付き合っていても幸せじゃないなら別れるべき理由~付き合ってても辛い別れても辛い時の対処法

  ※ 当サイトはアフィリエイト広告を利用してます

付き合ってても辛い別れても辛いと思って「これからどうするべきか」悩む女性

恋愛では、「幸せじゃないのに付き合っている」という状況に悩む時がある。

付き合ってるのに辛い、苦しいと思う理由は様々だけど、「付き合ってても幸せじゃないから別れる」と思って、そのまま別れを決断できるほど単純な心理ではいられない。

多くの場合で「付き合ってても辛い別れても辛い」と思い、苦しい期間を長く過ごしがちだ。

付き合ってるのに苦しいと思いながらも付き合い続けるのは「まだ好きだから」だけど、人は「幸せになりたい」という気持ちを持ち続ける以上、幸せじゃない恋愛になった時は自分の気持ちも見失いがちで、何らかの対処法を講じる必要がある。

幸せじゃない交際はやはり「別れるべき」との答えが頭を過るのも事実で、付き合っててるのが辛いから、どうしても「今やっている(交際を続けている)こと」「今やらなければならない(別れるべきなら別れる)こと」にギャップが生まれ、苦しい気持ちが続いてしまう。

そこで今回は、幸せじゃない恋愛をしているあなたのために、「付き合っていても幸せじゃないなら別れるべき理由」を解説する。

後半は、付き合ってても辛い別れても辛い状況の対処法と、付き合っていても楽しくない・付き合ってるのが辛いと思った時の対処法も解説する。

この記事を読んだ後あなたが何を思うか、ぜひあなたが自分の気持ちと向き合うきっかけにしてみてほしい。

色々な事情で「幸せじゃないのに付き合っている彼氏や彼女がいる人」は、参考にしてみよう。付き合ってても辛い別れても辛い状況では、どんな考え方をしたら良いのだろう?

  1. どんな別れもつらい!幸せじゃない交際から愛情面の変化が起きた時は選択から逃げても結果は変わらない
    1. なぜ人は付き合ってるのに苦しいと思いながらも別れないで交際を続けるのか
    2. 付き合ってて辛い状況で、「冷めたかもしれない」と思うなら、そこから愛情の復活は厳しい
  2. 付き合ってても辛い別れても辛いのは倦怠期のマンネリカップルだから?でも、本当に好きなら「幸せじゃない」とは思わない
    1. 倦怠期になっても、付き合いを続けるべきカップルは、彼氏や彼女を失いたくないと思ってる
    2. 付き合ってて辛いのが「幸せじゃない」と思うところまで行った時は、別れるべき状況になっている
  3. 幸せじゃない付き合いはお互いの未来を奪う:付き合ってても辛い別れても辛いなら、別れる方が心の消耗を防げる
    1. 付き合ってて辛い彼氏や彼女と一緒にいても空しいから、心の消耗に注意するべき
  4. 付き合ってるのが辛い彼氏や彼女との恋愛は未来が見えない!結婚したいなら別れて他の人を探す選択肢が有力になる
    1. 結婚するまでの交際期間が長くなっているから、30歳で焦るのでは遅い!幸せじゃない交際が婚期を遅らせる原因に…
    2. 好きだけど幸せじゃないなら結婚することはない
  5. 合わない人とは好きでも幸せじゃない:付き合って3か月以上経つのに幸せじゃない恋愛は別れるべき
    1. 合わない彼氏や彼女と交際を続けると、傷つく分あなたの魅力が損なわれる
  6. 幸せじゃないなら付き合っているだけで辛い!付き合ってるのに苦しい恋愛を続けるのは自分を苦しめる行為
    1. 好きだけじゃ続かないのが恋愛!幸せじゃない恋愛はつらいから、日常を苦しいものにして、いつか限界を迎える
  7. 付き合ってても辛い別れても辛い状況の対処法
    1. 付き合ってても辛い別れても辛いなら、最終的には別れる選択が正しいが、その際に意識するべきは「蓄積する辛さ」
    2. 付き合ってても辛い別れても辛い状況だったら、距離を置く対処法がおすすめ
  8. 付き合っていても楽しくない!付き合ってるのが辛いと思った時の対処法は?
    1. 付き合ってるのが辛い原因を相手の責任にしないで、自分主導で「解決」できるように頑張ってみる
    2. 相手の性格や価値観を理解して相性を合わせていく感覚で付き合う
    3. 自分の頭の中で空回りしないで、相手と向き合って気持ちを言葉で伝える
    4. 交際3か月以上経つカップルは、付き合ってるのに辛いと思う理由を彼氏や彼女と共有して、問題解決を目指す
  9. まとめ

どんな別れもつらい!幸せじゃない交際から愛情面の変化が起きた時は選択から逃げても結果は変わらない

幸せじゃないのに付き合っているカップルは、どちらかが選択を先延ばしにしている(別れるのを躊躇っている)ケースが目立つ

決断しないで現状維持をするとカップルは半自動的に交際が続くため、「付き合ってるのに苦しい」という状況でも惰性的に続けてしまう。

だからこそ、付き合ってるのに辛い、幸せじゃないと思った時、それが長期間続いた時は「それでもまだ好きなのか」という問題と定期的に向き合わないといけない。

辛い恋愛や苦しい恋愛は恋人への愛情が冷める原因になるから、付き合ってるのに幸せじゃないと思った人は、いつの間にか恋人から冷めていることがある。

なぜ人は付き合ってるのに苦しいと思いながらも別れないで交際を続けるのか

では、なぜ「付き合ってるのに苦しい」と思いながら、冷めたのに交際を続けるかというと、別れることが能動的な行動を必要条件にしている(自分から別れ話をしないといけない)ことと、長く付き合った彼氏や彼女に情の気持ちを持つからだ。

もう冷めてしまっている自分に気づきながらも相手の気持ちを無下にはできずに、問題を先送りするように交際を続けると、どんな人でも付き合ってるのが辛い状況が末期化していく。

「彼氏といても幸せじゃない」と思う女性や、「彼女といても辛い」と思う男性が、もう昔ほど好きじゃないことに気づいて、冷めてることに気づいたなら、時間の問題で近い将来別れる決断をするだろう。

あとはそれがいつなのかが問題となる。

ただ、冷めたか冷めてないか分からないような状況であるなら、今付き合ってる彼氏や彼女との交際を続けることのすべてが否定されるべきではないし、間違いとも言い切れない。

確かに未来は不確かであって、辛い苦しいと思う時期があったとしても付き合いを続ける選択が正しい場合だってある。

冷めてる感じがあっても好きじゃなくなったと確信しているわけじゃないなら、別れる決め手に欠くのも事実だ。自分の気持ちを確かめる時間だって必要である。

ただし、私の経験を振り返ると、「幸せじゃない」と思うような交際で、彼氏か彼女のどちらかに愛情面の変化が起きた時は、長い時間考えても「いずれ別れる」という答えが変わりにくい問題だと感じてきた。

幸せじゃない交際は冷めたら終わりというのが経験則だ。

付き合ってて辛い状況で、「冷めたかもしれない」と思うなら、そこから愛情の復活は厳しい

交際に至った恋愛は、冷めたら再燃しにくい。もし、愛情が復活してもう一度大好きになることがあるとすれば、それは「楽しくて幸せな交際ができた時」だけだ。

答えが出ている恋愛なら、ちゃんと終わらせないといけないのは誰もが理解するところだろう。

幸せじゃないのに付き合っている人は、考えれば考えるほど「好き」という気持ちがなくなっていくところを感じているのではないだろうか。

「冷めたかもしれない」と思っている状況で幸せじゃない交際になった時は、悪循環が起きて双方向的にどんどん愛情を奪う。幸せじゃないと思う度に気持ちが削られる。

幸せじゃないなら別れるべき理由の一つ目は、「どんな別れも辛いのだから、色々と理由を付けて、自分がするべき選択から逃げるべきではない」ということ。

愛情面の変化を感じつつも交際を続けるなら、最低限、彼氏や彼女と一緒にいて幸せであり、楽しいのが条件だ。

友達みたいなカップルを理想とする人もいるから、付き合い始めのような愛情が続く必要があるとまでは言えないけど、「相手がまだ自分を好きだから」とか、「別れる理由がはっきりしないから」と言って冷めた恋を放置するのは、自分も相手も幸せになれない選択をしている。

別れない以上は自動的に現状維持しているとはいえ、幸せじゃない状況になった時は「付き合い続ける」という一つの選択をしていることを絶対に意識するべきだ。

幸せじゃない付き合いのどこに救いがあるのかを考えないと、つい選択を先延ばしして二人の時間が奪われる結果に後から後悔する。

この問題については前述したように「情」の問題が付きまとう。詳しく知りたい人は下の記事を参考にしてみてほしい。

付き合ってても辛い別れても辛いのは倦怠期のマンネリカップルだから?でも、本当に好きなら「幸せじゃない」とは思わない

付き合ってても辛い別れても辛い理由は倦怠期だからなのか悩む女性

「彼氏といても幸せじゃない、でも今は倦怠期だから、きっとそのうち前みたいに楽しくして幸せな付き合いができる」

こんなことを思ってしばらく経つ状態なら、好きな人とする恋愛の形としては「ちょっとおかしいな」と私は思ってしまう。

倦怠期の経験はもう何度もあるのだけど、本当に好きなら倦怠期に「幸せじゃないと思うことはない(自分が不幸せとは思わない)」というのが経験則だ。

倦怠期になると喧嘩が増えるから好きかどうか分からなくなりかけることはあるけれど、倦怠期でも好きな人と付き合ってること自体には幸せを感じる。

倦怠期は、ドキドキやキュンキュンする気持ちを奪うだけで、恋愛の幸せそのものを奪うものではない。

「幸せだけど刺激がない」とか「落ち着くけどドキドキしない」という感覚が倦怠期である。

好き同士で付き合ってるカップルの倦怠期というのは、恋愛的に失うものと得るもののバランスが崩れているだけなのだ。

女性が彼氏に飽きた時に無意識に取ってしまう行動と対処法~女性の倦怠期とは?彼氏に飽きてきたサインとは?
付き合って1年など長く付き合った彼氏がいる女性は、「彼氏に飽きた」と確信したわけじゃなくても「何となく彼氏に飽きたかもしれない」と思うことがある。 いわゆる "女性の倦怠期" になると、「飽きたけど別れたくない」「好きだけど飽きたかも

倦怠期になっても、付き合いを続けるべきカップルは、彼氏や彼女を失いたくないと思ってる

倦怠期になったとしても、またうまくいくカップルは、彼氏や彼女を「失いたくない存在」として確信的に見ている。

どうにかまた彼氏や彼女と仲良く付き合える状態に戻りたいと思う気持ちは消えないし、「どうしたら幸せに付き合えるか」をずっと考える。それがカップルの倦怠期だ。

「別れるしかないのかもしれない」と不安に思ったとしても、相手の存在をかけがえのないものだと思っている。

もし彼氏といても苦しい、彼女といても楽しくないと思った時は、「恋人が自分にとってどんな存在なのか」考えてみよう。

理屈的に別れた方がいいと思ってしまうなら、今の状態は感情面で「別れ話ができない」だけになってるのかもしれない。

上手くいかないことで段々と幸せを感じる気持ちは小さくなっていくことがあるけれど、「倦怠期」を根本から勘違いするのは致命的だ。詳しくは下の記事も読んでみてほしい。

倦怠期を乗り越えるには?7つの原因とその解決の方法~彼氏や彼女と倦怠期になったカップルはどう対処すれば良いか
カップルの交際は気を付けていても波ができてしまうので、良い雰囲気を維持し続けることができず、タイミングの問題でカップルは倦怠期を迎えることになる。 長く付き合ったカップルは、「倦怠期を乗り越えるにはどうすればいい?」と考える瞬間が必ず

付き合ってて辛いのが「幸せじゃない」と思うところまで行った時は、別れるべき状況になっている

今回のテーマは「ある程度の時間を使って悩むべき問題」ではある。決断するまでの期間は2人の交際期間に依存するけど、どれだけ長い付き合いだったとしても「3ヶ月」が限界だろう。

その期間内で幸せになれる未来が見えないなら、別れるべき状況になっている。

幸せじゃない理由にもよるところだが、まだ付き合いを続けていて、この記事を読むほど考えるなら、しばらくはそのままでもいい。

だが、付き合ってて辛いのが「幸せじゃない」と思ってしまうレベルの付き合いになっている場合は、別れるべき関係になっている場合が多いことは伝えておきたい。

倦怠期だってその時期がいずれ終わるから「期(時期)」として表現される。

「幸せじゃない」とあなたが最終的に言い切れる形で答えを出すとき、それはもう倦怠期ではなくなって「冷めたとき」だろう。付き合ってるのに苦しいと思ったら、このことを忘れてはいけない。

カップルには色々な時期があって関係性に波があるのは間違いないが、冷めた恋愛を続けていれば無理が祟ってあなたの幸せが遠ざかる。

自分の恋愛感情を根本から否定するような恋人との付き合いはやはり続けるべきではない

幸せじゃない付き合いはお互いの未来を奪う:付き合ってても辛い別れても辛いなら、別れる方が心の消耗を防げる

「(自分がイメージする)次の恋人ができる確率」は、間違いなく「過去になった恋の後始末」に影響する。

つまり、「今の彼女や彼氏と別れたら、新しい恋人ができないかもしれない」という不安な気持ちが幸せじゃない恋愛を放置させるということ。

付き合ってて辛いのに、恋人がいる状態を維持するために我慢する。これは結婚した男女にも言え、モテる人ほど離婚の決断が早いのは有名な話だ。別れてもまた幸せになれると思っていたら、結婚してないカップルだったらなおのこと別れる決断に躊躇しにくい。

好きでもない彼女と付き合う男性9つの理由~好きじゃない女でも付き合う彼氏
世の中には、好きじゃないのに付き合う男性がいる。 女性にも存在しているので男性固有の問題とは言えないが、男性的な感性や心理で「好きじゃない女を彼女にしている」という面があるのは事実だ。 しかし、好きじゃない人と付き合う男性心理とは、

でも、やっぱり次の彼氏や彼女ができない不安を理由に幸せじゃない交際を続けても、何も生まずにデメリットの方が大きいのが現実である。

付き合ってて辛い彼氏や彼女と一緒にいても空しいから、心の消耗に注意するべき

お互いの未来を奪うようにお付き合いを続けても、やっぱり空しいだけだ。幸せを感じない恋愛はストレスも大きいから、喧嘩も多くなって余計にこじれる現象と向き合っている人もいるだろう。

あなたの恋愛偏差値と無関係に、次の恋がどうなるかは分からない。その人ごとにうまくいく確率からより良い出会いがある確率まで様々違いもある。

しかし、もしお互いで未来を奪い合う付き合いになってしまっていたら、やっぱり不幸なことだし、後悔することにもなりやすい。

辛い恋愛を続けると心の消耗が大きいため、次の恋に進むバイタリティーも奪うだろう。

付き合っていても幸せじゃないなら別れるべき理由に「お互いが時間を無駄にしている」ことは敢えて言わないといけないことだと思っている。

特に結婚願望がある人は次の見出しに注目だ。

付き合ってるのが辛い彼氏や彼女との恋愛は未来が見えない!結婚したいなら別れて他の人を探す選択肢が有力になる

付き合ってるのが辛いと思いながら憧れるウエディングドレス

彼氏や彼女に対して「付き合ってても辛い」なら、将来や未来が見えない状態だ。

結婚に興味がないならすぐに別れる必要性が乏しいけど、結婚したいと思っている人は「自分に残された時間」とも向き合うべきである。

結婚するまでの交際期間が長くなっているから、30歳で焦るのでは遅い!幸せじゃない交際が婚期を遅らせる原因に…

詳しくは下の記事で解説しているのだが、現在のカップルは結婚するまでの交際期間が長くなってきている。

国が行ってる出生動向調査では、平均4.34年の交際期間を経て結婚に至っているとのデータが出ている。

自分が結婚できる確率って実際どのくらい?5年以内に結婚できる確率から見える現実
20代後半から30代になると、結婚願望がある人は「自分はこのままで本当に結婚できるのだろうか」と不安に思うことがあるのではないだろうか? 20代半ばから始まる「結婚のピーク」で周りの人が次々と結婚していくのを見ると、結婚に焦りを感じて

付き合ってるのに辛い、付き合うのが辛いと思っている人は、結婚する未来はほとんど描けていない状況だと思われるが、いつか結婚したいと思っている人は、次の人を見つけても約4年くらい交際してから結婚することを念頭に置いて「続けるか別れるか」を選ばないといけない。

将来結婚したいと思っているなら、20代半ばから具体的に考えていくべきで、30歳で焦るのでは遅いから注意しよう。

好きだけど幸せじゃないなら結婚することはない

付き合っていても幸せじゃないと思っている人の中にも「好きだから付き合ってる」と言い切れる人がいると思うが、結婚を前提に話をすると「好きだけど幸せじゃない交際」は結婚の可能性が著しく低い。

結婚は、多少の妥協が含まれたとしても、様々な条件をほぼすべて乗り越えた先にあるもので、その中でも「一緒に居て幸せであること」は最も大切な条件の一つだ。

あなたが、20代半ばからアラサー前後の年齢以上になっているなら、「彼氏といても幸せじゃない」「彼女といても幸せじゃない」という状態を放置することが結婚できる可能性を少なからず奪うことになることを自覚しよう。

付き合ってても辛い人と結婚すればもっと辛くなるのは間違いないところなので、どこかで未来に向かって進むべきタイミングがくるはずだ。

結婚してくれない彼氏に悩んでいる人は、下の記事も参考にしてみよう。

合わない人とは好きでも幸せじゃない:付き合って3か月以上経つのに幸せじゃない恋愛は別れるべき

幸せな恋愛の本質は「理想の相手と出会うことだ」という人がいる。

これは私も経験則から思うことでもあって、合わない人と付き合うことは、たとえ好きでも「幸せ」を感じることが難しい。結果的に傷つけあって別れることにもなりやすい。

事実、下の記事は当サイトの中でも人気の記事になっている。

運命のパートナー9つの特徴!運命の人に出会った時のサインとは?
「運命のパートナーってどんな人なんだろう?」 「もし運命の人と出会ったらどんなサインが出るの?」 「運命の人と出会うとお互いに感じる?」 女性から恋愛相談を受けると "運命の人" に関する話がよく話題に上る。あなたも、もっと長く一緒に

付き合っているのに会えない、価値観や考え方が真逆でイライラする、気持ちが分かり合えない、DVやモラルの欠如、なぜか喧嘩ばかりしてしまう…。

対処や改善できる問題もこの中にはあるのだが、逆に言えばどうにかしようとしてもどうにもならないこともある問題が、赤字で挙げたような「付き合っていても幸せじゃない理由」だ。

こういう人は「自分と合う人と出会う」ことで自分の人生が変わるかもしれない。もし「すごく自分に合う人」と出会ったことがないなら猶更だ。

合わない彼氏や彼女と交際を続けると、傷つく分あなたの魅力が損なわれる

合わないと思う人と付き合っていると精神的な消耗も大きいので、傷つく分あなたの魅力は損なわれることになる。

そういう人の中には、友達から「なんか最近暗いよね?どうしたの?」と聞かれたことがある人もいるだろう。

合わない彼氏や彼女と交際していれば、自分を否定されることも多くて、日常がどうしても充実してこない部分がある。彼氏や彼女がいる状態では、自分と合う人と出会うことがさらに難しくなるのも、別れるべきだと思う理由だ。

付き合いはじめの人はここで想定している状況とは違うので、下の記事を読んでみよう。それなりの期間(=約2ヶ月から3ヶ月弱)付き合った後で「一緒にいても幸せじゃないと思うなら、「自分とは合わない」と決断することも大事になる

彼女や彼氏と「合わない」と思った人へ~段々と合うようになるカップルの付き合い方とは
付き合いはじめは、彼氏や彼女と「合わない」と思ってしまうことが少なくない。 ノリが合わない彼氏、考え方が合わない彼女、話が合わない恋人などなど、合わないカップルには様々な種類があるが、合わない人と付き合っていると、周りにいるラブラブな

幸せじゃないなら付き合っているだけで辛い!付き合ってるのに苦しい恋愛を続けるのは自分を苦しめる行為

彼氏といても幸せじゃないと思ってる女性

先ほども少し触れたばかりだが、幸せじゃない恋愛は続けているだけで辛いという点も終わらせた方がいい理由である。

特にお付き合いは相手と密に連絡しながら続ける場合が多いし、ある程度距離を置いていたとしても、精神的な面では彼氏や彼女の占める割合がどうしても大きくなる。

簡単に楽になる選択は避けるべきだが、長時間苦しむのも一定の時期に終わらせる必要がある

好きだけじゃ続かないのが恋愛!幸せじゃない恋愛はつらいから、日常を苦しいものにして、いつか限界を迎える

恋愛は楽しいと思うことと苦しいと思うことの連続だが、好きな人と付き合っているなら根本的な幸せがある。だが、恋愛の苦しさだけでなく、不幸せとさえ向き合うとしたら、その恋愛は明らかにつらいものになってしまう。

それがいつしか自分の日常そのものを苦しいものにして、限界がきたところで「やっぱりダメだったんだ」と気づく機会が訪れる。これは、私自身が複数回経験したことだ。

常々、恋愛は楽しいものであって苦しいものだと思う。恋愛は幸せばかりではなくて嫉妬や不安などのネガティブな感情も連れてきて、とても複雑だ。

しかし、人はやっぱり幸せになるために好きな人ができるのだと思う。幸せでいるために頑張ってる中で、日常に彩を与えるのが恋愛だ。だから、幸せでない付き合いはそれだけで辛くなってしまう。

幸せじゃないのに付き合っている人は、幸せになるために自分はどう選択をするか考えるべきではないかと、私は思ってしまう。

人は本来、幸せになりたいと願う生き物だ。そのために生活を充実させたり、目標を持って人生を進めている。

しかし、付き合っていても幸せじゃない彼氏や彼女と付き合い続けると、恋愛感情の負の側面がどうしても生活そのものを辛いものに変えてしまう。

もちろん、限界が来るまであがいてみるのも正解だし、限界がくるまで愛情が続くなら別れる選択はできない。でも、もし頑張ると決めるなら「ただ耐えるだけ」にならないで、この記事で解説する具体的な対処法にも頑張ってみてほしい。

悩むだけになってしまうと、今が「自分を苦しめる行為を続けている状態」なので、どうにかしようとする元気もなくなってしまうから注意してほしい。

付き合ってても辛い別れても辛い状況の対処法

付き合ってても辛い別れても辛いという状況に追い込まれた時は、今の自分ではなく、「未来の自分に取って一番良い選択をする」のが後悔しないコツだ。

足元の今より未来に目を向けると、視野が広がって出すべき答えが少しクリアになる。

未来を見ると、一般的には「付き合い続けたらずっと辛い、でも別れたら辛いのは一時期だけで済むかもしれない」と思う人が多いはずだ。

しかし、そこまで単純じゃないのが恋愛である。もう少し考え方を解説する。

付き合ってても辛い別れても辛いなら、最終的には別れる選択が正しいが、その際に意識するべきは「蓄積する辛さ」

彼氏や彼女と一緒にいて辛いのであれば未来のことを考えている余裕はないのかもしれないけど、今の苦しさや辛さがずっと続くのであれば付き合い続けることで奪われる精神的な体力は相当だ。

疲れた、しんどいと思ってることを惰性的に続けるのは恋愛と言えどもあまりに悲しいことだから、「付き合ってても辛い」が「でも別れても辛い」に至ったら別れるべきとの答えにどうしても突き当たる。

彼氏といると辛い、彼女といると辛いと思って付き合っていてもいつか別れるとしたら、別れる辛さはどっちにしてもいつか経験することであり、今も未来も変わらない。

違いがあるとすれば、付き合ってる期間の辛さが時間の経過と共に大きくなるところである。

付き合ってても辛い別れても辛いと思う人は、「辛さが蓄積していく」という点を意識すると「もう終わりにしないといけない」と思う人もいるだろう。

今の自分を守るために未来の自分を犠牲にするべきではないとの考え方まで至れば、決断する勇気が持てる人がいると思う。

「付き合ってても辛い別れても辛い」の答えは、蓄積してしまうストレスを軽く見ないことがポイントだ。問題を先送りしてるとしたら自分の弱さと戦わないといけない。あなたが私の親しい友達だったら「逃げない」ように伝えるだろう。

もちろん今すぐに別れるべきということではなくて、いつか決断したいと思った時に未来の自分に焦点を当てると、我慢するべきは「別れるつらさ」の方だと気づくと思うのである。

これは他人事として正論を言ってるのではなく、私自身が真剣に何度も悩んでたどり着いた一種の “真理” だと思っている。

最低限「付き合ってても辛い別れても辛い」と発想した時点から、「改善していってるのか悪化していってるのか」の視点を持って、どこか冷静に事の成り行きを見ていく必要がある。

悪化していってるのなら、別れない選択が間違いになってることを証明してしまっている。

3ヶ月以内に別れるカップルの法則~すぐに別れるカップルの特徴って何?
せっかく付き合うことになっても、短期間で別れてるカップルは意外と多くて、交際3か月という期間はカップルにとって1つの壁になっている。 特に初彼女や初彼氏とは3ヶ月以内に別れる確率が高く、最初の1ヶ月から2ヶ月でうまくいかないと、想像以

付き合ってても辛い別れても辛い状況だったら、距離を置く対処法がおすすめ

付き合ってても辛い別れても辛い状況は、最終的に別れる選択をするべき状況になってることが圧倒的に多いのだが、決断できない理由は「放置すると交際が続くから」だ。

だから悩みになってもその状態が継続しやすい。「付き合ってても辛い」は何もしない状況で続くのに、「別れても辛い」は自分から別れ話をしないといけないからレベルの違う話になる。

では、別れても辛いを乗り越えるためにはどうしたら良いかだが、別れる前段階である「距離を置くこと」をおすすめしたい。

距離を置くと別れるつもりであってもワンクッション入るので、少なくても精神的なショックが小さくなる。距離を置いたらお互いに冷静に相手の存在について考えられるし、その結果カップルとして「もう一度やり直す」という答えが出せるなら事態が好転する可能性もある。

失いたくない、失うのが怖いと思って「付き合ってても辛い別れるのも辛い」となっている人は、距離を置いてみるといずれにしてもメリットが大きいから、何とかしたいと思いながら動けない人にはおすすめだ。

恋人と距離を置く理由や意味~何で距離を置こうって思う気持ちになるの?
「距離を置きたいと言われたら、別れたいって意味?」 「突然、距離置こうって言われたけど、意味も理由もわからない…」 付き合っている彼氏や彼女から急に距離を置きたいと言われたら、誰でも頭の中は混乱する。 距離を置く意味が分からない、理
恋人と距離を置く期間はどのくらい?復縁する時の連絡はどうする?距離を置いた後の対処
カップルはただ適当に一緒にいるわけじゃないから、恋人の気持ちや自分の気持ちを確かめるために…、より良い付き合い方をするために…と、そこまで珍しくない機会で彼氏や彼女と「距離を置きたい」という気持ちになることがある。 しかし、距離を置こ

距離を置く以外にも対処法はまだあるので、次で付き合ってても辛い時の対処法を解説する。

付き合っていても楽しくない!付き合ってるのが辛いと思った時の対処法は?

付き合ってるのが辛いと思っていた人が対処法に成功した様子

付き合っていても幸せじゃないと思う人の中には「付き合っていても楽しくない」と感じる人がいると思う。

この中には「楽しく付き合う方法が分からない」という人もいると思うので、最後に付き合ってるのが辛いと思った時の対処法をまとめよう。

彼氏といると辛い、彼女といると辛いと思った時にできることを紹介したい。

付き合ってるのが辛い原因を相手の責任にしないで、自分主導で「解決」できるように頑張ってみる

付き合っていても楽しくないと感じる時は、つい相手のせいにしがちだ。

確かに彼氏や彼女に問題があるのかもしれないけれど、相手に期待する恋愛の仕方はうまくいかないから、まず自分で頑張ってみてから相手の責任を考えるのが恋愛の仕方として正解になる。

例えば、自分から相手の好みに合わせたデートに誘って楽しく会うきっかけを作ってみたり、二人で楽しめる趣味を探して提案してみたり、思い切り優しくして雰囲気を良くしてみたり、自分主導で頑張る恋愛の仕方は、よほど相性の悪い人と付き合っていない限り、幸せへのアプローチとなる。

逆に、自分主導である程度頑張っても楽しくならないなら相性の問題で別れるべきとも言えるから、まずは自分にできることをやってみよう。

見切りをつけるにしてもやるべきことをやった後の方が決断しやすい。

相手の性格や価値観を理解して相性を合わせていく感覚で付き合う

「運命の出会い」を信じるタイプの人は、二人で合わせていく付き合い方をきちんと理解しよう。

付き合っていても楽しくないと感じる時は、「相手への理解」が欠落してしまっているパターンが珍しくない。

恋愛がうまくいかないときは「相手の悪いところ」に目が行きがちで、どんどん自分とのギャップを感じてしまう。

好きな人であっても、楽しくないと感じている事実の方が重く捉える傾向が強いため、「相手の性格や価値観を理解して相性を合わせようとすること」も重要なことだ。

理想の人と恋愛したいのが本音だと思うけど、私の経験では「段々と」そうなっていくイメージを持っている。

付き合い始めのカップルはどうしても居心地が悪いから、付き合ってるのが辛いと思ってしまう面がある。まだ付き合って3か月以内だったらこれから相性が高まっていく時期だ。言い換えると、カップルは相性を合わせていく時期があるということ。

最初から相性がいいのが理想だが、二人で合わせていく付き合い方ができれば、もともと理想の人だった場合を超えて幸せになれることもある。

最初から最高の相性の二人より、付き合う期間が長くなるにつれて相性が良くなっていくカップルは、その後に起きる多くの問題を二人で乗り越えることができるからだ。

ただし、恋愛初心者の人は付き合いはじめを軌道に乗せることが難しいのも事実で、交際初期の気まずい雰囲気を乗り越えられないことも多い。

もし付き合い始めのことで悩むことがあったら、下の記事も参考にしながら「段々としっくりくる感覚」を感じてみてほしい。

自分の頭の中で空回りしないで、相手と向き合って気持ちを言葉で伝える

付き合っていても幸せじゃない時は、自分の中だけで悩んでしまって「空回り」するのを防ごう。

相手は相手で考えていることもあるから、気持ちを言葉で伝えることがすごく重要になるケースがある。

誰だって好きな人には気を使いすぎてしまうから、うまくいかない原因が「自分から恋人に向けた愛情」を理由にしている場合がある。

「こんなこと話すと嫌われるかな…?」
「こんな話題はきっと興味ないよね…」

しっくりくるまで、カップルはお互いに不安がいっぱいだ。それを勘違いして「合わないんだ」となってしまえばうまくいくカップルも途中で壊れてしまう。

恋愛は、目に見えない「気持ち」が最も影響を与えるものだから、言葉にして伝えるべきことが少なくない。

楽しくない理由や幸せだと思えない理由をはっきり言った方が良い場合もあるし、遠回しに伝えるべきこともあるけれど、相手の気持ちを自分勝手に想像して空回りするのだけは避けよう。

交際3か月以上経つカップルは、付き合ってるのに辛いと思う理由を彼氏や彼女と共有して、問題解決を目指す

付き合ってるのが辛い理由があなたの中に明確なら、交際3か月以上経っているカップルであるのを条件に、「問題の共有」をするべきだ。

好き同士のカップルなら、あなたの問題を二人で共通概念化することで問題解決に当たれる。

この記事で何度も伝えているように、付き合ってるのに辛い、付き合っていても辛いという状況は心の消耗が大きい。放置すると愛情を削るように交際が続くため、どこかで覚悟を決めてあなたの気持ちを彼氏や彼女に話すべきである。

この対処法は「だったら別れよう」という話に発展する非常にナーバスな問題を孕んでいるのだけど、ある程度の期間悩んでも幸せじゃないと思うなら時間が解決しない問題になっている可能性が高い。

「一緒にいても辛い」「付き合ってるのに辛いことの方が多い」などと思ってる時は特にそうだ。

自分から努力をしても付き合ってるのがつらい状況が続いたときは、恋人を信頼して本音をしゃべる方がお互いのためになる。

我慢するだけになってしまうのが最も悪い対処法なので、幸せじゃないと思ったら幸せになる方法を模索しよう。それを想い合う二人で行うことができたら、きっと問題が好転していく。

まとめ

今回は「付き合っていても幸せじゃないなら別れるべき理由」を解説し、「付き合ってても辛い別れても辛い」と思った時の対処法と、「付き合っていても楽しくない、辛い」と感じる人向けの対処法を解説した。

色々な理由や原因があって「幸せではない」という付き合いをしているから、なかなか一緒くたにして語るのは難しいけれど、なるべく本質に迫れるように解説した。

あなたに取って正しい選択をするきっかけになればと思う。

今回のテーマでは、「付き合ってても幸せじゃない」という状態がどの程度確定的なのかが一番大事だ。複雑に考えるから、考えている内に「幸せか幸せじゃないか」さえも分からなくなってこんがらがる。

それに答えを出したら、あなたが「幸せになる選択」をしよう。足元ばかり見て答えが出せなくなったら、目線を未来の自分において考えることも重要だ。

彼氏や彼女とやり直すことだって一つの選択肢である。それならきちんと向き合って二人で乗り越えようとすることが大事になる。

この記事では「付き合っていても幸せじゃないなら別れる選択から逃げるな」という主張になってしまったが、別れずに向き合おうと思ったら下の記事を読んでおくとより後悔がない行動がとれるかもしれない。

関連記事:

倦怠期別れ
Brightfutureをフォローする
自分が結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を知って具体的な努力をして結婚できた女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知っていましたか?
いつか結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要になってます。
下の記事では、総務省の国勢調査から、年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました