本人や周りに好きな人がバレる人の原因と、それを活かした恋愛方法

好きな人に気持ちがバレる女性

好きな人や周りに好きな気持ちがバレる人は恋愛のしにくさを感じている。

恋愛感情自体はやはり恥ずかしさを感じるものだから、自然とバレる人は「もう誰かを好きになりたくない」とさえ思うことがあるだろう。

しかし、それで本当に恋愛しないでそのまま年を重ねるのはもったいない。好きな人がバレる人は、その特徴を踏まえた上で恋愛の仕方を考えてみてもいいんじゃないだろうか?

人それぞれ恋愛方法はあると思うが、気持ちがバレてしまう人はいっそのことそれを受け入れてしまって、活かす方法を取り入れてしまった方が良い。恋愛感情がバレてしまう原因をなるべくなくす努力をするとともに、一歩進む勇気を持とう。

今回は、「好きな人本人や周りに好きな人がバレる人の原因とそれを活かした恋愛方法」を解説するので、自分の恋愛傾向を受け入れて前に進みたい人は参考にしてみてほしい。

バレる原因① 好きな人と話した後の態度がおかしい

好きな人が周りにバレる人は、好きな人に取る態度が周りに違和感を与えているのが特徴だ。

好きな人にだけキョドってしまったり、好きな人にだけテンションが上がってしまったり。友達が「あれ?」って思ってあなたの恋愛感情を疑う。

周りに好きな人がバレる人が特に注意するべきなのが、好きな人と話した後の態度。

友達とどんな会話をしても、話が終わるとテンションはほぼ元に戻っていくが、これが好きな人だとちょっと別になる。

会話できただけでも嬉しいし、話が盛り上がればさらに嬉しい。逆に何かひっかかることがあれば、話終わった後でも考えてしまって上の空だったりするため、感情の起伏が大きくなってしまうのである。

こういう態度は好きな人本人にも、周りにも好きな気持ちがバレやすい。

誰だって好きな人への態度は他の友達と違ってしまうものだが、態度がはっきりしてしまうとバレてしまうのに時間はかからないから、もう少しパーカーフェイスな態度やバランスを取る態度も覚えていこう。

自分を作る(=装う)瞬間は恋愛しているときに多いが、こんなところでもそれが一定のところで必要だ。

バレる原因② 好きな人の話題が多くなり、本人や周りに情報を求める

好きな人がバレる女性が驚いている様子

好きな人が周りに一番バレやすいのが、好きな人の話題が増えることだ。自然に「○○くんが~」「○○さんが~」と好きな人のことをしゃべっていて、聞いてほしい心理が強い人は簡単に好きな人がバレる。

さらに、好きな人のことで「何でそこまで覚えているの?」って思うようなことまで出てきたら、周りから完全にあなたの好意に確信を持たれる。興味があるのがバレバレだからだ。

好きな人のことは普段から頭の中心にいる人だからしょうがないが、これも時間がかからずに「何であの人の話ばかりなの?」と突っ込みが入るだろう。

それと、恋愛した時は好きな人のことが気になるから本人にも周りにも情報を求めることが多くなるので、好きな人の情報収集する際は意識的に気を付けないといけない。特にLINE等の会話は注意が必要である。

好きな人本人との会話中に好きな人のことを知りたいなら自然な会話で質問できるように配慮しないと、はっきり言ってすぐにバレる。

好きな人との会話では、みんな聞きたいけど聞けない狭間で言葉を飲み込んでいることも多いので、好きバレしたくないなら単純明快な行動パターンは控えるようにしよう。

電話や普段の会話で話題が途切れたような時にも質問だけじゃなくて自分の話をしたり、他の人の話もしながら話題が偏らないようにバランスを意識すると改善しやすい。

好きな人には強い興味を持っているからこそ、普通の会話を心がけよう。

本人に対しての質問攻めは実際受けるとちょっと面倒に感じるものだ。自然な流れで聞かれれば何とも思わないことでも、質問が続いたことで嫌だなと思うことは多いので、基本的な恋愛テクニックとしても意識した方がいい。

バレる原因③ 目を合わさないなど、グループでいる時の行動が不自然

目を合わさないなどの「グループでいる時の行動が不自然」だとなぜ好意がバレやすいかというと、人は「好き」より「嫌い」に敏感だからである。

グループ内の仲の良さはそのグループに取って非常に大事だから、それに違和感を覚えると実際にどうなのか気になってしまうことがある。要は、あなたが好き避けするような態度を取ることで「嫌いなの?」という疑問を持たれ、いわゆる調査みたいな工程を経て好きバレするのだ。

「嫌いなのかと思ったけど、逆に好きだから変な態度を取るのか」と納得される。

奥手のタイプがこの原因を抱えやすいが、周りから見ると一瞬嫌っているようにも思うわけだ。いわゆるツンデレみたいな感じでイメージすると少し分かりやすい。

「コイツ、アイツが嫌いだからあんまり話さないし、目も合さないのかな…?」という疑問からチェックが入り、他の事実と合わさったところで「好きだからか!」となる。

人は見てないようで見ているから、「不自然」だと思われないようにしよう。普段の自分をよく理解していると、不自然を自然に修正しやすい。

よく好きな人がバレる人で好き避けしやすい人はみんなの前であえて話しかける瞬間を作るべきだし、積極的な人は他の異性に話を振るなどの対策が必要になってくる。

何でバレる?好き避け行動&態度「あるある」とは~好きだから避ける人の行動や態度とその対処
好き避けは、複雑な気持ちを持つ「恋愛」でよく問題になる行動や態度だ。好きな人や気になる人に、ついやってしまう好き避け行動があなたにもきっとあるだろう。 事実、男性の好き避け行動あるあると、女性の好き避け行動あるあるには、共通点

好きな人がバレる原因の総括

好きな人がバレる原因を考える女性

好きな人がバレる原因は、どれを見ても実際に全部対処していくのは不可能のように思う人が多かったんじゃないだろうか?

実は、私の恋愛も基本的に周りにバレやすい傾向がある。

私は良い意味でも悪い意味でも感情が表に出やすいので、いつも好きな人はバレがちだ。私の場合は、ある程度恋愛したところから「もうそれなら好きな事がバレる前提で進めていこう」という気持ちになった。

しかし、案外そうなってからの方が恋愛は上手くいくことが多くなったぐらいなので、前向きに考えて「好きな人がバレるのを活かせる恋愛方法」を紹介しよう。

方法① 好きな人がバレるなら、いっそのこと周りの協力を得る

好きな人がバレると、周りで応援してくれる人が現れるのがメリットだ。特に仲が特別いいってわけじゃない人でも協力してくれることがあるから、好きな人がバレる人はいっそのこと、チャンスをアシストしてもらおう。

好きバレがきっかけと言っても、自分から打ち明けることなく自分の恋愛に協力してくれる人が現れるのは、片思いを進める上で大きい効果だ。

相談に乗ってもらって、普段のアプローチに活かすこともできるので、開き直ると恋愛のやり方は色々工夫の余地が出てくる。

特に、そのアドバイスしてくれる人も好きな人のことを知っているわけだから、個別具体的な話をしてくれると思う。恋愛上手な同性の友達に好きな人がバレた時は、正直に話して恋愛アドバイスをもらう方向で考える方が「好きな人と付き合う」ということにプラスとなる。

方法② 好意がバレたなら、好きな人に圧倒的に意識をさせる

好意がバレた女性が開き直ってアプローチしている様子

恋愛は相手に意識させたところがスタートだと以前から書いてきたが、好きな人が本人にバレた場合、その意識させるということが何の努力もせずにできてしまう点に恋愛の優位性がある。

この方法の利点は、「相手の本当の気持ちなんて本人に直接聞かないとわからない点」にある。

つまり、好きな人としては「そういう噂はあるけど、嘘だよね?」とか、「もしかしたら好きになられたかもしれないけどどうなのかな?」と、確信まではいかないことで意識されやすくなるのだ。自然と好意を匂わすような恋愛の仕方になっている。

これは好きな人がバレる人がぜひ恋愛に活かしてほしいポイント。

注意点は、恋愛感情がバレてからも自然に振る舞う覚悟を決め、それを実行すること。
この方法のデメリットは、何と言っても気まずくなりやすい点だから、あなたのその後の行動や態度が非常に大事になってくる。

覚悟を決めるには、自分の恋愛方法の傾向を受け入れてしまうしかない。これまでの恋愛を振り返って、「もう、好きな人がバレるのを活かすしかないな」と開き直ることができたら、他の人よりもむしろ有利に恋愛が進められる。

デメリットだけではなく、メリットもあるのだと自分に言い聞かせて前向きに捉える努力をしよう。なかなか簡単にはいかないかもしれないが、努力をしていればその内そういう恋愛方法を取ることができるようになってくる。

「経験者は語る」といったところだ。私も苦しんだことがあるけど、見方を変えるだけでだいぶ捉え方が変わるのは事実である。

方法③ 人から好かれるのは好きな人に取って嬉しいことと思って、好意がバレることに前向きになる

人から好きになられることは、基本的に誰でも嬉しいことだ。

確かに「誰から好かれるか」が一番重要ではあるが、もし好きな気持ちが好きな人にバレても、あまり態度を変えなかったり、照れるような態度があったとしても拒否されるようなことがないなら、思い切ってアプローチの原動力にしてしまおう。

好きだとバレても引かないなら脈ありなのだから、付き合える可能性が高まった状態だ。ただ、バレて間もない時にガンガン押していくのは不味いので、様子を見ながらの方が無難。

やっぱり好きになられたかもしれないと思うと、好きな人も自然にあなたへ振舞うのが難しく感じることがある。周りの目も気になるだろうし、彼女のその後の態度で、空気を読む努力はしたい。

しかし、それでも結局押していかないことにはただ気持ちがバレて恥ずかしい思いをしただけになってしまうから、感じとしては拒否られていないかを確認し、相手がバレる前の関係を継続していきたいような態度でいてくれるなら、そこは積極的にいくところとなる。

普通の友達同士の関係からバレたのであれば、周りに対して「ちょっと迷惑」だという態度を取ることもあるかもしれないが、拒否られている感じがないなら内心では喜んでくれているんだろう。

いずれにしても好きな人と付き合うには前向きに恋愛していくしかないので、嫌われてない限り自信を持って前に進んでいこう。

好きな人本人や周りにバレることを活かした恋愛方法の考察

本人に好意がバレたけど、付き合えたカップル

恋愛は想いをどう伝えるかで悩むことが多いが、本人や周りにバレるならその恋愛が早いスピードで進む可能性が高まる。

これを悩みと取れば、もっと自分をアピールしてから想いに気付いてほしかったとか思うだろうが、脈があればそこからおかしくなることはないだろうし、脈がなければどちらにせよダメだったんじゃないかとも言える。

繰り返しになるが、やはり覚悟の問題は好きな人がバレる人に取って必須の条件となる。

自分がバレやすい人なんだと受け入れて、恋愛する時は短期勝負に徹したり、意識させてからそれを活かすように押し引きを使ってみたり、要はプラスの面をどう伸ばしていくかに特化した方が結局このタイプの恋愛の成就率は増すと思う。

何度かバレることを繰り返していけば免疫もできるし、それを活かした恋愛が出来るようになってくる。何事も経験だから、無駄ではないと思って好きな人にアプローチしていこう。あなたにはあなたに合った恋愛があるので、それを見つければ一つの特徴だと思えてくるはずだ。

下の記事も参考にしてみよう。

まとめ

今回は、「本人や周りに好きな人がバレる人の原因と、それを活かした恋愛方法」についてまとめた。

好きバレの問題は乗り越えるまで大変な思いをすると思うが、それだけ気持ちの表現ができる人は受け入れた後に恋愛が得意になる。気持ちを隠してごまかして消しちゃう人に比べて、相手がいる恋愛で優位性も高いのだ。

まだ恋愛経験が少ないとこの問題はかなり悩むので、ゆっくり改善していく気持ちを持ちながら、どこかで「活かそう!」と思えたら世界が変わるはずだ。

アラサー女子など、もっとシビアな問題として捉えている人は、下の記事を合わせて読むことで「前に進む覚悟」を決めよう。意識改革にはショック療法も有効だ。

自分が結婚できる確率って実際どのくらい?5年以内に結婚できる確率から見える現実
20代後半から30代になると、結婚願望がある人は「自分はこのままで本当に結婚できるのだろうか」と不安に思うことがあるのではないだろうか? 20代半ばにある「結婚のピーク」で周りの人が次々と結婚していくのを見ると、結婚に焦りを感

恋愛の押し引きについてはこちらを読んでみよう。

関連記事:

友達
Brightfutureをフォローする
自分の結婚できる確率を理解する

結婚を具体的に考えるべき年齢は意外と若いって知ってましたか?結婚したいと思っている人は、自分の年齢によって変化していく「自分が結婚できる確率」を正しく理解しておくことが重要なんです。
下の記事では、総務省の国勢調査から年齢別・男女別に結婚できる確率を算出して、考察をまとめています。
後悔しないように、今の自分の結婚できる確率がどのくらいなのか把握しておきましょう。

恋愛のすべて
タイトルとURLをコピーしました