付き合い始めに不安な状態からラブラブなカップルになる方法

付き合いはじめに不安だったカップルが仲良くなった様子

彼氏や彼女が出来たばかりで付き合い始めの頃は、まだ付き合いが浅いことでしっくりこないことが多いから、不安になることもあるだろう。

なるべく早くラブラブなカップルになりたいと思っても、どうしたら良いか分からないことも多いはず。
好きだから遠慮してしまうだろうし、闇雲には行動ができないだろう。

そこで今回は、「付き合い始めで不安な状態からラブラブなカップルになる方法」を紹介するので付き合ったばかりのカップルは参考にしてみよう。どうしたら二人が軌道に乗っていくのか解説する。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

どうしたら相手は心を開くのか

まず、付き合ったからと言って相手が心を開くわけではないので、心を開いてくれるように持って行く必要がある。

以前から伝えていることだが、私はカップルの信頼関係は「想い合い」によって築かれていくと思っている。
要するに「両想い」を確認し続けることが最も早く信頼関係を築く方法であり、それが不安を取り除いていく。

彼氏や彼女に嫌われることが怖いから不安を持つし、特別な存在は失うのがとても怖いと感じるのが人間だ。安心感ばかりに目がいけば、良い付き合いにはならないことが問題を難しくしているが、付き合い始めは信頼関係を築くことを念頭に置いておくと良い。
ラブラブ期を迎えるためには信頼関係が必須となっている。

では、「想い合い」「両想い」をどのように確認するか。

それは、自分から心を開いて素直な言葉に気持ちを乗せて相手に届けることが全てだ。

付き合い始めに、
「何かぎこちない」
「何かしっくりこない」
このような感情を持つのは、相手がよそよそしかったり、遠慮しているから。

大事な人を目の前にすれば、誰だって慎重になる。
好かれたい気持ちが強くても、どうしても嫌われたくない気持ちの方が強くなる。
これだって人間の定めのようなもの。

だったら、相手に期待する前に自分の気持ちをしっかり伝えることに努力しよう。
大概、自分達の空気についてカップルで考えていることは似たような印象を持っている。
ぎこちなさをあなたが感じているのなら、相手も感じているだろうし、あなたが相手に期待しているなら、それは相手も同じ。

ちゃんと彼氏や彼女が好きでいてくれることを信頼できれば、素直になることはできてくる。
そのきっかけを如何に作るかが大事で、それがいつになるかが重要だ。

信頼関係を作ることができたら、ほとんど時間をかけずにラブラブな状態に移行できる。
気を使っている状態が思いやる関係になって、好きって分かるから好きって伝えたくなる。

単純に時間をかけることでも、それを達成することはできるだろう。
しかし、気まずい相手になってしまうこともあり得ないことではないし、一緒に居て苦しいのならどうしてもその時間を避けたくなる面もある。

それなら自分から行動する方が余程生産性の高い行動だし、相手もきっと喜んでくれるはず。
人の気持ちは行動にも出るけど、伝えないと分からないことは多い。ちゃんと伝える勇気を持とう。

自分から行動して、心を開く。
これが最も大事なことだ。

それでは次から「自分から心を開く具体的な方法」を説明しよう。
ちょっとした言葉や行動が、相手に与える印象を変えて、あなたが心を開いてくれていると感じさせることができる。

ラブラブなカップルになる方法

相手が心を開くには、まず自分から心を開くのが大事だと説明してきた。

では、具体的にどのような言動が彼氏や彼女にそう思わせるかを紹介するので、自分ができることをどんどん実践しよう。

一言に気持ちを乗せる

会話の中に一言だけで良いから、気持ちを乗せる言葉を使おう。いきなり愛情表現しようと言ってもできない人が多いと思うから、それならいつもの話し方を少しだけ工夫する瞬間を作ることから始める。

会う約束をするなら
「ヒマだったらどこか行かない?」
よりも
「もし時間あるなら一緒にどこか行きたい」
の方が気持ちが伝わる。

デートの終わりなら、
「今日は楽しかった。ありがとう」
よりも
「今日は一緒に居てくれてありがとう。楽しかった」
の方が自分という存在が強調されていて、気持ちが伝わるように感じるはず。

二つの例だけだから状況次第で変わると思うし、もっと良い言葉もあるのだろうが、言いたいことは「好き」って言わなくても「好き」だから出る言葉を選べば伝わるんじゃないかってこと。

当たり障りのない言葉は、やはりカップルで会話していると余計によそよそしいから気をつけてみよう。

一言だけでいいから、気持ちを乗せてみる。
サラッとでいいから「それって好きだからだよね」って言葉を届けてみよう。

自分から手を繋ごう

f:id:Brightfuture:20160713185541j:plain

これを読んでいる人が女の子であれば、ちょっと躊躇するかな。
でもね、彼女の方から手を繋ぐカップルは少なくないよ。
全然珍しくない行動なのは知っておこう。

確かに最初は彼氏にリードしてほしいと男性の立場でも思うけど、
「手を繋ぐの好きじゃない?」
くらいは促してもいいと思う。
ちょっと攻めすぎと感じるなら
「寒いね」
って手を暖める仕草をしてみても気付いてくれるかもしれない。

男子が読んでいるのなら、付き合い始めこそ自分から手を繋ごう。

どうせどちらからかアクションを起こさないといけないわけだし、それなら男が担おうかなという気持ちは欲しい。きっかけがないと気まずいなら、ヒールを履いている彼女を気遣って階段や足場の悪いところで手を繋いであげても良い。

理由はどんなものでもいいから、「自分から」を大切にしよう。

カップルが手を繋ぐことで得られる効果がある。下の5つは付き合いはじめのカップルにぜひ知っておいてほしいことだ。

  • スキンシップが距離を縮める
  • 安心する(どちらかと言うと女性的)
  • 恋人同士だと自覚できる
  • 好きな人に触れたい欲求が一部が叶い、一部は上昇する(どちらかと言うと男性的)
  • 最初はドキドキが止まらない

時期とかによっても変わってくるが、上のような感覚を持つ。

カッコ書きしたのは、あくまでどちらかと言うとであり、当然強弱の違いだけで、男女に共通する部分がある。

今回のテーマ「付き合い始めに不安な状態からラブラブなカップルになる方法」という意味で大きいのは、スキンシップが距離を縮めることと、安心感を与える点だろう。

手を繋ぐ効果は大きい。

さらに、問題は「手も繋がない関係」がもたらすデメリットがある点だ。
多くの恋人達が手を繋いで歩く中、自分達も恋人同士なはずなのに手を繋がないことは、何だかそれだけ距離が遠いことを意味しているような気分になり易い。それがまた「不安」を連れてくる。

ずっと手をつないでくれない恋人がいるなら、待ちゆくカップルが羨ましく見えることもあるくらいだ。
それを考えると、付き合っているのだから手を繋ぐくらいはやっておくべきかなとも思う。

心配は言葉に出そう

友達が自分のことを心配してくれることはよくあることかもしれないが、そういった内容も含めて「心配」している気持ちは相手に伝えるようにしよう。

心配するのはそれだけ大事だから。
愛を感じる瞬間になる。

遠慮していると、言えないことばかりが浮かんでは消えていくけど、心配する気持ちは伝えるべきだ。これも先程と同様に、心配してくれないことはすごく寂しく感じることだし、気にかけてくれていることが分かると大事に想ってくれていることがよく伝わる。
「心配だよ」
それだけで結構救われる気持ちになるものだ。
一言でいいし、長々話すことはないから、素直な気持ちを言えるようになるためにも、「心配していること」は相手に伝えよう。

もう一歩進んで考えるなら、恋人同士だからこその会話がラブラブなカップルへの道を切り開く。

「嫉妬」からくる心配はカップルにしかできない会話だ。
片思いは、嫉妬を伝える際、直接言うことはできない場合が多い。
それは嫉妬を伝えることが、好きという気持ちを前提にしているから。
テクニックとして使える部分を持っているが、普通は嫉妬していることを隠そうとする。

嫉妬していることは、恥ずかしいことだったりネガティブな印象のある言葉だが、本当に好きな相手から嫉妬していることを聞かされて喜ばない人はいないと思う。

それだけ好きなんだなって思う瞬間だ。

駄々をこねるようではいけないが、気持ちを確認し合う機会が乏しいのなら嫉妬から気持ちを伝えることも有効な方法。伝えた方次第で内容も重くならないし、意味深に伝えても良い。
内容によっては相手が困ってしまうこともあるのだが、まだ付き合い始めで不安な状態であればそうはならないだろうし、良いアプローチになるはずだ。

色々な方法を実践することでカップルはカップルらしくラブラブになっていく。焦る必要はないにしても、相手だって色々考える以上、遅きに失するのは防ぎたい。

まとめ

今回は付き合い始めに不安な状態からラブラブなカップルになる方法を紹介した。
付き合い始めは、とにかく自分から心を開いていくことが大事で、あまりよそよそしい関係を続けるべきではない。

具体的な方法は、会話の中に気持ちを乗せる言葉を入れていくことが一番大事。
思うところは色々とあるが、少しずつでも努力をすると、関係が変わってくる。

一辺にカップルの状態が変わることがなくても、小さいことから少しずつ変えていくことでラブラブなカップルになっていくことはできると思うので、自分のできることを実践してみよう。

関連記事: