知れば知るほど好きになる恋とはどんな特徴があるのか~知っていく内にどんどん分からなくなることもあるのはなぜ?

知れば知るほど好きになる恋をイメージした2つのマグカップ

あなたは、知れば知るほど好きになる恋を体験したことがあるだろうか?

ある人に興味を持って、気になって、意識するようになって、好きになる。
その過程の中で「相手のことを知れば知るほど好きになる恋」は素敵な恋愛だ。

今回はそんな「知れば知るほど好きになる恋とはどんな特徴があるのか」を解説する。

仲良くなるほど好きになっていく恋をするとよく問題になる「好きな人を知っていく内にどんどん分からなくなるのはなぜなのか」なども説明していくので、片思いについて深く知っていこう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

知れば知るほど好きになる恋とは

人が本気で誰かを好きになると、相手を理解することが「嬉しいこと」へ変わり、相手への「評価」としてではなく「好きな人をもっと知ることができた」と感じやすい。

知れば知るほど好きになるとき、ネガティブな情報も本来はあるはずだが、既に好きになっている場合はポジティブに捉える。
更に、「今日はこんな一面を見た」というように、好きな人の色々なところを知っていくことに喜びを感じるため、どんどん好きになっていくように恋をする。

知れば知るほど好きになっていく恋愛ができたらきっと幸せだ。
それは、恋愛とは好きになる過程と好きになってからの過程が違う場合もあるからだ。ストレートにここがつながるのであれば、恋らしい恋をしている。逆に「幻滅していく恋」はロマンスがないどころか嫌いな人にまでなってしまう恋だ。

知っていく内にどんどん好きになっていくのは、恋をしているとき、人が「好きな相手を肯定的な目で見ていること」が大きい。

ある人の長所と短所は紙一重で、その人の特徴をどう捉えるかで評価が分かれるのが本当のところだ。
たとえば、良くしゃべる人がいたとしたら、面白い人と捉える人もいればうるさい人と捉える場合があり、その人がどんな人かにももちろん影響されるが、「自分の好み」の方がよほど影響度合いが大きい。

知れば知るほど好きになる恋が素晴らしい点は「どんどん相手の情報が取得できている関係性」にある。
つまり、理解が進むくらいコミュニケーションが取れていて、もしくは、近くにいることができていることが、恋愛をしている人に取ってすごく幸せを感じるところだろう。
友達同士で話している姿を見て知っていく恋もあるし、普段の態度から同じ現象も起きているが、実質的な「距離が近いこと」は幸せを感じるべき状況だと思う。

知っていく時間については、短期・長期とも存在するのが今回のテーマの特徴と言える。
理由はそれぞれ分かれるが、興味を持つ人があなたに現れて、急速に距離を縮めていく過程で「知れば知るほど好きになる恋」もあれば、最初は何も思わなかったけれど、男友達・女友達としてある程度の付き合いを続けつつ、様々なエピソードを経験していく内に、いつのまにか「知れば知るほど好きになる恋」もある。

今回のテーマで、タイミングとして条件になっているのは「距離を縮めていく」ことである。あるタイミングから深い関係になっていく過程で相手の内面を知り、会話もどんどん心地良いものとなって「好き」という感情が高まる。

実質的な「好きな人との距離」が近い(=クラスメイトだったり、会社の同僚、何かしらのコミュニティのメンバー)ことで相手のことが知れる場合も広い意味で「距離を縮めていく恋」の範疇に入るだろう。

いずれにしても、「好きになってから相手を知っていく内にどんどん惹かれる恋」は、最初に芽生えた恋心が育っている証拠でもあるし、それが間違っていなかったことも証明していると捉えることができる。

正しさの点で、好きになるべき相手かどうかという意味ではないが、自分が好きになった気持ちが本気であったことは、自覚することになるはず。
否定したい関係も実際の恋愛では少なくないが、あなたの気持ちは相手に傾いていると客観的に判断できる。

知れば知るほどどんどん分からなくなる恋

ここで、ある問題と直面する人がいる。
それは、「知れば知るほど分からなくなる恋」になる場合だ。

好きになったら、人は相手をかなり主観的に見る。
恋をしたら、もう客観的になど見られないのである。

あなたが恋人のいる友達に「おまえの彼女って可愛い?」と聞いて見ると、「俺は可愛いと思ってるから付き合ってるんでしょ」と怒られてしまうかもしれないけど、「じゃあ、一般的に可愛い方?」と聞いて見ると、同じように「だから俺はそう思ってるって言ってんだろ」と怒られることも多い一方で、「一般的にってどうだろ…もうわかんねーよ」などと返ってくる場合も実は少なくない。

好きになった相手は、どんどん客観的に見られなくなってしまうのが「人」である。恋は人を盲目にさせるけれど、超主観的に見てしまうことも大いに関係しているのである。

知れば知るほど「好きな人の知識」はあなたに蓄積され、相手への理解は深まるはずだ。
しかし、人は矛盾する行動や考え方も持っているので、客観的かつ総合的に「相手を理解する」ことが「相手を知った」と思う条件となる。

「そう言っているけど本当はこう思ってるんでしょ?」というように、相手を客観視できなければ総合評価ができないため、相手が「好きな人」になると「どう思ってるんだろう?」と興味が強くなってしまったり、「え、俺のこと嫌いってこと?」みたいに主観的に見てしまうことが原因となって「分からない」のである。

人は言っていることとやっていることが矛盾している場合もあるし、考えていることを敢えて隠すように行動や態度を取る場合がある。
更にここを難しくしているのは、今回のテーマが「恋愛」だからである。

恋愛関係「特有の矛盾」が、好きな人を「理解すること」を妨げ、「分からない」と思わせる

恋愛感情はとても複雑な感情であるため、多くの恋に「矛盾」が発生する。
好きな人にそっけない態度を取ってみたり、押し引きしてみたり、好きだから許せないことがあったり…。「好きだから」という理由でケンカしてしまうことがあることなどはその顕著な例である。

知れば知るほど好きになる恋は、多くの情報が取得できている一方で、この矛盾した行動や態度もその情報には含まれることから、「完全に理解しきること」を妨げている。
相手を主観的に見てしまうことが大きな原因であるが、それと同時に「恋愛関係特有の矛盾」がまた新たな原因として「好きな人が分からない」という状態を作り出すのである。

いい雰囲気になってきたあなたは、特にここが大きい。

恋愛における「いい雰囲気」とはどんな状態を言うのか~いい感じの二人に見られる特徴
好きな人と仲良くなると、付き合う前でも「いい雰囲気」になることがある。 そんな時は周りが敏感に反応するから、「なんか、いい雰囲気じ...

片思いのときは自分の気持ちを隠しながら相手とコミュニケーションを取る場合も多く、探り探り恋をするので、お互いが矛盾し合った行動や態度を取る場合が多いのである。
恋愛ドラマの主人公を見ているとヤキモキするのは「思っていること」と「やっていること」に矛盾があるからだ。

従って、「知れば知るほど好きになる恋」とは、「どんどん分からなくなっていく恋」になっていくことが実は多い。
取得できている情報はかなり蓄積しているのに「主観的に見てしまう」し、「矛盾している」から、何が正しい相手の行動かもわからなくなってしまう。

グルグルと好きな人のことを考えては、落ち込んだり喜んだり、恋をすると感情がジェットコースターのように縦横無尽に走り回るけれど、好きな人のあらゆる面を知っていく内に恋が進んでいく特徴もある。「好きな人のことが分からない」のでも良いと言うか、仕方ない部分もあるのである。

恋愛のことを言った有名な言葉に、こんな一説がある。

人は「もっと知りたい」と言って恋をして、

人は「もう分かった」と言って恋が冷める。

原文そのままじゃないのだが、「知れば知るほど好きになる恋」は、すごく基本的な恋の仕方であって、「分からない」から「知りたい」と思うことが恋愛を進展させていく。

「もう分かった」となってしまう恋はその続きがない。
辛い部分もあるのだけど「知れば知るほど分からなくなる恋」も、本当は素敵な恋なのだ。

まとめ

今回は知れば知るほど好きになる恋をテーマに、なぜ知っていく内にどんどん分からなくなるのか、恋愛がどういうものかを参考にしながら解説した。
あなたのモヤモヤが少しはっきりしたなら嬉しい。

知れば知るほど好きになれる相手がいることは素敵なことだと思う。
是非、どんどん知っていく内にもっと好きになっていく恋をしてほしい。

恋をしたなら自分から頑張ってみる。
どんなことでもいいから、自分の気持ちを大切に、あなたの恋を叶えてほしい。

関連記事: