失恋から立ち直るまでの期間はどのくらい?~男性と女性の違いを調べてみた結果

失恋から立ち直るまでの期間を心配する傷心女子

失恋から立ち直るまでの期間はみんなバラバラだと思うけど、あなたは失恋の傷が癒えるまでどのくらいの時間がかかるだろう?

恋愛観だけが問題じゃないし、一つの恋愛がどう始まってどう終わったかでも変わってくるが、一般論として「失恋から立ち直るまでの期間」は気になるところだ。

そこで、少し調べてみたところ興味深いアンケートが見つかったので、今回は「失恋から立ち直るまでの期間」を、男女差なども含めて見ていこうと思う。

「みんな、失恋からどのくらいで立ち直るのだろう?」
「失恋から立ち直るまでの時間で男女に違いなんてあるの?」

多くの人が興味がある上の問いの答えたい。

「失恋から立ち直るまでの期間」アンケート結果

まずは、「失恋から立ち直るまでの期間」のアンケート結果から見てみよう。

女性が失恋から立ち直るまでの期間

マイナビが女性546名を対象に行った「女性が失恋から立ち直るまでの期間」についてのアンケートの結果が下の数字だった。

 Q. 失恋から立ち直るのにどのくらい時間がかかりますか?(単数回答)
1位 1週間~1カ月程度 35.9%
2位 2カ月~5カ月 25.5%
3位 次の恋人ができるまで 16.3%
4位 半年~1年 9.0%
5位 翌日にはすっきり 8.8%
出典:【女性編】失恋から立ち直る方法と期間ランキング | マイナビニュース

女性が失恋してから立ち直るまでの期間は、1週間から1か月という人が最も多く、次いで2ヶ月から5ヶ月という結果だった。

女性は失恋を引きずらないと言われるが、「失恋した次の日にはすっきりする」という人は1割に満たず、「半年から1年」という人と「次の彼氏ができるまで」という人を合わせると25%以上という割合だったのは少し意外かもしれない。

男性が失恋してから立ち直るまでの期間

次に、男性247人に同じ質問をした時のアンケート結果がコレだ。

 Q.失恋から立ち直るのにどのくらい時間がかかりますか?(単数回答)
1位 1週間~1カ月程度 34.0%
2位 翌日にはすっきり 19.4%
3位 2カ月~5カ月 19.0%
4位 次の恋人ができるまで 11.7%
5位 半年~1年 9.3%
出典:【男性編】失恋から立ち直る方法と期間ランキング | マイナビニュース

男性の「失恋の傷が癒えるまでの期間」は極端な違いがあり、「すぐに忘れる人」と「引きずる人」が大きく分かれる結果となった。

失恋しても翌日にすっきりする人が男性の場合は2割弱も存在している一方、失恋してから半年以上ひきずる、長期間失恋の傷が癒えないという人が僅かながら女性を上回った。

「次の彼女ができるまで引きずる」と答えた人が少なかったのは、男性らしさだろう。元カノが忘れられないとか、頻繁に元カノを思い出すのは男性ならではの恋愛観である。

男性が元カノを思い出す瞬間は~元カノと別れたことを男性が後悔するとき
男性は元カノを忘れられないことが多く、元カノと別れたことを後悔することも少なくない。「元カノを思い出す瞬間が意外と多い」というのが、男性の感性だ。 それについては下の記事でも触れている。 しかし、彼女からすれば、

このアンケート結果を基に、次からはもう少し詳しく考察していこう。

「失恋から立ち直るまでの期間」の男女の共通点

失恋から立ち直れない女性

男女それぞれの結果を見てみると、失恋から立ち直る期間の一番多い答えは共通して「1週間から1ヶ月程度」という答えだった。

一般的な失恋から立ち直るまでの期間は1週間から1ヶ月

3割強の人が失恋から1週間~1ヶ月の期間で失恋から立ち直ると答えていて、割合も同じような数字となった。

男女ともに、数週間のうちに段々と失恋の傷が癒える感じで立ち直っていく形だと想像できる。

半年以上、長期間に渡って失恋をひきずる人は男女共に1割弱

意外なところで失恋した男女に共通した部分は、「失恋を引きずる人の割合」である。

女性で「半年から1年程度で失恋から立ち直る」と答えた割合は9%だったのに対し、男性も9.3%。半年以上失恋から立ち直れないのは「引きずっている」と言えると思う期間だけど、男女にほとんど差がなかった。

恋愛に対し切り替えが早いのは女性の特徴とされているが、「次の恋人ができるまで失恋の傷が癒えない女性」が男性の1.4倍いるところにそれが出ていると言えるだろうか。

失恋から立ち直るまでの期間における男女の違い

失恋から立ち直る期間で男性と女性の違いを見てみると、最も注目するするべきは「翌日にはスッキリ」する人の割合だ。

女性では8.8%しかいなくてランキングでも5位に位置する一方、男性は19.4%も翌日には立ち直っていて、ランキングも2位と男女差が大きく開いた。

なぜ男性は失恋からすぐに立ち直る人の割合が高いのか

なぜ男性は失恋からすぐに立ち直ることができるのかと言うと、男性の方が「適当な恋愛が多い」からだ。

そもそも男性の恋愛感情はそこまですっきりしてないので、失恋から立ち直る期間が短いとしたら「本気で好きじゃなかった」「そこまで真剣な気持ちじゃなかった」ということ。

翌日にスッキリするとしたら、

  • 別れたい彼女がやっと納得して別れてくれた
  • 本気半分、遊び半分の恋愛だった

こんなところが理由として考えられる。それなりの想いを持って付き合った彼女と別れたのなら、翌日にスッキリしている人は男性でも少ないはずだ。

あなたの周りはこのアンケート結果と比べてどうだろう。納得できる内容だっただろうか。

失恋後の立ち直りが早い人は「好きじゃなかった」「愛してなかった」のではない

失恋した女性から一度、恋愛相談の形で「失恋後の立ち直りの早さに自分でも驚いてる。すぐに立ち直れるということはそこまで好きじゃなかったのかな?」と聞かれたことがあるのだが、失恋から立ち直るまでの期間が短い時というのは、その恋愛以外の影響を受けることがあるから注意してほしい。

恋愛以外に意識が行くと、失恋から立ち直るまでの期間が短くなる

何か嫌なことがあった時は、「暇」なのが一番精神的に良くなくて、失恋後に自分を忙しくする人は失恋から立ち直るまでの期間が短い傾向がある。

これが自然とそうなった(無意識に他に意識が行く)場合は、自分でも驚くほどの立ち直りの早さを見せることがある。好きだった人から他のことに意識が向き、「いつの間にか忘れていた」ということが実際に起きるのだ。

「どれだけ好きだったか」で失恋から立ち直るまでの期間が変わるが、それだけじゃない

失恋後は「どれだけ好きだったか」だけで引きずる度合いが変わるのではなく、精神状態や何もしない時間の量などでも変わる。

そもそも常に失恋後の立ち直りが早い人は、引きずってしまう人からすると「一種の才能」に近い感覚があって、ダメになった恋愛はなるべく早く忘れるのが理想だ。

仕事に打ち込めるとか友達と遊んでるだけで幸せが感じられると言った「失恋後の気持ち」は「そんなに好きじゃなったんだ」と思わずにポジティブな意味で考えよう。

失恋から立ち直るまでの期間は、その恋愛ごとに違う

失恋から立ち直るまでの期間が「恋愛の状況」によって変わるのか考える女子

失恋した人がこの記事を読んでいるかもしれないので、少し私見を書いておく。

私も数えられない失恋をしてきたが、今回のアンケートに答える立場だったら回答に迷ったと思う。その恋愛ごとに失恋から立ち直るまでの期間が違うからだ。

たとえば、2・3年付き合った彼女や彼氏と別れた場合と、1ヶ月付き合った彼女や彼氏の場合とでは別れた後に立ち直るまでの期間が違うだろうし、カップルではなく片思いだったとしても、好きな人との関係性や距離感によって失恋から立ち直ったと言えるまでの期間で違いがあるはずである。

当然、どの程度好きだったかでも変わる。

このように、もしある失恋を引きずっているとしても、「1ヶ月以上引きずっているのはおかしい」とか「いつまでも立ち直れないのは変だ」との考え方は恋愛的に間違った考え方で、自分を責めるよりも失恋の傷を癒す方で考えを深めていってほしいと思う。

失恋を引きずると自分の中だけじゃなく周りからもノイズが入ってくるけど、休むべきタイミングもあると思うから、今回解説した内容はあくまでも一般論でると認識してほしい。

まとめ

今回は「失恋から立ち直るまでの期間」をアンケート結果から紹介して、考察した。
今回の結果から見えることは少し意外な感じがしたけど、どんな感想を持っただろう。

「失恋」って、どこまで単語だけで語りきれるのかという問題があって、その恋愛毎でも違ってくるから、付き合った期間が1ヶ月の場合と1年の場合でも失恋から立ち直るまでの期間が大きく変わってくる。

もしかしたらアンケートでは確認し難い内容だったかもしれないが、イメージとしては失恋から数週間レベルで段々と立ち直っていくが一般的だ。

全体的には早めに立ち直る人が多いので、案外引きずるタイプの人は、その恋を諦めるなら早めに切り替えができるように、新しい恋に進もう。そう思えない内は、立ち止まってゆっくり考えることも重要である。

好きな人を諦めたい人は下の記事も参考にしてみよう。

失恋から立ち直るためには泣くことも効果的だ。下の記事では「涙」についてコラムを綴っている。

関連記事:

別れ 失恋
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました