恋愛のトラウマはきっと癒してくれる人が現れる~恋愛できない人でも恋愛を避けることなかれ

恋愛のトラウマを癒す光のイメージ

これまで、過去の恋愛のトラウマが原因で恋愛できないという恋愛相談をいくつも受けてきた。

恋愛のトラウマと言ってもその人ごとに内容や事情は全然違っていて、浮気もあればDVなどもあり、他人からすると問題の大小をどう評価するかは分かれると思うのが正直なところだけど、本人は真剣に人を好きになった分だけ傷ついていて、そう考えると「つらい」って気持ちだけはよく分かった。

あなたが抱えた恋愛のトラウマを、私は何ら否定しない。でも、それと同時に、個人的には恋愛のトラウマで恋愛ができないという人も、恋愛を避けることはしないでほしいと思う。

恋愛のトラウマはきっと癒してくれる人が現れると思うから。

今回はそんなお話を真剣なコラムとして綴っていく。少しの時間、私の話を読んでみてほしい。

スポンサーリンク

恋愛のトラウマに悩む人と100人以上出会って感じること

私は恋愛のトラウマに悩む人と、もう100人以上出会っている。私自身も恋愛のトラウマを持ったことがある。

決して身近な問題なんて言うつもりはないけど、それでも「異常なこと」ではないと実感を持って言える。

恋愛のトラウマを抱えてしまった人は、「こんな経験は自分だけだ」と思うかもしれないけど、程度問題や種類の違いだけで、多くの人が実は体験していることだったりする。もちろん、あなただけの経験というのも中にはあるということもわかっているのだけど。

悩んでいる人に「みんな一緒だよ」という言葉は何の癒しにもならないとは思っている。本人にとっては今まさに抱えている問題であって、他人なんてどうでもいいからだ。

しかし、恋愛のトラウマに限らず、「本当につらいのは自分だけか」という視点はそれでも大事だと思う。

恋愛は、時に傷つくものであって、後悔もするもの。
ちゃんとそれに見合った幸せを享受できる人ばかりかと言えば、そうでもなくて、みんな傷つきながら恋愛をしている面が私はたぶんにあると思っている。

だって、人を好きになる意味って「幸せになるため」じゃないから。

幸せになりたいから人を好きになるんじゃない

人は、幸せになりたいという気持ちから人を好きになるのだろうか?

そんな人もいるかもしれないけど、いや、そんな時もあるし色々と重なってやっと恋をする瞬間だってあるのだろうし、人が人を好きになる理由なんていっぱいあるのだろう。

でも、恋愛がとても繊細なものに感じる人は、「幸せになりたい」から恋をするのではなくて、純粋にただただ魅かれて恋をする。

私は恋愛の専門家として恋愛サイトをもう5年以上運営しているけど、それでも恋愛が100%良いものだとは言っていない。だって、傷つくことも多いし、後悔する恋愛もあったから。それはみんな一緒なんだと思っている。

恋愛のトラウマでつらい想いをしている人に、湧き上がるような恋愛感情をもう一度取り戻してもらうには、「人を好きになるってどんな意味があるんだろう?」と考えてほしくてこんな話から始めた。

片思いのトラウマを抱えた人は、傷ついた分だけ優しくなれる人だ

私は人の気持ちが分かる人は、きっとその分自分が傷ついた人だと思っている。

傷ついた分だけ優しくなれる人ばかりじゃないのかもしれないけど、もし片思いのトラウマを抱えた人が何か得るものがあるのなら、経験の他にはきっと「やさしさ」だ。

恋愛のトラウマを抱えたその経験は、「あなたを成長させた」って言ったら少しは報われるだろうか。

いや、そうではないのだろう。でも、人にやさしくできる人はきっと素晴らしい人の条件を一部でも満たしているのだと思う。

いつだって何か起きた時には考え方が分かれる。
「〇〇されて傷ついたから〇〇し返そう」
「〇〇されて傷ついたから〇〇はしない」
いくつかあるのだろうけど、〇〇に「浮気」を当てはめてみると、恋愛では結構あるあるな考え方の違いになるだろうか。

本当に傷ついた人は、上の例なら後者を取る人ばかりだ。自分がトラウマを抱えるほど恋愛で傷ついたから、好きな人を傷つけたくないと心の底から思う。

「もうされたくない」だけになってしまったら「恋愛できない」という状態になるけど、上の二つの内、どちらの考えかと聞けば、きっと後者を選ぶのではないかなと、たくさんの話を聞いてきて思う。

抱えたトラウマに悩む時に、得たものなんてあまり意味をなさないのも知っているけど、忘れないでほしいこと。人としての温かみって、手に入れようとして手に入るものじゃないから、きっと尊くて、でも傷ついた経験をした人にそれを感じることが多かったのは、私の中の紛れもない事実。

表現が難しいけど、ひねくれないで向き合った人は、みんな優しかったんだ。

恋愛のトラウマを乗り越える時に、絶対に忘れてほしくないこと

男なんて星の数ほどいる。
これは失恋した女性にかける言葉として有名と言うか、便利に使われる言葉だ。

確かに正論みたいな印象を持つけど、私は個人的にあまり使わない言葉でもある。

だって、心底好きだったならその人以外の男がどれくらいいても関係なかったでしょ?

それを前提にしながらでも、敢えて言いたい。

男は星の数ほどいるよ。

恋愛のトラウマを与えた人がどんな人かを問わず、真逆の人間はいくらでもいるし、同じような人だってたくさんいるのが世の中だ。でも、間違いなく言えることは、そんな人ばかりではないことだけははっきりしている

とても当たり前のことだけど、これだって大事なことだと思う。
恋愛のトラウマを抱えたその原因とか理由ばかりに目を向けると、見失うこともあるのではないだろうか。

内にばかり目を向けていた人は、外にも目を向けるべき時がくる。恋愛のトラウマを乗り越えたいと思った時に、絶対に忘れてほしくないことだ。

トラウマを癒すのに時間がかかっても良い!時が癒す効果に期待するのは間違いじゃない

人は忘れるから生きていけるとよく言われる。
つらい経験をして立ち直るたびに、この言葉は実感できる言葉だ。

恋愛のトラウマでも「時が癒す」のを待っていたっていいのだと思う。
人はいい意味でも悪い意味でも忘れていくものだから。
特に、恋愛のトラウマを抱えてまだ時間が経っていない人には「焦らないでほしい」と強く思う。

つらい片思いのトラウマであっても、ただ時を送るだけで癒されることだってないわけではない。少なくても言えることは、今よりも先が楽になっていくということ。

悩みを悩みと意識し続けたら変わってくるけど、それでも基本はそうなのだと思う。

でも、私があなたに伝えたいことは、「恋愛のトラウマはきっと癒してくれる人が現れる」ってこと。最後の見出しは、できるだけゆっくり読んでみてほしい。

恋愛のトラウマはきっと癒してくれる人が現れる

経験上、恋愛のトラウマは時の経過だけでは解決しないものもあるように思う。

色々なものを変えてくれるのが「時」であって、自分の体制や気持ちを整えてくれるけれど、「もう大丈夫だ」って思えるのは癒してくれて支えてくれる人に出会った時だ。

恋愛のトラウマは「もうこんな思いをしたくない」という気持ちにさせ易くて、恋愛を遠ざけてしまう人も出てくる。何度も言うように、そんな時期があってもいいのだけど、どこかで「誰か癒してくれる人が現れること」を諦めないでほしい。

ムリにトラウマを忘れる努力をすれば、自分が抱えたものの大きさを痛感することもあって逆効果になることもあるから、恋愛に慎重になりながらも好きになることを排除して考えるのは違うかなと思うのだ。

いつか、きっと自分が抱えた恋愛のトラウマを真正面から受け止めてくれる人が現れる。守りたいと思うのが恋愛だし、支えたいと思うのが恋愛だから。

これは男女で共通した想いであって、強弱はまた別だけど、人を好きになれば当然のように抱く感情だと思う。

自分のトラウマを理解してくれて癒してくれる人がもし現れたなら、きっとそのトラウマはトラウマでなくなっていく。もしかしたらトラウマを原因に度々ぶつかることがあるかもしれないけど、段々と信じることができる過程にはどんな人も「癒し」を感じることができるんじゃないかな。

愛情の深い人と出会ったなら、あなたの問題は二人で共有して、喜びを倍にしてくれる恋愛というのは本当に存在しているから。

それがずっと続くかと言えばまた違う問題も出てくるのが難しさを感じるところなのだが、トラウマを意識する今の状態から解放されるだけでも幸せは十分感じることができるはず。

でも、もし恋愛できないから恋愛を避けると言うなら話は別になってしまう。拒絶しても追いかけてくれる人というのがいるにはいるのだけれど、その人の気持ちを考えると、どれだけしんどいことをさせようとしているのかは想像できると思う。

「別にそんなことを頼んでいないし、期待もしていない」
もしかしたらそう思う人もいるかもしれない。でも自己防衛だけに走ってしまっては、自分に取って素晴らしい出会いも排除してしまうのがとてももったいないと思うのである。

トラウマが原因で恋愛に慎重になるのは良い作用もあるし、そうならざるを得ない状況なら仕方ない。ただ、もし時の経過があなたを癒し切らないとしたら、きっと誰かが変えてくれる他ないのではないだろうか。ゆっくりでいいし、何も積極的にそんな人を探せとは言わないけど、避け続けることは悲しいことだと思う。

「いつか私のトラウマを忘れさせてくれる人が現れたらいいな」
そう思うだけで、接する人の印象は変わるものだ。

人に傷つけられて人に癒されて、たくさんの出会いと別れはいつも幸せをくれるわけではなかったのだけど、私は出会えてよかったと思う人が何人かいて、時折り感じる幸福は何にも代えられないものだと痛感することがたくさんあった。

言っていればそれは「サイクル」なのかもしれない。
でも、言葉よりももっと暖かいものだと思っている。

「会いたい」と思えば、それは「好き」ってことなのか~会いたい気持ちは好きになったと言う「恋愛感情」を表しているの?
一人になったとき、「あー、会いたいなぁ」と思うような人が、あなたにはいるだろうか? 誰かに抱く「会いたい気持ち」は、どこか自分の中の「恋愛感情」を...

まとめ

今回は「恋愛のトラウマはきっと癒してくれる人が現れる」と題し、いつもよりもコラム調を強くして綴ってみた。
色々な体験の中で、私の感じたことをつらつらとまとまりなく書いてみたけど、どんな感想を持っただろうか。

恋愛のトラウマは、その先の恋愛にとても影響の大きいものだと思う。
程度の問題を置いておけば、人生で一度二度向き合う機会がもしかしたらみんなにあるのかもしれない。
時が癒すこともあるからそんな時は一回休息を取ってもいいのだろう。

でも、いつまでも抱え続けるものがあったのなら、おそらく時間が解決するまでに失うものが多すぎると感じる。
それはとても勿体ない。
恋愛の意味でも、他の人間関係と同じように「避ければ避けらる」。

だから無条件に避けてほしくはないと思うのだ。

関連記事:

失恋私の恋愛観
スポンサーリンク
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

スポンサーリンク
恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました