友達としては好きだけど、彼氏にしたくない男性のタイプ~いい人なのに恋愛対象に見られない男の特徴

  ※ 当サイトはアフィリエイト広告を利用してます

友達として好きだけど、友達としか思われてない男性

「好きな人と仲良くなっても友達までで、恋愛対象に見られないから付き合うまで行かない」

あなたが恋愛中に好きな人から友達に見られてることに悩むことが多い場合は、女性から見ると「友達としては好きだけど、彼氏にしたくない男性のタイプ」に当てはまってしまっているのかもしれない。

女友達が多いのに彼氏になれない男性は、好きな人への接し方や性格や態度に、恋愛対象外になる原因がある。

実際、女性から恋愛対象に見てもらえない、好きな人と仲良くなっても友達としか思われてないという男性は、友達に見られる恋愛の仕方をしているケースが多い。

「友達としては好きだけど男として見れない」
「友達ならいいけど恋人なら嫌」
などなど、恋愛を意識しないところでは女友達に好かれると言うなら、抱えた問題を解決することであなたの恋愛事情は大きく変わる可能性がある。

そこでこの記事では、「友達としては好きだけど、彼氏にはしたくない男性のタイプ」を詳しく解説していくので、仲良くなれるのに女性の恋愛対象になれない男性は参考にしてみよう。

この記事のラストでは、「友達としか思われてないサイン(女性が友達として好きだけど彼氏にしたくない男性に取る態度と行動)」についても解説しているので、ぜひ最後までじっくり読んでみてほしい。

女性から見て「いい人なのに恋愛対象に見られない男の特徴」が分かれば、きっとあなたの恋愛を変えることができるはずだ。

  1. 「友達として好き」じゃ彼氏になれない!友達としか思われてない男性は対策の必要性アリ!
    1. 友達として好きとはどういう心理か:友達としか思われてない時の女性心理
    2. なぜ友達としてはいいけど彼氏にはしたくないのか
  2. 男友達としては好きだけど、女性が彼氏にしたくない男性はどんなタイプ?友達としか思われてない男性の特徴と対処法
    1. 聞き上手な男性は友達として好き、でもただ話を聞いてくれるだけで何を考えているか言わない男性は女性が彼氏にしたいと思わない
      1. 聞き上手な男性が好きな女性に彼氏にしたいと思わせるには?
    2. 優しい男性は友達として好かれる男性だが、みんなに優しい特別感がない男性は女性が彼氏にしたくない男性
      1. 優しいタイプの男性が好きな女性に彼氏にしたいと思わせるには?
    3. ファッションがダサい男は友達として好きまでは行けても、女性が彼氏にしたくない男性
      1. ファッションに疎い男性や、センスがない男性の対処法
    4. 人当たりがいい男性は友達として好かれるが、頼りない印象を持たれるから彼氏にしたくない男性のタイプになる
      1. 人に合わせてしまう男性が女性に彼氏にしたいと思わせるには?
    5. 家族想いな男性は友達として好きだが、マザコン気味な男性は女性が彼氏にしたくないと思う男性
      1. 子供っぽい男性が女性に彼氏にしたいと思わせるには?
    6. 面白い男性は女性が友達として好きになる、でもいつもうるさい男性は彼氏にしたくない
      1. よくしゃべるタイプの男性が、好きな女性に彼氏にしたいと思わせるには?
    7. 気軽に接してくる男性は友達として好きだが、女の子扱いしてくれない男性は彼氏にしたくない
      1. 対処法
    8. みんなでよく遊ぶ男性は友達として好きだけど、二人で会おうとしない男性は彼氏候補にならない
      1. 対処法
  3. 男友達を好きになれない女性もいる!友達としか思われてない原因が女性の恋愛観にある場合も?
    1. 男友達を好きになれない女性の見抜き方(男友達が恋愛対象外の女性の見分け方)
  4. 女友達に好かれる方法は、自分の弱点を補うコミュニーションがカギを握る
    1. なぜ彼氏にしたくないと思わてるのかという点を分析して、自分の弱点を補うコミュニケーションの取り方をする
    2. 女友達に好かれたいなら、嫌われることを恐れない恋愛の仕方をしよう
    3. いい人で止まる男性は、女友達と2人きりで会うことを繰り返そう
  5. 友達としか思わてないサインとは?友達として好きだけど、彼氏にしたくないと思われてる時の女性の態度と行動
    1. ①明らかに自分じゃない人を対象に恋愛相談される
    2. ②他の仲がいいイケメン男子より雑な扱い方をされる
    3. ③恥じらいがない
    4. ③目が合っても普通にされる
    5. ④声が低い
    6. ⑤普通の世間話しかしない(特に踏み込んだ質問がない)
    7. ⑥男としての魅力を褒めてくれない
    8. ⑦なかなか2人きりになれない
    9. ⑦二人で会う誘いをしても、誰かと一緒じゃないとご飯に行けない
  6. まとめ

「友達として好き」じゃ彼氏になれない!友達としか思われてない男性は対策の必要性アリ!

女性と仲良くなる時は、最初に「友達として好かれる」ことを目標にするけど、それだけでは意中の女性の好きな人や彼氏になることができない。

友達として好きじゃ彼氏になれないし、いくら仲良くなったとしても友達としか思われてない状況を続けると恋愛的にはむしろ後退していく。

「友達として好き」で止まってしまう男性は、好きな人の彼氏になることができないから具体的な対策が必要になる。

友達として好きとはどういう心理か:友達としか思われてない時の女性心理

女性心理で言うところの「友達として好き」とは、たくさんの友達の中の一人として「友情としての好意(又は人としての好意)」を持っていて、「友達付き合いしてると楽しい」「信用・信頼できる」と思われている状態だが、それと同時に「恋愛感情がない」「異性としては好きじゃない」という心理も含まれた状態になっている。

もし、好きな人から友達として好きと言われたら、友達としか思われてないことがほぼ確定し、男として見てない、異性として見られてない確率が非常に高い状況だ。

友達として好きという言葉は、脈なしを伝えるためのフレーズとして選ばれることが多いのも特徴になっているから、アプローチ中に「友達としか思われてないサイン」として言われることがある。

友達としか思われてない時の女性心理は、「男としては魅力的じゃない」「彼氏にしたくない」「友達でいたい」と思っているのが特徴で、相手男性からアプローチされると「友達としか思ってないサイン」を出すため、積極的にかかわりを持っていると友達としか思われてないことを察する機会がやってくることがある。

なぜ友達としてはいいけど彼氏にはしたくないのか

この記事を通して「友達としては好きだけど彼氏にしたくない男性のタイプ」を詳しく解説していくが、「なぜ友達としてはいいけど彼氏にはしたくないのか」を端的に言うと以下の2つが主な理由になっている。

  • 男としての魅力を感じない
  • 接し方や態度に好意を感じないから男として見る機会がなく、意識しない

気になる女性や好きな人と仲良くなると、友達として好かれることは比較的簡単だが、恋愛対象として見られるための努力を(結果的にでも)怠ると、男としての魅力を感じないから「友達として好き」で止まる。

また、女性の接し方や態度に全く好意を出さない男性は、自分が相手女性に友達として見ているアピールをしているようなものだから、相手から意識されることもない。

いくら男女と言っても、自分が友達として振る舞うなら、相手の女性も友達として見るというのが人間関係のセオリーだ。特に「好きな人から友達としか思われてない男性」は、女性への接し方や態度に「恋愛の雰囲気」を漂わせないのが原因になっていて、恋愛対象に見てほしい気持ちを行動や態度に表さないか、表せないから、親しくなった後「女性が好きになる要素」がどうしても欠落してしまう。

好意は匂わすものであって確信させない~好意を匂わせることで相手の心理はどうなるか
好意の匂わせる男や女に「気になる」「意識してしまう」という感情を持ったことがある人は多いと思う。 好きを匂わせる、好意があると匂わせる人は、本音や心理が気になるものだ。 でも、この点を逆の立場で考えると「好きな人に好意を匂わせる」の

友達としてはいいけど彼氏になれない原因の多くは、「アピール不足」と「恋愛の雰囲気を出さないこと」にあり、友達としての振る舞いが「好きな人」という特別な人にはなれない原因になってることが多い。

ただし、「友達としては好き」まで行ける男性は、好きな人と仲良くなることができる点に恋愛上のアドバンテージがある。男性は好きな女性からいい人だと思われるタイプが意外と多いので、この記事で「友達として好かれてる」という状態を卒業して、「彼氏にしたいと思う男性」に変わろう。

男友達としては好きだけど、女性が彼氏にしたくない男性はどんなタイプ?友達としか思われてない男性の特徴と対処法

友達としては好きだけど彼氏にしたくない男性のことを考える女性

友達として好かれる男性は基本的に性格の良い男性だが、恋愛に必要な要素が欠落してしまっているから「彼氏にしたくない」と思われる。

では、どんなタイプの男性が彼氏にしたくないと思われるのか。

このパートでは、男友達としては好きだけど女性が彼氏にしたくない男性について7つの特徴を挙げながら「友達としか思われてない時の対処法」にも踏み込んで解説する。

聞き上手な男性は友達として好き、でもただ話を聞いてくれるだけで何を考えているか言わない男性は女性が彼氏にしたいと思わない

聞き上手な男性は、女性と仲良くなるのにコミュニケーション上の優位性を持っているので、友達としては好かれるタイプだ。

女性は信頼した相手なら自分の話を聞いてほしいと思うし、信用できる人や話を聞いてくれる人には友情の意味を含めて好意を抱く。

でも、恋愛の意味で「好きな人」になるには、「ただ話を聞いてあげるだけ」では難しい。

と言うのも、ただ話を聞いてくれる “いい人” は、時間の経過と共に女性へ物足りなさを感じさせるからだ。

仲良くなればなるほど、いい人からどうでもいい人に変わっていく。

たくさんの深いコミュニケーションが発生してるのに「友達としてはいいけど…」と疑問符がつく原因は「彼氏候補としては物足りない」からだ。

相談する人は話を聞いてもらえるだけでいいと言う話をよく聞くが、「うん。うん。」と聞くだけだと、女性との恋愛では友達として好かれるだけである。

男性は問題解決型の論理的思考を好むから、女性と話すときは上から目線の説教染みたアドバイスに注意をしないといけない一方で、ただ話を聞く態度が「流されている」とか「興味がなさそう」と思われないかにも注意をしないといけない。

友達としか思われてない男性は、女性が物足りないイメージを持っているので、もう少し自分を出すように改善するべきだ。

聞き上手な男性が好きな女性に彼氏にしたいと思わせるには?

せっかく色々と話をしてくれる女友達ができるのなら、ただ話を聞いて相槌を打つだけでなく、自分の考え方とか経験を話してみると、男として魅力を感じてもらえる可能性を引き上げることができる。

女同士の会話は、母性によって “共感” をメインにした会話をする中、男性が “父性” で自分の意見を言うと、相手女性は「男性と話している」という感覚が強まるのである。

ここは、女性意見を聞くと「そういうことはあんまり求めてない」と言うことが多いのだが、恋愛感情を持つほど濃いコミュニケーションを取るなら、共感・肯定だけじゃ足りないというのが20人以上の女性と付き合った私の経験則だ。

  • 女性の話に共感するだけ=女性と同じコミュニケーションの取り方となり、女友達と同じカテゴリーである男友達に見られる。恋愛的なアピールとしては不足するため「別に誰でもいい状態」で会話が進む
  • 女性の話に自分の考え方や、経験を話す=女性とは違うコミュニケーションの取り方となり、男として見てもらえる。恋愛的なアピールもできるから濃いコミュニケーションに発展する、色々な話をしてくれるため「あなたと話す意味」がある状態で会話できる

男性が自分の話をすることで余計に話題は広がるし、もし好きな人から「価値観が合うな」と思ってもらえるなら、深いコミュニケーションの中で意気投合できる。

女性の話を聞く時に共感をメインとしながらも自分の話しもすると、女性目線では「積極的に会話してくれる状態」に映り、恋愛向きなコミュニケーションの取り方ができる。

確かに、女性が話をする時はアドバイスを求めているのではないと感じることはとても多いけど、ただ聞くだけで質問・意見を言わない男性は、印象に残らないし、心も動かない。女性から友達として扱われて恋愛対象に見られない男の特徴になる。

時には、適切なポイントでちゃんと言ってあげることのできる男性の方が女性をドキッとさせることができるから、女性の話を聞く時は様々な展開を計ってみよう。

友達としか思われてないと感じた時は、女同士で話してる時と同じ感覚にはしないように、男っぽい雰囲気を出すように改善してみると変わってくることがある。

好きな女性に自分を男として意識させる方法9選!女性に異性として見てもらうにはどうしたらいい?
「好きな女性と仲良くなれたけど、どう考えても男友達の扱いで、男として意識されてない…、自分を男として意識させるにはどうしたらいい?」 最終的に好きな人と付き合えない恋愛の仕方をする男性は、アプローチしても「いい人」で止まってしまうのが

優しい男性は友達として好かれる男性だが、みんなに優しい特別感がない男性は女性が彼氏にしたくない男性

先ほども触れたばかりだが、友達としては好きだけど彼氏にしたくない男性は、「いい人」であるのが最大の特徴だ。

いつもニコニコして誰にでも優しい男性は男女関係なく人が寄ってくるけど、“いい人” は刺激がないところもあって、意外と簡単に感情を大切にする女性の恋愛対象から外れる。

女性が求める男性の性格に「やさしさ」はトップを争う重要な特徴で、「優しい」と女性から言われることが多いなら、本来は恋愛もうまく行きやすい。しかし、ここで問題となるのは、みんなに優しい男性は女性を「キュン」とさせたり「ドキドキ」させることがない点だ。

  • みんなに優しい男=優しくされたとしてもその人の性格だと思うから女性はドキドキしない
  • 自分にだけ優しい男=優しくされることが特別で、意味を考えたり意外性があるからドキドキする

女性から恋愛対象に見られるためには、男性が好意を匂わせて「ドキッ」とさせる瞬間が作れないと厳しい。友達としか思えないのは、ときめきがないからだ。

誰にでも優しく、特別感の無いやさしさは、「友達としての関係」を意識させるところがあり、「いい人だと思うけどね…」と、恋愛対象までの後一歩がとても遠い。友達として好きで止まり、男友達の関係から先を望まれないのである。

友達としてはいいけど彼氏にはしたくないと思われる男性は、優しいだけで女性をキュンとさせられない男性だ。

優しいタイプの男性が好きな女性に彼氏にしたいと思わせるには?

男らしさという意味では「余裕のあるやさしさ」は男としてもっていたいものだが、もしあなたが優しいタイプの男性なら、好きな女性には「特別感」を意識して接してみよう。

あからさまな人はガツガツしているように映って引いてしまう女性も出てくるが、極端な話、誰にでも優しい人よりは、自分にだけ優しい男性を女性は彼氏にしたいと思ってる。

好きな人から友達としか思われてない時は男としてのアピール不足になっているので、優しい男性だとアピールする際は特別に好きな人だけ優しくするようにしてみよう。

アンケートで分かる「正しい女性の褒め方」とは~社交辞令と思われない女性が喜ぶ褒め方も解説!
女性心理や乙女心を踏まえた「女性の褒め方」ができない男性は、モテない傾向が明らかだ。 あなたは、自信を持って「女性が喜ぶ褒め方ができている」と言えるだろうか? 一般的な感覚として、誰でも褒められたらと嬉しいと感じるものだが、社交辞令

誰にでも優しい男性は女性が優しくされた時に「みんなに優しいもんね」と思われてドキドキしないため、好きな女性ができた時は「みんなに優しくしない」のが恋愛テクニックになる男性のタイプもいる。友達に見られる恋愛を繰り返していたり、友達にしか見れないと振られたことがある男性は、ここに明確な対策をしよう。

もし、好きな人にだけ優しくするのが難しいと思ったら、それがいい人止まりになる原因となっている。女性が彼氏にしたいと思う男性は、好きな人にだけ優しくする瞬間をたくさん作っているからだ。

女性は自分だけを愛してほしい心理を持っているので、誰にでも優しい男性は「友達としてはいいけど彼氏としては嫌」と思われる。

ファッションがダサい男は友達として好きまでは行けても、女性が彼氏にしたくない男性

好きな女性と仲良くなった際、「友達として好き」までしか行けない男性はファッションがダサいのが一つの特徴だ。

男性より女性の方が内面で恋愛対象と恋愛対象外を分ける傾向が強いけど、女性は服装・ファッションに関する意識は高いので、ダサい男はどれだけ仲良くなっても友達にしか見えないと思われて彼氏になれない。

恋愛するなら身なりを整えるのは常識の範疇だが、ファッションに疎い男性やファッションセンスがない男性は努力が実を結ばないことも多くなってしまっている。

ファッションに疎い男性や、センスがない男性の対処法

ファッションのところで恋愛対象外になってしまう男性は、以下の3つを意識して自分の見た目を服装で減点されないように対処しよう。

  • 体型に合った服を選ぶ(すっきり見えるサイズ感)
  • シンプルなデザインの服を選ぶ(柄物はコーデの難易度が高く、ごちゃついて見える)
  • 全体的な色使いを落ち着かせる(初心者はモノトーンカラーでまとめるのがおすすめ、多くても3色まで)

基本的に、男性のファッションはサイズ感が合っていて、シンプルで色使いが落ち着いてると「ダサい」と思われることはほとんどないのだが、恋愛的にもう少しアドバイスすると「好きな女性の雰囲気に自分のファッションを寄せる」と加点が狙いやすい。

ファッションセンスについても「2人の相性」を気にする女性がいて、服装の雰囲気が合わないと「男として見れない」と思うタイプの女性がいたり、付き合ってる風景を想像できないと思う女性がいる。

あまり細かく意識する必要はないのだが、2人で歩いてると浮いてしまうようなら気にしてみると良いだろう。

なお、無難にかっこいいファッションがしたいと思う男性は、女性目線で選ばれた男性向けコーデがマネキン買いできるメンズファッションプラスというサイトがおすすめなので、下の記事も参考にしてみてほしい。

【レビュー】デートに着る服は無難カッコイイが丁度いい!メンズファッションプラスでマネキン買いをしてみた
「デートに着る服はどんな服装が丁度いいんだろう?」 普段あまりファッションのことを気にしない男性も、「デートに着る服」は適当というわけにいかない。 しかし、だからと言ってキメッキメの服装でデートに行くのも何か違うし、何より気合いが入

人当たりがいい男性は友達として好かれるが、頼りない印象を持たれるから彼氏にしたくない男性のタイプになる

人当たりがいい人は嫌われることが少ないから女友達も男友達も多いけれど、過度に人に合わせるタイプになってしまっている人が少なくない。

優しいという性格は、自分よりも相手を思いやるからそう思われるが、自己主張しないから「自分がない人」と思われることがデメリットだ。

悪い意味の「いい人になってしまう男性」は、女性が優柔不断な性格を連想していて、頼りないイメージを与えている。

優柔不断で頼りない男性は、いくら人が良いとしても「友達としては好きだけど…」と思われやすく、女性が彼氏にしたいとは思わない男性である。

女性はやっぱり好きな男性に男らしさを求める。あまりにも「いい人」ってイメージが強くなると男らしさを損ねて、恋愛対象に見られないのである。

デートはもちろん、恋愛的に男女が親密になっていく工程についても、女性は男性に男らしい支え方やリードを求めている。男女が急接近する時の漠然とした不安感は男性よりも女性の方が持ちやすくて、またそれを外に吐き出すことも多いから、頼りがいは女から男に「求められている魅力」だと思って好きな人に表現できないといけない。

  • 女性は不安になりやすいから、彼氏にする男性には頼りがいを求めている

人に合わせてしまう男性が女性に彼氏にしたいと思わせるには?

人当たりが良い男性は、好きな女性に対して「合わせる」のが無意識になってしまうと思うので、食事やデートで「男らしいリード」に挑戦してみよう。

魅力的なギャップの見せ方と効果!好きな人をギャップ萌えさせる方法とは?
片思いの時は「ギャップの重要性」がよくテーマになる。 なぜなら、「好きになる」ということが特別なものであり、どこかでドキっとさせる、キュンとさせることができないと、好きな人から好きになってもらうことができないからだ。 ギャップ萌えさ

友達としか思われない男性は、ギャップとして男らしさを好きな女性にアピールすれば、ドキッとさせることが可能だ。

女性をリードする方法については、下の記事で詳しく解説しているので、「強引に引っ張る」とか「自分勝手に決める」など、間違った考え方で女性を振り回さないように注意してほしい。時々、極端に態度を変えてしまう男性がいるが、女性からの印象は最悪だ。

デートで女性をリードする時の基本~デートをリードできない人へ
好きな女子とのデートでは、男性として男らしいリードの仕方がしたいと思う人は多いと思う。 二人しかいないデートでは、どちらかがリーダーシップを取る方がスムーズにデートができるから、好きな人にアプローチしている男性は、「スマートなデートの

あくまでも好印象の男性の振る舞いをする中で、男らしい自分を好きな人にアピールしてみてほしい。

家族想いな男性は友達として好きだが、マザコン気味な男性は女性が彼氏にしたくないと思う男性

暖かい家庭で育ったことを連想させる人は、雰囲気が平和だから友達として好かれる人が多い。

親からたくさんの愛情を注がれているからか、ギスギスするような人間関係を作らず、万人にやさしい印象がある。和らかい印象を持つ男性は女性から高評価だ。

また、家族想いの人は他人にも愛情を注ぐ人が多くて、逆に家族を大事にしないタイプの人は他人全般に厳しいところがある。あなたのイメージでも、家族思いの男性は良いイメージがあるのではないだろうか。

しかし、これが「マザコン」レベルまで行ってしまうと、女性が恋人にはしたくない男性のタイプになってしまう。

いい人だと言う印象は変わらないから友達としては好きだが、いい年をしてお母さんと距離が近い男性は自立できていないという印象を持たれ、男として意識した時は少年ぽいと言うよりもガキっぽく見えてしまう

大人の恋愛と子供の恋愛の違いとは~特徴や考え方はどこが違っているのか
実際に多くの恋愛経験を重ねると、恋愛には「大人の恋愛」と「子供の恋愛」があると気付く。 これは、「どちらがより良いものなのか」という視点での話ではなく、恋愛の形が変わっていくイメージに近い。 今、あなたのしている恋愛は「大人の恋愛」

子供だなと感じる男を彼氏にしたがる女性はいないので、そういう意味でもマザコン気味の男性は女性の評価が低いのである。

世間一般からマザコン男は彼氏としての評価が低いのであまり説明をしないでいいところかとも思うのだが、ここで解説しているのはあくまで「マザコン気味の男性」なので、自覚がない男性も実は少なくない。

子供っぽい男性が女性に彼氏にしたいと思わせるには?

自分が子供っぽいと思う男性は、「仕事の話」で好きな女性と盛り上がれると最も印象を変えることができる。

趣味や世間話ではどうしてもガキっぽいところが出てくるので、多少専門的な話になってしまっても良いから、将来観の話などから「今自分が一生懸命に取り組んでいる仕事」について話題にしてみよう。

もちろん、仲良くなる前は職場の話など合わないのだが、印象を変えたい時期には「真剣な話」がこのタイプは合う。

恋愛は笑い話だけでは進まないので、「彼氏にしたいと思う男性がどんなタイプか」という点を考慮すると、子供っぽい男性が欠落しているのは「シリアスな会話」である。「意外と大人な男性なんだな」と思わせる会話にチャレンジしてみよう。

  • 大人な男性=ノリが良い会話が不足しがち
  • ガキっぽい男性=真剣な会話が不足しがち

自分に子供っぽいところがあると思う男性は、女性に「本当はしっかりしている人なんだな」と思わせることができれば、良いギャップが恋愛感情を持つきっかけになることがある。

年上女性を好きになった時にも意識したい部分だ。

面白い男性は女性が友達として好きになる、でもいつもうるさい男性は彼氏にしたくない

いつも盛り上げ役を買って出るような話の面白い男性は、女性から友達として好かれる男性だ。一緒にいると面白いし、盛り上がるから会話していて楽しい。

友達として好きになる要素を満たしているから、たまに遊ぶ男友達としてはこんなタイプは女性からモテるようにさえ見えることがある。

しかし、いつもうるさい人と付き合うのは、しんどいと思う女性が少なくない。自分の話をゆっくり聞いてくれないとの印象を持つし、空気が読めない男性と見えることがある。

人を楽しませることができるのはいいことだが、女性と二人になったなら爆笑トークばかりでは疲れさせることもある。何よりも、片思いの恋愛はおろか両想いの恋愛も発展しにくいのがよくしゃべる男性だ。

よくしゃべるタイプの男性が、好きな女性に彼氏にしたいと思わせるには?

よくしゃべるタイプの男性が恋愛を意識するなら、みんなで居る時と二人で居るの時の雰囲気を使い分けができるといい。

自分ばかりがしゃべっている状況にも注意が必要で、自分だけが話す展開になった時は、質問を交えながら「相手女性が主役の会話」にもチャレンジしていこう。

女性にアプローチする際に、押しすぎてしまう男性は下の記事が役立つ。

【男性の恋愛】押しに弱い女性を落とす「押し」とは~しつこい男と上手に押す男の違い
女性は男性に比べてもともと選ばれることに恋愛的な価値観が高く、愛されたい心理が強いため、男性から押されると弱いところがある。 だからこそ、男性が恋愛するなら「女性への積極性」は大切になる。 しかし一方で、女性と恋愛するなら「ただ押し

盛り上げ上手な男性は友達として好かれてることが多いので、アプローチの仕方をもっと勉強しよう。その際ポイントになるのは、「女性心理や女心」を理解した接し方である。

男友達と同じように女友達に接してしまい、すぐに恋愛対象外になってしまう男性は、下の記事も参考にしてみてほしい。

女性の扱い方が上手い男と下手な男の違い~女性の扱いを知らない、分からないならこの差を意識しよう
男性にとって「女性の扱い方」は難しいと思うことが多くて、特に恋愛中は好きな女性の扱い方が上手い人と下手な人の差が激しい。 あなたも好きな人が相手の時ほど「女性の接し方が分からない」と思う機会があるのではないだろうか? 恋愛経験が多い

気軽に接してくる男性は友達として好きだが、女の子扱いしてくれない男性は彼氏にしたくない

女性から「友達としては好きだけど…」と思われる男性は、仲良くなるほど女性に雑な接し方をするのが特徴だ。

「俺はいい人タイプじゃないけど、友達にしか思われない」と思う男性はここがよく問題になっている。

特に親しいアピールをするタイプの男性だと、雑な接し方をするのが “仲がいい証拠” みたいに思っていて、照れ隠しも相まって好きな人や気になる人へ男友達に接するような態度を取ることがよくある。

しかし、恋愛を前提にした女心は「恋愛対象の男性から女の子扱いされたい」というのが本音だ。

親しくなる度に雑な接し方をしてくる男性は、気を遣わないで接してくれるから友達としては好きだけど、決して彼氏になってほしいとは思わない。

簡単に言えば、ときめかない男性なのである。

対処法

恥ずかしくて好きな人を女の子扱いできない男性や、そもそもの性格が雑で男っぽいタイプの男性は、好きな人を女の子扱いしてあげるのが恋愛アプローチなのだと、まず認識を改めよう。

前述している通り、女性との恋愛はただ仲良くなるだけでは成就せず、恋愛の雰囲気を出さないといけない。雑な接し方をしていてはむしろ自分から友達の雰囲気を出すことになるため、接し方を変えるべきだ。

ただ、ここは根本的な性格の問題も関係しているため、接し方を変えようと言っても具体的に何をしたら良いか分からないはず。

もし改善したいと思ったら下の記事を読んでみよう。女性はどのような接し方を望んでいて、好きな人を女の子扱いする男性がどんなことに頑張っているのか分かる。あなたも具体的な改善点や努力したいことが見つかるはずだ。

男性が「お姫様扱いしている態度」ってどんな感じ?男性が頑張って女子をお姫様扱いしている時の態度や行動と、心理
あなたは、男性が好きな人や気になる人に「お姫様扱いしている態度」を何となくでもイメージできるだろうか? 「お姫様扱いされたい!」って思う女子は多いように思うけど、実際には男子が女子をお姫様扱いしている時の態度や行動は、よく分からないと

特に無意識に好きな人を雑に扱ってしまう男性は、女性と二人きりになった時にギャップを意識して扱い方を変えると、いつもと違う態度をとるあなたに特別感が出てキュンとさせることができる。

自分の性格や雰囲気を逆手にとったアプローチは恋愛に効果的なので、「そんなにかっこいいことできない」と思う人ほど頑張ってみてほしい。

みんなでよく遊ぶ男性は友達として好きだけど、二人で会おうとしない男性は彼氏候補にならない

女性から友達としては好きだけど彼氏候補にはならないと思われる男性は、「みんな」での付き合いに終始し、二人で会おうとしないのも特徴だ。

みんなでよく遊ぶ男友達と仲良くなれば、女性は人として良い印象を高めていくが、二人で会おうとしないなら意識することはなく、たとえちょっといいなと思ったとしても男友達として見るようになる。

日常生活ではなるべく友達を好きになりたくないし、脈なしっぽいならなおさら意識したくないのが女性の本音だ。

グループ内に好きな人ができたら「みんなで遊べるからいい」という気持ちから「急にデートに誘って引かれたくない」という気持ちになり、結局は友達同士での付き合いだけになる男性がいるが、これでは男友達だと思われてるのも仕方がない問題になってしまう。

対処法

ここで解説した問題は、身近な人を好きになった時の最もあるあるな問題のため、結論を言ってしまえば「二人で会おうとするしかない」というのが答えになる。

誘う勇気が出ない人は、「誘わないことが男友達に見られてる原因」だと思って、誘わないデメリットを強く意識してみよう。みんなで遊ぶ時や、日常生活でいくら親しくなったところで、それはただの友達だ。

しかし一方で、この記事を読んでる男性の中には誘い方が分からないで行動できてない男性も多いと思う。断られるかもしれないと思えばみんなでの付き合いがある以上、なかなか誘えないものだ。

もしあなたがそうだったら、ぜひ下の記事を参考に「好きな人を誘う」ことで友達としか見られてない状況を改善してみよう。

断られにくい誘い方7つのポイントと会話例!誘う言い訳や口実が大切なのは、相手が誘いに乗る理由になるから
「断られない誘い方がしたい!」 好きな人をデートに誘う時は誰もがこんなことを考えるけれど、あなたが実際に好きな人や気になる人を誘う時、「断られにくい誘い方」ができているだろうか? まだ付き合う前の関係では、二人で会うのに理由や口実が必
女性をサシ飲みに誘う方法24選~二人だけで飲みに行くにはどんなきっかけや理由があるのか、経験から誘い方を紹介!
気になる女性や好きな女性ができた時は、二人きりで飲む「サシ飲み」に誘いたいと思う男性は多い。 実際、気になった女の子と長い時間二人だけでお酒を飲むことができれば、距離が縮まるのは間違いないところだ。 サシ飲みはいきなりデートに行くよ

「友達として好き」という状況まで行ける人は、友達に見られる恋愛に弱気にならず、積極的に誘えると状況が劇的に改善する場合がある。

男友達としか思われてないなら、普通の男友達が取らない行動を取ってみよう。女性に踏み込むアプローチは気持ち的に怖いけど、だからこそ女性の気持ちを動かすアプローチになる。

男友達を好きになれない女性もいる!友達としか思われてない原因が女性の恋愛観にある場合も?

男友達が恋愛対象にならない女性、友達としてはいいけど彼氏にはしたくない

基本的に「友達としては好きだけど…」と思われた時は自分の中に原因や理由を求めるべきだが、女性の中には男友達を好きになれないというタイプがいるのは事実だ。

「友達になったら好きになれない」「(無条件に)男友達に好かれたら困る」という恋愛観を持っていると、いくらあなたが頑張ったところで付き合える可能性がない。

では、こういうタイプの女子はどう見抜けば良いだろう?

男友達を好きになれない女性の見抜き方(男友達が恋愛対象外の女性の見分け方)

友達としか思われてない原因が相手女性の恋愛観にある場合は、早い段階で「男友達を好きになったことある?」と質問すると見抜くことができる。

男友達が恋愛対象外の女性を見分ける方法としては、過去の恋愛に探りを入れてみる方法が最も確実だ。質問の仕方はいくつか種類があるから、「一目惚れするタイプ?」とか「好きになるのに時間がかかるタイプ?」と聞いてみるのでも良い。

この時、「友達になった男子を好きになったことがない」とか「友達から恋愛に発展することはない」と言ってきたら、それまでに仲良くなっている時ほど諦めるべきサインだ。

まだ知り合ったばかりなら、「時間をかけると恋愛対象外になる」と思って、積極的にアプローチしよう。

アプローチがうまく行ってるのに友達に見られてる時は相手女性が男友達を恋愛対象外にしている場合もあるので、好きな人の恋愛観が早い段階で分かると対策を立てやすい。

もし恋バナの切り出し方が分からなかったらこちらの記事を参考にしてほしい。

【片思い】好きな人への探りの入れ方~探るアプローチの効果や探りを入れられた相手の心理まで解説!
付き合う前の恋愛では、「好きな人の情報」があればあるほど、片思いを進めやすくなる。 そこで重要になるのが「好きな人への探りの入れ方」だ。好きな人と恋バナする時の切り出し方や、好きな人と恋愛話する時のきっかけを知っていることもすごく大切

女友達に好かれる方法は、自分の弱点を補うコミュニーションがカギを握る

今回は、女性が「友達としては好きだけど、彼氏にしたいと思わない男性」をテーマにしているが、これを読んでいる男性の中には「友達として好かれている」という点を重視して、「女友達に好かれる方法」を探している人もたくさんいると思われる。

では、友達として好かれている女友達に恋愛対象として好かれるにはどうしたら良いだろう?

なぜ彼氏にしたくないと思わてるのかという点を分析して、自分の弱点を補うコミュニケーションの取り方をする

恋愛を成功させるには、自己分析で「自分の長所と短所」を洗い出し、どんな行動や態度を取れば長所をアピールできて、短所をフォローできるかを考えることが重要だ。

あなたが友達として好かれるタイプなら、何が彼氏にしたくないと思われる原因なのかを分析して、アピールとフォローの両面に軸を作ろう。

男友達としてであっても、女性から好かれてるのは恋愛する上で素晴らしいことだから、足りないものを自分で補う努力をすると恋愛成就が見えてくる。

あと一歩で叶わない恋愛を成就させる片思いの叶え方~もう一歩踏み出すために
あと一歩で叶わない恋愛、もう一歩で叶わない恋愛は、脈ありを感じつつも何かの失敗や間違いでダメにしてしまう恋愛だから、その後の後悔も大きくなりやすい。 好きな人と自分との間にどのくらいの距離があったかは今も分からないかもしれないけど、い

女友達に好かれたいなら、嫌われることを恐れない恋愛の仕方をしよう

友達として女性から好かれる男性は過度にいい人になってしまう人が多いのだが、その主な原因は「嫌われるのが怖い」という心理である。

これは誰でも持つ心理なのだが、いい人止まりになる男性は好きな人から嫌われないように振る舞う意識が強すぎて必要以上に壁を作って恋愛してしまっているので、女性に距離を感じさせてしまっている。

要は、表面的な態度を取ってることが原因で、女性からよく分からない男だと思われているのだ。

恋愛は相手に興味を持つことが出発点であるため、表面的な男子には「いい人」だと思ったところで興味がなくなる。簡単に言えば、いい人止まりの男性は無味無臭なイメージだ。

このことは既にあなたもよく理解しているところだと思うので、「いつ踏み込む覚悟を決めるか」という点が重要なテーマになる。友達として好かれるだけなら楽な人間関係に逃げてしまっている面もあるから、踏み込む勇気が「好きな人に好かれるため」に必要だ。

嫌われないようにしているだけではその他の男と一緒に扱われるから、好きな人ができた際は「もう一歩踏み込むタイミング」を探すことを念頭にコミュニケーションを取ってみよう。

マインドセットをするために、下の記事も参考になる。

恋愛から逃げてしまう自分から向き合う自分へ変わりたいなら、聞いてほしい7つのこと
「恋愛から逃げる自分を変えたい」 「恋愛に真剣に向き合う自分になりたい」 恋愛は、これ以上ない幸せを感じさせれくれる一方で、辛いことやしんどいことも多く、正面から向き合うのが大変だ。 恋愛が苦手な人は、恋愛から逃げる自分に悩むことが

いい人で止まる男性は、女友達と2人きりで会うことを繰り返そう

男友達として好かれている男性は、その関係性を利用して「何度も二人きりで会う」という恋愛の仕方が合っている。

もちろん、それだけではいつまでも友達の雰囲気が漂うことになるけど、二人で会える関係なら恋愛の進め方がある。

その方法については、下の記事で詳しく解説している。

二人で食事する、二人で飲みに行く関係から付き合うコツ!何回もご飯に行くのに進展なしの片思いを叶えるには?
「二人きりで食事する関係になったのに、全然そこから恋が進展しない…」 「二人でよく飲みに行くんだけど、飲み友達から恋人になるにはどうしたらいいの…」 恋愛の進め方として、二人でご飯を食べる関係になったり、二人で飲みに行く関係になるのは

また、既に何度も二人きりで会えているなら、その場の雰囲気とは裏腹に実は「男友達として好かれていた」のではなく「相手も恋愛感情があった」という事があり得る。

女性は男性よりもシビアに二人で会う人を決めているので、鈍感な男性は実際に勘違いしているケースが多々あるのだ。

「もしかしたら、脈ありだったのかな?」と思う男性は、下の記事で彼女の気持ちを確認してみよう。

二人で食事する関係や二人で飲みに行く関係の脈ありと脈なしの違い~二人きりで会う意味をはっきりさせる
恋愛が進む時は、まず二人で食事する関係・二人で飲みに行く関係になりやすい。 アプローチと見抜かれやすい「デート」に誘うよりも、最初に「食事」や「飲み」に誘う人は多いし、その方が誘いの成功率も高い。 しかし、この時の問題点は、友達や知

さらに、女性が男友達を好きになるきっかけをまとめた下の記事を読んでおけば、「頑張りどころ」が分かるので、女友達に好かれるには?という点に悩んでいる男性はぜひ参考にしてみてほしい。

男友達から好きな人になるきっかけ~友達から彼氏になるヒント
男友達から彼氏になるには、いくつかのきっかけがある。 友達から好きな人に変わるかどうかは、その人毎の異性の友達に対する考え方や感覚によって可能性が大きく変わるが、男友達を好きになる瞬間は多くの女性が経験しており、「女友達を好きになった

友達としか思わてないサインとは?友達として好きだけど、彼氏にしたくないと思われてる時の女性の態度と行動

友達としか思われてないサインを出す女性、

最後に、「友達としては好きだけど彼氏にしたくないと思われる時の女性の態度と行動」を7つのポイントで解説する。

女性から友達としか思われてないサインとして参考にしてほしい。

①明らかに自分じゃない人を対象に恋愛相談される

友達として好きだけど彼氏にしたくないと思ってる女性は、仲がいい男友達に恋愛相談するのが特徴だ。女性は恋愛話が好きだから、友達と思ってる男子にはその内恋バナをしてくる。

あなたが友達としか思われてないと確信する理由が恋バナをきっかけにしている場合、ほぼほぼ勘違いだったというケースはない。

1つだけ注意点があるとしたら、相手女性が友達としか思われてないと思ったことがきっかけで、あなたを意識させるために恋バナを振ってきてる場合である。

もしあなたのケースがこれに当てはまる場合は、「歯切れが悪い」「質問すると逃げる」「妙に恥ずかしがる」などの態度を取るのでチェックしてみよう。

明らかに自分じゃない人を対象に恋愛相談されたら、友達としか思われてないサインとなる。

ただし、それでも好きな人が諦められない場合は、相談相手から付き合う方法もある。気になったら下の記事を読んでみよう。

②他の仲がいいイケメン男子より雑な扱い方をされる

友達としか思われてない時は、女性から明らかに恋愛対象じゃない接し方をされるのが特徴だが、ここは主観的な判断だけでは勘違いするリスクが高い部分だ。

そこで指標にするべきなのが、彼女と仲がいいイケメン男子との比較である。

女性はかっこいい男子に無意識に好かれようとする態度を取るので、恋愛対象の男子の前ほど態度が変わりやすい。仲が良くないと丁寧に接するのが当たり前なので、彼女と仲がいいモテるタイプの男性がいるなら自分への態度と比較してみよう。

比べてみても明らかに自分への態度が雑だと思ったら、友達としては好きだけど恋愛対象じゃないと思われてる。男性よりも女性の方がここら辺はわかりやすく態度に出るので、他の男子との比較で「彼女の性格(仲が良くなると雑に接するタイプか)」を計ったらまず勘違いしない。

友達として見られてるのか気になった際は接し方の違いに注目してみよう。

③恥じらいがない

上の小見出しと通じる部分だが、女性は友達としか見てない男性に対して「恥ずかしがる」ことが少ない。特に仲良くなったならなおさらだ。

もしあなたが友達としては好きだけど付き合う対象じゃないと思われていたら、彼女の態度や雰囲気から「恥じらいがない」と感じることが多くなっているはずだ。

男性心理としては「仲良くなったからかな?」と思う部分もないわけじゃないが、女性はアリだと思ってる男性に付き合う前から恥じらいをなくすことはないので、友達として見られてるサイン・友達としか思われてないサインである。

恋愛で誰もが持つ「恥ずかしい気持ち」の理由と対処法~好きな人の前では意識しているから誰でも恥ずかしい!どう解決したらいいかを考える
好きな人に恥ずかしいと思うことや、気になる異性に恥ずかしいと思ってしまうのは恋愛あるあるで、付き合う前から付き合った後まで「恋愛の恥ずかしさ」は誰もが悩むことである。 デートが恥ずかしい、好きな人と会うのが恥ずかしいなど、恋愛の恥ずか

どんな時も自然な雰囲気で接してくれるのは友達として好きと思われてるサインなので、男として見てもらえるように接し方を変えて行こう。

③目が合っても普通にされる

好きな人から友達と思われてる男性は、ふとした瞬間に目が合っても普通にされるのが特徴だ。

ちょっとでも意識されてたら目が合った瞬間にどうしても違和感がある態度を取ってしまうのだけど、完全に友達に見られてる時は「微笑む」くらいのことまでできてしまう。

要は、“意識してるけど付き合ってない男女” 独特の緊張感がないのだ。

目が合った時に笑ってくれたり、話しかけてくれるなら友達として好きだと思われてるので、まだ仲良くなったばかりなら逆転していこう。

恋愛的な意味で「視線」のことをもっと詳しく知りたかったら下の記事を参考にしてほしい。

④声が低い

女性が友達としか思えない男性と接していると、「声が低い」「声が低くなる」のが特徴だ。

女性は意識する男子や恋愛対象の男子に無意識に声が高くなるのだが、この逆が起こってる時は女として接してないサインであり、友達としか思われてないサインだ。

特に元気がない時やテンションが低い時は、友達としか思えない男性ほど女性は分かりやすく声が低くなるので、他の男子の場合と比較してみよう。

男子なら、電話で急に声が高くなる母親を見たことがあると思うけど、あれは自分が魅力的な女性だと思われるように本能的かつ無意識に取っている態度で、だから息子の立場から見ると「気持ち悪い」と思ってしまう。

別に母親は電話相手にアピールしているわけではないのだが、女性は意識すると高い声を出そうとするのでそこで「自分に対するイメージ」をチェックできる。

⑤普通の世間話しかしない(特に踏み込んだ質問がない)

ある女性と話してる時、どれだけ会話の時間が長くなっても「普通の世間話しかしない」のは友達としか思わてないサインだ。

当たり障りない話題しか出ない、特に踏み込んだ質問をしてこないということは、あなたに特別な興味がない。

あなたを男として見てる女性は、距離が縮まるほど話題が深くなる傾向があって、個人的な質問が増える。中には秘密の共有があったり、あなたにだけ話す話題も出てくる。

もし、どうでもいい話題しか振ってこない時は友達としか思われないサインなので注意しよう。

⑥男としての魅力を褒めてくれない

女友達から友達として見られてる時は、男として褒められることがないのも特徴だ。

人として褒められるのに、男として褒めてくれない時は、友達としか思われてないサインである。

女性は、付き合う対象とか、恋愛対象として見てない男性をあまり気にしてないので、たとえ男磨きに頑張っても空回りする感じになってしまう。

たとえば、「髪型を変えたのにかっこいいと言ってくれない」「カッコつけたつもりなのに特にコメントがない」などが頻繁にあったら友達としか思われてないサインなので、アプローチの方向性を変えないとずっと空回りが続いてしまう。

⑦なかなか2人きりになれない

好きな人から友達としか思われてないと、「自然に2人きりになる」というシチュエーションが少なく、なかなか2人きりになれない。

もし相手があなたのことを「友達として好き」以上の気持ちを持っていたら、2人ともが「2人きりになりたい」と思うから、様々なタイミングで自然に2人きりになる機会がある。

そこまで強い気持ちを持っていなかったとしても、恋愛対象の男性が2人になろうとすると女性はそれに合わせた行動を取るタイミングが必ず来るので、「2人になれない」と思ったら2人を避けられてる可能性もある。

もしアプローチしているのがバレて「自分に気があるかもしれない」と思うと、女性は友達としか見れない男性ほど2人を避けるから、ある程度アプローチしたら一つの指標にしてみると、片思いの現在地が掴みやすい。

⑦二人で会う誘いをしても、誰かと一緒じゃないとご飯に行けない

この記事の前半で、男友達だと思われてる時は「二人で会おうとしてみよう」と前述しているが、もし二人きりの予定で誘ったのに複数人でのご飯や遊びを提案されたら「友達としてはいいけど彼氏はちょっと…」と思われてる可能性が高い。これも2人きりを避ける行動だ。

友達としか思われてない男性は、好きな人が二人きりで会いたくない対象なので、万が一誘われた時は「みんなで」とか「○○も呼ぼう」と提案される。

最初の誘いは様子見したい気持ちもあって脈ありでもこのようなことが起こるが、もし2回3回と同じことがあったら、相手の女性心理は「男友達にしか思えない」という心境だろう。

二人で会うと勘違いされるかもしれないと思うから、アプローチっぽいことをされると断りたくなるし、交わしたくなる。友達としては好きだから別に2人で会っても良いのだが、好意を感じると女性は複数で会おうとする。

友達としか思われてない男性がなんとか恋愛の雰囲気を出そうと思って誘った際は、どんな雰囲気や態度だったとしても「二人で会えるから可能性がある恋愛だ」と思って頑張ってみてほしい。

まとめ

今回は「友達としては好きだけど、彼氏にしたくない男性のタイプ」について解説した。

いい人なのに恋愛対象にみられない男の特徴に当てはまる場合は、女性への振る舞いを変えるきっかけにしてみてほしい。

友達として好かれるなら、本来はそこから恋愛に発展することだってあるはずだが、そうならないなら何か問題がある。

今回のテーマに合致する人は、せっかく人間的な魅力のある人なのだから、恋愛に効果がある工夫がしたいところ。

自分らしさを大切にしながらも振る舞い・態度・見せ方を変えてみよう。

好きな人に好かれない理由と対処法~好きな人から好かれるには?
誰かを好きになると「好きな人から好かれたい」と思うのは当然のことだが、「好きな人から好かれない理由」があるとしたら、あなたはそれを先に知っておくべきだ。 好きな人に好かれない理由が分かれば、対処法を取ることで好きな人から好かれる方法が

関連記事:

友達モテない男性
Brightfutureをフォローする
自分が結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を知って具体的な努力をして結婚できた女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知っていましたか?
いつか結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要になってます。
下の記事では、総務省の国勢調査から、年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました