【カップルのクリスマス】クリスマスとクリスマスイブどっちが大事なの?

クリスマスとクリスマスイブどっちが大事か考えながら見ているクリスマスツリー

初めて彼氏とクリスマスを過ごす女子や、初めて彼女とクリスマスを過ごす男子は、「クリスマスとクリスマスイブは、どっちが大事なの?」という疑問を持つことがあると思う。

「クリスマスデートは、クリスマス当日とクリスマスイブのどっちにするべき?」
「クリスマスは、12月24日と25日のどちらが本命デートなの?」

恋人ができて初めてのクリスマスだという人は、一般的な「カップルのクリスマス」について知りたいと思っている人が多いはずだ。

そこで今回は、カップルのクリスマスの過ごし方で初心者が悩みやすい「クリスマスとクリスマスイブのどっちが大事なのか」について具体的な理由を挙げて明確に回答したい。

その他にも、カップルがクリスマスデートをする日は何日なのか彼氏や彼女にクリスマスプレゼントを渡す日は何日なのかクリスマスイブの過ごし方はどんなデートをするべきなのかなどなど、クリスマスを初めて彼氏と過ごす女性や初めて彼女と過ごす男性が疑問に思うことを網羅的に解説していくので、カップルのクリスマスが初めてだという人は予備知識を付けておこう。

この記事のラストでは、彼氏と彼女のクリスマスの予定が合わない時の対処法や、初めて彼氏や彼女とクリスマスを過ごす人向けにクリスマス成功のコツについてもまとめている。

  1. クリスマスとクリスマスイブどっちが重要なの?カップルがクリスマスデートをする日について
    1. カップルは12月24日のクリスマスイブにクリスマスデートをする!クリスマスは何する?どんなデートをするの?
    2. 一般的にクリスマスの予定はいつ決めるのか
    3. 彼氏や彼女からクリスマスイブに誘われない場合もクリスマスイブの予定は空けておく
    4. 勘違いに注意!クリスマスプレゼントを渡す日もクリスマスイブ
  2. カップルはクリスマスイブが大事な理由:12月25日より12月24日が大切な理由
    1. 昔は「クリスマス当日を誰と迎えるか」を重視する考え方が強かったため、12月25日を大事にしていた
    2. クリスマス当日の夜は正式にはクリスマスが終わっている!本当のクリスマスは12月24日の夕方(夜)を指す
  3. カップルとして「クリスマスイブとクリスマス当日どっちが大事なのか」を考える際に重要なポイント
  4. 彼氏や彼女と予定が合わない!クリスマスイブに会えないカップルの対処法
    1. クリスマスイブに会えない時は、クリスマス当日にデートする
    2. クリスマスが終わった12月26日以降にクリスマスデートをすると、年末ムードの方が強くなる
    3. クリスマスに会えないカップルでも、二人で決めたクリスマスデートの日にプレゼント交換をする
  5. クリスマスデートは「クリスマス前の休日」が意外と人気になっているって本当?2021年の今年のクリスマスについて
    1. 「クリスマスデートはいつする?」のアンケート結果
  6. クリスマスイブとクリスマス2日間一緒にいるのはアリ?クリスマスのお泊りデートについて
    1. クリスマスイブとクリスマスのどっちも一緒にいる時の過ごし方
  7. クリスマスを初めて彼氏や彼女と過ごす人へ!カップルのクリスマスを成功させるコツ
    1. クリスマスはカップルばかりの場所に恥ずかしがらないで王道デートに誘う
    2. 混んでる場所でクリスマスデートをするなら、クリスマスディナーは予約が必須
    3. クリスマスイヴに彼氏や彼女と会う約束をしている時も、クリスマス当日の予定を入れる時は事前に話しておく
  8. まとめ

クリスマスとクリスマスイブどっちが重要なの?カップルがクリスマスデートをする日について

クリスマス当日とクリスマスイヴのどっちがカップルに取って大事な日かと言えば、「クリスマスイブ(=12月24日)」が一般的な意味で正解になる。

(※なぜクリスマスイブの方がより大切なのかの理由は次の大見出しで解説)

クリスマスで恋人と過ごす日を「1日だけ」に特定するなら、12月24日にクリスマスデートをするのが、最もオーソドックスなカップルのクリスマスの過ごし方だ。本命彼氏、本命彼女とのクリスマスデートは、まず12月24日を検討しよう。

彼氏や彼女がいる状態でクリスマスを迎えた場合、お互いに都合がつくなら12月24日にクリスマスイブデートを楽しむのが王道のクリスマスの過ごし方になっている。

カップルは12月24日のクリスマスイブにクリスマスデートをする!クリスマスは何する?どんなデートをするの?

通常(多くのカップルが大事にするという意味)、カップルは12月24日のクリスマスイブを一緒に過ごし、イルミネーションが綺麗なクリスマスデートスポットに出かけて、いつもより少し豪華なクリスマスディナーを楽しむ。

カップルのクリスマスの過ごし方は、クリスマスの人気デートスポットから選ぶカップルが圧倒的に多い。

クリスマスにカップルがたくさん集まる場所でデートすると、クリスマスの雰囲気が増して楽しいクリスマスイブになるし、実際に素敵なクリスマスイルミネーションを実施している場所はカップルで溢れている。

特に付き合いたてのカップルや付き合い始めのカップルは、クリスマスイブデートをきっかけに一気に雰囲気がカップルっぽくなるのが特徴だ。クリスマスイブは特別な日を一緒に過ごしたことで距離が縮まるデートになる。

あくまでもお互いに都合が合うことが条件であるが、彼氏や彼女とクリスマスデートするなら12月24日に誘うのが良い。

もし12月25日のクリスマス当日にデートに誘うと「イブは私(俺)と一緒にいないの?まさか他に本命の人がいるとかないよね…?」と思われてがっかりされることがある。

「クリスマスなのに友達を優先された」と思われることもあるので注意してほしい。まずは24日の予定を聞くのが彼氏や彼女へ取るべき態度だ。

一般的にクリスマスの予定はいつ決めるのか

本命の彼氏や本命の彼女がいる人は、事前にクリスマスイブの恋人のスケジュールを聞いておくのだが、一般的にクリスマスの予定はいつ決めるのかの答えは、「2週間前まで(最低でも1週間以上前が礼儀)」が答えであるものの、クリスマスがビッグイベントであることもあって1か月以上前に話題に出す(クリスマスの約束をする)カップルも多い。

それだけ楽しみにするのが彼氏や彼女とクリスマスを過ごす人の心理だ。

クリスマスイブのデートの誘いは早めに行っておき、カップル二人でクリスマスまでの日も楽しく過ごすと、さらに良いクリスマスになる。どこでデートするかなど、あれこれ話しながらクリスマスイブ当日を迎えよう。

彼氏や彼女からクリスマスイブに誘われない場合もクリスマスイブの予定は空けておく

相手からクリスマスデートに誘ってほしいと思ってる人も、12月24日のクリスマスイブを空けておくのが恋愛の基本だ。

初めて恋人と過ごす人や、付き合い立てでちょっと距離があるカップルは、彼氏や彼女から誘われない状況に寂しい気持ちになることがあるのだが、付き合ってる人がいるなら都合のつく限り、クリスマスイブは空けておこう。

最悪、クリスマスイブまで2週間を切ったらなるべく早めに自分から誘うことも検討すると良い。

勘違いに注意!クリスマスプレゼントを渡す日もクリスマスイブ

一般的なクリスマスデートは12月24日のクリスマスイブにするので、クリスマスプレゼントについても、クリスマスイブの夜に渡すのが正解だ。

さらに詳しくクリスマスプレゼント渡すタイミングや方法を知りたい人は下の記事を参考にしてほしい。

クリスマスプレゼントの素敵な渡し方~クリプレを渡すタイミングはいつ?どう渡したら喜ぶの?
彼氏や彼女のいる人に取って「クリスマス」はとても大事なイベントだ。今からワクワクしたり、ドキドキしている人も多いことだろう。 「クリスマスイブの聖なる夜をイルミネーションに飾られた街並みの中、好きな人と二人で手を繋いで歩く」

特にが医学生や高校生(中学生)は、親からのプレゼントを12月25日のクリスマス当日の朝などに受け取っていたため、プレゼントを渡すのはクリスマス当日だと勘違いする場合があるから注意しよう。

2021年現在、カップルの常識としては、クリスマス当日よりもクリスマス前日である12月24日のクリスマスイブを大事にして、いつもとは違ったクリスマスデートを楽しむのが一般的なので、付き合っている彼氏や彼女とは「クリスマスイブ」を中心にデートの約束をしよう。

プレゼントの持参もクリスマスイブのデートの時だ。良い雰囲気を作って素敵にプレゼントを交換しよう。

最初に、「クリスマスとクリスマスイブのどっちが大事か」、「クリスマスイブはどんな過ごし方をするのか」、「クリスマスデートの約束をする日はいつなのか」、「クリスマスプレゼントを渡す日は何日なのか」を整理したところで、次はなぜクリスマスイブの方がカップルは重要と考えているのかについて詳しく解説する。

カップルはクリスマスイブが大事な理由:12月25日より12月24日が大切な理由

カップルで過ごすクリスマスイブの風景

カップルがクリスマス当日よりもクリスマスイヴを大事にするようになった経緯は諸説あるのだが、代表的な理由が2つあるので解説する。

昔は「クリスマス当日を誰と迎えるか」を重視する考え方が強かったため、12月25日を大事にしていた

実はもともと日本のカップルに大事にされていたのは、12月25日のクリスマス当日の方だった。昔は「クリスマス当日の朝を誰と迎えるか」が重要視されていたのである。

ある意味でカップルで過ごすクリスマスはお泊りすることが前提な考え方になっていて、12月24日と25日をまたがって、2日連続で好きな人と一緒にいることが、クリスマスの理想的な過ごし方とされていた。

これは、クリスマスの本場で「クリスマスは家族で過ごす」という文化があったのが理由だ。

クリスマスの本場である北欧の国やアメリカでもクリスマスは大切な人と過ごすが、その対象は恋人より家族である。

そもそもクリスマスの文化を持ち込んだ外国が、一緒に住んでる家族とクリスマスイブの夜からクリスマス当日の朝をメインにクリスマスをお祝いしていたため、カップルで過ごすことも多い日本のクリスマスも、クリスマスイブの夜からクリスマス当日の朝の過ごし方を大切にした。

本場の過ごし方に日本のカップルも憧れた形だ。だからクリスマスはお泊りという文化が広がった時期があった。

そこにはカップルっぽい発想で「特別な関係だからこそできるクリスマスの過ごし方」に憧れがあったのも理由だ。恋人同士だが、確かに家族のようにクリスマスの朝を一緒に迎えるとラブラブな雰囲気が高まるのは納得できる。恋愛中の人にとってはまさに大切な人と過ごすクリスマスになる。

今もクリスマスイブとクリスマス当日の両方を一緒に過ごすのは、一般的な過ごし方の一つだ。クリスマスにお泊りできるなら、せっかく12月24日と25日の両日がクリスマスと絡んでいるので、両方一緒に過ごしたいと考えるカップルは現在も多い状況である。

しかし、仕事やそのほかのことでクリスマスイブとクリスマスの両日を一緒に過ごせる人は限られているのが現実的なところで、クリスマスにお泊りできないカップルも多い。

そこで段々と、日本のクリスマスは特にカップルの間で独自の文化が出来上がっていった。24日のクリスマスイヴの過ごし方の方が一般的な感覚で興味関心の強いところとなったのである。

特に恋人がいる人に関しては、クリスマスは「聖なる夜(holy night)」と表現されることもあって、大事な日はクリスマスイブの夜という考え方が浸透していった。

恋人と過ごすクリスマスという意味では、日本の場合、段々と25日のクリスマス当日は軽視されるようになった。時間のある人は除いて、今では24日のクリスマスイブを彼氏や彼女と過ごし、クリスマスの夜は家族や友達とパーティーする人も珍しくないのが現状である。

この他にもクリスマスイブを大事にする理由があるので見出しを変えよう。

クリスマス当日の夜は正式にはクリスマスが終わっている!本当のクリスマスは12月24日の夕方(夜)を指す

クリスマスはキリストの降臨を祝う日なのだが、クリスマスイブの本当の意味は、実は「クリスマスイブニング」で、「クリスマスの夕方(夜)」を指している。

クリスマスイヴが、「クリスマス前日」という意味ではないのがポイントだ。だから、本来の意味では「クリスマスイブイブ(クリスマスの前々日)」という言葉は完全に的外れで、諸外国からはちょっと馬鹿にされている。

12月25日をクリスマスと定めた教会暦では「日没から日没までを1日」としているため、12月24日の日没から12月25日の日没までが「本当のクリスマス」ということになる。

したがって、12月25日の夜は、正式にはクリスマスが終わっているのだ。

午前0時に日付が変わる感覚で考えると、二日間あるのが我々に取ってのクリスマスだが、正式な考え方では日本のクリスマスとクリスマスイブは同じ日で、12月25日のクリスマスの夜はクリスマスが終わっていると考える方が妥当なのである。

だからこそ日本ではサンタクロースがプレゼントを配り終えるクリスマスの朝を重視する向きがあったとも考えられる。

クリスマスが一般化する流れを考えると、こういった「本当は…」ということも検討材料にはなるだろう。「25日の夜はクリスマスじゃない」と気づけば24日の夜を重視する方が自然だし、クリスマスと言えばイルミネーションなので、夜をどう過ごすかとなれば「12月24日の夜」と答えが出る。

諸説あるものだが、こういった理由も日本のカップルが12月24日のクリスマスイブを大事にする理由になっている。

カップルとして「クリスマスイブとクリスマス当日どっちが大事なのか」を考える際に重要なポイント

カップルとしてクリスマスをどう考えるかについても説明を加えよう。

クリスマスでは「予定が合わない」という問題がよく浮上する。

24日が大事なのか25日が大事なのかを知りたい人の中には、「イヴを大事にしたい」のに「クリスマス当日しか会えない」という人もいるだろう。

または両方の日で都合が合わない場合や、恋人が人込みを嫌ったりして少しでも空いている平日や25日にクリスマスデートを希望する場合だってある。

どちらが大事かという問題は、ここまで一般論を展開してきたけれど、大事なのは「二人の希望」であることは言うまでもないことだ。一般的な感覚を知りたい人向けにこの記事を用意したが、色々なカップル事情があるため「クリスマスイブデートが必須」というわけじゃない。

二人でより満足できるクリスマスにする方が余程大事なことで、仕事の都合やその他でクリスマスの予定が合わないなら、他の日にでもクリスマスデートをしてみよう。

では、クリスマスイブに会えないカップルは、いつクリスマスデートをするべきなのだろう?

彼氏や彼女と予定が合わない!クリスマスイブに会えないカップルの対処法

クリスマスイブに予定が合わないカップル

今年2021年のクリスマスイブである12月24日は金曜日で、「クリスマスイブに会えないカップル」が少なからずいると思う。

12月25日は週末の土曜日になってるけど、それでもクリスマスに会えないカップルもいるだろう。

クリスマスイブに会えないカップルはどうしたら良いかというと、クリスマス当日の25日にデートできるのが理想だ。イブに会わないのは寂しいと思う人もいるけど、25日に会えるなら大きな問題はない。

問題はクリスマスのどっちも会えないカップルだが、クリスマスに予定があるカップルがいつクリスマスデートをするべきかというと、クリスマス後よりも断然「クリスマス前」がおすすめだ。

クリスマスに彼氏や彼女を予定が合わない場合は、クリスマス前の休日か平日にクリスマスデートをしよう。

クリスマスイブに会えない時は、クリスマス当日にデートする

カップルはクリスマスイブに会えるのが理想だが、もしどうしてもクリスマスイブの予定が合わなかったら、クリスマス当日の予定で彼氏や彼女とクリスマスデートの約束をしよう。

クリスマス当日まではクリスマスの雰囲気でデートできるので、二人が納得していれば楽しいクリスマスデートができる。

特に2021年のクリスマスは金曜日の平日であるため、残業など予期しないスケジュールが入ると予定を変更しないといけないこともある。

平日忙しくて土曜日が休みのカップルなら、今年は密を回避する意味でも二人で話し合って元々の予定をクリスマス当日にするカップルも多いと予想されている。

二人の事情や価値観をもとに、どんな予定の組み方をしたら良いか話し合おう。

クリスマスが終わった12月26日以降にクリスマスデートをすると、年末ムードの方が強くなる

今年は12月26日が日曜日だから微妙なところもあるが、クリスマスを過ぎるとクリスマス向けの催事や飾りつけが終わって街が一気に年末ムードになるため、クリスマスに会えない彼氏や彼女とはイルミネーションの華やかなクリスマス前にデートの予定を立てた方が良い。

実際に調べてみると分かるが、メインのクリスマスツリーを用意しているイルミネーションでは12月25日までしかやってないところもある。

年末年始の年越しもカップルに取って大事なイベントなのでクリスマスと分けて考えることも大切だ。

クリスマスに会えないカップルでも、二人で決めたクリスマスデートの日にプレゼント交換をする

クリスマスイブやクリスマス当日に会えないカップルも、クリスマス前にデートする日を決めて、しっかりクリスマスプレゼント交換をするのがおすすめだ。

クリスマスの思い出は「会えない」という理由でなくすべきではない。

二人の事情で会えない場合でも、きちんとクリスマスとして過ごす方がその後の付き合いが上手くいくので、付き合っている人がいるならイベントは大切にしよう。

特に男性は「会えないならしょうがない」と考えるタイプがいるけど、彼女の気持ちとギャップができるから注意してほしい。

ここら辺は下の記事で解説しているので、合わせて読んでみよう。

クリスマスの2日間会えないカップルは、クリスマス前にイルミネーションが綺麗なデートスポットでクリスマスデートをして、いつもよりも豪華なディナーを食べてプレゼント交換まで行い、良い思い出を作る。

そうでないとクリスマスに嫌な記憶が残ってしまうから、恋人とすれ違わないようにコミュニケーションを取ろう。

クリスマスデートは「クリスマス前の休日」が意外と人気になっているって本当?2021年の今年のクリスマスについて

おととしの2019年12月24日のクリスマスイブは平日の火曜日で、「クリスマスをゆっくり過ごせない」というカップルが多かったのだが、クリスマスデートをクリスマス前の休日(2019年12月21日土曜日)にすることでクリスマスを満喫する方法を選んでいるカップルが多かった。

このことから、2021年のカップルのクリスマスは、12月25日クリスマス当日にクリスマスデートをするカップルや、混んでない日にクリスマスデートをするためにクリスマスの前週にデートするカップルも多く出ることが予想されている。

ここで、クリスマスに関するあるアンケート結果を紹介しよう。

「クリスマスデートはいつする?」のアンケート結果

恋愛恋活ラボが未婚男女200人を対象に行ったクリスマスに関する調査結果では、「クリスマスデートをする日はいつ?」との質問に一昨年前はこんな回答が寄せられている。パーセント表示で票を作ったので確認してほしい。

【クリスマスデートをする日はいつ?】

男性女性
12月21日(土) 19% 37%
12月22日(日) 15% 14%
12月23日(月) 5%4%
12月24日(火) 45% 30%
12月25日(水) 16% 15%

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000025460.html

やはり、全体では12月24日のクリスマスイブにデートする人が最も多かったのだが、女性は12月21日の土曜日にクリスマスデートをする人が最も多かった。

このアンケート結果を参考にすると、女性心理の方がクリスマスイブに拘ることなくクリスマスを満喫したい心理が強く、男性心理ではロマンティストでイベント当日を大切にしたい心理が強いことが分かる。

もし、クリスマスイブに拘りがない男性だったら、クリスマス前の休日か、クリスマス当日の土曜日の予定も含めてクリスマスデートを提案してみると彼女が喜んでくれるかもしれない。お互いの希望を合わせるために、柔軟なスケジュールを考えよう。

カップルがクリスマスを成功させるには、「お互いにどんなクリスマスにしたいか」を話して、クリスマスの理想の過ごし方をすり合わせることが大切だ。

クリスマスイブとクリスマス2日間一緒にいるのはアリ?クリスマスのお泊りデートについて

クリスマスイブにお泊りデートをして、クリスマス当日も一緒にいるカップル

クリスマスイブとクリスマスの二日間一緒にいることについてだが、予定が合って二人がそれを希望する雰囲気があるなら、クリスマスにお泊りデートするのは大いにアリだ。

私自身、何度も経験があり、よりクリスマスを満喫できた思い出がある。

特に、彼女か彼氏のどちらかが一人暮らしの人はイブとクリスマスを2日間過ごす方がラブラブなクリスマスになるだろう。

クリスマスイブとクリスマスのどっちも一緒にいる時の過ごし方

クリスマスイブに泊まる予定のカップルは、24日に豪華なデートをし、25日は比較的ゆっくり過ごすクリスマスデートプランがおすすめだ。

私の経験で話すと、24日はクリスマスイルミネーションが綺麗な有名デートスポットに行っていわゆる “王道クリスマスデート” を楽しみ、25日に家で彼女と一緒にケーキを作った時のことが強く思い出に残っている。

二日間違うデートスポットでクリスマスを満喫するのもアリといえばアリなのだが、クリスマスはプレゼント代もデート代もかさむお金がかかる恋愛イベントだから、無理をし過ぎるとお互いに負担になることがある。

メリハリをつけるという意味でも「24日のクリスマスイブは豪華」に、「25日のクリスマス当日はゆっくり」がおすすめだ。

このように、クリスマス2日間のうちどちらが大事かという問題が悩みになるとすれば、どちらをより重要視するかということが本来の問題でもある。二人で話してみて、自分たちカップルに取ってより楽しく幸せなクリスマスにしよう。

クリスマスを初めて彼氏や彼女と過ごす人へ!カップルのクリスマスを成功させるコツ

クリスマスを初めて彼氏と過ごす女性と、初めて彼女と過ごす男性向けに、初心者カップルのクリスマスを成功させるコツを解説する。

私のクリスマス失敗談をもとに注意点を解説しよう。

クリスマスはカップルばかりの場所に恥ずかしがらないで王道デートに誘う

初めて恋人と過ごすクリスマスはカップルばかりの場所に誘うのに恥ずかしいと思うことがあるけど、カップルのクリスマスを成功させるには絶対に王道デートに誘うべきだ。

恥ずかしがらずに人気デートスポットでデートして、思い出に残る素敵な過ごし方を企画しよう。

家でクリスマスをお祝いするカップルがいても全然良いし、クリスマスツリーやクリスマスイルミネーションを見ないデートをするのがダメなデートとは言わないけど、私の経験では、思い出に残ると言う意味や、クリスマスっぽい雰囲気になるという点では、断然クリスマスデートスポットにメリットがあった。

恋愛初心者は、「カッコつけてると思われたくない」とか、「乙女心全開で恥ずかしい」と思わずに、思い切りクリスマスを感じられる場所でデートするのが初めてのクリスマス成功のコツだ。

混んでる場所でクリスマスデートをするなら、クリスマスディナーは予約が必須

クリスマスに王道デートを企画すると混んでる場所でデートすることになるため、適当にお店に入ろうと思ってもどこも満席になっていて、クリスマスデートがグダグダになってしまうことがよくある。

クリスマスイブやクリスマスは、友達と過ごす人や家族で過ごす人も外食する人が増えるし、イルミネーションが人気で混んでる場所ならカップルが予約で埋めてしまうから、なるべく早めにお店を予約しておくことが大切だ。

特に、クリスマスディナーはちょっと雰囲気を出したいと思うならなおさらである。

付き合いたてや付き合い始めのカップルはそこまで臨機応変に立ち回れないこともあると思うから、クリスマスデートスポットが決まったらディナーのお店もセットで考えていき、予約しておくと安心だ。

クリスマスに失敗する原因の第1位は「ご飯を食べる場所」に関する問題なので、ここも慎重に考えよう。「クリスマスなのに…」と思われるお店や場所ではやっぱりがっかりされるし、「このままじゃどこも入れない…」となると楽しいデートはできない。

クリスマスイヴに彼氏や彼女と会う約束をしている時も、クリスマス当日の予定を入れる時は事前に話しておく

クリスマスイヴに彼氏や彼女と会う約束がある人も、「友達とクリパする」などクリスマス当日の予定を入れる時は、事前に恋人に話しておくのが「カップルのクリスマス」として意外と大切なことだ。

クリスマスをどう過ごすかは人それぞれ感覚の違いがある。今年のクリスマスは25日が土曜日であることもあって、仲良しカップルは2日間会うケースも多いと思われる。

サプライズやお泊りを企画する人もいることを考えると、クリスマスイヴとクリスマス当日はどっちも恋人のことを念頭にスケジューリングする方が誤解やすれ違いのリスクを回避できる。

もちろん、イブを彼氏や彼女と過ごして、クリスマス当日を家族や友達と過ごす人も多いので、どっちが良いか悪いかの問題ではない。恋人を軽視してると思われるような態度を取らなければ誤解されることが無いという意味だ。

私の経験ではこの問題で2回クリスマス前に喧嘩したことがあったことなので、クリスマスイブとクリスマス当日の予定に関しては恋人の気持ちを考えながら決定しよう。ちゃんと事前に話しておけば話し合いができたり、勘違いですれ違いが起きることがない。

長続きするカップルの秘訣10選~長く付き合うにはどんな付き合い方をしたらいいの?
もしあなたが大好きな人と付き合うことになったら、あなたの精一杯で恋人を大切にしてあげてほしい。長続きするカップルになってほしいのだ。 カップルは、不安や心配や期待や嫉妬などなど、複雑な恋愛感情をお互いに向けあっている関係だから

まとめ

今回はカップルのクリスマスについて、「クリスマスとクリスマスイブどっちが大事なのか」「クリスマスデートをする日はいつなのか」を中心に解説した。

後半では、クリスマスに彼氏や彼女と会えないカップルの対処法や、初めてクリスマスを恋人と過ごす人への注意点なども解説したので、ぜひ総合的に参考にしてほしい。

一般的にカップルが大事にしているのはクリスマスイブである12月24日の方なので、恋人をクリスマスデートに誘うなら、クリスマスイブを中心に考えよう。少し豪華なデートをするべき日についても、クリプレを渡す日についても、クリスマスイブの夜が適切だ。

クリスマス当日に出かけるのにもメリットがあるし、イブに予定が合わない場合はクリスマス当日にデートをするので問題ない。ただ、一般的にはイブを重要視しているので、その際は恋人に当たり前のように話さないでしっかり事情を話そう。二日間のうち、どちらか会えば良いというわけではないので伝え方に注意すると良い。

もしクリスマスに予定が合わないカップルは、クリスマス前にクリスマスデートを楽しもう。イルミネーションはクリスマス前から各所で楽しめるが、クリスマスを過ぎれば一気に街が年末ムードになるので、せっかくのイベント感が台無しになることがある。

それぞれのカップルが楽しく幸せなクリスマスを過ごせるように、前もって準備して、聖なる夜を大切な人と祝おう。

クリスマス関連記事:

クリスマス
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました