【恋愛】大学生はなぜモテる人と非モテの人の差が広がるのか~恋愛格差の理由を知ればあなたも恋人ができるかも?

モテる大学生とモテない大学生が一緒にいる飲み会

大学生の恋愛は、モテる大学生とモテない大学生の格差が広がる時期なのが特徴だ。

大学入学から1年たって2年生や3年生になると、最初についていた恋愛力の差がさらに広がったことに気付く。モテない大学生は先輩になっていくたびに恋愛しにくい雰囲気を感じていくことが本当に多い。

高校生の時に非モテだった人が大学生になってモテる人に変わることは珍しくないが、それ以上に頻出するのが恋愛格差の拡大である。

大学で急にモテる女子や男子がいる一方で、どんなに頑張っても大学でモテない女子や男子がいて、この恋愛経験の差が広がっていくことに焦りや不安を持つ人がたくさんいる。

そこで今回は、「大学生はなぜモテる人と非モテの人の差が広がるのか」について徹底解説していく。

モテる大学生はどんな理由があってモテるのか、どんな生活がモテる大学生を作るのか。逆にモテない大学生はなぜモテないのか、どんな生活をしているとモテない大学生が極まっていくのか、すべてお話ししよう。

大学生で恋愛格差が広がる理由を知ればあなたの恋愛に生かせるかもしれない。自分のどこを変えるべきか恋愛のことで悩む大学生にヒントになればと思う。

  1. 大学に入学した時からモテる人とモテない人の差は広がりはじめる
    1. 大学でモテる男や女はアクティブに生活することでイケてる大学生になるが、大学でモテない男や女はイケてない大学生になる
  2. 大学で急にモテる女や男は「友達が多い」のが特徴!人間関係が広がっていくか狭い人間関係で生活するかで恋愛格差が広がる
  3. 大学生の恋愛が二極化する理由は「コミュ力」の違いがどんどん広がるから
    1. 大学生でモテるようになるには「女心の理解」「男心の理解」が条件になるから、恋愛格差が広がっていく
  4. 大学生はモテるタイプとモテないタイプで話題力の差が開きやすいから恋愛格差が広がっていく
    1. 大学で急にモテる男女は、「異性が遊ぶ場所」に行くから話題力がつく
  5. 大学生はファッションにも差が生まれる時期!大学で急にモテる男女は「大学生ファッション(私服)」に成功している
    1. 大学で急にモテる男女は、周りから見た目に関してコメントされるからどんどん意識が高くなっていく
    2. 大学でモテない男女は、オシャレするのが恥ずかしいと思ってしまう
  6. 大学生はモテるからさらにモテるという好循環に入ることで「モテ期」に入る人が多いから恋愛格差が広がる
  7. 大学生で急にモテる男がいる理由は「大学デビュー」が大きな理由
  8. まとめ

大学に入学した時からモテる人とモテない人の差は広がりはじめる

大学に入学した当初は、同じ大学に通う友達が少ない(いない人も多数)ため、大学に慣れていくと同時に友達作りも行っていく。

幸い、大学に入学したばかりの頃はほぼすべての人が友達を作りたいと思っている時期なため、知り合いを作る意思さえあれば何かしらのきっかけや積極的な声かけでどんな人でも友達は作れる

しかし、ここを「恋愛」の視点から見てみると、すぐにモテる人とモテない人の差が広がっていっていることに気付く。下のような特徴が出てくるためだ。

  • モテる人⇒友達が多い、イケてる友達も多い
  • モテない人⇒友達が少ない、イケてる友達も少ない

大学生活で恋愛できなかった男女は、よく「大学に入ってすぐ、最初から色々と失敗してた」と話す。

大学でモテる男や女はアクティブに生活することでイケてる大学生になるが、大学でモテない男や女はイケてない大学生になる

大学生のころは多くの「初めて」に興味があり、アクティブに若者らしい挑戦心を持っている。そうじゃないという人でも、人生の全体から見るとそういう時期になるはずだ。

高校生で制限されていたことが大学生になってかなり自由になっていくので、日常から見た世界が変わることで「やってみたいこと」がたくさんできる。

本来であれば、これが交友関係が広がる理由になって「恋人ができる理由」にもつながっていくのだが、非モテの人は活動的でない性格が災いして友達付き合いが小さくなり、友達が多くて活動的な人との差がつく

つまり、いろいろなことに興味を持って経験していきたい大学生では、友達が少なく、さらにその友達がイケてない時点で非モテの要素がかなり極まってしまうのだ。

大学でモテる人と非モテの人の差が広がる理由としてすごく大きい部分である。

大学でモテる男や女はアクティブに生活することでイケてる大学生になり、カップルもできていくけど、大学でモテない男や女は非アクティブな性格を送ることでイケてない大学生になり、恋愛とは縁がないグループを形成していく。

これが1つ、大学生でモテるモテないの格差が広がる理由だ。

大学で急にモテる女や男は「友達が多い」のが特徴!人間関係が広がっていくか狭い人間関係で生活するかで恋愛格差が広がる

大学生の合コンの様子。

大学生の時期は本当に貴重な時期なので、恋愛したい人は本当に頑張ってほしい。

大学生は大人になったのにまだ学生という恋愛環境として素晴らしい時期。出会う人は立場差がないフラットな友達として知り合うことができ、社会性を重視される社会人の付き合い方よりももっとラフにフレンドリーに人間関係が形成される

その結果、友達から友達へとつながりは無限大に広がる可能性があって、合コンや紹介はかなりナチュラルに日常的なものとなる。

たとえば、何人かの友達と遊んでいるときに一人が何かの飲み会に誘われる。そうすると「今友達といるから今日は無理だよ」などと言い訳をして断るところだが、大学生くらいだと「友達ってどんな感じの人?」と多少探りが入りながらも、「ヒマなら合流して一緒に飲もうよ♪」なんて話によくなる。

これが、大学で急にモテるようになる女や男にあるあるの生活だ。大学生活に限らず、モテるかモテないかは「異性の友達の数、異性の知り合いの数」が大きく影響するが、大学でモテない男女は総じて友達と知り合いが少ない。

狭い人間関係で生活していたらどんなイケメンや美女でもモテるようにはならないし、コミュ力も上がっていかない。高校生から大学生の時期は「どれだけ異性慣れしてるか」がモテるモテないに影響するから、異性の友達の数と知り合いの数は非常に重要なファクターだ。

私自身は大学でモテるタイプの男子だったが、私の経験したところだと、遊びに行った先で友達の友達が飲んでいて、「一緒に2次会行きませんか?」と女の子に声をかけてもらい、合流するなんてことも多々あった。

友達付き合いが多いと、ナチュラルに合コン状態となることもしばしばだった。

大学生を卒業して社会人になるとこういったことはかなり少なくなるので、大学生らしいノリだが、友達のつながりによって異性との出会いが発展していくので、そこから恋仲になるケースも当然増える。大学生では、モテる人と非モテの差が「どれだけ広い人間関係があるか」で広がる。

仲がいい友達だけで生活していると日常が楽になるけど、大学生でモテない人になりたくないならもう少し人間関係を広げていく努力が求められる。

大学生の恋愛が二極化する理由は「コミュ力」の違いがどんどん広がるから

モテる大学生は出会いが増えることで恋愛におけるコミュニケーション能力が向上し、さらにモテることで非モテとの差を広げていく。

男慣れしてる女子大生や、女慣れしてる男子大生は、最初から高いコミュ力を持っているのではなく、様々な機会で異性と接する中で “武者修行” 的にコミュ力を磨いた結果、良い意味の慣れてる感が出る。

イメージでは “慣れてる人” は恋愛的に評価が低いところがあるが、実際は異性慣れしてる大学生は会話をリードしてくれたり、褒め上手だったり、男や女の扱い方が分かっていて、接していると好印象を持つタイプの方が圧倒的に多い。

大学生だと恋愛経験が少ない人が多いため、特に異性との会話が上手い人はモテる傾向が強まり、「モテるからさらにモテる」というサイクルに入る。

大学生でモテるようになるには「女心の理解」「男心の理解」が条件になるから、恋愛格差が広がっていく

モテるためには、異性とうまくコミュニケーションが取れないといけない。大学生の恋愛は外見に左右されるところも大きい時期だが、一緒にいて楽しい人や話していると面白い人の中にはブサイクでもモテる人が多い

コミュニケーションがうまくなるためには「異性を知ること」が意外と大事な要素であり、せっかく外見や雰囲気で興味を持ってもらっても、話してつまらなければ恋愛に発展していかないところがある。

大学生でモテる人とモテない人の恋愛格差が広がる理由は、「異性への理解度」が全然違ってくるからだ。

モテない人は男心も女心も分からないままで、相手目線で気が利いた態度が取れない。その結果、自信を失うと出会いが作れなくなったり、せっかくいいなと思う人ができても仲良くなれなかったりして、コミュ力の差が恋愛力の差に直結していくようになる。

恋愛に「出会い」がどれだけ大事か、よく理解できていない人は下の記事も読んでおいてほしい。出会いを通して異性心理を学んだり、異性との会話が上手くなっていくので、大学生活の過ごし方は恋愛的な意味でもサボるべきではない。

大学生はモテるタイプとモテないタイプで話題力の差が開きやすいから恋愛格差が広がっていく

アクティブに行動する大学生の様子。

大学生はアクティブと非アクティブで圧倒的に「話題力」で差が開く。

異性慣れの部分でもコミュニケーション力に差ができるが、異性と話しても話題がないという状態は「次につながらない」という点で致命的だ。

大学で急にモテる男女は、「異性が遊ぶ場所」に行くから話題力がつく

大学生で急にモテる男女は、彼氏持ち・彼女持ちの時期が長くなることで「男子の行く場所」「女子の行く場所」にも自然とデートで行くようになる。だからモテるタイプの大学生は異性との話題が豊富なのだ。

デート回数が増えていくと感性や価値観まで学んでいくから盛り上がる話題の傾向もつかんでいくところがある。

ここが大学でモテる人とモテない人の格差が広がる理由になっている。

最低限、友達付き合いする男子・女子がいればこの問題は末期化しないけれど、モテるモテないの問題が友達レベルで悩みになった場合は早急な対処が必要だ。

インドアの趣味でも女子との会話で話題になるものはあると思うが、やはり誰とでも盛り上がる会話がしたいなら人付き合いの中での「体験談」が必要不可欠である。

そういう意味では、異性慣れするために、大学生の会話に慣れるために、たとえ恋愛がうまくいかなくても楽しい大学生活を送ることが、大学恋愛のみならずそれ以降の社会人恋愛でも大事なことだろう。いいなと思った人と楽しい会話ができるように、「話題の無い人」になるのは回避しよう。

大学生はファッションにも差が生まれる時期!大学で急にモテる男女は「大学生ファッション(私服)」に成功している

異性との絡みが多くなると、気にするようになるのが「ファッション」である。女の子なら「メイク」もそうだ。

二つとも異性を意識する理由だけで気を遣うようになるわけではないが、実際には一つの大きな理由であり、自分の身なりを整えるきっかけには「恋愛」の要素も含まれている。

高校生の時は制服の着こなし方が上手いとオシャレなイメージを持たれたが、大学生は私服のセンスがモテるモテないに大きく影響し、大学で急にモテる男女は総じて「大学生ファッション」に成功しているのが特徴だ。

では、なぜ大学でモテる人は私服に意識が高いのか、逆に大学でモテない人はなぜ私服に意識が低いのだろうか?

さらに、なぜ服装が大学生で恋愛格差が広がる理由になるのだろう?

2つの疑問に答えていく。

大学で急にモテる男女は、周りから見た目に関してコメントされるからどんどん意識が高くなっていく

大学で急にモテる人は、出会いが増えていく中でとにかく異性からほめられる体験を多くしていく。

コミュニケーションの基本は「心地良い会話」だから、そこまで親しくない男女の会話では「褒める頻度」が高い。社交辞令であることも多いのが現実だけど、モテる人なら好意を伝えるために褒められることも多い。

そんな経験が増えていくと「自分は異性にどう見られているのか」を逆に気にするようになる。誰も何も言わない人のほうが自分の見られ方には疎い。話題によく上がる人もモテるタイプの人だ。

褒められると意識するという有名な話はあなたも聞いたことがあると思うのだけど、これは褒めた相手に対してだけでなく自分の中でも「自分の見た目を気にする」という心理に作用する。

特に大学生のころはまだ自分探しをしている時期なので、いろいろなところでその感受性の高さを発揮するのだが、大学で急にモテるようになる男女はこんな理由があって、自分のファッション感覚を磨いていく。

男の子や女の子から「かっこいいね」「かわいいね」と言われたら、自分の見た目を意識するようになるし、いろいろな褒められ方をして自分の見られ方を学んでいくことも大きい。

あなたも、同性よりも異性から何か自分に言われた方が心に残ったりしないだろうか?

恋愛でファッションが大事なことは今更言う必要もないと思うのだけど、1点だけ「自分の雰囲気を決めているものだ」という感覚だけは持っておいてほしい。「異性ウケするファッション」というものは確かに存在するから、モテる大学生になりたいなら女子目線・男子目線を気にした服装をするのが1つのコツである。

大学でモテない男女は、オシャレするのが恥ずかしいと思ってしまう

モテる大学生は自分の雰囲気を良くしていくが、モテない大学生は自分の見た目を意識する機会が少なく、気を遣う必要性に迫られないことで、オシャレに意識が低くなる。

結果、今っぽい服装や流行りのファッションに苦手意識すら持つことがあって、オシャレすることに「恥ずかしい」と思ったり、自分らしさをこじらせてしまうこともある。

変にキメるファッションはおすすめしないのだが、オシャレをしようとする時にどんなファッションも自分のキャラじゃないと思う場合は、非モテの道を進んでいる

この「見た目を良くするために努力するか、しないか」が、恋愛格差が広がっていく理由の大きな部分を占めている。

下の記事では「無難かっこいいデート服」をテーマにしているが、大学でモテるファッションとしておすすめなので、興味があれば読んでみてほしい。

【レビュー】デートに着る服は無難カッコイイが丁度いい!メンズファッションプラスでマネキン買いをしてみた
「デートに着る服はどんな服装が丁度いいんだろう?」 普段あまりファッションのことを気にしない男性も、「デートに着る服」は適当というわけにいかない。 しかし、だからと言ってキメッキメの服装でデートに行くのも何か違うし、何よ

大学生はモテるからさらにモテるという好循環に入ることで「モテ期」に入る人が多いから恋愛格差が広がる

モテる大学生とモテない大学生の差を考える男女の画像。

現在大学生の人には悪いけれど、大人の私から見ると大学生はまだまだ恋に恋している人も多い時期だなと感じることが多い。恋愛ブログ運営に際して女子大生の恋愛相談も度々受けているのだけど、大人と子供の中間のような恋愛をしていると感じる。

恋に恋している時ってどんな状態?恋に恋する恋愛乙女の特徴
女性と恋バナをしていると、「恋に恋している」と感じるタイプがそこまで少なくないと感じる。リアルな恋愛と少し違った印象で恋愛トークする女性は、恋愛乙女と呼ぶに相応しい雰囲気を持っている。 しかし、恋に恋するのが悪いことかと言えば

しかしながら、私だって大学生の時の恋愛を思い出すとイメージ先行で恋愛していた。
「なんか、いいな…」
こんな第一印象から恋が始まるのが大学生だ

いいなと思う理由は挙げていけばキリがないのだが、ここで一つ挙げるなら「モテること」が大事なことを伝えていこう。モテと非モテの差が広がる理由としても大きい。

恋愛では「モテるからモテる」という状態が起きる。言葉を直せば「モテ期」がそうだ。

【経験談】モテ期は本当にあるのか、その特徴とは?~モテ期がこないという人のために体験談とアドバイスを綴る
モテ期が来ない人は、モテ期が本当にあるのか気になることがあると思う。モテ期が都市伝説のように感じる人は、モテ期を体験したことがない人である。 「自分には、いつモテ期が来るのだろう?」 「モテ期の特徴って、どんな感じなのだろう

異性として魅力的なのはいくつかの要因が考えられるのだけど、イメージが飛躍的に上がるのがモテるときだ。悪い噂は嫉妬の塊で、結局「異性」としての魅力を上げる。

大学生のころは、まだ「自分の恋人で自分の価値を計る」傾向もある時期だ。ブサイクな彼氏やブスな彼女を連れている自分はイケてないと感じる。

相手がイケメンなら好きじゃなくても付き合う女子が多いのは、イケメン彼氏を恋人にしている優越感も絡んでいる。もちろんそれだけなはずはないのだが、「自分がどんな人と付き合ってるか」は、ある意味で自分の価値を表す。

大学生以外の恋愛もこういった傾向があるのだが、とりわけ大学生恋愛ではイメージ先行で恋愛が始まる傾向が高いため、モテるモテないで異性としての評価が決まりやすい。

女の子によく声をかけられる男子大学生はほかの女子からイメージがよくなり、男の子にちやほやされる女子大生は良い意味で男が追いたくなる高嶺の花感を出す。

大学で急にモテる男子や女子は、モテ期に入ることでモテない大学生と恋愛格差を作っていく。

自分を非モテだと思うなら、「モテる」まで行かなくても、恋愛も含めて「充実してそうなイメージ」を持たれるくらい社交的でいるようにしよう。暗い・つまらないイメージを持たれると恋人候補からは外れる。

モテる大学生になりたいと思ったら、下の記事を参考にしてみてほしい。

大学でモテる男の特徴と魅力~大学生で彼女を作るために今のあなたが手に入れたい魅力とは
楽しい大学生活を送りたいと思ったら、恋愛に興味がある人は「彼女がいること」が重要な条件の一つになる。 大学生の時にしておきたいことの中には「彼女としかできないこと」があるし、人生経験としても「大人の恋愛の初歩」を経験しているか

大学生で急にモテる男がいる理由は「大学デビュー」が大きな理由

大学になって急にモテる男性がいるが、その理由は高校から大学へと自分の環境が変わる中で、モテる男の環境に身を置くことに成功したからだ。

「アクティブに行動し、イケてる友達と仲良くなり、女子との関りを増やしてモテる大学生になる」

こういうことは実は頻繁に起きていて、要は大学デビューに成功した人は急にモテるという経験をする。

高校生の時は自分のことを一気に変えることはできないけど、大学生になれば様々なことが自然と変化する。それを恋愛の好循環に持っていくことができると、イケメンじゃない大学生でもモテる男子が出てくる。

大学生の恋愛格差を埋めるには、自分の生活面を含めた環境を「モテるようになる状態」に近づけることがすごく重要だ。イケてる大学生になりたいと思ったら、イケてると思われる大学生活を送るように環境整備する必要がある。

サークルで彼女を作ることもそうだし、バイトで彼女を作るでもいい。あなたに合った方法で恋愛的に大学生活を充実させる方法はあるので、もし非モテ大学になっているとしったら、「どんな風にアクティブになるか」を考えてみよう。

大学生になって急にモテる人は、異性から「付き合ったら楽しそう」と思われる人であることは強く意識しておきたい。

大学生で恋愛経験なしはヤバイ?不安なあなたへ、大学生恋愛の特徴と恋愛経験ゼロを卒業する方法を解説する
「せっかく大学生になったのに恋愛経験ができないのは寂しい…」 「このまま恋愛経験なしで社会人になっちゃうのが不安…」 大学生恋愛がうまくいかない人は、こんな悩みを持っているかもしれない。 高校生から大学生になると、時間

まとめ

今回は「大学生はなぜモテる人と非モテの差が広がるのか」をテーマに、恋愛格差が広がる理由を説明した。ぜひあなたの恋愛環境を向上させるのに参考にしてみよう。

大学生の時期は、恋愛しやすい環境がある中で実は思ったような恋愛ができていない人が多い。SNSのせいで所属するグループ内恋愛がしにくくなったと言われているが、うまくやっている大学生は素敵な恋人とラブラブだ。

男友達や女友達でもいいから交友関係をアクティブにし、いろいろな体験をして、「付き合ったら自分まで楽しくなりそう」というイメージを持たれるような大学生になろう。

仲がいい人ができても恋愛がうまく行かない大学生は下の記事も参考にしてほしい。

友達止まりで終わる女性の特徴~何で好きな人と仲良くなっても女友達で止まるの?
「好きな人と仲良くなることはできるのに友達どまり、何で彼女になれないの?」 「いつも友達止まりの片思いしかできない、私は完全に友達扱いされるタイプなの?」 好きな人と仲良くなれるタイプの女性の中には、こんな悩みを持っている

関連記事:

モテる男性 モテない男性 大学生の恋愛
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました