真剣な人限定>>恋愛がうまくいかないのは恋愛力の問題?

恋愛が短期間で終わる人の理由や原因~付き合っても長く続かないのは何で?

恋愛が短期間で終わる理由を考えている女性

恋愛が短期間で終わる人は自分の恋愛に自信が持てず、将来にも不安を持つことがある。20代や30代になって2人・3人とお付き合いしたけれど3ヶ月や4ヶ月しかもたないとなれば、原因や理由を知りたくなるのは当然で、逆に言えば知るべきだ。

今回は「恋愛が短期間で終わる人の理由や原因」についてまとめるので、恋愛が長く続かない人は参考にしてみよう。付き合っても長く続かない、片思いしてもすぐ好きじゃなくなるのは何でだろう。理由と原因を追究する。

過去の恋愛の失敗したところを分析してみよう

過去の恋愛から学べること10選~本気で好きになったからこそ、元カレ・元カノから学ぶことがある
忘れたいと思う「過去の恋愛」も、見方を変えれば「学べること」が多くある。失恋した直後は立ち直ることに全力で良いと思うが、時間が経てば「恋愛の失敗から学べ...

恋愛のように「自分の気持ち」がクローズアップされることでは、「できない」とか「分からない」という答えで思考を停止してしまう人が非常に多いように思う。

私だって誰かを好きになればその特別な感情をコントロールできるはずもなく、迷うこともあれば悩むことがあるけれど、「失敗」を繰り返さないように考えているところは恋愛が短期間で終わる人との違いかもしれない。過去の恋愛から学ぶことは多い。

恋愛が短期間で終わる人は、「過去の恋愛」について時間をかけてしっかり分析してみよう。分析というとちょっと言葉が固いかな。振り返って「どうしたらうまくいったのか」を自分の行動や態度で振り返るようにすると、「次の恋愛」に活かせることがいくつか分かるはずだ。

問題解決型の思考は、「できない」「わからない」で思考を止めず、そこから「どうしたら」という視点で無いかもしれない答えを探し続ける。本当に好きになったら「もっと好きになってもらうためにどうしたらいいか」とか「どうしたらずっと一緒に居られるか」を考える方が「また失敗した」とか「これじゃ嫌われちゃう」と思うよりも本当に大事なこと。

ここではなるべく多くの人が理由や原因となるところを挙げるけれど、当然ながら個別の理由や原因はあなたの中にある。この記事でヒントを得て、自分と向き合ってみる時間を少しでも作ってみよう。「分からない」から先が大事だ。

自分を理解してもらうこと、相手を理解することに頑張ってみよう

恋愛が苦手だという人の多くが好きな人の前で自分をうまく表現できないことに悩んでいる。どうしても「嫌われないために」という視点でコミュニケーションを取っているのだ。

これは恋愛が短期間で終わる人の理由や原因になっている部分で、付き合ってもなかなか関係を深めていけないから短期間で一つの恋愛が終わってしまう。科学的には幸か不幸か、人の恋愛感情は3年程度の期間があると言われるけれど、その前に多くの恋が終わってしまうとしたらやはり理由や原因があるはず。

感情的になって彼氏や彼女に言葉をぶつけるような態度は推奨できないけれど、実際のお付き合いには感情を表現し合う中で深まる面もあって、作った自分は相手にどこか寂しさも感じさせる

自分を理解してもらうこと、相手を理解することに頑張ってみると、これまでの付き合い方と変わる人がいるだろう。好き同士で付き合うなら「本当の相手の気持ち」が知りたいはずで、知れば知るほど好きになる恋愛も本当はもっと多いはず。いつも素の自分でいないといけないのではなく、そんな時が作れるといいだろうし、相手に素でいてほしいと思うのなら、自分からそんな瞬間を作っていくと短期間で終わる恋愛ではなくなっていく。

恋愛が短期間で終わる人の理由や原因に、自分を取り繕ってしまって無理が続かず、付き合い始めの緊張感が続き、お付き合いが軌道に乗っていかないという問題がある。

私(俺)は悪くないという考え方ではなく、何ができたのかを考えよう

ある番組で発表された「喧嘩したとき許せない相手の一言」が、「私(俺)は悪くない!」という言葉だった。

何かがあって恋人と衝突した時、確かに全面的に相手が悪いというパターンはある。自分に取って嫌なことをされたら「悪くない!」となってしまっても当然だ。

しかし、相手は相手で思うところもあり、それだけ感情的になった相手を目の前にすれば、強い言葉が恋人の感情を煽ってしまって、全く予想しない方向に話しが進んでしまう場合がある。

このブログで何度も言っていることだけど、「相手に求めすぎる恋愛」は長く続かない原因や理由となる。

好き同士で付き合う男女の目的は「ずっとラブラブで仲良く一緒にいること」なので、できたらどんな時も見失いたくない気持ちだ。

悪くないもん!って気持ちを持ってもいいが、表現する場合はもう少し考えることができたらいいし、できれば「自分には何ができたのだろう」という視点でも考えてみたい。

ちゃんと好きになってお付き合いするなら、関係作りを考えて最初はお付き合いしてみよう。3ヶ月の壁や4ヶ月の壁を感じる人は結果的であっても相手に求めすぎている。

具体的に考える内容を知りたい人は下の記事を読んでみよう。

合うか合わないかだけじゃなく、合わせていくことも大切にしよう

究極的に恋愛の成功を考える場合、一つの答えに「自分とベストな相手と出会うことだ」という考え方がある。

だから、とっかえひっかえ恋人を変える人が決して間違いとも言い切れないところが現実的にあるのだと思う。

だけど、自分の理想の相手と出会える確率というのは天文学的な確率で、現実の恋愛では「合わせていく工程」がどうしても発生する。理想を追い求めることを否定しないが、実際にそうした場合は短期間で終わる恋愛を多く経験するだろう。私の経験を振り返れば、もしかしたら一生理想の相手とは出会えないかもしれないと思うところもないわけではない。

半年続いて、1年記念日を迎えるカップルの多くは、お互いのパートナーとして「合わせること」もやっている。これは意識的であるかどうかを問わず、長続きするカップルの特徴で、段々と合うように付き合っているとも言い換えることができる。

恋愛が短期間で終わる人は「合うか」「合わないか」を短期間に判断して、一つの恋に終止符を打つのが特徴だ。合わせていくという視点が弱い。

3ヶ月や4ヶ月のカップルは、まだ相手を理解しきれていないで多くの勘違いも抱えている。
「優しい人が好きなんだろうなと思って優しくしていたけれど、彼女はもっと男らしくリードしてほしいと思っていた」なんて話はよくある話だ。これは一例に過ぎず、色々なパターンがある。

つまり、付き合ってから1ヶ月や2ヶ月では「本質的に二人が合わない」との答えを出すことはできず、本来の彼女や本来の彼氏も見えていない可能性すらあることは、あなたもちゃんと理解しておくべきだ。合わない人だって実際は多いのだけど、合う人とはなかなか出会えない中で勘違いまで発生してしまっているとしたら、短期間で終わる恋愛を繰り返すことになる。

私の経験では「付き合い方」でさえ付き合ってからの期間でどんどん変わるし、相手の印象も少しずつ変わる。

「付き合ってみたけど合わなかった」という恋愛を繰り返してしまっているとしたら、違う考え方で次の彼氏や彼女と付き合ってみたらどうだろう。

彼女や彼氏と「合わない」と思った人へ~段々と合うようになるカップルの付き合い方とは
付き合いはじめは、彼氏や彼女と「合わない」と思ってしまうことが少なくない。 合わない彼氏、合わない彼女と付き合っている自覚がある人は、周りにいるラ...

減点方式ではなく加点方式で見てみるという視点を持とう

好きになる前に付き合うなら「減点方式」で恋人を見ても良いのだろうが、もし好きになってから付き合うのに短期間で終わるとしたら、「加点方式」で相手を前向きに見るようにしてみよう。付き合い始めはまず彼氏や彼女の「いいところ」に注目してみる。

恋愛が短期間で終わる人は相手を品定めするように好きな人を見ているのが理由や原因になっている場合がある。まっすぐに見ようとしても減点方式で見てしまう人もいるので、自覚がない場合もあるのが少し難点。思い当たる人は意識的に加点方式の見方をしてみると変わる場合があるかもしれない。

人の特徴は見方によって印象がだいぶ変わる。私のように彼女を引っ張るタイプなら「自己中心的」だとみることもできる感じだ。客観的に見る以上は「本当に好きになっているのか」という問題も出てきそうだが、「この恋愛は長く続くだろうか」という見方をしていると減点方式の見方が強まって逆にうまくいかない原因になっているかもしれない。

恋愛が短期間で終わってしまう人は、相手の良いところをどんどん探していくように付き合ってみることも試してみてほしい。

感情的になりやすいと話し合いができない

恋愛は究極のコミュニケーションだ。ここに問題があるとそもそも好きな人と付き合うことができないわけだけど、ある程度付き合う経験を重ねた人で問題になるのが「感情的になりやすく、深い話し合いができない」ということ。恋愛が短期間で終わる原因である。

感情的になってしまうと問題解決が本当に難しくなるから、たとえ喧嘩の仲直りができたとしても同じ内容で喧嘩を繰り返してしまいやすい。喧嘩が増えれば二人の雰囲気が悪くなって、別れが早まるのも頷けるところだろう。

ここでいう「感情的になる」というのは、イライラする人はもちろん、悲観的になってしまう人、すぐ泣いてしまう人やキレる人まで、様々なタイプが含まれるので案外該当者は多い。今一度、自分が好きな人としっかり話し合いができるタイプか考えてみよう。

片思いから両想いの過程でも「喧嘩の乗り越え方」は大事になっているが、それ以上に付き合ってからの喧嘩の乗り越え方は本当に大事な恋愛力だ。自分の気持ちを優先してしまう人、自己中心的な性格で相手への気遣いを忘れがちな人は長く一緒にいたい人ではないから、恋愛が短期間で終わってしまう。

あなたの気持ちも彼氏や彼女の気持ちも、形がないから伝え合わないといけない。分かりあう工程がカップルの絆を深めるので、冷静に深いコミュニケーションが取れる人になろう。

もしそんな経験ができてない人は、下の記事でこれからするべき恋愛の仕方を学んでみてほしい。

好きになる前に付き合うなら恋愛が短期間で終わる、ちゃんと好きになってから付き合うことも考えよう

恋愛が短期間で終わる人には、どうしても「本気で好きになって付き合ってる?」と聞きたくなる人が多い。好き同士でもうまくいかないカップルが多くいる中で、まだ好きになっていない内に付き合うなら、短命で終わる恋愛を繰り返してしまうのも当然と言えば当然だ。

受け身の恋愛をするタイプなら、相手の告白やアプローチをきっかけに付き合うことになることが多いと思うけど、タイミングが合わない告白は「もっと知り合ってから付き合う」ことも考えるべきかもしれない。

また、少し仲良くなってすぐに告白してくるような人が恋愛を軽く考えている場合もあり、恋愛が短期間で終わることに悩むタイプの人と相性が悪い場合も考えられるだろう。

恋愛は相手の気持ちが見えないし、相手の行動や態度も自分では制御できない。
従って、タイミングを間違ったきっかけで付き合い始めることもあるが、受け身の恋愛スタイルの人がもし短期間に終わる恋愛を続けているなら、「付き合うまで」をもう少し大切にしてみてもいいと思う。

付き合っていいのかどうかに悩みながら関係だけ恋人同士になると、気持ちを盛り上げにくくなる面もある。気持ちとは裏腹に関係が進むと、関係を深めていくという意味では距離が近すぎる場合がある。

だから、そうなりそうな告白にはもう少し自分の気持ちを相手に伝えてみてもいいし、表現の方法を考えれば相手に嫌われずに関係を留めておくこともできるだろう。オブラートに包みながらもあなたが本音を話すことで相手とも深い話ができるかもしれない。

いずれにしても「好きじゃないのに付き合うこと」が短期間で終わる原因や理由になっている人がいるので、繰り返すことで「付き合うのが苦手」とならないように、正しく「短期間で恋愛が終わる理由や原因」を自分の場合に置き換えて考えよう。

☆周りに恋愛対象がいない、少ないことで「好きじゃない人と付き合う」なんて選択をする人は下の記事を読んでみよう。恋愛は、真正面から自分に嘘をつかず、純粋な気持ちを優先する方が結果幸せになれる。

まとめ

今回は「恋愛が短期間で終わる人の理由や原因」を紹介した。付き合っても長く続かないのは何で?という疑問に答える内容となっただろうか。

本文で繰り返したように、この記事をきっかけに「私(俺)の恋愛が短期間で終わる理由と原因」を考えるのが一番正解に近づくアプローチとなる。「分からない」で思考を止めず、そこから「どうしたら短命で終わる恋愛を繰り返さなくなるのだろう」と考えてみよう。

100点満点の正解なんて分からないけれど、考えている時間がきっと次の恋で生かされる。どうしても人は失敗からしか学べないところがあるけれど、一歩ずつでも進むためには時に過去の失敗と向き合うことも大切なことだ。

一度きちんと自分と向き合ってみたい人は下の記事を読んでみよう。これからどんな力を磨くべきか、はっきり数字で分かる。

関連記事:

タイトルとURLをコピーしました