「遊ばれる女」と「遊ばれない女」の違いは、男選びだけが問題じゃない!5つのポイントで解説

遊ばれる女と遊ばれない女の違いをイメージした「デートスポット」の画像。

世の中には「遊ばれる女」「遊ばれない女」がいるけれど、その違いについてあなたはどんな風に考えるだろう?

「相手の男が悪いんだよ、女は悪くないでしょ」

そういう女性がいても不思議ではないが、もし男性に遊ばれることがあるなら、これから紹介する5つの違いが果たしてクリアできているのかを一度考えてみてほしい。

今回は、「遊ばれる女」と「遊ばれない女」の違いについて5つポイントを挙げて解説するので、「相手の男性が遊び人だった」という相手の原因だけで遊ばれるのか、確かめてみよう。

「遊ばれたくない!」と思う女性にも参考になればと思う。

なぜ男は女遊びをするのか

女性心理は好きな人から自分だけを愛されたい心理が強い一方で、男性は多くの女性からモテたい心理が強いのが特徴だ。

男性が女遊びをする理由はここが大きく関わっており、男性が女で遊ぶ理由は、多くの女性と恋愛関係を持ちたい「男性脳」が原因。

【男女の浮気の違い】男性は彼女に安心して余裕を持つと浮気する、女性は彼氏から愛情を感じなくて寂しくなると浮気する
男性が浮気する時と、女性が浮気する時というのは、「心理」的に違いがある。 男性の浮気は「余裕」と「安心」がキーワードになっており、女性の浮気は「寂しさ」がキーワード。彼氏の浮気や彼女の浮気を心配する人は、この「浮気に関する男女

上の記事で詳しく解説している通り、そもそも男性と女性では浮気する理由も違っていて、女性が「男性の女遊びをする理由」を紐解くには男性心理の理解が不可欠になっている。

女性は男性の恋愛感情ではない「ただの女遊び」を察知して、本気じゃないアプローチに対して「断る」ことができないといけない。

男性の恋愛観を前提にすると、女遊びされる女性はモテているわけじゃない

そもそも、男女の恋愛観には色々な違いがある。

ときどき、遊ばれる女が「モテる女」だと勘違いしているケースを見ているが、男性の恋愛観を踏まえると「遊ぶ女」に対しては本当に低いハードルしかないので、本命になれない女性は本来の意味では決してモテてない。

そのくらい女で遊ぶタイプの男性は「一定のレベル以上であればどんな女でも良い」と言った感覚を持っているため、あなたの好きな人がモテる男であればあるほど、「本命の彼女になれるように振る舞う」ことが重要だ。

恋愛で言うところの「男性に遊ばれる」とはどんな意味?

好きな人に遊ばれた女性

恋愛で言うところの「遊ばれる」とは、気持ちをもてあそばれることを言う。

真剣な交際ではないことがその条件で、本命彼女ではなく「(友達のまま)恋愛関係を楽しむ感覚で接する」のが特徴だ。

好きじゃないのに好きと言ってきたり口説かれたりして、適当に遊ばれて終わる恋愛が「遊ばれた」という状態だが、そこには一瞬の幸福があるだけで、のちに後悔する恋愛となる点に大きな問題を抱えている。

しかし、なぜ遊ばれる女と遊ばれない女の2通り存在するのだろう?

両者の違いについて解説していく。

恋愛の主導権がフラット、もしくは自分にあるかないかで、遊ばれる女と遊ばれない女の違いがある

世の中には確かに「遊ぶ男」と「遊ばない男」の2通りが存在するが、前者の男は「遊ぶ女」を選んで遊んでいる現実がある。

その前提を踏まえて最初に挙げたいポイントは「恋愛の主導権」についてだ。

いつも男に主導権がある恋愛ばかりの女性は「遊ばれる女」に該当し、関係性がフラットだったり、むしろ自分が主導権を握っているという女性は「遊ばれない女」に該当する。

ここは恋愛傾向でも違いが分かれており、外見重視で「モテるイケメン」と恋愛することが多い女性は相手の男性に媚びがちで、相手側に主導権がある恋愛ばかりをしている傾向があるだろう。

刹那的な恋愛よりも、中身をしっかり見ていく恋愛傾向を持っている女性は「どちらに主導権があるか」ということが問題にならないフラットな関係性で恋愛が進んでいくので、遊ばれることが少なくなるのは必然だ。

「何で私は男に遊ばれるの?」という質問に対し、端的に答えるなら「下に見られているから」というのが大きい。いつも無理目な恋愛をしていたり、華やかなタイプの男性が好きな女性は、どうしても相手に主導権がある恋愛が多くなるため、都合のいい女になるような距離の縮め方が多くなっている。

好きな人と仲良くなっていくのに、相手に譲り過ぎている場合はそれが原因で遊ばれる女になっていることが多いと言える。対等に恋愛できる相手と付き合ってみると、こういったタイプの女性は違う恋愛の幸せを感じることも少なくない。

自分に自信がない女は遊ばれる女、自分に自信がある女性は遊ばれない女

遊ばれる女性が「遊ばれないようにするには?」と考えているところ

関係をフラットにする、もしくは自分が恋愛の主導権を持つには、「自分への自信」がひとつキーワードになる言葉だ。

自分に自信がない女性は、好きな人や気になる男性に対してどうしても下からアプローチしてしまい、本来遊ばない男性にも遊ばれてしまう。

加えて、男性から口説かれた場合にも舞い上がってしまうことが多くて、自信がない女性は軽い男に惹かれやすいという特徴もある。

一方、自分に自信がある女性は、好きな人に対してもフラットな関係でコミュニケーションを取るので、悪い意味で気持ちが見透かされることが少なく、遊びの対象にもなりにくいという特徴がある。

自分への自信は、「関係性を作る」という恋愛において遊ぶ男性が行う「駆け引き」に右往左往するかしないかの違いを分けている面があって、自分に自信が無さすぎると自分から男性に遊ばれる可能性を上げるようにコミュニケーションを取ることが多いから注意が必要である。

恋愛では「弱っている女性は落としやすい」なんて言葉があるが、一時的に「自信を失っている」という状態もあるので、自分を下げることなく恋愛ができる女性でいよう

好きな人であってもNOと言える女性は遊ばれない女、好きな人に意見が言えない女性は遊ばれる女

NOと言えない女性や断れない女性は、遊ばれる女の典型的な特徴だ。魅力的な女性ほど男性からのアプローチは多くなるが、NOと言えない女性は「数を当たる男性」に遊ばれる。

男性と対等な関係性を作れるかという点に「NOと言えるかどうか」が恋愛で影響しており、遊ばれない女はしっかりNOを伝えることができるのが違いだ。

押しに弱いタイプの女性がよくこの傾向を持っているが、空気を読み過ぎる女性も該当するため、「強弱感」まで含めるとなかなか複雑な問題とも言える。

「断っているのに押されると流されちゃう…」なんて言う女性は、NOと言えない女性に該当するだろう。

合わせすぎる女性は気を付けたいポイントだ。

男性が本命の女性にするキスと遊びの女にするキスの違い~目当ては心?体?
「酔った勢いでキスしてしまった…」 こんな経験はないだろうか。 「ついキスしちゃったのは雰囲気のせい」 そんなこともあるかもしれない。 男性は、好きじゃない遊びの女にもキスしたいと思う生き物なので、恋愛中の女性はその

デートの約束など、しっかりとした恋愛の進め方をする女性は遊ばれない女、流される女性は遊ばれる女

遊ばれる女性の特徴を持った「きちんとデートする」女性

「きちんとデートする」というのは、時にお互いがめんどくさいこともあって、堅苦しい距離の縮め方が苦手な女性は「都合のいい女」になりがちだ。「予定を入れて、待ち合わせをして…」って感じでデートっぽいデートをする女性との違いが意外に大きい。

デートが必要ない女性は男性が遊ぶ女の特徴で、急に誘っても都合よく来てくれるなら男性は女性の軽さに見方を変える。要は「お手軽な女」に見えるということだ。

「急に言われても無理だよ」
そう言える女性はNOと言える女性でもあるため、ある意味「じらす女性」の方が男性に遊ばれない女であるとも言えるだろう。

女性が良い恋愛をするためには「追われる女」にならないといけないが、女性が本来持っている慎重さや保守的な恋愛観を無くすと、遊びたい男から見透かされて本命彼女から降格する可能性が高まる。

何でも許す怒らない女は遊ばれる女、嫌なことにも感情表現する女は遊ばれない女

「いい人」が恋愛に成功しないのは、男性だけでなく女性にも言えることだ。

「何でも許す女」は遊ばれる女で、嫌なことにも感情表現する「男性を振り回す女」は遊ばれない女として違いがはっきりしている。

男性を振り回す「小悪魔女子」がモテる理由~男性目線で魅力を語るから、取り入れてみる?
「小悪魔女子は、同じ女子からは嫌われるタイプが多いのに、男子からはモテるし人気らしい…」 こんな話を聞いたことがないだろうか?もしかしたら、あなたの周りにもモテる小悪魔的な女子がいるかもしれない。 男子が言う「好きなタイ

上の記事で解説している小悪魔女子は、好きな人の本命になれる女性でもあるのだ。

恋愛が複雑なのは先程も出ている通り「強弱感」まで大事だから。基本的に好きな人や気になる人は誰もが「合わせてしまう」のが当然で、付き合う前の好きな人に怒ることができる女性はそこまで多くない。

しかし、もっと強くここが影響するのは「性格的に怒らない女性」である。元々から感情表現が豊かでポジティブ・ネガティブ関係なく気持ちが分かりやすい女性は扱い方が簡単なようで実は男性が苦労するタイプ

遠慮がちな女性の方が「遊ぶ男性」は扱いやすいと感じている。

女性の方が感覚が繊細なので、男性は「女性の気持ちはコロコロ変わりやすい」というイメージを持っている。好きな人が変わるとかの意味ではなくテンションが変わりやすいという意味だが、よく遊ばれる女性は自分の気持ちの表現を抑えがちだ。

今回のテーマは「好きな人とどう恋愛すれば良いのか」という視点では書いてないのでどうしてもニュアンスの捉え方が大事になっている。遊ばれる女と遊ばれない女の違いがテーマだから、どちらかと言うと「遊ばれる女性の対処法」的な意味でまとめているため、遊ばれた経験がないならむしろ「遊ばれる女」の特徴を恋愛に活かす考え方の方が正しいくらいである。

それだけあなたの恋愛事情で変わるところなのでその点にも注意をしてもらいたい。たとえば「彼女がいる男性を好きになる女性」など、恋愛の仕方で対処が大きく変わる。

遊ばれやすい女性は「自分の恋愛観」に問題があるケースも多いので、「幸せになりたい」と思うなら下の記事も参考にしながら「自分の将来」を考えてみよう。恋愛は理屈じゃないが、理屈で考えるべき事柄もある。

もてあそばれたくない!遊ばれない女になるために意識したい3つの注意点

もてあそばれたくないと思っていた女性が好きな人の本命の彼女になれたところ

男性からもてあそばれたくない女性は、これから挙げる3つのことに注意しよう。

冒頭から解説している通り、遊ぶ男性は遊ぶ女性を選んでいるため、「この子は本命タイプだな」と思われる女性で恋愛できるようになってほしい。

ノリ良く会話しすぎない

男性から軽いと思われる女性は遊ばれる女性なので、遊ばれたくない女性は「ノリが良すぎる会話」に注意しよう。

男性は上品な女性を遊びの対象にしない。ガードが固いと思われたら好きな人との関係が進まないジレンマもあるが、いわゆる「つかみ」のところをノリ良くしたら、男性の押しに対してはやや距離を取って引き寄せる方が本命の女性になれる確率を高めることができる。

バカっぽいと思われるのも弄ばれる女の特徴だから、ノリが良すぎると思われるのに注意しよう。

可愛い服だからと言って本命男子の前で露出の多い服は着ない

女子の感覚では「可愛い服」であっても、露出の多い服を着るのは遊ばれやすい女の特徴に当てはまってしまうため、本命男子の前では清楚な女性をイメージさせる方が恋愛そのものも上手く行きやすい。

男性心理では、恋愛感情を意識する女性が露出の多い服を着ると複雑な気持ちになる。「他の男子にも軽いのかな…?」「こういうタイプだったのか…」などなど、本命と遊ぶ女の狭間に相手女性を置いてしまうのだ。

遊ばれたくない女性は、デート服について「清楚な服」を意識する方が順調な恋になる。

男友達が多いと思われないように振る舞う

会話中は相手の生活環境が分かることが多いけど、そこで「男友達が多い女性」だと思われると本命彼女になれない部分がある。

男友達が多い女性は恋愛的に男性が良くないイメージを持つので、いいところまで行っても遊ばれて終わりだ。

ここは女性からアプローチをかけている時は特に注意したいポイントで、相手男性からは「誰でもいいのかな?」と思われるか、「恋愛的な好意じゃないだろう」と思われるか、いずれにしても本命の恋愛対象から外れていく。

やはり、男性が本命の彼女にしたい女性は異性との付き合いにきっちりしている女性だろうし、いつも心配してないといけない女には本気になりたくないと思うもの。

気軽に誘ってほしいと思って男友達のことを話してしまう女性は、遊ばれない女になるために注意してほしい。

片思いの最初は「好きな人の友達になりたい」と思ってしまうが、そこに特化した恋愛の仕方をすると後戻りできなくなる。

遊ばれないために「女遊びをする男性の特徴」を押さえよう

最後に、女遊びをする男性の特徴を3つのポイントで解説する。

遊ばれないようにするためには「どんな男性が女遊びをするのか」を知っておくべきなので、自分の恋愛対象と比較してみよう。

会話が上手い、口が上手い

女遊びをする男性は女子とのコミュニケーションに慣れているのが特徴で、会話が上手いだけでなく口が上手い。

女性は、褒め上手な男子や聞き上手な男子と話していると勘違いしてしまうこともあると思うけど、遊んでそうな男性に映った時は「本当に自分に興味を持っているのか」という点を意識的にチェックしたい。

LINEやメールなどで、マメに連絡してくる

女遊びする男性は情熱的にアプローチするタイプが少なく、もう少しラフに軽く口説いてくるタイプがほとんどなので、1回1回のアプローチは弱め。

だが、アプローチの回数は他の男性と一線を画しており、とにかくマメに連絡してくるのが特徴だ。

通常の恋愛の進め方もLINEやメールなどで連絡してくるパターンが多いために「遊ぶ男性の見極め方」としては難しいけれど、「軽い連絡を定期的に入れてくる」のは遊び目的の男性かもしれない。

本命特有の緊張感を感じない場合は、「いつかなびいたらいいな」くらいの軽い気持ちで連絡してきている可能性があるため、何人もの女性と同時にマメな連絡を入れる男性には遊ばれないように注意しよう。

どんな女性も優しい

遊ぶ男性は基本的に「女たらし」なのが特徴であるため、どんな女性に対しても優しい。自分だけでなく、「みんなに優しい男性」には注意しよう。

遊ぶ男性が女性に優しいのは気を引きたいのが理由。優しくするのは女性の警戒心を解くのにも有効だから、女遊びする男性は特定の女性と決めずに優しくする。

その優しさを勘違いする女性は女遊びする男性のターゲットになってしまうため、遊ばれないためには遊んでそうな男性であるときほど警戒心を解かないのがポイントになる。

あくまでも「遊ばれないために」という意味なので、信用できるタイプの男性が好みのタイプなら心配しすぎることはないと思う。危険な男だと感じた時のポイントだ。

まとめ

今回は「遊ばれる女と遊ばれない女の違い」をまとめた。恋愛で遊ばれる女性は男選びだけが問題じゃないので、自分が対処しないといけないポイントは今回挙げたことを意識してみよう。

恋愛はバランスが大事だったり、状況や恋愛傾向でも「正しい恋愛の仕方」が変わる微妙なもの。「偏っている」という状態が遊ばれる女性やセカンドの女性にしている部分もあるので、少しの意識付けが具体的な行動や態度に表れることで変わる人もいるはずだ。

遊ばれる経験をしているかしていないかの違いは各女性ごとで大きく事情が変わっているため、遊ばれない女性は今回の記事を気にし過ぎることなく自分の問題と向き合ってみよう

自分が遊ばれる女性になってしまうことがあるなら、「違う自分になる」というよりも「偏っている自分を修正する」イメージで変わるのがいいと思う。自分の否定に終わるだけにならないようにしてほしい。さらに自信を無くすのも勿体ない話である。

関連記事:

男性の心理と特徴大学生の恋愛
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました