男性に勘違いされる女性の行動~好きではない人にしてはいけないこと

男性に勘違いされる行動と態度について注意喚起する女性の画像。

「何か変な男にばかり絡まれる…」とか、「自分は何とも思っていないのに言い寄ってくる男がいて困る…」なんて思っている女性は、自分が男性に勘違いされる行動を取っていないだろうか。

また、気を使う性格の女性が勘違いされるパターンもあるから、好きではない男性にしてはいけないことを知りたい場合があるだろう。

そこまではやってはいけないというラインが分からない女性もいそうだ。

そこで今回は、「男性に勘違いされる女性の行動」をまとめる。

気が無い男性にしてはいけない行動があるので、気を付けてみると自分の恋愛を邪魔されることが無くなるかもしれない。「誰といい感じになるのか」は大きいから、参考にしてみよう。

スポンサーリンク

ボディタッチ

時々、酔っ払うと相手が男性であっても「つい体に触れてしまう女性」がいる。
甘えん坊な性格なのか、かなりナチュラルに触れてしまう人がいるのはあなたにも友達や知り合いなどで心当たりがあるだろう。

そういった人は、性格を直そうとするとなかなか厳しいと思うので、どうしてもクセで触れてしまうことがあるなら、触る場所を意識しないといけない。「肩」くらいに抑えておかないと、例えツッコミであっても下半身やモモ等の足に触れるのは男性心理を踏まえるとNGである。

基本的に、男性は触れられることで興奮を覚えるもの。

それがどの部位でも同じだが、特に下半身はちょっとドキドキ感が違う。腕には触れやすいと思うが、結構敏感なところなのでそれも気を付けたい。

ボディタッチ自体が既に男性から勘違いされる行動なので、気が無いなら触らないことが一番だが、触れるところも重要なので注意した方が良い

プラスして、体をくっつけて話すのも当然NG。

席の関係等で体が触れることもあるが、長時間になってしまうのは不味い。「好意が無いなら触れないはず」との発想になるのが男性心理なので、勘違いされるのを防ごう。

触られ慣れていない男性は尚更勘違いしてしまうのは有名な話である。恋愛経験がない男性だとこの行為だけで十分に勘違いするので、勘違いされたくない男性には「無暗に触らない」のが正解だ。

体を向けて見つめて話す

目を見て話すのが人の礼儀だから、どんな時も人と話す時にその人を見て話をする女性は多いことだろう。それ自体を否定するつもりはないが、大勢で居る時などに自分の方を向いて話をしていると、男性は勘違いし易い

体を向けて話をしていると、思っている以上にその男性に対し興味があるサインとなってしまう。

飲み会などで、たくさんの人がいると、体全部を向けて話をすることは稀なはずだが、時々話が盛り上がってしまって体ごと相手の男性に向けてしまって、さらに目線の差から上目使いで見つめているように話しをする女性がいる。

相手の男性からすると、周りには興味がなくて自分だけ特別な感じのする態度なので、勘違いし易くなるから注意をしよう。

気が無いことをアピールするなら首だけ向けて、やや下を見ながら話をすれば、勘違いを防げる。

話す距離が近い

人には「パーソナルスペース」というものがあって、他人に入られたくない間合いがある。

それは人それぞれで違っているもので、相手によっても変化するものなのだが、話す距離が近い女性はその相手男性のパーソナルスペースに無意識に侵入していることが多くなる。

その場合、予期しない効果が二つ考えられる。

一つは、相手の男性が恋愛的な感覚でドキドキしてしまうというもの。
パーソナルスペースに侵入されると良い意味と悪い意味の両方でドキドキしてしまう。

それが相手次第で不快に感じるのだが、男性はそこら辺が女性に対し寛容だ。多くの場合で不快感を抱かない。

そうなると次の効果が懸念される。

パーソナルスペースというのは、相手によって変わることを経験によって知っている相手男性は、距離を近くして話す女性に対し自分に気を許していると捉える。それは時に恋愛的な意味でも考えられるため、勘違いが誘発されるのである。

つい近づいて話す癖のある人も時々いるが、それが好きではない男性にドキドキを与えて、気があるように勘違いされることがあることを知っておくべきだろう。

お世辞でも「二人」を意識させてしまう

例えばおいしいお店の話をされた時に「行ってみたい!」とお世辞の意味も込めて使うことがある。それくらいで勘違いする男はどうしようもないが、「今度連れて行って下さいよ」は言い過ぎとなる。

ボーナスの話とかでも同じで、リップサービスをし過ぎる女性は、どうしても勘違いされることが多くなってしまう。やはり「みんなで」とか勘違いしない言葉を添えるべきだろう。

その他にも「二人」を意識させることは、あまりよろしくないので気をつけるべきだ。

「今度話聞いて下さいよ~」とかはつい何の気なしに発してしまいそうな言葉だが、単純な男性にとっては勘違いする可能性のある言葉である。

例え驕り目的でも自分から誘ってしまうようなこともお後がよろしくない。

あまり考えずに甘える

特定の男性に甘えていれば当然勘違いされるとしても、甘え上手で、特定せずに男性に甘えることが得意な女性も勘違いされ易い。

女性が甘えてくる姿が単純に可愛いからというのが主な理由だが、結構ポジティブに考えるタイプの男性はその女性の特徴としては捉えずに、自分を特別な存在だと勘違いしてしまう。

甘える相手は選ぶようにした方が良いだろう。
見返りを求めるタイプの男性に勘違いされると尚更面倒になる。

普通は、相手女性がどういう人かを考慮して自分に好意があるかどうかを考えるが、女性の甘える姿は悩殺さてしまう男性が多いので注意が必要。

まとめ

今回は、男性に勘違いされる女性の特徴や行動をまとめた。応用すればアプローチとしても使えるのだが、それはまた別の話。よく男性から勘違いされる女性は、その癖を直すようにこの記事を参考にしてみよう。

男性から勘違いされると厄介なのは、相手がハズレである可能性が高いことである。

読んでいて分かるように、普通は「おぉ?」とは思っても、勘違いまではいかないことばかり。

少し考えれば分かることなのだが、勘違いしてしまう男性は女慣れしていないことなどを理由にしてポジティブに捉えてしまう。

やはり気のない無い相手にはそれなりの対応をすることが大事だと言える。

普段から付き合いのある男性に勘違いされれば、面倒も多いし、他の男性がその人に遠慮してあなたの恋愛が遠のくことも無いわけではないから、気を付けよう。

社内恋愛大学生の恋愛
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました