全否定しない社交辞令を使って相手をかわそうとしている心理が働いてる。

社交辞令は会話を円滑に進めるために為される面があるので、「やんわり断る場合」や「とりあえず同調しておく時」に出てくるので、合いの手にとどまるセリフが抑揚なく発せられる時は社交辞令だと判断しよう。

社交辞令のセリフ:「忙しくて…」

あなたから誘った場合はもちろん、そうじゃない場合も合わせて、「忙しいアピール」は社交辞令の典型例だ。はっきりと断るのは失礼になるし、当たり障りない言葉で交わしたい心理が強く見える。

本当に忙しい人が社交辞令で断らない場合は「来月なら」とか「もう少ししたら時間できると思うから」など、本当は行きたいと思っている気持ちを表現する。本気の場合と社交辞令の場合を比較することでよりはっきりとした見分け方ができるだろう。

社交辞令のセリフ:「私から連絡しますね」

連絡先の交換をした場合や、探りのような形でやわい誘いをした場合などは、「私から連絡する」と言って相手の行動を制限しようとするのが社交辞令だ。

一部「連絡ください」「さそってください」と言うのが社交辞令であるとの主張をするネット記事もあるが、単純な話「連絡をお願いしている」という点において社交辞令とはしがたい。

当然、ニュアンスの問題やその後の言葉も勘案して見分けてほしいのだが、冷たい感じがするならほぼ社交辞令だろう。

社交辞令のセリフ:「じゃー、みんなで行きましょう」

恋愛が絡む社交辞令のセリフで最も典型的パターンなのが「みんな」を持ち出す言葉。「二人」を避ける心理で使われる場面が多くて、照れや恥ずかしい気持ちが理由にならない点で典型的な脈なしサインにもなっている。

恋愛対象に思っていない場合(=友達)は、仲間としてそこまで悪い意味を込めずに「みんな」を持ち出すことがあるのが、それもあなたに好意があるなら残念な気持ち。特に、アプローチできている相手から言われると、恋愛の進捗状況が非常にまずい状態だ。

ただ、「みんなで一緒に」と言われても好きな人と同じ時間を共有できるなら成立させるべきで、脈なしサインが出ても「これから変える」という意識は恋愛成就に大切。

本気じゃない社交辞令の言葉はテンションを下げることが多いと思うのだけど、好きな人が相手なら現状を客観的に受け止めると同時に、前向きに頑張ろうとすることが重要だ。

社交辞令のセリフ:「今度○○」

社交辞令じゃない本気の場合は、「いつ」を明確にしたい気持ちを感じるセリフになるところ、社交辞令の場合は「今度ごはん行きましょう」「今度飲みにでも行きましょう」など、予定をぼやかして言葉が出てくる

恋愛感情が絡む場面では「探り」として好意があり得るセリフなんだけど、その後の発言に「じゃ、いつにしましょうか」という話がない限り、本気ではないと判断するべき。

社交辞令のセリフ:「機会があればお願いします」

何かを誘ったりした際、「機会があれば…」というセリフが出てくるなら社交辞令で答えている。

「ぜひ」とか「誘ってください」などの言葉があるとだいぶニュアンスが変わるものの、本気で一緒に行きたいと思えばセリフそのものが変わる場合がほとんとである。

社交辞令のセリフ:「近いうちに」

これも具体性のない社交辞令の典型例だ。「いつか」よりも好意を感じるセリフだけど、気遣いできる人はもう少し聞き触りの良い言葉を使うから、具体的な話が一切出ない状況なら社交辞令が確定的になる。

ただ、「私から誘っていい?」とか「絶対近いうちにまた行こう」など、本気で言う場合はもっと積極性があるというのも少し違う。奥手なタイプだったり、やんわり意思表示したい時もあるため、社交辞令か本気か見分けるためには「もう一歩踏み込む質問」が必要になってくる。

付き合う前の片思いならお互いに遠回しの表現になるから、分かりにくい例もたくさんあるのが現実である。

「仕事をしている時や職場」で社交辞令と本気を見抜くポイント

仕事中や職場では、普段よりもさらに社交辞令が増える傾向がある。「仕事をしている時の見分け方」に興味がある人はきっと多いだろう。職場に好きな人がいる人は、ここが一番重要なポイントにもなる。

まず、仕事をしている際に褒められた場合は、基本的に社交辞令だと受け止めることが基本だ。円満な関係を築くために、職場におけるリップサービスは常識にもなっている部分で、「本気で言うことはない」とまで言わないのだけど、基本的には社交辞令と受け止めてリアクションするのが常識的受け止め方

では、本気で褒めてる時を見極めるためにはどうしたら良いか。
その答えは、「プライベート色のある状況で褒める時に本気度を見極める」のが正解となる。

たとえば、打ち合わせや会議の場では基本的に社交辞令と受け止め、プライベート感のある昼食や飲み会では「それって本気?」と疑ってみよう。仕事中ならではの「どれくらい緊張感のある場か」が重要なポイントだ。公色の強い場では自分の感情と別の話をしやすいため、少し緊張感の解けた場の方が社交辞令が減る。

特に、「二人だけ」の場合は、仕事関係の人でも普通の見分け方が通用するので、やはりコミュニケーションが深まれば判断しやすくなる。

仕事が絡む関係は、相手と二人きりにならないと完全に判別することはほぼ不可能だが、職場にいる気になる人から褒められた際に本気を見分けたい場合は、下の5つがポイントだ。ぜひ、チェックしてみよう。

  • 特別扱いされる
  • 頻繁に話しかけられる
  • 他の人は褒めない
  • 積極的なタイプではない
  • 相手の「照れや恥ずかしさ」を感じる

簡単に言えば、その他の「脈ありサイン」があるかないか、で社交辞令か本気かを見分ける。褒め慣れてる人だと見分けが難しくなる点に注意をしてほしい。

恋愛アプローチとして「褒める」というのは一般的だから、仕事中でも好きな人にはつい態度が変わってしまうから、そんな視点で職場の人を判別できると、より正解に近づけるはず。

仕事をしている時は話半分に聞き、仕事外のコミュニケーションの中で判断するようにしよう。

☆社内恋愛で脈ありかどうかを見極めたい人は、下の記事も参考にしてみてほしい。
>>社内恋愛の脈ありサインと脈なしサインを察知しよう~相手の態度で分かる「違い」とは?

褒められた時は「主語を使うか使わないか」でお世辞を見分ける

お世辞は、一般論にするかしないかで見分ける方法も分かりやすい。それを見抜くのに「主語」に注目してみよう。

たとえば、「モテそう!」という言葉は社交辞令で言うお世辞で使われやすい。これは主語が「一般的な女性や男性」になっている可能性も含まれているし、視点も客観的だからだ。

しかし「俺は、〇〇はモテると思う」みたいに、みんなとか「誰か」よりも「自分」を押し出す褒め方をする場合は本気で褒めている時。主観的に見た上で評価したことを予想させる発言だからだ。

「みんな〇〇って言っている」という褒め方は、相手がどう思っているかがぼやける。
対して、「俺は〇〇と思っている」という言葉は「みんなは知らないけど、少なくても自分は」という意味が含まれている場合もあり、主観的に見ているから本気で褒めていることを予想させるのである。

恋愛が絡んだ場合は照れ隠しや恥ずかしいからと言った理由で「主語」を一般化することがお世辞の見分け方を難しくしている面があるので、次からは恋愛感情が絡んだときにも使えるお世辞の見分け方に絞って紹介しよう。

何度も同じ部分を褒めるのは本気の証拠

例えば「髪がきれいだよね」と褒めらたとして、もしそれがお世辞ならその場で瞬間的に浮かんだ褒め言葉だから、同じことを褒めるよりは「美人だよね」とかのように、褒め言葉だけでなく褒めるポイントが変わってくる本気で褒めている場合は「相手が思っていること」であるため、何度も同じ部分を褒める時は本気で褒めてるときの態度だ。

たとえば、「いつもがんばっているもんね」と、頑張り屋さんなところ素敵だと思って本気で褒めるなら、「努力家だね」とか「いつも一生懸命だよね」などと言葉を変えることがあっても、褒めるポイントが変わらない。

外見に絡むポイントでも同じで、褒め言葉は何度も同じことを言わなくても、褒めるポイントが変わらずに、何度も同じポイントを褒めるなら本気で思っている可能性が高い。少なくても、あなたの良いところはその褒めポイントだと思っているのだろう。

恋愛感情が絡むと、多くの場合で「それ、本気で言ってる?」と思うことが出てくるが、こんな見方をすると相手の心理がだいぶ見えてくるはずだ。

相手の性格を踏まえると本気かお世辞か見抜ける

褒めた相手の性格を知っていれば、本気かお世辞かはより分かりやすくなる。これは恋愛に対するチャラさとかの「信頼性」をしっかり判断できればそれ以上ない見分け方になるだろうが、そこまで相手を理解していなくても、お世辞の見抜き方のポイントを知っていれば本気かどうか見抜きやすい。

そのポイントとは、相手の「異性への積極性」だ。

異性である男性や女性に積極的な人は、本気で言っている場合に「目をしっかり見て言う」とか「お世辞じゃないことを伝えてくる」みたいな積極性を見せる。適当な言い方をしているときは、あなたへのアプローチというよりはお世辞でその場を盛り上げているだけだろう。

対して、異性に消極的な人が本気で褒めるときは「目を見れない」「恥ずかしそうにする」「照れてごまかす」と言った態度を取るのが特徴。お世辞の時の方が「目を見られる」し「態度を変えずに伝えることができる」のが特徴だ。

異性に消極的な人は、たとえお世辞でも異性を褒めるときに照れるタイプが多いけれど、そんな人は言葉を一般化して持ち上げる感じでお世辞を言う。みんなの前よりも二人の時に褒める時の方が、消極的なタイプは本気で言っている場合が多い。

恋愛を前提にお世辞の見分け方を考えるときは、相手の「異性慣れ」のところで判断する目を持ってみると、積極性の部分で態度の違いが見える。

☆恋愛経験がない男の見分け方が分からない女性は下の記事を読んでみよう。
>>
恋愛経験がない男の見分け方~恋愛経験が少ない男性が女性に取る態度と特徴とは?

ついでに褒めるのはお世辞の褒め方

今触れたばかりだが、何人かで話しているときに褒めるのはお世辞の可能性を高めるのだけど、「二人の時」以外に見分けるなら、あなたが褒められた時の状況が「ついで」か「主役」かでお世辞と本気の違いを考えてみよう。

もしみんなで話しているときに、誰かに「ついでに褒められた」なら、社交辞令で言うお世辞の可能性が高くなる。他のポイントで見分ける場合もお世辞っぽい雰囲気なら、相手は本気で思ってないのだろう。流れで褒めただけかもしれない。

たとえば「〇〇ちゃんってモテるでしょ?」とあなたの友達が質問形式で褒められたとして、その会話の流れで「〇〇ちゃんもモテそうだよね」ってついでに聞かれたなら、いわゆる「ダシ」に使われているパターンだ。「一緒にいるのに触れないのは失礼」と考えていそうな態度である。

これが友達よりも先にあなたが聞かれたなら、相手はあなたへの興味が強いから本気で聞いた可能性が高くなって、ついでに友達にも聞いていたとしても、それは友達に対する「ついでのお世辞」である可能性が高い。

多くの人と一緒にいるときは、自分を最初に話題に出すのか、流れで自分に話題を振られるのかでお世辞と本気の違いが見える場合がある。

まとめ

今回は「社交辞令で言うお世辞の見分け方」を、本気に褒めている時との違いも含めてまとめた。恋愛が絡む状況と一般的なシチュエーションで説明したが、少しでも見分けやすくなっただろうか。

お世辞で言っているのか、それとも本気で言っているのかは、相手の気持ちの部分なので正直微妙な判定しかできない。ただ、いくつかの視点を持っているとより正確に予想できる場合は出てくるはずなので、「本当はどう思っているんだろ?」と思ったときは参考にしてもらいたい。

誰かに褒められたときはお世辞か本気か完全に見分けることは難しいが、たとえ社交辞令だと思っても「相手から見たあなたの印象」をすべて否定するのではなく、「どんな風に見えるのか」を知るきっかけにしながら、自分に自信を持ったり、より良い自分を表現するヒントにしてみてほしい。

関連記事: