自然な出会いを恋愛につなげるためには~本当に出会いがないのが原因で彼氏や彼女ができない?

自然な出会いから恋愛できない二人。出会いがないと悩んでいるが、自然な出会いがない人はいない。

彼氏や彼女がいないシングルの人は、偶然やってくる「自然な出会い」に心のどこかで期待している。運命の出会いや引き寄せ合うような出会い方は、確かに素敵な出会いであり、憧れの恋愛かもしれない。

しかし、「自然な出会い」は「恋愛につなげるチカラ」がないと、たとえ運命の人との出会いであったとしても、付き合うような関係に発展していかない。

もし今のあなたに彼氏や彼女がいないのだとしたら、本当に出会いがないのが原因で恋人ができないのだろうか?

今回は、自然な出会いがないと悩む人に「自然な出会いを恋愛につなげる」ために「必要なチカラ」を解説する。社会人になって出会いが減ったという人は参考にしてみよう。

恋人ができない状態を脱するためにはどんな力が必要なのか解説していく。

知り合う機会を「本当の出会い」にする

知り合う機会を本当の出会いにするというのは何だか変な言葉だけど、知り合いと友達の違いをイメージすると少し言いたいことが分かるかもしれない。つまり、少しでもいいなと思う人とは「出会った」と言えるまでコミュニケーションを取ろうということだ。そうでなければ、ただ顔を合わせただけになってしまう。

日常にある、ふとしたきっかけから異性と知り合うことを「本当の出会い」にまで昇華しないと、そもそも「自然な出会いがない」という状態に陥る。自然な出会いを恋愛につなげるためには、まず「コミュニケーションの積極性」がとても大切なチカラになるのだ。

客観的に振り返ると、私たちは普段の生活で色々な人と出会っている。

たとえば、飲み物を買う店員さんとのかかわりも広義な意味で「出会い」であり、毎日通えば「知り合い」になるけど、そこから自然に恋愛関係になることは本当に稀なことで、「友達」にすらならないことが普通。これだけしか日常に「出会い」がないなら、「自然な出会いをしたい」と考えてもおかしくない。

しかし、こんな出会い方であったとしても、あなたの行動次第で自然な出会いの一つにすることは不可能じゃない。世の中にはかわいい店員さんへ積極的にアプローチして付き合ってしまう人もいる(参考:女性の店員の口説き方~お店にいる可愛いあの子と付き合う方法)のだから、超積極的に恋愛する人から見れば、誰かしら日常に関係がある人がいるなら「出会いが無い」と言い切ってしまうのは少し違っている。

少し乱暴な主張をしてしまったが、つまりは、「自然な出会いを本当の出会いにできるかどうか」で恋愛力に差がついてしまっており、知り合いから友達、知り合いから恋人にするチカラがないと、「出会いがない」との認識になっていく面も実際あるのだ。

あなたに「コミュニケーションへの積極性」がないと、出会える場所に行ったしても本当の意味で出会いを作るのがとても難しく、待っているだけの状態で誰かと接触したとしても、知り合いになれるかどうかのところで止まってしまう

自然な出会いとは、恋愛したい気持ちを前面には出さずに出会うことだが、ある程度お互いに恋人を作る目的がある状態で出会いを求めた場合(恋活や合コンなど)と違って、相手の積極性をあまり期待できないため、あなたの積極性がとても大事になる。

自然な出会いから恋愛するためには、知り合う機会をきちんと出会いにしなければならず、それにはまず「コミュニケーションの積極性」が必要なチカラになっている。

素敵な人は白馬に乗って現れない

恋愛における「積極性」についてもう少し説明を加えよう。

出会いがないと思っている人のうち、「自然に出会いたい」と願う人は、出会いに対して「怠惰」である人が多いという特徴がある。

「出会いがない」と言う人ほど、異性の知り合いを増やす努力すらせずに、自然体で「待っているだけ」なのである。だから「自然さ」に拘るのだ。何もしないで素敵な人との出会いを望んでいる状況に陥っている。

もしかしたら、あなたもそうかもしれない。

「自然に出会うこと」が、もし何もしない自然さをイメージしているなら、素敵な人が白馬に乗って現れないことを知るべきだ。

学生のころと比べて、社会人以降はただでさえ出会いが減るのに、第一印象は別にして、社会人恋愛は外見から内面を見る恋愛に変わっていく人が多いという特徴がある。学生のころ付き合った彼氏や彼女から内面の大切さを知る人が多いためだ。過去の恋愛の失敗を通して、「恋人に大切なコト・モノを学ぶ」と言い換えても良い。

だから、何気なく異性と知り合う機会を本当の出会いに変えるチカラが必要になる。外見でする恋愛、フィーリングでする恋愛は学生の頃に多く、社会人以降はもう少し関係性が育まれる中で恋愛が進むのだ。

社会人の恋愛はそれ以前よりも、お互いを深く知り合うコミュニケーションがとても大事な要素となる。もし自然な出会いに夢を見ている部分があるなら、現実を客観的に把握して、できることやするべきことを再考しないといけないだろう。

彼氏がほしい、彼女がほしいと思うなら、「自然な出会いを恋愛につなげる努力」が必要なのだ。いつまでも恥ずかしがっている人は、いつか認識を変えるべきタイミングが訪れる。彼氏ができない、彼女ができないことを「ヤバイ」と思うまで放置して、年齢に背中をつつかれる前に、ここをよく理解してほしい。

素敵な恋をするために行動しよう、そして話しかけよう

素敵な人は白馬に乗って現れないとしたら、あなたが素敵な人に会いに行かないといけないことに気づける。

恋愛の悩みを解決したいなら、まず解決策を見つけて、しっかり「具体的な行動」に落とし込もう。

自然な出会いをしたいなら、ほかの誰かがあなたと出会える状態にならないといけない。そして、知り合いになるだけでなく、恋愛に発展するかもしれない関係を築くために、とにかく話しかけることが大切だ。

次に会ったとき、相手から話しかけてくれる状態にまで自分がもっていくことを意識して、積極的にコミュニケーションを取ろう。そこまで行ってやっと「二人は出会った」と言える。話をし、笑い合うことなくその場が終了すれば、次の機会では隣に行くのにも躊躇してしまう人が多いはず。

あなたは、自然な出会い(=何気ない出会い)から、「次につなげる行動」を、普段から取れているだろうか?

社会人になると、自然な出会いほど異性として意識しないで関係作りを行う面がある。普段の生活では仕事関係の出会いが主であり、性別を意識した常識的な態度を求められる時以外、相手を「男性」や「女性」で分けずに考えるからだ。

そういった癖がつくのは、誰もが「常識人」でいたいからであり、日常生活ではそういるべきだから。

自然な出会いを求める人は、「当初恋愛を抜きに出会う人」と恋をしようとしているので、社会人以降はより一層の努力が必要だ。恋愛において待ち主体の人で、非モテの男性や女性は、自ら行動することができないと、自然な出会いから恋愛するのがとても難しくなっていく

恋愛では「ありのままの自分を受け入れる人」を待つのは間違い

恋愛において、結婚がゴールではないし、付き合うこともゴールではない。

付き合う前も付き合った後も、好きな人との関係作りは続いていくわけで、接し方や関係性も含めて、お互いが変化し続けるのが恋愛だ。譲れないところがあっても良いのだが、恋愛だって人と人が一緒にいようとする行為である以上「譲り合いの気持ち」の方がよほど大事なもので、話し合いの成り立たない恋人関係は付き合ったとしてもすぐにうまくいかなくなる。

結局、恋愛は究極のコミュニケーションだと私は常々感じている。

従って、「恋愛はありのままの自分を受け入れてくれるもの」と思うことがすでに間違いで、自然な出会いにおいてもこれは言えることだ。受け入れ合うことは前提になっているが、ありのままいるあなたが相手の我慢になるなら、最終的に愛情の方を消耗する結果となる。

要は、お互いで歩調を整えてコミュニケーションを取らないと、すぐに嫌われるということ。「ありのままの自分でいたい」という気持ちは、「お互いで好きな人に合わせながらバランスとを取って一緒にいる」という恋愛の形の対極になってしまっている。

恋人ができない人は、結局異性に対して怠惰になっていないだろうか。自分を磨こうとしたり、異性から見た自分を少しでもよく見せようとする努力もサボりになっていないだろうか

出会いを意識するなら「清潔感」は最低限必要になるし、恋愛感情を持ってもらうまで仲良くなるのに、相手と呼吸を合わせた会話もできないのではしんどい。

ありのままの自分を受け入れてくれて、気に入ってくれて、好きになってくれる人を「待っているだけ」では、ずっと幸せな恋愛ができないまま。経験によって学ばないといけなこともあるから、そのままアクションを起こせないでいると年を追うごとに差が広がる

自然な出会いをしたい人は、中身を表す外見にも気を遣おう。

身だしなみは礼儀とも言われている。見た目が悪いと恋愛できないのではなく、見た目に気を遣わない性格がダサイのであって、可愛くないと捉えられるのが恋愛だ。

自分が興味を持った相手から興味を持ってもらっても、よく見るほどステキに見えない人は、出会いを出会いにできずに彼氏や彼女ができない原因になる。恋活や婚活をしないと決めた人は、出会いの数が少なくなるので、より素敵な自分になることに頑張るべきだ。

次に、自然な出会いを待っているだけではなく、「自分から素敵な出会いを作る」と思った人へ、2つ有力なサイトを紹介する。興味がある人だけ目を通してみよう。

真剣な出会いがある婚活サイト

婚活サイト・恋活サイトを利用するメリットは、「お互いに出会いを求めている」という点が自然な出会いとの比較で最も特徴的なメリットだ。

仕事が忙しかったり閉鎖的な恋愛環境にいる人は、自然な出会いに実質的な期待ができないので、恋愛の可能性を作ろうと具体的な努力の先に婚活・恋活サイトを利用する。今はネットの出会いが一つの出会い方として一般化してきているので、普段の生活で恋愛できない人はこれから紹介する2つのサイトを見てみよう。

ペアーズ

日本で一番規模の大きい婚活サイト。真剣な出会いから結婚に至るカップルも多数いるサイトで、会員数は600万人を突破。フェイスブックで友達10人以上いるアカウントが必要という条件があるが、クリアできるならまず登録を検討するサイトになっている。

特徴は下の6つだ。

  • 実名は出ない
  • FBの友達にはバレないようにシステムが組まれている
  • タイムラインに投稿されたりしない
  • 年齢確認が必須
  • 24時間365日運営が監視し、不適切な人が侵入しないようにされている
  • 女性は無料。男性も飲み会1回分くらいの料金でリーズナブル

すごく有名な婚活サイトなので知っている人も多いと思うけど、まだ中身を見たことがないなら覗いてみるのをおすすめする。

【ペアーズ公式サイト】

ゼクシィ縁結び

結婚情報誌で有名なゼクシィが作った婚活サイト「ゼクシィ縁結び」は、後発のサイトながら女性中心に人気となってきている。安心・安全への配慮が徹底されているのでおすすめの婚活サイトである。

特徴は下の6つ。

  • 登録無料で、男女問わず無料会員から相手検索や「いいね」ができ、マッチングまでできる
  • メッセージ交換は全員本人確認証を提出済みの人だけ
  • 登録者がかなり真剣
  • 女性が積極的
  • 価値観マッチングで内面重視の出会いが可能
  • お見合いコンシェルジュがデートセッティング代行をしてくれる

ゼクシィ縁結びの大きな特徴になっているのが「価値観診断」を利用した価値観マッチング。これは18の質問に答えることであなたがどんな人かを分析し、相手の価値観と比較して相性が分かるというゼクシィ縁結び独自のサービス

相手を検索するといつもこの「価値観診断」で内面の相性がみられるので、婚活のサポートになるし、実際受けてみると結果を見るだけでも面白い。

メアドがあれば無料登録はできるので、中身を確認するだけじゃなくて「価値観診断」も受けてみよう。会員はほかのサイトよりさらに真剣な人なので、将来を考える相手を探す人は活動するメリットが大きいと思う。

【ゼクシィ縁結び公式サイト】

まとめ

今回は「自然な出会いを恋愛につなげるためには」ということで、本当に出会いがないのが原因で彼氏や彼女ができないかを考え、解説した。最後は積極的に行動したいと思った人向けに婚活・恋活サイトを紹介しているので参考にしてみてほしい。

実際に広義な意味で出会いは日常にあるものだが、ありふれた自然な出会いほど恋愛に発展するような出会いにできないのが現実だ。

社会人以降は知り合いで止まった人とはメールやLINEの交換も難しい。偶然の流れで交換できたとしても、連絡を取り合うことができないという人は多いことだろう。

そんな人は積極的に関係作りをすることが最も大切で、それを意識した上で行動を起こそう。

待っているだけの恋愛をする傾向のある人は行動範囲も狭い傾向があるので、自然な出会いを得るために外へ出かけることも意識して、それと同時に素敵な自分になる努力ができると恋愛環境が変わっていくと思う。

真剣に恋愛のことを考えている人は下の記事もぜひ合わせて読んでみてほしい。

関連記事: