女性から「軽い男」だと思われる言葉や態度~ノリだけの男性は女性から引かれる

ノリだけで軽い男のイメージ

男性の恋愛は、積極的に女性へアプローチして仲良くなれば良いと言った単純なものでもない。会話が盛り上がらないと距離が縮まらないのだから「ノリ」は大事だけど、バランスを失えば女性からの評価は「軽い男」となり、引かれてしまう機会を増やすだけだろう。

アプローチの方法が間違っていると、モテない原因を他の部分と勘違いしてしまうため、「女性から軽い男だと思われる言葉や態度」は、きちんと押さえた上でノリの良い会話をしよう。

女性は恋愛対象に「恋愛で遊ばない誠実さ」も求めている。この記事を参考に、恋愛対象として楽しい会話のできる男性になってほしい。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

「今度合コンしようよ」と出会い厨のような態度

ある出会いから次の出会いにすぐつなげようとする男は軽い。特に初対面やまだ仲良くなっていない時期に合コンの誘いをするのは軽い男の典型だろう。言われる女性だって自分の友達目的だと感じるから印象が良くないはずだ。

もしその女性と二人で遊ぶのがハードルが高いと感じて「みんなで」と言うなら、普通に会話を展開して「何人かの方が良ければ友達を誘ってももいいしさ」とか、あくまでも「あなたと会いたい」という意思を遠回しでも伝える方が恋愛に有効だ。

相手の立場で言葉や態度を考えると、相手の重要性を下げる「合コンの誘い」は軽い男だと思われる可能性を上げる。何人かで飲みに行くとかはアリだと思うので、誘い方に気を付けると良い意味でノリの良い会話ができる。

気になる女性や可愛い女性を誘う際は、恥ずかしいから友達をダシに使うことがあると思う。けど、使い方を間違えると誤解を与えることは知っておいてほしい。出会いを求めているだけだと感じさせたり、合コンに慣れているとかコネやツテのように扱われていると思われれば大きなマイナスになるから気を付けたい。他の人はおまけという感じを出さないと、女性からは目的を疑われてしまうだろう。

女性は「誰とでも良い」と思ってそうな男性をチャラいと感じて恋愛対象から外す。真剣な恋愛、大切にしたい出会いに対しては、恥ずかしさに打ち勝って男らしくアプローチしよう。

スポンサーリンク

「可愛いね」と女性を褒め慣れていて言葉が軽い

初対面や出会って間もないころは、まだ友達になっているわけではないから、社交辞令みたいに相手の女性を褒めるのが比較的簡単だと感じる。綺麗な女性だと思えば「かわいいね」と相手が喜ぶと思ってつい軽く言ってしまうこともあるだろう。褒められて嫌な人はいないとのイメージがそうさせる面がある。

しかし、その言葉を何人かに使ったり、慣れているような態度で目を見てさらっと言ってしまうのは結構印象を下げることがある。外見ばかりを気にしているように感じさせたり、女性を褒め慣れている男性は軽い男とのイメージがあるので、逆に警戒心を煽ってしまうことがあるのだ。

特に、ポンポンと褒め言葉を並べてしまうと、貼られる「軽い男」のレッテルはより強固になるだろう。男性がどんなイメージの人かによるところもあって少し複雑だが、不特定多数を褒めている男性はご機嫌取りをしているように見えるし、何の照れもなくサラっとしていれば本心を疑ったり、普段の女性に対する態度を疑うことも珍しくない。

もちろんこの言葉だけで軽い男だと決めつけることはないと思うのだけど、副作用的にこんな効果もあることを覚えておくといい。なお、下の記事で女性の褒め方については一度まとめているので、女性は褒めれば喜ぶと考えている男性は読んでおこう。女性は外見よりも内面を褒めてほしいと思っていることなど、参考になるところは多いと思う。

アンケートで分かる「正しい女性の褒め方」とは~社交辞令と思われない女性が喜ぶ褒め方も解説!
恋愛を語る上で、すごく大事な要素となるのが「相手を褒めること」だ。 しかし、あなたは自信を持って「女性が喜ぶ褒め方をできている...

いきなり下の名前を呼び捨てしたり妙になれなれしい態度

仲良くなっていく過程で名前の呼び方を変えるのは一定の効果がある。

距離を縮めるために「好きな人の呼び方」を変える方法と効果
あなたは、好きな人の呼び方を時期によって変えたことがあるだろうか? これまで自然と呼び方が変わるタイミングはあったとしても、自...

しかし、初対面や出会って間もない関係でいきなり名前を呼び捨てにして好意を伝えるのは逆効果になりかねない行為。距離感を勘違いしているように映るし、失礼な男とのイメージにも繋がり、女性に軽い男と思われる。

学生のノリならまた別の話にもなってくるが、呼び方は徐々に移行させる方が好意を感じてもらいやすいだろう。呼び捨てにされて嫌な気分になる女性も少なくないので、「仲がいいと思っていること」を伝えるよりも、軽い男とかマイナスのイメージに作用するから気を付けたい部分。その場の雰囲気にも気を配ると間違えが減るはずだ。

やはり、慣れ慣れしい男は軽い男との印象を強める。呼び方だけに関わらず、その態度や言葉の全般など、その他の要素も絡んで最終ジャッジは下されるものの、疑われる行為をするだけで出会いの初期は大きなマイナスだ。常識のない男も評価が低いし、酔った勢いなどで軽い言動をしないように気を付けたい。

心と体、両方の距離感を適切に!
馴れ馴れしい男性は、心と体の両方の距離感を間違えやすい。軽い男だと思われやすい男性は、警戒心の強い女性心理を理解せずに距離を詰めてしまってるので気を付けよう。
こういったアプローチの仕方がすべて悪いとは言わないのだが、軽い男・チャラい男の扱いを受けやすい男性は「徐々に距離を縮める意識」がポイントになる。得意の会話で女性を楽しませたら、むしろ女性側から体の距離を近づけてくるはずなので、自分からグイグイ行き過ぎないように注意しよう。

「付き合っちゃおうよ」と口説き文句が軽い

本気である時ほど、その気持ちを言葉にするのが難しい。大事な気持ちになるし照れもあるから軽はずみに言葉にできないものだ。多くの人がこの価値観で共通している。

従って、「付き合っちゃおうよ」とか「付き合っちゃおうか」など、言葉が軽いのも頂けないけど、それ以上に、簡単に付き合うとか付き合わないを言葉にするのは本気の女性にNGだ。

何か合うところがあって少し盛り上がったきた場合など、「勢いだけ」で口説くのは軽い男のすることであり、ノリだけでいこうとすればむしろ恋愛対象から外れるので注意をしよう。「今度じっくり話してみたいね」とか、徐々に距離を縮める方が逆に近道になるので、軽はずみな言葉で気持ちすら軽く見られるようなことがないようにしたい。

せっかくの良い雰囲気も、軽い男に対する警戒心は多くの女性で高いので、ノリがノリ過ぎると良いことがない。盛り上がったなら次に繋げていくことを考えよう。

口説くなら軽く見られないようにしたい。二人の雰囲気や出会ってからの期間やコミュニケーションの状態にもよるのだが、冗談半分で言うセリフは内容に気を付けないと、時に軽い男と思わせることがある。

「彼女がほしい」と、誰でもいいような言い方をする

自分が彼女なしであることをアピールするなら、言葉に気を付けよう。「彼女がほしい」というセリフは「好きになった人と付き合う」という行為と逆転してしまっているので、女性の受け取り方によっては誰でもよさそうに見えて、軽い男に思われることがある。

実際に彼女が欲しいと思うこともあると思うので、表現を間違って使ってしまっている人が多いから気を付けたい。

真面目な恋愛を前提にすれば、「誰でもいい」という気持ちは対極にあるもので、素敵な人と出会って恋をするのが先だ。「いい人がいれば彼女はいた方がいい」という考え方なら問題ないしアピールになることもあるけれど、あまりにウエルカム感を出されると軽い男に感じる女性は多い。自分に向いている気持ちに映らず、女性全般に向いている気持ちに感じるからだ。そうなれば、「私以外と勝手に遊んでください」と思われるのがオチ。

本気で恋愛する人は恋の副作用にも敏感で、恋人を作る重さも理解している。「いつも適当な恋愛をしているんだろうな」と思わせる人ほど、不特定多数への興味を感じさせる言葉を言うので、気になる女性の前ではそのように映る言葉を使わないようにしたい。

「本当に好きになった人としか付き合わないから恋愛は少ない方かな」などのように、彼女がいない理由を真面目に語る方が印象は良いだろう。ノリを失うと会話が盛り上がらないと思っているならメリハリがなくなるので、真面目に話す内容も好意を持っている女性との会話では案外重要。

あなたの色々な面をみせればもっと知りたいと思ってもらえたりもするので、話題によってはノリをおさえるのも会話のテクニック。彼女募集中のアピールは方法を間違えないように気を付けよう。

「前に付き合った子はさ~」など女性遍歴を語る

モテるアピールをする時もよく間違った方法を取る男性がいる。軽い男に思われる男は女性遍歴も多く語りがちなので気を付けよう。聞かれてもいないのに元カノのことをすぐに語る男は女性をアクセサリー感覚で扱っているように映ることがあり、語り方によってはコレクションのように感じさせる場合も。男同士で盛り上がった時はさらに盛り上がる話題になったりもするが、意中の女性がいる場では相応しくないだろう。

また、すぐに元カノの話を持ち出す男は、付き合ってからのイメージも悪くする面がある。今カノと元カノをつい比べてしまう男性や話をしてしまう男性は少なくないのに対し、女性からの評価はかなり低いとのギャップが生じているところなので、過去の女性遍歴は話し方に注意をしよう。

女性を口説くのに元カノの話は逆効果になりうる部分と理解し、必要性の観点から話題にするべきかどうかを考えるべき。時に自分への理解を深めてもらうために持ち出すこともある話題だから、絶対にダメということではないが、アピールにはなっていないことが多い点は分かっておこう。

特別扱いをしすぎる

軽い男は基本的に女性の扱いに慣れているものだが、それを悪いイメージで確信させてしまう行為が「特別扱いのし過ぎ」である。軽い男に見られたくないなら、周りの人に気になる女性がすぐバレてしまうレベルの特別扱いを控えよう。

適度な特別扱いは恋愛に効果が高い一方で、やりすぎは相手女性が特別扱いされ過ぎになって周りとの関係性において副作用が強くなる。アピールがあからさまにも映るため、本気の恋愛にある複雑さも失い、軽い恋愛に感じさせやすいだろう。

スマートに女性にアプローチする男性はモテるから、ぜひさりげない特別扱いをしてあげて、女性が心地良いアプローチ方法を実践してほしい。相手の女性に気遣えない男性は自分勝手にも映ってしまうため、あやゆる点をリードするように女性と接してみよう。

恋愛は「適度」が非常に難しい面を持っているが、軽い男に見られては女性の拒否感を刺激する。積極性は良い特徴でもあるから、自分の見られ方を意識し、女心が分かるスマートな男性を目指してアプローチしよう。

まとめ

今回は「女性から軽い男だと思われる言葉や態度」を紹介した。
ノリだけの男性は女性から引かれるので、今回紹介したものは参考にしてみてほしい。

冒頭から述べたように、女性との会話を盛り上がるために「ノリ」はある程度必要なものなので、時と場合によっては誠実さを失った感じになってしまうことがある。気になる女性ほど冗談半分本気半分みたいな話し方になってしまうこともあるだろう。

しかし、その結果として軽い男に見られる態度や言葉を使ってしまうと、女性からの評価を一気に下げることになるから、微妙な問題になることも少なくない。

今回の記事を読んで、バランスを失うことがないように気を付けよう。

あなたがもしモテないことで悩んでいる男性なら、モテるようになるにはどうしたら良いかを下の記事で紹介しているので、合わせて読んでみてほしい。

関連記事:

スポンサーリンク
記事下アドセンス
記事下アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツヴァイ訴求
本格的な恋愛診断でした!【無料】

自分の恋愛傾向について、詳細な分析コメント付きで数値化してくれる「プロが作った無料恋愛診断」を受けてみました。
20歳以上限定ですが、とても参考になる恋愛診断だったので読んでみてください。
【人気記事】

ツヴァイの「恋愛傾向診断」を実際に受けた体験談【画像あり】~無料なのに本当に当たる?数値化されるその結果がすごい!

スポンサーリンク