付き合う前と付き合ってからの態度や関係の違い~付き合った後はどうなるの?

付き合う前と付き合ってからが違う二人のイメージ

初めて好きな人と付き合う人は、「付き合う前と付き合ってから」では、態度や関係がどう違うのか、気になることもあるのではないだろうか。

付き合うことが怖いと感じる人は、付き合った後はどうなるかを知ると、イメージが具体化して前向きにその恋愛を考えることができるかもしれない。

実際はそのカップル毎にかなり色々な部分に付き合う前と付き合ってからで違いがあるので、代表的なものを今回挙げてみようと思う。

なるべく不安をなくして、前向きに恋愛を進めていくきっかけにしてみよう。付き合い始めを軌道に乗せることにも役立つ記事だから、付き合うということがよくわからないという人は参考になるはずだ。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

初めて付き合う人

統計上は、20代になっても彼女ができたことがない、彼氏ができたことがない人は結構な割合で存在していることが判明している。

【調査で発覚 付き合ったことがない20代男性は4割!】20代の草食男子は出会いを求めて告白する勇気を持て
付き合ったことがない男性の割合が4割もいると言ったら、おそらく驚く人の方が多いのではないだろうか? 男性の中で恋愛に積極的でな...

まだ付き合った経験のない人もこれを読んでいることを想定してこの見出しを設けたわけだが、初めて付き合うことになった場合は、その旨を相手の彼氏や彼女に伝えてしまおう。
経験上、隠してもバレると思うからだ。

友達の話を聞いて、何となく「付き合うってこういうことだ」ってイメージがあると思うが、付き合い始めはそれまでの恋愛の話をすることも多くて、適当な話を続けた場合、やっぱり不信感が募るデメリットが大きい相手は正直に会話してほしいと思っているだろう。

初めて付き合うことを自分から話したのなら、特にデメリットはないと思っているが、嘘がバレたのなら話は別。なんかダサイし取り繕うとしている態度がよろしくない。付き合い始めから嘘をつく人と付き合っていくことに不安を覚えるかもしれないリスクは大きいと言わざるを得ない。

嘘をついていればどうしても具体的な話を避けたいと思うから、相手は距離を取られているように感じる場合も少なくない。相手としては、付き合った人数がどうのこうの言う前に、あなたが好きになったから付き合うわけで、「初めて付き合う」ことを恥ずかしいと思う必要はない。

むしろ信頼関係をこれから作っていく彼氏や彼女を相手に、嘘からスタートを切るのは間違っているはずだ。

もし、付き合う前に「彼女がいたことがある」とかニュアンスとかでも言ってしまっているなら、付き合った後に正直な話をしてあげた方が良いだろう。付き合う前と付き合ってからの関係の違いでもあるが、友達関係の時に言えなかった軽いカミングアウトは、付き合った直後になされることが多い。当然、こういう私はそれをいくつか体験している。

友達では言えなかったことが付き合った後に言えるようになるのは、今回テーマとしている「関係や態度の違い」として大きい。

それでは、具体的に付き合った後にどうなるのかを態度や関係の部分で紹介していこう。

スポンサーリンク

デートをするのが不自然だったのが、デートをしないのが不自然に変わる

付き合う前は、デートに誘うのも二人でいるのにも理由が必要だったが、付き合ってからはデートに誘わない方が不自然に変わる。

付き合うことの中に、「定期的に連絡を取って、定期的に会う」ことは前提となっているので、もちろんお互いの意思がありきではあるが、理由なく1~2週間以上会わないのは逆に不自然なカップルだと言える。

お互い初めての彼氏・彼女だった場合、片思いの頃のイメージでデートを捉える場合が多いが、付き合ったのなら二人でいる時間が頻繁にある方が自然だから、付き合った後なりの感覚へと少し意識を変えておこう。

人によっては会うのが当然という態度になることも多い。

相手と自分の事情で、カップルになってからどのくらいの頻度で会うかは変わってくるので、月に2~3回しか会わないようなカップルも存在するし、週3以上一緒にいるようなカップルもある

従って、相手の忙しさや考え方とか友達関係も含めて、そこら辺の摺合せ的な話をしておく方がベターな付き合い方ができると思う。

付き合い始めは日曜日とかの共通する休みの日にデートに出かけて、段々細かい時間とかでも一緒にいるようになったりすることが多いだろうか。定期的に一緒に居られるように、スケジュールを合わせるようにする関係に変わる。

付き合うことが決まってからは、相手も「会いたい」と思ってくれているという前提の関係になるイメージである。

聞けないことが少なくなっていく

付き合う前は聞きたくても聞けなかったことがたくさんあったと思うが、付き合ってからは大概のことが聞けるようになっていく。経験談で話せば、気になっていたことを質問する人も多いかな。

当然ながら、それはそれだけ関係が深くなったことを意味しているため、「付き合う」ことの「契約に依存してそうなるわけではない」ことには注意が必要だ。時間をかけながら、二人の時間が長くになるに連れて、そうなっていく。

しかし、週一で会おうとするカップルがいたとして、スケジュールを合わせようとするなら、必然的に相手の毎日がどのような感じなのかを知ることになるし、連絡を取り合う頻度が増えれば、かなり具体的な相手の事情を知っていくことになる。

そうやって段々と彼氏や彼女への理解が進んでいくと、それまでは「話すこと」が情報の主だったのに対し、今度は「隠すこと以外」が情報の主なところに変わっていく。これも付き合う前と付き合ってからが違う部分だ。

言うなれば、段々とではあるが「あまり気を使わずに何でも話せる相手」へと変わっていくということである。

隠す必要のないほとんどのことは、多くのコミュニケーションの中でお互いが知り合っていく。

ただ勘違いしてはいけないのは、カップルと言えども付き合った瞬間から何もかもが変わっていくわけではない。付き合う期間が長くなるに連れて、段々とそうなっていくのであり、ラブラブなカップルになるには当然お互いの努力が必要だ。

付き合ってから「カップルとしての関係作りがスタートする」ことも同時に意識しておくと付き合いはじめが上手くいくと思う。

イベントや記念日は一緒に居るのが当たり前

クリスマスや誕生日などの一般的に「イベント」として認知されている日は、カップルでいるのが当たり前となる。彼氏や彼女の誕生日には、自分からデートに誘おう。

それと忘れてはいけないのが、1ヶ月記念日とかのカップルの記念日系である。

男性は忘れがちだが、女性は結構気にしている人が多いので、一緒に居るかは別としてもLINEやメールくらいはすることも多いし、もし会っているとしたら「今日で付き合って1ヶ月だね」との言葉に、「え!そうだったけ?」ではまずいから気を付けるべき。

イベントや記念日などにスケジュールが合わないから一緒にいないカップルは当然存在する。友人や会社関係を優先する場合もあるから、必ず一緒にいるイメージではなく「会うのかな?」と恋人を気にして連絡を取り合うイメージでいると現実に近いだろう。

実際に会うか会わないかはお互いで決めれば良いのだが、付き合っているなら一緒にいるのが当たり前の日に会えない事情を持っている場合は、自分から早めに言った方が良い。

「誘われなかったから、忙しいのかと思って」ではカップルとして少々かわいそうかなと思う。誘われないけど、一緒にいるのが当たり前になる日ができるのも付き合う前と付き合った後で違う点だろう。

例えば週に1度日曜日しか会えないカップルがいたとして、次の日曜日に予定が入ったなら早めに相手に伝えておかないと、2週間会えなくなる。

何となく阿吽の呼吸で日曜しか休みがないならその日は一緒にいるのが当たり前になったりすることは多いもので、「約束しているわけではないけど、事実上会うのが決まっている日」とかができたりすることも多い。

先程触れた「デートしない方が不自然」に似ている部分である。

付き合うってどういうこと?

付き合うとはどんなことなのかを過去記事でまとめているので、気になる人は読んでみよう。

付き合うってどういうこと?~普通のカップルのQ&A
今まで付き合ったことがない人は、「付き合うってどういうこと?」という疑問があるあるだ。2人目の彼氏や彼女の場合も心配や不安に思うこと...

やりがちなミス:異性関係の話

付き合う前と付き合ってからでは「異性関係の話」について変わってくる部分が大きい。

まだ付き合う前では、元カレ・元カノ関連の話や、周りの好みのタイプの話などもあり得たが、付き合った後ではこういう話が段々とタブーになっていく。この感覚が分からないと、恋人になっていく関係作りを失敗しがちだから気を付けよう。

特に気を付けたいのが前に付き合っていた人の話だ。現実的にはなかなかスッキリと忘れられない人も多いのだが、友達に相談するべきことを恋人に相談したり、デリカシーの無い話をしてしまう人は案外多いので、相手への配慮を忘れないように。

好きな人と付き合う上で副作用となるのが「嫉妬」の感情であるため、異性関係の話は「浮気」どうこうの問題とは別に、若干ナーバス気味に考えておく方が仲良く長続きするカップルになれるだろう。

まとめ

今回は、「付き合う前と付き合ってからの態度や関係の違い」を説明した。
付き合った後にどうなるのかのイメージを持てただろうか。

この記事内で何度も繰り返していることと同じ意味だが、カップルの付き合い方に「正しい」とか「普通」というのはあまり当てはまらないことも多い。それだけプライベートなことであり、二人の好みと言うか考え方などで変わる部分がかなり大きいのだ。

従って、より良い付き合い方を考えた場合、数学の公式的なものを当てはめて考えるよりも、「相手と自分の意向をどのようにマッチングさせるか」を考えた方が早く、確実性も高まるため、段々とで良いから深いコミュニケーションを取れるように努力することが大切になるかと思う。私個人としても、付き合う彼女によって付き合い方が大きく異なっていた。

相手の話を聞くことが大切である一方、最初は遠慮勝ちになることも多いので、自分から話をすることも重要だ。

恋バナの延長線上くらいの話から、自分に取って理想的な付き合い方を話して、相手の意見を引き出しつつ、より良い付き合い方を二人で目指してみよう。

長続きのコツについては、下の記事を是非参考にしてみてほしい。

関連記事: