女性と電話!注意するべき電話の話題や仕方とは~ウザイ電話ってどんな電話?

男性からの電話に出る女性

女性と電話するとき、あなたが気を付けていることはどんなことだろう?

LINEを使うようになってから通話の機会が減った人も多いと思うが、その分「女性との電話」に慣れていない男性も多くなって、恋愛アプローチに使う時に地雷を踏んでしまう。

しかし、LINEやメールでは気になる女性と仲良くなるのも限界があり、やはり「デートに誘う」とか「距離を縮める」という点で、展開次第では電話が欠かせないツールとなる場合がある。

そこで今回は、女性との電話に慣れていない男性に向け、「注意するべき電話の話題や仕方」を解説し、ウザイ電話がどんな電話なのかを説明したい。

直接声を聞く方が文字のやりとりよりもコミュニケーションの実感もあるし、話しをする方が情報量も当然多い。LINEからLINE電話で通話に発展することもあるので、ぜひポイントを押さえてみよう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

勢いだけで電話…話題がない(電話の話題7つのおすすめ)

電話は基本話をしないと成立しない。長電話になって時々無言の時間が流れるくらいであればあまり問題ないけれど、明らかに話題不足を感じる電話は誰がかけられてもウザイ電話。「電話に出ただけで何で気まずい雰囲気を感じないといけないの」かと、相手の電話をかけてきた行為そのものを否定したくなる。

好きな人が相手なら勢いで電話をかけてみることは悪くない。あまり電話をしなくなった人が増えて「電話をする相手」に価値が高まっているとも言える状況なので、時々電話をする仲になれればそれだけ近い距離を感じるかもしれない。

しかし、話題がなく電話開始早々に無言になってしまったり、無理に話題を振り絞っている感じがするなら、相手の女性はウザイと感じるだろう。電話してくるなら話題くらい用意してからかけてこいと思われても自然な発想だ。

気の利いた話題ではなくてもいいから電話をする時は「勢い」がついた後、話題をいくつかイメージしてみよう。会話が盛り上がれば成り行きに任せていればいいけど、相手に話題を考えさせたり、電話した方なのに話すことがない状態はよくない。

下に「女子との電話の内容」としておすすめを7つ紹介するので、参考にしてみてほしい。

  • まずはお互いの緊張報告(愚痴を聞いてあげる)
  • 最近の面白体験談(つい最近の話なら不自然な話題にならない)
  • 芸能ネタ(同世代の話題はお互いで興味をもちやすい)
  • お互いの共通点の話(二人の共通した話題ならロングトークになりやすい)
  • 友達や周りのネタ(悪口にならないように注意)
  • 旅行・遊びに行った場所の話題(デートの誘いにも有効)
  • 相手の趣味に関する質問(これも二人で遊ぶ話題に繋げられる可能性を持つ)

基本的に女性の方がおしゃべり上手なので、電話の話題は緊張を解いて流れを作るために当たり障りない内容から始め、盛り上がる話題があれば深堀して会話の濃度を高めるように展開しよう。

次々と話題が変わる会話は表面的でつまらないので、お互いの興味関心が合うポイントを早めに見つけることがポイントになる。

今何してた?って、気遣いのつもりがうざくなる電話の仕方

いきなり電話をした時なんかは冒頭に選ばれやすいのが「何してた?」って話題だ。

でもこれ、聞かれてウザイと感じる女性は少なくないので注意が必要だ。
「何で答えないといけないの?」
「今何してても関係ないでしょ」
と内心で思われる関係だと思うなら、
「今大丈夫?」とか、
「今電話できる?」
という感じの言葉に変えて、相手が何をしていたかまで言うかどうかを選べるようにしておくと、聞き心地が違う。

LINEが盛り上がったから電話をするとかの場合であれば、何となく相手の状況は読めそうだけど、気遣いのつもりで何となく「今、なにしてた?」って聞くと、ちょっと面倒くさく感じさせることがある。

特に気遣いのつもりではなく、普通にその話題を広げようとされると「ウザイ」と感じるさせることが増えるから気をつけよう。相手の状況によってくる部分だ。

他の女性の話で自分ばかり盛り上がってしまう

好きバレを嫌って他の女性を敢えて褒めたりすることは日常的にありそうだけど、電話してきてまで他の女性の話題で勝手に盛り上がられてしまうのは電話相手の女性に失礼であり、「何で私に電話してきたの?」とイラつかせてしまうことがある。恋愛相談するならその旨を先に伝えておくべきだし、カモフラージュなら大概にしておこう。

誰かのことを話題にするなら、むしろダシにでもしてしまって電話した女性を褒めてあげる方がよほどいい。電話は直接顔を合わせていないので、普段言い辛いことが言えるのもメリットである。「目的が不明」と思われるような電話は、ウザイ電話になり易い。

前置きの長い誘い

デートや遊びに行く約束を取りつけたくてする電話は、結局最後に「誘い」が待っているわけだが、前置きが長すぎるのは相手が迷惑に感じやすい。もちろんOKがもらえるような誘いならその可能性はグッと下がることが予想されるけど、やはり男らしい誘い方ではなくなるし、断るなら「前置き」に割いた時間がもったいなく感じさせる。

前置きの長い誘いは、そもそも女性が来るするキュンとする誘いではなくなるので気を付けよう。

気になる女性や好きな女性を電話で誘おうと思う時は、なかなか最後の言葉が言えなくなってしまうこともあるかもしれないが、何か話しのある状況で他の話題を回していると、会話に集中していないように感じさせたり、上辺感を抱かせることがある点にも注意

それなりに雰囲気や感触を確かめてから誘うのはアリだから、あまり前置きがおかしくならないようにしよう。

女性をデートに誘う際のワンポイントアドバイス
普段付き合いのある女性を誘う際は、「誘おう」と意気込んで誘うよりも、会話の流れで自然と「じゃ、一緒に行く?」とか「だったら一緒に行こうよ!」と言えるような誘い方をしよう。もし断られても冗談にして笑い流せる雰囲気がベストだ。
というのも、結局のところ女性は男性に「スマートさ」を求めているところがあるので、流れの無い誘いや、突然の誘いが裏目になりやすい。誘う直前の会話も不自然になってしまいやすく、誘おうと意気込んだことが逆に関係を悪化させる原因となることがあるので気を付けてほしい。
「気が付いたら二人で会うことになってた」という感じなら、気まずくならずに恋愛を進めていけるチャンスとなる。

なかなか切らない電話

長電話は色々な意味で相手の負担が大きい。切るべきタイミングでは、ちゃんと話をまとめて一旦切る方が相手の印象はよくなる。最低限相手の状況を理解した上で、長電話の時間は考えてあげよう。

女性の中には自分から電話を切るのが苦手な人も少なくない。常識的にも「電話は、かけてきた方から切るべき」との考えもあるし、沈黙もありつつ話すことが特にない状況で無理に時間を引き延ばすのは当然あなたの印象を下げる行為であり、逆効果。ウザイ電話と思われやすいから気を付けよう。

会話は、始めた時点で「お互いが盛り上がるように気を遣い合うもの」だとも言える。社交辞令という言葉を思い出すと言わんとすることが分かってもらえるだろうか。

だからこそ、会話が盛り上がったからと言って深夜でも関係なく電話を続けたり、「ちょっとだけなら」などのように相手が忙しい時に長い電話をするのは迷惑であり、ウザイ。まだ距離の縮まっていない時に長電話ができると嬉しいものだけど、「適切な長さ」にも気を付けよう。

グチグチした電話

仲の良い友達状態の相手なら愚痴を聞いてもらうために電話をすることがあると思うけど、グチグチした電話は相手に取ってウザイ電話となり易いから気を付けたい。

ネガティブな人は下のランキングでも上位にくるモテない人の典型なので、気になる人は合わせて読んでみよう。

女性に聞いた「モテない男の特徴ランキング」をポイントに分けて解説!モテない男の共通点は?
「モテない男性」は、どんなところに共通点があるのだろう? なかなか恋愛がうまくいかない男性は「モテない自分」に自信を失ってしまうこ...

聞き上手な女性ならネガティブなこともちゃんと聞いてくれると思うけれど、やはり相手の負担は大きいし、楽しい電話にはならないはず。

男らしさを考えても真逆の話題だし、付き合う前からグチグチした男性を女性が彼氏にしたがるとも思えない。愚痴をこぼしてしまう時はちゃんと自分でフォローしながら、相手の愚痴を聞ける男でいよう。

自己開示をして距離を縮めたい場合は、「普段言わない愚痴を言う」という行為に賛成だから、自分の話をきっかけに相手女性に話してもらい、最終的に男らしさをアピールできると良い

深い会話は二人の距離を縮める。ただし、心の中を吐露すればそれで恋愛が進むかと言えばそうじゃないから、「素敵だな」って思ってもらえる話題・話し方を目指そう。

一問一答形式の電話、質問ばかりの電話

まだ仲良くなる前の女性と電話する時は、「質問のしすぎ」に注意しよう。一問一答形式の電話は、つまらないだけでなく、めんどくさい。話題を横と縦に広げていくのがコツになる。

二人で盛り上がるポイントを探るためには「質問」が欠かせないけど、探しているうちに質問数が増えてしまうのは失敗会話。理想を言えば、どんな話題からでも横と縦に会話を広げていけるトーク力がほしい。相手に合わせられると、お互いが話をする楽しい会話が可能だ。

一問一答形式の会話が長くなればなるほど、やっぱり表面的な会話となりやすいし、お互いの距離が遠いことを意識してしまう。ぶつぶつと途切れがちな会話ともなるため、質問するなら自分の話もするように努めることが大切だ。それだけで会話の印象がだいぶ変わってくるはず。

気になる女性や好きな人が相手だとついリサーチ型の会話をしてしまう人も多いと思うので、会話をリードするという意味でも、質問をきっかけに「お互いが話をする会話」へつなげよう。

まとめ

今回は、女性と電話するとき注意するべき電話の話題や仕方を解説し、ウザイ電話がどのような電話か、説明した。

電話は直接顔を合わせない分、話しやすいと感じる人もいると思う。デートの誘いに電話を利用した人も多いかもしれない。相手のことを気遣えれば、ウザイ電話と言うのもそんなに多いわけではないと思うから、普段なかなか話しができない場合は、利用を考えよう。

しかし、相手が見えない分、伝わらないことも多いのが電話だ。
今回挙げたことを参考に、ウザイ電話をかけてしまわないように気を付けてみてほしい。

女性にモテたい男性は下の記事も読んでおこう。

関連記事: