告白して振られたけどもう一度告白したい!2回目の告白の仕方とは?アプローチ、タイミング、セリフまで徹底解説

成功する!2回目の告白の仕方」徹底解説

色々とアプローチを頑張って告白したけど振られた時、諦められる言葉で振られるなら切り替えもしやすいが、微妙な断られ方をすると「もう一度告白したい」「2回目の告白がしたい」と思うことがある。

告白した時にはっきり断られた場合であっても、簡単には諦められない恋もあるだろう。

しかし、2回目の告白をするか悩む人は、2回目の告白がアリかナシかや、2回目の告白のタイミングやセリフなどが気になって、なかなか具体的に行動できないパターンが多い。

1回目の告白は経験があっても、2回目の告白はしたことがない人がほとんどだからだ。

そこで今回は、「告白して振られたけどもう一度告白したい!」という人のために、2回目の告白の仕方を徹底解説する。

好きな女の子に微妙な振られ方をした男性は、参考にしてみよう。好きな人を諦められないという人にもおすすめだ。

  1. 2回目の告白はアリかナシか
    1. 人の気持ちは変わる
    2. 1回目の告白をした後、もっと知ってもらうことで好きになってもらえる可能性がある
  2. 2回目の告白はしつこいと思われる?しつこい告白だと思われる3つのパターン
    1. 押せ押せでアプローチしていた場合は、2回目の告白からしつこいと思われる
    2. 1回目の告白から短い期間で2回目の告白をすると、しつこいと思われる
    3. 2回目の告白のセリフが長い、しつこく食い下がる告白の仕方をした場合
  3. 2回目の告白をするメリット
    1. 告白を振った相手は意識される
    2. より強い愛情が伝わる
    3. 失敗した告白の挽回ができる
  4. 2回目の告白に向けたアプローチの仕方
    1. 振られたことで気まずい雰囲気にしない!その方法とは?
    2. 普通の雰囲気に戻った感覚を掴んだところでLINEを再開する
    3. LINEの返事が普通なら食事に誘う。ぎこちないLINEだったらグループで飲みに行く
    4. 二人で話せる状況での2回目の告白に向けたアプローチの仕方
  5. 2回目の告白のタイミングとは
    1. 二人で2回以上会えた上で、盛り上げるのに成功するのが2回目の告白をするタイミングの条件
    2. 2回目の告白のタイミングは「愚痴を言い合う、悪口を言い合う」ような会話ができてから
    3. 二人で会う時の距離感で2回目の告白のタイミングを決める
  6. 2回目の告白のセリフ
    1. 2回目の告白は「好きです。付き合ってください!」という形式ばった告白の仕方が合わない
    2. 2回目の告白のセリフは、軽い言葉が合う
  7. また告白したい、もう一度告白したいなら、「2回目の告白の成功確率」に関わらず、できることをやって告白するべき
  8. まとめ

2回目の告白はアリかナシか

まず、2回目の告白はアリかナシかの答えだが、これに関しては基本的にアリだと思って良い。

人の気持ちは変わる

2回目の告白がアリだと言える理由は、「気持ちが変わるから」という点が最も大きい。

付き合う前の恋愛は告白するまで微妙なアプローチしかできないことも多いし、付き合うか付き合わないかを決める時に気分も大きく関係する恋愛があるため、特に消化不良だった片思いに関しては2回目の告白をするべきとさえ言える。

恋愛は「できることはすべてやった」と言えることがほとんどないため、2回目の告白までは全然アリだ。まだ知られてないあなたの魅力だってたくさんあるだろう。

1回目の告白をした後、もっと知ってもらうことで好きになってもらえる可能性がある

仲良くなった異性のことを「どのくらい恋愛対象として意識するか」は人によってかなり違いが大きいところだ。

友達として仲良くなっていた場合は、1回目の告白をした時に断られ方がどんな言葉だったかを別にして、「そんな風に考えたことがなかった」という理由で振られた可能性もあるので、2回目の告白に向けたアプローチが好きになってもらえるきっかけを作ることがある。

2回目の告白は、「あまり恋愛の雰囲気にならなかった」という片思いの時ほど、有効に作用する傾向がある。思い切って好意が伝えられてなかった場合は、告白後のアプローチが有効に働くはずだ。

2回目の告白はしつこいと思われる?しつこい告白だと思われる3つのパターン

2回目の告白がしつこいと思われるか不安な女子

2回目の告白がしたいと思った時、気になるのが「何回も告白するのはしつこいと思われる」という不安だ。

では、どんな時にしつこいと思われるのだろう?

しつこい告白だと思われる3つのケースを挙げるので、振られたけどもう一度告白したいと思う人は押さえておこう。

押せ押せでアプローチしていた場合は、2回目の告白からしつこいと思われる

あなたが好きな人に強めのアプローチをしていた場合は、既に十分に好意が伝わっているので、相手は「しっかり考えた上で告白を断った」と思っているから、2回目の告白がしつこい告白だと思われる可能性が高い。

ただし、“強めのアプローチ” は、ガツガツ行くようなアプローチをイメージしているので、好きな人の迷惑になるようなアプローチになっていなければここには該当しない。

“積極的なアプローチ” くらいであれば、2回目の告白まではしつこいと思われない。「自分はどうだろう?」と思ったら下の記事で確認してみよう。

恋愛における「積極的な態度」と「ガツガツしている態度」の違いとは~片思いの時は、好きな人にどんな態度を取るべきか
恋愛は、好きな人に積極的な態度を取る人ほど上手くいっている状況がある。 言い方を変えれば、好きな人ができた時に「何もできない人」の恋愛が上手くいっていない状況で、好きな人への連絡や話しかける頻度など、積極性の違いが恋愛の成功と

1回目の告白から短い期間で2回目の告白をすると、しつこいと思われる

しつこい告白の典型例は「1回目の告白から2回目の告白までの期間が短い場合」である。

振られてからまた告白するまでの期間が短いと、相手は「なぜOKしてもらえる可能性があると思ったの?」と常識や恋愛観を疑う。

特に、はっきり断られた場合は2回目の告白をするまでの期間がある程度必要なので、ここは振られ方による部分も大きい。

2回目の告白をするタイミングについては詳しく後述するので、「2回目の告白をする条件」をクリアした上で実際に告白する時期を考えよう。相手の気持ちを考えて行動すれば、しつこい告白にはならない。

2回目の告白のセリフが長い、しつこく食い下がる告白の仕方をした場合

2回目の告白がしつこいと思われる時の理由は「告白の仕方」にも依存する。

たとえば、「告白のセリフがやたら長い(=説得するような告白の仕方をする)」というケースや、「断られたのにしつこく付き合ってと言う(=気持ちを押し付けるような告白の仕方をする)」などのケースが、2回目の告白でしつこいと思われる代表的なパターンだ。

1回目の告白で振られた人は、ある意味で告白相手に告白するのに慣れてしまう面(※1回目ほど緊張しないタイプがいる)があるので、2回目の告白の仕方そのものがしつこくならないように注意する必要がある。

2回目の告白をするメリット

2回目の告白がアリだと言う理由は、2回目の告白に恋愛上のメリットもあるからだ。

告白を振った相手は意識される

1回目の告白で振られると、その後はずっと意識される状況になる。中には告白されたことがきっかけで好きになる人もいるし、告白されたことではじめて異性として意識してしまうこともある。

最も大きな2回目の告白をするメリットは、「1回目の告白の後に気持ちが動いた場合は付き合える可能性がある」という点だ。好きな人があなたを振ったことで、気になっているケースが本当にたくさんある。

より強い愛情が伝わる

あまり彼氏や彼女を作らないタイプの人は、「どのくらい好きになってくれたのか」で付き合うか付き合わないかを決めることがある。

特に女子の場合は「アリかナシか」に相手の性格や恋愛観を重視するところがあって、2回目の告白をした人に「これだけ真剣だったら付き合ってみようかな?」と思うことが少なくない。20代半ば以降の女性のことでこの記事を読んでいる人は2回目の告白をすることで本当に真剣に好きなことが伝わる恋愛効果は高い。

1回目の告白より2回目の告白の方がより強い愛情を伝えられるのは恋愛上のメリットで、実際に「それだけ言ってくれるなら」と思って付き合うことを決める人もいる。

失敗した告白の挽回ができる

たとえば、1回目の告白の時に曖昧な告白をしてしまったり、言いたいことが言えなかった場合は、2回目の告白が「挽回の意味」を持つ。

告白を失敗したと思っている人は、仕切り直して2回目の告白をすることで「本当の答えがもらえる」のは絶大なメリットだ。

この記事を読んでいる人の中には、2回目の告白をしなければいけない人もいるはず。1回目の告白の仕方に納得してない人は、きちんと2回目の告白をして、自分たちの可能性を確認するべきだろう。

好きバレしたら恋愛はうまくいかない?好きバレのメリットや恋愛の効果とは
好きな人に自分の気持ちがバレる「好きバレ」は、恋愛が苦手な人ほど「恋が叶わない原因」だと思っている。 好きな人が自分の好意に気付いた後で片思いを進めていくことになるため、好きバレすると両想いになるのは無理だと思ってしまうのだ。

ただし、2回目の告白は「準備」が非常に大事だ。単純にもう一度告白するだけじゃ振られる可能性が高いので、次で2回目の告白に向けたアプローチの仕方を解説する。

2回目の告白に向けたアプローチの仕方

2回目の告白をする前のアプローチに成功してカップルになった二人

ここでは、1回目の告白後、2回目の告白に向けたアプローチの仕方を4つの段階で解説する。

何もしないでもう一度告白するのでは成功確率が著しく低いので、「2回目の告白をする前にできること」を学んでみよう。

振られたことで気まずい雰囲気にしない!その方法とは?

2回目の告白がしたいと思っているなら、振られたショックは何としても早めに消化して、なるべく「普通に接すること」を目指そう。

そのために重要なことは、振られた次の日に笑顔で挨拶して、何か用事を作って話しかけること。これができればお互いに「告白後の雰囲気」が実感できるので、気まずくならないように対処ができる。

もし、既に振られてから何日か経っているなら、業務連絡的な内容で良いのでLINEしてから次の日に普通に話しかけてみよう。「吹っ切れたのかな?」と思ってもらえるし、普通にしてくるあなたが気になるようになる。

1回目の告白に振られた後は気まずくなると2回目の告白ができる環境を作れないので、全力で普通を装う。振られたからと言って、好きな人から嫌われてるわけではないので、自信を持って普通の友達っぽく話しかけてみよう。

普通の雰囲気に戻った感覚を掴んだところでLINEを再開する

何度か話しかける中で告白前の雰囲気に戻ってきたという感覚があったら、LINEを再開させるタイミングだ。

LINEの内容については、最初は距離感のある内容から入っていくが、少しずつ告白前のLINEに直していくのがポイントである。期間は2週間くらいをイメージして、意識的に距離を縮めていこう。

ただし、「返信が次の日じゃないと返ってこない」などの状況になった場合は戦略的にLINEの距離を縮めても逆効果なので、一つ前の段階に戻って「気まずくならない対処法」を取ろう。

前みたいにすぐLINEが返ってくる状況にならなかったとしても、普通にLINEが返ってくるなら次の段階に移っていく。

LINEの返事が普通なら食事に誘う。ぎこちないLINEだったらグループで飲みに行く

LINEの雰囲気が「良い」か「普通」以上であれば、告白前みたいにまたご飯に誘う段階にきている。関係性を1回目の告白前に戻していきたいので、普通にLINEできる状況が1週間から2週間くらい経過したところで、ご飯に誘うようにしよう。

もし「なんかぎこちないLINEになっている」と思ったら、二人でご飯に行くのではなく、グループで飲みに行くとまた二人で会えるきっかけが作れる。友達に協力してもらう選択肢も持っておこう。

ただし、食事に誘うのは「顔を合わせている時」にするのはポイントだ。LINEだと雰囲気が伝わりにくいので、変に緊張感を与えてしまうため、振られた後のアプローチに向いてない。

帰り際に声を掛けたり、自然なタイミングで誘う方が成功率が高い。

誘い方を知りたい人は、下の2つの記事が参考になる。

断られにくい誘い方7つのポイントと会話例!誘う言い訳や口実が大切なのは、相手が誘いに乗る理由になるから
「断られない誘い方がしたい!」 好きな人をデートに誘う時は誰もがこんなことを考えるけれど、あなたが実際に好きな人や気になる人を誘う時、「断られにくい誘い方」ができているだろうか? まだ付き合う前の関係では、二人で会うのに理由
女性をサシ飲みに誘う方法24選~二人だけで飲みに行くにはどんなきっかけや理由があるのか、経験から誘い方を紹介!
気になる女性や好きな女性ができた時は、二人きりで飲む「サシ飲み」に誘いたいと思う男性は多い。 実際、気になった女の子と長い時間二人だけでお酒を飲むことができれば、距離が縮まるのは間違いないところだ。 サシ飲みはいきなりデ

2回目の告白に向けたアプローチは、「ちょっとしたことでも恋愛感情を疑われる」という点を織り込んで考えないといけないので、圧力をかけないことがコツだ。

明るい雰囲気で「ご飯行かない?」と声を掛けられるタイミングで、相手が気軽に「そうだね」と言えるシチュエーションを作ろう。

二人で話せる状況での2回目の告白に向けたアプローチの仕方

二人で話せるまで関係性が戻ったら、とにかく「アプローチする」という意識をなくして楽しい会話を展開することだけ考えよう。何度も言うけど、相手は告白されたことが記憶から消えることはないから、「誘ってくる」だけで好意を疑う。

そこで口説くような感じになると気まずい雰囲気が出てきてしまうし、しつこいと思われる可能性もある。それよりも、「一緒にいると楽しいな」と思ってもらえるようにアプローチするのが2回目の告白に向けた準備になる。

会話に自信がない人は、下の記事が参考になるので、読んでおくと安心できるだろう。

好きな人との会話がすぐ終わる人へ!会話が続かない理由や特徴から、改善の方法を徹底解説!
好きな人との会話がすぐ終わる人は、距離を縮めるどころか、仲良くなるのにも苦労している。 恋愛が苦手な人が増えた今、好きな人との会話がぎこちないことに悩んでいる人も多い現状がある。 せっかく好きな人と話ができる機会があって

2回目の告白のタイミングとは

2回目の告白のタイミングを考えている机の上

2回目の告白のタイミングは、「振られてからの期間」で考えないことが成功のコツだ。

「そろそろまた告白しても良い期間が経ったかな?」と思っても、相手が付き合いたいと思ってくれてない限りOKの返事がもらえることはないので、1回目の告白以上に2回目の告白のタイミングはしっかり吟味して決めよう。

二人で2回以上会えた上で、盛り上げるのに成功するのが2回目の告白をするタイミングの条件

何度も告白する人は告白する度に嫌われる可能性が上がっていくので、基本的に告白は2回までだ。この点を考慮して2回目の告白をする条件を設定すると、「2回以上ふたりで会えていること」と「2回以上の食事を盛り上げることができた時」だ。

1回目の告白にOKの返事がもらえなかった時点で、あなたは相手に取って「一緒にいて楽しい相手」にならないと、2回目の告白も振られることになる。告白しないままデートを繰り返すという作戦もアリなので、最低限、1回目の告白後に二人で2回以上楽しい食事ができた時以降を2回目の告白のタイミングだと考えよう。

脈あり度を確認したい人は、下の記事でチェックできる。

二人で食事する関係や二人で飲みに行く関係の脈ありと脈なしの違い~二人きりで会う意味をはっきりさせる
恋愛が進む時は、まず「二人で食事する関係・二人で飲みに行く関係」になりやすい。 アプローチと見抜かれやすいデートに誘うよりも、最初に食事や飲みに誘う人はきっと多いはずだ。 しかし、この時の問題点は、友達や知り合いや同僚な

2回目の告白のタイミングは「愚痴を言い合う、悪口を言い合う」ような会話ができてから

2回目の告白のタイミングは、会話の中に心を開いているサインを確認できた後だ。ずっと振った人の扱い方をされている場合は告白しても断られるため、「愚痴を言い合う、悪口を言い合う」くらいの会話ができていないと、まだ2回目の告白のタイミングが来てない。

ただし、あなたの好きな人の性格が「あまり愚痴や悪口を言わないタイプ」だったら、あなたの方からぶっちゃけ話をしていかないとずっとサインが出ない状況になってしまうことがあるから注意しよう。

もちろん、ネガティブな話じゃなくてポジティブな内容の話でも自己開示してくれているから分かるから、「相談してくれる」「あまり人に言わない内容の会話をした」なども2回目の告白のタイミングとして適している。

もっと相手男性の気持ちを確かめたい人は、下の記事を参考にすると良い。総合的な判断が可能になる。

また、距離感に注目するのも一つの方法になる。

二人で会う時の距離感で2回目の告白のタイミングを決める

2回目の告白のタイミングを決める時は、物理的な距離感に注目すると、客観的な事実を持って告白する日を決められる。

たとえば、「肩がぶつかり合うような距離感で飲んだ」とか「気づいたらかなり近い距離で会話していた」などのサインは、心を開いてくれてるサインになるし、脈ありサインとも言える。

会話の内容はあまり無意識ってことがないけど、好意を持ち合っていた場合は二人の距離感が無意識に縮まることがあるので、「2回目の告白はいつ?」と考え始めたら意識してみると良い。

2回目の告白のセリフ

2回目の告白のタイミングが来た時、気になるのが「2回目の告白の言葉」だと思う。

2回目の告白のセリフについては2つポイントがあるので解説する。

2回目の告白は「好きです。付き合ってください!」という形式ばった告白の仕方が合わない

1回目の告白、言いかえると普通の告白であれば、上記のような告白の定番フレーズが間違いではないのだが、2回目の告白には適さない。

なぜなら、一度はっきり断られている人は、同じような告白の仕方をすると、「またか」と思われるから。好きな人の気持ちを動かすだけの感動がないし、「もう振ったよね?」と思われることもある。

それよりも軽い告白のようなセリフで2回目の告白をすることでリアクションを見る方が気まずくなるリスクが少なくなる。

相手のリアクションが良さそうなら本格的な告白の仕方に切り替えることもできるので、「真剣さを伝えたい人」は2段階の告白にすると良いだろう。恋愛上手の告白の仕方はその状況に合わせた告白をするので、「2回目の告白」だとしっかり意識して、あなたの状況に合った告白の仕方をしよう。

2回目の告白のセリフは、軽い言葉が合う

1回目の告白で振られてる人は、2回目の告白が重いセリフになると、一気に距離を置かれるため、軽いセリフの方が2回目の告白向きだ。

たとえば、「○○と一緒にいると本当に楽しいよ。やっぱり付き合えないの?」と口説くような感じにするだけで、相手は「また告白された」と思ってくれる。

この説明をすると、時々「ちゃんと気持ちを伝えないと付き合ってもらえないんじゃないの?」と聞かれるのだが、相手はあなたのことを一度振った相手だと思っているから、軽いセリフでも2回目の告白に向けたアプローチによって「やっぱり付き合いたい」と思ってくれていたら、OKの返事をくれるのである。

  • 1回目の告白=はっきり告白しないと真剣じゃないと思われる
  • 2回目の告白=軽い告白でも、2回目の告白だから真剣な気持ちが伝わる

2回目の告白が真剣で重いと「どうしようかな」と迷ってる人が「ちゃんと諦めてもらわないと相手に失礼だ」と思ってしまって振ってしまうことがあるから、口説くようなイメージで告白して、相手が「いいよ」と軽いニュアンスで言える状況を作ろう。

2回目の告白は1回目の告白を踏まえた告白の仕方が求められる。

また告白したい、もう一度告白したいなら、「2回目の告白の成功確率」に関わらず、できることをやって告白するべき

また告白したい、もう一度告白したいと思って2回目の告白をした男性が成功した様子

人は人から愛されたい心理を持っているので、1回目の告白で振られたのにもう一度告白する人に「そんなに好きになってくれたんだ」と嬉しい気持ちになる面もある。嫌いな人から2回も告白されたら気持ち悪いと思ってしまうが、普通以上の人であれば諦めずにまた告白してくれた人に好感も持つ。

特に愛されたい心理が強い女性相手なら、2回目の告白が心を動かすこともたくさんある。

普通は告白して振られたら諦める人がほとんどなので、2回目の告白をしてきた人に愛されてる実感が強まるのだ。前述している通り、2回目の告白には、1回目の告白に無いメリットがある。

冒頭でも2回目の告白はアリだと言ってるが、もし「もう一度告白したい」と強く思うなら、諦められないことで悩んでいるのなら、すっきりする意味でももう一度告白することをお勧めしたい。

2回目の告白もダメだったら、おそらく9割以上の人が諦めがつく。もちろん、この記事を参考にして「2回目の告白に向けたアプローチに頑張ってから告白する」のが条件になっているが、「できることをやって2回も告白したのに振られた」という状況は、次の人に行く気持ちにさせるはずだ。

当然、次の告白がOKしてもらえるのが一番良い結果なのだけど、告白しないまま諦められない状況を続けるのは、あなたが幸せになれる可能性を奪っている。できることをやってみる勇気を持ってほしいし、2回目の告白をする勇気も持ってほしい。

恋愛で後悔するのは、多くが「何もできなかった」というパターンと「告白できなかった」というパターンばかりだ。あなたがそうならないように、前に進む勇気を持とう。

まとめ

今回は、もう一度告白したいと思った人のために、2回目の告白の仕方を徹底解説した。

2回目の告白のアリナシ、2回目の告白に向けたアプローチの仕方、2回目の告白のタイミング、2回目の告白のセリフなどに触れていったので、ぜひすべての工程で好きな人の気持ちを動かす恋愛の仕方をして、2回目の告白を成功させよう。

関係性を作りなおすなら、2回目の告白まではまったく問題がないから、後悔しないようにできることをやった上でもう一度告白する勇気を持ってみよう。

統計から分かる「告白が成功する条件」~タイミング・時期・場所・方法~告白経験者233名の分析結果から見えたこと
片思いが進んでいよいよ告白のタイミングを考える時、「告白が成功するか失敗するか」という期待と不安は、なかなか告白に踏み切れない理由になる。 特に告白直前は好きな人ともある程度仲良くなった自覚がある頃だし、告白が失敗すれば友達関

関連記事:

告白
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました