真剣な人限定>>恋愛がうまくいかないのは恋愛力の問題?

好きな人に触れたい時に、スキンシップを取る方法と注意点

好きな人に触れる方法を実践する女性の様子。

好きな人に「触れたい」と思うのは、愛情を持った相手への自然な発想だ。恋愛している人は、「好きな人とスキンシップを取るにはどうしたら良いか」を考えることが実際少なくないと思う。

一般的に「スキンシップ」は、男性から女性にするものというイメージを持っているかもしれないが、女性から男性に「触れたい」という気持ちになるのも自然なことだから、きちんと距離感や関係性を意識すれば、男女関係なく片思いの「あるある」なアプローチになっている。

しかし一方で、好きな人があなたに触れて欲しいと思っているのかは別の話であって、ただ触れたいからスキンシップを取ろうとしても、上手くいかないし、引かれてしまうこともある。やっぱりここは繊細な問題だ。

そこで今回は、「好きな人に触れたいと思った時に、スキンシップを取る方法」を具体的に説明していく。

好きな人に不快感を与えないスキンシップの方法について解説していくので、ぜひ参考にしてもらえたらと思う。

スキンシップが可能な関係かを把握する方法

好きな人に触れたいと思ったときは、まず「好きな人があなたに触れられても良いと思っているのか」を把握することが大切なことだ。

好きな人に触れたいと思っても、「相手が嫌な気持ちになるのなら止めておきたい」と考える人も多いと思うので、「今、自分たちはスキンシップが取れる関係かどうか」を確認してみよう。

逆に、この方法で問題を感じなければ、好きな人に触れてみる勇気を持つきっかけに出来る。いい感じになってきているなら、積極的に行くことも恋を進めるコツにもなる部分だから、まずは「スキンシップを取ることができるのか」を判定しよう。

その上で大事なのが「パーソナルスペースの確認」なのだが、下の記事で一度パーソナルスペースの説明をしたことがあった。

ざっくり説明すれば、「他人にこれ以上入られたくない」と思うスペースがパーソナルスペースの意味で、それは相手によって伸び縮みするのが特徴になっている。あなたにも「この人には近づかれても嫌な気分にならない」と思う友達がいるだろう。

あなたが、好きな人に取って触れられても良いと思われているなら、この「パーソナルスペース」が小さくなるので、それを使ってスキンシップがOKかNGかを確認できる。

好きな人があなたに持っているパーソナルスペースを知るには、好きな人と話す時の距離を近づけることで具体的に確認できる。「好きな人を触る」よりもソフトな「好きな人に近づく」という行動で、スキンシップが取れるかどうかを判断しよう。

意識的に近い距離で話してみて、それが自然に続くようなら「スキンシップはOK」である可能性が高い。

好きな人と近い距離で会話するのが苦手な人の対処法

好きな人に緊張してしまう人は、自然に会話中の距離を近づけてパーソナルスペースの確認ができない人もいると思う。

そこで、好きな人と近い距離で会話するのが苦手な人におすすめの確認方法は、下の2点だ。

  • 小さな声で話す内容(内緒話)の時を利用する
  • 耳打ちする

この二つの方法を利用して試してみよう。

友達の関係なら上の二つは結局近づけることになるので、リアクションに注意すると今の好きな人との関係性が判定できる

近づいて話をしても自然に何ともない感じで受け入れてくれるなら、好きな人に触れることができる状態であると判断しよう。

ちょっと不自然さを感じたとしても、それでボディタッチ・スキンシップをしてはいけないわけではない。その場合は、より自然さが必要になるということであり、特に問題が無かったのなら、勇気を持つ理由にして欲しいと思うところだ。

当然ながら、あなたに触れられた時の相手の印象は、頻度やタイミングなどで変わってくる。ベタベタ触られるのはまだ付き合う前では不快感を抱き易いスキンシップと言えるだろう。

スキンシップもコミュニケーションの一環として考えることで、「触り過ぎ」にはくれぐれも注意を怠らないように。

恋愛で言うところの「いい感じ」とはどんな雰囲気なのかを知りたい人は下の記事を読んでみよう。こんな状態になっている人は、好きな人とのスキンシップが良い恋愛のスパイスになるかもしれない。

それでは、好きな人に触れたい時にスキンシップを取る具体的な方法に移っていく。

好きな人の手に触れたい!手に触れる方法とは?

好きな人の手に触れたい人がハイタッチしている様子。

「好きな人に触れたいときにスキンシップを取る方法」の初級編から説明をはじめよう。まずは、好きな人の手に触れる方法だ

簡単な方法から3つ紹介するので、好きな人との関係性を踏まえて実践してみよう。

ハイタッチで好きな人の手に触れる

好きな人の手に触れたいと思った時、一番自然にスキンシップを取る方法は「ハイタッチ」である。友達同士ならハイタッチするのは普通のことだし、嫌いな人以外はたとえあまり知らない人でもハイタッチくらいなら不快感がほとんどない。

自然にスキンシップを取る方法としても最も代表的な方法だ。

ハイタッチを使って好きな人に触れるときのポイントは、音が鳴るようなハイタッチではなく、手を合わせるような弱いハイタッチにすること。力の強い男子は特に気を付けよう。男性から力加減せずに普通にハイタッチすると、相手の女性に取っては強すぎるハイタッチになるので、置きにいくようなハイタッチでさりげないスキンシップを取る方が不快感を与えない。

ここは恋愛が苦手な男子が是非気を付けたいポイントで、女子に関しても好きな人には少し遠慮した態度の方が可愛いスキンシップの方法になるので、いずれしても「弱め」を意識するとうまくいくだろう。

手の大きさを比べる方法で好きな人の手に触れる

次に簡単に好きな人の手に触れる方法は、「好きな人と自分の手の大きさを比べる方法」だ。

男性と女性は手の大きさが違うので、男性から女性の手に触れる際も、女性から男性の手に触れる際も使える方法になっている。

好きな人と手を合わせる時はきっかけが難しいと感じるかもしれないが、4つの角度から話題作りは可能だ。

  • 「俺の手、大きいでしょ?」と、自分の手の話題をきっかけにする
  • 「私の手、小さくない?」と、自分の手の話題をきっかけにする
  • 「○○ちゃんの手、小さいね」と、好きな人の手の話題をきっかけにする
  • 「○○君の手、大きいね」と、好きな人の手の話題をきっかけにする。

ちなみに私の場合は、手がかなり大きい。

合コンなどでは絶対と言って良いほど女子から手の大きさが話題に出るくらいなのだが、その時には手の大きさを比べるためにお互いの手を合わせることが多い。出会ってから10分くらいで手を合わせるようなこともあって、「これもスキンシップだよな」とよく思う。とにかく自然にスキンシップが取れる。

私のように手が大きいという特徴が無くても、好きな女子の手が小さいことを話題にしたりもできるので、誰でも実践可能だ。女子から男子の場合も、手を合わせるきっかけと思って、自分や好きな人の手を話題に出し、スキンシップに繋げてみてほしい。もちろん、既に友達関係でも話題を振ってからなら自然なスキンシップになる。

手相を見る方法で好きな人の手に触れる

3つ目の方法は、手相を見ることでスキンシップを取る方法だ。特に、男子から女子の手に触れる際におすすめの方法だが、もちろん女子から男子の手に触れるのにもおすすめの方法になっている。スキンシップが取れるだけでなく、「会話が盛り上がる」という魅力的な特徴があるからだ。

簡単なものでちょっと盛り上がりそうな手相の見方を勉強しておいて、あなたの恋愛に活用してみよう。

ちゃんと両手で相手の手を取って見てあげれば自然に手に触れたい願いは叶う上に、そこから恋愛の話に繋げたり、好きな人の性格や将来の話に繋げたり、勉強すればあなたの好きな話題で好きな人と盛り上がる会話が可能だ。

少し勇気がいるかもしれないが、女子は占い好きだし手相は気になる人も多いから、積極的な男子には意外におすすめの方法となる。女子から好きな人の手相を見てあげるのは「女の子らしさ」を感じさせて印象が良くなるはず。下の本は人気となっているので、興味があれば読んでみよう。

上記3つの方法は、何かしらあなたにもできることがあったと思うので、好きな人の様子見にも使えるし、手に触れることからスキンシップを取ることを考えてみよう。

デートできる人は下の記事で「手のつなぎ方」を解説している。

次は腕に触れる方法を説明する。

好きな人の腕に触れたい!腕に触れる方法とは?

好きな人の腕に触れる女性の様子。

実は、人間に取って敏感な神経が通っているのが「腕」だ。体のパーツの中でも触られても不快感をあまり覚えない部位なのに、感覚は決して弱くない。

好きな人と上手く行きだしていて、積極的にいける人はスキンシップを取る場所としておすすめなので、好きな人に触れたいと思ったらぜひ「腕」に触れてみよう。

好きな人に呼び掛ける時に腕に触れる方法

好きな人の腕に触れたいと思った時、最も自然な方法は「好きな人に呼び掛ける時に腕に触れる方法」だ。話しかける際に、そっと腕に触れてみよう。友達関係ができているなら、不快に思われたり、不自然に思われることはない。

「あ!○○君!」
と言いながら男子の腕に触れる女子はあなたも見たことがあると思うけど、実は「好感を伝えることができている」という点が専門家として恋愛力を感じるポイントになっている。

自然に好きな人に触れる女性は、好きな人にざっくりした「好意」を伝えているのだ。恋愛下手な人は、意識しすぎて「好きな人に触れる=変に思われる」と考えてしまう。

好きな人と仲良くなることが前提だけど、もっと「普通の友達同士なら…」って自然に考えてみよう。

好きな人との会話中に「ツッコミ」を入れる方法で、腕に触れる

好きな人との会話中は笑い話が中心になるので、ツッコミを入れる瞬間が数多くあるはず。好きな人の腕に触れたい人は、この機会を活かしてみよう。

「もう!やめてよ~笑」
女子のあるあるはこんなツッコみ方だが、男子から女子のツッコミも特に問題はない。こちらも「力加減」に注意して、笑い話の中で腕に触れると、親近感を持ってもらいやすくなる効果もあるので、会話が盛り上がった場面でやってみよう。

好きな人とジャレて腕に触れる方法

片思いが進んできている人におすすめの「好きな人の腕に触れる方法」は、好きな人とジャレている時に腕に触れる方法だ。甘えるような感じで触れると、自然なボディタッチができる。

雰囲気が良いときは、少し調子に乗って好きな人の腕に触れてみよう。スキンシップは、あなたが好きな人に対して「心を開いていることがアピールできる」のが効果の一つなので、ただただ表面的な態度を取り続ける方が恋愛が上手く行くかと言えばそうでもないのである。

困ったことがあった時に「どうしよう」と言いながら腕に触れてみたり、相手が甘えるような感じの時に触れてみるのもおすすめ。友達なら腕に触れるくらいは触り方がいやらしくなければあまり不快感を覚えないので、軽く触れてみても変じゃない。

腕は敏感でありながら、他人に触れられてもあまり拒否反応がでないので、好きな人と距離が近い会話になったときは、少し触れるくらいであれば問題ないことが多い。

頻度だけは注意してスキンシップのタイミングを探ってみよう。

好きな人の体に触れたい

好きな人の肩を抱く男性の後ろ姿。

好きな人の体に触れたいと思ったら、関係作りは是非先にやっておきたい。手や腕に比べるとどうしてもハードルは高いと言えるし、驚いてしまう人もいる。個人差の大きいところだから、距離感は絶対に意識しよう。

仲が良いと思えるところまでは関係作りを先にやっておくことを前提にして、具体的な説明に入っていく。

背中や肩についたゴミを取る方法

好きな人の体に触れたいときは、自然さを重視するなら背中や肩などについたほこりやゴミを取る方法が最も基本的なボディタッチの方法だ。

まだスキンシップがない関係なら、実験的に体に触れてみてもいいだろう。その際、たとえほこりやゴミが付いていなくてもボディタッチしてしまえる点にこの方法のメリットがある。きっかけは自分次第だから、タイミングを自分で作ってしまおう。

触る位置にはもちろん注意して実行すれば嫌がられることは少ないし、好きな人のリアクションも見ることができる。

好きな人の肩を抱くには?

もう一歩進んで、ここでは「好きな人の肩を抱くこと」も考えてみる。肩くらいなら、仲が良ければ嫌な気持ちにならないギリギリのところかなというイメージがある。

具体的なタイミングについては下の3つがおすすめだ。

  • 好きな人が酔っ払った時
  • 相談などされて励ます時
  • ノリを利用して大胆に行ける時

付き合っていない人へボディタッチすることに慣れていないなら不自然さが際立ってしまうのでおすすめできないが、積極的にいける人は雰囲気を読んで肩くらいまではOKだろう。

ある程度は片思いが進んでいる状況を想定しているので、脈なしの場合は少しでも脈ありサインを察知してからチャレンジしてみてほしい。

脈ありか脈なしか判断するのが苦手な人は下の記事をチェックしてみよう。

好きな人に触れる時は、好きな人が触れられたくないところを理解しよう

好きな人に触れると嫌がられる場所を説明する女性。

ボディタッチは、相手に不快感を与えてしまうかもしれない行為でもあり、恋愛では「諸刃の剣」的な側面がある。

地雷を踏まないように、好きな人が触れられたくないところをしっかり押さえて、嫌われることがないようにしよう。

女性は個別に記事を書いているので下の記事も参考にしてもらいたい。

肩より上は触れない

首や頭や髪の毛は、触れられると不快感が強い部分だ。

髪の毛についたほこりを取ることはあるが、自分の経験で髪の毛に触られた時に不快感を覚える人は、好きな人へもやらない方が良い。

状況に寄るが、髪の毛は仲が大分良くなっていなければNGだと私は思っている。経験上、微妙な場所との認識だから、気を付けてほしい。

特に男性は乙女心の理解が必須なので、相手の感覚になって考えよう。

付き合う前に「足」に触れるのはNG

直接肌に触れる下半身タッチは問題外として、付き合う前は服の上からでも「足」へのボディタッチはNGだ。恋愛を進めていきたいなら、もっと自然な場所にしよう。

ただの遊び目的なら別だが、普通に恋愛しているなら相手に不快感を与える部位は触るべきではない。片思いをしている人が特に問題となるのが、「いやらしさが出たり、軽くみられること」である。

確かにドキっとする瞬間だが、足はスキンシップのデメリットが大きい。膝に手を置いて話をするのは、キャバ嬢だけである。調子に乗ると思わぬ低評価につながるので、注意しよう。

腰へ手を回すのは止めよう

お腹のお肉を気にしている女性は多いので、腰に手を回されると好きな人であっても不快感を覚えやすい。たとえやせているイメージがあっても、腰に手を回すのは付き合ってからにするべきだ。腰に手を回すのはスキンシップのNG行動である。

酔っ払った時などに、腰に手を回すこともある人もいるにはいるが、結構コアなボディタッチなので、本気の恋愛には適さない。

特に男性に取って女性のくびれは女らしさを感じて魅力の一つだが、酔っていても一気に冷めることがあるくらい、敏感な女性はお腹周辺に厳しい。チャラく見られたくないなら触らない方が良いところだ。

積極的な女性についても、好きな人の腰を触るのは少し下品となる。男性は女性からのスキンシップに寛容だが、女らしさの点でおすすめできない。

好きな人をベタベタ触るのは止めよう

あなたが嫌われていなければ普通に触れられるくらいだったらそこまで不快感を覚えないのが普通だ。しかし、ベタベタ触られるのは誰でも不快感が強くなる

ベタベタ触られれば「何で?」って思うのは当然のリアクションであり、不信感も持ち易いので、好きな人とスキンシップを取りたいならあくまで「タッチ」を意識するべき。

頻度に注意するべきだと書いてきているが、ベタベタ触っている感じになれば周りからの見た目も悪くなるので控えるようにしよう。

好きな人に触れる時の雰囲気は?タイミングの考え方

ここまでを読んで、何となく「好きな人に触れる雰囲気」は頭の中にあると思うが、もう一度きちんとまとめておこう。

好きな人に触れる時は、それまでにスキンシップを取れる関係ができていることが条件で、「仲が良くなった」と実感できるレベルの関係性を前提にしている。もっとシビアにギリギリのラインを言えば「嫌われてない」ことが最低条件だろう。

と言うのも、今回のテーマは「好きな人の触れ方」が実は問題になっていて、触っても良い雰囲気と言うのは、そこまでハードルが高くない。付き合ってない友達同士の男女でも、軽いスキンシップは普通だ。

では、なぜこの話をするかと言えば、恋愛を前に進めるために「好きな人に触れる」と言うことを考えてほしいから。

その意味では、「楽しく会話できている雰囲気」が最も恋愛に効果のあるスキンシップのタイミングである。付き合う直前の雰囲気が良いカップルは、自然とお互いに触れ合いながら会話をしていて、周りから見ると「すごく親しそうに見える」のが特徴。

好きな人に触れることはこの状態を自分から作っていくのに有効であるため、仲良くなってきたなと思う時期からは少しずつ「好きな人に触れる」ということにチャレンジしよう。

雰囲気は自分から作るものだから、笑い話だけしかできない「友達の雰囲気を変えたい」時にも「スキンシップ」は効果が高い。意識するきっかけになるし、意識されているならドキっとさせることができる。

好きな人に触れる時の雰囲気はゲラゲラ笑うようなタイミングからで良いので、そこからより恋愛的に親しくなる方法を模索していこう。

この記事を読んでいる人は「好きな人とごはんにいける」「好きな人と飲みに行く」という関係になっている人が多いと思うので、下の記事も参考になるはずだ。

まとめ

今回は、「好きな人に触れたい時にスキンシップを取る方法」についてまとめた。

今回のテーマで大事なことは、頻度とタイミングと関係性の3つである。

恋愛におけるスキンシップは、うまく活用できれば好きな人をドキドキさせることや、自分を意識させることができるという効果がある。少し踏み込むべきタイミングもあると思うので、注意するべきところに注意し、もう一歩進むために活用を考えてみよう。

自然なタイミングで相手の反応を見ながら、恋愛を進めるために適宜織り込みたいことでもある。好きな人が不快感や不信感を覚えない触れ方を実践してみると、友達っぽい雰囲気から卒業する人も現れるはずだ。

関連記事:

好きな人を癒したいなら:

好意の伝え方は下の記事で解説している:

タイトルとURLをコピーしました