女性と電話!注意するべき電話の話題や仕方とは~ウザイ電話ってどんな電話?

男性からの電話に出る女性

女性と電話するとき、あなたが気を付けていることはどんなことだろう?

LINEを使うようになってから通話の機会が減った人も多いと思うが、その分「女性との電話」に慣れていない男性が多くなり、恋愛アプローチとして女の子との電話を選ぶと逆に地雷を踏んでしまうタイプが増えた。

そもそも、女子と電話する方法や、女性への電話の誘い方がわからないという人も多い。

しかし、LINEやメールでは気になる女性と仲良くなるのも限界があり、やはり「デートに誘う」とか「距離を縮める」という点で、片思いの展開次第では電話が欠かせないツールとなる場合がある。

そこで今回は、女性との電話に慣れていない男性に向け、女の子と電話する方法(電話の誘い方)を解説し、「注意するべき電話の話題や仕方」や、「ウザイ電話がどんな電話なのか」を説明しながら「女の子と電話する時のコツ」を解説する。

直接声を聞く方が文字のやりとりよりもコミュニケーションの実感もあるし、直接話しをする方が情報量も当然多い。LINEからLINE電話で通話に発展させる方法もあるので、ぜひポイントを押さえてみよう。

「どんな電話の仕方をすれば女子との電話を成功させられるのか」という点をそれぞれ解説するので、楽しい電話にするために、方思いの恋愛を進める電話の仕方をするめに、参考になるはずだ。

  1. 女の子と電話する方法(女子への電話の誘い方、女友達を電話に誘う方法)
    1. 仲がいい女友達を電話に誘うなら「LINEのラリー中」がおすすめ
    2. LINEで込み入った話題になった時に「電話してもいい?」と聞くと自然に電話する流れができる
    3. 職場の女性と電話する方法は「相談」を口実にするのが鉄板
    4. 恋愛的にいい感じの女子と電話する方法は、「ちょっと話せる?」という感じで口実なしの電話の誘い方がおすすめ
  2. 勢いだけで電話したけど、話題がないのは最悪の電話!女子との電話の話題7つのおすすめとは?
    1. 女子に電話した直後(5分以内)に話題のネタが尽きるのはウザい電話になる
    2. 女子との電話の話題おすすめのネタ7つ
  3. 女子に電話したら最初の一言は「今何してた?」と聞くのがNG!女の子に電話をかける時は自分から話し出すのが重要
    1. 女子に電話する時の最初の一言
    2. 女子に電話をかけるなら、自分から話をはじめる
  4. 女性との電話では「他の女性の話で自分ばかり盛り上がってしまう」ことに注意する!女子が喜ぶ電話の仕方とは?
    1. 女の子と通話する時は、相手を褒めてあげること
    2. 女性が喜ぶ電話の仕方をするために、どんな褒め方をするべきか
  5. 女子との電話では「前置きの長い誘い方」をしないこと!女子を電話でデートに誘うなら早めに流れを作る!
    1. 女子を誘う電話がウダウダすると印象が悪い電話の仕方になりやすい
    2. 電話で好きな女性を誘う方法
  6. 女子に電話する時は、切るタイミングを読むこと!なかなか切らない電話はウザい電話になる
    1. 女性との電話を切るタイミングとは?
    2. 片思いしている女性との電話は、何度も電話する関係になる方が良い
  7. グチグチした電話は女子ウケが悪い電話になる
    1. 女性との電話では、最終的にポジティブな印象を与える電話の仕方をすること
  8. 女性と電話するなら、一問一答形式の電話、質問ばかりの電話はしないこと
    1. 女子との電話で、話題を探すために質問する時は、自分の話を織り交ぜること
  9. まとめ

女の子と電話する方法(女子への電話の誘い方、女友達を電話に誘う方法)

女の子と電話する方法(女子ウケする電話の誘い方)を実際に受けた女子

まず、付き合ってない女子と電話する方法について、4つの電話の誘い方を解説する。

「女の子に電話をかけるのが緊張する」という人は電話したいと思いながらなかなか掛けられないタイプがいるので、最初は女子と通話する方法から整理していこう。

仲がいい女友達を電話に誘うなら「LINEのラリー中」がおすすめ

付き合ってない人同士の電話は「電話の約束をする」より「ノリで通話する」感じの方が多い。

特に仲がいい女友達を電話に誘う時は、構えた雰囲気を出すより、LINEが盛り上がったタイミングで「今電話できる?」と急に聞くことで通話につなげる方が、自然な電話の誘い方になる。

その方が相手が断りやすいので、気まずくなるリスクも軽減できる。

「気分で、暇だから電話する」という雰囲気が伝わると、相手も余計なことを考えないで「それじゃ少し話そうか」と思ってくれるので、仲がいいならその関係性をいかして電話に誘うのが正解だ。

あなたに電話したい女子がいるなら、LINEがラリーになったタイミングで「家で暇にしてること」を確認して、「電話してもいい?」と聞くと自然に通話できるのでやってみよう。

LINEの雰囲気が悪い人は、電話に誘うより下の記事を参考に仲良くなる方が先決なので参考にしてみてほしい。

好きな人を振り向かせるLINEの方法~脈なし男性や女性を振り向かせるLINEの仕方
好きな人を振り向かせるには、会った時の行動や態度だけじゃなく、「LINEの仕方」が重要になる。 特に、脈なしの男を振り向かせるLINEの方法や、脈なしの女を振り向かせるLINEの方法は、知っておかないといけない恋愛知識がたくさ

LINEで込み入った話題になった時に「電話してもいい?」と聞くと自然に電話する流れができる

女の子に電話したい時は、LINEのラリー中がおすすめだと言ったが、「込み入った話題(=電話で話した方が早い話題)を持ち出すと、その手前の段階で電話に持っていくことができる。

LINEで話すと長い話は、電話した方が伝わりやすいし、お互いに手間がないから「暇なら電話してもいい?」と聞くのが不自然じゃない。

もっと無難な電話のかけ方をしたい人は「LINEだと長くなるから、もし時間あったら電話しない?」と前置きをすると良い。

最初の電話の口実としては次の小見出しで取り上げる「相談」が最も自然な電話の口実になるけど、説明がめんどくさい仕事の連絡事項や、相手が間違いなく興味を持つ噂話などは電話してもいいか聞くのがあるあるになってるので、タイミングが合えばやってみよう。

女子との電話が慣れてない男子は、込み入った話をしたときに相手がいくつか質問してくるタイミングで「電話しても平気?」と聞いてみるとやりやすいと思う。

この方法であれば、相手がなんで電話するのかすぐ分かるから、すんなりOKしてくれるはずだ。初めて電話する時は電話する理由を明確にするのがコツである。

職場の女性と電話する方法は「相談」を口実にするのが鉄板

女友達に電話するより、職場の女性や会社の後輩・先輩に電話するのは気が引けると思うけど、そういう時は「相談」を電話の口実にするのが鉄板だ。

より自然に電話するには、職場のお昼休憩の時間や、仕事終わりに軽く相談を持ち掛けて、「今度電話してもいい?」と聞く方法がおすすめ。

相談事を電話の口実にすると、「他の人には聞かれたくないから電話する」と相手が思ってくれるので電話するのが自然になり、頼ってる感が電話OKの返事に貢献してくれる。

電話の誘い方で最もOKしてくれる確率が高い方法だ。

職場の女性と電話したいと思ったら、まずは仕事の相談や職場の人間関係の相談を持ち掛けて、電話の約束をするところから実際の通話につなげよう。気軽に電話できない女子については電話の約束をしてから電話する方が良い。

恋愛的にいい感じの女子と電話する方法は、「ちょっと話せる?」という感じで口実なしの電話の誘い方がおすすめ

恋愛的な意味で最近いい感じの女子と電話する方法は、そのまま恋愛の雰囲気を高める意味でもストレートな方法がおすすめだ。

「ちょっと話せる?」という感じで、特に口実なしの電話の誘い方をすると、相手がドキドキする電話の誘い方になる。

その他にも、「ちょっと電話してもいい?」と聞いたり、「今、時間ある?」と聞いてOKがもらえたら一気にLINE電話をかけるなどの方法も、二人の雰囲気が良い時はおすすめだ。

ストレートな分、話したかった気持ちが伝わって片思いには効果的な電話の仕方になる。

「どうしたの?」と聞かれたら、「話したかったから電話したんだけど、ダメだった?」と言うと、今の雰囲気が良いことを二人で確認できる効果もある。簡単に言えば、電話できるくらい仲良しだとアピールできるのである。

女の子との電話は、こういう普段言えないことを言えるとキュンとする電話の仕方になるので、ワンチャン好かれてる自信がある人は「話したい」「声が聞きたい」という趣旨の言葉を使って、口説くような電話にチャレンジしてみよう。

初デートが終わってる、最近冷やかされるくらい仲がいい、会話中の距離感が近いなどなど、お互いに興味がある雰囲気が漂ってる場合は、LINEで様子見をして時間がありそうならストレートな電話の誘い方をして好きな人と通話すると、デートの誘いにまでつながっていく可能性がある。

現状の雰囲気を分析したい人は下の記事を参考にしてみよう。

恋愛における「いい雰囲気」とはどんな状態を言うのか~いい感じの二人に見られる特徴
好きな人と仲良くなると、付き合う前でも「いい雰囲気」になることがある。 付き合ってる・付き合ってないに関係なく「できてる男女」はいくつか特徴があって、第三者から見て両想いだと思われると「なんかいい雰囲気じゃない?」「二人いい感

電話の誘い方を整理したところで、次からは女の子との電話の仕方を詳しく解説していく。まずは女子との電話の話題についてだ。

勢いだけで電話したけど、話題がないのは最悪の電話!女子との電話の話題7つのおすすめとは?

電話は基本、話をしないと成立しない。長電話になった場合は時々無言の時間が流れるのがそこまで問題じゃないけれど、明らかに話題不足を感じる電話は誰がかけられてもウザイ電話だ

「電話に出ただけで何で気まずい雰囲気を感じないといけないの」かと、相手の電話をかけてきた行為そのものを否定したくなる。

女子に電話した直後(5分以内)に話題のネタが尽きるのはウザい電話になる

恋愛アプローチとして、好きな人が相手なら勢いで電話をかけてみることは悪くない。あまり電話をしなくなった人が増えて「電話をする相手」に価値が高まっているとも言える状況なので、時々電話をする仲になれると、それだけ近い距離を感じる。

しかし、話題がなく電話開始早々に無言になってしまったり、無理に話題を振り絞っている感じがするなら、相手の女性はウザイと感じる。

電話してくるなら「会話のネタくらい用意してからかけてこい」と思われても自然な発想だ。

気の利いた話題ではなくてもいいから、女性に電話をする時は「勢い」がついた後、話題を具体的にイメージしてから電話するようにしよう。

会話が盛り上がれば成り行きに任せていればいいけど、相手に話題を考えさせたり、電話した方なのに話すことがない状態は良くない。

では、女性と電話する時は、どんな話題が良いのだろう?

女の子との電話でネタになることを7つ紹介する。

女子との電話の話題おすすめのネタ7つ

下に「女子との電話の内容」としておすすめを7つ紹介するので、「電話のネタがない」と思ったら参考にしてみてほしい。

  • まずはお互いの緊張報告(愚痴を聞いてあげるとさらにグッド)
  • 最近の面白体験談(つい最近の話なら不自然な話題にならない)
  • 芸能ネタ(同世代の話題はお互いで興味をもちやすい)
  • お互いの共通点の話(二人の共通した話題ならロングトークになりやすい)
  • 友達や周りのネタ(悪口にならないように注意)
  • 旅行・遊びに行った場所の話題(デートの誘いにも有効)
  • 相手の趣味に関する質問(これも二人で遊ぶ話題に繋げられる可能性を持つ)

基本的に女性の方がおしゃべり上手なので、電話の話題は緊張を解いて流れを作るために当たり障りない内容から始め、盛り上がる話題があれば深堀して会話の濃度を高めるように展開しよう。

次々と話題が変わる会話は表面的でつまらないので、お互いの興味関心が合うポイントを早めに見つけることが「楽しい電話をする」時のポイントになる。

電話相手の女子のテンションが上がる話題が見つかったら、話題を変えないで色々聞きながら自分の体験談を話して、1つの話題で盛り上がる電話の仕方ができるとベストだ。

コロコロ話題が変わる電話にならないように注意しよう。電話の話題がすぐになくなる原因になる。普段の会話にも自信がない人は下の記事を読んでおくと良い。

女子に電話したら最初の一言は「今何してた?」と聞くのがNG!女の子に電話をかける時は自分から話し出すのが重要

女子と電話している風景

いきなり電話をした時なんかは冒頭に選ばれやすいのが「何してた?」って話題だけど、急に電話した女子に対して最初の一言目で聞くのはNGなのでぜひ注意してほしい。

今なにをしてたか聞かれると、ウザイと感じる女性が少なくない。

「何で答えないといけないの?」
「今何してても関係ないでしょ」
と内心で思われる関係だと思うなら、急にプライベートに踏み込む発言から電話を始めるのはNGになる。

では、どんな言葉で電話の最初の一言を言えばいいだろう?

女子に電話する時の最初の一言

女の子と電話する時の最初の一言は「いま大丈夫?」とか「忙しくなかった?」「電話しても平気だった?」などがおすすめだ。

LINEで既に確認済みでも、もう一度確認してから話し始めると、優しさに映って印象が良い。

こういう一言から電話を始めると、相手が何をしていたかまで言うかどうかを選べるので聞き心地が全然違う。「何してたの?」とか「暇だった?」という質問は控えた方が良い。

電話して最初の一言は、迷惑な電話じゃなかったか確認する言葉にしよう。

LINEが盛り上がったから電話をするとかの場合であれば、何となく相手の状況は読めそうだけど、気遣いのつもりで何となく「今、なにしてた?」って聞くと、ちょっと面倒くさく感じさせることがあるから、「話す時間ある?」と聞く趣旨で質問するのが良い。

「ちょっとだけなら」とか「〇〇時までなら大丈夫だよ」みたいに答えてくれることもあるので、本当の気遣いができる。

女子に電話をかけるなら、自分から話をはじめる

女子に電話をかける時は、最初の一言で「大丈夫だった?」などと相手の迷惑になっていないか確認した後、自分が話し始めるのが楽しい電話にするコツだ。

したがって、女子に電話する前に最低一つは話題を用意しておき、つかみを成功させるのが序盤の分岐点になる。

電話では「電話した人」と「電話を受けた人」の概念があるから、会話が軌道に乗るまでは自分が電話の会話をリードするつもりで準備しよう。

面白いネタとか盛り上がる話題を考えると「電話で話すことがない」と思ってしまうから、会話の流れを掴むイメージでいれば良い。

ほとんどの女の子は電話慣れしているので、電話慣れしてない男子もそこまで高いハードルを想定する必要はない。電話の最初だけ流れを作れるように話題を用意しよう。

女性との電話では「他の女性の話で自分ばかり盛り上がってしまう」ことに注意する!女子が喜ぶ電話の仕方とは?

好きバレを嫌って他の女性を敢えて褒めたりすることは日常的にあるが、電話してきてまで他の女性の話題で勝手に盛り上がられてしまうのは電話相手の女性に失礼であり、「何で私に電話してきたの?」とイライラさせてしまうことがある。

恋愛相談するならその旨を先に伝えておくべきだし、カモフラージュで他の女子の話題を出すならちょっと触れる程度にしておこう。

仲間内の話題は盛り上がるネタになるけど、電話してきたなら「自分を褒めてほしい」と思うのが女心だ。

女の子と通話する時は、相手を褒めてあげること

誰かのことを話題にするなら、むしろ他の女子をダシにしてしまって、電話した女性を褒めてあげる方がよほど良い。

電話は直接顔を合わせていないので、普段言い辛いことが言えるのもメリットである。

「目的が不明」と思われるような電話はウザイ電話になりやすいから、普段言えないほめ言葉を「電話の間接性」を活かして使ってみよう。

女子と電話する時は電話相手の女子の話題で会話を展開して、褒めるところまで頑張りたい。

女性が喜ぶ電話の仕方をするために、どんな褒め方をするべきか

では、女性が喜ぶ電話の仕方をするために「どんな褒め方をすれば良いか」は下の3つがポイントだ。

  • 具体的に褒めること
  • 内面や性格を褒めること
  • 少し大げさに褒めること

たとえば、「かわいいなって思ってるよ」と電話相手の女子を褒めるなら、「○○って笑顔が似合うよね!ちょっと冗談言っただけでめっちゃ笑ってくれるから、可愛いなって思う」と具体性を持たせて褒める方が女子はドキっとする。

また、女性心理では外見よりも内面を褒められる方が嬉しいので、「気が利く」「気遣いができる」「女らしい」などの褒め言葉を電話で言うのはすごくおすすめだ。

電話で女の子の外見を褒めまくってチャラいと思われないようにしよう。

ただし、少し大げさに褒める方が女子は嬉しい電話になるから、「めっちゃ」「本当に」などの言葉を加えて、社交辞令に思われないようにも対処した方が良い。

女子に電話する時は、会話の中で褒めることが恋愛の雰囲気を出すコツにもなる。特に夜の電話だったら、絶対に電話相手の女子を褒めることを強く意識しよう。

アンケートで分かる「正しい女性の褒め方」とは~社交辞令と思われない女性が喜ぶ褒め方も解説!
女性心理や乙女心を踏まえた「女性の褒め方」ができない男性は、モテない傾向が明らかだ。 あなたは自信を持って「女性が喜ぶ褒め方ができている」と言えるだろうか? 一般的な感覚として、誰でも褒められたらと嬉しいと感じるものだが

女子との電話では「前置きの長い誘い方」をしないこと!女子を電話でデートに誘うなら早めに流れを作る!

女子との電話で誘い方に成功した様子

デートや遊びに行く約束を取りつけたくてする電話は、結局最後に「誘い」が待っているわけだが、前置きが長すぎるのは相手女子が迷惑に思いやすい。

もちろんOKがもらえるような誘いならウケが悪い電話になる可能性はグッと下がることが予想されるけど、やはりウダウダする電話では男らしい誘い方ではなくなるし、断るなら「前置き」に割いた時間がもったいなく感じさせる。

前置きの長い誘い方は、そもそも女性がキュンとする誘い方ではなくなるので、電話中にデートや食事の約束をするつもりなら気を付けよう。

女子を誘う電話がウダウダすると印象が悪い電話の仕方になりやすい

気になる女性や好きな女性を電話で誘おうと思う時は、なかなか最後の言葉が言えなくなってしまうこともあるかもしれないが、何か話したいことがある状況で他の話題を回していると、会話に集中していないように感じさせたり、上辺感が出てしまう原因になる。

それなりに雰囲気や感触を確かめてから誘うのはアリだから、あまり前置きがおかしくならないようにしよう。

下に「女性を電話でデートに誘う際のワンポイントアドバイス」を綴るので参考にしてみてほしい。

電話で好きな女性を誘う方法

普段付き合いのある女性を電話で誘う際は、「誘おう」と意気込んで誘うよりも、会話の流れで自然と「じゃ、一緒に行く?」とか「だったら一緒に行こうよ!」と言えるような誘い方をするのがOKをもらうコツだ。

例を示してみよう。

男子:「そういえば、○○ちゃんって○○料理が好きだって言ってたよね、○○って人気のお店知ってる?」
女子:「え、知らないな~、どこにあるお店?」
男子:「○○駅なんだけど、インスタの投稿数ヤバイことになっててさ、食べログ評価も高いんだよね、○○ちゃんなら知ってるかなって思った」
女子:「そうなんだ!近いし、そんなに人気なら行ってみたいな~、後で調べてみよう♪」
男子:「もし気になったら一緒に行ってみない?この間のお礼に奢るよ」
女子:「いいの?」
男子:「うん、ご飯行きたいなって思ってたし、お礼したかったからさ。予定が合えば行こうよ」
女子:「それじゃ電話切ったら調べてみて連絡するね」

こういう電話の展開に持って行くと、もし断られても冗談にして笑い流せる雰囲気ができるので、どんな関係でも誘いやすい。

電話で断られたら「それじゃまた今度だね」と言って次の話題に移ろう。会話が途切れないようにするのがポイントだ。

結局のところ女性は男性に「スマートさ」を求めているところがあるので、流れの無い誘いや、突然の誘いをしないで、「○〇だから誘う」という流れを作ってみると、意外とOKがもらいやすい。

ウダウダしてる電話の後で誘ってもかっこ悪いと思われるから、電話をはじめてから30分以内に誘うことを意識してみると良い。

前置きが長いと誘う直前の会話も不自然になってしまいやすく、誘おうと意気込んだことが逆に関係を悪化させる原因となることがあるので気を付けてほしい。

「気が付いたら二人で会うことになってた」という感じなら、気まずくならずに恋愛を進めていけるチャンスとなる。

電話で女性を誘う時は、誘う場所やお店を話題に出して、好印象のリアクションをきっかけにスマートに誘うと良い。

具体的な誘い方についてはまだまだ恋愛テクニックがあるので、下の記事も参考にしてみよう。

女子に電話する時は、切るタイミングを読むこと!なかなか切らない電話はウザい電話になる

長電話は色々な意味で相手の負担が大きい。電話を切るべきタイミングでは、ちゃんと話をまとめて一旦切る方が相手の印象はよくなるので、下手に話を長引かせないように女性との電話では切るタイミングも意識しておこう。

最低限相手の状況を理解した上で、長電話の時間は考えてあげると良い。

女性の中には、自分から電話を切るのが苦手な人も少なくない。常識的にも「電話は、かけてきた方から切るべき」との考えもあるし、無理に時間を引き延ばすのは当然あなたの印象を下げる行為であり、恋愛を進める上でも逆効果だ。

ウザイ電話と思われやすいから気を付けよう。

会話は、始めた時点で「お互いが盛り上がるように気を遣い合うもの」だとも言える。社交辞令という言葉を思い出すと言わんとすることが分かってもらえるだろうか。

だからこそ、会話が盛り上がったからと言って深夜でも関係なく電話を続けたり、「ちょっとだけなら…」と言われたのに長い電話をするのは迷惑であり、ウザイ。相手が忙しい時の長電話も注意が必要だ。

まだ距離の縮まっていない時に女子と長電話できると嬉しいものだけど、「適切な長さ」にも気を付けよう。

では、女性との電話で切るタイミングはどう読むと良いだろう?

女性との電話を切るタイミングとは?

女性に電話した時は、以下の4つのポイントで「切るべきか電話を続けるべきか」を考えよう。

  • ちょいちょい無言になる状態になった時
  • 「眠くなってきた」「こんな時間だね」などのセリフが出た時
  • 女性が話をまとめだしたとき
  • 質問されない(話題を出さない)状態で相槌だけ打つ状態になった時

電話相手の女性が「もう切ってほしい」と思っている時は、会話に積極的な態度を取らないので、ノリが悪くなったと思ったら電話を切るタイミングになる。

ここは「相手女性の性格」があるため、電話中の変化に注目しよう。

もう少し電話を切るタイミングについて女性が気づかせたいと思ったら、「話をまとめる」とか「時間に言及する」などの切ってほしいサインを出すので、そこも意識すると良い。

電話が盛り上がっている時は変に空気を読まないで電話を続けよう。

片思いしている女性との電話は、何度も電話する関係になる方が良い

女性との電話は長電話になることも多いのだが、「電話を切るタイミング」について解説したのは、恋愛を進めるために重要なのが「何度も電話する関係になる」ことだからだ。

迷惑にならない電話の仕方をすれば「次の電話」もできるので、長い電話に拘るよりも「また電話してもいい?」と言える電話の仕方をしよう。

基本的に女子は電話でおしゃべりするのが大好きだから、楽しい電話ができると何回も電話する関係になりやすい。

好きな人と電話するなら、切り際に「また話そう」という趣旨のセリフは、ぜひ付け加えてみてほしい。

好きな女性に自分を男として意識させる方法9選!女性に異性として見てもらうにはどうしたらいい?
「好きな女性と仲良くなれたけど、どう考えても男友達の扱いで、男として意識されてない…」 好きな人と付き合えない恋愛の仕方をする男性は、「いい人」で止まってしまうのがよく問題になっていて、好きな人と「いい友達」になってしまう。

グチグチした電話は女子ウケが悪い電話になる

女子ウケの悪い電話の仕方をした男性にがっかりする女性

仲の良い女友達状態の相手なら愚痴を聞いてもらうために電話をすることがあると思うけど、グチグチした男の電話は相手女子に取ってウザイ電話となりやすいから気を付けたい。

ネガティブな人は下のランキングでも上位にくる「モテない男性の典型」なので、気になる人は合わせて読んでみよう。

女性に聞いた「モテない男の特徴ランキング」をポイントに分けて解説!モテない男の共通点は?
「モテない男性」は、どんなところに共通点があるのだろう? なかなか恋愛がうまくいかない男性は「モテない自分」に自信を失ってしまうことが多いが、「女性が彼氏にしたくない男性の特徴」をどんな風に想像しているだろうか。 好きに

聞き上手な女性ならネガティブなこともちゃんと聞いてくれると思うけれど、やはり相手の負担は大きいし、楽しい電話にはならない

男らしさを考えても真逆の話題だし、付き合う前からグチグチした男性を女性が彼氏にしたがるはずもない。愚痴をこぼしてしまう時はちゃんと自分でフォローしながら、相手の愚痴を聞ける男でいよう。

女性との電話では、最終的にポジティブな印象を与える電話の仕方をすること

好きな女子に電話する時、自己開示をして距離を縮めたい場合は「普段言わない愚痴を言う」という行動が効果的なので、自分の話をきっかけに相手女性に話してもらい、最終的に男らしさをアピールできると良い

深い会話は二人の距離を縮める。ただし、心の中を吐露すればそれで恋愛が進むかと言えばそうじゃないから、「素敵だな」って思ってもらえる話題・話し方を目指そう。

通話で女子の愚痴を聞いてあげることで心の距離は縮まるため、「最終的にポジティブな印象を与える電話の仕方をする」のが片思いを両想いにするコツだ。

ずッと愚痴を言うのは相手女子も後味の悪い電話になってしまうから、落ち込んでいるなら「励ます」のが重要になるし、電話を切った後でさわやかな気持ちになる電話の仕方をしよう。

女の子との通話では、言葉に詰まることもあるから、下の記事も参考にしてみよう。

落ち込んでる人にかける言葉~好きな人・彼女・彼氏など、大切な人が落ち込んでいる時は何て言ったらいい?
大切な人が落ち込んだ時は、何て言ったらいいか、かける言葉に迷うものだ。付き合ってない好きな人はもちろん、彼氏や彼女に関しても励ます言葉に悩むことがある。 落ち込んでる人にかける言葉は、どんなセリフを選んでも自分の気持ちを表せて

女性と電話するなら、一問一答形式の電話、質問ばかりの電話はしないこと

まだ仲良くなる前の女性と電話する時は、「質問のしすぎ」に注意しよう。

一問一答形式の電話は、つまらないだけでなく、めんどくさい電話になる。女子と電話するなら、話題を横と縦に広げていくのがコツだ。

女の子との電話では、二人が盛り上がるポイントを探るために「質問」が欠かせないけど、探しているうちに質問数が増えてしまうのは失敗電話となる。

理想を言えば、どんな話題からでも横と縦に会話を広げていけるトーク力がほしい。相手に合わせられると、お互いが話をする楽しい会話が可能だ。

女子との電話で、話題を探すために質問する時は、自分の話を織り交ぜること

一問一答形式の会話が長くなればなるほど、やっぱり表面的な会話となりやすいし、お互いの距離が遠いことを意識してしまう。

ぶつぶつと途切れがちな電話ともなるため、質問するなら自分の話もするように努めることが大切だ。それだけで会話の印象がだいぶ変わってくる。

  • 質問して答えるだけの電話=インタビューみたいで相手女子がつまらない電話になる
  • 質問して答えると相手も話をしてくれる=お互いのことが理解できて距離が縮まる電話になるし、女子的にも楽しい電話になる

気になる女性や好きな人が相手だとついリサーチ型の会話をしてしまう人も多いと思うので、会話をリードするという意味でも、質問をきっかけに「お互いが話をする会話」へつなげよう。

女子との電話を成功させるコツは「聞き上手な男になること」だから、付き合う前にウザい電話に仕方をしないよう、下の記事を参考にしてみよう。

聞き上手な男性になるために押さえておきたいポイントと注意点~聞き上手な男はモテる!女性の話の聞き方を解説!
聞き上手な男性は、話を聞いてあげない男性と比べるまでもなく、女性からモテる男性のタイプである。 男女ではコミュニケーションの目的や方法が違っているため、女性にしゃべらせる技術を持った「聞き上手な男性」は、好きな人や気になる人と

まとめ

今回は、女子と電話する方法(電話の誘い方)を解説し、女性と電話するとき注意するべき電話の話題や仕方を解説した。

ウザイ電話がどのような電話かを説明した上で「女子と電話する時のコツ」を解説してるので、電話したい女の子がいる男子はぜひ参考にしてほしい。

電話は直接顔を合わせない分、話しやすいと感じる人もいると思うから、デートの誘いに電話を利用したいと思う人も多いと思う。

相手のことを気遣うことができれば、ウザイ電話と言うのもそんなに多いわけではないと思うから、普段なかなか話しができない場合は、利用を考えよう。

しかし、お互いに顔や仕草が見えない分、伝わらないことも多いのが電話だ。今回挙げたことを参考に、ウザイ電話をかけてしまわないように気を付けてみてほしい。

好きな女子を落としたいなら、下の記事も参考にしてみよう。

好きな女性に自分を男として意識させる方法9選!女性に異性として見てもらうにはどうしたらいい?
「好きな女性と仲良くなれたけど、どう考えても男友達の扱いで、男として意識されてない…」 好きな人と付き合えない恋愛の仕方をする男性は、「いい人」で止まってしまうのがよく問題になっていて、好きな人と「いい友達」になってしまう。

関連記事:

アプローチ
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました