恋愛が短期間で終わる人の理由や原因~付き合っても長く続かないのは何で?

付き合っても続かない男性と女性、どうしたら恋愛が続くか考えいる

恋愛が短期間で終わる人は自分の恋愛に自信が持てず、将来にも不安を持つことがある。

恋愛が続かない人はたとえ好きな人と付き合えても幸せが続かないから、恋愛が辛いものに感じているだろう。

20代や30代になって2人・3人とお付き合いしたけれど3ヶ月や4ヶ月しかもたないとなれば、原因や理由を知りたくなるはずだ。

3ヶ月以上続かない、半年以上続かない、1年以上続かない等々、交際が続かない人の悩みはレベルもそれぞれ違っているが、付き合っても続かないなら恋愛が消耗戦になってしまうので、ぜひあなたの状況にあった対処法を知ってほしい。

そこでこの記事では、「恋愛が短期間で終わる人の理由や原因と対処法」について徹底解説するので、恋愛が長く続かない人は参考にしてみよう。

付き合っても長く続かない、片思いしてもすぐ好きじゃなくなるのは何でだろう?

恋愛が続かない理由と原因だけじゃなく、対処法まで掘り下げて解説していく。

付き合っても短期間で終わる人や恋愛が続かない人には理由と原因があります。長く続く恋愛ができるようになるために、この記事をぜひ活用してください。

  1. 付き合っても続かない男性や女性は、過去の恋愛の失敗を分析して「なぜ長く続かないのか」原因を考えよう
    1. 恋愛が短期間で終わる人は「次の恋愛」に過去の失敗を生かす考え方をするのが「恋愛力の成長」につながる
    2. 恋愛が続かない人は、問題解決型の思考をする意識を持つこと
  2. 恋愛が短期間で終わる人は、好きな人と深い関係が作れないのが原因
    1. 付き合っても3か月以上続かない原因の多くは、よそよそしい態度で彼氏や彼女と接して、親しくなる付き合い方ができないこと
    2. 短期間で別れる経験を増やさないために、相手を理解すること、自分を理解してもらうことに頑張る
  3. 交際期間が短い男性や女性は喧嘩の仕方が悪い!付き合っても続かない人は彼氏や彼女と話し合える人になろう
    1. 交際が長く続かない人は「自分が悪くない喧嘩」の処理方法を変えよう
    2. 恋愛が続かない人の特徴は「感情的になりやすくて話し合いができない」こと
    3. 短期間で別れないケンカの仲直りの仕方とは?
  4. 恋愛が続かないで短期間で別れるのは「相性が悪いから」ではない!彼氏や彼女と合わせていく交際の仕方をしよう
    1. たとえ運命の人と出会ってもカップルは色々なところを合わせていく必要がある
    2. 恋愛が続かない人は、カップルの相性を短期間に判断して別れる決断をしているのが特徴
  5. 交際期間が短い恋愛を抜け出すために、減点方式ではなく加点方式で見てみるという視点を持とう
    1. 恋愛が長く続かない人は「相手の長所や魅力」に注目して、品定めするように見ないように注意しよう
  6. 恋愛が続かない人の心理は「すぐに別れる」ことで自分を守っている
    1. 恋愛が続かない人はすぐに諦めることで自分が傷つくことを回避しているのが特徴
    2. 付き合っても半年しか続かない、1年以上続かない人は、カップルの雰囲気がちょっと悪くなると別れてしまう恋愛傾向を持ってることが多い
  7. 恋愛が短期間で終わる人は、カップルの波(倦怠期)を乗り越えられないのが原因になることも…
  8. 好きになる前に付き合うなら恋愛が短期間で終わる、恋愛が続かない人はちゃんと好きになってから付き合うことも考えよう
  9. まとめ

付き合っても続かない男性や女性は、過去の恋愛の失敗を分析して「なぜ長く続かないのか」原因を考えよう

恋愛のように「自分の気持ち」と向き合わないといけない事象については、「できない」とか「分からない」という答えしか出せないで、思考停止してしまう人が非常に多い

恋愛が続かない男性や女性ほど、過去の恋愛から学べることを生かせてないのだ。

恋愛の専門家である私も、誰かを好きになれば恋愛感情という特別すぎる感情を完全にはコントロールできるはずもなくて、恋をすれば迷うこともあれば悩むことがあるけど、過去の恋愛から学べることを新しい恋に活かしてきたから、「付き合っても続かない男」を卒業できた。

この記事を通して、「なぜ付き合っても続かないのか」「なぜ長く続かない恋愛を繰り返してしまうのか」を詳細に解説していくけど、まずはあなたが自分自身の問題点を洗い出すことがすごく重要だ。

恋愛が短期間で終わる人は「次の恋愛」に過去の失敗を生かす考え方をするのが「恋愛力の成長」につながる

恋愛も「学び」が生かせる分野である。

たとえば、イケメンと付き合って苦労した女性は結婚相手に「普通の男」を選ぶのは有名な話だ。

イケメンが苦手な女性の心理~イケメンが警戒される理由を紐解く!かっこいい人が苦手な女子がいるのは何で?
「イケメンが苦手」と言う女性は、どんな意味や心理でそう言うのだろう? 「イケメンは女子から人気があるし、モテるよね」という感覚が間違いとまで言わないが、イケメンが苦手な女子はそう少なくない割合で確実に存在する。 イケメン

色々な経験をすると、失敗を繰り返す人と、失敗を生かして成功に近づく人に分かれるが、これは恋愛にも言えることで、これまでの恋愛経験は「自分と合う人を探す」のにぜひ生かしたい貴重な情報である。

恋愛が続かない人は、まず「自分の過去の恋愛」について、時間をかけてしっかり分析してみよう。

分析というとちょっと言葉が固いけど、今までの恋愛を振り返って「どうしたらうまくいったのか」を自分の行動や態度で振り返るようにすると、「次の恋愛」に活かせることがいくつも分かるはずだ。

この過程をじっくりやってみると、好きなタイプが変わる人も出てくると思う。事実として、恋愛経験を重ねる度に好きなタイプが変わっていくこともあるが、これは「失敗からの学び」の意味も大きい。

恋愛が続かない人は、問題解決型の思考をする意識を持つこと

日常の課題解決と同じで、恋愛においても「問題解決型の思考」をすることが大切だ。

問題解決型の思考をするには、「できない」「わからない」で思考を止めず、そこから「どうしたらいいか」という視点で無いかもしれない答えを探し続ける。

誰かを本当に好きになったら「もっと好きになってもらうためにどうしたらいいか」とか「どうしたらずっと一緒に居られるか」を考える方が、「また失敗した」とか「これじゃ嫌われちゃう」と思うよりも本当に大事なことである。

恋愛が短期間で終わる人は、自分の中に「問題」を見つけ、「解決」するために思考する時間を増やそう。

この記事ではなるべく多くの人が理由や原因となるところを挙げるけれど、当然ながら個別の理由や原因はあなたの中にある。この記事でヒントを得て、自分と向き合ってみる時間を少しでも作ってみてほしい。

恋愛であっても、「分からない」から “先” が大事だ。

心の営みである恋愛においても、問題解決型の思考で自分から未来をより良いものに変えていく努力が重要です。この記事であなたの中の問題を明確にして、恋愛が続かない理由や原因と向き合ってみましょう。

恋愛が短期間で終わる人は、好きな人と深い関係が作れないのが原因

恋愛が短期間で終わることに悩んでいる人の手。

恋愛が苦手だという人の多くが好きな人の前で自分をうまく表現できないことに悩んでいる。

どうしても彼氏や彼女から「嫌われないために」という視点でコミュニケーションを取ってしまい、恋人と深い仲になれないのだ。

これは恋愛が短期間で終わる人の理由や原因になっている部分で、付き合ってもなかなか関係を深めていけないから、短期間で一つの恋愛が終わってしまう

付き合っても3か月以上続かない原因の多くは、よそよそしい態度で彼氏や彼女と接して、親しくなる付き合い方ができないこと

特に、付き合っても3ヶ月以上続かない人は、彼氏や彼女に「よそよそしい態度を取ってなかったか」「自分を作ってなかったか」を振り返ってみよう。

付き合い始めの時期にあたる、付き合って1ヶ月から3ヶ月までは、カップルがお互いに自分らしく振る舞える空気作りが重要で、よそよそしい態度を取ってるとしっくりこない交際になってしまう。

もちろん、最初から素の自分で彼氏や彼女と一緒にいることはできないのだが、デートを重ねる度に「距離が縮まってる」と実感できる付き合い方ができないと、気まずい雰囲気が漂って「会うのがつらい」「一緒にいても楽しくないから冷めた」ということがお互いに起こる。

心理学では、幸か不幸か人の恋愛感情は3年程度の期間は続くと言われるけれど、その前に多くの恋が終わってしまうとしたら、やはり明確な理由や原因がある。

特に超短期間で恋愛が終わるとしたら、その原因は「付き合うことになったけど、カップルらしいカップルになれなかった時」に多い。

付き合って1ヶ月以内で別れるのはちょっと待った!合わない彼氏・合わない彼女と別れたいなら2ヶ月目から
付き合ってから1ヶ月と言うと、まだ友達の雰囲気とカップルの雰囲気を行ったり来たりするような時期で、なかなかしっくりこない交際になってしまうことも多い交際期間だ。 案外 "1か月間" というのが長いことにも気づいたりする。付き合

感情的になって彼氏や彼女に言葉をぶつけるような態度は推奨できないけれど、実際のカップルの交際では感情を表現し合う中で深まる面もあって、作った自分は相手にどこか寂しさも感じさせる。

短期間で別れる経験を増やさないために、相手を理解すること、自分を理解してもらうことに頑張る

カップルは、付き合って3ヶ月以内にしっくりこないと「合わない」と思って冷めていく。又は、「別れた方がいいのかな?」と発想していく。

彼氏や彼女に嫌われないようにとる態度や行動は、距離を感じさせて「相性が悪い」と思われる原因になるため、付き合って3ヶ月はなるべく自分の素で接する努力をしないといけない。

ここは、実際に素で接することができるかどうかより、素の自分で接しようとする努力が大切だ。「自分の心を開いて距離を縮めようとしてる」と相手が思うと、相手もあなたと距離を縮めようと頑張ってくれるようになるから、カップルとしてしっくりくる付き合い方に近付いていく。

付き合っても3ヶ月しか持たない、半年以上続かないという人は、付き合い始めから「お互いをお互いで理解していく」ような交際の仕方をするように頑張ってみよう。

自分をわかってもらうことを恐れないで、それが心の距離を縮めるのだと思って、自分から心を開くことを大切にしてほしい。

好き同士で付き合うなら「本当の相手の気持ち」が知りたいはずで、知れば知るほど好きになる恋愛ができれば短期間に恋愛が終わることはない。

カップルは、付き合い始めたら改めて「彼氏として」「彼女として」評価をする面があるため、二人の恋愛を盛り上げていかないといけないが、自分を作ると相手も自分を作るようになり、二人は距離が縮まらないことで交際そのものに不満をためる。

短期間で別れる経験を繰り返している人は、自分を理解してもらうこと、相手を理解することに頑張ってみると、これまでの付き合い方が変わる。

いつも素の自分でいないといけないのではなく、そんな時を意識的に作れると雰囲気が良くなるから、相手に素でいてほしいと思うのなら、自分から素で接する瞬間を作ってみよう。繰り返していくと、恋人がパートナーの側面を帯びていくので、恋愛が続くようになる。

今まで「嫌われないために…」という意識が強かった人ほど短期間で終わる恋愛を繰り返さないようになる。

恋愛が短期間で終わる人の理由や原因に、自分を取り繕ってしまって無理が続かず、付き合い始めの緊張感が続き、お付き合いが軌道に乗っていかないという問題がよくある。

3ヶ月以内に別れるカップルの法則~すぐに別れるカップルの特徴って何?
せっかく付き合うことになっても、短期間で別れてしまうカップルは意外と多くて、交際3か月という期間はカップルにとって1つの壁になっている。 特に初彼女や初彼氏とは3ヶ月以内に別れる確率が高く、最初の1ヶ月から2ヶ月でうまくいかな

恋愛が長く続かない人は、彼氏や彼女を前に「自分を作ってしまう」というのがよく問題になっています。相手は自分にどんな風に一緒にいてほしいと思っているか考えてみると、「もっと理解し合える恋愛をしよう」と恋愛観が変わるかもしれません。

交際期間が短い男性や女性は喧嘩の仕方が悪い!付き合っても続かない人は彼氏や彼女と話し合える人になろう

付き合っても交際期間が短い男性や女性は、喧嘩の仕方が悪いのが特徴だ。

あるテレビ番組で発表された「喧嘩したとき許せない相手の一言」が、「私(俺)は悪くない!」という言葉だったのだが、もしあなたが彼氏や彼女と喧嘩した時に「自分は悪くない」と思ってしまうことがあったら、考え方を改めないとなかなか付き合っても続かない経験を繰り返してしまうだろう。

交際が長く続かない人は「自分が悪くない喧嘩」の処理方法を変えよう

何かがあって恋人と衝突した時、確かに全面的に相手が悪いというパターンはあるから、一方的に自分が嫌なことをされたら「あっちが悪い、自分は悪くない!」となってしまっても当然だ。

しかし、相手は相手で思うところもあり、それだけ感情的になった相手を目の前にすれば、強い言葉が恋人の感情を煽ってしまって、全く予想しない方向に話しが進んでしまう場合がある。

このサイトで何度も言っていることだけど、「相手に求めすぎる恋愛」は長く続かない原因や理由となる。

好き同士で付き合う男女の目的は「ずっとラブラブで仲良く一緒にいること」なので、できたらどんな時も見失いたくない気持ちだ。

自分は悪くないって気持ちを持ってもいいが、表現する場合はもう少し考えることができたらいいし、できれば「二人がうまくやっていくために何を伝えたら良いか」を考えるようにしてほしい。

たとえば、楽しみにしていたデートに遅刻された時、「何で遅刻したの!」「どうしてちゃんと時間通り来てくれないの!」となってしまうことがあるけど、ここで伝えるべき気持ちは「楽しみにしていたから遅刻されるとショックを受ける、好きじゃないのかなって不安になっちゃう」「遅刻しないように自分は気を付けていたから、同じ気持ちでいてくれなかったのが寂しい」というような気持ちだ。

交際が長く続かない人は、彼氏や彼女と何かあった時に感情的になってしまって、伝えるべき気持ちを伝えずに相手を責めてしまうことがあるから、自分は悪くないと思った時こそ、相手に「何をわかってほしいか」考えよう。

あなたが本音で自分の気持ちを話せば、相手は責められるよりもずっと気を付けようと思う。喧嘩したことをきっかけにお互いで気持ちを語るとより絆が深まる機会にできるから、恋愛が続かない人にはぜひ実践してほしい。

恋愛が続かない人の特徴は「感情的になりやすくて話し合いができない」こと

恋愛は究極のコミュニケーションだ。ここに問題があるとそもそも好きな人と付き合うことができないわけだけど、ある程度付き合う経験を重ねた人で問題になるのが「感情的になりやすく、深い話し合いができない」ということ。

恋愛が短期間で終わる原因である。

感情的になってしまうと問題解決が本当に難しくなるから、たとえ喧嘩の仲直りができたとしても同じ内容で喧嘩を繰り返してしまいやすい。

喧嘩が増えれば二人の雰囲気が悪くなって、別れが早まるのも頷けるところだろう。付き合っていても苦しいことが連続してしまうので、好きな気持ちはどんどん削られていく。

ここでいう「感情的になる」というのは、イライラする人はもちろん、悲観的になってしまう人、すぐ泣いてしまう人やキレる人まで、様々なタイプが含まれるので案外該当者は多い。

今一度、自分が好きな人としっかり話し合いができるタイプか考えてみよう。

前述している通り、片思いから両想いの過程でも「喧嘩の乗り越え方」は大事になっているが、それ以上に付き合ってからの喧嘩の乗り越え方は本当に大事な恋愛力だ。

自分の気持ちを優先してしまう人、自己中心的な性格で相手への気遣いを忘れがちな人は、彼氏や彼女として長く一緒にいたい人ではないから、恋愛が短期間で終わってしまう。

あなたの気持ちも彼氏や彼女の気持ちも、形がないから伝え合わないといけない。分かりあう工程がカップルの絆を深めるので、冷静に深いコミュニケーションが取れる人になろう。

もしそんな経験ができてない人は、下の記事でこれからするべき恋愛の仕方を学んでみてほしい。

感情的になりやすい性格の人は、良い話し合いができないためにカップルの問題点を解決できない人になってしまいます。短期間の恋愛を繰り返したくないならストレス耐性がテーマになる人も多いですよ。グッと我慢できた先に「伝え方を考える余裕」が持てます。

短期間で別れないケンカの仲直りの仕方とは?

交際に発展した恋愛が続かない人は「喧嘩の仕方が悪い」のがあるあるな特徴だが、カップルのケンカの仲直りの仕方が分からない人は、ぜひ下の記事を参考にしてほしい。

彼女や彼氏とケンカした時、ケンカ前よりラブラブになるための仲直り方法
カップルが上手くいくかどうかは、「喧嘩の仕方で決まる」ところがある。言うまでもなく「仲直りの方法」も含めての話だ。 良い喧嘩の仲直り方法を知っていれば喧嘩する度に仲良くなるカップルになれるし、きちんと話し合えるカップルはお互い

彼氏や彼女と喧嘩する時、「話し合いができない人」は恋愛が長く続かないと言ったが、カップルの喧嘩は複雑な恋愛感情が原因になることが多く、友達との喧嘩より解決が難しいから本質的なコミュニケーション能力が問われる。

ケンカしてしまった時は「その気持ちをどう伝えるか」とか「カップルに問題が起きた時にどう乗り越えるか」などが問題になり、短期間で別れる恋愛をしてきた人が苦手な分野になっているのだ。

添付した上の記事では、「ケンカ別れが原因で付き合っても長く続かない」「ケンカの仲直りの仕方が悪くて気まずくなってしまう」という人が問題を解決できるように詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてほしい。

短期間で別れる恋愛を繰り返している人は、カップルがお互いに「自分が悪い」と思い合えるような関係を目指して付き合うようにしましょう。そのためには、まず自分が「どうしたら良かったのだろう?」と考えて、その答えを言葉にすることが大切ですよ。

恋愛が続かないで短期間で別れるのは「相性が悪いから」ではない!彼氏や彼女と合わせていく交際の仕方をしよう

恋愛が続かない人が「カップルの相性」に悩んでいる様子。

究極的に恋愛の成功を考える場合、一つの答えに「自分とベストな相手と出会うことだ」という考え方がある。

あなたが運命の人と出会えたら、付き合っても続かない問題は自然と解決できるかもしれない。

だから、とっかえひっかえ恋人を変える人が決して間違いとも言い切れないところが現実的にあるのだと思う。

運命のパートナー9つの特徴!運命の人に出会った時のサインとは?
「運命のパートナーってどんな人なんだろう?」 「もし運命の人と出会ったらどんなサインが出るの?」 「運命の人と出会うとお互いに感じる?」 女性から恋愛相談を受けると "運命の人" に関する話がよく話題に上る。 女性の

たとえ運命の人と出会ってもカップルは色々なところを合わせていく必要がある

しかし、付き合っても続かない人や、恋愛が続かない人は、たとえ運命の人と出会えても長く続かない可能性が高い。

なぜなら、自分の理想の人は「最初から何もかも合う相手ではない」からだ。

現実の恋愛では、どんな人でも「相手と合わせていく工程」が必要になる。

運命の人なら喧嘩しないわけじゃないし、運命の人とすべて同じ価値観でもないのは何となくイメージできるだろう。

そもそも好きになった人とうまく付き合っていくことができる恋愛力がないと、どんな人ともうまくやっていくことができない。

付き合っても続かない人は、運命の人を探したところで結局は「この人も運命の人じゃなかった」と思う経験を重ねてしまう。

理想の彼氏や彼女を追い求めることを否定しないが、実際に「相性を確かめるように恋愛する人」は短期間で終わる恋愛を多く経験する。

私の経験を振り返れば、どれだけ相性が良いと思った相手とも、二人で合わせないといけないことが多数存在した。

半年続いて、1年記念日を迎えるカップルの多くは、お互いのパートナーとして「合わせること」もやっている。付き合っても1年以上続かない女性や男性は、この事実と向き合って、自分なりに彼氏や彼女と合わせていく方法を考えることが本当に大事だ。

彼氏や彼女と合わせていく工程は無意識に行われることもあり、意識的じゃない場合も多いのだが、恋愛が短期間で終わる人は「合う合わない」で考えてしまい、「どうしたら合うようになるのか」の視点が弱い傾向がある。

長続きするカップルの特徴は、段々と合うように付き合い方を工夫するところにあるから、いつも交際期間が短い男性や女性は意識を変えよう。

恋愛が続かない人は、カップルの相性を短期間に判断して別れる決断をしているのが特徴

恋愛が続かない人は、「合うか」「合わないか」を短期間に判断して、一つの恋に終止符を打つのが特徴だ。彼氏や彼女と合わないことを苦痛だと思いやすい傾向もある。

でも、交際3ヶ月や4ヶ月のカップルは、まだ相手を理解しきれていないで多くの勘違いも抱えている。

「優しい人が好きなんだろうなと思って優しくしていたけれど、彼女はもっと男らしくリードしてほしいと思っていた」なんて話はよくある話だ。

これは一例に過ぎず、色々なパターンがある。

つまり、付き合ってから1ヶ月や2ヶ月では「本質的に二人が合わない」との答えを出すことはできず、本来の彼女や本来の彼氏も見えていない可能性すらあることは、付き合っても続かない人がぜひ理解しておいてほしいことだ。

恋人の本質は交際1年を過ぎたあたりから分かり始めるくらい、簡単には分からない。

付き合ってみたら合わない人だって実際は多いのだけど、合う人とはなかなか出会えない中で、勘違いまで発生してしまっているとしたら、短期間で終わる恋愛を繰り返すのも必然になってしまう。

私の経験では「付き合い方」でさえ付き合ってからの期間でどんどん変わったし、相手の印象も少しずつ変わった。この現象は、私が付き合った20人以上のすべての彼女で起こったことだ。

「付き合ってみたけど合わなかった」という恋愛を繰り返してしまっているとしたら、違う考え方で次の彼氏や彼女と付き合ってみたらどうだろう?

「合うか合わないか」から「合わせる」ことができれば、きっと長く続く彼氏や彼女が現れる。

合わせたいと思うくらい好きになることが条件になるけど、「合わないのが悲しい」と思っているとどんな人ともどこかで合わないことが出てきてしまうから、ここはぜひ本質的な意味を考えてみてほしい。

カップルで様々なことを合わせる工程は、合わせたいと思ってると交際期間が経つ度に少しずつだけど自然に合ってくることもあるので、好きな人と価値観を合わせていく付き合い方をしたことがない人は、ぜひ下の記事を参考に恋愛力を高めてほしい。

彼女や彼氏と「合わない」と思った人へ~段々と合うようになるカップルの付き合い方とは
付き合いはじめは、彼氏や彼女と「合わない」と思ってしまうことが少なくない。 ノリ合わない彼氏、考え方が合わない彼女など、合わないカップルと言っても様々な種類があるが、合わない人と付き合っていると、周りにいるラブラブなカップルが

交際期間が短い恋愛を抜け出すために、減点方式ではなく加点方式で見てみるという視点を持とう

あなたが告白された方の立場で、好きになる前に付き合うなら「減点方式」で恋人を見ても良いのだろうが、もし好きになってから付き合うのに短期間で終わるとしたら、「加点方式」で相手を前向きに見るようにしてみよう。

付き合い始めは、まず彼氏や彼女の「いいところ」に注目してみると、自分の気持ちが盛り上がることで相手の気持ちが盛り上がる好循環に入ることができる。

恋愛が長く続かない人は「相手の長所や魅力」に注目して、品定めするように見ないように注意しよう

恋愛が短期間で終わる人は、品定めするように好きな人を見ているのが、恋愛が続かない理由や原因になっている場合がよくある。

まっすぐに見ようとしても無意識に減点方式で見てしまう人もいるので、自覚がない場合もあるのが少し難点だ。

ここは、特に恋愛が続かない男性のあるあるなので、好きになってもすぐ冷める、付き合ってもすぐ別れたくなるという人は、意識的に加点方式の見方をしてみると変わる場合があるかもしれない。

男性と女性の恋愛観の違い~男女は「減点方式と加点方式」で異性の評価の仕方が違う
恋愛は異性の心理をよく理解する方が片思いのアプローチも、両想いの付き合ってからも上手くいきやすいが、あなたは男女の恋愛観の違いをどこら辺に感じているだろうか? 男女では、異性を評価する仕組み、好きになる過程やポイントが、性別に

人の特徴は見方によって印象がだいぶ変わる。

私のように彼女を引っ張るタイプなら「自己中心的」だと悪い方向で見ることもできる感じだ。

本当に好きになっているなら恋人を完全に客観視できないけど、「この恋愛は長く続くだろうか」という見方をしていると減点方式の見方が強まって、逆にうまくいかない原因になるから注意してほしい。

恋愛が短期間で終わってしまう人は、相手の良いところをどんどん探していくように付き合ってみると変わってくることがある。

交際期間が短い恋愛を繰り返している人は、「この人とずっと一緒にいよう」と思いながら恋愛してない部分があります。加点方式で彼氏や彼女を見るようにすると、付き合ってる内にもっと好きになるということが可能になってきますよ。そうなれば、恋愛が続かない人も大きな変化が期待できます。

恋愛が続かない人の心理は「すぐに別れる」ことで自分を守っている

短期間で終わる付き合い方をする女性。

恋愛が続かない人は粘り強さがないとよく言われるけど、もっと詳しく解説すると、恋愛で粘り強さがない理由は、傷つきたくないという心理が強いからであり、精神的な弱さが「逃げる心理」につながっている。

恋愛は本気になるほど好きな人との間に起こる事に幸福を感じるが、その分傷つく可能性が高まってしまい、真剣な恋愛は正直言ってしんどい。だから、恋愛に逃げ癖がある人は恋愛が続かない。

恋愛が続く人は、好きになった人との間に起こることのすべてを受け止める精神的な強さがあり、恋愛が続かない人は、どこか自分を守りながら恋愛しているから、彼氏や彼女と本当の意味の絆ができないですぐに別れてしまうという特徴がある。

恋愛が続かない人はすぐに諦めることで自分が傷つくことを回避しているのが特徴

恋愛が続かない人は「すぐに別れる」ことで1つの恋愛を諦める決断をするけど、その時の心理は「さらに自分が傷つくことを回避したい」という気持ちが大きく関係している。

次の大見出しで詳しく解説するが、カップルは良い時期と悪い時期を繰り返すところがあって、しかもこのサイクルは思った以上に短期間で起こるから「簡単に諦めてしまう人」は恋愛が続かない理由になってしまう。

付き合っても半年しか続かない、1年以上続かない人は、カップルの雰囲気がちょっと悪くなると別れてしまう恋愛傾向を持ってることが多い

雰囲気が悪くなるとすぐに諦める人は、付き合っても半年しか続かない人や、1年以上続いたことがない人に多い傾向だ。

付き合い始めの気まずい雰囲気は乗り越えることができるけど、カップルが悪循環に入ったところですぐに別れる決断をしてしまうと、付き合って半年から1年くらいの期間で別れてしまう。

恋愛が長く続かないことに悩む人は、ぜひ「簡単に諦めてしまっていなかったか」「嫌な雰囲気になった時にどうしたらまた仲良く付き合えるか考えることができていたか」を振り返ってみてほしい。

彼氏や彼女とうまく行かなくなると、「別れるかもしれない」と不安に思うところから「傷つきたくない」と思ってしまい、意図的に自分の気持ちを抑えていく人がいる。

恋愛が続かない人の中には「振られるくらいなら自分から振りたくなる」という恋愛傾向を持ってる人も決して少ない。

そうなれば相手はあなたの態度や行動から「冷めたのかもしれない」「別れようとしている」と不安になって悪循環に陥り、どうしても別れが早まる。

恋愛が続く人は、好きな人のために傷つく覚悟を持って頑張ってる人であり、恋人の気持ちをまた自分に向けさせることができる人だから、恋愛が続かない理由が「逃げる心理で諦めてしまう」という点になっている人は、ぜひこの違いに注目してほしい。

恋愛から逃げてしまう自分から向き合う自分へ変わりたいなら、聞いてほしい7つのこと
「恋愛から逃げる自分を変えたい」 「恋愛に真剣に向き合う自分になりたい」 恋愛は、これ以上ない幸せを感じさせれくれる一方で、辛いことやしんどいことも多く、正面から向き合うのが大変だ。 恋愛が苦手な人は、恋愛から逃げる自

恋愛が短期間で終わる人は、カップルの波(倦怠期)を乗り越えられないのが原因になることも…

恋愛が短期間で終わる人は、「倦怠期の乗り越え方が分からない」のも特徴になっている。

前述したように、カップルには付き合っている中でどうしても波が出てきてしまうので、悪くなった雰囲気の戻し方が分からないと、1年以上続かない恋愛をしがちである。

精神的な強さがあったとしても、具体的な行動がとれないと、カップルの悪い時期に相手から「嫌われた」「冷められた」と思われてしまう。そもそも「一緒にいても楽しくない」など、交際を続けるのが辛い状況に陥る面もある。

恋愛は感情面が思い切り影響する分野なので、たとえば仕事で問題があったり、人間関係で悩んだりした場合など外部の影響も含めて、カップルは色々な雰囲気の中で付き合いを続ける。

倦怠期は乗り越え方さえ知っていれば対処できる場合も多いので、もしここが問題となる人は下の記事を参考にしてみよう。

倦怠期を乗り越えるには?7つの原因とその解決の方法~彼氏や彼女と倦怠期になったカップルはどう対処すれば良いか
カップルの交際は気を付けていても波ができてしまうので、良い雰囲気を維持し続けることができず、タイミングの問題でカップルは倦怠期を迎えることになる。 長く付き合ったカップルは、「倦怠期を乗り越えるには?」と考える瞬間が必ずあるの

好きになる前に付き合うなら恋愛が短期間で終わる、恋愛が続かない人はちゃんと好きになってから付き合うことも考えよう

恋愛が続かない人が「これからは本当に好きになった人と付き合おう」と決意してる様子

恋愛が短期間で終わる人には、どうしても「本気で好きになってから付き合ってる?」と聞きたくなる人が多い。

好き同士でもうまくいかないカップルが多くいる中で、まだ好きになっていない内に付き合うなら、短命で終わる恋愛を繰り返してしまうのも当然と言えば当然だ。

受け身の恋愛をするタイプなら、相手の告白やアプローチをきっかけに付き合うことになることが多いと思うけど、タイミングが合わない告白は「もっと知り合ってから付き合う」ことも考えるべきかもしれない。

実際、相手から告白された時に微妙な答え方をする人もいる。

曖昧な告白の返事の対処法~告白後に友達から両想いになるには?返事の意味についても解説
告白した時、一番対処に困るのが「曖昧な告白の返事」をもらった時である。 好きだと言う気持ちを伝えて、付き合ってほしいという気持ちも伝えたのに、付き合ってくれるわけでも、はっきり断られるわけでもない告白の返事は、かなりモヤモヤす

また、少し仲良くなってすぐに告白してくるような人は恋愛を軽く考えている傾向もあり、恋愛が短期間で終わることに悩むタイプの人と相性が悪い場合も考えられるだろう。

恋愛は相手の気持ちが見えないし、相手の行動や態度も自分では制御できない。だから、タイミングを間違ったきっかけで付き合い始めることもあるが、受け身の恋愛スタイルの人がもし短期間に終わる恋愛を続けているなら、「付き合うまで」をもう少し大切にしてみてもいいと思う。

付き合っていいのかどうかに悩みながら関係だけ恋人同士になると、気持ちを盛り上げにくくなる面もある。気持ちとは裏腹に関係が進むと、関係を深めていくという意味では距離が近すぎる場合がある。

だから、そうなりそうな告白にはもう少し自分の気持ちを相手に伝えてみてもいいし、表現の方法を考えれば相手に嫌われずに関係を留めておくこともできるだろう。オブラートに包みながらもあなたが本音を話すことで相手とも深い話ができるかもしれない。

いずれにしても「好きじゃないのに付き合うこと」が短期間で終わる原因や理由になっている人がいるので、繰り返すことで「付き合うのが苦手」とならないように、正しく「短期間で恋愛が終わる理由や原因」を自分の場合に置き換えて考えよう。

☆周りに恋愛対象がいない、少ないことで「好きじゃない人と付き合う」なんて選択をする人は下の記事を読んでみよう。恋愛は、真正面から自分に嘘をつかず、純粋な気持ちを優先する方が結果幸せになれる。

まとめ

今回は、恋愛が短期間で終わる人の理由や原因と、その対処法を解説した。

「恋愛が続かない理由とは?」「付き合っても長く続かないのは何で?」という疑問が少しでもクリアになったら嬉しい。ぜひ自分の問題点を改善して、幸せな恋愛をしてほしい。

本文で繰り返したように、恋愛が続かない人は、この記事をきっかけに「私(俺)の恋愛が短期間で終わる理由と原因」を考えるのが一番正解に近づくアプローチとなる。

「分からない」で思考を止めず、そこから「どうしたら短命で終わる恋愛を繰り返さなくなるのだろう」と考えてみよう。

100点満点の正解なんて分からないけれど、考えている時間がきっと次の恋で生かされる。どうしても人は失敗からしか学べないところがあるけれど、一歩ずつでも進むためには、時に過去の失敗と向き合うことも大切なことだ。

女性は自分の魅力アップに下の記事も参考にしてみてほしい。

【恋愛の香り対策】片思いもマンネリも、男性をその気にさせる秘密は「恋に効く香水」にあった!
あなたは「恋愛の香り対策」をどのように行っているだろう? 片思いに効果がある香り、恋に効く香水という視点から、「好きな人が可愛いと思う自分の匂い」を考えたことがあるだろうか? 恋愛は本能も絡むものだから、人は五感を使って

関連記事:

付き合いはじめ大学生の恋愛失恋
Brightfutureをフォローする
自分が結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を知って具体的な努力をして結婚できた女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知っていましたか?
いつか結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要になってます。
下の記事では、総務省の国勢調査から、年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました