【恋愛】好きな人とおやすみ電話する方法と、夜寝る前に電話する効果や魅力

  ※ 当サイトはアフィリエイト広告を利用してます

好きな人と夜寝る前に電話することに成功した女性が「付き合ってないのにおやすみ電話できた」ことを喜んでる様子

あなたは、付き合う前の好きな人と「おやすみ電話(夜寝る前の電話、寝落ち電話)」をしたことがあるだろうか?

よくカップルがするイメージのおやすみ電話だが、夜の電話の恋愛効果や魅力を考えると、彼氏や彼女がいる人はもちろん、片思いしている人にもおすすめだ。

カップルになる前に夜の電話・寝る前の電話ができると、恋が進むきっかけを得ることができる。

たとえば、夜遅くにした通話がそのまま寝落ち電話になったり、LINEで会話していたのがきっかけでおやすみ電話に発展したりと、付き合う前のおやすみ電話はきっかけや恋愛の進め方次第で自分から作り出せるイベントだ。

実際、寝る前に電話してたら「電話で好きになる」「夜に電話してたら好きになった」ということが起こることもあるから、好きな人がいるにはぜひアプローチ方法の1つとして使ってみてほしい。

そこでこの記事では、付き合ってない好きな人とおやすみ電話する方法(彼氏や彼女と寝る前に電話する方法)と、恋愛を前提にした「夜寝る前に電話する効果や魅力」を徹底解説する。

おやすみ電話をする意味を知って、ぜひきっかけを作るモチベーションに変えてみてほしい。

この記事後半では、「電話で好きな人を眠くさせる方法と、電話中に寝かしつける方法」「夜の電話で好きにさせるコツ(「電話してるうちに好きになった」を自分から作る恋愛テクニック)」も解説している。

恋愛が進む瞬間はその恋愛ごとに違っていて、きっかけにはパターンがあったとしても公式はない。寝落ち電話・おやすみ電話で好きな人との距離を縮めてみよう。

この記事では、”付き合う前に好きな人とおやすみ電話する方法” だけでなく、”なぜ夜の電話で好きになることがあるのか” 、”彼氏や彼女を寝かしつける方法” 、”電話中に好きな人を眠くさせる方法” についても紹介しています!好きな人との寝落ち電話に興味があったらぜひ参考にしてみて下さい。

  1. おやすみ電話は、好きな人とゆったりと話せるからいつもと違う雰囲気で会話できる
    1. 寝る前の電話は会話の雰囲気が違う!付き合ってない人が相手でも、夜遅くの電話はカップルみたいな会話ができることも?
  2. 眠る前の電話は甘えやすい!おやすみ電話は、甘い雰囲気を作る効果がある
    1. 好きな人とするおやすみ電話は自然に甘えることができる!付き合う前から夜の電話をして、寝落ち電話にもチャレンジしてみよう
    2. おやすみ電話で好きになる理由はお互いに甘える電話になるから!寝る前の電話は好きな人が甘えてくることも多い
  3. 好きな人の電話の声を聞くと、幸せを実感できて安眠できる!特に寝落ち電話は、翌朝にも幸福感が残る
    1. おやすみ電話は好きな人と一緒に寝ている感覚があるから、1人で寝るより安心する
  4. 寝る前の電話は素直になれるから、おやすみ電話ではいつもは言えない言葉が言えることで恋愛と相性が良い
    1. 寝る前の眠くなる電話は、好きな人が相手でも自然に素直な言葉が出る
    2. 好きな人との電話中に眠くなると、複雑に考えがちな恋愛感情が単純な思考になるから、ふだん素直になれない人も素直になれる
  5. おやすみ電話をする「夜」は、昼間に比べて感情的になりやすいから、自分の魅力を伝えやすい
    1. 夜に電話すると「好きな人に本音が言える」恋愛効果がある
  6. 付き合う前に好きな人とおやすみ電話をする方法!付き合ってない時期の「おやすみ電話のきっかけ」とは?
    1. おやすみ電話の方法① 好きな人に相談電話をする
    2. おやすみ電話の方法② 「聞きたいことがある」と言って「夜電話してもいい?」と聞く
    3. おやすみ電話の方法③ 仲良しになれてるならストレートに「電話したい」「ちょっと話そうよ」と夜に電話に誘う
    4. おやすみ電話の方法④ LINEの会話から通話に発展させる
  7. 好きな人を眠くさせる方法と、寝かせる方法:夜の電話を寝落ち電話にするには?
    1. 夜の電話中に好きな人を眠くさせる方法:どうしたら付き合ってない状況でも好きな人と寝落ち電話ができるのか
    2. 好きな人を電話で寝かしつける方法(彼氏や彼女を寝かしつける方法)
  8. 夜の電話で好きにさせるコツ:「電話してるうちに好きになった」を自分から作る恋愛テクニック7選
    1. 夜の電話で好きにさせるコツ① いつもと声を変える(男女ともに可愛い声で電話する方がギャップ萌えする)
    2. 夜の電話で好きにさせるコツ② 電話の声を褒める
    3. 夜の電話で好きにさせるコツ③ 改めて素直な言葉で好きな人のいいなと思ってるところを褒める
    4. 夜の電話で好きにさせるコツ④ 「話してると安心する」「電話してると落ち着く」とアピールする
    5. 夜の電話で好きにさせるコツ⑤ 「また電話してもいい?」と聞いて甘えるとやんわり好意をアピールできる
    6. 夜の電話で好きにさせるコツ⑥ 「電話してくれてありがとう」と感謝の気持ちを伝えることで好意を疑わせる
    7. 夜の電話で好きにさせるコツ⑦ ご飯に誘う、飲みに誘うことで夜の電話を二人で会うきっかけにつなげる
  9. 付き合う前に「おやすみだけの電話」はあり?深夜の電話は好きな人の迷惑になる?
  10. まとめ

おやすみ電話は、好きな人とゆったりと話せるからいつもと違う雰囲気で会話できる

おやすみ電話は寝る前の電話なので、男女の電話にありがちな気を張った会話にならず、付き合う前でもゆったりと話せるのが魅力であり特徴だ。

一日の終わりにする電話だから、二人とも程よく力が抜けてリラックスした電話になる。付き合う前はこういう雰囲気で会話するのが難しい人もいるけど、寝る前の電話だったら多くの人が「好きな人と自然にしゃべること」が可能だ。

特に、好きな人に緊張してしまうタイプの人はおやすみ電話の相性が良く、寝落ち電話に発展すれば雰囲気の違う会話が楽しめるから、それまでの恋愛とは違うアクセントが付けられる。

おやすみ電話は、たくさんのシチュエーションで様々なコミュニケーションを取る中で進む “恋愛” と相性が良い。「付き合ってないから寝る前の電話ができない」と考えると本当にもったいない。

寝る前の電話は会話の雰囲気が違う!付き合ってない人が相手でも、夜遅くの電話はカップルみたいな会話ができることも?

もし好きな人と初めておやすみ電話をする時は、いつもとの違いを強く意識すると思う。これは、「夜遅くの寝る前の電話」であることが大きな理由で、好きな人の雰囲気だけではなく、自分自身の雰囲気の違いも感じるはずだ。

好きな人とおやすみ電話をしていると、付き合ってないのに「あれ?なんかいつもと違う」とカップルになれたような感覚を持つこともよくある

これから解説していくことと合わせて言えるのだが、好きな人と話をする時に緊張してしまう人には、ゆっくり話せるおやすみ電話が本当におすすめだ。

深夜に電話してると寝る直前だから無言が気にならない電話になり、好きな人と時間を共有しているような感覚が持てる。ここは、特に付き合ったことない人からすると感動するレベルだ。

違う雰囲気で会話すると二人の距離を近づける恋愛効果もあるので、好きな人と仲良くなれたらアプローチ方法の一つの選択肢として「寝落ち電話」も検討してみよう。その具体的な方法についてはこの記事をもって解説していく。

おやすみ電話は、落ち着いてるゆったりした会話ができるので、いつもとは違った雰囲気の会話が可能ですよ。眠くなる時間帯になったら、付き合う前からカップルみたいな会話ができることもあります。

眠る前の電話は甘えやすい!おやすみ電話は、甘い雰囲気を作る効果がある

寝る前のおやすみ電話で好きな人が甘えたことが嬉しい彼女

おやすみ電話をする時は、その内眠くなるような深夜の電話になっていく。電話をし始めた時からすでに眠たい時もあるし、電話で好きな人の声を聞いて安心することで眠くなる面も大きい。

誰でも眠い時は無意識に甘えてしまうことが多いから、おやすみ電話は自然に好きな人に甘えられるいう魅力を持つ。これがまた、いつもの雰囲気を変えてくれる恋愛効果があるのだ。

付き合う前でも、相手に少しの好意さえあれば「おやすみ電話に甘い雰囲気を作る効果がある」と断言できる。

好きな人とするおやすみ電話は自然に甘えることができる!付き合う前から夜の電話をして、寝落ち電話にもチャレンジしてみよう

おやすみ電話では、眠いことを理由にすれば付き合う前でも好きな人に甘えることができる。

付き合ってない人に甘えようとすると、「急にどうしたの?」なんて聞かれてしまうのが怖かったりするけど、「眠いから」というわかりやすい言い訳があれば素直になれる。

女性はもちろん、あなたが男性であっても深夜の電話では好きな女性に自然と甘えられるから、おやすみ電話をすればいつもより恋愛的な雰囲気で会話できるはずだ。

寝る前の電話だったら、甘えても普段とのギャップに映って悪い印象にはならないから、距離が縮んだことを好きな人が実感する電話になる可能性がある。

いつもはかっこつけている男性がおやすみ電話で甘えてくると、好きな女子から可愛く見えるため、ギャップをアピールすることもできる。(参考:男に対してかわいいと言う女性の心理~女の子にかわいいと言われたら男性として恋愛対象外?

あなたが女性だったら、なおさらおやすみ電話に甘えやすい雰囲気を感じると思うので、電話中の眠気を、素直になる理由へ変えよう。

「いつもと違うね」という話になったとしても、「眠いから」「眠くなっちゃった」って言えば、好きな人は甘えてくるあなたを可愛いと思ってくれるはずだ。それがきっかけで付き合った後のことを考えてくれたり、新たな魅力に気づいてくれるかもしれない。

電話相手の好きな男性も同じように眠いのだから、気を張る必要はない。「今は特別!」と思っていつもより少し甘えてみると、おやすみ電話をきっかけに好きな男性から女として意識してもらえるきっかけになることもよくある。

好きな人と親密になりたいと思ったら、付き合う前から夜の電話をして、寝落ち電話にもチャレンジしてみよう。

おやすみ電話で好きになる理由はお互いに甘える電話になるから!寝る前の電話は好きな人が甘えてくることも多い

付き合ってない異性とおやすみ電話をすると「電話で好きになる」ということがあるのだが、その理由は「お互いに甘える電話になる」ことが多いからだ。

男女が仲良くなっても付き合ってないとなかなか甘えられる時は少ないのだが、寝る前の電話は自然に甘えられる雰囲気があり、あなたが甘えることで好きな人に信頼感をアピールできる(好きな人からすると、信頼されてるから甘えてきてるんだろうなという印象を持ってくれる)。

そうすると、好きな人も甘えてくる電話になることが多く、二人の雰囲気も甘くなる。この循環は、二人の仲がいい時ほどスムーズに進むので、距離が縮まってきた片思いでは特に活用してみてほしい。

異性に対しては安心しないと甘えられないのものだけど、おやすみ電話では「電話中に眠くなった」という理由で、あなたと好きな人の2人ともが甘えることができる。

いつもの雰囲気と違う雰囲気の会話ができるし、自分から甘い雰囲気を作るのもおやすみ電話なら比較的簡単だ。

一般的に甘えられる関係は仲のいい証拠みたいなところがあるのだが、おやすみ電話は違った作用(=眠くなる)で「甘えられる関係」が一時的でも出来上がることがある。付き合う前に寝落ち電話をすると、好きな人が甘えてくれることが魅力の一つなのだ。

実際に経験してみると、おやすみ電話の効果や魅力としてここはとても大きいと個人的によく思う。好きな人と友達止まりで終わる恋愛を繰り返す女子は、おやすみ電話の雰囲気をぜひ味わってみてほしい。進められなかった後一歩が進められるようになるはずだ。

付き合う前は「甘える・甘えられる」ということが難しいですが、おやすみ電話であれば眠気が甘い雰囲気を後押ししてくれます。夜の電話の魅力なのでぜひ体験してみてください。

好きな人の電話の声を聞くと、幸せを実感できて安眠できる!特に寝落ち電話は、翌朝にも幸福感が残る

一日の終わりに好きな人と話ができるのは、すごく幸せなことだ。

好きな人の声を聞くといつもはドキドキしてしまう人も、その日の報告をしたり、逆に聞いたりしているうちに、おやすみ電話では好きな人の声が眠くなる効果を持っていることに気付くと思う。

好きな人の電話の声は、安心させてくれる効果があるのだ。だから、好きな人の声を聞いてると眠くなる。

好きな人の声の癒し効果は非常に高く、初めて寝落ち電話をする時は幸福感に包まれる感覚があるだろう。

おやすみ電話は好きな人と一緒に寝ている感覚があるから、1人で寝るより安心する

おやすみ電話が幸せを感じるのは、好きな人の声が安心させてくれるだけが理由じゃない。

おやすみ電話は、好きな人と一緒に寝ているような感覚を覚えることもあって、ただ眠る前に話すだけが魅力ではなく、付き合ってないのに「一緒に寝ている気分を味わえる」という魅力がある。

片思い中だと特に感じる幸せが大きいから、ぜひあなたにも体験してもらいたいと思うほどだ。一人で寝るより、電話で好きな人と繋がっていると寝てる時の安心感がすごい。

あくまでも感覚であって、恋人同士なら逆に物理的な距離の遠さを感じて切なくなるのだけど、付き合う前なら寂しくなることはなく、幸せな感覚だけを覚えるはずだ。

それが安眠に繋がるから、好きな人が相手だったら寝落ち電話が好きだという人は、女性に限らず男性でも実際に多い。気持ちよく眠れると次の日も頑張れるし、良いこと尽くしである。

付き合う前だと、好きな人が寝るまで自分と話している状況は間違いなく幸せを感じる。それがもし二人で同じ感覚になるとしたら、恋愛に効果があっても不思議ではないと実感できるはずだ。

寝落ち電話は、次の日に起きた瞬間でも幸福感が残っていて、目覚めが良い。あなた自身が昨日の電話を思い出して幸せな気分になるだけでなく、好きな人が翌朝にあなたのことを一番に考えてくれるかもしれない。そんな特別な体験がきっかけで意識されることや、好きになってくれることもあるだろう。

もちろん、寝落ち電話なら次の日の朝まで電話が繋がってることもあって、寝起きに好きな人と「おはよう」と言い合える可能性がある。これも魅力の一つである。

なぜ、好きな人と「正式に付き合う」という選択をするのか~友達のまま、両想いならそれでいいの?
濃密な人間関係を嫌う人は、「正式に付き合う」という契約みたいなことに否定的な考え方をする。 「どうせ別れるのになぜ付き合うのか」と思う人もいるし、「どうせ別れるなら付き合わない方がいい」と思う人もいる。 少し前に準彼氏・準彼女という

寝る前に好きな人の声が聞けるって素敵ですよね。おやすみ電話の癒し効果は本当にすごいので、ぜひあなたにも体験してもらいたいです。

寝る前の電話は素直になれるから、おやすみ電話ではいつもは言えない言葉が言えることで恋愛と相性が良い

おやすみ電話をして寝落ちした男性の画像。

眠い時の電話は、精神的に余計な力が抜けて、誰もが素直になれる。

おやすみ電話では余計なことを考えないで素直に反応できるから、普段ツンデレな彼女でも、眠気が素直にさせるとデレデレ状態になることも珍しくない。

カップル以外も、普段言えない言葉がおやすみ電話だったら自然と言える

これが本当に恋愛と相性が良い魅力になっている部分である。

寝る前の眠くなる電話は、好きな人が相手でも自然に素直な言葉が出る

当サイトで何度か、付き合う前の恋愛は探り合いのような会話になることが多いと説明してきた。告白前の男女は、好意を匂わせつつ相手の反応を探って、誤解を避けながらもストレートな言葉は使えないのが大きな特徴だ。

片思いが進まないのは、「恋を進めようとする態度」と「好意がバレないようにする態度」の両方を駆使して恋愛するから。

好きな人が相手だと、伝え過ぎたと思ったら逆の態度でバランスを取ったりして、付き合う前のアプローチを一貫した態度で行う人はほぼいない。だからこそ、付き合う前の恋愛では好きな人と親密になるのに色々なきっかけが必要だし、軽いアクセントみたいなものが必要となる。

しかし、おやすみ電話であれば、寝る前の眠くなる電話だからこそ、好きな人が相手でも自然に素直な言葉が出やすくなる。特に寝落ちする前の会話は、次の日に「なんであんなことを言ってしまったんだろう?」と思うくらい、好きな人に素直になれる人もいるだろう。

好きな人に好意を隠しすぎてる人は、寝落ち電話が恋の進展を早める可能性が十分にある。

もちろん付き合ってない以上は彼氏や彼女との電話と同じようには行かないが、それでも今までオブラートに包んでいた、又は過度に隠していた「好き」だと思っている気持ちが、じんわり伝わるような好きな人との電話になることがよくある。

一本のおやすみ電話が必ず恋愛に効果があるとは言えないから、できれば2回3回と深夜の電話にチャレンジしてみてほしいのだけど、おやすみ電話が「恋愛を進めるきっかけ」や「片思いを進めるアクセント」になる要件を兼ね備えているのは間違いない。

恋愛が進んできた時に一番必要なのは「素直さ」だからだ。

家に居る状態で眠る前は人が最もリラックスしてるから、あなたの性格次第ではおやすみ電話の中で出た素直な言葉が、恋を進めるのに絶大な効果を発揮することが実際にある。

経験してみると、「電話だから素直になれる」面と「眠る前だから素直になれる」面の両面で恋愛効果を感じると思う。

好きな人との電話中に眠くなると、複雑に考えがちな恋愛感情が単純な思考になるから、ふだん素直になれない人も素直になれる

付き合う前は「お互いで特別な感情を持っているかどうか(※簡単に言えば脈ありかどうか)」という点をすごく気にしてしまうけれど、寝る前に好きな人と話してるとあんまり複雑に考えないで思考が割と単純になる。好きな人との電話中に眠たくなると、細かいところまで配慮できないとも言える。

これが、構え合う会話をする “付き合う前の雰囲気” と違って、素直な言葉をやりとりする特別な会話に繋がっていく。

友達の雰囲気から恋愛の雰囲気が作れない人は、ぜひ好きな人とおやすみ電話をしてみよう。眠気を素直になる理由にしてしまえば、電話だからこそ顔を見た時に言えなかった一言、話題にできなかった話題が二人の会話の中で登場する。

眠いから甘えるのか、甘えたいから眠いふりをするのか、付き合う前の電話には両方が存在している。付き合ってない時独特の緊張感がある雰囲気が少し和らぐのは、おやすみ電話の効果であり魅力だ。

男性がよくやる甘え方ランキング~男性はどんな風に彼女に甘えるの?彼氏に甘えてほしい彼女へのヒント
はじめて彼氏ができた女性や、付き合った経験がない女性は、「男性の甘え方」にあまり具体的なイメージがないと思う。 しかし、男性の甘える行動や、彼氏が甘えてくる例がパッと浮かばない女性は、付き合う前の恋愛から付き合った後の恋愛まで、恋愛中

寝る前のおやすみ通話はお互いに余計な力が抜けてすごく素直になれます。これまで進まなかった片思いにアクセントがつけられるかもしれませんよ。

おやすみ電話をする「夜」は、昼間に比べて感情的になりやすいから、自分の魅力を伝えやすい

心理学では、ラブレターを書くのは昼間が良いとされている。夜は感情的になりやすく、朝起きてから読むととても好きな人に渡せる代物ではなくなるからという理由だ。

あくまでも傾向だけど、人間の心理は夜に感情的になるのが特徴なのだ。

でも、これを逆に考えると「好きな人に気を遣ってしまう人」や「好きな人の前で自分らしくいられない人」は、夜の電話の方が自分の魅力を伝えやすくなると考えることができる。

いつもは「嫌われないように」と思って好きな人に接していた人が、夜の電話で「好きになってもらえるように」と思って好きな人と会話できる可能性がある。

  • いつもの自分=余計なことばかり考えてしまい、好きな人に自分の魅力を伝えられない、緊張してしまって上手く話せない
  • おやすみ電話=いつもよりも感情表現が豊かになって自然に会話でき、自分の魅力も伝えやすくなる

おはよう電話と、おやすみ電話を比べると、恋愛的には「夜」に好きな人と会話する効果や魅力に特筆するべきものがある。

夜に電話すると「好きな人に本音が言える」恋愛効果がある

付き合う前は、LINE以外の好きな人との会話が基本的に「昼間」となるが、片思いを進める意味では、より感情的になる「夜間」の会話の方が恋愛効果が高い。

昼間の会話は、夜の会話と比較して「建前」が多く、緊張感があるけど、夜の会話はほどよく緊張が解けて、感情的になることから、好きな人が相手でも本音が言える場合が多々ある。いつもは言わないこと、言えないことが、深夜の電話だったら自然に言えてしまうことがあるのだ。

恋愛では、2人の関係を変える一言が存在するが、その一言が飛び出るのは間違くなく「夜」である。その意味で、おやすみ電話は寝る前の電話という特徴だけでなく、夜の会話が長くできる点にも魅力があると言える。

夜に好きな人と話していない人は、ぜひ夜間の電話にチャレンジしてみてほしい。特に恋愛経験が少ない人や、お互いに奥手な恋愛の場合は、夜間の会話が雰囲気を変えるきっかけになるだろう。建前ばかりだった人がほんの少しでも本音を言うようになったら、好きな人は良い意味で見方を変えるはずだ。

恋愛中に好きな人から嫌われないように注意しすぎていた人は、寝る前の電話が「いい人止まりの恋愛の仕方」を改善するきっかけになるかもしれない。

「昼間しか好きな人と話していない」という人は、おやすみ電話の前にまず好きな人とする夜の電話に挑戦してみるべきである。

好きな女性に自分を男として意識させる方法9選!女性に異性として見てもらうにはどうしたらいい?
「好きな女性と仲良くなれたけど、どう考えても男友達の扱いで、男として意識されてない…、自分を男として意識させるにはどうしたらいい?」 最終的に好きな人と付き合えない恋愛の仕方をする男性は、アプローチしても「いい人」で止まってしまうのが

では、おやすみ電話のきっかけや、好きな人とおやすみ電話をする方法とはどんなものだろう。私の経験の中からあなたにコツを解説する。

付き合う前に好きな人とおやすみ電話をする方法!付き合ってない時期の「おやすみ電話のきっかけ」とは?

好きな人とおやすみ電話したい女性が「おやすみ電話をする方法」を知って笑顔になった様子。

最初からおやすみ電話として好きな人に電話できない人は、夜にかけた電話がおやすみ電話になるようなイメージで電話をかけよう。

付き合う前だと「おやすみ電話がしたい」「寝落ち電話してみようよ」と言えないケースの方がずっと多いから、夜にする長電話の先におやすみ電話・寝落ち電話があるイメージを持つと、一気にハードルが下がる。

おやすみ電話のきっかけや言い訳はここで取り上げる4つの方法がおすすめだ。

おやすみ電話の方法① 好きな人に相談電話をする

好きな人とおやすみ電話をするためには「長電話になること」が条件となる。

付き合ってない状態でその条件を最もクリアしやすいのが「相談すること」なので、好きな人と仲良くなってきたら “少し重め” (話し込む内容)くらいのニュアンスで聞ける相談話を振ってみよう。

この方法で好きな人と通話できる関係になると、食事や飲みに行くきっかけにもできるし、長時間話せる話題は付き合う前に絶対必要なものだ。深い話ができるようになったら、好きな人に色々な話を聞いてもらおう。

好きな人と寝落ち電話がしたいと思ったら、相談に限定せずに「長話しできる話題」を考えてみると良い。好きな人との電話に慣れてきた段階でおやすみ電話に発展させられる。

好きな人に相談すると色々なアプローチに発展させることができるので、おやすみ電話だけでなく「ご飯や飲み」にも繋げてみてください。この点はこのパートの最後でも取り上げます。

おやすみ電話の方法② 「聞きたいことがある」と言って「夜電話してもいい?」と聞く

好きな人に相談するのが重いと思ったら、「聞きたいことがある」くらいのニュアンスで好きな人に話を振って、「夜電話してもいい?」と聞いてみよう。

では、どんな内容で電話のきっかけを作るかというと、仕事の話題や学校のこと(部活・サークル、授業、レポート)など、業務連絡的な話を振ると相手は自然な電話の理由だと思ってくれる。

たとえば、仕事関係の話題であれば「○○の件なんだけど、聞きたいことあるから夜電話してもいい?」と聞くイメージだ。

一緒にやってるプロジェクト、相手が詳しい業務やスキル、社内の飲み会、会社の行事のことなど、電話の言い訳に使えるものはいくつもある。

職場で一緒にいる時に電話する用事を作るとさらに自然になるので、二人で協力して何かをやってみたり、業務上の関りを作っておくのも手である。

いずれにしても、時々LINEする関係で普段も時々会話する状態なら「聞きたいことがあるから電話してもいい?」と聞くだけで高確率でOKがもらえるので、後は勇気だけだ。

もし好きな人と電話する約束ができたら、用件はそこそこにして話題を変えて、今までの思い出話をしたり、周りのことを話したりしながら長電話に持ち込もう。

夜の電話のきっかけは、最初は学校の事や仕事の事から誘うと自然に好きな人と電話できますよ。相手は内心で「それならいいか」というくらいの気持ちかもしれませんが、電話で好きになる人もいますから、電話のきっかけに拘らないようにしましょう。

おやすみ電話の方法③ 仲良しになれてるならストレートに「電話したい」「ちょっと話そうよ」と夜に電話に誘う

好きな人とおやすみ電話をしたいと思う時は相手と仲良くなれてきたタイミングが1番多いけど、もしあなたが好きな人と仲良くなれてるなら、ストレートに電話したい、ちょっと話したいと言っておやすみ電話をする方法もアリだ。

ストレートな電話の誘い方をすると、他の理由をつけて電話した時より、最初からカップルみたいな電話ができる場合がある。恥ずかしいと思ってしまうと思うけど、だからこそアプローチ効果は高い。

好きな人と親しくなれてきているなら電話の誘い方をストレートにして、さらにおやすみ電話の効果を高める方向に考えてみたい。

ここはたとえば、初デートが終わってる、2回くらい二人でご飯に行った、何度か飲みに行ったことがある相手だという場合におすすめだ。これくらいの関係性ができていたら、最初から寝落ち電話ができる可能性もある。

実際に夜電話できたら、じゃれ合うような感じで会話して「眠くなっちゃったから電話繋いだまま寝ようよ」と誘ってみると、さらに甘い雰囲気で会話できる

寝る前の電話は、カップルみたいで少し特別な意味があるように思ってしまう人もいますが、だからこそストレートな電話の誘い方をしてアプローチ効果を高めるのも1つの方法です。親しくなれてきた異性には「電話したい」と言ってみると、もっと恋愛的な意味で意識してくれるかもしれません。

おやすみ電話の方法④ LINEの会話から通話に発展させる

好きな人と頻繁にLINEする関係になれたら、お互いが暇だと分かった時にぜひ通話に繋げてみてほしい。

ストレートに誘う勇気がなければ、ラリー中にいきなりLINE電話をかけて「急にどうしたの?」なんてツッコミ待ちをしてみると、冗談半分でおやすみ電話にチャレンジできる。

恋愛のアプローチは相手が乗ってこない時の対処法が最も大切だから、つい照れるような関係性なら、からかうような通話の仕方も最初は悪くない。

笑って流せる方法なので、好きな人と仲良くなったばかりの人におすすめだ。10代後半から20代半ばまでなら「LINEからのノリで好きな人に電話する」のが意外と盛り上がる電話の仕方になる。電話するまでの流れが良いから、最初の一言にも困らないだろう。

片思いが進んできた感覚を持っている人は、夜のLINE中に好きな人が家にいるとわかる時があるから、「暇だったらちょっと話そうよ」という一言が言えるとベストだ。

普段は友達同士でも通話が少ないと思うけど、お互いに顔を見ないで話せる電話は恋愛と非常に相性が良いから、きっかけが作れるかどうかという点に頑張ってみてほしい。

この場合も逃げ道を用意しておくと安心だから、かわされた時の対処法を考えておこう。

頻繁に通話する関係になれたら、「眠れない」ってLINEからでもおやすみ電話は成立するようになるので、積極的に動きたい。LINEから電話への発展は片思いの時に大事だから、きっかけ作りに頑張ってみよう。

本当に付き合う直前の雰囲気になると、時々電話するのが普通である。

好きな人と仲良くなれたらちょっと頑張って踏み込んでみましょう。LINE電話は二人に取って良いきっかけになるかもしれませんよ。そのままおやすみ電話・寝落ち電話ができると、特別な関係に発展する可能性を引き上げることができます。

好きな人を眠くさせる方法と、寝かせる方法:夜の電話を寝落ち電話にするには?

好きな人と夜に電話する時はおやすみ電話に繋げてみてほしいと言ったが、そのためには「電話中に好きな人を眠くさせる方法」「好きな人を電話で寝かしつける方法」を知ってるとさらに良い。

それぞれ解説しよう。

夜の電話中に好きな人を眠くさせる方法:どうしたら付き合ってない状況でも好きな人と寝落ち電話ができるのか

夜の電話中に好きな人を眠くさせるには、2つの条件をクリアすれば良い。

寝落ち電話の条件

  • いつでも寝られる状態で電話すること
  • 眠くなるようなテンションで電話すること

上の条件を満たせるように、好きな人と電話して深夜になったら、布団に入った状態で通話するようにしてみよう。

そこで眠そうな声を出すと、そのうち好きな人から「眠いの?」と聞かれるので、「ちょっと眠くなってきた」と答えて、そのままボソボソとしゃべるようなテンションの会話に切り替えていく。

あなたの眠気が好きな人に伝播するイメージでやってみよう。

この時、好きな人が「そろそろ切ろうか」と言ってくることがあるけど、そこは甘えるように「まだ切りたくない」と言ったり、「もう電話切りたいの?」と聞いてみよう。その後に「眠そうだからさ、切った方がいいかなと思って…」みたいに言われたら、「もうちょっと話してようよ」と返すと、付き合ってない人が相手でも寝落ち電話に繋げていける。

電話中に相手を眠くさせる方法としては、笑う時にクスクス笑うようにして、なるべく電話のテンションが一定に保たれるようにするのがコツだ。ゆっくりしゃべるのも好きな人を眠くさせる方法ではポイントになる。修学旅行の消灯後の会話みたいな感じで電話するイメージだ。

これは、電話で彼女を寝かしつける方法や、彼氏を寝かしつける方法としても有効なので覚えておこう。次の小見出しでもう少し解説する。

付き合ってなくても、これまでに相手から「安心すると言われた人」や、「落ち着くと言われた人」は、この方法で寝落ち通話ができるはずだ。

そもそも深夜に電話していると眠くなるのが普通なので、より眠い雰囲気を出すと好きな人を眠くさせることができる。

好きな人を電話で寝かしつける方法(彼氏や彼女を寝かしつける方法)

好きな人を電話で寝かしつける方法は、上記の好きな人を眠くさせる方法を実践した上で、無言の時間を少しずつ増やしていくことで達成できる。

やっぱり付き合う前の電話だと会話が途切れない状況では目が冴えるところがあるので、「コソコソしゃべる→無言になる」を繰り返すのが一番眠くなる電話の仕方だ。

眠る前にしゃべりたくなったら小声で「寝ちゃった?」と聞いて会話を再開させると良い。

ここは特に彼氏や彼女を寝かしつける方法では最も大きなポイントである。電話が盛り上がると目が覚めるので、ときどき無言になる電話で眠気を誘うと「電話で恋人を寝かしつける」ことができる。

相手が眠くなってきたのを確認したら、無言になるのを恐れないで、電話中の雰囲気を楽しむような感覚で好きな人を寝かしつけてみよう。

この方法は、好きな人が寝れない、眠れないと言ってきた時にも有効だから、「じゃ、電話で寝かしつけてあげるよ」とおやすみ電話に誘ってみても良い。

もちろん、私はこんなシチュエーションを実際に経験した上で紹介しているので、付き合ってないのに踏み込みすぎだと思う必要はない。距離が縮まっているなら実践してみよう。

特に女の子の眠い時の声はかわいいから、好きな人から寝れないとLINEが来たら積極的に電話に誘うのが恋愛的に正解だ。2人の距離を縮めるきっかけとしてだけでなく、可愛い自分をアピールする意味でも活用してみよう。

男性が可愛いと感じる「女性の甘え方」~男性目線でおすすめベスト10をランキングで紹介!
付き合う前と付き合った後の両方で、恋愛中の女性は「可愛い甘え方」ができると、好きな人の心を掴みやすい。 男性に取って、女性が甘える瞬間はすごく可愛いらしいと思う瞬間で、女の子らしい態度に男性はドキッとして好きになるきっかけになるし、彼

好きな人を眠くさせる方法と寝かしつける方法が分かれば付き合う前でも本当に色々な雰囲気で会話できますよね。電話がきっかけで好きになることもあるので、普段の関係を忘れて素直な自分でおやすみ電話をしてみましょう。

今の恋愛の状況をもっと詳細に分析したい女子は、下の記事も参考にしてみてほしい。

夜の電話で好きにさせるコツ:「電話してるうちに好きになった」を自分から作る恋愛テクニック7選

好きな人との夜の電話で好きにさせるコツを実践する女子

この記事を通して「異性との電話では、電話で好きになる人がいる」と解説してきたが、「電話してるうちに好きになった」という状況を自分から作る恋愛テクニックがあるから紹介しよう。

このパートでは、「夜の電話で好きにさせるコツ」を7つのポイントで解説する。おやすみ電話がきっかけで好きになってほしい、ちょっとでも好意を持ってほしいと思ったらぜひ意識してみよう。

夜の電話で好きにさせるコツ① いつもと声を変える(男女ともに可愛い声で電話する方がギャップ萌えする)

夜の電話は付き合ってない男女にとって特別なタイミングの会話なので、特に女の子は可愛い声で電話できるように、意識的に少し声を変えよう

ここで「ぶりっ子みたいで恥ずかしい」と思う女子は恋愛下手だ。好きな人にアピールするチャンスがあったら、ほんのちょっとでも頑張る方が両想いになれる確率を上げられる。

男子についても、寝る前の電話でいつもと違う声で話すと女心ではギャップ萌えすることが多いので、眠くなったら無理にいつも通りに振る舞うことはない。好きな人から「なんかいつもと違うね」と言われるような話し方をする方が恋愛効果は高い。

電話で好きになる理由には「いつもと違う声にドキっとした」という部分が含まれているので、意識的に相手が可愛いなと思う声で会話するようにしよう。

ここで恥ずかしがってるといつまでも片思いが進展しないから、自分からいつもの雰囲気を変えられると良い。

夜の電話で好きにさせるコツ② 電話の声を褒める

好きな人に電話する時、もし初めての電話だったら、必ず「相手の電話の声を褒める」ようにしよう。2回目の電話や3回目の電話でも改めて褒めると良い。

電話の声を褒められたら誰だって嬉しいし、少しでもテンションが上がってくれたら会話が続きやすくなる。

電話の声の褒め方として例を挙げると以下のような感じだ。ストレートだけど、電話なら想像以上に言いやすいと思う。

「電話の声はじめて聞いたけど、かわいいね」
「電話で話すのはじめてだよね?声少し違うけどかっこいい声だね」
「この間も思ったけど、電話の声やっぱり可愛いよね」

20代前半までは「イケボだね」「カワボだよね」と言うと褒めやすいと思う。

好きな人と夜の電話で好きにさせるには、普段と違う褒め方をするのがコツだから、最初は電話の声を褒めるところから入っていこう。

夜の電話で好きにさせるコツ③ 改めて素直な言葉で好きな人のいいなと思ってるところを褒める

好きな人の声を褒めたら、少し会話したところで「改めて素直な言葉で好きな人のいいなと思ってるところを褒める」のが電話で好きにさせるコツだ。

たとえば、「やっぱり○○君は優しいよね、電話してたら改めてそう思ったよ」と言ってみたり、「いつも思ってるけど○○ちゃんは思いやりがある人だよね、電話してるうちに彼女だったら幸せだろうなって思っちゃったよ」と言ってみるイメージだ。

日中の会話だったらこんな言葉は言えないけど、夜の電話でちょっと眠くなったタイミングだったら意外と自然に言えるから「電話で好きにさせたい」と思ったらチャレンジしてみると良い。

電話で改めて褒められたら意識してしまう人は本当に多い。電話中は相手の声に集中しているから、言葉が心に響くのだ。

もし「何言ってるの!」みたいにツッコまれても「あれ、眠くて変なこと言っちゃった?」とごまかせるから、気まずい雰囲気になることもない。

夜の電話で好きにさせるコツ④ 「話してると安心する」「電話してると落ち着く」とアピールする

夜の電話で好きな人に好きになってもらいたいと思ったら、自分が特別な人だと思ってることを他の言葉で伝えると良い。

たとえば「話してるとすごく安心する」「電話してると不思議と落ち着くんだね」「○○くんの声聞いてると眠くなる、安心感があるのかな?」みたいなセリフがおすすめだ。

好きな人と夜に電話すると、例に示した感情を本当に持つことがあるから、もしあなたがそう思ったのなら素直に言葉にしてみよう。

特別な電話にしたい時は、やっぱり特別な言葉が必要だから、ぜひチャレンジしてほしい。

夜の電話で好きにさせるコツ⑤ 「また電話してもいい?」と聞いて甘えるとやんわり好意をアピールできる

夜の電話では、1時間くらい電話してところで唐突に「また電話してもいい?」と聞いてみよう。

電話の最後で言うと社交辞令っぽいけど、急に聞かれたら電話中にドキドキするセリフになる。

こういう発言をすると「電話切る?」と聞かれることがあるが、そこは「切りたくない!そういう意味じゃないよ?」と言って甘えるようにする。そしたら「電話切りたいのかと思った」って返ってくると思うので「また電話したいなって思ったから聞いたの!」と返すと、やんわり好意をアピールしながらも笑い合う会話に持って行ける。

好きな人と電話する時は、踏み込んだ発言をすると印象に残るし、アピール効果も高いのだが、その分不自然さが出て気まずくなるリスクがある。でも、対処法さえ知っていればその場の雰囲気を凍らせることなくアピールできるので、電話の雰囲気を味方に付けて、いつもより少しだけ大胆にアピールしてみよう。

夜の電話で好きにさせるコツ⑥ 「電話してくれてありがとう」と感謝の気持ちを伝えることで好意を疑わせる

上のことに付随して、電話で好きにさせたい相手には最後に必ず「電話してくれてありがとう」と言うのもポイントだ。

感謝の気持ちを伝えると相手は「電話して良かったな」と思うから、次の電話にもつながる。恋愛中は優しい言葉に躊躇するべきではないので、しっかり伝えたい気持ちだ。

好きな人と電話した次の日に「おはよう!昨日はありがとう!」とLINEするのも効果的なアプローチ方法である。もし電話中に言えなかったらLINEで言うようにしよう。

夜の電話で好きにさせるコツ⑦ ご飯に誘う、飲みに誘うことで夜の電話を二人で会うきっかけにつなげる

電話で好きになる人がたくさんいると言っても、やっぱり「二人で会う」ことにつなげていかないと、二人の関係は発展しにくい。

夜の電話中にお互いに眠くなるような雰囲気があったら、「今度ご飯に行こうよ?」と誘うようにしてみよう。

「今度」という言葉を使うと、具体的に誘ってるわけじゃないから相手の反応で脈ありか脈なしか判断できる。

もし雰囲気がいいなら「空いてる日ある?」と聞いてみて約束する流れに持って行くと良い。

反応が悪かったら、「いつか行こうね」みたいに言って流してしまえば全く気まずくないので、ゆったり話せる夜の電話を生かした探りが入れられる。

夜の電話は感情が高ぶるから、自分的に誘いやすい雰囲気を感じると思うので、脈ありの電話になった時は特に勇気を出してほしいと思う。

好きな人を好きにさせるには二人の時間がもっともっと必要だから、夜の電話から2人で会う誘いにつなげてみよう。

引き際が分からない人は下の記事も参考にすると良い。

デートの誘いを交わされた時の脈なしサインとは?デートの断り文句で脈なしのパターンを解説!
気になる人や好きな人にデートの誘いをした際、「予定埋まってる」「しばらく忙しい」などと返事されて交わされるパターンは、脈なしサインになりやすい。 「予定空いてない」や「行けたら行こう」など、どのように交わされるかについては色々あるし、

付き合う前に「おやすみだけの電話」はあり?深夜の電話は好きな人の迷惑になる?

最後に、よくある質問である「付き合う前におやすみだけの電話をするのがアリかナシか」を解説する。

好きな人の迷惑になるんじゃないかと心配している人がいるので、そこを解決しよう。

私の経験を振り返ると、付き合う前におやすみだけの電話をしたことはあったのだが、やはり数は少なかった。

それよりも、夜の電話が長引いたことをきっかけにおやすみ電話をすることの方が多く、おやすみというだけの電話は付き合った後にあるイメージを持つ。

ただし、既にいい雰囲気があるならおやすみと言うだけの電話をするのは間違いではない。

両想いの雰囲気がある場合は、「おやすみ」と声を掛け合う電話をするのが、二人が順調な恋を実感できる瞬間になるからだ。

好きな人が迷惑に思うかどうかは「二人がどんな状態にあるか」で変わってくるから、「付き合う前かどうか」という視点より、「二人は恋愛感情を持ち合っているのか」という点で判断しよう。要は、脈ありならアリだし、脈なしならナシだと言うことだ。

たとえば、何度も二人でデートしていて、普段も仲良くしている場合は、LINEから「おやすみだけの電話をする」のはアリということになる。まだそこまで行けていない人は、まずは好きな人と長電話する方法にチャレンジしてみよう。

下の記事は「酔った勢いの電話」について解説しているので、飲んだ時に電話がかかってくる女性や、酔うと電話したくなる男性は合わせて読んでみよう。

片思いが進むと、LINEだけじゃなくて電話もするようになります。付き合う前でも、関係を進める勇気を持ちましょうね!

まとめ

今回は、好きな人とおやすみ電話する方法と、夜寝る前に電話する効果や魅力を解説した。

記事後半では「電話中に好きな人を眠くさせる方法、寝かしつける方法」「夜の電話で好きにさせるコツと、電話中の恋愛テクニック」も解説したので、ぜひあなたにもチャレンジしてみてほしい。

一日の終わりに好きな人の声を聞きながら眠ることができれば、きっと幸せを感じると思うけど、いつもと違った雰囲気の会話になることもあって、恋愛では「おやすみの電話」が両想いになる一つのきっかけとなる場合がある。

まったりした雰囲気で気を張らずに話せば、お互いの違った面を知ることになって、急に意識されたり、ギャップ萌えしてもらえるかもしれない。

好きな人とおやすみ電話をしてみたいと思っている人は、最初は長電話の延長線上で考えるといい。「眠れない」ってLINEのメッセージをきっかけにできるなら、タイミングを見て送ってみよう。

いずれにしても、「眠い状態でも電話を繋いでいたいと思える相手に自分がなれているか」という点を気にしてしまうと思うので、普段のコミュニケーションから好きな人の気持ちを考え、踏み込んだコミュニケーションをとるタイミングを計るようにしよう。

好きな人の気持ちを知る方法~自分のことを好きかどうか知りたい人へ
誰かを好きになれば、一番知りたいのは「好きな人の気持ち」だ。 アプローチされたことがきっかけで気になる人や好きな人になった時も、「相手の気持ちを知る方法」がどうしても気になる瞬間があると思う。 どんな恋愛の仕方をしたとしても常に気に

おやすみ電話をするには仲良くなることがすごく重要なので、片思いの進み具合でチャレンジする時期は厳選してほしい。

好きな人と少し仲良くなったところで、距離をさらに縮めるために好きな人におやすみ電話を掛けてみよう。

好きな人に「恥ずかしい」と思ってしまうことが理由で恋愛を進められない人は、下の記事も合わせて読んでみてほしい。

関連記事:

アプローチ良い雰囲気の二人
Brightfutureをフォローする
自分が結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を知って具体的な努力をして結婚できた女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知っていましたか?
いつか結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要になってます。
下の記事では、総務省の国勢調査から、年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました