せっかく付き合えたのに「片思いのまま」だと不安になる彼氏や彼女の態度5つ

付き合っていても片思いのままと落ち込む女性のイメージ

付き合っているのに片思いのままだと思うような感覚を覚える時は、付き合いはじめのカップルが軌道に乗る前に多い。片思いしていた好きな人と付き合えた場合は、本来幸せいっぱいの時期を迎えるはずだが、「片思いのまま」だと思ってしまうなら不安になることも多いだろう。

カップルは付き合った瞬間にラブラブなカップルになれるわけじゃないから、ちゃんと「カップルとしての関係作り」に成功しないといけない。付き合いたての頃の不安はカップルのあるあるだが、具体的にどんな行動や態度がそう思わせるか知っておくと、対処できることは増えるはずだ。

今回は、「せっかく付き合えたのに片思いのままだと不安になる態度」を解説するので、何となく気まずい空気でお互いの気持ちがすれ違うことがないよう、参考にしてみよう。
どんな態度が寂しさを感じさせたりするのだろう?

スポンサーリンク

「好き」だと具体的な言葉がない

告白をする方もそうだし告白をされる方も、「好き」だと具体的な言葉が聞けない時は、色々と考えてしまって不安になるものだ。

付き合うことが決まった時に「好き」って言葉が使われないこともあるので、付き合うことにはなったけど本当に好きなのかどうかが分からない状態になってしまった時は、不安になった際に具体的な言葉の意味が大きいことに気が付くはずだ。

不安な状態だとどうしてもネガティブな思考が進んでしまうものだが、それを打ち消す具体的な言葉がないと歯止めがかけ辛い面もある。「付き合っているのに片思いのまま」だと思うことも多くなるだろう。

まだ付き合って間の無い状態なら、素直な言葉はなかなか言いにくいものだが、「好き」だと言葉で伝えていない場合は、あまりその時間を放置しない方が良い。

告白をOKした立場の人に多いと思われるが、一度も「好き」だと具体的な言葉にしないで付き合っている人がいたら、相手を不安にさせているかもしれない。

自分から言いにくいのなら、相手に質問して返ってきた言葉に自分の気持ちを返すことで言葉にしよう。改めて気持ちを確認しながら付き合うのも付き合い始めには大切だし、ラブラブなカップルになることにも好影響があるので実践してみよう。

連絡が一方的

アプローチをする人、される人の構図が鮮明な中で片思いが叶った場合、お付き合いがスタートするとよく陥る状態が「連絡の取り方が一方的」という状態だ。

連絡をする人とされる人の関係がはっきりしてしまうと、連絡をする人は一方的に連絡をしていることで不安になり易い。片思いの時と同様の関係が継続していて、せっかく付き合えたのに片思いのままだと感じる態度だ。

このブログにも多くの人が「一方的に〇〇」とか「自分だけ〇〇」とかの検索ワードで色々な記事を読んでいる。「両想いなら連絡をしたいと相手も考えるはずだ」と思うのが、一方的に連絡をしている女性や男性の立場なので、付き合うことになったのなら双方向の連絡が好ましい。

彼女や彼氏のアクションに頼ってばかりのコミュニケーションだと、思っている以上に寂しさを感じさせることがあるので注意をしよう。不安になる人の多くは、相手の態度から気持ちを探るものなので、一方的な状態を継続するとその不安は増幅する可能性が高い。

友達の時と態度が変わらない

せっかく付き合えたのなら、今後の関係には不安を抱きながらも期待している状態だ。

二人の関係が発展していくまでには時間をかけていくべきだし、関係は段々と深めていくものだから少し現実と理想でギャップができていることも多いのだが、この状態に逆の態度を取ってしまうのも、相手の彼氏・彼女に不安を抱かせることになる。

例えば、呼び方が変わらないとか、敬語が混じるとか、気にしない人なら細かいと思うことでも積み重なったり、そのまま時間が経過することでダイレクトな悪影響があることも多い。

これは一方が悪いわけではないし、時間と共に解決できることだと思うが、あまりよそよそしい態度を取らないように気を付けるといいかなと思う。付き合ったのなら付き合ったなりの距離感が大事だろう。

付き合った途端に「彼氏面」「彼女面」が強すぎるのも問題となって微妙な表現だが、友達の時とは違って下の名前で呼び合うとか、小さな工夫から始めると少しずつ変わってくるだろう。

「会いたい」と言ってくれない

一方的な連絡と通じることだが、デートの誘いが一方的な時も、付き合ったのに片思いのままだと感じることが多いかと思う。

ただ、現実的な恋愛のカタチを考えると、関係は構図ができやすいので、ここで言いたいことはデートの誘いを受ける時や断る時の態度の方だ。

つまり、「予定ないから大丈夫だよ」とか「その日は予定があるからごめんね」ってだけでデートの予定にリアクションしているのは、不安を感じさせることが増えるかなと思うのである。

片思いのままだと感じるのは「相手からの気持ちが伝わらない」からである。
気持ちを伝えるには「言葉」が最もストレートで、日常的には「態度」から推し量ることになる。
デートの予定が立たない状態、つまりは優先してくれないとか、時間を取ろうとしてくれない態度はもちろんだが、その時に添えられる言葉からも相手の気持ちを推し量る面があるだろう。

付き合い始めにデートの誘いをするのは案外勇気がいるものだ。その中で最も気にすることは「自分に会いたいと思ってくれているかどうか」である。

忙しくて会えないことが不安にさせる面ももちろんあるが、「会いたい」と思ってくれていないと思うことがあればそれは辛いと感じるだろう。会うことが決まった時や相手からの誘いに断る時は「会いたい」気持ちを言葉にすることで変わってくる。

特に断る時は「来週は会いたいな」って言葉を添えたりするだけで相手の感じることは大分変わるから、恥ずかしがらずに言うようにしよう。そういった言葉がまだ素直に言いにくいと感じる時は、きっと相手もデートの誘いにくさを感じている時なので、お互いでフォローし合えると良い。

こちらも参考に

自分への興味がないと感じる態度

代表的なのは質問の深度なのだが、色々と他のことも絡む問題。付き合い始めの頃は距離感が難しいので、自分のことを話すにしても、相手の彼氏や彼女に聞くにしても、遠慮してしまう場合は多い。

しかし、どこまで聞いていいか分からないから無難な質問に会話が限定されてしまうと、よそよそしさを感じるし、自分への興味がないと感じる。あまり自分への興味を感じないと、まだ両想いではないのかなと考えることも出てくるだろう。

また、手を繋いだり、キスをしたりと言ったカップルだからこそすることについてもある程度の時間が経って発展がない場合に「自分に興味がないから」だと考える場合が出てくる。

男性がキスをしたいと思う時~好きな人が女性にキスしたくなる瞬間とは
男性がキスしたいと思う時がどんな時か、好きな人のことを考える女性はちょっと掴みにくいと感じるかもしれない。 男性は、あまり言葉で女性に想いを伝えな...
女性がキスをしたいと思う時~女はどんな瞬間にキスしたくなるのか
男性から女性にすることが多い「キス」は、男性が女性のキスしたい時を見極めることで心地良いものとなる。キスしてほしいと彼女が思う時が分かるなら、きっと彼女...

上の二つは当ブログでも人気記事だが、相手からのアクションがないことで不安になっている人も読んでいるようだ。

ただ押せばよい問題ではないから慎重さを前提としながらも、進んでいかない関係にモヤモヤするパターンも散見されるので、こんなパターンも頭に入れておくと良いかもしれない。

アクションを起こす方、受ける方、双方に取って問題となる場合があるから、なかなか話し合うようなこともできない問題なので、参考程度に。

カップルの年齢に寄ってもかなり変わってくる部分があるし、その彼女・彼氏でも考え方が大きく違うと思うから助言には苦しむのだが、愛情表現の一部である認識で考えると、「適切」が掴み易いかもしれない。

まとめ

今回は、付き合えたのに片思いのままだと不安になる彼氏や彼女の態度を5つのトピックで紹介した。

読んでくれた人がどちらの立場でいるかは分からないが、カップルの関係作りは二人で行っていくものなので、「一方的」な気持ちを感じることが最も不安な状態へ繋がり易いだろうし、それが「片思いのまま」と思わせる。

言葉だけでも、態度だけでも、完全に把握できないものが「気持ち」なので、「伝えよう」とする想いは大切になってくる。

付き合ったからと言って、すぐに理想のカップルになれるということはない。
片思いから両想いになることと、カップルとして仲が深まっていくことは、似ているようで違っている部分もあるから、ゆっくり関係を作っていくようにしよう。

関連記事:

付き合いはじめ
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました