恋愛では好きな人に通じる「優しさ」を意識すること~イイ人で終わる男と彼氏にしたい男の違い

好きな人に通じる優しさを意識する女性。

女性が男性に対して「優しさ」を求めていることは誰でも気付いている基本的なことだ。恋愛するなら優しさをアピールしない男性はいないだろう。

実際に女性が考える「恋人にしたい男性の魅力」の上位に位置するのが「優しさ」であることから、男性の好きな人に対するやさしさアピールは付き合うために有効であると言える。

しかし、男性が好きな人に優しさをアピールすると、多くの場合で「いい人止まり」を経験することになるのは恋愛の難しいところだ。優しい男性だと思ってもらいたいけれど、その結果恋愛対象から外れるなら女性へのアプローチが難しいと感じているはず。

そこで今回は「恋愛するなら好きな人へ通じる優しさを意識すること」というアドバイスをメインに、いい人で終わる男性と女性が彼氏にしたい男性の違いに注目しながら、男性の優しさアピールについてまとめていく。

女性へのアプローチが苦手なら、意識を変えるきっかけにしてほしい。

スポンサーリンク

女性へ優しさを伝えるなら「好きな人を意識した」優しさをアピールする

恋愛対象になれず、いい人で終わる男性はとにかくみんなにやさしいのが特徴だ。好きな人が見ている場で他の女性へ優しくして、好きな人が自分を「優しい男性」だと認識してくれるように振舞う。

しかし、自分から好きな人に「いい人だな」って思われるようなことをしていても、そのままいい人止まりになってその恋愛は叶わないままだろう。女性は「みんなに優しい人」ではなく「自分へ特別に優しくしてくれる男性」にドキドキ・キュンキュンするからだ。

これは「知り合った直後」よりも「ある程度仲良くなった後」を想定している。最初は周りへの態度や行動が常識的である方がイメージもアップするから良いのだけど、そのまま仲良くなった後までみんなに優しいままじゃ恋愛は進まないし、好きな人からいい人だと思われても興味がわかない。

異性として好きな人に優しさをアピールするには、愛情ありきの優しさであることを相手に分かってもらう必要がある。「好きだから優しくする」「興味があるから近づいて、良い雰囲気を作りたいから優しくする」が伝わらないと、優しさアピールはそのままいい人アピールで止まっていることを知っておこう。

こうして「優しさアピール」を紐解くと、大事なのは「口説くためのやさしさ」であって、恋愛初心者や恋愛経験が無い人からすると少々ハードルが高いかもしれないけれど、今までやさしさアピールができているなら、それを好きな人にだけ行う機会を増やすイメージで行動を変えることから始めてみれば良い。

誰でも、好きな人からは自分を特別扱いされたいものだ。自分が相手に取って特別であることの自覚は恋愛において重要なファクターで、それは優しさの種類にも影響し、「こういう人を彼氏にしたら幸せかもしれないな」って思わせることができれば彼氏候補へ名乗りをあげられる。

優しいのにいい人止まりの人は、今まで自分からいい人になろうとしていたことに気付き、「好きだから優しくするんだ」ということを伝えられるようにアプローチしてみよう。その一番簡単な方法は、好きな人と周りの人に差を作り、特別扱いすることである。

もちろんやり過ぎは距離を置かれるため、あくまでも喜んでくれそうな範囲で留めながらやってみよう。女性ならドキッとしてくれるはずだ。

女性の警戒心を解く「スマートでさり気ない」優しさを

不器用な男性が好きな人へ優しさをアピールしようとすると、やり過ぎの傾向がすぐに出る。いきなり相手の女性へ踏み込み過ぎて、せっかくの優しさがむしろ警戒心を高める結果に終わっているのである。

女性にガンガン行ってしまう男性は、絶対に相手の女性との距離感を意識するようにしよう。気分やテンションで優しかったり怖かったりする人は、急に優しくしても彼女が警戒するだけだ。

例えば「女性への声掛け」はそんな人に向いているかもしれない。

「大変そうだから手伝おうか。」
「俺で役に立てることない?」
「いつも頑張っているけど、大丈夫?」

一言さりげなくいうだけで女性は優しさを感じてくれる。しつこくしないでこれからは「スマートさ」も意識しよう。自分の気持ちを押し付ける男性に女性は魅力を感じない。もっと相手への思いやりを持つと、今までの優しさアピールと変わってくるはずだ。

声掛けの結果、彼女があなたに助けを求めたり愚痴を言ってきてくれるならそれを思い切り受け止めてあげる。そんな機会が作れれば好きな人に通じるやさしさアピールができている。

さり気なく、スマートに、好きな人が喜んでくれる優しさを考えることができれば、意識してもらうことも難しくなくなるはずだ。

もし好きな女性にガツガツしてしまう男性は、下の記事で「恋愛の積極性」をもう少し理解してみよう。

遠慮ばかりじゃ進まない!心配なら優しさを力強く表現する

女性に母性があるように、男性には父性がある。
好きな人に、いつも遠慮するような優しさでアプローチしていた男性は、いい人止まりになりやすいため、男性らしい優しさを好きな人に表現してみよう。

そのおすすめな方法は、好きな人への愛情を前提とした「心配」「注意」をやさしさとして表現することだ。

例えば、彼女が飲み会で飲み過ぎているなら心配してあげ、夜にLINEしていて帰りが遅くなっていることを知れば注意をする。

優しさをはき違えると男性はご機嫌取りに走るけれど、それは好きな人に通じる優しさアピールとしては不足している心配してあげること、時には注意をしてくれることは、仲良くなるにつれ、強い表現方法でも愛情を表現できるのである。

女性が彼氏にしたい男性とは「頼りになる男性」だ。腰が引けた優しさだけじゃ彼女は振り向いてくれないから、距離が縮まったなら縮まったなりの態度と行動で優しさをアピールしよう。

愛情を表現しないとしても、優しくする意味を女性に考えてもらう

好きな人に通じる優しさアピールを行いたいなら、好きな人に優しくする意味を考えて思うようにアプローチすることが大切だ。愛情を表現するところまでやらないとしても、決してあなたが向けている好きな人への愛情を否定してはいけない

時々、「○○くんって優しいよね」と好きな人に言われ、「え?そうかな。普通にしているだけだよ」と答えるだけに留まらず、「女の子にはみんなに優しいよ?」と、好きな人への愛情を否定して優しさアピールする男性がいる。

これは当然前述している「いい人アピール」になっている点が問題であるわけだが、もう一つ、好きな人へ向ける愛情まで否定している点が大問題だ。好きバレしたくない心理は理解できるものの、好きな人に「優しさの意味」に関する質問や話題が出た際は、せめて含みのある言い方くらいまではチャレンジしてほしい。

恋愛の雰囲気が苦手な男性がここは大きなポイントになっている部分なのだが、恥ずかしい気持ちや照れてごまかしたくなる気持ちに男は勝たねばならない。女性への恋愛アプローチは、気持ちで気持ちを動かしていくようなスタイルがベストだからだ。

女性にモテたいなら感情を動かす人になれ~人間味のない男は女性を振り向かせることができない
女性にモテたい男性は、「女性の感情を動かす」ということをもっと意識するべきだ。 「好きになる」ということがとても感情的なものである以上、人間味がな...

詳しくは上の記事を読んでほしいのだが、男性が優しさアピールをした結果、女性にツッコミを入れられる際は、少し恋愛的に押したい局面である。ここがいい人止まりにならないコツだ。

押しに弱い女性が多いことは知っていると思うので、もしあなたの優しさアピールで好きな人から何か言われた際は、そのやさしさの意味を考えてもらえるように表現を考えよう。話の流れや二人のエピソードなどで色々な言葉が浮かぶはずなので、強弱はまだ別にして、少なくても恋愛の雰囲気が少しでも高まるようにそのワンシーンを彩ってほしい。

せっかく好きな人に通じる優しさをアピールしたいと思っている気持ちは、遠回しでも伝わるように好きな人に接していくのが恋愛成就のコツになる

まとめ

今回は、「恋愛では好きな人に通じる優しさを意識すること」ということで、イイ人で終わる男と彼氏にしたい男の違いまで踏み込んで男性のアプローチ方法を紹介した。

恋愛が苦手な男性は好きな人を特別扱いするような優しさの表現が苦手だが、女性の求めている「ドキドキ」はまさにそこにある。優しい人がただ優しくするだけじゃ恋愛対象にはなれないことの方が多く、彼氏候補になる男性はきっちり「愛情の表現」として好きな人へ優しくしている現状があることを知って、今よりももっと好きな人へ通じる優しさを届けてみてほしい。

気になる女性と仲良くなるにつれ、お互いの距離感が近づいたなら男性らしい表現にもトライし、完全に友達になってしまうこともこれからは避けてみよう。あなたが友達っぽくするから関係はそうなっていく。好きだからって感情をもっと表現できれば、異性同士の緊張感が保て、付き合うかどうかまでの道のりを進めるはずだ。

関連記事:

アプローチモテない男性
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました