酔った勢いで連絡する男性心理~お酒に酔って電話してくる男は何を考えている?

男性が電話してきた時の心理。酔って電話する男性は何を考えている?と女性がイメージした時の画像。

アクセルとブレーキが瞬間瞬間で入れ替わる恋愛において、お酒は失敗も成功も連れてくるかなり関連深いもの

「酔った勢い」は、色々なアクションを促すことがあるから、良い思い出も悪い思い出もあるんじゃないだろうか。時にそのアクションが「酔った勢いで連絡する」ことに繋がる

そこで今回は、お酒で酔った勢いで連絡する男性心理を紹介しよう。

お酒で酔って電話してくる男は何を考えているのか、良い意味もあれば悪い意味もあるけれど、一つ一つ紹介していくので参考にしてみてほしい。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

好きだからお酒の勢いを利用して電話をする時の特徴

酔っ払って連絡をする時、酔い過ぎて指がズレたのでなければ、その人はあなたに何等かの好意を持っているはずだ。

正し、その好意が全て恋愛感情というわけでなく、「友達として」とか「先輩・後輩として」だったり、「親しみを持っている」ということでも酔って連絡をすることがある。悪い印象を持っていないということくらいが確定する感じだろうか。酔っても、嫌いな人や苦手な人に電話をかける男はいないと思う。

でも一方で、アルコールによって自制心が弱まるところがあるので、思い切ったアプローチの一環として「酔った勢い」を利用したり、もっとストレートに自分の欲求を行動で表すことも少なくない。当然、恋愛が絡んだ連絡も増えるのである。

酔って連絡する男の心理として、恋愛的な好意を持っている可能性が上がる行動は以下の通りだ。

  • メールやLINEから電話に発展する
  • 電話をかけてきたのに謝る
  • これと言った用事やきっかけがない
  • さらに勢いがついてデートの誘いをする
  • 電話を切ろうとしても話を引き延ばす
  • 翌日に周りに気付かれないようにフォローする
  • 頻繁に酔った勢いで電話をしてくる

思いやりの有無という観点が一つと、目的の有無と種類、電話相手が誰でも良かったのか特定の誰かと話しがしたかったのかで、酔った勢いで連絡する男性心理の中の「自分への好意の種類」に気付けるかと思う。

酔った男性が相手だけに、分かり易そうな態度に見えてもそれがアルコールのせいだと思う部分があるので、見極めるのは案外難しいかもしれない。しかし、恋愛特有の雰囲気はその感情があれば気付けるレベルだ。お酒に酔っているから細かな細工はない。

特に酔い過ぎた相手の心理は紐解こうとしても徒労に終わるだけなので、その場合はあまり気にしないのも一つになってくる。その際は「頻度」に注目しよう。何度も意味なく連絡してくる男は、思い切り友達なのか、好きな人くらいなものだ。ここは鈍感な女子でも気づける。

泥酔までいかずに理性が残っている状態であれば、お酒の勢いかどうかを判断し易くなるのが特徴で、自分が普段取らない行動を取っているせいで段々冷静になっていくパターンも好意が疑われるサイン

仲がいい友達にも気遣いはあるけど、好きな人が相手なら自分の評価が気になるので、時間と共にフォローが増えたりすることがある。電話の後半や次の日の「フォロー」でも何を考えているかが分かる場合があるだろう。

なぜ飲んだ後に好きな人に連絡したくなるのか、その理由は?

「何でお酒を飲んだ後に男性は好きな人に連絡したくなるの?」と思う女性へ、男性心理を踏まえて回答を示そう。

まず一つは、飲んだか飲んでいないかは別にして、好きな人とは話がしたいと思っている点。

それをそのまま行動に移せないのがシラフの状態だとすれば、酔った勢いで連絡するときは、普段後一歩を踏み止まるところでアクセルを踏んで発信まで行きつくパターンがある。「奥手か!」って思うかもしれないが、大事な気持ちは男性に取ってもナイーブだ。

好きな人を携帯の画面に出すところまではいくけど、そこからそっと閉じる経験は誰でもしている。酔った勢いは、その壁を簡単に超えるところがある。文字通り「お酒の勢い」で躊躇する気持ちを超えるのである。

また、もう一つは、お酒に酔うと人恋しい気分になることも関係している。

この部分はお酒に酔った男性に「誰でもいい」という感覚が無いわけでないので、「特に何の恋愛感情もない電話」にも繋がるのだが、楽しい飲み会が終わって「祭りの後」感があったり、急に一人になって寂しさを感じたりすることは、好きな人に連絡したくなる気持ちとも繋がる

要は、本能に素直になっているとも言え、一人になった時に好きな人を思い出すことは多いから、お酒の勢いを利用して電話をかけたくなることがあるということ。気分が良いから、なんでもできそうな「全能感」も少し関与している点も電話が来る理由だろう。

更に、酔ってテンションが上がっている時は、会話をし易い状態であることも関係している。好きな人と話をする時は、ある程度仲良くなっても緊張を伴うのは男女で共通しているから、電話した際に話を盛り上げる自信があれば電話はしやすい

好きな人は大事な人だと意識するから、まだ付き合う前なら自然に振る舞えない人は多いことだろう。だが、酔った勢いで連絡する時は、緊張しないで自然に話しができそうな気分になるし、自分のテンションも上がっているので、会話が途切れることも、話す内容がなくなる心配もあまりしなくなる。

電話しようか迷った時に、話題が分からなくなったり、気まずい電話にならないか心配になることは多いと思うけど、酔った勢いはそれらを全て無くすところがある。あまり深く考えずに刹那的な判断をしているとも言えるだろう。とても多くの理由があって、男性は酔った勢いで女性に連絡する。

酔った勢いで連絡する男性心理として、女性が押さえるべきポイント

いくつか、酔った勢いで電話してくる時に男性がどんなことを考えているのかを紹介しよう。引き続き男性心理に注目してまとめていく。

女子の眠たい声が可愛い

男性が酔った勢いで電話をしてくる時は、大抵深夜である。

2次会が終わってから連絡してきたり、3次会以降を思わせる遅い時間帯に連絡を受けることが多いと思うが、そんな時間は彼女が寝ていたり、家族が寝ているから小さな声で話したり、もう眠たくなっていたりして、普段とは少し違う声になることも多い。

自分と居てつまらないから眠いことを除いて、女性が眠そうにしている姿や声は、男性から見ると可愛い態度。当然、そんな瞬間に一緒に居る関係はある程度進んだ関係にならないと遭遇できないけど、電話で声を聞くくらいなら比較的簡単だ。

お酒によって迷惑を顧みずに連絡するだけの勢いが付けば、可愛い声を聞きたくて電話をする場合がある。「ごめん、寝てた?」って言っていても、「その声が可愛いんだよ」って男性心理は意外に多いのである。

心配してほしい

酔ってかまってちゃんになる女性は少なくないと思うけど、男性にもそんなところがあって、ストレートにそれを表現しなくても、酔った勢いで連絡する時はその女子に心配してほしいという気持ちを含むことがある。

男性ごとに表現の度合いはそれぞれでも、「大丈夫?」と心配してほしいと思う心理があるのだ。

「こんなに飲んだ」って武勇伝のように語る男は、「すご~い!」って言葉だけじゃなくて、「大丈夫なの?」「帰れる?」って心配してほしいとも思っている。女性の母性本能はこんな時に心地良い。

心配して怒ってくれる女の子に好印象があるかどうかはその男性次第だけど、全く心配してくれないなら「寂しい」と感じる男性が多い。

ここは次の男性心理に繋がる。

甘えている

普段甘えることのできない男は多い中で、お酒の勢いで彼女に甘えている男はよく見かける

元カノとして、元カレからの「酔った勢いの電話」を受けたことのある女性は多いと思うけど、それだって「昔の関係」に甘えている部分がある。

寂しさがあったり、人恋しさを埋めたり、自分に好意を持っている女性に連絡する心理とも繋がっているが、アルコールが普段まとっている男性の鎧を外すところがあるのは間違いない。普段は甘えないタイプの男性でも、酔った勢いを利用して「甘えたい瞬間」はあるのだ。

男性が酔った勢いで連絡してくる場合は、話しが支離滅裂だったり、同じ話しをしたり、身勝手だったり、迷惑な電話になりがちだけど、好きな人からの電話で「可愛い」と思えるなら、付き合ってあげると相手は心地良いはず。

電話した女性がツンデレな態度で、迷惑を強調されると当たり前だが男性は寂しさを覚える。

スポンサーリンク

酔った勢いで連絡する良い意味以外の男性心理

最後に、悪い意味で「男性の酔った勢い」を考えてみよう。

相手が何等かの好意を持っているとしても、その意味次第ではあなたに取って嬉しい内容とはならない。

甘えている理由は?

まず、代表的なのは先程も挙げた「甘える」と点が、悪い意味を含んでいることがあるところ。

例に挙げた「元カノ」なんかは、男性心理としてそこまで重い意味ではないが、「利用し易い」代表のようにも思う。自分への好意を感じる女性などもこの範疇に入って来るから、やはり「酔った勢いで電話してくる」という行為だけで、純粋な好意を判断するのは危険であり、気持ちや関係性に甘える場合があることを女性は理解しておこう。

翌日に罪悪感を覚えるお酒の失敗はよくある話。それは、悪い意味で気持ちの無い女性に甘えたからだ。

あなたが「特定の誰か」であったのかどうか

お酒に酔っている男性からの連絡は、「何人か」に電話をかけて、たまたまつながったのが自分だったという可能性も考える必要がある。

女性よりも男性の方が異性全般に向けられる興味が強いから、お酒の勢いがそういった方向に作用することも決して少なくない。

酔っていても、電話をする相手はその状態なりに考えてはいるが、誰かと繋がりたい気持ちが優先されれば、電話をかけたい相手でなくても「他の人に繋がらないから電話をする」とか、「何人かに連絡をする」ということはある。

その前後の行動や態度、その電話や連絡の内容とか雰囲気で、相手の男性が考えている「私の価値」を、あなたは考える必要があるかもしれない。

酔った勢いで連絡をしてくるだけに、その事実だけで判断しないことも重要だ。

男性が連絡の内容を覚えていないのは、あなたの重要度の問題ではない

最後に、勘違いし易い「酔った勢いで連絡してくる男性心理」を紹介しよう。

あなたは、男性が酔った状態で連絡してきたのに、翌日に何も覚えていなかったり、話しの内容が飛んでいたりして、ショックを受けたことはないだろうか。

そんな時は「私と話しをしても何も覚えていないなんて信じられない」とマイナスに思うことが多いと思うけど、それは完全にアルコールのせいなので、あなたの重要度が低いことが原因ではない

女性は記憶を無くすほど飲む機会があまりないと思うけど、どんな重要な話をしても、行為をしたとしても、記憶を無くすほどお酒を飲んでいれば、記憶が飛ぶのは人の生理的な現象だ。

ここはお酒の量と、その男性のアルコール耐性が結果を決めているので、「覚えていない=私との電話は印象に残らなかった」とは思わないこと。

怒る気持ちは理解できるので、そんな機会になってしまえば、我々男性はただただ謝るしかないのだが、結構あるあるだから押さえておこう。

もちろん、相手女性は怒って良いところであるし、男性は反省するべきことには間違いない。でも、「覚えていないっておかしい」ってことで必要以上に傷つくことは無いと思う。

まとめ

今回は、酔った勢いで連絡する男性心理を紹介した。
お酒に酔って電話してくる男が何を考えているのか、参考になる部分はあっただろうか。

お酒は理性を弱めるので、シラフではしないこともできてしまうから色々なことが起きる。

その中には、良い意味で為されることもあれば、悪い意味で為されることもあるだろう。お酒に酔った男性は、女性も同じだが、刹那的な判断が多くなるので、後悔もよくあるけど、思い切った行動が恋愛を大きく進めることもある

一つの事象で因果関係を推測すると評価を誤る原因になるから、色々な行動や態度からもその意味を考えてみよう。

心理に興味がある女性は下の記事も参考にしてみてほしい。相手の心理だけでなく、自分の心理や恋愛傾向をきちんと知って、出会いべき人に出会うことが恋愛では大切だ。

関連記事: