友達としては好き、でも恋人にはしたくない男性のタイプ~いい人なのに恋愛対象に見られない男の特徴

友達としては好きだけど、聯亜対象に見られない男性を見ている女性のイメージ

「仲良くなっても友達までで、恋愛対象に見られないから付き合うまで行かない」

あなたがもしこんな恋愛の悩みを持っている場合は、女性から見ると「友達としては好きだけど、恋人にしたくない男性のタイプ」に当てはまってしまっているのかもしれない。

女友達が多くても結局彼女ができない男性は、何か問題があると考える方が妥当だ。女性から恋愛対象に見てもらえないなら、接し方や性格や態度に、恋愛対象外になる原因があるはずだ。

「友達としては好き」
恋愛を意識しないところでは女性に好かれると言うなら、抱えた問題を解決することであなたの恋愛環境は大きく変わることだってあるだろう。

この記事では「友達としては好き、でも恋人にはしたくない男性のタイプ」をまとめていくので、仲良くなれるのに女性の恋愛対象になれない男性は参考にしてみよう。

女性から見て「いい人なのに恋愛対象に見られない男の特徴」が分かれば、きっとあなたの恋愛を変えることができるはずだ。

スポンサーリンク

聞き上手、でも自分が何を考えているか言わない

女性と仲良くなるのに、「聞き上手」は良い特徴だ。
女性は信頼した相手なら自分の話を聞いてほしいと思うし、信用できる人や話を聞いてくれる人には漠然と好意を抱く。

でも、恋愛の意味で「好き」となるには、「ただ話を聞いてあげるだけ」では難しい。
と言うのも、ただ話を聞く「いい人」は、時間の経過と共に物足りなさを感じさせるのである。

相談する人は話を聞いてもらえるだけでいいと言う話をよく聞くが、「うん。うん。」と聞くだけでは深いコミュニケーションにならないことが問題だ。

男性は問題解決型の論理的思考を好むから、女性と話すときは上から目線の説教染みたアドバイスに注意をしないといけない一方で、ただ話を聞く態度が「流されている」とか「興味がなさそう」と思われないかにも注意をしないといけない。

せっかく色々と話をしてくれる女友達ができるのなら、自分の考え方とか経験を話してみるといい。そこから話は広がるだろうし、もし「合うな」と思ってもらえるなら深いコミュニケーションの中で意気投合できる。

確かに女性の話すことがアドバイスを求めているのではないと感じることはとても多いけど、ただ聞くだけで質問・意見を言わない男性は女性から友達として扱われ、恋愛対象に見られない男の特徴になる。

時には適切なポイントでちゃんと言ってあげることのできる男性の方が女性をドキッとさせることがあるのは聞いたことがあるのではないだろうか。

優しい、でもみんなに優しくて特別感がない

先ほども触れたばかりだが、友達としては好きだけど恋人にはしたくない男性は、「いい人」であるのが最大の特徴だ。

いつもニコニコして誰にでも優しい男性は男女関係なく人が寄ってくるけど、刺激を与えないところもあって、意外と簡単に恋愛対象から外れる。

女性が求める男性の性格に「やさしさ」はトップを争う重要な特徴で、「優しい」と女性から言われることが多いなら、本来は恋愛もうまく行きやすい。

しかし、ここで問題となるのは、女性を「キュン」とさせたり「ドキドキ」させることがない点だ。

女性から恋愛対象に見られるためには、こういった「ドキッ」とさせる瞬間がつくれないと厳しい。誰にでも優しく、特別感の無いやさしさは、「友達としての関係」を意識させるところがあり、「いい人だと思うけどねぇ」と、恋愛対象までの後一歩がとても遠い。
男友達で満足されてしまうのである。

男らしさを意識すると、余裕のあるやさしさは男としてもっていたいものだが、もし恋愛をするなら「特別感」を多少意識しておこう。

あからさまな人はガツガツしているように映って引いてしまう女性も出てくるが、極端な話はっきり言って誰にでも優しい人よりは求めている女性が多いように経験上思うところ。

アピールと言う意味でここを考えておこう。

アンケートで分かる「正しい女性の褒め方」とは~社交辞令と思われない女性が喜ぶ褒め方も解説!
恋愛を語る上で、すごく大事な要素となるのが「相手を褒めること」だ。 しかし、あなたは自信を持って「女性が喜ぶ褒め方をできている」と言えるだろうか?...

人当たりがいい、でも頼りない

人当たりがいい人は嫌われることが少ないから女友達も男友達も多いけれど、過度に人に合わせるタイプになってしまっている人も少なくない。
優しいと言う性格は、自分よりも相手を思いやるからそう思われるけど、自分がない人も結構多くて、悪い意味の「いい人」には、女性が優柔不断とか頼りなさを感じる。

女性が男性に男らしさを求めるのは、当たり前のこと。
あまりにも「いい人」ってイメージが強くなると男らしさを損ねて恋愛対象に見られないと言う女性は増えるだろう。

デートはもちろん、お付き合い全般についても、女性は男性に男らしいリードや支え方を求めている。

漠然とした不安感は男性よりも女性の方が抱きやすく、またそれを外に吐き出すことも多いから、頼りがいは女から男に「求められているもの」だ。

バランスが大事だし、ここぞと言う時の決断力とか包容力なども含めて、男らしさを失ってはいけない。

器が小さい男の特徴10選~器が大きい男との違い
男らしい頼れる彼氏が欲しい女性は、「器が小さい男」と付き合うべきではない。 せっかく彼氏を作るなら、同じ男性として「器が大きい男」と素敵な恋愛をしてほ...

家族想い、でもマザコン気味

暖かい家庭で育ったことを連想させる人は、友達として好かれる人が多い。
たくさんの愛情を注がれているからか、ギスギスするような人間関係を作らず、万人にやさしい印象がある。

また、家族想いの人は他人にも愛情を注ぐ人が多くて、逆に家族を大事にしないタイプの人は他人全般に厳しいところがある。

経験則だけど、あなたのイメージはどうだろう。いずれにせよ、良いイメージがあるのではないだろうか。

しかし、これが「マザコン」レベルまで行ってしまうと、女性が恋人にはしたくない男性のタイプになってしまう。

いい人だと言う印象は変わらないものの、いい年をしてお母さんにべったりと言う男性は自立できていないという印象を持たれ、男として意識した時は少年ぽいと言うよりもガキっぽく見えてしまう。子供だなと感じる男を彼氏にしたがる女性はいないだろう。

世間一般からマザコン男は彼氏としての評価が低いので、あまり説明をしないでいいところかと思う。

大人の恋愛と子供の恋愛の違いとは~特徴や考え方はどこが違っているのか
実際に多くの恋愛経験を重ねてきて、恋愛には「大人の恋愛」と「子供の恋愛」があるように感じている。 これは、「どちらがより良いものなのか」という視点...

面白い、でもいつもうるさい

いつも盛り上げ役を買って出るような話の面白い男性は、友達として好かれる。

一緒にいると面白いし、盛り上がるから楽しい。たまに遊ぶならこんな人が一人はいてほしいものだ。

しかし、いつもうるさい人と付き合うのは少ししんどいと感じる女性が少なくない。
自分の話をゆっくり聞いてくれないとの印象も持つようだ。

人を楽しませることができるのはいいことだが、女性と二人になったなら爆笑トークばかりでは疲れさせることもあるし、何よりも片思いの恋愛はおろか両想いの恋愛も発展しにくいところがある。

恋愛を意識するなら、みんなで居る時と二人で居るの時の雰囲気は使い分けができるといいだろう。自分ばかりがしゃべっている状況にも注意だ。

【男性の恋愛】押しに弱い女性を落とす「押し」とは~しつこい男と上手に押す男の違い
女性は男性に比べてもともと愛されたい心理が強いため、男性から押されると弱いところがある。だからこそ、男性が恋愛するなら「女性への積極性」は大切になるのだ...

まとめ

今回は「友達としては好き、でも恋人にはしたくない男性のタイプ」について紹介した。
いい人なのに恋愛対象にみられない男の特徴に当てはまる場合は、女性への振る舞いを変えるきっかけにしてみてほしい。

友達として好かれるなら、本来はそこから恋愛に発展することだってあるはずだが、そうならないなら何か問題があるはず。

今回のテーマに合致する人は、せっかく人間的な魅力のある人なのだから、少しの工夫が欲しいところ。

自分らしさを大切にしながらも振る舞い・態度・見せ方を変えてみよう。

関連記事:

友達モテない男性
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました