【恋愛】大学生はなぜモテる人と非モテの人の差が広がるのか~恋愛格差の理由を知ればあなたも恋人ができるかも?

モテる大学生とモテない大学生が一緒にいる飲み会

大学生の恋愛はモテる人と非モテの人の格差が広がる時期だ。大学入学から1年程度たって2年生や3年生になると、最初についていた恋愛力の差がさらに広がったことに気付く。

高校生の時に非モテだった人が大学生になってモテる人に変わることは珍しくないが、それ以上に頻出するのが恋愛格差の拡大だろう。

そこで今回は、「大学生はなぜモテる人と非モテの人の差が広がるのか」についてまとめてみよう。恋愛格差の理由を知ればあなたの恋愛に生かせるかもしれない。自分のどこを変えるべきか悩む大学生にヒントになればと思う。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

大学に入学した時からモテる人とモテない人の差は広がりはじめる

大学に入学した当初は、同じ大学に通う友達が少ない(いない人も多数)ため、大学に慣れていくと同時に友達作りも行っていく。

幸い、ほぼすべての人が友達を作りたいと思っている時期なため、意思さえあれば何かしらのきっかけや積極的な声かけでどんな人でも誰か友達は作れる

しかし、ここを「恋愛」をテーマに見てみると、すぐにモテる人とモテない人の差が広がっていっていることに気付く。下のような特徴が出てくるためだ。

  • モテる人⇒友達が多い、イケてる友達も多い
  • モテない人⇒友達が少ない、イケてる友達も少ない

大学生のころは多くの「初めて」に興味があり、アクティブに若者らしい挑戦心を持っている。そうじゃないという人でも、人生の全体から見るとそういう時期になるはずだ。高校生で制限されていたことがかなり自由になっていくので、日常から見た世界が変わる。

本来であれば、これが「恋人ができる理由」になる部分なのだが、非モテの人は活動的でない性格が災いして友達付き合いが小さくなり、友達が多くて活動的な人との差がつく

つまり、いろいろなことに興味を持って経験していきたい大学生では、友達が少なく、さらにその友達がイケてない時点で非モテの要素がかなり極まってしまうのだ。モテる人と非モテの人の差が広がる理由として大きい。

続けていこう。

スポンサーリンク

大学生の合コン、紹介はかなりナチュラルに行われる

大学生の時期は本当に貴重な時期なので、恋愛したい人は本当に頑張ってほしい。

大学生は大人になったのにまだ学生という恋愛環境として素晴らしい時期。出会う人は友達として知り合うことができ、社会性を重視される社会人の付き合い方よりももっとラフにフレンドリーに人間関係が形成される

その結果、友達から友達へとつながりは無限大に広がる可能性があって、合コンや紹介はかなりナチュラルに日常的なものとなる。

たとえば、何人かの友達と遊んでいるときに一人が何かの飲み会に誘われる。そうすると「今友達といるから今日は無理だよ」とかの言い訳をして断るところだが、大学生くらいだと「友達ってどんな感じの人?」などのように多少探りが入りながらも、「ヒマなら一緒に飲もうよ♪」なんて話によくなる。

また、私の経験したところだと、遊びに行った先で友達の友達が飲んでいて、「一緒に2次会行きませんか?」と女の子に声をかけてもらい「合流する」なんてことも多々あった。友達付き合いが多いと、ナチュラルに合コン状態となることもしばしばだった。

大学生を卒業して社会人になるとこういったことはかなり少なくなるので、大学生らしいノリだろう。異性との出会いが友達のつながりによって発展していくので、そこから恋仲になるケースも当然増え、モテる人と非モテの差は広がる。

異性とのコミュニケーションがうまくなればモテる要素に

これまで上げた理由2つは、要するに「出会い」が多いとも言い換えられる。当ブログでさんざん言ってきているように、恋愛に必要な要素は3つに大別されるのだが、一番重要なのは「出会い」である。

  • 出会い
  • コミュニケーション能力
  • セルフイメージ

この3つのうち、出会いを増やすことで恋愛の好循環に入れることを伝えてきているが(参考:モテない男が彼女を作るために必要なこと~恋愛に必要な3つの要素を改善・対処する方法)、モテる人は出会いが増えることで恋愛におけるコミュニケーション能力が向上し、さらにモテることで非モテとの差を広げていく。

モテるためには、異性とうまくコミュニケーションが取れないといけない。大学生の恋愛は外見に左右されるところも大きい時期だが、一緒にいて楽しい人や話していると面白い人の中にはブサイクでもモテる人が多い

コミュニケーションがうまくなるためには「異性を知ること」が案外大事な要素であり、せっかく外見や雰囲気で興味を持ってもらっても、話してつまらなければ恋愛に発展していかないところがある。

モテる人とモテない人の恋愛格差が広がる理由は、「恋愛力を磨く」という点で進んでいる方向がかなり違っているからだ。

恋愛に「出会い」がどれだけ大事か、よく理解できていない人は下の記事も読んでおいてほしい。

大学生は話題力の差が開きやすい

大学生はアクティブと非アクティブで圧倒的に「話題力」で差が開く。異性慣れの部分でコミュニケーション力に差ができるが、異性と話しても話題がないという状態は「次につながらない」という点で致命的だ。

彼氏持ち・彼女持ちの時期が長くなると「男子の行く場所」「女子の行く場所」にも自然とデートで行くようになるため、モテるタイプは異性との話題が豊富。感性や価値観まで学んでいくから盛り上がる話題の傾向もつかんでいくところがある。

ここがモテる人とモテない人の格差が広がる理由になっている。

最低限、友達付き合いする男子・女子がいればこの問題は末期化しないけれど、モテるモテないの問題が友達レベルで悩みになった場合は早急な対処が必要だ。インドアの趣味でも話題になるものはあると思うが、やはり誰とも盛り上がる会話がしたいなら人付き合いの中での「体験談」が必要不可欠である

異性慣れするため、大学生の会話に慣れるため、たとえ恋愛がうまくいかなくても楽しい大学生活を送ることが、大学恋愛のみならず、それ以降の社会人恋愛でも大事なこと。いいなと思った人と楽しい会話ができるように、「話題の無い人」になるのは回避しよう。

大学生はファッションにも差が生まれる時期

異性との絡みが多くなると、気にするようになるのが「ファッション」である。女の子なら「メイク」もそうだ。二つとも異性を意識する理由だけで気を遣うようになるわけではないが、実際には一つの大きな理由であり、自分の身なりを整えるきっかけには「恋愛」の要素も含まれている。

モテる人は、とにかく異性から何かしらほめられる体験を多くしていく。コミュニケーションの基本は「心地良さ」なので、社交辞令であったとしても異性と話した際に褒めることはあなたも多いと思う。モテる人なら好意を伝えるために褒められることが増えるのである。

そんな経験が増えていくと「自分は異性にどう見られているのか」を逆に気にするようになる。誰も何も言わない人のほうが自分の見られ方には疎い。話題によく上がる人はモテるタイプの人だ。

「褒められると意識する」という有名な話はあなたも聞いたことがあるだろう。これは褒めた相手に対してももちろんだけど、自分の中でもそうなのだ。

人から指摘されて気づくことが実は多いのである。特に大学生のころはまだ自分探しの時期なので、いろいろなところでその感受性を発揮する。

こんな理由があって、モテる人は自分のファッション感覚を磨いていく。意識するようになるし、いろいろな褒められ方をして自分の見られ方を学んでいくことも大きい。あなたも同性よりも異性から何か自分に言われた方が心に残ったりしないだろうか?

恋愛でファッションが大事なことは今更言う必要もないと思うのだけど、1点。「自分の雰囲気を決めているものだ」という感覚だけは持っておいてほしい。だから「異性ウケするファッション」というものがある。

モテる大学生は自分の雰囲気を良くしていき、モテない大学生は気を遣わずにオシャレが逆に恥ずかしくなっていく。変にキメるファッションはおすすめしないのだが、オシャレをしようとするとき、どんなファッションもキャラ違いだと思う場合は、非モテの道を進んでいるかもしれない。

恋愛格差が広がっていく理由だ。

モテればモテるという好循環

現在大学生の人には悪いけれど、大人の私から見ると、まだまだ恋に恋している人も多い時期だなと感じることが多い。恋愛ブログ運営に際して女子大生の恋愛相談も度々受けているのだけど、大人と子供の中間のような恋愛をしていると感じる。

恋に恋している時ってどんな状態?恋に恋する恋愛乙女の特徴
女性と恋バナをしていると、「恋に恋している」と感じるタイプがそこまで少なくないと感じる。リアルな恋愛と少し違った印象を持つそんな女性...

しかしながら、私だって大学生の時の恋愛を思い出すとイメージ先行で恋愛していた。
「なんか、いいな…」
こんな第一印象から恋が始まる大学生

いいなと思う理由は挙げていけばキリがないのだが、ここで一つ挙げるなら「モテること」が大事なことを伝えていこう。差が広がる理由としても大きい。

恋愛では「モテるからモテる」という状態が起きる。言葉を直せば「モテ期」がそうだ。

【経験談】モテ期は本当にあるのか、その特徴とは?~モテ期がこないという人のために体験談とアドバイスを綴る
モテ期は、都市伝説の類なのか、それとも本当にあるのか。 「まだモテ期がこない」という人は、本当にモテ期が存在するのか確かめたくなっ...

異性として魅力的なのはいくつかの要因が考えられるのだけど、イメージが飛躍的に上がるのがモテるときだ。悪い噂は嫉妬の塊で、結局「異性」としての魅力を上げる。

大学生のころは、まだ「自分の恋人で自分の価値を計る」傾向もある時期だ。ブサイクな彼氏やブスな彼女を連れている自分はイケてないと感じる。

相手がイケメンなら好きじゃなくても付き合う女子が多いのは、イケメン彼氏を恋人にしている優越感も絡んでいる。もちろんそれだけなはずはないのだけど…。

大学生以外の恋愛もこういった傾向があるのだが、とりわけ大学生恋愛ではイメージ先行で恋愛が始まる傾向が高いため、モテるモテないで異性としての評価が決まりやすい。女の子によく声をかけられる男子大学生はほかの女子からイメージがよくなり、男の子にちやほやされる女子大生は良い意味で男が追いたくなる高嶺の花感を出す。

自分を非モテだと思うなら、「モテる」まで行かなくても、恋愛も含めて「充実してそうなイメージ」を持たれるくらい社交的でいるようにしよう。暗い・つまらないイメージを持たれると恋人候補からは外れる。

まとめ

今回は「大学生はなぜモテる人と非モテの差が広がるのか」をテーマに、恋愛格差が広がる理由を説明した。ぜひあなたの恋愛環境を向上させるのに参考にしてみよう。

大学生の時期は、恋愛しやすい環境がある中で実は思ったような恋愛ができていない人が多い。SNSの普及で所属するグループ内恋愛がしにくくなったと言われているが、うまくやっている大学生は素敵な恋人とラブラブだ。

男友達や女友達でもいいから交友関係をアクティブにし、いろいろな体験をして、「付き合ったら自分まで楽しくなりそう」というイメージを持たれるような大学生になろう。

関連記事: