【片思い】「俺のこと好き?」って聞かれた時の答え方~好きな人の爆弾発言も、上手く対処すれば気まずくなることなく恋愛成就が見えてくる

好きな人に、俺のこと好き?って聞かれた女性のイメージ画像。

片思いの恋愛で、一番ずるいとも思える質問が「俺のこと好き?」って質問だ。実際、聞かれたことがある女性は例外なく心の中で慌てたはず。

しかし、恥ずかしがって自分の気持ちとは裏腹な答え方をすればそれが原因で恋愛を壊すかもしれないし、だからと言って付き合ってもないのに「うん、好きだよ」なんて言えるはずもなくて、考えれば考えるほど「好きな人の爆弾発言」だと思えてくる。

対処法を間違えば「ドッカーン」であるなら、「もしも聞かれたらどう答えるべきだろう?」と不安にもなってくる。

そこで今回は、片思いの頃の恋愛をテーマに「俺のこと好き?」って聞かれた時の答え方を解説したい。

きちんと答えることができれば付き合うきっかけになって恋愛成就も見えてくるから、いざ!って時のために参考にしてみよう。

スポンサーリンク
記事下アドセンス

目を見て「今、何て言ったの?」と聞く

たとえ、いい感じの二人であったとしても「好きかどうかを聞く」のは片思いの頃ではルール違反である。とにかく質問がズルいから、特に相手は男性なのだし、質問の意図を確認する意味でも、「結構失礼なこと聞いてるよ感」を出すためにも、「今、何て言ったの?」と聞き返してみる。

ただ、今回は好きな人をイメージして答え方を考えているため、恋愛成就に繋げたい。そこで意識したいのは「は?」って感じの聞き方ではなく、目を見て「好きだよ」って気持ちで聞き返してみよう。

目は口ほどに物を言う。

なぜそうなったかはそれぞれであったとしても、「俺のこと、好き?」って聞いてくる男性は何かしら意味があって言うのだろうから、そこを確かめることで「付き合う・付き合わない」という話に発展するかもしれない。

もし「俺のこと、好き?」って質問から変化球で告白される場合は「次の言葉につなげやすい」から、あなたの行動がナイスパスになる可能性もないわけじゃない

スポンサーリンク

明るく「何それ!聞く前に自分が言いなよ」とじゃれる

「俺のこと、好き?」って質問は、どんなに鈍感な男性も相手の核心に迫る言葉であることくらいは気づいている。聞いていいか悪いかの判断は間違えているかもしれないけれど、純粋な疑問ほど相手に伝えやすい心理もあるから、「名前を聞くなら先に名乗れ作戦」もおすすめだ。

今回のテーマが「好きじゃない人」からなら、話題を変える方法がおすすめなのだが、片思いの好きな人が相手なら、「好きかどうか」の話題を続ける方が色々と見えてくる。

要はこの機会を活かしたいわけだが、いきなり核心に迫る質問過ぎてびっくりすれば「ごまかそう」とか必死になってしまい、結構顔が引きつることも多いので、「明るい雰囲気」でまんざらじゃない雰囲気を作るようにしてみよう。

付き合う前に好きかどうか聞く男性は不器用そのものと言えるけれど、そんな男性が相手の恋だからこそ「進めるタイミング」を大事にしたい。会話が進むと余裕も出てくると思うので、攻守逆転してあなたの方から好きな人に質問攻めしてもいいと思う。

「そんなの怖いよ」って思うかもだけど、好きかどうかを悪い雰囲気を感じない中で聞く人はあなたのことを悪く思ってはいないはず。つい勢い余って気持ちが言葉になったのかもしれないし、あくまでも冗談半分な明るい感じなら気まずくなることなく、相手の気持ちのヒントが得られる可能性がある。

相手の男性のキャラ次第だが、「攻めてくる人は守りが弱い」なんて言葉もあるので、小悪魔女子みたいに迫ってみても良い。

そんな視点でもう一つ紹介してみよう。

友達だと言い訳して「好きだよ!・・・友達なんだから当たり前でしょ?私のこと嫌いなの?」と攻めてみる

友達以上恋人未満の状態のような「いい感じ」になっているなら、後はきっかけ次第で付き合うかどうかが決まる面もあるから、好きか聞かれたタイミングで話を前に進めるために攻めてみる選択肢は恋の状態次第でアリ。

そう考えていくと、「友達として!」って言い訳して、「好きだよ」って敢えて普段言わない言葉で答えるのも、恋愛の雰囲気が高まりそうだ。少なくても、相手はドキっとするだろう。

恋愛はどこかですごく恥ずかしいことを言葉にしないといけないから、彼が言えないなら自分が言うのも検討するべき恋愛がある。

しかし、だからと言って告白されたわけじゃないのに本気で好きだというのはちょっと悔しい。特に告白を待っている状態だったらなおさら「なに聞いてんの!」って怒りたくもなるから、小悪魔的にからかい半分で「好き」って特別な言葉を、違う意味で答えるのも次のアクションに繋がるかも。

今回の答え方は、「言葉を変える」か「ニュアンスを変える」かで色々な答え方がある。

こちらの記事も参考に。

男性を振り回す「小悪魔女子」がモテる理由~男性目線で魅力を語るから、取り入れてみる?
「小悪魔女子は、同じ女子からは嫌われるタイプが多いのに、男子からはモテるし人気らしい…」 こんな話を聞いたことがないだろうか?...

何も答えずじっと見つめてみる

ちょっとシリアスな雰囲気の中で「俺のこと、好き?」って聞かれたなら、それは告白の意味かもしれない。「じゃ、好きっていいなよ」なんて女性の声は世界中を駆け回るほど大きく聞こえてきそうだが、恋愛が苦手な男子はどこまでも不器用

もし何かいつもと違う雰囲気で急に「俺のこと、好き?」って聞かれたなら、その次の言葉を待ってみよう。見つめてそれを促すことができれば、良いきっかけになるかもしれない。

こういう時は気まずさなんか関係ない。いつもと違う雰囲気なら、そこにきっと意味があって、あなたのリアクションで相手のアクションが変わるから、敢えてフラットなノーリアクションすることで彼の心理を次のアクションで確かめてみる

恋愛が絡む時によく起こる「無言」という状態は、友達じゃない恋愛の雰囲気を作るのに一役買う時がある。見つめ合う状態を想像すればそれだけで赤面してしまいそうだけど、質問されたのに答えない場合は目も合うと思うし、じっと見つめるリアクションもチャンスに賭ける女性へおすすめ。

彼が冗談にすればそのまま流すことになるが、実際には恋愛が進むエピソードにはなりそうだ。フォローの言葉も考えながら見つめてみるのもアリだろう。

普段のコミュニケーションの中で好きサインが送れない女性は下の記事を読んでみよう。自信が持てる人も出てくると思う。

「バーカ!」って耳打ちしてみる

完全に冗談で聞くような友達雰囲気なら、「耳打ち」で答えてみるのも恋愛のスパイスになりそうだ。「ちょっとこっち来て」って耳打ちしてみれば、言葉を聞くまでの時間に好きな人はドキドキしてくれるだろう。自分で雰囲気に作用するのは「慣れた女子」かもしれないが、冗談を言い合う関係ならそんなにハードルが高いとは言えない。

「俺のこと、好き」って、女として意識されてないから逆に聞かれる場合もあると思うので、聞かれた瞬間に「ほんと女として見てくれないね」と思うような恋の進捗状況の場合は、答え方を工夫してみよう。

「え?冗談で聞いたんだけどな…」

なんて、いきなり近くに呼ばれた好きな人は、何かしらあなたに対して考えてくれるはずだ。最後は笑い合えば気まずくならない方法である。これがきっかけで意識し合う関係になれたらベストである。

「そういうのはね、気軽に聞くことじゃないよ」と、更にシリアスな雰囲気にしてみる

恋愛関係は、特に付き合う前後ほどはっきり言って「気まずい関係」だ。好きって気持ちは誰かに表現する時に恥ずかしい気持ちと感じやすく、主観的になり過ぎるから好きな人との距離もよく分からない。

何をしても正解に思えないから、「いい感じのような、ただの友達のような…」なんて、もう二人の状態が自分で把握できなくなったタイミングの場合は、二人の間に敢えて緊張感を漂わせても良い

何でも話せる関係になると付き合うタイミングは見えなくなるけど、話題を選ばなくなった関係はどこかで意識し合う関係に何かしらの努力がしたい。どちらかと言うと友達として「俺のこと、好き?」とか聞かれることがあれば、「私は意識してるんだから、あなたもそれを知っててよ」という気持ちでちょっと諭してみてもいいかもしれない。

恋愛に絡むことは本当に失敗が多いから、色々なことに対処法を知っている人がすれ違いやすい片思いの頃の恋愛を上手く進めている。

好きになってもらうにはただ仲良くおしゃべりしていれば良いというほど単純でもないため、緩み切った関係はどこか「気持ちへのプライド」みたいのが重要で、気軽に「好きか聞かれる」なんて状態はあまり良い方向へは進んでいないように思う関係がある。

今回のテーマはざっくり「片思い」をテーマにしているけれど、「あなたがどうしていきたいか」と「どんな状況になっているか」で答え方を変えるべきだと思うので、具体的なセリフよりも、どんな意味でそうするのかを理解するようにしよう。

まとめ

今回は「俺のこと、好き」って聞かれた時の答え方をまとめた。好きな人の爆弾発言は対処に困るものだけど、直接恋愛を連想する言葉に対するリアクションはどうしても今後の関係に影響を与えるものだから、あなたらしく表現できるようにしておこう

今回の記事を読んで「本当にそんなことを聞く人がいるの?」と思った人がいるかもしれないけれど、実際に私はストレートに聞かれたことがあるし、リアリティの高い恋愛ドラマでも描かれることがあるシーンだ。恋愛が進んでいく過程においては本当に色々なことが起き、コミュニケーション能力を根本から問われることがある。

こういうわけの分からない質問をされた時こそ「察する」ってことが大事になるため、雰囲気の見極めができたら、落ち着いて「あなたの表現」をリアクションに含ませよう。

付き合うまでに「起承転結」があるとしたら、「転」になり得るエピソードになると思うので、ぜひ良い恋愛へつなげてほしい。

関連記事:

スポンサーリンク
記事下アドセンス
記事下アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツヴァイ訴求
本格的な恋愛診断でした!【無料】

自分の恋愛傾向について、詳細な分析コメント付きで数値化してくれる「プロが作った無料恋愛診断」を受けてみました。
20歳以上限定ですが、とても参考になる恋愛診断だったので読んでみてください。
【人気記事】

ツヴァイの「恋愛傾向診断」を実際に受けた体験談【画像あり】~無料なのに本当に当たる?数値化されるその結果がすごい!

スポンサーリンク