成功確率を劇的に上げる「告白の準備の仕方」!告白する前にすることとは?

「成功確率を劇的に上げる告白の準備の仕方」の花をあしらったボード

告白が成功するか失敗するかは「告白する前にすること」で9割以上が決まる。

これは、より中身が重要視される30代や40代の恋愛ではあまりに有名な話だが、フィーリング恋愛が多い10代や20代でも大事な恋愛の格言だ。

「告白の準備」は、成功確率に大きく影響するとても大事な考え方なのである。

付き合えるか付き合えないかは、告白の前段階で既に決まっている。告白の言葉や雰囲気以上に、告白の準備が大切なのだ。

この記事では、成功確率を劇的に上げる「告白の準備の仕方」を徹底解説するので、「告白する前にすること」をぜひ押さえた上で告白の本番に臨もう。

あなたが告白するタイミングはどんな時だろう?
成功確率を高めるために告白前にやっていること、確認していることは?

これまであまり考えてこなかった人は、じっくり読んでみてほしい。

  1. なぜ告白の準備が成功確率を上げるために大切なのか
    1. 告白の準備をすると、相手に「告白される準備」ができる
    2. 告白までの準備をすることで告白のタイミングも分かる
  2. 告白するまでにやるべき準備7つの工程
    1. 告白するまでに週3回以上、LINEする関係になる
    2. 告白前は好きな人のタイプである自分をアピールする
    3. 告白の準備として、雰囲気が良い時にスキンシップやボディタッチにチャレンジしておく
    4. 告白する前に、人間性を深く理解してもらえるように真剣な話をしておく
    5. 告白するタイミングを逆算してデートに誘う
    6. 告白する前に第三者である友達に「成功するか失敗するか」客観的な判断をしてもらう
    7. 告白直前は、他の異性と仲良くしない
  3. 成功確率上げるために行う告白の準備
    1. イベントを利用して告白のタイミングを決める
    2. 告白前に自分が好きな人の必要な存在となり、失いたくない存在になる
    3. 告白の準備で「どんどん好きになる状態を作る」ために、ギャップでドキっとさせる
  4. 告白準備で気づくべき「告白しない方が良いパターン」とは
    1. まだ両想いじゃないと確信した
    2. 思ったほど距離が縮まらなかった時
    3. 他に意識が行っていて、恋愛の優先順位が低いと感じた時
  5. 付き合う前の告白の準備は「告白するべきかどうか」を教えてくれる
    1. 告白の準備は、告白の成功率を確認できる
    2. 告白する前にすることを実践した結果、「受け入れてくれて距離が縮まっていく」なら告白の成功率は8割を超える
  6. まとめ:正しい「告白の準備」をすることで成功確率を劇的に上げよう

なぜ告白の準備が成功確率を上げるために大切なのか

全く脈なしの状態で告白する場合は振られるのが当たり前だとして、告白が難しいと思う理由は「いい感じだったから告白したのに振られた」という場合が意外に少なくないからである。

脈ありでも振られた経験を持つ人は意外に多いのだ。

では、なぜちょっといい感じの雰囲気があっても振ってしまうのかというと、それは「ちょっといいなと思ってる」「ちょっと好きかも」って段階では拒否してしまうことが普通にあるからだ。好きになったと確信しないと、真面目な恋愛観を持ってる人は告白を断る判断をする。

しかし、この時、告白の準備をしていたのならどうなっていただろう?

告白の準備をすることで告白の結果が大きく変わるのだ。

告白の準備をすると、相手に「告白される準備」ができる

付き合うことを重く考える人は女性に多いが、女性から男性に告白する場合でも、「好き」という気持ちが乗り切ってからでないとOKを出さない人がいることは、恋愛が苦手な人が理解しておくべきことだ。

いきなり告白されると相手はどう思う?成功の確率や振られる理由を解説
「好きな人にいきなり告白するとどう思われるだろう?」 「デートなしで急に告白ってアリなんだろうか?」 恋愛には進め方や順序があると分かっていても、一目惚れだったり接点がない人を好きになると、デートなしの状態で「いきなり告白す

告白の準備をすることで相手に告白される心の準備をしてもらわないと、付き合うことにハードルが高い人からは振られる。

しかも、告白はタイミングが大事になってくるので、本当に好きになってもらうまで待つのも間違いだ。告白の成功確率の観点から見ると、「すぐに告白する」のも「振られない状況になるまで待つ」のも違う。

積極的に「告白するまでにすること」を実践する必要があるのだ。

「いいな」と思う程度の人の告白をOKする人もいるが、告白の準備をすることで「本当に好きにならないと付き合わない」という人からもOKがもらえるようになる。下の記事は恋愛に真面目な人が悩んでよく読んでる記事だ。
>>好きじゃない人と付き合うのは間違いなのか~好きではない人と付き合って後悔する理由とは

告白までの準備をすることで告白のタイミングも分かる

積極的に告白の準備をすると、そのリアクションから「成功する告白のタイミング」がより正確に判断できる。

告白の準備が大切である理由の中には、成功する告白のタイミングを計る効果も見込んでいるのだ。

付き合う前の脈ありサインは人によって非常に微弱なものになることもあるから、特に奥手な人や恋愛経験が少ない人に告白する場合は、告白するまでにやるべきことがある。

この記事で成功確率が劇的に上げる告白の準備の仕方を解説するので、ぜひ好きな人と付き合える告白ができるように、参考にしてみてほしい。

告白するまでにやるべき準備7つの工程

告白前にするべき準備に成功した女子

告白前の準備は大きく7つの工程がある。

告白するまでにすべてを満たさないといけないわけじゃないが、なるべく網羅できるように準備しよう。

告白するまでに週3回以上、LINEする関係になる

告白の準備は「付き合えるほど距離を縮めること」が第一義の目的だ。そのために、まず告白相手と週3回以上のLINEができる状態に持って行こう。

この時、すべてが自分からLINEする形になってしまうこともあると思うが、それでも構わない。もちろん、双方向的にLINEする関係になれることがベストな準備に違いないのだけど、告白するほどの距離感の近さをアピールする意味があるので、感覚的には二日に1回はLINEする状態を自分から作っていくことが大事になる。

最低限、告白前に「よく連絡を取り合ってる、仲が良い異性」のポジションについておこう。

告白前は好きな人のタイプである自分をアピールする

告白の準備は告白の成功確率を高めるために行うので、告白するまでに行うアピールはその方向性が大事になってくる。

告白すると決めたら、今まで得た「好きな人のタイプ」から、自分の魅力と総合的に判断して、「相手目線」で付き合いたいと思ってもらえる自分をアピールするようにしよう。

好きな人と単純に仲良くなるだけでは、せっかく仲良くなっても友達止まりで終わるので、好きな人目線で自分が魅力的な人であることを告白する前に理解してもらうことが大事だ。(参考:友達止まりで終わる女性の特徴~何で好きな人と仲良くなっても女友達で止まるの?

素敵な人だなと思ってもらいながらコミュニケーションを取っていれば、告白するタイミングでそこまで惚れられていなくても、あなたの告白を前向きに検討してくれる。

ここは、あくまでも “好きな人が好きなタイプである自分をアピールすること” が大事だから、告白するまでに色々と探りを入れておくと告白前に良い準備の仕方ができる。

探りの入れ方が下手な人は下の記事を参考にしてみよう。

告白の準備として、雰囲気が良い時にスキンシップやボディタッチにチャレンジしておく

告白の準備は現在の脈を確認する意味でも行うものなので、告白する前はスキンシップやボディタッチにもチャレンジしておこう。そうすることで恋愛の雰囲気も作れるし、友達として見られていたなら、改めて意識させることができる。

告白するまでに少なくても一度、真剣に付き合えるかどうかを考えておいてほしいので、詰めるべき距離を詰めるチャレンジが告白前にどうしても外せない。

恋愛は距離感が重要なのだが、これは「自分から詰める」ことで好きな人に好意をアピールできる効果がある。一定の距離を保って恋愛する人は紳士的な人であり嫌われないが、特別な好意は感じない。これではせっかく告白する前のアプローチに頑張っていても、好きな人から見たら空回っているだけだ。

ちゃんと効果のある告白の準備をするには、これまで控えていたストレートなアプローチにもチャレンジしておく方が成功確率が上がる。「友達として見てない」という気持ちを行動や態度でやんわり伝わるように言動を変えよう。

告白する前に、人間性を深く理解してもらえるように真剣な話をしておく

告白の準備をイメージすると、恋愛初心者ほど「会話を盛り上げて、彼氏(彼女)にしたいと思ってもらえるようにアプローチしよう」と考えるが、それだけでは仲が良い友達と一緒だ。

正しい告白の準備には「真剣な話」が欠かせなくて、ぜひもっと深く自分のことを理解してもらうアプローチの仕方にチャレンジしておいてほしい。

「一緒にいて楽しい」という感情に「尊敬できる」「深い話ができる」という関係性を加えることができると、告白の成功確率が劇的に上げられる。

急にシリアスな会話をしようとすると「今日はどうしたの?」なんて雰囲気になりがちなので、軽めの相談だったり、相手の愚痴を聞くところから “いつもはしない真剣な話” に持って行くと良い。

基本は楽しい雰囲気の会話を盛り上げることが大事な一方で、告白する前は二人の関係性をステップアップさせる施策にも取り組んでおこう。

告白するタイミングを逆算してデートに誘う

告白すると決めたら、告白するまでに二人の関係が盛り上がっていく状態を作る準備をしよう。

デートに誘う間隔についてはなるべく短い状態に持って行くのが望ましく、3回目のデートで告白することをイメージしてスケジューリングすると、告白の成功確率は劇的に上がる。

告白は何回目のデートでするべきか~告白のタイミングについて1回目、2回目、3回目のデートそれぞれで解説
告白のタイミングについては、「何回目のデートで告白するか」という点がよく悩みになる。 以前の記事『成功確率を劇的に上げる「告白の準備の仕方」!告白する前にすることとは?』では、告白のタイミングを決める時は好きな人との距離感に注

ベストな告白のタイミングで告白したいなら、その準備のために「デートに誘う間隔」を告白するタイミングから逆算して考えるべきだ。月1のデートを繰り返して告白しても、OKがもらえる告白の準備にはならない。

これは、デートを繰り返すことで好きになってもらう時のアプローチにも有効な考え方で、勇気が出た時だけデートに誘う、自然と誘うきっかけができた時だけデートに誘うという人と比較して、告白の成功確率が全然違う。

次のデートはどのくらいの間隔がベストか~会わない期間が長いと上手くいかない
付き合う前のデートは、次のデートまでの期間や間隔で悩むことが多い。次のデートをする約束も、誘うタイミングが難しいと思ってる人はきっとたくさんいると思う。 初デートから2回目のデートをするまでの期間や間隔、2回目のデートから3回

告白の準備を始める段階では、食事だけでも良いからデートに誘う間隔を短くして、「最近、よく二人で会う人」のポジションを取ろう。

さらに告白の前の準備を恋愛テクニックに寄せたい人は、「食事の後」に拘ると良い。ご飯を食べた後に二人で街を歩いてみたり、どこかに寄ったりすることでただ食事するだけの会がデートっぽくなる。これがあると「付き合った後の雰囲気」を好きな人に感じてもらうことができるため告白の成功率が上がる。

告白するまでにすることの中には「デート」があるので、なかなかデートっぽいデートに誘えない人は、下の記事を読んでおこう。

二人で食事に行けばそれはデートなのか~デートの定義とデートっぽくする方法
友達のような恋仲のような、微妙な関係の人と二人きりで食事に行く時は、「それがデートと言えるかどうか」も曖昧である。 「付き合ってない男女が2人でご飯に行くのはデートなの?」 「ご飯だけのデートは本当にデートと言えるの?」

告白する前に第三者である友達に「成功するか失敗するか」客観的な判断をしてもらう

告白は基本的に一度だけのチャンスなので、そのワンチャンスは慎重に吟味する必要がある。2回目の告白はナシではないが、振られたのに何度も告白する人はかなりの少数派であることを考えると、振られない告白の仕方へ最大限の努力をして、一度の告白でOKの返事がもらいたい。

そこで試しておいてほしい告白の準備が「友達に客観的な判断をしてもらうこと」だ。なるべく、告白が成功した経験が多い友達に現状を説明して、告白するべきタイミングを相談してみよう。(友達の意見をすべて聞き入れる必要はない、客観的な第三者の意見を参考にする意味)

この方法で告白の勇気が持てるようになる人もいるし、告白が成功するために足りないものが見えたりする。

もちろん勢いで告白することが悪い告白の仕方ではないのだけど、告白するべきか迷う時は告白の勢いがつかない場合に多いし、勢いがつかない理由があったりするものだ。

中には単純に勇気が出ないだけって場合もあって、いずれにしても第三者がある恋愛を強力にサポートすることはよくある話である。

客観的な第三者の意見があなたの告白に対する現状をクリアにするので、なかなか告白の踏ん切りがつかない時や、告白の成功確率が分からない時は、必要な告白の準備になる。

もし「今告白したら振られると思う」と言われるなら、またアプローチに頑張ろうと思えるので、いずれにしても気持ちの切り替えができる。

告白直前は、他の異性と仲良くしない

両想いっぽいのに振られる時と言うのは、恋人として見た時に信用がないことが多い。「付き合ってみたいけど、傷つくだけかもしれない」と思われたら、それまでの片思いの進め方が順調にいっていたとしても、振られることがある。

「誰にでも手を出す人なんでしょ?」と思われるようなノリが良い人は絶対に注意するべきところだ。

そこで意識したいのが「一途に想う気持ちと、真剣な “純愛” のアピール」である。決して重くなってしまってはいけないが、ロマンティックな告白ができない人は多いから「軽いノリで告白するんじゃない」ということを告白前の態度や行動で示したい。

そのために、告白直前はあなたの恋愛感情が変に誤解されないように、他の女子や男子と仲良くするのはやめよう。適当な告白だと思われたら、好きになり切っていない時に振られる原因となる。

告白の言葉は重くできない人が多いと思うので、「どうやって真剣さを伝えよう?」と思った時にポイントになる部分だ。

ここは特に、男性から女性に告白する前の準備で大事になることが多いので、特別な人だとアピールする意味でも告白直前は好きな人に特別扱いしてみよう。「他の人と態度が違う」ということが「付き合ったら大切にしてくれそう」とのイメージにつながる。

成功確率上げるために行う告白の準備

告白の成功確率を高める告白の準備をする男性

ここからは、さらに告白の成功確率を上げるために行う告白の準備を解説する。

告白する時の恋愛テクニックに寄せて取り上げるので、告白が成功するイメージを高めて自分に自信を付けよう。

イベントを利用して告白のタイミングを決める

たとえば、相手の誕生日前1か月から2か月に告白すると成功確率が高いのは有名な話だ。

誰もが「いい人がいたらな…」と彼氏や彼女のことを考えるイベントが自分の誕生日であるため、告白する時期を考える中で告白相手の誕生日が近づいてきたら考慮してみよう。

その他にも、カップルで過ごしたい「クリスマスや季節のイベント(花見、花火、海、年越し)」なども告白の準備を考えている人が考慮しておきたい “告白のタイミング” である。

前述した告白の準備の中には「相手の気持ちが盛り上がる」ことを目的にしたものもあったと思うが、イベント事もそうなのでぜひ意識しておいてほしい。

告白前に自分が好きな人の必要な存在となり、失いたくない存在になる

恋愛上手な人の告白の準備は、告白する2週間前くらいから一気にアプローチの強度を強めるのが特徴だ。

その狙いは「相手の懐に入ること」で、自分が好きな人の必要な人になって、「失いたくない存在」になることが告白の成功確率を高めると考えるから。

簡単に言うと、振りたくない人になろうとしてこんな行動を取る。

告白をされた時は、告白前に仲良くなった人ほど振りにくい。告白の返事を迷う時は自分の中にある恋愛感情がどの程度かで判断するけど、「振るのは嫌だ」と思うのは本当に仲良くなった人である。

告白の準備を積極的に進めたいと思ったら、多少しつこい感じになってしまっても良いから、好きな人との距離をゼロに近づけていこう。「あとは付き合おうと言うだけ」という状態まで告白の準備ができていれば、振られない告白の仕方になるのは必然である。

告白の準備で「どんどん好きになる状態を作る」ために、ギャップでドキっとさせる

うまくいく告白の仕方がしたいなら、付き合う前から「どんどん好きになる」という状態を作るのがベストだ。そのために、告白の準備としてギャップをアピールすることもやっておこう。

詳しくは下の記事で解説しているのだが、良い意味のギャップを感じると、好きな人から見たあなたの印象が大きくアップする。

魅力的なギャップの見せ方と効果!好きな人をギャップ萌えさせる方法とは?
片思いの時は、「ギャップの重要性」がよくテーマになる。 なぜなら、「好きになる」ということが特別なものであり、どこかでドキっとさせる、キュンとさせることができないと、好きな人から好きになってもらうことができないからだ。

告白するまでにすることの中には「自分の魅力のアピール」があるけど、それをギャップとして感じさせることができれば、告白の成功確率を上げることができる。どんどん良くなるあなたのイメージが「交際」に踏み切らせるのだ。

たとえば、「意外に運動神経が良い」なら、簡単なスポーツができるデートスポットに誘うとか、「歌が上手そうに見えないけど、実は美声」だというなら、カラオケに誘うのが、王道的なギャップのアピール方法になる。

告白の準備に頑張りたい人は、自分がアピールできる魅力の中から「意外なもの」を探してみよう。

告白準備で気づくべき「告白しない方が良いパターン」とは

告白準備で告白しないでほしいサインを出す女性

告白の準備をしていると「告白しない方がいい」という状況になることもある。もしここで解説するパターンに当てはまる時は、告白のタイミングを再考するべきだ。

まだ両想いじゃないと確信した

告白の準備はどの工程でも「強めのアプローチ」をすることになるが、もしこの時に脈なしサインが出るような状況になった時は勢いで告白しない方が良い。

ワンチャンスに賭ける告白を全否定するつもりはないのだが、告白すれば関係が壊れるリスクがあるので、まだ両想いじゃないと確信した時は、告白のタイミングを再考した方が二人のためであり、未来に可能性が残せる。

ただ、本気の恋愛をしていると脈ありか脈なしか分からない状態で告白のタイミングを考えることもあると思うので、より正確に現状を把握したい人は下の記事を参考にしてみよう。

片思いから両想いになったか確認!男性の「好き」を見極める9つのチェックポイント
好きな人の気持ちは、恋をすれば誰だって気になるもの。特に一つの恋愛が進んでくると、片思いから両想いになったかを知りたい瞬間が、数多く訪れる。 「私のこと、好きになってくれたかな?」 「いやいや、やっぱり私のことは好きじゃない

思ったほど距離が縮まらなかった時

告白の準備をする時は、付き合える可能性が高い状態で告白できるように「準備に入る前と後の二人の関係性」を客観的に見て、告白しない方がいいパターンを見分けよう。

告白の準備をはじめたところから、もし思ったほど二人の距離が縮まらなかったら、それは相手が一定の距離を取ろうとしているのが理由だ。

一方が距離を縮めようとしているのに縮まらない距離がある時は、あなたが近づいた分、相手が離れていってる。

実際の距離感は目に見えない心の距離を参考にするべきなのだが、職場恋愛や社内恋愛だと特に “社交辞令” の問題があるので、付き合う直前の雰囲気を出そうとしているのに出ないなら、まだ告白しない方がいいサインである。

女友達や男友達として好きな人と接している時も、「告白前にすること」を行った結果、微妙な空気が漂うこともあるので、告白を待つべきサインが出るなら時期を見直すようにしよう。

他に意識が行っていて、恋愛の優先順位が低いと感じた時

たとえば、「今は仕事が忙しい」とか「どうしても受かりたい試験がある」など、告白の準備をする中で、好きな人の恋愛の優先順位が低いと感じた時は、告白する時期を遅らせる判断が正しい。

告白の準備をする中では、好きな人に彼氏や彼女のことに関して探りを入れることがあるけど、その中で「今は彼氏(彼女)はいいかな」という趣旨の話をする人は、暗に「告白は待って」との意思を伝えている場合があって、これが脈ありでも起こることがあるのが付き合うタイミングの難しいところ。

特に「異動や入社(入学)、転職」などでまだ生活が落ち着いてない人には、告白の準備が自分的に成功したと思っても少し待ってから告白するべきだ。

告白する前は自分の中で気持ちが盛り上がってしまって相手の気持ちが考えられないこともあるので「告白のタイミング」は恋愛の状況だけではなく、相手の状況を踏まえて決定しよう。

付き合う前の告白の準備は「告白するべきかどうか」を教えてくれる

前半で少し触れているように、告白は基本的に1度きりの大勝負である。「当たって砕けろ」とか、「ダメで元々」といった発想で告白することは、あなたの生活環境を悪化させ、はっきり言って好きな人にも迷惑となる行為だ。

スッキリしたくて告白するのは、二人の人間関係まで踏まえるとわがままである。

今回紹介した「告白の準備」は、成功確率を高めることができることに加え、告白が成功するかどうか確かめる方法になっている点も、最後に合わせて伝えておこう。

告白の準備は、告白の成功率を確認できる

もしあなたが今告白してOKがもらえるなら、告白前の準備をする内にどんどん自信が付くような好きな人のリアクションを見ることになる。

好き同士で、告ったらOK状態の付き合う前の二人は、恋愛の中でも一番盛り上がる状態の一つだから、あなたが日常に入り込んでいく時に好きな人が同じ気持ちなら、まず拒否されることはない。

しかし、もしあなたの告白前の準備に好きな人が悪いリアクションをするなら、告白はもっと先が良いということだ。

ノリノリでリアクションしてくれないとしても、自分の告白を受け入れてくれるだけで良いのだが、そんな雰囲気を感じないなら、告白はもっと先にする方が「ただ気まずくなるだけの告白」を避けることができる。

告白がOKかNGかは、基本的に告白前に決まっていることがほとんどのため、今回紹介した方法で告白前の脈を確かめるのは、「無駄に振られない」ためのかなりおすすめな恋愛テクニックだ。

告白を決めたら無難にそれまでの期間を過ごしたくなるが、「告白がOKかNGか」を告白しなくても分かるなら、下手を打つことはない。

ちなみに、私は振られた女性にもう一度告白しないタイプなので、「告白前の準備」で脈を確認したら、告白するべきタイミングかどうかを改めて判断するようにしている。

もちろんしつこくして付き合う前から彼女扱い・彼氏扱いしているような脈の確認は論外だが、毎日連絡を取り合う中で良い雰囲気が盛り上がってこないのは、付き合う直前の男女として違和感がある。

告白する前にすることを実践した結果、「受け入れてくれて距離が縮まっていく」なら告白の成功率は8割を超える

こういうことを書くと、恋愛が苦手な人は「すごく良い雰囲気」をイメージしてしまうようだが、そうではない。

あなたが “告白する前にすること” を実践した結果、好きな人が受け入れられてくれて、二人の距離が縮まっていくなら、告白の準備は成功している。

実際の告白の成功率は各自の状況によるが、私の恋愛コンサルの経験では、8割以上の確率で告白が成功する準備の仕方をこの記事で解説した。

よく考えてみると、好きでもない男性や女性から一気に距離を縮められたら、普通の人は引く。そうならない時点で脈ありだと考えることもできるため、自分でハードルを上げ過ぎないで良い。

恋愛は察することができる人が上手く行く。今説明したことは言葉で伝えにくいところだから、ぜひ好きな人の気持ちを察するように雰囲気を読んでみてほしい。何となくでも分かることがあるはずなので、告白するべきタイミングかどうかまで考えて「告白の準備」をしてみよう。

告白のOKサインを見て自信が付くなら、その告白はあなたらしく成功するはずだ。

最後に、この記事で解説してない「告白が成功する条件」が知りたい人は、下の記事を合わせて読んでみてほしい。

統計から分かる「告白が成功する条件」~タイミング・時期・場所・方法~告白経験者233名の分析結果から見えたこと
片思いが進んでいよいよ告白のタイミングを考える時、「告白が成功するか失敗するか」という期待と不安は、なかなか告白に踏み切れない理由になる。 特に告白直前は好きな人ともある程度仲良くなった自覚がある頃だし、告白が失敗すれば友達関

まとめ:正しい「告白の準備」をすることで成功確率を劇的に上げよう

今回は、成功確率を劇的に上げる「告白の準備の仕方」を解説した。告白する前にすることが具体的にイメージできただろうか?

告白は好きな人と正式に付き合うために必要になるけど、きちんと告白の段取りを整えるだけでなく、告白する準備にまで頭が回れば、告白の成功確率を上げることができる。

好きな人はいくらあなたが好意のサインを送っていたとしても、準備がない告白になれば「唐突な告白」とのイメージになったり、「いきなり告白された」と思ってしまうため、真面目な恋愛観を持った人ほどとっさに振るという選択をしがちだ。

あまり付き合ったことがない人だと、恋愛や付き合うことに慎重な人も多いから、タイミングのズレが時々悲しい結果を生んでいるのも事実である。

もし告白する前にきちんとそれに向けた準備ができるなら、後半でも述べた通り成功の確率を上げられるだけじゃなくて、告白の時期についても再考できる。無駄に振られることもなくなるし、少しでも告白成功へリーチできればあなたが幸せになれる確率さえ上げられる。

いずれにしても、告白は付き合うかどうかの答えを受け取る行動だから、告白前にはほとんどの答えが出ている。しっかり好きな人のことを想ってアプローチしておくことが何よりも大事だから、告白の方法だけに意識がいかないようにしよう。

好きな人に告白できない人が後悔する前に考えたいこと~どうしたら告白できるようになるのか
好きな人に告白できない人は、男性・女性問わず、実はかなり多いことがデータ上ではっきり分かっている。 下の記事で紹介しているデータの中に、告白した人数の平均を条件別で算出している部分があるのだが、特に告白できない男性は彼女ができ

関連記事:

脈あり・脈なし告白
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する
自分が結婚できる確率を現実的に分かった女性

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました