喧嘩して謝ったのに無視される時や許してくれない時の対処法

好きな人とケンカしてしまい、誤ったのに許してくれないことに悩む男性

彼女や彼氏と喧嘩した時は、落ち込んだり、ムカついたり、日常のことに集中できなくなったり…、悩んでしまう人はとことん気にしてしまうことがある。

特に、ちゃんと謝ったのに無視される場合や許してくれない場合は、喧嘩してから仲直りするまでの期間も長くなるので、しんどさはより大きいだろう。

そこで今回は、「喧嘩して謝ったのに無視される時や許してくれない時の対処法」を解説する。

謝っても無視する人の気持ちや、許してくれない時にできることに触れるので、好きな人とケンカしてしまった人は参考にしてみよう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

謝っても許してくれない時は、「謝り方」を再考する

今回の記事では「謝ったのに」と前提があるので、喧嘩の主な原因はあなたにあったということだろう。「してしまった喧嘩を早く終わらせるために自分から謝った」という場合も考えられるが、そんな人も含めて「謝り方を再考する」ことは、喧嘩して謝った時に無視された場合や許してくれない場合ですごく大事なこと。

謝り方を再考するのは「まだ怒っている」という理由で無視される、許してくれないという場合に有効な対処法だ。

謝ったのに許してくれない時と言うのは、「謝られたけど謝るポイントがずれていた」「謝罪の心が足りない」と相手が感じている時に多い。そこに対処することで相手の態度が変わる場合は少なくない。

あなたがあることに怒った時、ずれた謝罪で余計に怒った経験はないだろうか。

「そこに怒っているんじゃない!」と、カップルは性別が違うからこそポイントにずれが出ることが本当に多い。感性が違うから、怒っているポイントを見誤ることが多いのである。

彼女・彼氏が怒った理由は何だろう?
もう一度考えて相手に取って正しい謝り方になっていたのかを考え直してみよう。

また、謝ったと言っても「カタチだけ」と感じさせたのかもしれない点も一緒に再考しておこう。言葉も大事だしその時の態度も大事だ。謝罪の全体を考えるようにするのが対処のコツとなるので、ケンカから時間がたった今だからこそ冷静に振り返ってみよう。

スポンサーリンク

ケンカして謝っても無視される理由・許してくれない理由

謝罪全体を考える上で参考になると思うので「謝っても無視される・許してくれない理由」を整理しておこう。

下に挙げる原因に当てはまる場合はきちんとした対処をしないといけないパターンなので、喧嘩に至る過程を考えてみよう。

繰り返しや短期間に「同じこと」が問題になった

別れるかどうかを考えていた場合もそうだと思うのだけど、喧嘩した後で「仲直りしても意味がない」と感じれば無視されることが多く、じっくり考えたいと思うものだ。

繰り返しや短期間に「同じ内容で喧嘩した」際は、「仲直りしてもまた繰り返す」と思われるので、しっかり問題点を洗い出して話し合いをしないと、許してもらえないパターンが多い。

細かいことがたまっていた

喧嘩のきっかけが些細なものであったとしても、「細かいことが溜まっていた」というパターンはなかなかケンカのほとぼりが冷めない。

喧嘩の原因を振り返っても「大したことじゃない」と思う時は、彼氏や彼女が「不満を溜めていなかったか」という点を考えてみるべきだ。

嫉妬を素直に表現できない

嫉妬が喧嘩の原因になっていると、素直な言葉が出ないために仲直りが難しい。

喧嘩が長引くのは「お互いに素直になって話し合いができない」のが理由になりやすいので、彼氏や彼女が「もしかしたら嫉妬したのかな?」と振り返ってみるのはすごく大事なことだ。

もし心当たりがある場合は、自分からその問題を取り上げてストレートに謝罪しないと、相手から言い出しにくいので注意が必要である。

特に男性は嫉妬する自分がカッコ悪いと思ってしまうので、彼女は彼氏が好きだったら気を遣いたい部分である。

喧嘩ばかりになっていた

喧嘩の原因は様々だったとしても、喧嘩ばっかりになったカップルはその内無視されるような態度を取られることが多い。「謝ったのに許してくれない」と言うより、「許してもまた喧嘩するから仲直りする意味がない」と思われてしまい、向き合ってくれなくなる。

まだ末期化する前なら「今からできること」があるので、この状態を放置しないようにしよう。喧嘩ばかりになってしまったカップルは、どこかで仕切りなおさないと確実に別れる。

結果的に(謝罪を含む)自分の言葉が軽くなってしまっている

彼氏や彼女から「信用されなくなる」という状態も、末期化するカップルの一歩手前の状態だ。自分の言葉が軽くなると、気持ちが恋人に届かなくなるから、謝っても許してくれない状態となり、無視されることも出てきてしまう。

たとえば、「直してほしい」と言われたことを繰り返してしまったり、「やめてほしい」と言われたことを繰り返してしまった時は、話をした時の言葉が結果ウソになってしまうので、どんどんあなたの言葉が信用されなくなっていく。

生返事をするような「いいかげんな受け答えをする人」だったり、仲直りする時だけ「適当に謝る人」など、ここは様々なタイプがいる。

日常のささいなことであれば多くは問題ないのだが、恋人の大事な気持ちには真摯に応えようとする姿勢が大事。ウソが多い人は「浮気」も疑われるので、真剣な交際を望む人と相性が悪い。

ここまででもう一度「無視される理由・許してくれない理由」を振り返ったところで、次からは具体的に解決策を解説していく。

立て続けに何度も謝るのはNG!何度も許しを請うのはしつこいと思われないかを考える

相手がかまってちゃんではないとすれば、無視している時に「立て続けに何度も謝られる」とうんざりすることの方が多い。短期間に何度も許しを請うのは、しつこいと思われないかを考えるべきだ。

「考える」と敢えて選択肢を残したのは、相手の性格を考慮するべきだからである。

女性の言う「ほっといて!」が放っておいてはいけないことが多いのと対照的に、男性は黙っている時に放っておくべきだったりするし、それは男女差以外に性格も大きく影響する。

これまでの付き合いで相手の性格がある程度分かっていると思うので、相手の彼氏や彼女があなたにどんな態度を取ってほしいと思っているのかしっかり考えてみよう。

恋人を無視する時は「時間を置きたい」と考えていることも多い。一度沸点に達してしまったイライラの感情を処理する方法は相手にぶつけるだけが方法ではないから、自分を落ち着けるため、もしくは相手の反省をより強めるためなど、「無視する」理由はいくつかある中で「時間を置く」という選択肢は選ばれやすい状況がある。

もし相手が時間を置きたいと思っているなら、短期間に何度も謝罪を繰り返して相手を刺激するのが逆効果になるので、先ほど触れたように「謝り方を再考する」などして、しつこく接触するのを控えよう。

しかし、どこまでちゃんと謝るのか、どこから放っておくのか、又どのくらい時間や期間を置くべきかについてなど、疑問が多い部分だと思うのでもう少し考え方をまとめてみる。

喧嘩した時に、謝っても無視される時の対処法

一度謝ったのに許してくれない時に「二度目の謝罪」はそこまで時間を置かない方が良い結果を生む。

無視されていることで相手の気持ちは分からないが、二度目の謝罪にあまり時間を置かない理由は下の2点だ。

  • 相手が折れるタイミングを探している可能性がある
  • 相手があなたにより強い反省を求めている場合に、長い時間の経過が余計にイライラさせる

問題となったことにもう一度向き合って謝り方を考えたら、一度落ち着いて、次の日や2・3日空けて謝ってみるので良い。

この時、どんな方法で謝るべきかについてだが、LINEやメールを使った「手紙形式」が状況的に合っていると考える。

普段は重い内容でLINEすることは少ないと思うので、適度な重さ(=真剣さ)を出すために、手紙形式で気持ちを伝えてみよう。

LINEやメールで謝罪するメリット

会いに行く・電話をかけるのも悪くないが、相手の都合(精神的・時間的な都合)が分からない点が問題だ。もしスケジュールを把握しているなら「会う」という選択肢も考えてみても良いが、無視されていることを考えれば「手紙形式にするメリット」は大きい。

以下、そのメリットを挙げてみよう。

  • 一方的に謝罪ができる
  • 相手が都合の良い時に自分の謝罪を読み、何度か繰り返し確認することが可能である
  • あらゆる意味の「タイミングのずれ」を回避できる
  • 面と向かって言えないことも文字でなら伝えられる
  • 再度売り言葉に買い言葉で喧嘩を再発させない
  • 電話に出ない、会いに行っても会えないなど、自分の努力が完全な無駄になることがない(空回りすることで再度自分がストレスを抱えるのをある程度防げる)

以上の6点が「手紙形式」で謝罪するメリットと考える。

謝罪文の「長さや表現」で重さも調整できるし、「想いを伝える」ことだったり、自分が大事だと思う点を強調することも可能だ。

もし大きな問題で喧嘩したなら言いたいことも多いと思うので、話す以外の選択肢も考えてみよう。顔を見ると悲しくなったり、まだ怒っているか不安になったり、直接会っても上手く話せない人が多いから、ベストな選択になるパターンは決して少なくない。

謝っても許してくれない時は、とにかく素直になること

最終的に「自分らしく」謝ることができれば、きっと想いは届く。難しいことだと重々承知の上で敢えて言うが、「素直になること」が何より大事になる。

謝っても許してくれないレベルのケンカというのは、文字通り「別れの危機」である。このままでは、たとえカップルが好き同士であったとしても別れてしまう。

別れた後に後悔すること8選~彼女や彼氏に「あの時にこうしておけば良かった」と振り返ること
過去記事「別れてもよりが戻るカップルの特徴や別れ方~よりが戻せるカップルとは」で、「よりを戻すカップル」についてテーマにした。 ...

今が大事な時期だと自覚して、事の重大さを理解すれば素直になることは少しだけ簡単になるので、2度目の謝罪は全力で素直な自分になろう。

カップルのケンカは「愛情を確認し合う意味」もある。今のケンカを乗り越えることができたらまた幸せに付き合っていくことは可能なので、すれ違いを防いでほしい。

2度目の謝罪も無視されたり、許してもらえなかったら

2度目の謝罪も無視されたなら、より長い時間を置くしかない。

ただ、相手が何を考えているのか、この状況になると本当に全く分からないので、対処が難しい。別れたくないと思うなら自然消滅をしないように、タイミングをずらしながら連絡はしておくべきかなとは思う。

ここまでくると、もう相手の彼氏や彼女の方が悪いとも思えてくる。

喧嘩の原因が何であったにせよ、付き合っているなら相手が謝罪した以上向き合うべきだ。向き合うために時間が欲しいと思うなら、付き合っているのだから恋人としてそれを告げればいい。

色々な状況があるので「放置」は仕方ない問題になることもあるのだけど、「無視」はあまりにも残念な態度であると言わざるを得ないし、建設的な態度でもない。彼氏や彼女に思うところが出てきても致し方ない。

しかし、恋愛では「謝っても無視される」「謝っても許してくれない」ということは理不尽によく起きることでもある。喧嘩した後にまず謝って、少し時間を置いてからまた謝って、それでも無視されるときは無視されるし、許してくれない時は許してくれない。

2度目の謝罪をしっかりやって、それでも無視されるのなら、問題は恐らく相手にある。

と言うのも、謝り方が気に食わなかったり、許せない理由があるなら、付き合っている相手がちゃんと謝った以上、自分の気持ちや考えていることを相手に伝えるべきだからだ。

謝っている相手に自分の意見をぶつけるのは比較的簡単なことであって、説教みたいになってしまうこともあるけれど、たまったものを吐き出せる効果もあるので、けんかの仲直りにおいて必要な物でもある。

向き合わない相手を向き合わせるには、「想い」を届ける以外に「時間を置くこと」しかない。音信不通で変に長い時間を置いてしまうと気まずさはより大きくなってしまうので、連絡を定期的に入れながら時間を置いてみよう。

定期的に入れる連絡は短文にしてしつこさは出さず、相手が自分と向き合ってくれるのを待つ方がいいと思う。

待つ期間の目安は非常に難しいけど、限界としては2週間とかが妥当だろうか。

今までの付き合い方や会う頻度、連絡の頻度なども参考に期間を決めよう。距離を置こうと言われたわけではないし、別れようと言われたわけでもないのだから、待つと言っても何か月も待っていられない。

けんかの原因云々の前に、相手のその態度では誠実さに欠ける。すぐに対処をしてしっかり謝罪したなら良い意味の「相手の心変わり」を待ち、しっかり話し合いができる環境を作る。

今回のテーマでは、彼氏や彼女に「いかに向き合ってもらうか」が最大のポイントなので、やれることをやったら「待つこと」も必要になる。

もし自分の総合的な恋愛力に問題があるか不安になったり心配になった人は、下の記事で本格的な恋愛傾向診断を私が受けてみた体験談を書いているから読んでみよう。ここで自分の問題点が浮かびあがる人も出てくることが予想できる。

ツヴァイの「恋愛傾向診断」を実際に受けた体験談【画像あり】~無料なのに本当に当たる?数値化されるその結果がすごい!
もし、あなたの恋愛力が数値化される診断があるとしたら、受けてみたいと思わないだろうか? しかも、プロが真剣に作ったテストで、恋愛傾...

ちゃんとした謝罪をしても2週間以上無視されるなら「自然消滅」も視野に入ってしまう。以下の記事内で「自然消滅を狙う理由や心理」についてまとめているので、もし可能性を感じる時は合わせて読んでみよう。

彼氏や彼女と「自然消滅」を狙うのは何で?音信不通で別れる理由や心理とは
彼氏や彼女ができると、普通はどれだけ浅い関係に終わったとしても、別れ話を経て別れが確定する。 しかし、あまりたくさんの機会では...

まとめ

今回は「喧嘩して誤ったのに無視される時や許してくれない時の対処法」をまとめた。謝っても許してくれない彼女や彼氏がいるなら参考になる部分があったと思うので、具体的な行動に落とし込んでもらえたらと思う。

感情的になり易い「恋愛」においては、無視してでも時間を置くことに価値のある場合がある。

特に男性はストレス時に一人になりたいと思うところがあるし、ヒステリックになった彼女のテンションを下げるために「時間を置こう」と考える場合がある。

基本としてはカップルがうまく付き合っていくのに「向き合うこと」はとても大切なことだけど、どんな状態でもそうするべきかと言えば少し複雑な問題だ。

すぐに突き放す恋人ではないのなら、無視される・許してくれない時にあなたが考えることは、きっと二人がうまく付き合っていくのに良い影響を与えるものだと思うので、冷静に振り返ってみよう。

付き合ってから3か月以内の人は、下の記事も合わせて読んでみよう。

関連記事: