付き合っていても幸せじゃないなら別れるべき理由~幸せになるためにはどう考えたらいいか

幸せじゃないのに付き合いを続ける女性のイメージ

恋愛では、「幸せじゃないのに付き合っている」という状況に悩む時がある。

幸せではないと思う理由は様々だけど、彼氏や彼女との付き合いは毎日の生活にも確実に影響を与えるものだから、「付き合ってても幸せじゃないから別れる」と思ってそのまま別れを決断できるほど、単純な心理ではない。

しかし、本人は「幸せになりたい」という気持ちを持ち続ける以上つらい恋愛になってしまい、幸せじゃない付き合いはやはり「別れるべき」との答えが頭を過る。付き合っていてつらいから、どうしても「今やっていること」と「今やらなければならないこと」にギャップが生まれ、苦しい気持ちになってしまうものだ。

そこで今回は、幸せじゃない付き合いをしているあなたのために、「付き合っていても幸せじゃないなら別れるべき理由」をまとめてみたい。

この記事を読んだ後あなたが何を思うか、ぜひあなたが自分の気持ちと向き合うきっかけにしてみてほしい。色々な事情で幸せじゃないのに付き合っている彼氏や彼女がいる人は、参考にしてみよう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

どんな別れもつらい!選択から逃げても結果は変わらない

幸せじゃないのに付き合っているカップルは、どちらかが選択を先延ばしにしているケースが目立つ。もう冷めてしまっている自分に気づきながらも、相手の気持ちを無下にはできずに、問題を先送りするように付き合いを続ける。

こんな状態になったとしても、お付き合いを続けることの全てが否定されるべきではない。確かに未来は不確かであって、付き合いを続ける選択が正しい場合だってあるのだから。

でも、経験を振り返ると、長い時間考えても答えが変わりにくい問題かな…とは思う。恋は、冷めたら再燃しにくい。答えが出ている恋はちゃんと終わらせないといけないのも事実で、幸せじゃないのに付き合っている人は、考えれば考えるほど「好き」という気持ちはなくなっていくところを感じているのではないだろうか。

幸せじゃないなら別れるべき理由の一つ目は、「どんな別れも辛いのだから、色々と理由を付けて、自分がするべき選択から逃げるべきではない」ということ。

相手がまだ自分を好きだからとか、別れる理由がはっきりしないからと言って、冷めた恋を放置するのは、自分も相手も幸せになれない選択をしているかもしれない。

現状維持のつもりでも、「付き合い続ける」という一つの選択をしていることは意識するべきだ。幸せじゃない付き合いのどこかに救いがあるのかを考えないと、つい選択を先延ばしして二人の時間が奪われる結果に後から後悔するかもしれない。

スポンサーリンク

倦怠期のマンネリカップルでも「幸せじゃない」とは思わない

「今は倦怠期だからきっとそのうち…」
こんなことを思ってしばらく経つ状態なら、好きな人とする恋愛の形としては「ちょっとおかしいな」と私は思ってしまう。

倦怠期の経験はもう何度もあるのだけど、私は倦怠期に「幸せじゃない」と思ったことがほとんどない。好きかどうかは分からなくなりかけることはあるけれど、倦怠期でもその時の彼女にいつも幸せだけは感じていた。倦怠期は、ドキドキやキュンキュンする気持ちを奪うだけで、恋愛の幸せそのものを奪うことはない。

多分、もう少し前向きに「失いたくない存在」で居続けるのが倦怠期だ。どうにかまた彼氏や彼女と仲良く付き合える状態に戻りたいと思う気持ちは消えない。上手くいかないことで段々とその気持ちはなくなっていくことがあるけれど、「倦怠期」を根本から勘違いするのは致命的だ。

今回のテーマは「ある程度の時間を使って悩むべき問題」ではある。
幸せじゃない理由にもよるところだが、まだ付き合いを続けていてこの記事を読むほど考えるなら、しばらくはそのままでもいい。

だが、「幸せじゃない」と思ってしまう付き合いになっているのは、別れるべき関係になっている場合が多いことは伝えておこう。倦怠期だってその時期がいずれ終わるから「時期」として表現される。「幸せじゃない」とあなたが最終的に答えを出すとき、それはもう倦怠期ではなくなって「冷めたとき」ではないだろうか?

カップルには色々な時期があって波があるのは間違いないが、冷めた恋愛を続けていれば無理が祟ってあなたの幸せが遠ざかる。自分の恋愛感情を根本から否定するような恋人との付き合いはやはり続けるべきではないように思う。

お互いの未来を奪う「幸せじゃない付き合い」

「次の恋人に期待する気持ち」は、間違いなく「過去になった恋の始末」に影響する。これは結婚した男女にも言え、モテる人ほど離婚の決断が早いのも有名な話だ。

つまり、「今の彼女や彼氏と別れたら、新しい恋人ができないかもしれない」という気持ちが幸せじゃない恋を放置させるということ。でも、やっぱりそんな気持ちは何も生まずに副作用の方が強いと思うのである。

お互いの未来を奪うようにお付き合いを続けても、やっぱり空しいだけだ。幸せを感じない恋はストレスもあるから、喧嘩も多くなって余計にこじれる現象と向き合っている人もいるのだろう。

次の恋がどうなるかは分からない。はっきり言えば、その人ごとにうまくいく確率からより良い出会いがあるかまで、様々違いもある。

しかし、もしお互いで未来を奪い合う付き合いになってしまっていたら、やっぱり不幸なことだし後悔することにもなりやすい。

付き合っていても幸せじゃないなら別れるべき理由に「お互いが時間を無駄にしている」ことは敢えて言わないといけないことだ。

合わない人とは好きでも幸せじゃない

幸せな恋の本質は「理想の相手と出会うことだ」という人がいる。

これは私も経験則から思うことでもあって、合わない人と付き合うことは好きでも「幸せ」を感じることが難しい。結果的に傷つけあって別れることにもなりやすい。

付き合っているのに会えない、価値観や考え方が真逆でイライラする、気持ちが分かり合えない、DVやモラルの欠如、なぜか喧嘩ばかりしてしまう…。

対処や改善できる問題もこの中にはあるのだが、逆に言えばどうにかしようとしてもどうにもならないこともある問題が、上に挙げたような「付き合っていても幸せじゃない理由」。

こういう人は「自分と合う人と出会うべき」だと思わなくもない。もし「すごく自分に合う人」と出会ったことがないなら猶更だ。

合わないと思う人と付き合っていると精神的な消耗も大きいので、自分の魅力は損なわれるところがあるし、日常がどうしても充実してこない部分がある。彼氏や彼女がいる状態では、自分と合う人と出会うことがさらに難しくなるのも別れるべきだと思う理由。

付き合いはじめの人はここで想定している状況が違うので下の記事を読んでみよう。それなりの期間付き合ったなら「合わない」と決断することも大事になるだろう。

彼女や彼氏と「合わない」と思った人へ~段々と合うようになるカップルの付き合い方とは
付き合いはじめは、彼氏や彼女と「合わない」と思ってしまうことが少なくない。 合わない彼氏、合わない彼女と付き合っている自覚があ...

幸せじゃないなら付き合っているだけで辛い

さきほども少し触れたばかりだが、幸せじゃない恋愛は続けているだけで辛いのも、終わらせた方がいい理由である。特にお付き合いは相手と密に連絡しながら続ける場合が多いし、距離を置いていたとしても精神的に相手の占める割合が多くなりがちだ。簡単に楽になる選択は避けるべきだが、長時間苦しむのも一定の時期に終わらせる必要があるだろう。選択するべき理由になる。

常々、恋愛は楽しいものであって苦しいものだと思う。
幸せばかりではなくて嫉妬や不安などのネガティブな感情も連れてきてとても複雑。想い合っていてもすれ違ってしまうととんでもない方向に進んだりして、幸せで楽しいだけの恋愛は本気の恋ではなかなかないのかもしれないとさえ思う。比べようのない大きな幸せがそれでも人に恋をさせるのだけど。

人はやっぱり幸せになるために生きているのだと思う。幸せでいるために。
だから、幸せでない付き合いはそれだけで辛くなってしまうものだ。

幸せじゃないのに付き合っている人は、幸せになるために自分はどう選択をするか考えるべきではないかと、私は思ってしまう。

付き合っていても楽しくない!対処法は?

付き合っていても幸せじゃないと思う人の中には「付き合っていても楽しくない」と感じる人がいると思う。この中には「楽しく付き合う方法が分からない」という人もいると思うので、最後に対処法をまとめよう。

まずは自分主導で頑張ってみる

付き合っていても楽しくないと感じる時は、つい相手のせいにしがち。確かに彼氏や彼女に問題があるのかもしれないけれど、相手に期待する恋愛の仕方はうまくいかないから気を付けよう。

例えば自分から話題を振って会話を盛り上げたり、自分からデートに誘って会うきっかけを作ってみたり、自分主導で頑張る恋愛の仕方はよほど相性の悪い人と付き合っていない限り幸せへのアプローチとなる。

逆に、自分主導である程度頑張っても楽しくならないなら相性の問題で別れるべきとも言えるから、まずは自分にできることをやってみよう。

相手の性格や価値観を理解して割り切る

「運命の出会い」を信じるタイプの人は、二人で合わせていく付き合い方をきちんと理解しよう。付き合っていても楽しくないと感じる時は、「相手への理解」が欠落してしまっているパターンが珍しくない。

恋愛がうまくいかないときは「相手の悪いところ」に目が行きがちで、どんどん自分とのギャップを感じてしまう。好きな人であっても、楽しくないと感じている事実の方が重く捉える傾向が強いため、「相手の性格や価値観を理解して割り切ること」も重要なことだ。

理想の人と恋愛したいのが本音だと思うけど、私の経験では「段々と」そうなっていくイメージを持っている。

二人で合わせていく付き合い方ができれば、もともと理想の人だった場合を超えて幸せになれることがある。なぜなら、多くの問題を二人で乗り越えることができるからだ。

恋愛初心者の人は付き合いはじめを軌道に乗せることが難しいから、下の記事も参考にしながら「段々としっくりくる感覚」を感じてみてほしい。

空回りしないで、言葉で伝える

付き合っていても楽しくないときは、自分の中だけで悩んでしまって「空回り」するのを防ごう。相手は相手で考えていることもあるから、言葉で伝えることがすごく重要になるケースがある。

誰だって好きな人には気を使いすぎてしまうから、楽しくない原因が「愛情」を理由にしている場合がある。

「こんなこと話すと嫌われるかな…?」
「こんな話題はきっと興味ないよね…」

しっくりくるまで、カップルはお互いに不安がいっぱいだ。それを勘違いして「合わないんだ」となってしまえばうまくいくカップルも途中で壊れてしまうだろう。

恋愛は、目に見えない「気持ち」が最も影響を与えるものだから、言葉にして伝えるべきことが少なくない。楽しくない理由をはっきり言った方が良い場合もあるし、遠回しに伝えるべきこともあるけれど、相手の気持ちを自分勝手に想像して空回りするのだけは避けよう。

まとめ

今回は「付き合っていても幸せじゃないなら別れるべき理由」を5つポイントを挙げて説明し、最後に「付き合っていても楽しくない」と感じる人向けに対処法をまとめた。色々な理由や原因があって「幸せではない」という付き合いをしているから、なかなか一緒くたにして語るのは難しいけれど、なるべく本質に迫れるように考えてみた。

あなたに取って正しい選択をするきっかけになればと思う。

今回のテーマでは、「幸せじゃない」という状態がどの程度確定的なのかが一番大事だろう。複雑に考えるから、考えている内に「幸せか幸せじゃないか」さえも分からなくなってこんがらがる。

それに答えを出したら、あなたが「幸せになる選択」をしよう。

彼氏や彼女とやり直すことだって一つの選択肢だ。それならきちんと向き合って二人で乗り越えようとすることが大事。

いずれにしても、「自分自身の恋愛」をしっかり分かっている人は幸せになる。本気で恋愛や結婚と向き合う人は下の記事も読んでみてほしい。

下の記事は「距離を置く」というテーマで書いた記事だが、今回のテーマで悩んでいる人は参考になるだろう。