【恋愛】好きな人とする「おやすみ電話」の効果や魅力とは

好きな人とお休み電話をした後のイメージ

あなたは、付き合う前の好きな人と、「おやすみ電話」をしたことがあるだろうか?

よくカップルがするイメージのおやすみ電話だが、恋愛の効果や魅力を考えると、実は片思いしている人にもおすすめだ。カップルになる前におやすみ電話ができると、実際に恋が進むきっかけを得ることができる。

たとえば、夜遅くにした通話がそのままおやすみ電話になったり、LINEで会話していたのがきっかけでおやすみ電話に発展したりと、きっかけや恋愛の進め方次第では、案外付き合う前のおやすみ電話もあり得る

そこでこの記事では、「好きな人とおやすみ電話をしよう!」ということで、恋愛を前提にした「おやすみ電話の効果や魅力」を紹介する。おやすみ電話をする意味を知って、ぜひきっかけを作るモチベーションに変えてみて欲しい。

恋愛が進む瞬間はその恋愛ごとに違っていて、きっかけにはパターンがあったとしても、公式はない。おやすみ電話で好きな人との距離を縮めてみよう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

おやすみ電話は、好きな人とゆったりと話せる

おやすみ電話は寝る前の電話なので、気を張った会話にならず、ゆったりと話せることが魅力であり特徴だ。

一日の終わりだから、二人とも程よく力が抜けてリラックスした電話になる。特に、好きな人に緊張してしまうタイプの人と相性が良く、雰囲気の違う会話が楽しめるから恋愛にアクセントが付けられる。

おやすみ電話は、たくさんのシチュエーションで様々なコミュニケーションを取る中で進む「恋愛」と、相性が良いのだ。

もし初めておやすみ電話をする時は、いつもとの違いを意識するはず。これは、好きな人の雰囲気だけではなく、自分自身の雰囲気でも感じることで、「あれ?なんかいつもと違う」とカップルになれたような感覚を持つこともよくある

これから挙げていくことを合わせて言えるのだが、好きな人と話をする時に緊張してしまう人には、ゆったり話せるおやすみ電話が本当におすすめ。

寝る直前だから無言も気にならない電話になるし、雰囲気の違いは二人の距離を近づける恋愛効果がある。

スポンサーリンク

眠い時は甘えやすい!お休み電話は、甘い雰囲気を作る効果がある

おやすみ電話をする時は、その内眠くなるような時間帯の電話となっていく。電話をし始めた時からすでに眠たい時もあるだろうし、相手の声を聞いて安心することで眠くなる面も大きい。

眠い時は誰でも甘えてしまうことが多いから、おやすみ電話は好きな人に甘えやすいという魅力を持つ。これがまた、いつもの雰囲気を変えてくれてくれる効果があるのだ。

付き合う前でも、少しの好意さえあれば「おやすみ電話に甘い雰囲気を作る効果がある」と断言できる。

あなたが男性であっても、眠いことを理由にすれば好きな女性に自然と甘えることができる。お休み電話だったら甘えても普段とのギャップに映って悪い印象にはならないから、距離が縮んだことを好きな人が実感する可能性があるだろう。

あなたが女性だったらなおさらお休み電話に甘えやすい雰囲気を感じると思うので、眠気を素直になる理由へ変えよう

電話相手の好きな男性も同じように眠いのだから、気を張る必要はない。「今は特別!」と思っていつもより少し甘えてみると、好きな男性から「可愛いな」と思ってもらえるはずだ。

ここ以外でもう少し説明を後述するけど、この「甘える」という行為は「信頼関係」が必要である。要は安心しないと甘えられないのが人というもの。それが必ず「恋愛感情」の意味を含むことはないけど、男女では好意の確認ができないと甘えにくさを感じる。

しかし、もし好きな人がおやすみ電話で甘えてくるならいつもの雰囲気と違う雰囲気の会話ができるし、自分から甘い雰囲気を作るのもおやすみ電話でなら比較的簡単だ。

一般的に甘えられる関係は仲のいい証拠みたいなところがあるのだが、おやすみ電話は違った作用で「甘えられる関係」が一時的でも出来上がることがある。

実際に経験してみると、おやすみ電話の効果や魅力としてここはとても大きいと個人的によく思う。

好きな人と友達止まりで終わる恋愛を繰り返す女子は、おやすみ電話の雰囲気をぜひ味わってみてほしい。

好きな人の電話の声を聞くと、幸せを実感できて安眠できる

一日の終わりに好きな人と話ができるのは、すごく幸せなことだ。

好きな人の声を聞くといつもはドキドキしてしまう人も、その日の報告をしたり、逆に聞いたりしているうちに、おやすみ電話では好きな人の声が眠くなる効果を持っていることに気付くと思う。

好きな人の電話の声は、安心させてくれる効果もある。

幸せを感じるのはそれだけが理由じゃない。おやすみ電話は、一緒に寝ているような感覚を覚えることもあって、ただ眠る前に話すだけが魅力ではなく、「一緒に寝ている気分を味わえる」という魅力がある。感じる幸せが本当に大きいから、ぜひあなたにも体験してもらいたいと思うほど。

あくまでも感覚であって、恋人同士なら逆に物理的な距離を感じて切なくもなるのだけど、付き合う前ならそれはそれで幸せな感覚を覚えるはずだ。

それが安眠に繋がるから、好きな人が相手なら「おやすみ電話」が好きだという人は、女性に限らず男性でも実際に多い。気持ちよく眠れると次の日も頑張れるし、良いこと尽くしである。

好きな人が寝るまで自分と話している状況は、間違いなく幸せを感じる。それがもし二人で同じ感覚になるとしたら、恋愛に効果があっても不思議ではないと実感できるはずだ。

素直になれるから、お休み電話ではいつもは言えない言葉が言える

ねむい時は、余計な力が抜けて素直になれる。

おやすみ電話では余計なことを考えずに素直にリアクションできるから、普段ツンデレな彼女でも、眠気が素直にさせるとデレデレ状態になることも珍しくない。普段言えない言葉がおやすみ電話だったら自然と言えるのだ。

当ブログで何度か、付き合う前は探り合いのような会話になることも多いと説明してきた。告白前の男女は、好意を匂わせつつ相手のリアクションを探って、誤解を避けながらもストレートな言葉は使えないのが大きな特徴だ。

伝え過ぎたと思ったら逆の態度でバランスを取ったりして、付き合う前のアプローチを一貫した態度で行う人はほぼいない。だからこそ、恋愛では色々なきっかけが必要だし、軽いアクセントみたいなものが必要となる。

一本のおやすみ電話が必ず恋愛に効果があるとは言えないけど、「恋愛を進めるきっかけ」や「片思いを進めるアクセント」になる要件を兼ね備えているのは間違いない。恋愛が進んできた時に一番必要なのは「素直さ」だからだ。

家に居る状態で眠る前は人が最もリラックスした状態だから、あなたの性格しだいではおやすみ電話の中で出た素直な言葉が恋を進めることが実際にあると思う。経験してみると、「電話だから素直になれる」面と「眠る前だから素直になれる」面の両面で恋愛効果を感じるはず。

付き合う前は「お互いで特別な感情を持っているかどうか」という点をすごく気にしてしまうけれど、寝る前はあんまり複雑に考えないものだ。考えることができないとも言える。これが、構え合う会話をするいつもの雰囲気と違って、素直な言葉をやりとりする特別な会話に繋がっていく。

友達の雰囲気から恋愛の雰囲気が作れない人は、ぜひ好きな人とおやすみ電話をしてみよう。眠気を素直になる理由にしてしまえば、電話だからこそ顔を見た時に言えなかった一言、話題にできなかった話題が二人の会話の中で登場する。

眠いから甘えるのか、甘えたいから眠いふりをするのか、付き合う前には両方が存在している。甘い雰囲気になり易い点は、おやすみ電話の効果であり魅力だ。

おやすみ電話をする「夜」は、昼間に比べて感情的になりやすい

心理学では、ラブレターを書くのは昼間が良いとされている。
夜は感情的になり易く、朝起きてから読むととても好きな人に渡せる代物ではなくなるからという理由だ。

あくまでも傾向だけど、人は夜に感情的になり易いのが特徴なのだ。
おはよう電話とおやすみ電話を比べると、「夜」に好きな人と会話する効果や魅力は特筆するべきものになる。

付き合う前は好きな人との会話が基本的に「昼間」となるが、片思いを進める意味では感情的になる「夜間」の会話の方が効果が高い。おやすみ電話は、寝る前の電話という特徴だけでなく、夜の会話ができる点にも魅力があるのだ。

夜に好きな人と話していない人は、ぜひ夜間の電話にチャレンジしてみてほしい。特に恋愛経験が少ない人や、お互いに奥手な恋愛の場合は、夜間の会話が雰囲気を変えるきっかけになるので、「昼間しか好きな人と話していない」という人はおやすみ電話の前に夜の電話に挑戦してみるべき。

では、おやすみ電話のきっかけや、好きな人とおやすみ電話をする方法とはどんなものだろう。私の経験の中からあなたにコツを解説する。

好きな人とおやすみ電話をする方法!おやすみ電話のきっかけとは?

最初からおやすみ電話として好きな人に電話できない人は、夜にかけた電話がおやすみ電話になるようなイメージで電話をかけよう。付き合う前だと「おやすみ電話がしたい」と言えないから、長電話の先におやすみ電話があるイメージを持つとハードルが下がる。

おやすみ電話のきっかけや言い訳は以下の2つがおすすめ。

好きな人に相談電話をする

好きな人とおやすみ電話をするためには「長電話になること」が条件となる。その条件を最もクリアしやすいのが「相談すること」なので、好きな人と仲良くなってきたら少し重めくらいのニュアンスで聞ける相談話を振ってみよう。

この方法で好きな人と通話できる関係になると、食事や飲みに行くきっかけにもできるし、長時間話せる話題は付き合う前に絶対必要なものだ。深い話ができるようになったら、好きな人に色々な話を聞いてもらおう。

相談に限定して考えなくても良いので、長話しできる話題を考えてみると良い。好きな人との電話に慣れてきた段階でおやすみ電話に発展させられる。

LINEの会話から発展させる

好きな人と頻繁にLINEする関係になれたら、お互いが暇だと分かった時にぜひ通話に繋げてみてほしい。

いきなりLINE電話をかけて「急にどうしたの?」なんてツッコミ待ちをしてみると、冗談半分でおやすみ電話にチャレンジできる。

恋愛のアプローチは相手が乗ってこない時の対処法が最も大切だから、からかうような通話の仕方も最初は悪くない。笑って流せる方法なので、好きな人と仲良くなったばかりの人におすすめ。10代後半から20代半ばまでなら「ノリ」で行けると思う。

片思いが進んできた感覚を持っている人は、「暇だったらちょっと話そうよ」という一言が言えるとベストだ。普段は友達同士でも通話が少ないと思うけど、恋愛と電話は非常に相性が良いから、きっかけが作れるかどうかという点に頑張ってみてほしい。

この場合も逃げ道を用意しておくと安心だから、かわされた時の対処法を考えておこう。

頻繁に通話する関係なら「眠れない」ってLINEからでもおやすみ電話は成立すると思うので、積極的に動きたい。LINEから通話への発展は片思いの時に大事だから、きっかけ作りに頑張ってみよう。

本当に付き合う直前の雰囲気になると、時々電話するのが普通である。

付き合う前に「おやすみだけの電話」はあり?好きな人の迷惑になる?

最後に、付き合う前に「おやすみだけの電話をするのがアリかナシか」を解説する。好きな人の迷惑になるんじゃないかと心配している人がいるので、そこを解決しよう。

私の経験を振り返ると、付き合う前におやすみだけの電話をしたことはあったのだが、やはり数は少なかった。

それよりも、夜の電話が長引いたことをきっかけにおやすみ電話をすることの方が多く、おやすみだけの電話は付き合った後にあるイメージを持つ。

ただし、既にいい雰囲気があるならおやすみだけの電話をするのは間違いではない。両想いの雰囲気がある場合は「おやすみ」と声を掛け合う電話をするのは、二人が順調な恋を実感できる瞬間になるだろう。

好きな人が迷惑に思うかどうかは「二人がどんな状態にあるか」で変わってくるから、「付き合う前かどうか」という視点より、「二人は恋愛感情を持ち合っているのか」という点を判断しよう。

何度も二人でデートしていて、普段も仲良くしている場合は、LINEから「おやすみだけの電話」をすることはアリ。まだそこまで行けていない人は、まずは長電話にチャレンジしてみよう。

下の記事は「酔った勢いの電話」について解説しているので、飲んだ時に電話がかかってくる女性や、酔うと電話したくなる男性は合わせて読んでみよう。

まとめ

今回は「好きな人とおやすみ電話をしよう!」ということで、おやすみ電話の効果や魅力を紹介した。後半では「好きな人とおやすみ電話をする方法やきっかけ」も解説したので、ぜひあなたにもチャレンジしてみてほしい。

一日の終わりに好きな人の声を聞きながら眠れればきっと幸せを感じると思うけど、いつもと違った雰囲気になることもあって、恋愛には「おやすみの電話」が一つのきっかけとなる場合がある。

まったりした雰囲気で気を張らずに話せば、違った面を見せ合うことになる場合だって少なくないだろう。

好きな人とおやすみ電話をしてみたいと思っている人は、最初は長電話の延長線上で考えるといい。「眠れない」ってメッセージをきっかけにできるなら、タイミングを見て送ってみよう。

いずれにしても、「眠い状態でも電話を繋いでいたいと思える相手になれているか」は気にしてしまうと思うので、普段のコミュニケーションがやはり基本となる。仲良くなることがすごく重要なので、片思いの進み具合でチャレンジする時期は厳選しよう。

距離をさらに縮めるために、好きな人におやすみ電話を掛けよう。

好きな人に「恥ずかしい」と思ってしまうことが理由で恋愛を進められない人は、下の記事も合わせて読んでみてほしい。

関連記事: