女子校出身の女性の接し方とアプローチ

女子校出身の女性の学生時代の頃の画像。

あまり女性のことを知らないと「女子校出身の女性」を好きになった時は、なおさら「どう接して、どうアプローチしていったらいいのか」が分からないと思う。

同じ女子校でも、遊んでいるタイプの女の子や男子とよく絡みがあったタイプの女の子は、共学の学校の女子と同じアプローチ方法となるため、今回は女子校出身の女性の中でも、女子校出身だからこそ恋愛の経験が少ない女性に的を絞って書いていく

こちらの記事(女子校出身の女性の特徴~話しかけにくいのは勘違い、彼女たちのことをもっと詳しく知ろう)にも書いたが、女子校出身の子はかわいい子であっても奥手で引っ込み思案な性格だったり、積極的に行動していくことが苦手な性格だと恋愛環境に恵まれない人生を送ってきた可能性があるので、ぜひ参考にしてみてしっかりアプローチしてみてほしい。

女子校出身の女性が「性格が悪い」は嘘

男子の想像では、一部「女子校の女の子は性格が悪い」というイメージを持っている人がいるけど、それは偏見であり嘘だから安心しよう。

女子校出身の女性の中にも確かに性格の悪い人も含まれているが、校内で好きな人が被ったり、誰かの元カレと付き合ったりなど、女子校では男性関係や恋愛関係で揉めることが無いため、共学に比べてクラスの仲が良く、むしろ性格が良い。

女子校は同性の数自体が多いから友達の数自体も多いし、異性のいない学生生活はかなり伸び伸び過ごすことができる。そういった環境下を踏まえると、女子校出身の女子に限って性格が悪いということはないし、いじめがひどいということはない

女子校の中学や高校や大学に通っていたからと言っておかしな偏見を持つと、せっかくの素敵な出会いが台無しになってしまうので、ぜひ気を付けてもらいたい。

冒頭の関連記事でも詳しく述べている通り、女子校出身の女性は男性に取って魅力的な性格の持ち主が多く、恋愛も少ない女性が多いので、好みの女性が女子校出身だったらむしろ頑張ってアプローチしてもらいたいと思うくらいだ。

では、女子校出身の女性の恋愛はどのような感じなのだろう?

「女子校の女性はモテるのか、モテないのか問題」に少し触れる

女子校出身の女性はモテる?判断するコツとは

女子校出身の女性は、「モテるかモテないか」が二極化しているのが特徴だ。「女子校ブランド」を活かすように恋愛する女性はモテるし、逆に女子校ライフに満足して出会いを作らない女性はモテない女性が多い。

共学に比べて自然に発生する出会いが少ないので、奥手なタイプの女性は女子校出身だと可愛い女性でも彼氏ができない。

モテるかモテないかを判断するコツは、学校生活を聞くこと。質問した際に、女友達とのことだけを話すのなら、モテない女性だと思っても外れない。そのくらい、女子校の女子は「出会い格差」が大きいのだ。

「可愛い女性か可愛くない女性か」という点はもちろん恋愛に直結するのだけど、恋愛の前提は「出会いを作ること」だ。それを痛感するような状況を確認できると思う。バイトや、郊外活動を中心に話を聞くと、あなたが出会った女子校出身の女性がモテるかモテないかはっきりする。

次からは、女子校の女性の特徴を加味した上で、具体的な「女子校出身の女性の接し方とアプローチ方法」に入っていく。

女子校出身の女性の接し方

積極的すぎる態度に注意!まずは「仲良くなること」が大事

女子校出身の女性の接し方はまず「積極的になりすぎること」に注意をしてほしい。出会ったばかりのころやまだ仲良くなる前の時期は、共学出身の女性よりも「より仲良くなっていくこと」に重きを置くアプローチをすることが基本になることを知っておこう。

女子校出身の女性は男慣れしていないという特徴があるため、ガツガツ行くと引かれるリスクが非常に高まる。なるべく紳士的な態度と行動を取る方が恋愛を進められる。

  • 共学=早くから恋愛の雰囲気にしないと、友達になってしまうリスクが高い
  • 女子校=ガツガツ行くと引かれるので、紳士的な態度から友達関係になることが大事

友達になってしまうことが嫌で、アプローチはガツガツいくタイプの男子であっても、女子校出身の奥手な女子の場合は、少し抑えて接した方が良い。

女子校の女の子も普通に男性と話をすることができるのだけど、どこかで男性のイメージが漠然として、苦手意識というか、近づくときに慎重になりやすいところがある。

自分の育ち方の特徴くらいは本人も自覚するので、自信が持てないこともその理由だ。苦手だったりよく分からないものは心理的に避ける。女子校出身の女性を好きになった際はその点を配慮して、少しゆっくり目にアプローチしていくことをお勧めする

最初の接し方では必ず意識しておきたい一つのポイントだ。

女子校出身の女性は男友達が少ないので、友達から彼氏を目指すアプローチの仕方をしても、友達止まりで終わるリスクが小さい。

女子校出身の女性は「ごり押し」しない接し方をする

さらに気を付けるべきことは、ガンガン押していく「ゴリ押し」をしないことである。アプローチするなら男性として押していくことは当然必要だが、女子校出身の子の場合は、一気に引いてしまうことが本当に多い。男性的なノリに慣れていないので、箱入り娘である可能性にも配慮して、紳士に振る舞おう。

ちゃんと安心してもらえる関係ができてくると二人でいるときの雰囲気が変わってくる。そこまでは優しく接し、距離感を間違わずにゆっくり距離を縮めていくことが女子校出身の女性を落とすコツとなる。

もし自分がガツガツ行ってしまうタイプだと思う場合は、下の記事に必ず目を通しておいてほしい。

大切にしている気持ちを伝えるために、気遣いを表現する

女子校出身の女性は男性の荒々しさが少し苦手で、大切にされることに憧れを持つ。オドオドしているような印象の「気遣い」ではマイナス評価につながるが、リードするような気遣いはぜひ積極的に表現したいところで、接し方に心を配るなら彼女の気遣いを行動や態度で表現するように頑張ってみよう。

女子校出身の女性は女友達が多いので、プライベートは充実している人が多い。仲良くしたいなと思ってもらわないとなかなか二人きりで会えないので、大切に扱うことを念頭に置いて接すると良い。

では、女子校出身の女性のアプローチはどのようにしたら良いだろう?

次の見出しから解説していく。

女性校出身の女性を落とすコツは?アプローチ方法を解説!

次に、女子校出身の女性へのアプローチ方法をまとめる。

女子校出身の女性の特徴を踏まえた上で、落とすコツを解説していく。

男性慣れしてない女性に良い意味の「男らしさ」を伝える

女子校の女子は、男性の遊び方に慣れていないのが特徴だ。この点は、アプローチする際のメリットとして活かしていきたいところ。

男性が自分から女子校の女の子にアプローチをする際は、女子だけでは行かないところ、しない遊び、しない話をどんどんしていこう。相手に合わせすぎても会話の広がりがない。むしろ自分の魅力を伝えるイメージで、彼女が受け身になっても楽しめるような「リード」をしてあげると喜ばれる。

男性に興味があってもなかなか踏み出せていなかった女子は、上で挙げた「男性らしさ」が良い刺激になって、面白いと思ってくれる。男性らしさを押し付けずに見せることができれば、女子校出身の女性には一番いいアプローチになるだろう。

☆男子と遊ぶのに慣れていないので、リードしながら魅力を伝えていく
☆女子だけじゃいかないところを積極的に紹介してあげる
☆彼女に合わせすぎず、楽しい時間を男性側が作っていく

男友達が少ない女子校出身の女性は、友達になるリスクを意識しない

仲良くなるアプローチを続けた場合によく問題となる「友達になってしまう懸念」についても触れておく。

女子校出身の女性は、本当に驚くほど男子の友達が少ない。これは付き合った人以外の情報も加味しての明らかな傾向だった。当たり前の話のようだが、共学の女性と違うこの特徴は、恋愛アプローチをする際に意識したいポイントだ。

なぜなら、女子校出身の女性は「友達になってしまう」可能性が低いことに気付けるからだ。本来友達として落ち着く時間が経っても、女子校出身の「男友達の少ない女性」は、あなたのことをいつまで経っても異性として見てくれる。ゆっくりしかアプローチできない男性にとっては、この点は最大の魅力かもしれない。

☆友達になってしまうリスクが小さいので、奥手な男子でもチャンスがある
☆男友達が少ないから、いつまでも男として見てもらえる

女子校出身の女性は、男性から誘う

女子校出身の女性と仲良くなってきたら、デートに誘うのは「男性の役目」だ。活発な性格をイメージさせる女性であっても、恋愛には奥手なタイプが多いために、デートの誘いは自分から行わないと片思いが進まない。

その際、「奥手女子の脈ありサイン」が気になると思うので、女心に気付けないタイプの男性は下の記事を読んでおこう

デートに誘うタイミングは少しでも脈ありサインが確認できた後が望ましいので、彼女の気持ちを察知して誘うタイミングを間違わないようにしよう。

脈ありサインが確認できたら、デートに誘うわけだが、「どんな風にデートに誘ったらいいか分からない」という男性は下の記事が参考になる。

デートは夜遅くならないように注意する

女子校出身の女性とデートする時、気を付けることは調子に乗って夜遊びが過ぎないようにすることだ。

こちらも冒頭の紹介記事で触れているけれど、女子校出身の女性は門限や家族の干渉の度合いが強い傾向がある。そのことをそのまま表現してくれる女性はこちらとしても対応していくことは簡単だが、そのことをプライベートな情報として積極的に話したがらない女性が意外と多いから気を付けてアプローチしていこう

特にあなたが男性として意識された時ほど遠慮してしまうため、気遣いの言葉も添えられるとより紳士的なイメージを持ってもらえるだろう

無理して夜遅くまで付き合わせていると、親とのいさかいが増えてしまってあなたとの交流が面倒に感じてしまう瞬間を迎える可能性があるから配慮したい。あなたとの時間が楽しくても、親の機嫌が悪くなることが面倒になってあなたのイメージも段々面倒に感じていくわけだ。

女子校出身の女子は親の存在が大きく、また大事にも思っているので、この点は恋愛する時にぜひ知っておきたいことだ。

普段の会話の中で家族関係やどんな育ち方をしたのかをリサーチしておくことでここら辺の予測は可能なので、自分の話しばかりを意識せず、こちらから気を遣うことを考えよう。

良い付き合いが友達期間から継続できれば、恋愛成就の確率は上がっていく。

デートの帰りは「送ってあげる」こと

この点に付随して、もしデートの帰りに送っていくことが嫌じゃなかったら、是非送っていってあげよう。その子自身は幼少のころから大事に育てられてきたから送り迎えが特別効果的だと言えないのだけど、両親に良く思ってもらえる点でおすすめだ。

もちろん、紳士的なイメージにもつながる。

と言うのも、男性と遊ぶ方が、女性同士の時と比べて夜が遅くなる。通常の女友達と遊ぶときは、明らかに昼間がメインだ。夜遊びを今まで無してこなかった女性が恋愛相手になると、相手家族は心配になってアレコレ言ってくることが多いため、包括的にフォローできると、彼女は付き合いやすいと感じてくれる。

アプローチする女性がある程度の年になっていれば、男性関係を完全に否定する親は少ない。しかし、紳士的な付き合いができていなければ話は別で、やっぱりそれは反対されることになるだろう。

その影響をモロにうけるのが女子校出身の女性で、つまりあなたの恋愛に影響を与えていくことになる。
「夜道が危ない」って親の注意に、
「送ってもらっているから大丈夫」って
対処していけるなら、最終的にあなたと彼女の恋愛を助けるはずだ。

私の経験では意外に大事なポイントだったため、あなたも参考にしてもらえたら上手く行く可能性を上げることができるはずだ。

☆夜遅くまで遊ばない
☆夜遅くなるときは送ってあげる
☆気遣いの言葉を多くかけ、過度に遠慮させないようにリードする

受け身で奥手なタイプでも、男性がしっかりリードできれば好きになってもらえる

女子校出身の女性と恋愛すると、過度に「相手に合わせよう」とする男性がいるが、それは恋愛成就にマイナスとなることが多い。

本来、女性が男性を好きになる理由は「男らしさ」に惹かれて、同性ではない異性の男性と恋をする。

特に女子校出身の女性は男慣れしてないことからその男らしさをほかの女性よりも意識しやすいのが特徴なので、相手に合わせて無難なコミュニケーションを取るより、あなたのことをもっと表現してリードしながらアプローチをする方が好きになってもらえるのだ。

☆女子校出身の女性に合わせすぎない
☆男性っぽさ、男らしさをアピールする

女子校出身の女性は、奥手で受け身タイプも多いから、そんなタイプを好きになったときは会話も連絡もデートも、あなたがリードしてあげて「一緒にいても安心できる男性」になっていこう。

男慣れしていないと無言が辛かったり、次に何をするか迷ったりする時間が余計に気まずく感じる。そこをほぐしてあげると、驚くほど恋愛が進むことがある。

これは私が女子校出身の女性3人と付き合うに至った経緯で共通していた事実なので、ぜひ参考にしてあなたのアプローチに役立ててほしい。

☆安心できる男性を目指す
☆無言にならないように会話を盛り上げて雰囲気を上げる
☆きちんとリードしてあげて、一緒にいる時間を楽しく過ごす

女子校出身の女性を落とすのは「警戒心を解く」のがポイント

普段は普通に男性と会話できる女子校出身の女性も、恋愛対象として見られた場合はやはり警戒心を強めてしまう。恋愛の雰囲気に慣れていない面もあるので、いずれにしても「警戒心を解く」のが付き合うまでのポイントになるはずだ。

そこで重視してほしいのが、警戒心を解く5つの行動である。

  • 話を聞いて、受け入れる
  • 褒めてあげて、彼女の自信の無さに対策する
  • 否定しないで認めてあげる
  • 距離感を間違わず、紳士的に接する
  • よく笑い、緊張をほぐす

恋愛は、相手がどの程度「異性慣れしているか」を感じ取って、相手に合ったペースで進めることが重要。警戒心を刺激すると一気に引いてしまうのが女子校出身の女性だから、意識的に対策しよう。

最終的には雰囲気を見極めてさらに恋愛を進めていくわけだが、相手に合った恋愛の仕方ができるように頑張ろう。

女子校出身の女性の「ピュアな恋愛に対する期待」を叶えてあげる

女子校出身の女性にアプローチする際は、「ピュアな恋愛に対する期待」を上回れると一気に落とせる場合が多い。

彼女たちは恋愛に不慣れであることから、他の女子に比べて恋愛に対する期待が大きいのが特徴。恋愛ドラマや恋愛マンガのような展開をどこか妄想している面があるので、恥ずかしがらずにロマンティックな瞬間を作れると、恋に落ちやすいのだ。

従って、不器用な男性よりもオシャレで器用な男性の方が女子校出身の女性と相性が良い。

自分がそんなタイプじゃないと思うなら、意識的に頑張る必要がある。女子校出身の女子は理想が高いとの話もあるあるだが、そこよりもロマンティックな恋の仕方の方が重要であり、対策も可能だ。

なかなか夢のような感動を与えることは難しいけれど、照れてしまうような場面できちんと言葉にしたり、素敵なデートプラン作りに頑張ってみたり、彼女のために具体的な行動を取ると気持ちが伝わりやすい。

特に彼氏がいたことがない女子はドラマのようなシチュエーションに弱いので、自分から友達の雰囲気を作るような恋の仕方はやめて、ロマンティックな雰囲気作りをしよう。優しさの見せ方を工夫するなど、小さなことからで良いので意識してほしい。

女子校出身の女性に嫌われる男性のタイプは?NG行動やNG態度

最後に、女性校出身の女性から嫌われる男性のタイプを解説する。女子校出身の女性を落とす時のNG行動とNG態度を知れば、アプローチに今以上の自信が持てるはずだ。

どんな行動や態度が「嫌われる原因」になるのか、ぜひ理解してからアプローチしよう。

清潔感がない男は嫌われる

男らしさを意識してもらうことが重要な女子校出身の女性だが、清潔感がない男性は嫌われる。普段は女子同士で一緒にいるので、なおさら受け付けないタイプが清潔感がないタイプだ。

したがって、デート中にも清潔感がないと思われる行動や態度はNG。最低限のところではあるけれど、女子校出身の女性にアプローチする際は十分に気を付けよう。

清潔感のあるファッションも大事になるので、下の記事も参考にしてみてほしい。

ベラベラしゃべるタイプは嫌われる

女性同士の会話は「共感」を大切にしているので、男らしさが横柄なイメージで伝わると女子校出身の女性から嫌われる原因となる。ベラベラしゃべる態度はNGだ。

どちらかと言えば、聞き上手を目指す方が落とせる確率を高めることができる。

会話の雰囲気を彼女に合わせる必要はないのだけど、違和感を持たれる会話は「仲良くなること」に悪影響を与える。聞き上手な男性として心地良い会話のリードを心がけよう。

決めない男は嫌われる

女子校出身の女性はデート慣れしてない人が多いので、「決められない男」への評価が低い。気まずいデートをすれば嫌われるのも当然で、やはりリード力が求められる恋愛になりやすい。

女子校出身の女性との恋愛では「ベストを選ばないと!」と思うほど、委縮してしまって上手く行かないので、希望を聞きつつ80点くらいの選択をするように頑張ると良い。グダグダデートが一番ヤバイので、彼女の性格を考慮しながら決めるべきところは自分で決めよう。

リード力に自信がない男性は、下の記事も参考にしてみてほしい。

まとめ

今回は「女子高出身の女性の接し方とアプローチ」をまとめた。

女子校の女子を好きになったり、気になった際は今回解説したポイントをぜひ参考にしてみてほしい。

共学出身の女性と女子校出身の女性には違いがあるので、その特徴を押さえておくことがアプローチをする上では大事。女性は自分のために頑張ってくれる男性に惹かれ易いので、ガツガツすることなく、思いやりを持って積極的にアプローチしてみよう。

女子校出身の女性を落とすには「押していく」というスタンスで頑張るべきなのだが、恋愛の進め方に自信が無い人は下の記事を合わせて読んでみると良い。

しつこい男が嫌われるのは当然のことだとしても、押していかない限り、女子校出身の女性と付き合うのは難しい。男性の方から頑張る恋愛になるとは思うので、上手く行く押し方を学んでおくと安心だ。

関連記事:

アプローチ
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました