簡単な「束縛の方法」~束縛したいのに束縛できない人へ

  ※ 当サイトはアフィリエイト広告を利用してます

束縛の仕方に悩んでいたカップルが簡単な束縛の方法を知って仲良く付き合い始めた様子

恋愛経験が少ないと「束縛したいのに束縛できない」という人が少なくない。

付き合ったことがない人は束縛の方法ややり方が分からないことも多いし、そもそも彼氏や彼女を束縛してもいいのかという点にも不安があって自信が持てない場合がある。

しかし、程度問題は置いておいても恋愛感情には好きな人を独占したいという気持ちが含まれていて、恋人への独占欲は誰もが持つ気持ちだ。好きな人と付き合っていれば束縛したくなる瞬間がある。

そこで今回は、初心者向けに「恋人を束縛する方法」を解説する。束縛したいのに束縛できない人へ束縛のやり方を解説するので、付き合ったことがない人や交際人数が少ない人は参考にしてみよう。

彼氏や彼女を束縛したいと思うなら、束縛の方法を知ってることが重要だ。簡単な束縛の方法を知っていれば彼氏や彼女と仲良く付き合いながら適度に束縛できるようになるので、ぜひ知識を付けてみてほしい。

  1. カップルは束縛してもいいのか:彼氏を束縛する、彼女を束縛することの是非
    1. なぜ束縛するのか、束縛したくなるのか:彼氏や彼女を束縛する理由と心理
    2. 彼氏や彼女を束縛するのは愛情表現でもある!適度な束縛の仕方ならカップルが仲良く付き合える要因になる?
    3. 束縛したいのに束縛できない状態になると、むしろそれが原因で別れる可能性がある
  2. 束縛の方法は、普段の会話から気持ちを伝えることで、彼氏や彼女に「気を遣った行動」を促すのが初心者向けの方法
    1. 強い束縛をしないでも自分の気持ちを伝えて彼氏や彼女に自制を促すと、結果的に恋人を束縛する方法になる
    2. 不安と心配な気持ちを伝えると、なぜ簡単な束縛の方法になるのか
  3. 束縛のやり方は、付き合い始めからゆっくり行うのが大事!焦ると束縛が強い彼氏・彼女だと思われることで嫌われる
    1. 付き合い始めから焦って強い束縛をする彼氏や彼女は嫌われる!束縛の方法は「ゆっくり進める」のがコツ
  4. 束縛する束縛しないという考え方をやめて「どう付き合っていくか」と言う視点に立つと束縛の仕方は簡単になる
  5. 束縛の方法は素直になることが重要だが、素直になるには「嫌なことは嫌だというのも誠実さだ」と考えると良い
  6. 束縛の仕方に悩んだら、「好きだから」という感情表現を前提に話し合うとうまく行く
  7. 束縛の仕方はカップルでイーブンになるが基本!相手に求めるだけでは束縛される方が不満をためる
    1. 恋人を束縛する時は2人とも同じルールにすると、嫌われない束縛の仕方ができる
  8. まとめ

カップルは束縛してもいいのか:彼氏を束縛する、彼女を束縛することの是非

最初に、彼氏や彼女と付き合う上で束縛に関する考え方から解説したい。

今回の「束縛したいけど束縛できない」という問題は、自分の中で悩みとなってしまうことが多い分野で、恋人を束縛したい気持ちと、束縛してはいけない気持ちがぶつかって苦しんでいる人がたくさんいる。

でも、恋人同士でカップルとして付き合っているなら、適度である限り束縛することが悪いことではないから安心してほしい。

なぜ束縛するのか、束縛したくなるのか:彼氏や彼女を束縛する理由と心理

そもそもなぜ束縛したいのかというと、以下の3つが理由だ。

束縛する理由と心理

  • 好きだから(恋愛的な独占欲)
  • 誰にも取られたくないから(外敵から守りたい心理)
  • 安心して付き合いたいから(束縛することで不安や心配が減少する)

簡単に言うと、束縛したい気持ちは愛情そのもので、好きだったら束縛したくなるのが普通だ。

束縛したくならないのが異常というわけじゃないけど、好きだったら多少なりとも誰かに取られないか不安になるものなので、束縛したい気持ちは好きな人と付き合ってる人のみんなが持つ気持ちである。

少なくても恋人を束縛したくなるのは異常ではないし、何らかの方法で恋人を束縛する人は普通にいるので、悪いイメージを持つ必要はない。むしろ、束縛はカップルにとって必要なものになるケースがあるくらいだ。下の解説に注目してほしい。

彼氏や彼女を束縛するのは愛情表現でもある!適度な束縛の仕方ならカップルが仲良く付き合える要因になる?

束縛する人は独占欲が強い傾向があって、一般的に「うざい恋人」というイメージがあるけど、これは完全に程度問題であって束縛の仕方の問題になっているだけだ。

つまり、適度な束縛でうざくない束縛のされ方をしたら、相手は「束縛したくなるくらい好きになってくれた」と思う面もあるということ。

これは、束縛しない彼氏や彼女と比較すると明らかである。恋人に無関心で放置する人に「愛情を感じない」と思う心理はあなたも理解できるだろう。

実際、恋人にかまってほしいタイプの人は、束縛されたい願望を持っている人も多く存在している。なぜ束縛されたいと思うのかと言うと、束縛してくる恋人に愛情を感じるのがその理由である。

特に女性は放置されるのを嫌がる傾向があって、束縛しない彼氏に対して「その程度の好きしかない」と思うことがよくある。自分に関心を示さない彼氏に愛情を感じないのだ。

愛されてないと彼女が感じる彼氏の態度と行動~愛を感じない彼氏とは
彼氏に愛されてないと彼女が感じる時は、彼氏の態度や行動がそう思わせている。 カップルにとって愛してるか・愛していないかの問題は、実際は「愛情の伝わり方」が重要になっていて、気持ちは見えないものだからこそ「どう表現するか、どう表現してい

ストーカーのような感覚で恋人を束縛するのは論外としても、大切にしたい気持ちから束縛の方法を探している人は特別おかしな気持ちを持ってるわけじゃないから、これから紹介する方法であなたも恋人も幸せな恋愛ができるようになってほしい。

適度な束縛の仕方なら、それが愛情表現となり、カップルが仲良く付き合える要因になる。

「カップルはなぜ束縛するのか」の答えは、信じあえる関係を築くためであり、浮気されたくないからであり、カップル二人で今の関係を守りたいからだ。

好き同士で付き合うカップルだったら、束縛したい気持ちは好きだからだし、変に疑い合って別れたくないからお互いに無理のない範囲で束縛し合う。付き合ってるなら束縛することが悪いことではないことを改めて理解しておこう。

付き合ってるのに束縛できないとしたら、付き合ってる意味も相当に薄まる。

なぜ、好きな人と「正式に付き合う」という選択をするのか~友達のまま、両想いならそれでいいの?
濃密な人間関係を嫌う人は、「正式に付き合う」という契約みたいなことに否定的な考え方をする。 「どうせ別れるのになぜ付き合うのか」と思う人もいるし、「どうせ別れるなら付き合わない方がいい」と思う人もいる。 少し前に準彼氏・準彼女という

束縛したいのに束縛できない状態になると、むしろそれが原因で別れる可能性がある

「カップルは束縛してもいいの?」と思ってるくらいであれば問題はないものの、真剣に「束縛したいのに束縛できない」という状態になると、あなたは好きな人との交際において不満がある状態になる。

これはカップルが別れる原因に発展するストレスの一つであって、付き合ってるのがつらいという状況を引き起こす原因になる部分だ。

束縛できないことでいつも不安な状態になるし、彼氏や彼女を言いたいことが言えない関係になるため、距離感も悪くなる。

カップルは、相手を尊重しながらだったら束縛できる関係なので、「束縛したいけど束縛できない」という人の問題になっていることは、「束縛の方法」と「束縛のレベル」だ。

カップルは二人で付き合い方を決めるのが基本であり、ルール作りにおいても二人でするものだから、「付き合い方を決める」という中に束縛のやり方が含まれているという考え方でカップルの束縛問題を捉えよう。

カップルが付き合い始めの最初にやるべき7つのこと~付き合うことになったんだけど、まずはじめに何したらいいの?
恋愛経験がない人に取って、「初めて付き合う」ということは初体験で分からないことだらけだ。 「付き合ったらすること」がわからないと、付き合い始めは彼女や彼氏ができた実感がわかない人や、付き合いたてに話しておくことがわからない人も多いと思

前提の話が終わったところで、次からは具体的に「簡単な束縛の方法」を解説していく。

束縛の方法は、普段の会話から気持ちを伝えることで、彼氏や彼女に「気を遣った行動」を促すのが初心者向けの方法

束縛の方法について話し合いをするカップル

あなたが束縛したい主な理由は、あらゆる意味で彼氏や彼女が心配だからだろう。浮気されるかもしれないと言うよりは、不安な気持ちが辛いのだと思う。

もしあなたがこういう精神状態だったら、彼氏や彼女に対して「○○しないでほしい」「○○は禁止にしたい」などと重い話をするより、もう少し気軽に普段の会話の雰囲気で「不安なんだ」「心配してるよ」という気持ちを伝えていく方が、結果的に適度な束縛ができるようになる。

束縛できないと思ってる人は、まず自分の本音を話すようにしてみよう。不安や心配の気持ちを伝えると、あなたを大切に思ってくれてる恋人はあなたに気を遣った行動・態度を取るようになる。これが結果的に恋人を束縛する方法になる。

強い束縛をしないでも自分の気持ちを伝えて彼氏や彼女に自制を促すと、結果的に恋人を束縛する方法になる

彼氏や彼女があなたにとって心配な何かをするとき、多少表現には気を付けながらだが、言葉に出して不安感・不快感を示すと、相手は「嫌がってる」「不安に思わせた」と思って自分の行動を自制するようになる。

例えば、恋人が「今度合コンに誘われた」という話があったとする。これは止めて欲しいという思いから話題に出す場合も多いし、確認をしている場合もあることなのだが、はっきり「行かないでほしい」と言えない場合は、黙ってみるだけでもあなたの不安感・不快感が恋人に伝わる。

できたら、「その飲み会、知らない男子(女子)もいるの?ちょっと心配だな」と言ってみるのがおすすめだけど、そこまで言えない場合は恋人の行動を嫌がってることをリアクションの仕方で少しでも分からせると、相手が自主的に他の異性との付き合いを考えてくれたり、心配させないように振る舞うことが増えるはずだ。

他の例でいうと、彼氏が他の女の子と仲良くしてるのを見た時などに、「○○ちゃんと仲いいの?本当はダメかもしれないけどちょっと嫉妬しちゃった」という話をするだけでも、安心させてくれる言葉がもらえたり、どんな接し方をするべきか話し合いになったり、束縛の仕方が進んでいく。

普通の感性している人なら、自分が付き合ってる恋人が不安や心配の言葉を発すると、「どうしたの?」とか「嫌だった?」などと質問をしてくる。そこから「彼女・彼氏が合コンに行くことを逆の立場でどう思うか」や、「女友達や男友達とどう付き合うか、接し方はどうするべきか」について会話していくと、束縛したいと言わないでも軽い束縛ができるようになる。

このような会話を繰り返すだけでも、広義の意味で束縛のやり方は成功に近付いてく。心配や不安を伝える方法で束縛するのであれば、あなたが束縛するようなことを言っても喧嘩になったり、気まずくなることはないので、初心者でも安心して実行できるはずだ。

強い言い方をしないでも、二人でケーススタディを繰り返すだけで結果的に束縛する束縛される関係になるのがカップルだから、嫉妬してしまうことがあったり、何か止めてほしいことがあれば、その話題が出た時に心配・不安の気持ちを伝えてみよう。

簡単な束縛の方法まとめ

  • 嫉妬する何か、不安になる何かがあった時に不安や心配の気持ちを伝えると、相手はあなたに気を遣って自制するから結果的に束縛できる関係を築ける
  • 命令したり、反対するわけではないので、相手は強い束縛の仕方だと思わない

束縛はルールを決めるだけが方法じゃない。特に自分から束縛できない人はこうした遠まわしの表現からでもカップルで話をするようになるだけで気持ちが変わるし、実際恋人の行動も変わるからおすすめだ。

例はあくまでも例だから、これを応用してあなたのやりやすい方法へ変えると実践するのがもっと簡単な束縛の方法になるはずだ。束縛する最初のきっかけはこんなところから始めると良い。

不安と心配な気持ちを伝えると、なぜ簡単な束縛の方法になるのか

束縛したいのに束縛できない人は、ぜひ自分が好きな人の好きな人になれていることに自信を持とう。

普通、好きな人を不安にさせる行動だったり、心配させる態度を取ると、「嫌われたくない」「傷つけたくない」と思って抑える心理が働くので、束縛できない人はまず自分の気持ちを伝えることが重要だ。

なぜ不安や心配の気持ちを伝えると、恋人を束縛できるのか

  • 人は好きな人を不安にさせたくない、心配させたくないと思ってるので、不安や心配の気持ちを伝えると、自制心が働いて結果的に束縛の方法になる

好きな人に自分の本音を話すことは特に恋愛初心者にとって難しいことのように感じると思うけど、束縛できないという問題はカップルが仲良く付き合っていく上で思ってる以上に大きな問題になる。

あなたが本心をしゃべることで彼氏や彼女は好きな人の本心を知ることになるのだから、嫉妬を我慢してるだけでは伝わらないことがあると思っておこう。

彼氏にされたくないこと、彼女にされたくないことは、あなたが話さないと相手は分からない。

しかも、どんな束縛の仕方をするのかという点は各カップルごとにまったく違うので、あなたたちカップルがどんな付き合い方をするのか決める中に束縛のやり方が含まれていると考えないと、別れる未来が近づいてしまう。

束縛できないなら、まずは嫉妬した時や不安になった時にその気持ちを話すようにしてみよう。

付き合う前と付き合ってからの態度や関係の違い~付き合った後はどうなるの?
付き合ったことがない人や、好きな人と初めて付き合う人は、「付き合う前と付き合った後」で二人の関係や一緒にいる時の態度がどう変わるのか、気になることがたくさんあると思う。 付き合うことが怖いと感じる人は、「付き合った後にどうなるか」を知

束縛のやり方は、付き合い始めからゆっくり行うのが大事!焦ると束縛が強い彼氏・彼女だと思われることで嫌われる

付き合いはじめは、どうしてもカップルでお互いの趣味嗜好が分からない。付き合うということは普段の友達関係とはまた別の部分も出てくるから、友達期間が長くても恋人同士はカップルになってから知り合うところがたくさんある。

束縛に関することはその最たる例だろう。付き合う前は束縛しないのが普通だから、付き合ってみないと「どのくらい束縛する人か」はお互いに分からない。

この前提があるため、彼氏を束縛する女子や、彼女を束縛する男子は、ゆっくり「男女としのお付き合いのルール」を決めていく意識を持つことが重要となる。

急に束縛する彼女や彼氏は、付き合う前との悪いギャップを感じさせ、嫌われることもあるから注意が必要だ。

もし付き合いはじめに束縛することに悩んでいたら、焦らないことは一つポイントになる

私はもう何人もの人とお付き合いをしてきたけれど、付き合い始めに正式なルール作りみたいなものはほとんどしていない。付き合う中で少しずつ暗黙のルールができあがったイメージだ。お互いで思っていることを伝え合う中で付き合い方を決めてきたから、束縛のやり方も彼女が変わると全然違うものになったし、束縛のされ方も彼女ごとにまったく違うものだった。

この方法だと、確かに嫉妬が辛いと思うこともあったのだが、カップルは付き合ったらすぐにラブラブなカップルになれるわけじゃないし、急に束縛したら相手はアレルギー反応を起こす可能性が高い。

ちょっとずつお互いで話し合いながら2人の束縛の仕方が決まっていく方が嫌われるリスクもなく、仲良しカップルになれる可能性が高いので、あなたが今の恋人と付き合って3ヶ月未満なら焦らないようにして2人で交際の息を合わせていこう。この意識を持っていると、束縛の仕方で間違いを起こすことがなくなる。

付き合い始めから焦って強い束縛をする彼氏や彼女は嫌われる!束縛の方法は「ゆっくり進める」のがコツ

束縛できない人は束縛することで彼氏や彼女から嫌われたくと思ってるが、もし束縛の仕方で嫌われることや、引かれることがあるとすれば、「付き合った途端、強い束縛をする」のが代表的な例だ。

付き合い始めからいきなり直接的に束縛していくことはどうしたって相手が窮屈に感じるし、愛情よりも傲慢さや自分勝手な印象を受ける。怖いと思われることだってあるだろう。

束縛に限らず、いかなることも焦るとだいたいの恋人が引くから注意が必要で、だんだんと束縛し合うイメージを持っておくだけで、関係作りが良い方向に変わってくる。

そういう意味では、まだルールを確立できていない状態のときに思い切った束縛が出来ないあなたは、付き合いたての時期ににむしろ成功しているとも考えることができる。

「どんな恋人が重いと思われるの?」と思ったら男女別に解説した下の記事を読んでみよう。NGな恋人像が分かればもっと自信が持てるかもしれない。

束縛する束縛しないという考え方をやめて「どう付き合っていくか」と言う視点に立つと束縛の仕方は簡単になる

束縛の仕方に悩んでたが、仲良く付き合う方法に発想を転換したらうまく行ったカップル

普通、恋人が嫌がることはしたくないと考えるのがカップルである。仲良く付き合っていきたいと思うし、好きな人と付き合えたら末永く幸せにいたいと願う。

そんな基本をきちんと知っていると、「束縛」への考え方が少し変わる。

カップルは、お互いで相手が何をしてほしくて、何をしてほしくないと思っているかが分からないと、自制のしようもないし、不安にさせないための行動や態度も取れない。これが付き合い立ての状態だ。

この状態からカップルとして成熟してくると、束縛は自然な形で成り立ち、当たり前の感覚でお互いを守ろうとするから、束縛できないと悩んでる人は「恋人と本音で語り合う関係を築いていこう」と発想を転換すると、束縛の仕方は非常に簡単になる。

束縛できない人と、束縛できる人の考え方の違い

  • ずっと束縛できない人の考え方=「束縛したら嫌われるかも」「束縛したいけど束縛できない」と思っていて、ずっと本音が言えない関係を続ける
  • 束縛できる人の考え方=「本音が言える関係を作ろう」「お互いに素で付き合える関係を目指そう」と思っていて、実際にカップルで本音が言える関係を築くから束縛になる発言もできるようになる

カップルが成熟していくとは、交際期間の中でお互いの価値観や考え方、好みや希望・願望を知っていく中で、真の意味でお互いを理解することを指す。

カップルは交際期間が長くなるにつれて形を変えていくので、束縛に関しても少しずつルール作りしていくのである。

カップルはどのくらい付き合ったら長続き?~各交際期間についてカップルの状態と長続きに対するイメージを解説
好きな人と付き合えているのはとても幸せなことだ。交際期間に関わらず「このまま長続きして、ずっと楽しく一緒に居れたらいいな」と思えるなら、ラブラブに付き合うカップルである。 当然、カップルの目標は「長続きすること」ではないから、どのくら

非常に大それたことを言ってるけど、実際は、たとえば「朝の挨拶は好きな人がいい」と思えばそのカップルは必ず起きたらLINEをするようになるし、「帰りが遅くなるときは心配だから」って気持ちが通じ合うと必ず遅い時間の帰宅は連絡が入るようになるイメージだ。

こういうことを繰り返して、カップルは束縛しようと考えずも束縛してるような状況になっていく。

カップルは深く知り合う中で「付き合いやすい方法」を二人が自然と考えだし、それが一部束縛のような形になって表れるのである。

しばりつけるような束縛は違うけれど、心地よい束縛の仕方はこれが上手くいっている。

こうした流れができればそこからもう一歩進んで束縛っぽい束縛も言い出しやすくなるから、「どれだけカップルにとってコミュニケーションが大事か」がわかる例にもなっている。

私が知っている最も簡単な束縛の方法は、カップルがお互いを理解し、二人で今の関係を守ろうと少しずつ本音で話をする関係になっていき、二人で仲良く付き合えるように努力をすること。それは「相手の嫌がることはやらない」が基本になるので、ここはもう少し説明を加える。

束縛の方法は素直になることが重要だが、素直になるには「嫌なことは嫌だというのも誠実さだ」と考えると良い

カップルがお互いを理解して心地よい束縛ができるようになるためには、「素直に思ったことを言葉にする」ことが一番大切だ。

束縛したいけれどできないという人は、束縛できる関係性が築けているのにどこまでも遠慮してしまっているケースも多いから、「素直になること」は意識してほしい。

簡単に束縛する方法で、最も理想的な状況は、勝手に恋人が束縛されている状況になることである。あなたが嫌だと思うことを伝えるようになれば、相手は自然に束縛される状態になっていく可能性を作れ、想い合うカップルほど現にこうなっている。

冒頭から言ってるように、あなたが好きな人を束縛したい気持ちは愛情からできているものだから、本来そこまで抑え込むことはない。彼女や彼氏だってあなたの考えていることはなるべく言葉にしてほしいと願っているはずだ。

ストレートに束縛できないなら、束縛しなくても幸せに付き合う方法を探すのも一つである。そのために嫌なことは嫌と伝え、傷ついたなら傷ついたと伝えることに頑張ってみよう。本音を言えば恋人も本音を返す。そうやってもっと仲の良いカップルを目指していくと、束縛する言葉がなくても束縛するような感じになる。

束縛のやり方を考える時に「わがままかもしれない」と思ったとしても、それは伝え方の工夫が求められてるだけである。

可愛いわがままと、うざいわがままの違いとは?男性目線で良いわがままの例を使って徹底解説!
男性目線では、「可愛いわがまま」と「うざいわがまま」には明確な違いがある。 恋愛の世界では、よく「わがままを言わない女よりわがままを言う女はモテる」と言われるが、それはあくまでも "良いわがままを言ってる時" であり、悪いわがままを言

束縛の仕方に悩んだら、「好きだから」という感情表現を前提に話し合うとうまく行く

束縛の方法は愛情を伝えながらするのが大事

恋人を束縛したくなったら、変に理屈を言うより、愛情を前提にした感情の話に終始する方が束縛の仕方を単純にできる。

恋人との付き合い方が下手な人ほど、「○○だから○○して!」と怒りの感情をメインに自分の気持ちを押し付けるように束縛するけど、ルールみたいにすると相手が締め付けられている印象を持ちやすくて、相手との付き合いも面倒に感じる。

そうではなく、もし束縛したいことが出てきたら、もっと愛情表現をするべきだ。好き同士で付き合うカップルは素直になれたら大概のことは通じ合うはずなので、理屈をこねてケンカになるより、嫉妬した時こそ愛情を伝えるようにしよう。その方がずっと心地良い付き合い方ができるから、相手は強い束縛をされないでもあなたを心配させないように振る舞うようになる。

恋人を束縛する時は、間違っても彼氏や彼女を説き伏せるように束縛しないことが大事だ。束縛しようとすることで2人が敵対関係になれば、それが原因でカップルの雰囲気が悪くなる。理屈で相手を丸め込もうとすると悪い形で束縛したい気持ちが伝わるから十分に注意してほしい。束縛したくなった時こそ、愛情表現が大事だ。

付き合うデメリットに「束縛」はあるあるなので、あなたが束縛彼女や束縛彼氏だとイメージされたら恋愛を壊すことがある。あくまでも良い付き合い方ができる一つの方法と認識し、愛情と愛情で掛け算できる束縛の方法を実践してほしい。

長続きするカップルの秘訣10選~長く付き合うにはどんな付き合い方をしたらいいの?
もしあなたが大好きな人と付き合うことになったら、あなたの精一杯で恋人を大切にしてあげてほしい。 彼氏や彼女と長く付き合うには、恋人に持つ愛情の強さだけでは無理で、お互いの正しい努力が求められる。 長続きするカップルになるには「好き同

束縛の仕方はカップルでイーブンになるが基本!相手に求めるだけでは束縛される方が不満をためる

カップルの束縛の仕方は、基本的にイーブン(対等)だと考えるのが基本になる。

束縛したいから、独占したいからと言って「相手にだけ求める束縛の仕方」は彼氏や彼女の不満がたまる結果になるから注意しよう。

恋人を束縛する時は2人とも同じルールにすると、嫌われない束縛の仕方ができる

束縛の仕方をイーブンにするとは、束縛のルールを彼氏も彼女も同じにすることを指す。

たとえば「二人とも異性と二人きりで食事に行かない、どうしようもない時は事前に連絡する」というルールはOKだけど、「彼氏だけ女友達と二人きりで食事に行かない」という束縛のやり方はNGというイメージである。

もしあなたにとっての束縛がルール作りをするイメージだったら、カップルの束縛の方法は対等になるようにお互いで気を付け合うイメージを持つと、恋人から違和感を持たれない。

もちろん、あなたの価値観だけでなく、相手の価値観をよく聞いて、明確なカップルのルールにするなら自分勝手な考え方にならないように気を付けるのも嫌われない束縛の仕方のコツだ。

「○○されたくないから、カップルでルールにしよう」と提案しないで、「私は○○されると不安になるけど、○○くんはどう思う?」という感じでお互いの価値観を話し合う形を取ると良い。

恋人との「価値観の違い」で、決定的に別れまで考えるきっかけになる内容とは?
「カップルの価値観の違い」は、ときどき末期的な問題に発展し、別れる決断まで突き進む理由になる。 「価値観が合わないなら彼氏なら付き合っていてもムカつくだけ」 「価値観が合わない彼女だから、ケンカが多くてつらい」 価値観の違いは付き合

まとめ

今回は、「簡単な束縛の方法」をテーマに、束縛したいのに束縛できない人へ束縛への仕方や束縛することに関する考え方を解説した。

恋愛感情というのは複雑だから、明と暗の両方が頭を支配するけど、こんがらがったときほど「好きだから」って元々の気持ちを忘れないようにしよう。あなたは相手が好きだから嫉妬するし、束縛したくなるけど、それは相手もある程度は同じ気持ちだ。

細かな価値観や考え方などを一致させるように交際していけば、カップルは自然に束縛するような形になっていくので、付き合い始めは焦らないで少しずつ二人が付き合いやすい状況を作っていくと良い。

そのために思っていることは表現方法を考えて恋人に伝え、双方向で気持ちを共有することが重要になる。これができてくればお互いが勝手に束縛されているような状況になっていくから、独占したいという気持ちをこじらせないようにしよう。

3ヶ月以内に別れるカップルの法則~すぐに別れるカップルの特徴って何?
せっかく付き合うことになっても、短期間で別れてるカップルは意外と多くて、交際3か月という期間はカップルにとって1つの壁になっている。 特に初彼女や初彼氏とは3ヶ月以内に別れる確率が高く、最初の1ヶ月から2ヶ月でうまくいかないと、想像以

関連記事:

付き合いはじめ嫉妬
Brightfutureをフォローする
自分が結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を知って具体的な努力をして結婚できた女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知っていましたか?
いつか結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要になってます。
下の記事では、総務省の国勢調査から、年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました