真剣な人限定>>恋愛がうまくいかないのは恋愛力の問題?

元カレの人数を聞かれた時の答え方~付き合った人数は何人って言えばいいの?

いい雰囲気で元カレの人数を聞かれた女性のイメージ

好きな人と話をしているときに、いきなり「元カレの人数」や「付き合った人数」を聞かれたら、あなたは何人と答えるだろう?

女性なら「恥ずかしいから言いたくない」と思う人が一番多そうだけど、恋愛を進めるためにはどんな考え方が正しいのだろうか。経験人数が多いなら多いで好きな人は気にするだろうし、恋愛経験が少ない場合だって女性はやっぱりあれこれ心配してしまう。恋愛経験が無い女性はさらに答え方が難しいと思ってしまうのではないだろうか。

相手が好きな人だから、「元カレの人数を聞かれた時の答え方」に迷うことがある。

今回はそんな女性に向けて、「付き合った人数を聞かれたら、何人って言えばいいの?」という疑問に答えてみたい。メールやLINEなどで聞かれた場合なども参考にしてみよう。

元カレの人数、男性の好みは?

まず、アンケート結果から「男性は女性の過去の恋人がどのくらいの人数なら良い印象を持つのか」を示そう。

マイナビが男性107人を対象に行った「元カレの人数は何人くらいが好感が持てますか?」の質問に対し、結果は以下のようになった。

0人:22.8%
1~3人:52.5%
3~5人:20.8%
5~10人:2.0%
それ以上:2.0%

 何人が正解? 元カレ人数を聞かれたとき模範解答は○人以下 | 「マイナビウーマン」

この結果を見て男性の好みを考えれば、付き合った人数・経験人数に関しては「少ない女性」の方が好感をもたれることがわかる。

これについてはある程度有名な話なのでイメージしていた女性が多かったと思うが、5人以上の元カレがいる女性は一気に好感度が下がっている点に注目はしておこう。

付き合っては別れてを繰り返している女性にはやはり好感を持てないのが男性だし、軽い女性に対する見方も冷ややかだ。はっきり言って恋愛対象から外れるパターンも散見される。

元カレの人数を聞かれた時に「あまり多い人数を答えてしまうのはマイナスに作用する確率が高い」とデータからは読み取れるので、あなたの経験人数次第では記憶にとどめておいてほしい。

ただし、自分の今の年齢によってはこの人数に修正が入ると予想されるため、3人以下が妥当だとするのは少し乱暴な説明になるかなと思うところだ。恋愛経験もそのほかの経験と同じように、年齢とともに増える方が普通である。

もう1点、これまで恋人がいなかった恋愛経験がない女性についても言及しておこう。

今回提示したアンケートの結果を見ると、男性は経験人数の少ない女性の方が好みであることから、恋愛経験のない女性もしくは少ない女性は、自分に恋愛経験がないことをあまり気にする必要はないかなと思う。

今回の結論は記事後半部分に譲るけれど、経験人数が少ない女性は相手の印象を考えたとき、正直に答える方向で特に問題がないと思っている。

モテない女性として取るよりも、真面目な女性とか清楚な女性との印象を与えやすい。男性心理を鑑みるに、プラスの作用が大きいと予想する。

元カレの人数が0人の女性に対して約22%の男性が最も好感を持てると答えているので、私だけの考え方ではないだろう。

元カレの人数に関する質問をとにかく無難に乗り切りたいなら

男性の一般的な好みを押さえた後は、より現実的な話をしていこう。

今回のテーマを考えたとき、そもそも付き合う前に「元カレの人数を正直に答える必要があるのか」も問題の一つだろう。過去の恋愛経験はそれなりにナイーブな話題だし、「聞いたところでどうするの?」って話題でもある。

しかし、だからこそ聞く人は見出した意味があったのかもしれないし、ただ単純に疑問に思ったというよりも、恋愛的な何かの意味がある場合は増える話題とも言える。

全く何も答えないのは脈なしサインともとられやすい面があろうかと思うから、無難な答え方は必要かもしれない。

特に好きな人というわけではなく、ちょっと意識する人というレベルの、関係もこれから作っていく段階の人へ「元カレの人数を無難に答える方法」としては、相手の人数よりも少し少な目に答える方法が嘘を疑われず、無難に切り抜ける方法となるだろう。

あちらこちらで聞かれることでもないし、「とりあえず無難に」ということなら便利な答え方であり、信用を失うこともない。

先ほどのアンケートを見ても、やはり男性は恋愛経験の少ない女性の方が好みであるが、あからさまに嘘をつかれるのは嫌う。

こういった質問に「嘘」はありがちだから、正直に答えていると思われたい場合は相手が期待した人数を答えておく方が実際の人数よりもスッと入る場合もあるので、とにかく切り抜けたい質問ならこんな方法もありだ。

ある程度ナイーブな話題だから質問されたことを質問返しするのも悪い方法にはならないし、「こういうのは男から答えるもんでしょ」って言っておけば、あなたに興味がある男性なら答えてくれるだろう。

好きな人に元カレの人数を聞かれた時の答え方

先ほども少し触れたが、人と人が会話をしている時に最も残念なことの一つに「嘘をつかれること」がある。

社交辞令が心地良いのは表面上の付き合いにおいてであって、仲が深まってきた段階においては不快に感じることが増える。仲が良い人とは本音と本音で話したいと思うものだ。

従って、仲良くなってきた好きな人との会話で元カレの人数を聞かれたら、特におかしな人数でない限り、正直に答えるのが一番ではあると思う。フォローが必要なら言葉を添えばいい。

嘘をつけば、嘘で周辺の情報を塗り固めないといけないから、内容次第では会話が不自然になりがちで、相手は意図せず嘘を見抜いてしまうこともしばしばだ。とにかくその後の恋バナで作り話しないといけないケースが増えるデメリットが見逃せない。

信用を失う・信頼感を損ねる行為になるリスクを負うべきかどうかは一考の価値があり、慎重に判断したいところ。

それまでの関係性を振り返って考えるべきでもある。

元カレの人数を正直に答えることでマイナスになると思うなら黙っている方がまだマシかなと思う。
「恥ずかしいからまた今度ね」なんて言葉で濁して話題を変えてしまえばいいし、しつこく聞くなら自分にどれだけ興味を持っているか測れたりもする。

実際に過去の恋愛で相手の印象が変わることがないとは言わない。
軽い女とは付き合わないと決めている男性もいるし、全ての恋愛が長続きしない人に対して性格を疑うことも現実的にはあるはずだ。

かわいい女性なのに過去の恋愛がない場合も同じように邪推して印象を落としてしまう男性も存在するだろう。

でも、過去はあくまで過去なのだから、期待した答えが返ってこないことで相手を否定するのにも限界があり、その事実で印象が変わってしまうのならそこまでの想い・関係だったとも取れる。

特に仲が深まってきた関係なら、もし自分が気になったとしたらどんな人数でも正直に答えてほしいと思うのではないだろうか。純粋にその人を知りたいと思うときに嘘をつかれると悲しい。

嘘に嘘が重ねられる展開には注意をしよう。
嘘を疑われたら、それまでついた嘘の数だけ信用を失うことになって完全に逆効果もあり得る。

質問の種類としては嘘が許される分野ではあるが、付き合う直前では答える人数が何人であるかよりも正直に答えてくれるかどうかも気になる。

でも実際には…!経験から「元彼の人数に嘘をついた彼女」は少なくない

私の経験上、この「元カレの人数」に関して、実は嘘をつかれたことが少なくない。

答える側として気にする人がいるのは間違いなくて、多くても少なくても一緒で、嘘をつく場合は結構あったりするのが現実だ。

「嘘をつかれた」と表現したのはその後にカミングアウトされたからこう言っているわけだ。
だから、現実を考えたときこの分野では嘘が悪いこととして「正直一択」ということはないんだろう。

嘘をついて相手の期待した人数を答えるなら、カミングアウトの機会は付き合った直後が無難な選択になるかな。これからまた違った関係を築いていくのだから、そのタイミングで清算しておくといいだろう。

バレる形になると微妙だし、そんなに隠すことでもないと思う。

カミングアウトされた時も許すしかなかったしね。それで印象が変わることもなくて、気にして本当のことが言えなかったのはかわいいと思った。

個人的な経験則だが、参考にしてみてほしい。

まとめ

今回は「元カレの人数を聞かれた時の答え方」を紹介した。
基本的に正直な人数を答えて良いと思うけど、色々気になるなら無難な答えを用意しても良いだろう。

男性が女性に対し、恋愛経験が少ない人を求めていることは色々な情報から明らかになっているから、気になる女性は現実的に嘘をつく人が少なくない。

その場合は付き合った当初に本当の人数をカミングアウトしておけば後でおかしなことになることはないかなと思う。

関連記事:

タイトルとURLをコピーしました