女性からのボディタッチやスキンシップに対する男性の心理~男は触られると嬉しい?それとも嫌?

f:id:Brightfuture:20160627185015j:plain

恋愛にスキンシップやボディタッチが有効であるとの話は有名だけど、「女性からのボディタッチ」を実際に男性がどう思うか、あなたは予想できるだろうか?

好きになれば「好きな人を触りたい」と思うこともよくあるし、あえて恋愛テクニックとしてボディタッチやスキンシップを取ることもあって、女性が恋愛するなら今回のテーマは予備知識になりそうだ。

そこで今回は、「女性のボディタッチやスキンシップに対する男性の心理」について詳しく解説する。

好きな人につい触れてしまう女性や、好きな人との距離を縮めるためにボディタッチやスキンシップを取る女性は、ぜひ参考にしてみよう。
好きな人に触ることができないという女性も、考え方が変わると思う。

スポンサーリンク

警戒感には男女差アリ!男性心理は女性心理と違う

まず、ボディタッチやスキンシップに関する「警戒心の違い」から説明していく。男性心理と女性心理は違っていて男女差があるため、よく理解していこう。

「男性は野獣だ」と、女性に警戒を呼び掛ける言葉があるが、これには大きく2つの意味がある。

  • 男性の欲望をナメちゃいけない
  • 男性の方が女性よりも体力が上だ

あくまでも一般的なところで言えることだけど、多くの場合で当てはまることだ。

女性からのボディタッチを考えた時、男女差を意識することはとても大事な視点となる。
同じ感覚で男性がスキンシップを考えているわけではないから、女性が自分の感覚だけで考えては見誤ってしまうのである。

基本として、女性が男性からのボディタッチを警戒する理由には、今挙げたことは密接に関わる。性差を考えると、女性の方が男性に比べて、どうしても警戒心を強くしないといけない理由は多くあって、その一つが「体力が男性の方が上」である点。

この点で考えると、女性は男性を警戒しないといけないが、男性は女性を警戒する必要が無いことに気付く。基本構造に過ぎないのかもしれないけれど、本能的な反応の違いは大きいので押さえておくべきだ。

従って、男性が女性のボディタッチを警戒する時の理由は他にあり、必要に迫られているのではないことをここでは理解しておこう。

その結果として、男性は女性からのボディタッチには寛容になり易い心理を持っている。

また、当ブログの記事内でも触れている男女差も大事だ。

一番簡単なのは、呼びかける時とツッコミを入れる時に腕に触れる方法

今回紹介の全部に言えることだが、好きな人へ触れたい時は男性は弱め、女性は強めが良いとされている。

その理由は、男女間の体の差

筋肉量の違いや、肌の厚さの違いから男女で触れられた時の感じ方が違うのである。

意識して少し男女で強弱を考えると丁度良いボディタッチになるとされているので参考にして欲しい。

好きな人に触れる方法として挙げている中の一つだが、男女のカラダの違いは多くあり、特に筋肉量や肌の厚さに関することでも「女性からのボディタッチ」を考えた時に大事なことが多い。

男性は女性に比べて肌が厚く、体を覆っている筋肉も多いことから、女性に比べて肌感覚が鈍感。こんな理由からも女性からのスキンシップに対して不快感を覚え辛い構造的な特徴があるので、覚えておこう。

女性からのボディタッチを男性がどう感じるか

男性同士で話していると、女性からのボディタッチを「脈ありサイン」と捉えることは非常に多いという経験則がある。

無条件ではないけれど、意識してしまう男性は多いから、よく男性を触ってしまう女性はモテると言えるし、恋愛的なトラブルもその分抱え易いという特徴を持っている。
あなたの周りの女性でもそういう人がいるんじゃないだろうか。

自分が好きな女性から、又は「イイな」と思う女性からのスキンシップが嬉しいと感じるのは当たり前だが、何にも思っていない女性からスキンシップも、男性は嬉しいと感じるケースが比較的多い。

先ほどから説明している通り、男性は基本的に女性からのスキンシップに寛容であり、「嫌いな人に触れるはずがない」とか「好意があるから触れるのだろう」とストレートに考える。

これには「友情」とか「信頼」の意味も含まれており、「愛情」ばかりを意識しているわけではない点も押さえておこう。

全般的な意味で、女性からのボディタッチを「好意の表れ」と捉えるのが男性の心理だ。
要するに、基本はポジティブに捉えやすいのである。

では、女性からのボディタッチを男性が不快に思う時の理由とはどんなことだろう。

女性からのボディタッチで不快感を覚える時の男性の理由

一番に挙げるべきは、自分が嫌っている女性や悪い印象を持った女性からのボディタッチだ。
ここには男女差がなく、基本女性のボディタッチをポジティブに捉える男性でも、不快感を持つ。

当ブログで何度か紹介しているが、人は他人に侵してほしくないパーソナルスペースを持っている。

好きな人に壁ドンをする効果と失敗しても冗談にできてしまう理由~パーソナルスペースを理解しよう
今回は、前に流行った「壁ドン」を取り上げたい。心理学で裏打ちされた壁ドンは、流行を無視できるほど恋愛テクニックとして期待できる効果がある。 「パー...

上の記事内で説明をしているが、簡単に言うと、「人は、他人とは物理的に一定の距離を取りたいと思うところがあり、その距離は相手の人に寄って変わる」というのが特徴。
好きな人とは近くにいたいし触れたいけれど、嫌いな人とは近くにいたくないし触れられたくないというわけだ。

従って、男性でもあまりよく思っていない女性から触れられると不快感を覚える。

加えて、ベタベタと触ってくる女性に対しても同様に不快感を覚え易い。
触れ合う関係への常識を疑うし、仲の良さには依存するが、好きでもないならパーソナルスペースは縮まることこそあれどなくなるわけではないから、不快に思うことが出てくる。

触り過ぎはやはりよくないから、酔っ払うとつい触れてしまう人は「触り過ぎ」に注意をするべき。

もう一つ、恋愛的な意味を考えた場合に大きいのが、誰にでもボディタッチする女性や頻繁にボディタッチする女性を「警戒心のない女」と男性は判断する点。

「軽い女」だとか「浮気症」を疑う原因になり、多くの女性から一人を選ぶという点では大きくマイナス評価をし、男性としてその女性に警戒心を覚える。
男性が、自分の特別な人にはしたくないタイプとなる。

勘違いされたくないから好きな人にだけ触るという女性や、好意をアピールするためにスキンシップをすることがある女性ならここに当てはまることはないが、特定多数へのボディタッチをする女性や頻度が多くなった場合は、男性の見方が悪くなる理由となるので酔った時などは特に注意をしよう。

あまり見かけることは少ないけど、存在しないわけではないから、一応の説明と言った感じだ。

では、結論部分に入っていこう。

やっぱり男性は単純?女性からボディタッチする効果

女性からボディタッチされると、男性は基本それを「好意」として受け取ると説明してきた。

「触んないで!」って言葉をイメージした時、やはり女性の姿をイメージすると思うが、条件反射的に不快感を覚えることが男性には少ないから、相手の気持ちの方を考える余裕があり、その場合にポジティブな意味で捉える。そうなれば意識してしまう男性が増えることにも納得してもらえるだろう。

ちょっとしたアピールとしてスキンシップを考えるのは女性にお勧めの恋愛テクニックだ。
逆に言えば、勘違いされたくない男性にはあまり触れるべきではないとも言える。

スキンシップ自体はかなり直接的なものであり、言葉よりもダイレクトに感覚に訴える。
なかなか気持ちに気付いてくれずに友達関係から発展の兆しがない恋には有効な場合もあるだろう。遠まわしな言葉の表現に疎い男性は多く、恋愛に対しては単純だと感じる判断が多い。

経験則からはっきり言えることは、男性に触れる女性と触れない女性を比べた時、モテるのは明らかに前者だということ。恋は意識するところから始まることが多いので、ダイレクトな表現であるスキンシップは効果が高い。

好きな人に触れると言うと、何だかいやらしい感覚を覚えるかもしれないが、それは方法論のことなのでやり方次第である。当然、いやらしく触れればいやらしくなるし、その場合は相手の気持ちにリアクションが依存する割合が大きくなる。

そういう女だと思われたくないという女性は多いと思うけど、スキンシップ全般にいやらしい意味があるわけではないので、女性ならではの警戒心からイメージがそうなっているのではないかと思う。

一つ前に男性が不快感を覚えるとしたらどんな理由があるかを説明しているが、そこを押さえたなら、ちょっと触れてみるくらいのスキンシップは、アピールの一環としてチャンスを見つけて実行してみよう。

特に恋愛経験の少ない男性は女性とのスキンシップに慣れていないので、ドキっとする可能性はやはり高い。

モテ男の場合、ベタベタ触れば「遊ばれる」か「彼女候補から消えるか」のどちらかになり易いので、好きな人と他の人との差や頻度に注意が必要となる。

いずれにしても、女性からボディタッチされると男性はポジティブに捉えやすく、恋愛のアプローチとしても効果は高いと言えるだろう。

まとめ

今回は女性からのボディタッチやスキンシップに対する男性心理をまとめた。
男女差のある部分のなので男性心理を知っておくと、活かせる場面があると思う。

奥手の女性に取ってはハードルが高いかもしれないが、そういう女性ほどイメージとのギャップが生まれて頑張った時の効果も大きいので、チャンスがあれば思い切ってアプローチすることも大切だ。

逆に言えば、ボディタッチやスキンシップを女性から男性にすると、意味が無い行動でも勘違いの原因になることも多い。他人から見てもベタベタ触る女性への見方は悪くなりがちなので、その点には注意をしよう。

関連記事:

アプローチ男性の心理と特徴大学生の恋愛
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました