愛される女性になるために実践してほしいこと~愛されたいなら

愛され女のイメージ

恋愛に「愛されること」が一番だと思っている人は、女性に多い。
本能的に女性は、自分が大事にされることを望んでおり、愛してくれる男性を求める傾向があるからだ。

狩猟的で、自由を大事にする男性は逆に、女性は自分が選ばれること、愛されることに価値観が高い。

しかし、多くの女性の中には、自分の性格に問題があって愛されないことに悩んでいたり、男性から愛される女性はどんな女性かがわからずに、なかなか思い通りの恋愛ができていない人がいる。

そこで今回は、「愛される女性になるために実践してほしいこと」をまとめる。好きな人から愛されたい女性は、ぜひ参考にしてみよう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

頼ることと、甘えることに素直でいよう

男性は、女性のことを「守る存在」だと思っているところがある。
本能の部分に関わる問題だが、子供を身ごもる女性を守るのは男の役目であり、「食べさせる」ことは原始時代から長らく男の役目だった。

体力的・経済的に女性を守るのは、男性が「男の役目」だと責任感を自覚するよりも、もっと奥の方からくる欲求である。精神的に強いのが女性だと何となく気付いていても、ここぞという時の決断力や体力的な優位性などは、好きな女性や彼女には認めて欲しいと思っている。

これを逆に考えると、愛される女性になる方法が少し見えてくる。

見出しに挙げた「頼ること」と「甘える」ことは、男性が女性に求めていることだ。好きな人を守ってあげたいと思う気持ちを上手に刺激できる女性は愛される女性で、「素直さ」は心と心を通わせる恋愛においてとても重要なもの。

繕わずに表現する女性は男性から見て可愛いのだから、素直な女性が愛されるのも頷けるところだろう。

自分の性格で、上記2つが上手くできない人もいるかもしれないが、どこかでポイントを作って素直になる努力をしないと、求めることを満たしてくれない彼女になってしまう。そうなれば愛されることとは離れてしまうだろう。

素直に頼って、甘えるのは彼氏のためにもなることだ。

男性が可愛いと感じる「女性の甘え方」~男性目線でおすすめベスト5をランキングで
男性に取って、女性が甘える瞬間は非常に可愛いと感じる時だ。女の子らしい態度に男性はグッときて好きになるきっかけにもなっているし、彼女...

泳がせる余裕と追わせる余裕

男性は、少年ぽさを永遠に失わない。よく「男は成長しない」という女性がいるが、ある意味で真理をついており、変わるのが苦手で少年ぽさを大事にしている面が男性にはあるのだ。

従って、女性としては「男の子」を相手にするような感覚も、男性と上手く付き合う上で重要であり、自由を束縛し過ぎると悪影響が強すぎる。

「最後は私に帰ってくる」とまで行き過ぎた余裕もまた悪影響があるのだが、泳がせる余裕は必要なもの。依存したり、束縛し過ぎるのは愛される女性ではない。

泳がせる余裕は、追わせる余裕にも繋がる。

両方とも男性心理に大切な意味を持っているのは、これまで説明した通り。嫉妬させることを敢えてやってみるのも効果は高いのだが、そこまでやらなくても「追わせること」を意識した付き合い方をすることで、愛される彼女になることができるだろう。

自分を可愛く保つ努力

釣った魚に餌をやらないのは、男性の本能に関係している。多くの子孫を残すためにある本能のため、抗えないところがあるのは、女性だけでなく時に男性本人も悩みなったりするほどだ。

愛される女性になるためには、この現象は織り込んで考える方が現実な考え方になる。

つまり、彼女自身も同じように付き合った期間が長くなることで、女性としてダレていけば、長くは愛されないということ。

愛される女になるためには、いつまでも可愛い彼女でいることがとても重要だ。
いくつかダレる彼女の具体例を挙げるので、気を付けてみよう。

  • 言葉使いが荒くなる
  • 可愛い自分で会おうとしなくなる(メイク・ファッション諸々)
  • 気分で態度が変わる
  • わがままになる

長く付き合えば遠慮がなくなってしまうのも仕方ないが、意識すると変わってくるだろう。

当然ながら、お付き合いは男女で協力しないと成り立たない。彼女に問題があるから愛されないということばかりではないはずだ。男にも男の問題がある。

今回は、彼女が具体的にどのような努力をすれば愛される彼女になれるのかを考えているので、誤解のないように読んでもらえればと思う。

男性の本能として、付き合った彼女と長くなるにつれて悪い意味で安心してしまい、他の女に興味を持ち易いところがあるので、彼女自体が付き合い始めよりも可愛く無くなっていけば、当然愛される女性になることが難しくなる。この点に注意をしてほしい。

スポンサーリンク

居心地の良い女性は愛される

言葉を重視する女性に対し、男性は雰囲気を重視する。ロマンティストが多いと言われのは男性の方であり、現実的な感性で恋愛を捉える女性は、ストレートな表現をされたいと願う。

居心地の良い女性を考えた時、「何をしたら居心地のいい女になれるだろう?」と思うかもしれないが、積極的に行動するタイプの女性は「やり過ぎ」にも注意が必要かもしれない。

つまり、ウザイ女にならないことも重要な要素であり、先程まで述べてきたことと共通点もあるのだが、「彼氏が落ち着ける雰囲気を作る」のが愛される女になることに繋がるのだ。

無言でも一緒に居られる人を好きだと言うのは男性の方で、何も言わなくても分かる関係を心地が良いと感じる部分がある。女性が愛されるために行うことの全てには、メリハリを付けるようにしよう。ウザくなると飽きられる女になってしまうので注意が必要だ。

男性を理解しよう

ここまで述べてきたことが理解できると、愛される女性になるためには男性を理解することが重要であると気が付くと思う。知らなかったことや意外だったこともあるはずだ。

愛し方がうまい女性は男性から愛される。あくまでもあなたの相手となる男性を理解することが前提なのだけど、男と女で違うことが多くあるので、「男を理解する」という気持ちも大事だ。それが愛し方を最適化する。

恋愛すると期待や不安があってつい自分本位に考えてしまうから、どうしてもすれ違いが避けられない。付き合いはじめは愛されるのに、長くなって段々愛がなくなるなら「付き合い方」が間違っているからかもしれない。

好きな人と幸せに付き合っていくのにお互いを理解する心は大切なもので、できれば予備知識から相手にフィッティングさせるように理解していくと深くまでお互いを知り合える。「愛されるために愛す」ことに似ているが、男性らしさを理解するとすれ違いなく恋愛することができるはずだ。

一生懸命で健気な女性は愛され女

密接な関係で付き合う恋愛は、お互いに良い影響を与え合う同士が長く愛し合う。「あなたがいないとダメ」ってことが依存ではなく、前向きさや一生懸命さに繋げられる人は、それを受け取った相手も頑張れるから、良い刺激をしあって愛し合うことが可能だ。

これは片思いの頃にも言えて、「あなたと一緒なら人生が充実しそうだ」と思ってもらえるから、好きな人ができたときも愛され女になる恋愛を進めていくことができる。

一生懸命さや健気さはそれを感じ取ってくれる男性の感性も重要になっているため、やはり恋愛は相手も大事だと思うところではあるが、あなたが素敵だと思う男性ならむしろ意識しているポイントであるはずだ。

愚痴を言う女性は多いし、付き合うと文句ばかりを言っている彼女がいる。そんな女性との差が素敵なポイントに映るなら、良い付き合いができて愛される女性となるだろう。

求めずに与える。
これは今回の記事のテーマで根幹となる部分だ。

愛される女性になるためには「伝える力」が重要

女性は好きな人にずっと自分を見ていて欲しいから、つい「察して!」という気持ちがメインになってしまう。髪形やメイクならこの発想でもおおごとにはならないのだけど、言いたいことや伝えるべきことまで察してほしいと思うと、期待に応えない彼氏に対して不満が強くなってしまう。結果、愛される女性になるどころか、関係をぎくしゃくして恋愛が長く続かない。

愛される女性になるためには「伝える力」が重要だ。
思っていることや感じたこと、全ては伝え方で相手の受け取り方が違っていて、大切なコミュニケーションに努力して伝えようとする女性は男性から愛される。

察してほしいという気持ちは男性が相手だとつい空回りしてしまうものだ。男性は微妙な変化に気遣いないし、鈍感な人も多い。

愛される女性はそれを知っているから察してほしい気持ちは言葉で伝える気持ちへと変化させている。それは我慢とは違って「二人がうまくやっていくために」という想いだ。

結局好きな人から愛されるためには「良い付き合いができていること」が条件だから、言葉にしてもすれ違いが起きる男女において、愛され女子は自分から言葉にすることで良い状態をキープするから長く愛される女になれている。

不安や不満はネガティブな言葉でつい相手にぶつけてしまうけれど、変わってほしいところや気を付けてほしいことが解決できないうちはずっと悩むことになる。本当はこんな時にぶつけられた言葉から好きな人が察してくれると女性もありがたいことだが、現実ではケンカの原因にしかならず、ストレスを与えられた男性は相手のことよりも自分の不満で頭がいっぱいになる。

好きな人に愛されたいなら、どうしてほしいのか、どんな風に扱われたいのかというあなた個別の希望が段々わかるような付き合い方をしよう。愛されたいと言っても何が愛されていると感じることなのかは女性ごとに違う。好きな人を関係を深めるときに「伝える力」はぜひ意識してほしい。

まとめ

今回は「愛される女性になるために実践してほしいこと」をまとめてみた。

女性的な感性と男性的な感性の違いで逆効果になるようなことを排除し、効果のある方法を実践するようにしよう。愛されたいと思う時に、色々やってみる女性は多いと思うが、空回った時の副作用は大きいので、男性心理を知ることはとても大切になる。

自分の性格上、難しいこともあったかもしれないが、そんな女性ほど少し実践するだけで効果が期待できるだろう。

ギャップは人の心を動かす。
少しずつでもできることをやってみよう。