振った相手を後悔する瞬間9選~「何で振っちゃったんだろう…」って思う時

振った相手を後悔する女性のイメージ

何人かに告白されたことがある人なら、「振った相手を後悔する時」がきっと一度くらいはあると思う。

好きな人以外は付き合わないと思っている人は、時にタイミングの悪い告白を「好きになっていない」という理由で振っちゃうことがあるし、振った後の相手の態度など色々な理由で、「振ったことを後悔する瞬間」というものが訪れる。

寂しいような、悲しいような、複雑な気持ちになるその瞬間は、「後悔」という言葉でも括れないモヤモヤした気持ちかもしれない。

この記事では、そんな「振った相手を後悔する瞬間」を9つ紹介する。

告白されたのがきっかけで気になることもあるから、どんな時に後悔するのか、「何で振っちゃったんだろう」って思う時についてまとめてみよう。振った後の男性心理や女性心理が気になる人も注目してみてほしい。

振った後で後悔する瞬間は意外に多くの人が経験してます。どんなタイミングやきっかけで振った相手を後悔するのか見てみよう。

※振った元カノと復縁する方法についてはこちら
>>振った彼女と復縁するには~一度自分から振った元カノとやり直す方法

スポンサーリンク

振った後も普通に接してくれて、フォローまでしてくれた時

告白されて振ってしまった場合は、お互いに変に意識してしまって気まずくなってしまうことが多い。忘れ方の問題もあるから、振った人は優しくできないという状況になることも多いだろう。

告白前は仲が良かった関係でも、告白がきっかけで関係が壊れるのがむしろ普通で、振ったことが友達関係にピリオドを打つ。

しかし、告白して振られた人でも、それまで通り好きな人に振る舞う人もいて、振った立場ではすごく救われるような態度を取る人がいる。振ったのに優しくしてくれると、見直したい気持ちにもなるだろう。

【経験から学んだ】振った相手への接し方!告白されて振ったのに連絡するのは相手を傷つける態度?
振った相手への接し方はすごく微妙な問題だ。対応を間違えると余計に傷つける態度になるけれど、何が正解かは相手の気持ち次第なところがあって、振った後で気まず...

やっぱりどんな理由があっても仲良くなった人と気まずくなるのは寂しいから、振った後も普通に振る舞ってくれて、こちらの緊張もなくしてくれるような態度でいてくれる人には、人間的な魅力を感じることがある。

振ったのは自分なのに、つらいはずの相手がフォローまでしてくれたときは、「付き合っていたらこんな優しい人を恋人にできたんだ」と、振ったことを後悔する瞬間になりやすい。

男性なら男らしく見え、女性なら健気に見えるから、素敵だなと思えば告白の返事を後悔する方が普通の感覚かもしれない。

振った後の態度は人間性が出ますよね。振った方も相手の振られてつらい気持ちは理解しているので、頑張って普通に接する人は素敵に見えます。

髪型や服装が変わって、違う雰囲気が素敵だった時は振ったことを後悔する

振った相手を後悔するきっかけ「髪型が変わった女性」の画像。

「髪型や服装が変わって、違う雰囲気が素敵だった時」は、振った相手を後悔する瞬間の代表格。告白されたことで少しは気になる人になるから、告白後の変化が後悔するきっかけになったりする。

意外と髪型で雰囲気が変わることは多いから、思い切ったイメチェンが妙に似合っていると、「あれ?」って気持ちがただの驚きばかりではない。

振った相手のことはなんだかんだ見ていることが多いので、小さなことでも変われば気づきやすい。すごく素敵に変わることは少ないとは思うけれど、その小さな変化でも自分の好みに変わって「素敵だな」と思えば、自分から振った事実を後悔してしまうことも。

振った相手の髪型や服装が自分の好みに変わると複雑な気分になる人は多いだろう。

恋愛は結局中身が大事だからどのくらいの後悔に繋がるかは結構人それぞれだけど、「あれ?」って思う瞬間に「外見の変化」はあるあるだ。

相手の印象が変わると見直したい気持ちになることがあって、「後悔」に近い感覚を引き起こすとしても不思議ではない。男性心理に多い後悔の仕方だ。

雰囲気が変わると振ったことを後悔する瞬間になりやすいです。失恋でイメチェンする人もいるので、外見の変化と振った後悔はよく関連しています。

ずっと一途に想っているのを知った時は、愛情の強さが振ってしまった後悔の理由に…

人は、真剣な想いほど、尊くて貴重なものだと感じる。

真剣な告白は冗談みたいな告白に比べて振りにくいものだけど、そんな「真剣な告白」をする人の中には、「ずっと一途に想ってくれる人」もいて、しばらく時間がたった後にその事実を知れば、自分へ向けてくれる愛情の深さに今さら気持ちが動くことがある。

結局これは愛情を向けてくれる「相手次第」であり、全然好きじゃない人なら「一途に思い続ける事実」がやたら重く感じて、女性なら「気持ち悪い」とも思ってしまう場合が多いのだけど、もし少しでも「いいな」と思っている相手であれば、振ったことを後悔する瞬間になる。

本気で好きだった事実を知るようで、「振った後も思い続ける人」は、相手次第で嬉しいと感じる。やはり感情は感情を動かすところがあって、告白されて振った相手のその後の態度でより「気持ち」を感じれば、想いの強さを知って、振ったことを後悔する場合が出てくる。

振られても変わらない態度で一途にアプローチを続ける人は、「愛されたい心理」が強いという特徴を持つ「女性」が相手の場合、「付き合ったら幸せになれるかもしれない」と思わせることがあるだろう。

男性から女性に告白する場合は、何度も告白して成功するパターンがある。女性心理では、一途に思ってくれる男性が再評価されやすい。

一途な気持ちは「重い」と思われると心配な気持ちになりますが、人の想いは人の気持ちを動かすことがありますよ。特に女性心理は「愛されたい心理」を満たしてくれる男性になびくことが多いです。

誰かに傍にいてほしいと思うようなつらい時は、振った相手を思い出す瞬間に…

辛いことがあって、誰かそばにいてほしいと思った女性が、以前に振った男性を後悔している様子。

振った相手を後悔する瞬間は、「自分がつらいとき」も正直あると思う。誰かの気持ちに甘えるわけじゃないけど、「誰かにそばにいてほしい」と思えば、浮かぶ人は「自分を想ってくれる人」だ。

振った相手を思い出す瞬間になるので、「なんで振ったんだろう…」と後悔の気持ちが強まる。

恋愛で流されやすい人はこんな時にこそ流されちゃいけないのだが、恋愛に硬すぎる人はちょっと自分の恋愛の仕方に思いを馳せたい瞬間。「つらい・寂しい」が恋愛の理由になっても、素敵な恋愛ができる人はそれさえ良いきっかけにできるものだ。

お酒が恋愛とよく絡むように、「さみしさ」が恋愛を動かすことも実際に多くなっている。当然、これだけが理由になる恋愛は悪い恋愛にしかならないのが経験則ではあるものの、気持ちが動くなら「恋愛する理由」に拘る方が大事にしている「本質」からズレるように思う。

振った相手を後悔する瞬間を体験してしまったなら、「次は後悔しないように」と考える方向へ活かすことと、「素直になれないかな」という方向にも考えるべきかもしれない。

内面の魅力に気付かされた時は、振った相手と「やっぱり付き合いたい」と思うことも…

いきなり告白されると相手はどう思う?成功の確率や振られる理由を解説
「一目ぼれした好きな人にいきなり告白するとどう思われるだろう」 「仲良くなる前だけどいきなりの告白ってアリなんだろうか」 恋愛には順序があると分...

フライング気味の告白であれば、返事の判断にどうしても「外見」を重視せざるを得ない。中身をよく知る前に告白されると、反射的に振ってしまうことが往々にしてある。

告白のタイミングはそれぞれだから、まだ仲良くなる前に告白してしまう人もいて、結果、性格や相性が分からないから振られてしまうのである。

それでも、イケメンや美人なら「付き合ってみようかな」と思う人を増やすのはもう一つの事実だ。恋愛に大事なのは「内面」であるものの、外見で恋愛する人も決して少なくない以上、現実的には恋愛において「外見」が大事な要素になっている。

しかし、告白の返事に迷うような「微妙な人」であれば、内面の魅力に気づかされたことで振ったことを後悔することが多いだろう。後から「やっぱり付き合いたい」と思うのは、まだ判断しきれてない内に告白されてしまったから。

外見で付き合うかどうかを判断する場合は振ることになっても、内面の良さで足らない魅力を補えることは実際にあるから、「振って良かったのかな…」と思うような振り方だったら、その後の接触で後悔することはやっぱり多いはずだ。

付き合えば色々なことがあって、結局大事なのは性格や相性の問題になり易く、外見は幸せなお付き合いにおいて与える影響が実は少ない。

「付き合ったら幸せだったんだろうなぁ」
振った後に、後悔に似た気持ちにさせる人は、内面が良い人だ。

人として素敵な人と付き合えば幸せをたくさん感じることができるのはみんなが知っていることだから、やさしさや思いやりのある人だと分かるエピソードをきっかけに、「振ったことを後悔する瞬間」を迎えることがある。

内面を知った結果「幸せ」を連想させる人は、振られた相手に後悔させられる人だろう。

どうしても外見がダメなら恋愛なんてできないと思うけど、そうではない場合は内面が恋愛の行く末を決める決定的な要素になる。振った後に後悔しないためには、「相手のことをどれだけ理解しているか」を一度考えるべきかもしれない。

「友達から」という告白の返事もあるし、受け入れるか断るかしか返答の余地がないわけじゃない。「試しに付き合ってみる」なんて告白相手に言えないけど、「もう少し待ってほしい」とは言えたんじゃないだろうか。

告白のタイミングがズレると、振った方も振られた方もその後の展開で後悔する瞬間を迎えやすいです。恋愛には「だんだん惹かれていく」と言うことが起こるので、しっかりアプローチしてから告白したいですね。

振った後、相手が成功・活躍した時(仕事など)

振った後で成功した男性の画像。振った後で女性が後悔している。

振った相手を後悔する条件に「成功・成長」は大きな意味を持っている。

学生だったら進学・就職による成功・成長が人の評価を一辺させるし、見た目だって変わりやすい。

社会人でも出世はもとより、仕事の成功や人間性の成長など、振ったことを後悔するまでの時間では「長め」が意識されるけど、時間が経っているからこそ後悔も強い傾向がある。

特に女性は仕事ができる男性の評価が高いから、振った後に相手の男性が仕事で成功・活躍した場合、後悔する瞬間になりやすい傾向がある。

振られたことで「振った人を見返してやりたい」と思うタイプは仕事に燃えて成果に繋げる人もいるから、願った通り「好きな人を見返すこと」が可能な場合も実際にあるだろう。

振られたことが直接影響したかどうかは分からないが、何かをきっかけに自分を成長させることができる人は「素敵な人」のようにも思う。いずれにしても、「結果」という形で自分の価値を示すことは、振った相手にも自分の評価を変えさせるきっかけになるだろう。

当然、周りの評価も上がるため、「逃がした魚は大きい」と感じやすい。告白された瞬間を思い出して、「なんでフッちゃんだろう」と思ってしまう瞬間だ。

振った相手を見返したい人は、後悔してしまうほど成功するのがやっぱり王道の方法となりますよね。「こんなにすごい人だったんだ…」と思えば、振った理由に後悔するものです。

告白に驚いてしまい、理由もなく振ってしまった直後は、返事の仕方に後悔する人が多い

告白されるのに慣れていない人は、突然の告白にただただ驚いてしまい、理由もなく振ってしまうことがある。曖昧な告白の返事しかできないと、相手の受け取り方やその後の態度で、「振ったことになってしまった告白」を体験することさえあるだろう。

「え、ちょっとまって…。ごめん、よく意味が分からなくて、え、どうしよ…」

告白のリアクションがうまくできないと、「ごめん」とか「わからない」という言葉だけが相手に伝わってしまい、勝手に振ったことになるパターンがある。

好きな人だったり気になる人ほど緊張してうまく言葉がでないこともあるため、振ったことを後悔する瞬間となるのが間違いない。その気持ちも強いものとなるはずだ。

加えて、「好きな人以外の告白」にまともな判断ができない場合もあるため、案外この状況はあり得るものとなっている。「好きな人ではない」との認識から何も考えずに振ってしまうのは、単純に思考停止に陥ってしまったから。

何も考えられず告白を断った後は、自分の返事の仕方を振り返った時に後悔しやすい。
自分でも納得した答えではないので、振った直後に後悔する人は「恋愛経験の少ない人」に多い傾向があり、内気な人や奥手な人への告白も気を付けないといけない。

告白の返事は常に唐突にやってくるものだから、ちゃんと答えをもらうことが意外に大事だ。少しの会話が誤解を解いたり全然違う答えにたどり着いたりするため、告白する人も告白される人も、「大事な話」に対して言葉を交わす重要性を意識したい。

振るつもりがなかったのに振ってしまって後悔するのは、誰の幸せもない悲しみが残る。

告白した時は返事をもらうのが怖いですが、口ごもる態度に諦めてしまうと、せっかくの告白の勇気が台無しになってしまうことがあります。「返事の言葉に迷う」と言うこともあることを念頭に、しっかり返事をもらいましょう。

振った相手と付き合った人が幸せそうにしている時は、「もし付き合っていたら…」と想像して後悔する

自分から振ったのに後悔する女性の画像。

振った相手とその後に付き合う人の存在は、時々複雑な気分にさせることがある。

これも微妙な人が対象にはなるが、もう一つの未来を想像するかのように「振った人と付き合う人」を自分と重ね合わせる瞬間は意外とあって、幸せそうにしている姿と今の自分に悪いギャップがあった際は、振ったことを後悔する瞬間になる。

「あのまま付き合っていたら、あんな表情で笑い合いながら一緒にいたかもしれないんだなぁ…」

すごく勝手な妄想ではあるけど、迷った相手だったら今付き合っている恋人に嫉妬みたいな感情も沸くことがあり、過去の自分の判断に後悔する。

好きになった人とその後に幸せになれるなら「過去に振った人」なんてどうでもいいと思うのかもしれないけど、「幸せになれない未来が分かっていたら、また違う判断をしたかもしれない」と思えば、それはもう完全に後悔している証拠だろう。

「愛される恋愛も良かったかな」と思うなら、恋愛観を変えるきっかけにもなるかもしれない。

せめて付き合った人とは後悔するような別れ方をしないように気を付けよう。これからの恋愛のために、下の記事があなたの未来のためになるかもしれない。

振った理由がクリアされた時は、断った理由がなくなるから後悔の気持ちも強くなる

告白を振る時は、「好きか嫌いか」のほかに、具体的な理由がある場合も多い。

振った時にそれを本人へ伝えるかはまた別の話だが、自分が振った理由が明確だった場合、それを相手がクリアするなら、告白を断った理由がなくなることで後悔にも繋がることがある。

想定するその理由は様々あるから具体例は省くが、「〇〇な人とは付き合えない」などの言い回しは常套句の一つだ。

振られる時に理由があって付き合えないと言われた場合は、確かに社交辞令である場合があって、取って付けただけの理由がある一方で、本当にそれだけが問題となって付き合えないパターンもある。

誰かを振るときにもし具体的に理由があって振る場合は、時と場合によっては少し話ができたらベストだ。告白の返事に粘るのはカッコ悪いことではあるが、多少の話し合いが必要になるケースは決して少なくない。

やっぱり付き合う人で変わる部分というのはあるものなので、もし改善してくれるなら付き合いたいと思う人が相手だった場合は、ただ振るだけの返答はもったいないように思う。

もし付き合うことを一瞬でも迷う相手であれば、ただ振るだけにしないで向き合ってみるのも一つの方法。相手のリアクション次第では、二人に取って幸せな未来が近づくことがある。

振った相手を後悔したくないなら、こんな考え方がポイントになることがある。

まとめ

今回は「振った相手を後悔する瞬間」についてまとめた。
「何で振っちゃったんだろう」って思う時について触れてきたが、色々な事情が絡むことがあることを理解してもらえたと思う。

告白は二人の関係を変えるものだから、どんな対応をしても時と場合によって後悔することがある。しかも「告白される」ということは相手のアクションに寄って判断を迫られているため、その後の状況や相手の態度などでモヤモヤを抱えやすいだろう。

なかなか会話を続ける雰囲気ではないのが「告白」だが、言葉足らずになりやすいという特徴もあるため、せめて自分が納得する答えを出せるように、誤解は避けるようにしたいところ。

告白がきっかけで好きになったり気になったりもあるから、もし降ったことを後悔する相手がいるなら、素直になることが一番大切なのだろう。

普段の出会いから恋愛できない人は下の記事も読んでみよう。

自然な出会いを恋愛につなげるためには~本当に出会いがないのが原因で彼氏や彼女ができない?
彼氏や彼女がいないシングルの人は、偶然やってくる「自然な出会い」に心のどこかで期待している。運命の出会いや引き寄せ合うような出会い方は、確かに素敵な出会...

関連記事:

告白失恋
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました