付き合う前と付き合ってからの態度や関係の違い~付き合った後はどうなるの?

付き合う前と後が変わった男女二人

付き合ったことがない人や、好きな人と初めて付き合う人は、「付き合う前と付き合った後」で、二人の関係や一緒にいる時の態度がどう違うのか、気になることがたくさん出てくる。

付き合うことが怖いと感じる人は、「付き合った後にどうなるか」を知ると、イメージが具体化できて、前向きにその恋愛を考えることができると思う。

初めて付き合う時に不安や心配があって怖いと思ってしまうのは、付き合った後の変化が分からないからだ。

そこで今回は、「付き合う前と付き合った後の違い」を徹底解説していく。

実際はそのカップル毎に色々な部分で付き合う前と付き合ってからの違いがあるので、誰でも経験するような代表的なものを今回は取り上げていきたい。

付き合う前と後ではどこが変わるのか、変わらない時は何が原因なのかなど、初めて付き合うという恋愛初心者でも理解しやすいように、「付き合う前と後の違い」をLINEを含めた態度や関係性、デートや二人の雰囲気を中心に、具体的に解説する。

付き合う不安があるならその不安を取り除いて、前向きに恋愛を進めていくきっかけにしてみよう。

付き合い始めを軌道に乗せることにも役立つ記事だから、まだ恋人ができたのが二人目や三人目だったりして、カップルになる・付き合うということがよくわからないという人は参考になるはずだ。

  1. 付き合うことになった時の最初の課題:初めて付き合う人は彼氏や彼女に伝える方がいいのか
    1. 初めて付き合うことになった時は、彼氏や彼女に初めて付き合うことを言う方が良い
    2. 付き合ったあとは「今までの交際人数を聞く」のがあるある!初めて付き合うのを彼氏や彼女に隠すと、信頼関係を壊す可能性がある
    3. 付き合う前と後では「話せる内容のレベル」が変わるから、なるべくすべてのことを正直に話す方が上手くいく
  2. 付き合う前はデートをするのが不自然だったのが、付き合ったあとはデートをしないのが不自然に変わる
    1. 付き合う前と後のデートの頻度の違い
    2. 付き合う前と付き合った後のデートの仕方の違い
  3. 付き合った後の距離感はどう変わる?付き合う前との「関係性」の違いは?
    1. 付き合う前と変わらない距離感が続くのはカップルがすぐに別れる兆候
    2. なぜうまくいってるカップルは付き合ったあと距離がなくなるのか
  4. 付き合う前と後の連絡頻度の違い、LINEの違い
    1. 付き合う前はあんまりLINEしなかったカップルも、付き合った後は毎日LINEするように連絡頻度が変わる
    2. 付き合う前と付き合った後のLINEの内容と話題の違い
  5. 付き合う前と後の「特別な日の過ごし方」の違いは?付き合った後のイベントや記念日について
    1. 付き合った後は、付き合う前はなかった「カップルの記念日」に注意!
    2. 付き合ったあとのイベントの日に「予定がある」「スケジュールが取れない」場合の対処法は?
    3. 付き合った後は暗黙の了解が増えていく!付き合った後にはなかった「カップルのルール」ができるのも付き合った後の特徴!
  6. 付き合う前と付き合った後、束縛に関する違いは?
    1. 付き合った後なら軽い束縛レベルのことは普通
    2. 付き合う前と後では、「嫉妬」の気持ちの扱い方が違う
  7. 【恋から愛へ】付き合う前と付き合った後で変わる二人の雰囲気
    1. 付き合う前は「恋」だったのが、付き合った後は少しずつ「愛」に変わる
    2. 付き合う前後の頃が恋愛で一番楽しい時期だと言われる理由
  8. 付き合うってどういうこと?と思った人の対処法
  9. 付き合う前と後でやりがちなミス:異性関係の話(元カノ・元彼、女友達・男友達)
  10. 付き合っても変わらない人にならないためにはどうしたら良いか:「付き合った後」に失敗しないコツ
    1. 付き合っても変わらないのは「付き合い始めにやるべきこと」をやってないのが原因!付き合った後はカップルぽくなる工夫をしよう
    2. 付き合った後の気まずい雰囲気はLINEや電話・通話でのコミュニケーションで解いていく
    3. 付き合っても何も変わらない状態になる原因は、カップルとしてのステップアップができてないから
  11. まとめ

付き合うことになった時の最初の課題:初めて付き合う人は彼氏や彼女に伝える方がいいのか

もしあなたが「初めて彼氏ができた、初めて彼女ができた」なら、付き合うことになった時、最初の課題になるのが「付き合った経験がないという告白をするべきかしないべきか問題」である。

はじめて付き合うのが恥ずかしいと思ったり、モテない人みたいに思われるのが怖いと思ってると、彼氏や彼女に「今まで付き合ったことがない」と言うことへ心理的なハードルを感じると思う。年齢的に付き合った人数が少ない人も同じだ。

しかし、統計上は、20代になっても彼女ができたことがない、彼氏ができたことがない人は結構な割合で存在していることが判明しているため、まだ付き合った経験がない人は、初めて恋人ができた時にそこまで「交際経験なし」や「交際人数が少ないこと」を気にしないで良い。

付き合ったことない男性は20代で3割以上?年代別・男女別の「付き合ったことない人の割合」
付き合ったことがない男性の割合が「3人に1人以上いる」と言ったら、驚く人の方が多いのではないだろうか? 男性の中で、恋愛に積極的でなかったり、異性にガツガツ行かないタイプを「草食系男子」と定義付けられて久しいが、この度発表され

この点を踏まえて、まずは初めて付き合うのが怖いと思っている人のために「はじめての彼氏(彼女)だと言うのか問題」から解説する。

初めて付き合うことになった時は、彼氏や彼女に初めて付き合うことを言う方が良い

私の経験上、初めて付き合うことになった人は、その旨を相手の彼氏や彼女に伝えるのが正解だと思っている。

その一番の理由は、隠してもバレるからだ。付き合った人がいないという事実に対するマイナスイメージは小さい一方で、付き合い始めから嘘をつくリスクは高いから、正直に言う方が付き合った後の2人にとって良い影響がある。

あなたも友達の話を聞いたりして、何となく「付き合うってこういうことだ」ってイメージがあると思うが、付き合い始めは過去の恋愛の話をすることも多くて、本当は初めて付き合うのに嘘をついて適当な話を続けた場合、相手の彼氏や彼女の不信感が募るデメリットが大きい。

相手は間違いなくあなたに正直に会話してほしいと思っているから、大切な人に嘘を付くのは間違った判断だ。「今まで何人と付き合ったの?」と聞かれたら、「付き合うの初めてだよ」と正直に言うようにしよう。

モテないと思われるのが嫌だったら「部活ばっかりだった」とか「勉強頑張ってから」と言って、恋愛に興味なかったと話せばよい。

付き合ったあとは「今までの交際人数を聞く」のがあるある!初めて付き合うのを彼氏や彼女に隠すと、信頼関係を壊す可能性がある

付き合う前はあまりツッコんだ質問をしない場合が多いけど、付き合った後は「今までの交際人数を聞く」のが付き合い始めカップルのあるあるになっている。

付き合い始める人がどんな人かを理解する意味で、「俺で付き合うの何人目?」とか「今まで何人と付き合った?」と聞き合うことがよくある。

そこで、初めて付き合うことを自分から話した場合は、特に交際経験がないことを話す上でデメリットはないのだが、嘘がバレたのなら話は別になる。

「恥ずかしい」「モテない人だと思われたくない」など色々事情は考えられるにせよ、付き合い始めから嘘をついていたのならカップルの信頼関係を壊す行為になるし、「本当に付き合ったことあるの?」と疑われる交際になったら、それが冷める原因になる。

付き合い始めから嘘をつく人は付き合っていくことに不安を覚える人が大半だから、正直にいる方がカップルとしてうまくいく。

嘘をついていると、どうしても具体的な話を避けたいと思うから、相手は距離を取られているように感じるはずだ。これもうまく行かない原因になる部分である。

付き合った人数がどうのこうの言う前に、相手はあなたが好きになったから付き合うわけで、「初めて付き合う」ことを恥ずかしいと思う必要はない。

むしろ信頼関係をこれから作っていく彼氏や彼女を相手に、嘘からスタートを切るのはうまくいかない原因を作る行為だ。もし、付き合う前に「彼女がいたことがある」とかニュアンスとかでも言ってしまっているなら、付き合った後に正直な話をしてあげた方が良い

付き合う前と後では「話せる内容のレベル」が変わるから、なるべくすべてのことを正直に話す方が上手くいく

付き合う前と付き合ってからの関係の違いでもあるが、友達関係の時に言えなかった軽いカミングアウトは、付き合った直後になされることが多い

付き合った後に「実はさ…」という会話をするのは、これからはなるべく隠し事をしないで真剣交際をしたいからである。

付き合う前は話せなかったことが、付き合った後なら話せる理由は、お互いに両想いだと分かったからだ。信頼関係を深めるために、付き合う前より自分のことを深いところまで話す

当然、こんなことを言う私は、それを何度も体験している。実体験を通してのアドバイスだ。

恋愛における信頼関係の構築方法とは~カップルが信頼関係を作るにはどうしたら良いか
カップルの信頼関係を作るには彼氏と彼女両方の努力が必要だが、努力の仕方が分かっていなければ、せっかく好きな人と付き合えても信頼関係の作り方に失敗することで付き合いはじめから気まずい雰囲気が漂う。 実際の恋愛では、彼氏や彼女と信

付き合う前の友達期間では言えなかったことが、付き合った後に言えるようになるのは、今回テーマとしている「付き合った後の関係や態度の違い」として大きい。

なお、元彼の人数を聞かれた場合の対処法については、下の記事で解説しているから、2人目の彼氏や3人目の彼氏に付き合った人数をどう言うか知りたかったら読んでみよう。

元カレの人数を聞かれた時の答え方~付き合った人数は何人って言えばいいの?
好きな人と話をしているときに、いきなり「元カレの人数」や「付き合った人数」を聞かれたら、あなたは何人と答えるだろう? 女性なら「恥ずかしいから言いたくない」と思う人が一番多そうだけど、好きな人から今まで付き合った人数を聞かれた

それでは、具体的に付き合った後にどうなるのかを二人の関係や態度の違いに注目しながらで解説していこう。

付き合う前はデートをするのが不自然だったのが、付き合ったあとはデートをしないのが不自然に変わる

付き合う前と付き合った後でデートの仕方が変わったカップル

付き合う前はデートに誘うのも二人でいるのにも理由が必要だったが、付き合ってからはデートに誘わない方が不自然に変わる。

付き合うことの中に、「定期的に連絡を取って、定期的に会う」ことは前提となっているので、もちろんお互いの意思がありきではあるが、理由なく1~2週間以上会わないのは、付き合ったあとだと逆に不自然なカップルだと言える。

これは付き合ってから1週間のカップルでもそうなので、付き合ってる期間に依存しない。とにかく、「会わないカップル」は「付き合っても変わらないカップル」として交際する上で印象が悪いので注意しよう。

お互い初めての彼氏・彼女だった場合、片思いの頃のイメージでデートを捉える場合が多いが、付き合ったのなら二人でいる時間が頻繁にある方が自然だから、付き合った後なりの感覚へと少し意識を変えておこう。

付き合う前と後のデートの頻度の違い

付き合う前は週に1度デートするのでも多い方だったが、付き合った後は社会人であれば週1回以上のデートが平均的なデート頻度に変わる。

もう少し時間の余裕がある高校生カップルや大学生カップルでは、週1回から週2回くらいデートする感じだ。

付き合ったあとは、人によって「付き合ったんだから頻繁に会うのが当然」という態度になることもある。付き合ってから態度が変わる女性や男性は、付き合ってすぐから「今週はいつ会う?」と普通に聞いてくる人も多い。

少なくてもデートに誘う流れは何となくあるものなので、付き合った後の誘いやすさは付き合う前とかなり違うはずだ。付き合ったのに会わないカップルにならないように週1回以上のデート頻度を確保していこう。

ただし、相手と自分の事情でカップルになってからどのくらいの頻度で会うかは変わってくるので、月に2~3回しか会わないようなカップルも存在するし、週3回以上一緒にいるようなカップルもある

要は、2人の忙しさや恋愛観にも依存する問題だ。仲の良さにも影響を受ける。

したがって、付き合い始めたら、相手の忙しさや考え方とか友達関係の付き合いも含めて、デートの回数や会う頻度のすり合せ的な話をしておく方が、ベターな付き合い方ができる。

順調に交際が進めばお互いの感覚に歩み寄りもあるし、変化が起きて「もっと会いたい」と思うことも出てくるので、そのカップルの交際期間によってもデートの回数は変わる。

付き合う前と付き合った後のデートの仕方の違い

付き合った後、付き合い始めは日曜日などの共通する休みの日にデートの約束をして、半日デートを繰り返すところから交際をスタートするカップルが多い。

そこから、だんだん短い時間とかでも一緒にいるようになったりする(食事だけ、お茶だけ等)イメージで交際が軌道に乗っていく。

長いデート時間が確保できない時でも、付き合った後のカップルは定期的に一緒に居られるように、スケジュールを合わせる関係に変わる。日常にお互いの存在があるイメージだ。

付き合ってからのデートは、最初(交際1ヶ月から2ヶ月)にいわゆる有名デートスポットに出かけて、よくあるデートプランで教科書的なデートの仕方をするが、交際が落ち着いてくると少しずつ遠出デートが減って、もう少しフランクな付き合い方をするカップルが多い。

ここら辺はその二人の「理想のデートがどんな感じか」によって変わる。食事デートがメインになっていくカップルも多いし、お酒好きなら飲みメインになることもある。

付き合う前は会いたいと思ってくれてるか不安な関係だったけど、付き合うことが決まってからは、相手も「会いたいと思ってくれている」というのが前提の関係になるから、「デートに誘わない」のは「恋人が悲しむこと」だと思って行動することが大切だ。

片思いの時との大きな違いであるため、両想いになったら積極的に彼氏や彼女と会おうとしてみよう。それが上手く付き合うコツにもなる。

付き合った後の距離感はどう変わる?付き合う前との「関係性」の違いは?

付き合う前は聞きたくても聞けなかったことがたくさんあったと思うが、付き合ってからは大概のことが聞けるようになっていく

経験談で話せば、付き合ったことをきっかけに、気になっていたことを質問する人も多い。

付き合う前と付き合った後の違いという点では、二人の距離感が段々とゼロになっていくのは大きな違いだと感じる。

当然ながら、カップルの距離が縮まるのはそれだけ関係が深くなったことを意味しているため、「付き合う」ということの「契約に依存してそうなるわけではない」ことには注意が必要だ。

時間をかけながら、二人の時間が長くになるに連れて、カップルは物理的な距離・精神的な距離の両方をなくして、親密な関係になっていく。

付き合う前と変わらない距離感が続くのはカップルがすぐに別れる兆候

逆に言えば、付き合うことになったのに段々と近づいていく距離感を実感することができない場合は、悪い付き合い方になってしまっている。

約1ヶ月くらいを目途に、「付き合う前と変わらない」と思っている人は、すぐに別れるカップルの特徴になっているので、なるべく早い対処が必要だ。

3ヶ月以内に別れるカップルの法則~すぐに別れるカップルの特徴って何?
せっかく付き合うことになっても、短期間で別れてしまうカップルは意外と多くて、交際3か月という期間はカップルにとって1つの壁になっている。 特に初彼女や初彼氏とは3ヶ月以内に別れる確率が高く、最初の1ヶ月から2ヶ月でうまくいかな

デートの仕方や頻度が悪いのか、コミュニケーションの量や仕方が悪いのか、いずれにしてもカップルは時の経過と共にゼロ距離になっていく実感が伴う付き合い方をしないと、彼氏や彼女から「付き合ってる意味がない」などと思われたり、「愛されてる実感がない」と思われ、カップルに気まずい雰囲気が漂うようになる。

なぜうまくいってるカップルは付き合ったあと距離がなくなるのか

たとえば、週一で会おうとするカップルがいたとしよう。

短い間隔でデートを繰り返そうとすると、スケジュールを合わせようとするから必然的に相手の毎日がどのような感じなのかを知ることになるし、会おうとすることで連絡を取り合う頻度が増えるから、かなり具体的な相手の事情を知っていくことになる。

そうやってだんだんと彼氏や彼女への理解が進んでいくと、付き合う前までは「話すこと」が情報の主だったのに対し、付き合った後は「隠すこと以外」が情報の主なところに変わっていく。これも、付き合う前と付き合ってからが違う部分だ。

言うなれば、だんだんとではあるが「あまり気を使わずに何でも話せる相手」へと関係性が変わっていくから、上手くいってるカップルは距離がなくなる。

隠す必要のないほとんどのことを多くのコミュニケーションの中でお互いが知り合っていくのだから、どんどん仲良くなる付き合い方ができているのだ。

ただ、勘違いしてはいけないのは、カップルと言えども付き合った瞬間から何もかもが変わっていくわけではないという点である。

付き合う期間が長くなるに連れて、段々とそうなっていくのであり、ラブラブなカップルになるには当然お互いの努力と時間が必要だ。

付き合ってから「カップルとしての関係作りがスタートする」ことも同時に意識しておくと、付き合いはじめが上手くいく。付き合っても変わらない人にならないように、好きな人と付き合えたら意識的に距離を縮める交際をしよう。ここは大事なポイントなので、この記事の最後の見出しでも解説する。

付き合う前と後の連絡頻度の違い、LINEの違い

付き合う前と付き合った後では、「連絡頻度」や「LINEの仕方」にも違いが表れる。

カップルの基本的なコミュニケーションツールがLINEになっているので、付き合ったら連絡の仕方はどうなるか解説しよう。

付き合う前はあんまりLINEしなかったカップルも、付き合った後は毎日LINEするように連絡頻度が変わる

付き合うとは、日常的かつ頻繁に連絡を取り合うことを要件にしているので、付き合う前にあんまりLINEしなかったカップルも、付き合った後は毎日LINEするようになる。

付き合う前と変わらないと思われる彼氏や彼女は連絡頻度が少ないのが特徴になっているので、付き合うことになったら最低1日1回は自分からLINEするようにしよう。

最初は「話すことがない」と思ってLINEしにくいかもしれないけど、付き合ったのにLINEがこないと「せっかく付き合うことになったのに…」とがっかりされる。

付き合う前と変わらないと思われることも多いので、連絡するのは付き合ったら当たり前だと思っておこう。

付き合う前と付き合った後のLINEの内容と話題の違い

付き合う前と付き合った後のLINEの内容と話題の違いについては、以下の5つがポイントだ。イメージを掴んでみよう。

  • より詳しく相手に自分のことを話す、相手に質問する
  • お互いに日々の出来事を報告し合うようになる
  • 用事がなくても連絡する、特に話したい話題がなくてもLINEする
  • 画像や動画を送り合って深く共感し合う
  • LINEから電話になることが増える

付き合ったら、なるべく彼氏や彼女を身近な存在だと思ってることが伝わるLINEの仕方をしよう。

いきなり彼氏として、彼女としてLINEするのは受け取り方がまちまちになってしまうけど、日常の報告をしていくとカップルぽいLINEができる。相手の返信から楽しそうな雰囲気が伝わってきたら、たくさん会話する中でお互いにお互いを理解していこう。

LINEについては下の記事で詳しく解説しているのでこちらも参考にしてほしい。付き合ってすぐから長く続きしたカップルまで、LINEにおけるたくさんのポイントを解説しているから参考になるはずだ。

付き合う前と後の「特別な日の過ごし方」の違いは?付き合った後のイベントや記念日について

初めて付き合うのが怖いと思っていた女性

お互いの誕生日クリスマスバレンタインデーホワイトデーなど、一般的に「大切な人と過ごすイベント」として認知されている特別な日は、付き合った後カップルでいるのが当たり前という認識に変わる。

付き合う前は、たとえいい感じになっていても付き合ってない以上はイベントの日にデートに誘うことができなかった人も多いと思うけど、付き合った後はスケジュールを空けて一緒に居られるようにデートに誘うのが礼儀に近い感覚だ。

誘われないからと言って何も言わずに他の人と過ごすことを決めると、喧嘩に発展するか、がっかりされて悲しいすれ違いを誘発するから注意しよう。

特に、彼氏や彼女の誕生日には、自分からデートに誘うのはポイントだ。

付き合った後は、付き合う前はなかった「カップルの記念日」に注意!

はじめて付き合う人が絶対に忘れてはいけないのが、1ヶ月記念日や3ヶ月記念日などのカップルの記念日である。

男性は忘れがちだが、女性は結構気にしている人が多いので、一緒にいるかは別としてもLINEやメールくらいはするようにしよう。

もし会っているとしたら「今日で付き合って1ヶ月だね」との言葉に、「え!そうだったっけ?」ではまずいから気を付けてほしい。付き合った後は交際日数を気にしながら付き合う人が多いので、付き合った記念日を覚えている人が多い。忘れるということはその程度の気持ちで付き合ってたと思われるから注意しよう。

彼女から彼氏に記念日の話をすることが多いけど、カップルによってはちょっとしたお祝いをすることもあるくらいなので覚えておくと良い。

仲良しカップルになれたらサプライズで記念日プレゼントやディナーなどを企画するのもおすすめだ。記念日デートで二人の思い出話をすると、自分たちの交際が余計に素敵なものに思えるから仲良しカップルになるための施策になる。

付き合ったあとのイベントの日に「予定がある」「スケジュールが取れない」場合の対処法は?

イベントや誕生日などはカップルなら会うのが当然と言ったが、スケジュールが合わないことが理由で一緒にいないカップルはやっぱり存在する。

付き合いの問題で友達や会社関係を優先する場合もあるし、仕事が忙しい場合もあるから、必ず一緒にいるイメージではなく「会うのかな?」と彼氏や彼女のことを気にして連絡を取り合うイメージでいると現実に近い感覚が持てる。

実際に会うか会わないかはお互いで決めれば良いのだが、一緒にいるのが当たり前の日に会えない事情を持った場合は、付き合っているなら自分から早めに言った方が良い。

先に話しておけば印象が全然違うので、付き合った後は自分が彼氏や彼女の大切な人になっている自覚を持つようにしよう。

「誘われなかったから、忙しいのかと思って…」ではカップルとして寂しいし、距離を感じさせる。一緒にいるのが当たり前になる日ができるのも付き合う前と付き合った後で違う点だ。

付き合った後は暗黙の了解が増えていく!付き合った後にはなかった「カップルのルール」ができるのも付き合った後の特徴!

たとえば、週に1度日曜日しか会えないカップルがいたとして、次の日曜日に予定が入ったなら早めに相手に伝えておかないと、2週間会えなくなる計算になる。

日曜しか休みがないカップルなら何となく阿吽の呼吸でその日は一緒にいるのが当たり前になったりすることは多いもので、付き合った後は「約束しているわけではないけど、事実上会うのが決まっている日(=暗黙の了解)」ができたりすることも多い。

先程触れた「デートしない方が不自然」だと言っている部分に似ている点である。

この他にも「仕事が終わったらとりあえず連絡する」とか「早上がりの日や臨時の休みができたら連絡する」など、カップル毎に色々な暗黙の了解があり、交際期間が長くなるにつれてそれが事実上のカップルのルールみたいになっていく。

あくまでも本当のルールではなく、暗黙の了解が事実上のルールに変わって行くイメージだ。こういうものが増えていくと、順調な交際ができるし、しっくりくる付き合い方ができてくる。

付き合う前と付き合った後、束縛に関する違いは?

付き合う前と付き合ってからで大きく変わることに「束縛」の問題がある。

束縛したり束縛されたりは、恋愛初心者が掴み辛い部分かもしれない。正しい答えがないこともその理由だ。

付き合った後なら軽い束縛レベルのことは普通

まず、付き合った後で何らかの束縛が発生するのは、広義の意味で普通のことである。

二人の関係を二人で守ることを約束するのが「付き合う」ということなので、何かしらの束縛がお互いに必要とも言えるだろう。

ただ、難しいのは「束縛と放置のバランス」であって、二人が本当の意味で心地良い関係作りをしないといけない点だ。

付き合った後、彼氏や彼女になったからといって、自分の好きなように束縛できるわけじゃないし、束縛されたくないと思って恋人を放置するのも違う。

束縛は強すぎても弱すぎても上手く行かない理由となる微妙なものだ。

片思いの付き合う前は全く束縛しないわけだから、ここの問題は非常に大きな違いである。しかも、束縛はそれぞれで嫉妬のレベルや何に嫉妬するか違うため、二人で作っていくしかない点にも難しさがある。いわゆる “一般論による公式” があまり通用しないのだ。

付き合う前と後では、「嫉妬」の気持ちの扱い方が違う

恋愛初心者の人、つまり付き合ったことがない人は、この束縛ついて「嫉妬を我慢する」という選択をしがちなので、下の記事を参考にしてみてほしい。

何度も言うけれど、束縛は非常に難しい問題だ。

付き合う前と後では、嫉妬の気持ちの扱い方に違いがあって、ただ我慢するのが付き合ってからは間違いになる。

付き合い方にわだかまりがあるのに、それを何も言わないことで対処すれば、カップルのすれ違いを誘発するからだ。

当然、彼氏や彼女に嫉妬したからと言って束縛すれば解決するわけじゃないが、良いカップルになりたいなら、本音で話せる関係を築く意味でもすべてを放置することに違和感を感じないといけない。

付き合う前と付き合った後で違いの大きな部分だから、良い付き合い方をするためにもきちんと意識しておこう。

【恋から愛へ】付き合う前と付き合った後で変わる二人の雰囲気

付き合った後もずっと幸せでいたいと思って書いた手紙

付き合う前と付き合った後の違いとして、「一定期間の中でだんだんと恋愛が落ち着くこと」も代表的な “付き合ってからの変化” だ。

一定期間というのは、3か月から半年くらいがイメージである。各カップルごとにその期間は伸び縮みする。

各交際期間ごとの「雰囲気の変化」は下の記事を参考にしてほしい。付き合って3ヶ月、6ヶ月、1年、2年と各交際期間ごとにどんな感じでカップルの雰囲気が変わっていくのか解説している。

カップルはどのくらい付き合ったら長続き?~各交際期間についてカップルの状態と長続きに対するイメージを解説
好きな人と付き合えているのはとても幸せなことだ。 「このまま長続きして、ずっと楽しく一緒に居れたらいいな」 そう思えるなら、ラブラブに付き合うカップルである。 当然、カップルの目標は「長続きすること」ではないから、どのくら

付き合う前は「恋」だったのが、付き合った後は少しずつ「愛」に変わる

恋から愛に変わると言えば多少キザだが、緊張感があって情熱的に盛り上がる片思いの頃とと少しずつ変わっていき、両想いになった後でカップルになると、二人の関係が落ち着いてくる中で安らぎや癒しがある関係へと変わる。

付き合った後も二人の雰囲気は変わり続けるものだが、緊張感のある関係は「慣れ」によって緩和され、その代わり深いコミュニケーションを通してお互いを理解し合うことで、余計に癒しのある雰囲気になっていく。

したがって、ドキドキ・キュンキュンするようなことは、付き合って3か月から6ヶ月を過ぎる頃までにピークを迎え、交際1年経つ頃までに落ち着くところがある

ドキドキすることがなくなるわけではないし、愛情が減るということでもないが、それよりも一緒に居て心地良い関係性へと変わるところがある。

付き合う前後の頃が恋愛で一番楽しい時期だと言われる理由

よく「付き合う前後の時期が恋愛で一番いい時期だよ!」なんて言う人がいるが、付き合ってしばらく経つと二人の雰囲気が変わっていってしまうことが理由になっている。

やはり恋愛の醍醐味に「ドキドキする・キュンキュンする」という面があるので、落ち着いてしまうことをマイナスに捉える価値観を持っていると、楽しい時期が付き合う前後の頃に限定されてしまうことがあるのだ。

こんな人は、「長く付き合えない」「好きが続かない」との悩みを持つこともある。

恋愛が短期間で終わる人の理由や原因~付き合っても長く続かないのは何で?
恋愛が短期間で終わる人は自分の恋愛に自信が持てず、将来にも不安を持つことがある。 20代や30代になって2人・3人とお付き合いしたけれど3ヶ月や4ヶ月しかもたないとなれば、原因や理由を知りたくなるはずだ。 3ヶ月以上続か

少し先の話までしてしまえば、「新鮮さ」を維持するための工夫は付き合ったあと長く付き合う上ですごく重要な意味を持つ。意識的にドキドキ・キュンキュンを作ろうとすることは、長続きのコツだ。

既に好きな人との付き合いはじめが軌道に乗っている人は、今の良い状態を維持するために下の記事を参考にしてみよう。

付き合うってどういうこと?と思った人の対処法

はじめて付き合う時は「付き合うとはどういうことか」という点がまだまだ分からないと思うが、もし不安ならあなたが付き合うことになった彼氏や彼女になるべく素直に疑問をぶつけてみる方が結果的に上手く付き合える。

この記事を通して付き合うことの一般的な意味について詳しく解説してきたが、カップルの交際の仕方は本当にそれぞれのカップルで違いがあり、「どんな付き合い方をするか」はあなたと好きな人が二人で決めていくことだ。

実際、交際経験が多い私も、付き合い始めた彼女に対してはカップルっぽい雰囲気の中で、「デートは週に何回くらいしたい?」「連絡はどのくらいほしい?」みたいに聞くことがあるし、デート中にも色々なことを聞いたり話したりして、二人で理想的な交際に近づけていく。

付き合ったことがないと、自分だけが知らないこととしてカップルの付き合い方を考えてしまうけど、あなたが恋人の好きな人になれているなら、相手も「どんな付き合い方をしたいのだろう?」と不安になっているから、付き合い始めは不安に思ってることを色々話してみると良い。

この記事で基本的な知識は付けられているから、その補強は直接あなたの好きな人との会話の中で行おう。それ自体が、付き合い始めのカップルの初々しい会話になり、ドキドキするような会話になってお互いの愛情も盛り上がる。

なお、付き合うとはどんなことなのかを過去記事でもまとめているので、気になる人は読んでみよう。

付き合うってどういうこと?~普通のカップルのQ&A
今まで付き合ったことがない人は、「付き合うってどういうこと?」という疑問があるある。2人目の彼氏や彼女の場合も心配や不安に思うことが珍しくない。 私もまだ恋人がいる状態に慣れていないときは「付き合うって言っても何をどうするの?

付き合う前と後でやりがちなミス:異性関係の話(元カノ・元彼、女友達・男友達)

付き合う前と付き合ってからでは「異性関係の話」について変わってくる部分が大きい。

まだ付き合う前では、元カレ・元カノ関連の話や、周りの好みのタイプの話などもあり得たが、付き合った後ではこういう話がだんだんとタブーになっていく。

この感覚が分からないと、恋人になっていく関係作りを失敗しがちだから気を付けよう。

特に気を付けたいのが前に付き合っていた人の話だ。

現実的にはなかなかスッキリと忘れられない人も多いのだが、友達に相談するべきことを恋人に相談したり、「自分が相手の好きな人なのだと自覚しない」でデリカシーの無い話をしてしまう人は案外多いので、相手への配慮を忘れないようにしよう。

好きな人と付き合う上で副作用となるのが「嫉妬」の感情であるため、異性関係の話は浮気どうこうの問題とは別に、若干ナーバス気味に考えておく方が仲良く長続きするカップルになれる。

事実、下の記事は当サイトでもよく読まれている記事の1つだ。

付き合っても変わらない人にならないためにはどうしたら良いか:「付き合った後」に失敗しないコツ

付き合っても変わらない人を卒業した男性と女性

前半部分でも少し触れたが、付き合う前と後では色々なところに違いが出てくるのが自然であるため、「付き合っても変わらない人」は問題になる。

付き合ったのに何も変わらないなら、付き合う意味がないからだ。

付き合い始めたのなら、カップルっぽくなりたいと思うし、彼氏らしい・彼女らしい振る舞いも求められる。

では、付き合っても変わらない人にならないためにはどうしたら良いだろう?

付き合った後に失敗しないコツを解説する。

付き合っても変わらないのは「付き合い始めにやるべきこと」をやってないのが原因!付き合った後はカップルぽくなる工夫をしよう

付き合う前と付き合った後では二人の関係性が変わるのだが、そのまま今まで通りのデートするだけでは、付き合ったのに何も変わらない感覚になることもある。

付き合った感じがしないパターンは、何となく付き合い始めた時に多い。

付き合い始めたのなら、それを二人で実感し合うためにお互いの呼び方を変えたり、色々と「カップルが付き合い始めにやるべきこと」を済ませていく中で、交際相手に付き合ってる実感を与えることが重要だ。

付き合っても変わらない人は、付き合い始めに失敗していると考えよう。

付き合った後はカップルぽくなる工夫をすることが大切になるので、「付き合ったらどうする?」が分からない人は下の記事を読んでみてほしい。付き合い始めのあるあるな話題は、カップルをよりカップルらしい雰囲気にしていくから、具体的に知っておくと良い。

カップルが付き合い始めの最初にやるべき7つのこと~付き合うことになったんだけど、まずはじめに何したらいいの?
恋愛経験がない人に取って、「初めて付き合う」ということは初体験で分からないことだらけだ。 せっかく片思いが叶って付き合うことになったのに、付き合い始めの最初のころに失敗してすぐ別れるようになっては悲しすぎる。 付き合った

付き合った後の気まずい雰囲気はLINEや電話・通話でのコミュニケーションで解いていく

付き合っても変わらない人は彼氏や彼女によそよそしい態度になってしまっているだが、その原因は「付き合った後の独特の緊張感」だ。

あまり付き合った経験がない人は、付き合い始めに気まずい雰囲気を感じ、むしろ付き合う前より変な空気を作ってしまうことがよくある。

内心で焦ってるのを隠したり、普通を装う感じになった結果、付き合っても変わらない人との印象を与えるような態度を取る。

初めてで付き合うのが怖いと思ってる人は、「LINEしない」「電話しない」「デートしない」などの行動を取ってしまうこともあって、「本当に付き合ってるかわからない」なんて状況にしてしまう人もいる。

確かに付き合ってすぐの時期は付き合ってるような付き合ってないような微妙な距離感ができることもよくあるのだが、ここは付き合い始めに乗り越えるべき壁だ。

面と向かって話すと緊張するなら、最初はLINEや通話・電話をメインにコミュニケーションを取って、彼氏彼女の関係を少し落ち着かせると、会った時の雰囲気も変わっていく。

「急に馴れ馴れしくなった」みたいに、付き合ってから態度が変わる女性や男性も問題になることがあるけど、「付き合ってもよそよそしい」と気まずい雰囲気になって別れやすいので注意してほしい。

「付き合ったらどうする?」と悩んだ時は、「普通のカップルはどうしてる?」を考えて、基本的な行動である「連絡する」「デートする」を繰り返す中で、自分たちの付き合い方を探していこう。

付き合っても何も変わらない状態になる原因は、カップルとしてのステップアップができてないから

付き合っても何も変わらない状態になるとしたら、その原因は「付き合ったのにカップルとしてのステップアップができてない」からだ。

特に付き合って1ヶ月以上経つのに付き合う前と変わらない関係になったら別れるのも時間の問題である。

カップルなら手を繋いでデートするし、キスもする。ここは付き合う前と後の変化で最も大きいことの1つなので、「大切にしている」などと幻想を語ってる場合ではなく、「進めるべきを進めること」が重要になってくる。

具体的な方法については下の記事で解説しているので、もしあなたが奥手すぎる人だったら参考にしてみよう。

デートで自然に手を繋ぐ方法~きっかけが分かったら自分から手を繋げる!
デートをする時に「手を繋ぎたいのに繋げない」と思ってモンモンとすることはみんなが経験していることだ。 まだ付き合っていない女性や男性とのデートでは「手を繋ぐべきかどうか」も悩むし、付き合っているカップルにおいても彼女や彼氏との
キスは何回目のデートでするべき?付き合ってから何ヶ月でするの?付き合い始めのキス問題を解決!
片思いから両想いになって付き合うことになった二人は、カップルとしての交際がスタートすることで、友達とはまた違った関係作りをしていく。 恋愛経験が少ないと手を繋ぐだけでもドキドキすると思うけど、その内迎えることになるキスのタイミ

こういったカップルでしかしないことをしていけば、コミュニケーションの量だけでなく質が上がるので、付き合っても変わらないなどと思われない。

気まずくなって疎遠になるのが最も悪いパターンなので、付き合いはじめはぜひ勇気を持って恋人と接しよう。

まとめ

今回は、「付き合う前と付き合ってからの態度や関係の違い」を説明した。付き合った後にどうなるのかのイメージを持てただろうか。

カップルの付き合い方は、「正しい付き合い方」がないから、特に付き合い始めが難しい。

恋愛はプライベートなことであり、二人の好みと言うか、考え方などで変わる部分がかなり大きいから、より良い付き合い方を考えた場合は、数学の公式的なものを当てはめて考えるよりも、「相手と自分の意向をどのようにマッチングさせるか」を考えた方が早く、確実性も高まる。

段々とで良いから、深いコミュニケーションを取れるように努力することが大切だ。私個人としても、付き合う彼女によって付き合い方が大きく異なっていた。

相手の話を聞くことが大切である一方、最初は遠慮勝ちになることも多いので、自分から話をすることも重要だ。

恋バナの延長線上くらいの話から、自分に取って理想的な付き合い方を話して、相手の意見を引き出しつつ、より良い付き合い方を二人で目指してみよう。

☆女性の不安である「釣った魚に餌をやらない男性心理」に対策したい場合は、下の記事もおすすめだ。

関連記事:
付き合いはじめ付き合う前
Brightfutureをフォローする
自分が結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を知って具体的な努力をして結婚できた女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知っていましたか?
いつか結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要になってます。
下の記事では、総務省の国勢調査から、年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました