男性が女性に思わせぶりな態度を取る理由と態度の特徴

男性が女性に思わせぶりな態度を取る様子。女性は男性心理や思わせぶりな態度を取る理由がきになる。

女性に取って、男性の思わせぶりな態度はとても厄介なものだ。

あなたが思わせぶりな態度を取るタイプじゃない女性だったら、感覚的にその態度の意味は全く理解できないだろうし、混乱する原因にもなってしまう。

しかも、タチが悪いことに男性にそういう態度を取られると、女性は気になってしまうことも多いという現実がある。

ただ思わせぶりなだけなら、ムカつくこともあればイライラすることもあると思うが、男性が取る思わせぶりな態度が全部悪い意味であるというわけではない。

相手が好きな人であることも少なくないと思うから、当ブログ読者の女性には「思わせぶりな態度を取る男性の心理」を正しく理解してほしいと思うところ。

そこで今回は、「男性が女性に思わせぶりな態度を取る理由とその態度の特徴」について詳しく説明するので、是非あなたの恋愛に参考にしてほしい。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

男性が女性に思わせぶりな態度を取る理由

男性が女性に思わせぶりな態度を取る理由は男性特有の心理も影響している。個別に説明していくので、「なぜ思わせぶりな態度を取られたのか」を考える際は、以下の理由を考えてみよう。

モテたいから思わせぶりな態度を取る

男性は女性に比べると、「より多くの人からモテたいと思う気持ちが強い」という心理的な特徴がある。

感覚的に、多くの女性からモテることが「ステータス」だと感じ、元カノの人数や経験人数を競い合う面が男性にはある。

思わせぶりな態度を取ること自体は、気持ちがないのであれば悪いこととなる。その意味で典型例が、「女性にモテたくてちょっかいを出す男性心理」が影響した思わせぶりな態度だ。

この場合、相手の男性は恋愛感情があってあなたに思わせぶりな態度を取ったというよりは、ちょっかいを出しているイメージとなる。

チャラさにも繋がるところなので、この理由で思わせぶりな態度を取られているとしたら警戒するべき男性である。女性にモテたくてやっている場合は不特定多数に同じ態度を取るパターンが多いので、自分だけ特別かどうかを見てみよう。

チャラいイメージを持つような男性からなら、まともに相手をしない方が無難である。

脈ありの女性にアプローチしたいから思わせぶりな態度を取る

男性は、「相手の女性が自分に興味を持ってくれているのか確認したい」という理由で、思わせぶりな態度を取ることがある。

ある女性と恋愛を進めるのに、期待できないならアプローチをしてもしょうがないという感覚を男性は持ちやすい。イケるかイケないかと言った感覚を確かめるように取る態度が、女性から見ると「思わせぶりな態度」に映ることがあるのだ。

男性は、気になる人に恋愛テクニックとして「思わせぶりな態度を取る」ことで、腰を入れてアプローチしていくかどうかを、女性の反応を見ながら決めることがある。文字通り「脈あり・脈なし」の確認をするのは、脈なしの女性に近づいても自分が傷つくだけだから。

言葉ほど悪い意味はないが、実際に思わせぶりな態度を取りながら、他の女性にも同じことするケースもあり、良い意味も悪い意味もあるのがこのポイントの特徴

「探り」と表現を変えると、もう少し良い意味の理解が進むだろうか?

好きな人から思わせぶりな態度を取られたときは、行動や態度は脈アリっぽく振舞い、気持ちは少し冷静でいると、その後の態度から本当の気持ちが見えるかもしれない。

気になる人やいいなと思う人の思わせぶりな態度に対し「脈なしサイン」を送ることは、「相手の探りを拒否する」という意味があることを知っておこう。

思わせぶりな態度にも良い意味はあるので、気持ちの上で余裕を持っている女性は恋愛がうまい。(まだ)本気じゃない彼にイライラするだけでは、「相手の気持ち」を無視し過ぎになるケースがあるだろう。

好きな女性に思わせぶりな態度を取る

男性が好きな人にする恋愛のアプローチは、時に思わせぶりな態度のように相手の女性に映ることがある。

これが先程触れている、「思わせぶりな態度の全てが悪いのではない」と言った最大の理由。カレは、アプローチが中途半端になって思わせぶりな態度を取ったのかもしれない

自分の気持ちが好きな女性にバレて気まずくなるのが怖いのは、男女に共通した不安である。ストレートに分かりやすくアプローチできる人は、男性にも多いとは言えない。

従って、好きな女性に男性がアプローチを行っている様子が中途半端になったり、敢えて抑えたりすることの結果として、思わせぶりな態度になることがある。

片思いのころはまだ関係性が微妙で真意が分からない行動や態度も多い。悪い意味ばかりに取るのは、せっかくいい雰囲気になりそうな二人を阻害してしまう面があるだろう。

先程も触れている通り、好きな人からの思わせぶりな態度は、ある程度「良いリアクション」をしておくことが基本になる。思い切りハマっていくと真意が違った時に辛いため、「自分の表現」について考えよう。

思わせぶりな態度を取られた結果、あなたの気持ちがどう変化したのかはまた別の話と捉えることも、恋愛を進めていく上では重要だ。

押し引きを意識して思わせぶりな態度を取る

実際に思わせぶりな態度を取られている女性は自覚してくれるところだと思うが、男性の好意を感じる態度を自分に取られると、気になる存在になっていくものだ。

「何で?」
「どうして?」
と考えている時間は、確かに相手のことを考えてしまっている。

実際、このブログでも「押し引き」を恋愛テクニックとして使うことは効果のあるアプローチ方法として推奨している。

この点を踏まえると、男性が取った思わせぶりな態度は、「押しと引きを使い分けて口説いているだけかもしれない」と考える視点はすごく大切。

男性が女性に思わせぶりな態度を取る理由には、やはり良い意味と悪い意味があり、押し引きが理由なら好意的に捉えるべきパターンも少なくないだろう。

そんな態度を取られる女性側はヤキモキするかもしれないが、相手に恋愛感情があるなら、悪い態度とは言えない。

相手の男性があなたを落とすために頑張っている可能性も、思わせぶりな態度の中には含まれている。

あなたにちょっかいを出す男性が下の記事で紹介しているような態度を取る場合は、「これってアプローチ?」と一度考えてみよう。

思わせぶりな態度を取った時に「女性のリアクション」が可愛い

もしあなたが女の子らしい女性であったなら、思わせぶりな態度を取ってくる男性は「あなたのリアクションが見たいから」そんな態度を取ったのかもしれない。

女性の照れ隠しは男性から見ると可愛い態度で、男性はそれが見たいという心理で思わせぶりな態度を取ることがある。

ただ、このパターンでも「実は女子として気になっている」ということがよくあって、頻繁に何度も思わせぶりな態度を取る男性は、リアクションを含めてあなたが「可愛い」と思っている可能性は十分にある。

相手女子のイメージが「妹系の女子」ではない場合、単純にからかっているだけではなく、「気になっているから変な絡み方をしてしまう」という心理かもしれない。

男性心理の「好きな人をいじめる心理」に少し近い部分だが、思わせぶりな態度の方がストレートな恋愛アプローチであるため、「段々本気っぽくなる時」など、完全な脈ありサインになっていく場合もあるので、彼の態度の変化を見てみよう。

スポンサーリンク

【脈なしサイン】悪い意味で男性が女性に思わせぶりな態度を取る時の特徴

このポイントでは、悪い意味で思わせぶりな態度を取る時の特徴についてまとめていく。チャラ男に引っかからないようにするために活用しよう。

本気じゃない場合は、こんな脈なしサインが出る。

不特定多数に向けられた思わせぶりな態度

悪い意味の思わせぶりな態度の典型例として、自分のみではなく、不特定多数に思わせぶりな態度を取る場合は、女性が気を付けるべき男性と言える。

チャラい男は、思わせぶりな態度で、ゲームのように楽しんで女性と接するところがあるからだ。

今まであまり気にしていなかった男性から思わせぶりな態度を取られた場合は相手のチャラさが分からないと思うけど、実際に「不特定多数にそんな態度を取っていないか」を見てみると、あなた以外にも思わせぶりだと思える態度を取っている場合がある。

自分とその他の人で「比較」してみよう。あなたに取って特別な態度であっても、相手に取ってはそうではないパターンがあるし、多くの人にやっているなら脈なしサイン。

恋愛アプローチとして思わせぶりな態度に見える言動を取っている場合は、あなた以外への人とあなたに明らかな差がある。それを本気のサインとしたい。

妙に余裕のある態度

男性側が恋愛経験が豊富なタイプであっても、やはり本気で好きな女性へは不安や心配する気持ちを持つ

いくらモテる男子でも、好きな女性に自分を好きになってもらえるかはまた別の話しであるから、妙に余裕のある態度を続けられたら「からかわれている可能性」や、「ただちょっかいを出されているだけである可能性」を疑うべきだ。

余裕があるように見えても内心ではどうだ分からなかったりするから、いつも同じ調子で思わせぶりな態度を取るのかどうかを見てみよう。

思わせぶりな態度だけで気持ちのないの場合は、悩みも何もないので一貫した行動になり易い。そこをチェックすると本気か遊びか見抜けるはずだ。

さらに、このポイントでは、具体的な態度にも触れておく。

本気で好きじゃない場合は、一貫して下のような態度が取れる。

  • 目が合っても見つめて微笑む
  • ボディタッチが大胆
  • いつも褒めてくる
  • 適当にあしらってもめげない
  • はにかむことがあっても本気で照れることがない

以上が「脈なしの思わせぶりな態度の特徴」と考えて、相手の本心を見極めよう。

該当する数が多いほど、その頻度が多いほど、悪い意味の思わせぶりな態度ということになる。本気の恋愛にしては、ちょっと余裕過ぎるのだ。

好きな人ができれば、男女問わず悩むことは多いし、自分に自信がなくなったり、それを乗り越えて頑張ってみたりするものである。要は不安定さを感じる。

一貫した態度を取れるということは、それだけ大事な気持ちではないから。余裕のある態度を一貫して続けられるというのは、本気ではない証拠となる。

正し、あくまである程度のサンプルを総合的に判断しようとしてほしい。男性に取って「余裕」とは「手に入れたいもの」であり、大人な男性の態度には憧れがある。

従って、確実に相手男性の心理を見抜きたいなら、「いつも」とか「ほとんど」というキーワードに少し重きを置くべきだろう。

男性の軽い感じは女性として察知することのできる部分だと思うので、思わせぶりな態度=チャラいとか、からかわれているとするのは、かなり残念な考え方になってくる。

気になる男性や好きな人だったら「見極めようする態度」が望ましい。

ちゃんと判断できるようにするためには、警戒を強め過ぎても良くないかなと思うところだ。特にある程度関係性が進んできた段階では、好きな人のことを信頼する気持ちも大切になる。

「思わせぶりな態度」を考える際は、現実的な恋愛の思考法を

思わせぶりな態度は、特に片思いの初期、好きになりかけている時や気になり始めた頃に多発させてしまうタイプの男性もいる。

「好きっぽい態度を取るくせに、あれは何だったの…?」

気持ちを遊ばれたような気分にもなる「思わせぶりな態度」は、相手男性が無意識である可能性もあるので、「恋愛の複雑性」は常に頭の中に入れておくべきだ。今はまだ恋愛感情とまで言えなくても、あなたに向けた気持ちが発展途上かもしれない。

言葉のイメージではなく非常に現実的な見方をした場合、私の経験では「好きになるかならないか」の瀬戸際で思わせぶりな態度に見える行動を取る男性を多く見てきた。確かに女性の気持ちをもてあそぶように思わせぶりな態度を取る男性も多く見てきているのだが、各パターンごとにシビアな判断が必要だと思うところだ。

男性も女性も、「気になる人」にはちょっかいに似た行動を取る。それには、自分の気持ちを確かめる意味があるだろうし、「気になるからつい…」って気持ちも見え隠れする。

もしあなたの好きな人や気になる人に思わせぶりな態度を取られた際は、こういった側面も頭の中に入れて、悪い方向ばかりに考えず、「恋の途中」という発想を持っておこう。

その結果、ただの思わせぶりな態度に終わることもあり得るのだけど、「からかわないで!」というリアクションをするよりも、関係を発展させてみて「縁を確かめる」のも一つの方法だと思う。

恋愛アプローチは本気の時ほど行動や態度が揺れ動く。これは、気持ちが揺れ動いているのだから当然だ。相手のある恋愛においては「相手の気持ちを考えない人」が失敗する。

思わせぶりな態度も、正しく相手の心理を見抜くように頑張ってほしい。


まとめ

今回は、「男性が女性に思わせぶりな態度を取る理由」と、「思わせぶりな態度を取る男性心理や特徴」をまとめた。

ポイントは、何度も繰り返してきたように、その態度を取る男性に「恋愛の意味の気持ちがあるのかないのか」という問題をしっかり判断することだろう。

思わせぶりな態度が全て悪いことで、そんなことをせずに一貫したアプローチをしてほしいと思うのは少し求めすぎ

特定の男性に思わせぶりな態度を取られて、あなた自身が魅かれてきているのなら、その見極めは非常に大事になってくる。好きな人に好きと言えない内はどうしたって思わせぶりに見える態度を取らざるを得ない部分もあるから、意外に多くの恋愛で「思わせぶり」と「本気」の微妙な関係に悩むことが多い。

今回の記事を参考にして、良い判断に繋げてほしいと思う。

関連記事:

スポンサーリンク
記事下アドセンス
記事下アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツヴァイ訴求
本格的な恋愛診断でした!【無料】

自分の恋愛傾向について、詳細な分析コメント付きで数値化してくれる「プロが作った無料恋愛診断」を受けてみました。
20歳以上限定ですが、とても参考になる恋愛診断だったので読んでみてください。
【人気記事】

ツヴァイの「恋愛傾向診断」を実際に受けた体験談【画像あり】~無料なのに本当に当たる?数値化されるその結果がすごい!

スポンサーリンク