真剣な人限定>>恋愛がうまくいかないのは恋愛力の問題?

【恋愛】好きな人を褒められない人へ!好きな人を褒めるときの基本となる考え方を解説!

好きな人のことが褒められない男性が褒められるようになったイメージ

好きな人を褒められない人は、恋愛の雰囲気から遠ざかって友達になりやすい恋愛傾向を持っている。素敵だな、可愛いな、と思ってもその気持ちを表現できないから、恋愛が進まないで友達になってしまうのはある意味仕方がない状況だ。

この記事では、好きな人をほめられない人へ向け、「好きな人を褒めるときの基本となる考え方」を解説する。恋愛をテーマに「好きな人をどうやって褒めるか」という問題について基本となる部分をまとめてみよう。

意識する人は、褒めようと思うから褒められない。どんな考え方をすれば好きな人をほめることができるか、好きな人の褒め方に悩むならぜひじっくり読んでみてほしい。

あなたの恋愛を進められるように、恋愛の基本とも言える「好きな人をほめる」という行為を解説していこう。

「褒められたら嬉しい」という基本的な人の心理は絶対に意識する

気になる人や好きな人を褒めようと思うときは、その行為が相手に取って嬉しいことだということを絶対に意識しておこう。「良いことをする」と思うことがファーストステップだ。

誰かをあなたが褒めた時、確かに「不快なのかな?」と疑いたくなるリアクションをする人がいる。照れたり恥ずかしいときに攻撃的な態度を見せる人がいるし、社交辞令だと思われてめんどくさがられたり、からかわれていると思うことがあるためだ。

しかし、純粋にあなたから見て「素敵だな」と思ったことを褒められたら、基本的に人は嬉しいし、好意として受け取るのは基本的なことである。

その場のリアクションが悪かったとしても、内心でどう思っているかは別問題。褒めることは素敵なことで、相手に取って喜ばしいことであることはここで改めて押さえよう。

好きな人は、褒めようと思ったら褒められない

恋愛の意味で興味を持った相手に対し、テクニックの意味で褒めようとしたら、きっと褒められない人は余計に褒めることができない。わざとらしくなってしまうし、言葉を発するまで余計なハードルを作ってしまう。

好きな人を褒められない人が改善するため、対処するために重要なことは、褒めることが良いことだと改めて認識するとともに、「思ったことを素直に言葉にすること」を大事にすることだ。

仕草や行動が可愛いと思ったら「可愛いね」って、カッコイイと思えば「カッコイイね」と、相手にとってポジティブに受け取る気持ちを、素直に言葉にする

伝えることに自信がなければ、聞こえる範囲で「かわいい…」って一人ごとのように呟いても良い。褒めることができない人は、まず思ったことを口にすることだけを意識してみよう

好きな人を褒めると言っても、不快な言い方をすれば不快になるのは当たり前

褒めようと思って何かを言うとき、ついからかった感じになってしまうタイプの人がいる。

「何それ、ぶりっ子?可愛いね(笑)」

もしかしたら自分はストレートに褒めているつもりでも、相手がそう取れない表現になってしまっている人もいるだろう。このような人は、自分が同じ言い方をされてどう感じるかを考えてみよう。

相手の立場になり切って「あなた」という人物からそう言われた時、どのように感じるかを考えて、もし嫌な感じでいじっているだけになっているように振り返るとしたら、好きな人の褒め方が間違っていたということだ。

相手の気持ちを知りたいときは、完全にその人になり切って考えてみよう。あなたから見たその人ではなく、その人の性格なども加味してなり切ってみる。そこにあなたが現れて冗談半分に褒められて嬉しいと感じるのか、それともからかっているのか、照れさせていじめてるように感じるのか、なるべく客観的に考えてみると、普段の褒め方が絶対に変わる

好きな人の褒め方を正しいものにするため、この工程は必ずやっておこう。受け取り手の気持ちになれば、「褒めることの大切さ」にも気づけるはずだ。

不快な言い方をすれば好きな人が不快な思いをするのも当たり前の話で、あなたにもネガティブなイメージを持つのも仕方のないことになる。

褒めても相手のリアクションが悪いことで褒められないという人は、ここをちゃんと考えることで対処が見えるはずだ。

どうせ気持ちは簡単に伝わらない、ストレートに褒めることが大事

「変に好きな人を褒めると相手は気にするかな?」と奥手になってしまう人は、「どうせ気持ちは簡単に伝わらない」と、お互いの間にある距離をもっと意識しよう

あなたから好きな人の気持ちがわからないように、好きな人はあなたの気持ちがわからない。自分以外の他人の気持ちって分からないものなのだ。急に褒めたからと言って、そのまま好きバレするわけじゃない

逆に、好きな人を褒める時は、自分が素敵だなと思った好きな人のある部分や行動や仕草などをストレートに伝えないと誤解を生む。「皮肉でも言ってんの?」ってなってしまえば逆効果だってあり得るのだから、ストレートに褒めたい。

どうせ気持ちなんて相手は分からない。そこまで意識されている状況ならまたちょっと違う話になってくるものの、これから意識してもらいたい相手なら、思ったことを思ったまま伝えるように褒めることを目指してみよう。誤解を恐れる気持ちも、好意を伝えないリスクも、好きな人を褒められないことで損していることがあることに気づこう

その気持ちが好きな人の褒め方につながる。

好きな人は「どこを褒められたらうれしいか」を知ると褒めやすい

人は外見よりも中身を褒めてもらった方がうれしい、特に可愛い女の子、かっこいいい男の子を褒めようと思う時は、敢えて外見を避ける方が響くほめ方になる。ちょっとしたテクニックだ。

人が褒められて嬉しいのはその人らしさである。性格だと置き換えてもいい。外見を褒めることで期待できる効果もあるにはあるが、中身を知って具体的に褒められると心に残る。どこを褒められたらうれしいかを知ると、好きな人を褒めやすくなるのではないだろうか。

また、持ち物や変化に対して褒めることも人が喜ぶ褒め方になる。

自分のセンスを褒められて嫌な気持ちになることはほとんどないので、素敵だなと思うなら、その気持ちを言葉にして伝えてみよう。褒められることで「いい人」だと思うきっかけになったりもするから、自信を持って伝えたい。

相手が褒められて嬉しいポイントを、素敵だと思った瞬間に、ストレートに言葉にする。

これが好きな人を褒める基本になるので是非好意を伝える一つの方法としてやってみてほしい。

下の記事は男性向けに書いた記事だが、参考になると思うので合わせて読んでみてほしい。

好きな人を褒めるタイミング

好きな人を褒めることが得意な私でも、いつでも好きな人を褒められるわけじゃない。好きな人を褒める時は、タイミングが重要なのだ。

前述しているように、私が好きな人を褒めるタイミングは「素敵だなと思った瞬間」が最も大切にしている瞬間だが、「会話が盛り上がっているか」というポイントはいつも気にしている。

考えてみればわかってもらえると思うのだが、たいして盛り上がってないタイミングで唐突に褒められるとビックリしないだろうか?

「え?急に何?」

こんな風に思われたら、さりげなく褒めることはできていないし、好きな人の表情も強張るだろうから会話の雰囲気も悪くなる。

そうではなく、笑い話の中で好きな人を褒めると、好きな人はテンションが上がっているからあなたからのほめ言葉を好意的に受け取り、「は?」みたいなリアクションより照れる感じになりやすい。

好きな人を褒めるタイミングは、「ええ~、どうせお世辞でしょ?(笑)」とリアクションされるくらいの雰囲気を大事にしよう。真に受けてくれないことを心配するかもしれないが、あなたの言葉は確実に好きな人に届いているのでこんな雰囲気でも好意を伝えることは達成できている。

好きな人を褒められないなら、他の「自分のアピールポイント」でアプローチする

ここまでを読んで「好きな人を褒められない」という問題が解決できそうな人はすぐに実践してみてほしいが、知識を付けてもコミュニケーションにおける問題はなかなか即効性のある解決策があるわけじゃないから、「やっぱり無理…」と思ってしまった人もいると思う。

もしあなたが好きな人を褒められないなら、「好きな人を褒める」というアプローチ方法に拘らない方が最終的に片思いが叶う確率を上げることができるだろう。好きな人を褒めることだけがアプローチの方法ではないし、苦手があっても好きな人と付き合うことは可能だ。

では、好きな人が褒められない人がどのように好きな人にアプローチすれば良いかと言うと、「自分のアピールポイント」を伝えていくこと。できたら恋愛するときの弱点を補いながら自分の強みがアピールできると良い。

優しい人はその優しさを好きな人に届ければ「素敵な人だな」と思ってもらうことは可能だし、共感力が高いなら好きな人の話を聞いてあげて会話を盛り上げれば良い。

もちろん、恋愛アプローチはその方法に幅がある方が上手くいきやすいことは否定の余地がないのだけど、誰にでも苦手はある。勉強で言えば「国語」が苦手な人が「英語」でカバーできれば難関大学だって合格は可能。要は、「どうのように好きな人の気持ちを動かしていくか」の一部に、好きな人を褒めるという行動があるだけだ。

恋愛の進め方には色々な方向があるので、好きな人を褒められない人は別の方法も検討しよう。その際は「自分の理解度」が試されるので、アピールポイントと弱点が明確にわからない人は下の記事を読んでみよう。私の体験談だが、信頼性、有効度、ともにおすすめできるレベルだった。

まとめ

今回は、好きな人を褒められない人へ、好きな人を褒めるときの基本となる考え方を解説した。褒めようと思うから褒められないのが好きな人だけど、今後は少し変えていけそうな気持になっただろうか?どうやったら好きな人を褒めることができるか、ヒントがあったなら嬉しい。

恋愛では褒めることが大事であると言われる所以は、「好意が好意を生むきっかけになるから」だというのも大きい。意識するきっかけになったり、好かれることで好きになる人の心を表現している。ここは男女問わずなところもあって処世術の一つだ。

今回の記事は本気で素敵だなと思ったことを褒められて嬉しくない人はいない!という私の考え方が大本にある。世界平和を願ってというわけじゃないけど、人が喜ぶことには積極的になってほしいなと思うところだ。恋愛に役立つのはもちろん、人付き合いにも生かせると思う。

関連記事:

タイトルとURLをコピーしました