長続きするカップルは束縛と放置の適切なバランスが重要~適度な束縛は相手を想う気持ちを基本に考える

彼女を想って束縛と放置のバランスを考えている男性のイメージ

長続きするカップルは「束縛と放置」の関係が適切なバランスになっている。当然、この状態は付き合いはじめからすぐに二人の中で良いバランスになるのではないが、付き合いが落ち着いてくる過程では、「丁度いいポイント」を見つけているのが長続きするカップルの特徴と言える。

しかし、束縛彼氏・束縛彼女が大問題となる「カップルの付き合い方」において、束縛しすぎず、放置しすぎない付き合い方は、恋愛経験が少ない人が思っている以上に難しいと感じる部分。

遠慮した結果「彼女を放置する彼氏・彼氏を放置する彼女」になってしまえばそれはそれで適切なバランスの中で付き合っていない状態となってしまって長続きしない原因となる。

今回は、考えれば考えるほど難しく感じる「束縛と放置の適切なバランス」について考えてみよう。

適度な束縛は、カップルがうまく付き合うのに大切なものでもある。
相手を想う気持ちを基本に考えることで丁度いい束縛が見えてこようかと思うので、今回のテーマとしたい。

スポンサーリンク

恋人の「束縛と放置」に良いバランスが求められる理由

まずは、恋人を束縛するタイプと放置するタイプの人、両方をフラットにするために、「なぜお付き合いにおいてそのバランスが求められるのか」、その理由から説明する。

一つの前提として、恋人同士に取って一番大切なものは、両想いである点であることを確認しておく。

お互いに好き同士だからお付き合いをはじめ、継続している。
これがカップルの大前提だ。

現実的にそうではないカップルもいるのだが、少なくても表面的にはそれが言え、想い合うことがカップルがカップルである要件となる。

その上で今回のテーマ「束縛と放置」を考えると、なぜバランスが求められるかの理由がはっきりする。

束縛したい気持ちは、嫉妬や自信の無さが原因とされているが、付け加えて「大切な人だから心配になる」とか「好きだから不安になる」ことも理由になるだろう。

つまり、束縛したい気持ちは、基本的に相手の彼氏や彼女に取って嬉しい気持ちから湧いた感情も含まれている。

だから、束縛されたいと思う女性や男性が存在していて、束縛されていることで「愛されている」と実感する部分があるのだ。

しかしながら、束縛とは文字通り恋人を縛り付ける行為であり、強い束縛は相手に取って負担になる。束縛をされると、行動を制限されたり、強制されたりすることになるので、適切なバランスが求められるのである。

では、想いを前提としながら「放置」に近い方がいいかとすると、また少し複雑な問題がある。

恋人を放置する人は、付き合っていても特に自分の行動に制限を加えられないから楽な一方、相手に「想われていない」とか「興味がない」と感じさせるからだ。

放置するタイプの人は、放っておかれるのが寂しいと感じさせることと、恋人に対し要求をしないから、気持ちを感じないのが問題である。

例えば、「異性と二人きりでは会わないでほしい」と恋人に告げられたとしよう。
この時、あなたが言われた方の立場だったら何を感じるだろう。

束縛を悪い意味で捉えるなら「え?仲のいい友達でも?」と行動を制限されるのが煩わしいと感じる人がいるだろうし、良い意味では「心配してくれてるんだ」と愛情を感じるのではないだろうか。

確かに「制限」とか「強制」は良い意味をイメージしない。
しかし、カップルにおいてはそれが愛情を源泉としており、想うからこその要求である点を見逃すわけにはいかないだろう。

「恋人を放置する」という言葉は束縛の反対語の意味で今回用いているため、言葉のイメージが悪いとは思うけれど、束縛をしない人が放置タイプではなく、彼氏や彼女のプライベートに興味を示さず、一緒にいる時間よりも多い離れている時間に恋人のことを「気にしない」「想わない」ことが放置されている感を抱かせるのである。

恋人の束縛と放置に良いバランスが求められるのは、このような背景があって、どちらも「過ぎる」ことに問題が起きやすいのである。

では、カップルの悩みになり易い「束縛と放置の適切なバランス」とはどのようなものだろう。

カップルが長続きする考え方を示していこう。

束縛も放置も「やり過ぎない」ためには

バランスを取ろうとするなら、束縛放置どちらにも偏らないことが大切なこと。
束縛も放置も「やりすぎない」ためにはどうしたら良いだろうか。

恋人からされて嫌なことというのは言葉にされないことも多く、特に付き合い始めには「実質的なカップルのルール作り」をしていくところがある割に、しっかり自分の意見や気持ちを主張できる人とそうではない人に分かれる。

従って、相手の言葉、たとえば何も言わずに「分かった」とか「うん」って言葉だけでその後に気持ちや意見を語らないタイプの人が恋人なら、そのままの意味には取らず、表情とか声のトーンとか、自分に何を求めているのかを、雰囲気等で推し量ることも重要になる。

束縛も放置も行き過ぎてはいけないとするなら、「意見を言わないタイプ」は色々と聞いてみて、手探りしながら心地良いポイントを探る必要があるだろう。

また、ちゃんと意見を言うタイプに対しては、しっかり話を聞いて、意見の交換をして、適切なバランスを模索しよう。

束縛と放置のバランスは価値観が非常に分かれるところで、常識的に語れることも多いけど、公式的に「ここから先の束縛はやりすぎ」とか「こんなに放置してはいけない」ってことが微妙。

束縛を愛情の証明だと思う人もいるし、放置はお互いを尊重した結果だと思う人もいるから、カップルごとにバランスの取れるポイントが大きく違っているのが現実だ。

ぶつかり合うことも多い問題だけど、我慢がしんどい問題でもあるので、最初の内はしっくりこないことが悩みになることも多いのだが、一つ一つの問題を解決していくのに気持ちを語る場面を活かして二人が良いバランスの中で付き合えるように調整していこう。

喧嘩になれば副作用になってしまうのだが、想いの確認が為される点はメリットにもなることなので、「うまく付き合っていくのに必要なもの」として、「束縛と放置のバランスをめぐってぶつかること」を捉えるべきだと思う。

やりすぎないためには、「提案」がいけないことではなく、自分のわがままだけで相手を省みずに「強制」してしまうことがいけないし、束縛を悪と決めつけてしまい相手に放置されていると感じさせることもいけないのだと認識して、二人で模索する姿勢が重要になる。

適度に束縛をしたいのなら「相手を想う気持ち」を基本に考えよう

次に適度な束縛についての考え方を紹介したい。
束縛と放置のバランスではここが最も重要だと考えている。

束縛をしたい気持ちの源泉は、悪い意味では「支配したい」と言う意味があったりして単純ではないのだけど、基本としてある気持ちは「好きだから抱く気持ち」が源泉にある。

心配・不安・不快、これらは束縛する理由として有名だが、つい強く意識してしまう恋人にこそ向けられるもので、頭の中の占める割合こそ違っていても誰もが抱く感情だ。

また、これまで述べてきたように、嫉妬そのものは悪でもなんでもなく、放置との関係を考えてもそうだし、ある意味で彼氏や彼女が望んでいるものと言える。(※恋人からの愛情を求めるため。わざと嫉妬させる恋人と付き合ったことのある人ならよく理解してもらえることだろう)

従って、束縛は必要なものでもあり、強弱についても弱ければ良い恋人とは言い難く(放置しないのなら弱い方が好まれる傾向はあるけれど)、適度な束縛をしたいと考えている人はバランスに気をつけてあげれば、長続きする良い付き合いに近づくはずだ。

では、束縛をしたいと思う時、上手く恋人に伝えるにはどうしたら良いのだろうか。
副タイトルでも述べているように、適度な束縛は相手を想う気持ちを基本に考えるといい。

「好きだから」を理由として、なるべくはっきり(カタチは違ってもいい)伝え、自分の気持ちを添えて話をしよう。

そうすると、「〇〇はダメ」ではなく「〇〇しないでほしい」と表現は変わってこようかと思うし、「彼女(彼氏)なんだから」から「心配しちゃうから」とかに変わると思う。

それだけで、相手が縛られていると感じるのか、愛されていると感じるのかが決まるだろう。

「恋人のために我慢しよう」と思ってされる束縛と、「いくら恋人でもそこまでの権利も義務もないのに」と思いながらされる束縛では、同じ行為でも印象が大きく変わってくるはずだ。

また、相手を想う気持ちを大切にする理由はもう一つある。
それは、行き過ぎも防げる点。

相手を想う気持ちがあれば、(相手に取って)行き過ぎた束縛が苦しめることになることにも気づけるし、相手のリアクションにも注目するから嫌がる行為に対しても敏感でいられる。

恋人を想う気持ちがあるからこそ束縛をし、同じ理由で行き過ぎを防げるとすれば、束縛と放置の適切なバランスをカップルとして二人で作っていくのに、必要な要素は得られるかなと思うのである。

当ブログ内で何度も言って来たように、カップルの全ては、その二人毎に違っていて、また同じ二人でも、時期や状況によって変わってくるものだ。

色々な感性がぴったり一緒のカップルなんてほとんどいないのだから、どうしてもバランスが崩れがちだけど、ある程度の衝突なり食い違いの修正なりを行いながらうまく付き合っていくのに、「想い合う」ことはすごく大事なこと。

二人で向き合っていれば何かと上手くいくものなので、大切にしてほしいと思う。

まとめ

今回は、「長続きするカップルは束縛と放置の適切なバランスが重要」ということで、適度な束縛は相手を想う気持ちを基本に考えるという話をまとめた。
適度な束縛はカップルに取って必要なものでもあるので、長続きするカップルになるために参考にしてみよう。

付き合い始めのカップルは色々なところでまだしっくりこないことがあるし、何もかもを本音で話すこともできないから、どうしても手探り的なバランスの取り方が求められる。

少し距離のある初々しい感じはドキドキやキュンとする瞬間を作るのだが、副作用があるとすれば二人に取って心地良い付き合い方を模索するときのモヤモヤかもしれない。

今回のテーマである「束縛と放置」は、愛情の感じ方にかかわる部分で、適切なバランスは各カップルごとでかなり違っている。

意見の分かれることも多いし、我慢も多い問題で、時折り喧嘩の種になる問題でもあるのだが、多少のいざこざは愛情の確認が為される意味でカップルの形へ良い影響もある。表面的な話だけでなく気持ちを語ってみよう。

カップルは多くの場合で一緒にいる時間よりも離れている時間の方が多い。

束縛と放置は、その長い方の時間をどうカップルとして過ごすかを決めることにもなるので、お互いの気持ちを考慮してより良いバランスが取れるように向き合ってみよう。

関連記事:

長続き嫉妬
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました